2020/09/16 19:00

シンプルかつエッジーなサウンドで受け止める、羊文学の目線──大きな一歩となる「砂漠のきみへ/Girls」

羊文学
左から塩塚モエカ(Gt&Vo)、河西ゆりか(Ba)、フクダヒロア(Dr)

新たなフィールドへの一歩を切り開くような躍動感のあるスネアで幕を開ける、羊文学のメジャー・ファースト・シングル「砂漠のきみへ/Girls」。ふくよかな表現力と美しいコーラス・ワークが印象的な“砂漠のきみへ”と、ソリッドで生々しい“Girls”。これらは羊文学がこれまで鳴らしてきた音楽への絶対の自信と、それを貫く強さを感じる2曲となっている。今回は、羊文学が主題歌を、塩塚モエカが音楽を担当したドラマ『放課後ソーダ日和』の第1話の舞台となる西荻窪の喫茶店、物豆奇にて、「砂漠のきみへ/Girls」の話はもちろん、現在制作中のアルバムの展望まで、メンバー3人に話を聞いた。

記念すべきメジャー・デビュー作。羊文学として初のハイレゾ配信

INTERVIEW : 羊文学

羊文学が主題歌、塩塚が音楽を担当したドラマ『放課後ソーダ日和』、第1話の舞台でもある、西荻窪の喫茶店「物豆奇」にて

「砂漠のきみへ / Girls」という配信シングルのリリースとともに、メジャー・デビューを発表した、羊文学。彼女たちが、大きなステップを踏み出すにあたって送り出されたこの2曲は、まさにこのバンドが存在する意義、そして世に投げかける目線そのものだ。自分には救いきれないことを知りながら、相手を救いたいと願う“砂漠のきみへ”、そして、すれ違いを繰り返し「自分だって救われたいんだ」と感情を爆発させる“Girls”という、一対の曲たち。ここには、「救いたい」、「救えない」、「救われたい」の狭間の、いずれにも割り切れない想いがそのまま投影されている。そして、彼女たちはそれらをあえて割り切らないままに、ごくシンプルなサウンドを通じて骨太に受け止めるのだ。しかし、それはなかなかにハードである。奇しくも、生命を優先すれば、経済的な困窮が立ちはだかるこのコロナ禍にあって、私たちはつい、大きな声に思考を委ね、複雑な問題も簡単に割り切ってしまいたくなる。だが羊文学は、なにかひとつの価値観を絶対視して寄りかかろうとはしない。この割り切れなさをそのまま抱きこんだような「砂漠のきみへ / Girls」という2曲を通じて、彼女たちはより一層、強靭さを手に入れたと言えるだろう。

その強靭さは、彼女たちがメジャーというフィールドへ向かうにあたっての姿勢にも言えることかもしれない。音楽家として生きていく困難さをこのコロナ禍において目の当たりにしながらも、ステップアップを選んだ彼女たち。ただ自分たちの音楽を続けていきたいという、純粋だがブレることのない軸が、彼女たちをまっすぐ貫いているのだ。これから本格的に、広大なフィールドへ打って出ようとする、いまの彼女たちのそんな“強さ”に、インタヴューを通じて触れてみてほしい。

インタヴュー&文 : 井草七海
写真 : 鳥居洋介
取材協力 : 物豆奇、TUPPENCE HOUSE I'S STUDIO

もうちょっと大きなフィールドに行ってみたい

──今作をもってメジャー・デビューをすることが発表されているわけですが、そのメジャー・デビューを決めた経緯はどういったものだったのでしょうか?

塩塚モエカ(Gt&Vo / 以下、塩塚) : これまで私たちは事務所に所属してなくて、私たち3人とマネージャー1人でやっていたのですが、バンドが少しずつ大きくなるにつれて、そのメンバーでは回しきれなくなってきていて。そこで、新しく所属する事務所を探そうということになったのですが、「せっかくだから、そのタイミングでステップアップしたいね」と、みんなで話していたんです。もちろん、必ずしもメジャーに行くからステップアップ、というわけではないとは思うのですが、もうちょっと大きなフィールドに行ってみたいという想いはずっとあって。

──とはいえ、前作を出してからのこの半年間というと、コロナの影響でなかなか具体的な活動がしづらく、バンドとして動きづらい環境にはありましたよね。そんな中でも次なる一歩を模索していたのかなと思うのですが、そうした活動のひとつとして、8月の初旬に行われていた、オンライン・ツアー“優しさについて”が印象に残っています。バンドとしても新しい取り組みでしたが、これはどうやって実現したのでしょうか?

