2020/08/05 18:00

"サイドキックなヒーローアイドル"めろん畑a go go──ロカビリーや特撮への愛を爆発させたミニ・アルバム

めろん畑 a go go(左から知世千世、中村ソゼ、崎村ゆふぃ、琉陀瓶ルン、あみのころみ)

アメコミ映画風なアイマスクをトレードマークに、ロカビリーやガレージパンクなどをベースにした楽曲で活動中の5人組アイドル・グループ、めろん畑 a go goが新メンバーを迎えた新体制初となるニュー・アルバム『to IDOLS to US to YOU』をリリースする。渋谷QUATROでの配信ワンマン・ライヴ、さらに秋からは全国ツアーを控えた、まさにこれから活動の口火を切ろうとする彼女たちに自信作と語る今作について語ってもらった。ユーモアに溢れた仕掛けの数々から、グループの新たなアンセムとなり得る楽曲まで、新メンバーのフレッシュな空気感とともにメンバーによる楽曲解説をお届けします。

また、OTOTOYでは8月5日(水)よりCDリリースに先駆け、『to IDOLS to US to YOU』 の先行配信が決定!!さらには、8月31日(月)には本作リリースを記念したトーク・イベント&デジタル・サイン会の開催も決定! アルバムはもちろん、本記事、さらにはオンライン・イベントを通して、めろん畑 a go go ワールドにどっぷり浸かってください。(編)

めろん畑 a go go 『to IDOLS to US to YOU』配信中!!


【アルバム購入特典】
・『to IDOLS to US to YOU』デジタル・ブックレット(PDF)
・オンライン・サイン会ご招待
リリース記念オンライン・イベントも開催決定!!
〈めろん畑 a go go『to IDOLS to US to YOU』発売記念オンライン・インストア・イベント〉

・1部(めろん畑 a go go トーク・イベント)

日時 : 2020年8月31日(月)19:30〜

配信URL : https://ototoy.jp/live/

めろん畑 a go go が今作に収録の楽曲のPVやライヴ映像を見ながら見所や感想を語ります!


・2部(オンライン・サイン会)

日時 : 2020年8月31日(月)20:15〜

音源をダウンロードした際に同梱されたZoomのミーティングルームに指定された時間にアクセスすると、オンラインでのサイン会の視聴が可能。音源に同梱された申込フォームからエントリーすることで、デジタルサインと好きなメンバーからのメッセージが入ったフォトデータをゲットできます。

※OTOTOYにて『to IDOLS to US to YOU』を購入した方のみご参加いただけます。


イベント詳細はこちらから!

めろん畑 a go go、『to IDOLS to US to YOU』発売記念 オンライン・インストア・イベント開催

INTERVIEW : めろん畑 a go go

めろん畑 a go go(左から琉陀瓶ルン、中村ソゼ、知世千世、崎村ゆふぃ、あみのころみ)

“めろんの星からやってきた、サイドキックなヒーローアイドル”をコンセプトとして活動中のアイドル、めろん畑 a go go。最新作『to IDOLS to US to YOU』は、寸劇や特撮オマージュを盛り込み、持ち味であるアングラっぽさは残しつつ、ポップでクセになる曲が揃っている快作だ。このたび、新メンバーの知世千世とあみのころみの2人を迎え、表現の幅がさらに広がったという彼女たちに、今作をそれぞれどういう想いで曲を作り上げていったのかを訊いた。

インタヴュー&文 : 西田 健
写真 : 宇佐美 亮

新しい自分を発見できた

──メンバーの知世千世さんとあみのころみさんは姉妹グループのThe Grateful a MogAAAzから今年の3月に加入されたんですよね。めろん畑 a go go(以下、めろん畑)としての活動はどうですか?

知世千世 : いままでの活動の雰囲気とはやっぱり変わっているけど、もともとめろん畑のメンバーとはすごく仲良かったので、大幅にガラッと変化した感じはなかったです。

あみのころみ : まるっきりはじめましてではなかったからね。

知世千世 : 設定として、私とあみころだけ地球人で、それ以外の3人は宇宙人なんですよ。でもすごい話しやすい宇宙人だなって思っています(笑)。リリイベは延期になっちゃったんですけど、仲良くなるには逆によかったかな(笑)。

──じゃあ、この延期の間2、3ヶ月くらいの間で深く関われるようになった?