塩塚 : コロナの状況が一番厳しかった頃は、活動はもちろん、練習もまったくできない状況だったんですけど、なんとなく週に1回くらいメンバーみんなでオンラインで会議をして、どうやってバンドで演奏できるのかを考えたりして……。どういう形で活動できるか、いろいろと試行錯誤していたんですけど、その中で出てきたアイデアが、オンライン・ツアーで。合計3日間ライヴをやったんですけど、他にもたくさんあるオンライン・ライヴの中でも埋もれずに、ちゃんと多くの人に見ていただけた実感はあったので、うれしかったですね。

──実際やってみて、普段のライヴとの違いは感じましたか?

河西ゆりか(Ba / 以下、ゆりか) : やっぱりぜんぜん違いました。どちらかというと、レコーディングに近い感覚でしたね。アドレナリンが出ない感じで。

フクダヒロア(Dr / 以下、フクダ) : お客さんからのレスもないですしね。アーカイブも残るので、むしろ普通のライヴより緊張しました(笑)。

──なるほど(笑)。とはいえ、羊文学のオンライン・ツアーは、映像としての演出も工夫されていて、さっき「他のオンライン・ライヴに埋もれないような」とおっしゃってくれたようなライヴになっていたなと思いますね。

塩塚 : そうですね。でも、私たちがこういう立ち位置で、こういう照明で…… とプロデュースしたというよりは、いつもお世話になっている人たちにお任せしたという感じで。いつもサポートしてくれる人たちが、愛を持っておもしろいものを作ってくれたのが、ありがたかったです。

──そうやってサポートしてくれるスタッフさんも含めて、みんなで一斉にその場に集まらないといけないことを考えると、人が集まることを制限されているご時世にバンドをやるって本当に大変なことですよね。だから改めて、バンドって、音楽を生み出す形態として実はすごく難しいかたちだなと思って。そうした状況の中でも羊文学は、バンドとしてステップアップをしようとしているわけですが、だからこそ改めて、みなさん自身が“バンド”という形態を特別に感じた瞬間ってありますか?

塩塚 : そうですね……。もちろん、曲を作るにしても、パソコンでひとりで作ったり、録音をオンラインで送りあったりして作ることはできるんですけど、私はやっぱりみんなで会って曲が完成していく感じが好きですね。

ゆりか : たしかに、最近は新しい曲もいっぱい作っているんですけど、やっぱりみんなで集まって、曲ができたときに気持ちが通じあう瞬間は、ひとりでは味わえないものだなと改めて思いました。

1人でもいなくなったら成立しない

──そうした直近の活動を経て、2020年8月19日に、新曲“砂漠のきみへ”と“Girls”をリリースされました。まず、“砂漠のきみへ”については、「頑張っている人を遠くから見守るような手紙」といった内容の楽曲ですが、この、相手から一歩引いたところにいるような距離感が、とても羊文学らしいなと感じました。前回のインタヴューで挙がっていたような、相手の居場所を尊重して守ろうとする意識が、よくにじみ出ているなと。一方で、歌詞には「自分は相手のことを救い切れない」というような感情も込められているのが印象的で。歌詞を書かれている塩塚さんの中で、こうした感覚は、普段どういうシーンで生まれてくるものなのでしょうか?

塩塚 : この曲は実際にあったことが元になっているんです。悩みを抱えていた知人を見て、私自身「なんとかしなくちゃ」と感じて、相手に対して「こうしたほうがいい」とか「それはしないほうがいい」とかいろいろと言っていたんですけど、それが相手にぜんぜん届かなくて。むしろ、私が言ったことが、相手の重みになってしまっていた気もして。そのときに、自分の価値観が絶対ではないことに気がついたんです。相手のためには遠くから見守ってあげたり、ちょっとだけ助けてあげたりするくらいが、本当は一番よかったんじゃないかって思わされたのがきっかけだったんです。

羊文学“砂漠のきみへ”MV。このMVは『放課後ソーダ日和』の監督、脚本を務めた枝優花が担当。
羊文学“砂漠のきみへ”MV。このMVは『放課後ソーダ日和』の監督、脚本を務めた枝優花が担当。

──そういう目線って、実は羊文学の音楽そのものとも通じてますよね。自分たちの音楽が誰かを助けてやれるんだという奢りからではなく、「私たちはただここにいるし、あなたもそのままでいい」という想いに端を発している音楽、というか。サウンドも、そんな歌詞と呼応するように、いままで以上に包容力のあるものになっています。歌に対してドラムやベースががっちりと、でも優しく寄り添っていて、前半でポツポツと聴こえていたギターがラストには全体を包み込んでいく…… といった、暖かさと懐の深さを感じるものに仕上がっているのですが、そうしたアプローチも意識的に取り組んだものだったのでしょうか?

塩塚 : そうですね。これまでギターは、コードを主に弾いていることが多かったんですけど、今回は「いかに弾かないか」を意識してました。あまりギターの音を詰め込まないように、アレンジしたのは新しかったと思います。

フクダ : ドラムに関しても、手数を減らしてますね。タムはほとんど使ってなくて、ハイハット、スネア、キックのドラム3点と、ライドだけを押さえるっていうシンプルな形で。個人的にもそれがいま一番かっこいいと思うし、好きな叩き方ですね。

ゆりか : 本当に、3人が全部違う役割をしている曲なんですよね。だから1人でもいなくなったら曲として成立しないというか。そこが新しいなと感じてます。

──たしかに。シンプルだけど、3人のアンサンブルのトライアングルが噛み合っているからこその、力強さがありますよね。そして、もう1曲の新曲“Girls”のほうは、YouTubeドラマ『DISTORTION GIRL』の主題歌に起用されているんですよね。

“Girls”が主題歌として起用されたYouTubeドラマ『DISTORTION GIRL』予告編
“Girls”が主題歌として起用されたYouTubeドラマ『DISTORTION GIRL』予告編

塩塚 : 『DISTORTION GIRL』は、女の子たちがバンドをはじめるドラマなのですが、この曲は、実はもともと恋について書いたものなんです。“砂漠のきみへ”は、大切な人を遠くから見守る曲ですが、“Girls”は逆に、相手に「もっと大切にしてほしい」って怒っている曲で(笑)。結果的に、女子高生が主人公のドラマの主題歌にはなったんですけど、女性の意外なパワーについて歌っているっていう点ではつながっているのかもしれないです。

──すれ違いや矛盾と相対して感情が爆発してしまう感じは、10代の感情とも重なる部分もありそうですよね。こちらは、“砂漠のきみへ”とはうって変わって、各パートがぶつかり合うエッジーさと、転がっていくような疾走感がある曲に仕上がっています。

塩塚 : “Girls”は、“砂漠のきみへ”と同じ時期にレコーディングをしたのですが、“砂漠のきみへ”は空間が広がっていくような音作りになっているのに対して、“Girls”は勢いのある音作りを大事にして録りました。

フクダ : そうですね。ドラムも、“オルタナで、爆音”っていうイメージで、勢いよく演奏してますし。

──歌詞の内容にしても、サウンドやアレンジのアプローチにしても、この2曲はちょうど対になっていますし、その2曲が一緒に世に出ていくというのは、とても意味があることだなと感じます。「相手を救ってあげたいけど、救い切れないかもしれない」という気持ちが込められている“砂漠のきみへ”と、「本当は自分が救われたいんだ」という想いが見え隠れする“Girls”という2曲には、羊文学の音楽の中の、自分と相手に対して、割り切れない想いや、あえて一方的に割り切らない視線が象徴されているというか。しかもそれは、コロナ禍において、いち生活者として、いちアーティスト自身として救われたいと思いつつも、音楽に携わる他の人たちのことも助けないといけない、でもひとりの力では救い切れないかもしれない…… という、音楽を愛する人たちのいま現在の想いにも通じるようにも思えて。

塩塚 : それは、たしかに少しあるかもしれないですね。この数ヶ月間で、選挙だったり、Black Lives Matterだったり、声を上げることの重要さを実感した出来事がたくさんありましたけど、それらにしてもやっぱりひとりだけの声では難しくて。そういう出来事に対して「社会の問題をなんとかしなくちゃ」って気持ちはあるのに、一方で自分自身の生活にもいろいろな問題は山積みだし。いまはあまり外に出て行けないから、家にこもってずっとスマホを見てたりすると、そういうジレンマでいっぱいいっぱいになっちゃう場面も多かったですね。でも、結局自分にできるのは、自分が自分をハッピーにして、目の届く範囲の人たちのことをハッピーにして、小さな声の積み上げを大事にしてって、いうことだけで……。そんな風に、とにかく目の前にあることをやってくしかないかなとはいつも思っています。