崎村ゆふぃ : ライヴ本番まで時間がなかったからこそ、結束力が高まったのかなと思います。

あみのころみ

あみのころみ

──そんななかで制作された今回のアルバムのコンセプトは?

崎村ゆふぃ : めろん畑は、昔のアニメとかのバカバカしい設定を大真面目に表現するグループなんです。今回のアルバムだと、「怪獣を発見」みたいな寸劇とかがよく入るんですけど、日常でありえないし、「怪獣を発見した」なんて言われたら笑っちゃうじゃないですか。でも私たちはそれを大真面目にやる。既存曲でも台詞や寸劇は多いんですけど、今回のアルバムでそれが色濃く出てるのかなって思います。

──アルバムのタイトルにもなっている1曲目の“to IDOLS to US to YOU”はどういう曲ですか。

中村ソゼ : まずタイトルの通り、この曲は私たちから他のアイドルや自分たち、そして聴いてくれているすべての皆さんに対して歌っています。曲自体は映画のサントラに入っているテーマ・ソングみたいなイメージで。いろんな人に届けたいということで、英語や中国語、いろんな言葉や言語を使っています。宇宙語は収録されてないんですけど(笑) 。

崎村ゆふぃ : 急にLINEが来て、「これを中国語と英語に翻訳してください」って言われてね(笑)。

あみのころみ : この曲は、レコーディング参加権をゲットしたファンの方を招いて録音したんです。ファンの歌声も入って、本当にみんなで作った1曲になりました。

知世千世

知世千世

──2曲目の“撃つな琉陀瓶!”は特撮オマージュに溢れた曲ですよね。

琉陀瓶ルン : 私は昔の特撮作品が大好きなんです。ウルトラマンの特捜隊が出てくるときに流れてくる“ワンダバ”っていうBGMがあるんですけど、それをめろん畑っぽい感じで作ってくれました。

知世千世 : 今回のアルバムから私が振り付けを担当しているんですが、曲を聴いたときにすぐ特撮っぽいなっていう印象を受けて。真似できるようなわかりやすい振りを入れたいなと思って考えました。

琉陀瓶ルン : ちなみに、この曲の途中で隊長役として登場しているのはプロデューサーです。これまでの作品でも、狼の声などでプロデューサーの声が聴けるので、ぜひ探してみてください。

めろん畑a go go“撃つな琉陀瓶!”、“無敵のIDOL”ライヴ映像
めろん畑a go go“撃つな琉陀瓶!”、“無敵のIDOL”ライヴ映像

──3曲目の“いつかの狼”はどういう曲ですか?

琉陀瓶ルン : 私のソロ曲です。この曲はもともと、プロデューサーが組んでいたバンドのもので。力強いヴォーカルの楽曲なんですけど、私は原曲とは真逆に柔らかく繊細に歌うように意識して歌いました。

中村ソゼ : ルンの声質にすごい合っていますよね。いましかできない表現を形に残せてよかったなって思います。

琉陀瓶ルン

琉陀瓶ルン

──次が“無敵のIDOL”。

崎村ゆふぃ : これも特撮っぽさが濃く出ていて、昔のアニメの小ネタがたくさん詰まった楽曲で。新生めろんの主題歌になり得る力を秘めていると思っています。

あみのころみ :「5人の力で」とか、まさにいまのめろん畑 a go goを表していますよね。

琉陀瓶ルン : 毎回ライヴの最後にやる“めろん畑 a go go”っていう定番曲があるんですけど、これからは“無敵のIDOL”がそれに代わる曲になるのかなと期待しています。

──5曲目の“海賊QUEEN AMAZONES”はどういう曲ですか?