──“砂漠のきみへ”の歌詞の最後からも感じますが、羊文学は、そうやって小さな声で戦う人たちの、帰る場所になろうとしている。だから、安心感に包まれるような、優しさが詰まっている曲なんだなと思いますね。

塩塚 : そうですね。自分たちがその受け皿になれるかはわからないけど、音楽がそうであったらいいなと思っているのかもしれないですね。

塩塚モエカ(Gt&Vo)

フクダヒロア(Dr)

河西ゆりか(Ba)

これからもただ、「音楽をやるしかない」っていう気持ちがすべて

──現在は新アルバムのレコーディングの真っ最中だそうですね。この“砂漠のきみへ”と“Girls”の2曲も収録されるそうですが、それも含めてどんな想いを込めた作品になりそうですか?

塩塚 : まだレコーディングの最中なので、あまり固まってはいないんですが……。いまの段階では「フィクション」をテーマにしようかなと思っていて。アルバムに収録される曲は、コロナの前に書いたものが多いんですけど、コロナの前の世界って、いまから見れば、なかなか完全には戻ってこない世界なんだなと思っていて。だから、そんな現実の脆さのようなものをテーマにしたいと、個人的には心に描いています。と言いつつ、アルバムの出るタイミングではぜんぜん違うテーマになってるかもしれないですけど(笑)。

現在アルバム・レコーディングをしているTUPPENCE HOUSE I'S STUDIOにて

──なるほど。もしも、アルバムの完成の段階でテーマ自体が変わったとしても、コロナを挟んで作られたという点でそうした時代感が色濃く出るアルバムになりそうですね。ちなみに、今回からメジャーでのアルバム制作となりましたが、制作の環境には何か変化はありましたか?

塩塚 : レコーディングの布陣は変わっていないですね。

ゆりか : PAさんとかヘアメイクさんもこれまでと同じ方がついてくださっていますし。

──では、必要以上に気負うことなく、いままでと同じ空気感の中でやれているんですね。ただ、メジャーの看板を背負うとなると、様々なチャンスも増えますし、より広い層に音楽を聴いてもらえる可能性も高まるという一方で、自分たちだけでやっていたとき以上に、結果がついてこない場合のシビアさというのもあるとも思います。それでもあえてメジャーを選んだということは、チャンスの方に賭けて、より大きなフィールドに出て行きたいという気持ちの方が強かったということですか?

塩塚 : そうですね。音楽を作るだけなら自分の家でもできちゃいますけど、せっかく作るなら、いろんな人に聴いてもらった方がうれしいっていう、単純な気持ちからでもあります。

──音楽をリリースするっていう点では、そもそも、いまの時代は、制作からリリースまで自分で完結できてしまう環境も整っていて、必ずしもメジャーがゴールではなくなっていますよね。作品を発表するにしてもいろんな選択肢がありますが、それでも、羊文学にとっては大きなレーベルに所属する意味があると。

塩塚 : 羊文学の音楽って、正直、いまの日本のメインストリームの音楽ではないと思うんですよ。だからこそ、誰かの手を借りないと多くの人に届けるのは難しいと思うんです。もちろん、大きくなるためだけに音楽をやっているわけではないんです。ただ、もしかすると自分たちのやっている音楽と時代が合っている部分があるのかもしれないから、だとしたら、いまなら不自然な形ではなく、バンドが大きくなって行けるのかなと思って。

──なるほど。羊文学は、いまメンバーがちょうど学生を卒業したり、もうすぐ卒業する、というタイミングにあって、同時にバンドとしてもステップアップしていくということで、これからますます3人にとって音楽が仕事そのものとなっていくのだろうと思うのですが、一方で、コロナ禍で、音楽家という仕事の難しさも目の当たりにしているかと思います。非常時にはエンターテイメントが不要不急だと言われたり、そういう状況におかれて、生活自体がおぼつかなくなったり。音楽家のそんな側面も目にした上で、みなさんは、これからの世界で音楽を続けていくことへ、どんな想いを抱いていますか?

フクダ : そうですね……。自分はこれまでも好きなことをずっとやってきたし、やっぱりバンドが好きなんです。だから、そういう状況だとしても、これからもバンドをやり続けたいって気持ちは揺るがなかったです。

ゆりか : うん。バンドをやってて、毎日なにが起こるかわからない感じは、自分にとってはおもしろいなと思える部分でもあるんですよね。

塩塚 : 私にとっては、音楽をやって有名になったりお金持ちになったりすることよりも、音楽を作って、それを人に聴いてもらう機会があるっていうのが、人生で一番ハッピーなことだなと感じていて。それ以上でも以下でもないんです。音楽をやめれば、もっと安定した平和な暮らしができるのかもしれないと思うのに(笑)。でも、音楽を辞めても、結局じっとしていられずに、音楽をやってしまうと思うんです。だから、これまでもそうでしたけど、これからもただ、「音楽をやるしかない」っていう気持ちがすべてなんだと思います。

取材協力

物豆奇
住所 : 167-0042 東京都杉並区西荻北3-12-10
TEL : 03-3395-9569
営業時間 : 11:30~21:00(不定休)
https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13012925/
TUPPENCE HOUSE I'S STUDIO
住所 : 〒167-0042 東京都杉並区西荻北5-19-20
TEL : 03-5930-8761
http://www.tuppence.jp/

編集 : 鈴木雄希

『砂漠のきみへ/Girls』のご購入はこちらから


過去作もチェック!

新→古

過去の特集ページ

羊文学はあなたの「居場所」に──塩塚モエカ 単独インタヴュー

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

PROFILE

羊文学

塩塚モエカ(Vo / Gt)、河西ゆりか(Ba)、フクダヒロア(Dr)からなる、繊細ながらも力強いサウンドが特徴のオルナティヴ・ロック・バンド。

2017年に現在の編成となり、これまでEP4枚、フル・アルバム1枚、そして全国的ヒットを記録した限定生産シングル「1999 / 人間だった」をリリース。

今春行われたEP『ざわめき』のリリース・ワンマン・ツアーは全公演SOLD OUTに。東京公演は恵比寿リキッドルームで行われた。

2020年8月19日に〈F.C.L.S.〉(ソニー・ミュージックレーベルズ)より「砂漠のきみへ / Girls」を配信リリースし、メジャー・デビュー。

しなやかに旋風を巻き起こし躍進中。

【公式HP】
https://www.hitsujibungaku.info/
【公式ツイッター】
https://twitter.com/hitsujibungaku

この記事の筆者
井草 七海

東京都出身。2016年ごろからオトトイの学校「岡村詩野ライター講座」に参加、現在は各所にてディスクレビュー、ライナーノーツなどの執筆を行なっています。音楽メディア《TURN》にてレギュラーライターおよび編集も担当中。

シンプルでエッジーなサウンドで受け止める、羊文学の目線

シンプルでエッジーなサウンドで受け止める、羊文学の目線

REVIEWS : 002 海外インディ(2020年3月)──井草七海

REVIEWS : 002 海外インディ(2020年3月)──井草七海

羊文学はあなたの「居場所」に──塩塚モエカ 単独インタヴュー

羊文学はあなたの「居場所」に──塩塚モエカ 単独インタヴュー

【REVIEW / ハイレゾ配信】フランツ・フェルディナンド、4年半のブランクを経ての新作!

【REVIEW / ハイレゾ配信】フランツ・フェルディナンド、4年半のブランクを経ての新作!

この記事の編集者
鈴木 雄希

1994年生まれ、埼玉県出身。大学卒業後、2017年にOTOTOY編集部に加入。主にロックやJ-POPを中心に企画、編集、執筆をしています。お笑い好きのテレビっ子。

シンプルでエッジーなサウンドで受け止める、羊文学の目線

シンプルでエッジーなサウンドで受け止める、羊文学の目線

REVIEWS : 007 国内インディ・ロック(2020年8月)──綿引佑太

REVIEWS : 007 国内インディ・ロック(2020年8月)──綿引佑太

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.79 - 2020 GUEST SPECIAL : 菅原慎一's CHOICE

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.79 - 2020 GUEST SPECIAL : 菅原慎一's CHOICE