めろん畑a go go“海賊QUEEN AMAZONES”MV
めろん畑a go go“海賊QUEEN AMAZONES”MV

琉陀瓶ルン : その名の通り女海賊たちの宴。

あみのころみ :いちばんポップかもしれないね。

琉陀瓶ルン : めろん畑は暗い曲とか怪しいアングラ臭がする曲が曲が多かったんですけど、このふたりが入ってきて明るい感じの曲もできるようになって。

崎村ゆふぃ : バキバキでかっこいい方が、これまでの私たちにはハマっていたんですけど、2人が加入してくれたことによって、明るくて可愛い曲がやりやすくなったというか。表現の幅が広がりましたね。“海賊QUEEN AMAZONES”と“無敵のIDOL”は、5人になって生まれ変わっためろん畑のための曲ですね。

知世千世 : この曲の振り付けには、タップダンスみたいな要素がほしいって言われたんです。みんなで同じ船に乗って大暴れしてる姿に、かわいい動きを意識しながら振り付けしましたね。

中村ソゼ : 最初のアレンジではピアノが多くて、正直「めろん畑っぽくないな」と思っていたんです。でも、完成版のアレンジを聴いたらギターがギャンギャンギャンギャン鳴っていたり、最後のサビだけベースのスラップが入ってきたりして、サイコ・ガレージの音楽の要素が強くなると、「めろん畑らしいな」って思いますね。

崎村ゆふぃ : そういう要素があると私たちも安心します。

中村ソゼ

中村ソゼ

中村ソゼ : “to IDOLS to US to YOU”も最後、不穏なメロが来たから「あっ、めろん畑だ! 」って思って(笑)。

崎村ゆふぃ : そういう要素が入っていた方が、私たちもやりやすい。

琉陀瓶ルン : そういう体になってしまった....。

一同 : ハハハハハハハハハハ!!

あみのころみ : めろん畑の曲は叫び声がいっぱい出てくるんですよね。1曲に1叫びくらい(笑)。はじめて聴いたときは衝撃的だったんですけど、当たり前になっちゃって。

崎村ゆふぃ : 叫び声でその日のコンディションを当ててみてほしいですね(笑)。

──では、最後の“STILL DEAD OR ALIVE”はどんな曲でしょう?

崎村ゆふぃ : 私、崎村ゆふぃのソロ曲です。ただ、feat.めろん畑 a go goみたいな形で、みんなの声もしっかり収録されています。

崎村ゆふぃ

崎村ゆふぃ

──どんな感じで制作は進んでいったんですか?

崎村ゆふぃ : レコーディングの前に仮歌を録ろうということになって、メンバー全員1人ずつ順番に録音したんです。そのときに、この曲は私の声質に合うんじゃないかと言っていただいて。最終的にメインで歌う形になりました。

中村ソゼ : ゆふぃの声とか歌い方とかが、曲の世界観とピッタリ合致していたんですよね。

琉陀瓶ルン : 仮歌の段階でヒーカップ(しゃっくりするように語尾をしゃくりあげる歌い方)を意識してほしいって言われて。それがいちばんハマってたのがゆふぃでしたね。

──自身のソロ曲として、この曲はいかがですか?

崎村ゆふぃ : 歌詞を読んだときにカッコよすぎて、「やられた」って思いました。衝撃的だったというか。歌詞に「まだまだ物足りない」っていう貪欲さが現れていてすごい好きです。

──アルバムのレコーディングを終えて、それぞれに手応えはありましたか?

あみのころみ : 全部いい曲ですよね。全編を通して聴くと、物語とかミュージカルみたいに感じる作品になりました。

崎村ゆふぃ : ライヴでやったら絶対楽しいし盛り上がるなって。

知世千世 : 私はこのアルバムから振り付け師としても参加しているので、「こんなカッコいい曲たちに振り付けられるのか」って葛藤があったんです。私は兼任しているThe Grateful a MogAAAzの振り付けも担当しているので、めろん畑との違いをうまく出していけるのかなとか。いろいろ不安だったんですけど、私の振りをメンバーに踊ってもらったり、「ここ、こういう風に変えようよ」ってみんなで話し合ったりして。そうやって完成させた振りをお客さんの前で披露していく内に、「これはもっとカッコよくなる可能性があるな」っては確信してきました。

琉陀瓶ルン : めろん畑が所属する〈GOLLIPOP RECORD〉には、私たちだけじゃなく、妹グループのThe Grateful a MogAAAzも新しく仲間に加わったんです。だけどこんなカッコいい曲たちを、他でもないめろん畑に与えてくれた意味を考えながらやらないとダメだなって思いますね。

あみのころみ : 生かすも殺すも自分たちみたいな(笑)。いい意味でプレッシャーですね。

──なるほど。本当にいい意味でのプレッシャーですね。これから全国ツアーが控えているとのことですが。

崎村ゆふぃ : 秋から全国ツアーがはじまります!