不穏でミステリアスな新鋭ロック・バンド“Johnnivan”

不穏でミステリアスな新鋭ロック・バンド“Johnnivan”

3人のアレンジャーが織りなす、Nakanoまるの新たな姿

3人のアレンジャーが織りなす、Nakanoまるの新たな姿

THIS IS JAPAN、メジャー1st SGで魅せつける俺たちの「new world」

THIS IS JAPAN、メジャー1st SGで魅せつける俺たちの「new world」

セッションの刹那を詰め込む〈YGNT special collective〉──山中拓也 × GOMESS

セッションの刹那を詰め込む〈YGNT special collective〉──山中拓也 × GOMESS

これからも音楽の火を灯し続けよう!! SNSで紡がれた希望の歌「Baby, Stay Home」

これからも音楽の火を灯し続けよう!! SNSで紡がれた希望の歌「Baby, Stay Home」

愛すべき邪気のないアウトサイダーたちよ、永遠に──シャムキャッツ解散に寄せて

愛すべき邪気のないアウトサイダーたちよ、永遠に──シャムキャッツ解散に寄せて

朝日美穂、じっくり育てた暮らしと音楽のラグランジュ・ポイント

朝日美穂、じっくり育てた暮らしと音楽のラグランジュ・ポイント

Laura day romance、ルーツが交差する音のタペストリー

Laura day romance、ルーツが交差する音のタペストリー

岡田拓郎 x 葛西敏彦が語る『Morning Sun』の音世界

岡田拓郎 x 葛西敏彦が語る『Morning Sun』の音世界

ゆうらん船が緩やかに自由に切り開く、“新たな音楽”の萌芽

ゆうらん船が緩やかに自由に切り開く、“新たな音楽”の萌芽

カミナリグモ、確かな「いま」を刻む8年ぶりAL

カミナリグモ、確かな「いま」を刻む8年ぶりAL

Akiyoshi Yasudaが提示する、記憶を残す音楽『memento -day1』

Akiyoshi Yasudaが提示する、記憶を残す音楽『memento -day1』

《神宿連載 第16回》羽島姉妹徹底解剖!

《神宿連載 第16回》羽島姉妹徹底解剖!

“planeのいま”を素直に表現するロック・サウンド──7年ぶり新アルバム『2020 TOKYO』

“planeのいま”を素直に表現するロック・サウンド──7年ぶり新アルバム『2020 TOKYO』

tacica、15周年イヤーに放つ決意に満ちた新作「aranami」

tacica、15周年イヤーに放つ決意に満ちた新作「aranami」

《神宿連載 第15回》初のユニット曲「Erasor」から考える“自分を変えること”

《神宿連載 第15回》初のユニット曲「Erasor」から考える“自分を変えること”