中村ソゼ : ツアーを開催することだけ決めて、会場は募集しました(笑)。

──活動の拠点は東京近郊ですよね? これまで関東以外でライヴの経験はありますか?

崎村ゆふぃ : 岐阜、名古屋、大阪、新潟ではライヴしたことがあるんですけど、それ以外はまだ訪れたことがないですね。なので、今回の全国ツアーを機にいろんなところに行ってみたいです。

──今後、ライヴしてみたいなと思う場所はありますか?

知世千世 : 私は出身が福岡なので、福岡行きたいですね。

崎村ゆふぃ : 北海道で〈さっぽろ雪まつり〉くらいの暴風雨の中でライヴがしたい(笑)。夏の野外は経験したことがあるので、冬の野外を大雪の天候で挑戦してみたいですね。

琉陀瓶ルン : 私たち設定的には宇宙から来ているので、日本だけじゃなく、宇宙の星でもステージがあるなら(笑)。

あみのころみ : あとは、大きい有名なフェスとか出たいです。

琉陀瓶ルン : 実はイタリアでもライヴさせてもらったことがあるので、これからはもっとワールド・ワイドに活動したいですね。

中村ソゼ : めろんの音楽はサイコビリーっていうジャンル基調にしているので、本場のヨーロッパのアーティストと共演したいし、もっと力をつけて世界中で歌えるように頑張りたいです。

めろん畑 a go go 『to IDOLS to US to YOU』配信中!!


【アルバム購入特典】
・『to IDOLS to US to YOU』デジタル・ブックレット(PDF)
・オンライン・サイン会ご招待

LIVE INFORMATION

めろん畑a go goレコ発ワンマンライブ
【RETURN OF SICK×IDOLS×SICK ‬-NEW GAME-『to IDOLS to US to YOU』Release Party ONEMAN LIVE!!】-

2020年8月23日(日) 渋谷CLUB QUATTROより生配信‬

PROFILE

“THE IDOL FROM OUTERSPACE!!”

はるか銀河の彼方、
めろんの星からやってきた
とってもキュートでいたずら好きなアイドル!!
彼女たちの行くところ、いつでもはちゃめちゃ大騒動!?
謎に包まれた彼女たちのひみつを1つだけ明かそう!
『レザーのマスクはオーダーメイドだ!!』
チープでゴージャス?
スリルとサスペンス?
ヒーローなのにカッコ悪い?!
その正体は…
サイドキックなヒーローアイドル
めろん畑 a go go!!

【公式 HP】
https://melonbatakeagogo.theblog.me/

【公式ツイッター】
https://twitter.com/MELONBATAKEAGO2

この記事の筆者
西田 健

1990年生まれ。熊本出身の九州男児。2019年までイベント業界で働きながら、福岡親不孝通りにてJ-POP、アニソンのDJ活動を行う。その後上京し、OTOTOY編集部にてアイドル、アニメ関連を中心に担当。映画、深夜ラジオが好き。

MyDearDarlin’が伝えたい、アイドル活動の心得

MyDearDarlin’が伝えたい、アイドル活動の心得

日常のリアルを歌い上げるシンガーソングライター近石涼

日常のリアルを歌い上げるシンガーソングライター近石涼

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.132 祝!ABBA復活!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.132 祝!ABBA復活!

全てのソロ活動はももクロに返ってくる──初のソロ・アルバムに詰め込まれた、高城れにの世界

全てのソロ活動はももクロに返ってくる──初のソロ・アルバムに詰め込まれた、高城れにの世界

豊田あさが飛び込んだ、JamsCollectionというアイドルの世界

豊田あさが飛び込んだ、JamsCollectionというアイドルの世界

JamsCollectionが成長するきっかけに──津代美月が抱くグループへの想い

JamsCollectionが成長するきっかけに──津代美月が抱くグループへの想い

これは、JamsCollectionの挑戦──一宮彩夏が抱く大きな舞台への想い

これは、JamsCollectionの挑戦──一宮彩夏が抱く大きな舞台への想い

新生フレンズ、太陽のような新作アルバム『SOLAR』

新生フレンズ、太陽のような新作アルバム『SOLAR』

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

ヴァーチャル・シンガー理芽がはじめて語る、これまでの軌跡──彼女は、いかに音楽の世界に飛び込んだのか

ヴァーチャル・シンガー理芽がはじめて語る、これまでの軌跡──彼女は、いかに音楽の世界に飛び込んだのか

TikTokで話題の現役保育学生SSW、ちゃんゆ胃の音楽に対する想い

TikTokで話題の現役保育学生SSW、ちゃんゆ胃の音楽に対する想い

「わからないまま、ただ走り続ける」──めろん畑a go goが考える、アイドルとして生きる道

「わからないまま、ただ走り続ける」──めろん畑a go goが考える、アイドルとして生きる道

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.123 閃光の退勤

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.123 閃光の退勤

【ライヴレポート】パピプペポは難しい、夢の舞台へ──恵比寿LIQUIDROOM公演〈復讐〉

【ライヴレポート】パピプペポは難しい、夢の舞台へ──恵比寿LIQUIDROOM公演〈復讐〉

新生フレンズは、これからも音楽を届け続ける──〈"UNO!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

新生フレンズは、これからも音楽を届け続ける──〈"UNO!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

サンダルテレフォンが新作EPで魅せたクール&ファンキーな2つの表情

サンダルテレフォンが新作EPで魅せたクール&ファンキーな2つの表情

『電音部 ベストアルバム シーズン.0』──クリエイター陣が語る、楽曲制作へのこだわり

『電音部 ベストアルバム シーズン.0』──クリエイター陣が語る、楽曲制作へのこだわり

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.117 カヴァー・ソング沼

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.117 カヴァー・ソング沼

ありぃ(ex.uijin)プロデュースのアイドル・グループ、PRSMIN、始動!

ありぃ(ex.uijin)プロデュースのアイドル・グループ、PRSMIN、始動!

XOXO EXTREMEは新たなプログレ・アイドルの扉を開ける──最新アルバム、完全大解剖特集

XOXO EXTREMEは新たなプログレ・アイドルの扉を開ける──最新アルバム、完全大解剖特集

星歴13夜が創造する、次の時代の神話──最新アルバム『MythEpoc』

星歴13夜が創造する、次の時代の神話──最新アルバム『MythEpoc』

鈴木このみの歌声は、次のステージへ進化した──ニュー・シングル「Bursty Greedy Spider」

鈴木このみの歌声は、次のステージへ進化した──ニュー・シングル「Bursty Greedy Spider」

人生は一度きり!──安月名莉子がニュー・シングルに込めた「何度でもリベンジしよう!」というメッセージ

人生は一度きり!──安月名莉子がニュー・シングルに込めた「何度でもリベンジしよう!」というメッセージ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.112 僕のラジオネーム

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.112 僕のラジオネーム

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉が仕掛ける新たなイベント体験の形

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉が仕掛ける新たなイベント体験の形

今度のO'CHAWANZはこれまでとは違う!──新作アルバム『Do The Right Thing』でたどり着いた新境地

今度のO'CHAWANZはこれまでとは違う!──新作アルバム『Do The Right Thing』でたどり着いた新境地

Ange et Follettaが「舞踏会」をテーマに歌い踊るファースト・ミニ・アルバム

Ange et Follettaが「舞踏会」をテーマに歌い踊るファースト・ミニ・アルバム

キュートな7人が踏み出すパワフルな一歩──メイビーME、デビュー・シングル「ラミラミLOVE ME BABY」

キュートな7人が踏み出すパワフルな一歩──メイビーME、デビュー・シングル「ラミラミLOVE ME BABY」

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.104 「アイドルこわい」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.104 「アイドルこわい」