デビュー1周年目前! かみやどメンバー・インタヴュー

デビュー1周年目前! かみやどメンバー・インタヴュー

ちっちゃな気持ちに爆音で応える―BALLOND’ORが進む理想の世界への旅路

ちっちゃな気持ちに爆音で応える―BALLOND’ORが進む理想の世界への旅路

《神宿連載》“在ルモノシラズ”の歌詞の世界を徹底解剖! 塩見きらインタヴュー

《神宿連載》“在ルモノシラズ”の歌詞の世界を徹底解剖! 塩見きらインタヴュー

FINLANDS「まどか / HEAT」──自ら考えて選んでいくことの尊さ、気力を

FINLANDS「まどか / HEAT」──自ら考えて選んでいくことの尊さ、気力を

PARIS on the City!、4人のアンサンブルを追求した新作

PARIS on the City!、4人のアンサンブルを追求した新作

マル秘エピソードも!? 6年目の神宿事情──新曲“在ルモノシラズ”先行配信開始

マル秘エピソードも!? 6年目の神宿事情──新曲“在ルモノシラズ”先行配信開始

ジオラマラジオ、“インディーからのヌーヴェルヴァーグ”を無防備なポップスで

ジオラマラジオ、“インディーからのヌーヴェルヴァーグ”を無防備なポップスで

突然変異のポップ・ミュージック──岡村詩野が改めて考える「aiko論」

突然変異のポップ・ミュージック──岡村詩野が改めて考える「aiko論」

REVIEWS : 002 海外インディ(2020年3月)──井草七海

REVIEWS : 002 海外インディ(2020年3月)──井草七海

僕たちの音楽を聴いて最高の気持ちになってほしい──Jurassic Boys

僕たちの音楽を聴いて最高の気持ちになってほしい──Jurassic Boys

鳴り響いたリベンジの賛歌──Devil ANTHEM.ライヴ・レポート

鳴り響いたリベンジの賛歌──Devil ANTHEM.ライヴ・レポート

羊文学はあなたの「居場所」に──塩塚モエカ 単独インタヴュー

羊文学はあなたの「居場所」に──塩塚モエカ 単独インタヴュー

伊藤祐樹(THE FULL TEENZ) × ムツムロ アキラ(ハンブレッダーズ) 同級生対談

伊藤祐樹(THE FULL TEENZ) × ムツムロ アキラ(ハンブレッダーズ) 同級生対談

【音楽ライター講座番外編】岡村詩野が鋭く迫る2019年のカネコアヤノ躍進のワケ

【音楽ライター講座番外編】岡村詩野が鋭く迫る2019年のカネコアヤノ躍進のワケ

魂を震わせる裸のロックンロール!!! 突然少年、3人の先輩と作る新作リリース

魂を震わせる裸のロックンロール!!! 突然少年、3人の先輩と作る新作リリース

sleepy.ab、7年の眠りからの目覚め──第3期のはじまりを告げる『fractal』

sleepy.ab、7年の眠りからの目覚め──第3期のはじまりを告げる『fractal』

きっかけは香港にあった便所の落書き──ヘルシンキ、新作をリリース

きっかけは香港にあった便所の落書き──ヘルシンキ、新作をリリース

DÉ DÉ MOUSE、2020年は平和の音楽としてのダンス・ミュージックで遊ぶ!

DÉ DÉ MOUSE、2020年は平和の音楽としてのダンス・ミュージックで遊ぶ!

大型ルーキーが全国へ! ──〈週末アイドル部〉発の三匹組、黒猫は星と踊る

大型ルーキーが全国へ! ──〈週末アイドル部〉発の三匹組、黒猫は星と踊る

草野球とバンドは同じ?──ピュアにマイペースにグッド・メロディを作り出す家主

草野球とバンドは同じ?──ピュアにマイペースにグッド・メロディを作り出す家主

“生きててよかった!”──つるうちはな、『サルベージ』レコ発で叫んだ人間賛歌

“生きててよかった!”──つるうちはな、『サルベージ』レコ発で叫んだ人間賛歌

佐藤健一郎(Ba)に訊く、バンドの過去といま──teto新アルバム特集第2弾

佐藤健一郎(Ba)に訊く、バンドの過去といま──teto新アルバム特集第2弾

エレキュート・アイドル“my♪ラビッツ”、ソロとしての第一歩を踏み出す初シングル

エレキュート・アイドル“my♪ラビッツ”、ソロとしての第一歩を踏み出す初シングル

岡山ローカル・アイドルの先駆け的存在“S-Qty”、第3期が始動!!

岡山ローカル・アイドルの先駆け的存在“S-Qty”、第3期が始動!!

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

いまArtTheaterGuildに訪れている変化──オリジナリティに向き合う新作

いまArtTheaterGuildに訪れている変化──オリジナリティに向き合う新作

崎山蒼志、新世代アーティストたちと作る2ndアルバム『並む踊り』

崎山蒼志、新世代アーティストたちと作る2ndアルバム『並む踊り』

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

落とし込むUSのトレンド、提示する新しい色──the chef cooks me『Feeling』

落とし込むUSのトレンド、提示する新しい色──the chef cooks me『Feeling』

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

みなさまに感謝を込めてOTOTOY10周年キャンペーン実施中!

みなさまに感謝を込めてOTOTOY10周年キャンペーン実施中!

【開催直前鼎談】 今年の〈ボロフェスタ〉は自身の感性を信じて踊れ!

【開催直前鼎談】 今年の〈ボロフェスタ〉は自身の感性を信じて踊れ!

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

JYOCHO、新作『綺麗な三角、朝日にんげん』で切り開く第2章

JYOCHO、新作『綺麗な三角、朝日にんげん』で切り開く第2章

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

今年のフジロックではなにが起こっていた?!──〈フジロック 2019〉

今年のフジロックではなにが起こっていた?!──〈フジロック 2019〉

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

TOP