シキドロップが綴る“巡り逢い”の物語──はみ出し者であることの煌めきを唄う最新アルバム

シキドロップが綴る“巡り逢い”の物語──はみ出し者であることの煌めきを唄う最新アルバム

音楽は決して無くならない──個性派音楽レーベル・コドモメンタルINC.が歩んだ2020年と未来への希望

音楽は決して無くならない──個性派音楽レーベル・コドモメンタルINC.が歩んだ2020年と未来への希望

モノクロテレビジョンが紡いだはじまりのうた──〈 episode 0 ~序章~ Re.〉ライヴレポート

モノクロテレビジョンが紡いだはじまりのうた──〈 episode 0 ~序章~ Re.〉ライヴレポート

ゆくえしれずつれづれ、最期の咆哮──〈 LAST ONE MAN LIVE〜The Scream〉ライヴレポート

ゆくえしれずつれづれ、最期の咆哮──〈 LAST ONE MAN LIVE〜The Scream〉ライヴレポート

パピプペポは難しいは、決して型にはめられない──ミニ・アルバム『もしも君がいない世界に生まれてたら』

パピプペポは難しいは、決して型にはめられない──ミニ・アルバム『もしも君がいない世界に生まれてたら』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.95 2020年のシネマ・ミュージック

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.95 2020年のシネマ・ミュージック

kiki vivi lilyが贈る幸運のお守り──新作ミニ・アルバム『Good Luck Charm』に秘めた遊び心

kiki vivi lilyが贈る幸運のお守り──新作ミニ・アルバム『Good Luck Charm』に秘めた遊び心

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉入門編

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉入門編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.90 特撮ソングは聴くエナジードリンクだ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.90 特撮ソングは聴くエナジードリンクだ!

Tri-Sphere、新体制初のメンバー全員インタヴュー

Tri-Sphere、新体制初のメンバー全員インタヴュー

The Grateful a MogAAAzがマスクの奥に秘めた情熱

The Grateful a MogAAAzがマスクの奥に秘めた情熱

O'CHAWANZ、ゲストの魅力をラップで引き出す『コラボ』アルバム

O'CHAWANZ、ゲストの魅力をラップで引き出す『コラボ』アルバム

勇気を出して踏み出して──MyDearDarlin’インタヴュー後編

勇気を出して踏み出して──MyDearDarlin’インタヴュー後編

これから出会うあなたへ──MyDearDarlin’インタヴュー前編

これから出会うあなたへ──MyDearDarlin’インタヴュー前編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84 30歳

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84 30歳

4人組楽曲派アイドルグループ、EMOE─『Negative』のなかに光を見出す

4人組楽曲派アイドルグループ、EMOE─『Negative』のなかに光を見出す

いま話題の音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉、ロスレス配信中!

いま話題の音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉、ロスレス配信中!

KAQRIYOTERROR×作詞家・GESSHI類 対談

KAQRIYOTERROR×作詞家・GESSHI類 対談

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

令和の楽曲派アイドル、963──2ndアルバム『tick tock』

令和の楽曲派アイドル、963──2ndアルバム『tick tock』

SOMOSOMOが放つ最初の衝撃──初のフル・アルバム『FIRST IMPACT』

SOMOSOMOが放つ最初の衝撃──初のフル・アルバム『FIRST IMPACT』

MELiSSA、新メンバーが想う理想のグループへの序章

MELiSSA、新メンバーが想う理想のグループへの序章

めろん畑 a go go、 ロカビリーや特撮への愛を爆発させたミニ・アルバム

めろん畑 a go go、 ロカビリーや特撮への愛を爆発させたミニ・アルバム

MELiSSA、1st AL『GATHERWAY』──先輩メンバーが語るこれまでの軌跡

MELiSSA、1st AL『GATHERWAY』──先輩メンバーが語るこれまでの軌跡

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.73 2020年の上半期を思い出す

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.73 2020年の上半期を思い出す

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.67 君は天然色

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.67 君は天然色

O’CHAWANZに訊く、アイドル・ラップの作詞術──新作アルバム『Mellow Madness』

O’CHAWANZに訊く、アイドル・ラップの作詞術──新作アルバム『Mellow Madness』

【OTOTOYレポート】ライヴ・ストリーミング、配信するならどれを選ぶか

【OTOTOYレポート】ライヴ・ストリーミング、配信するならどれを選ぶか

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.59 STAY HOME, AND PELASE WATCH TERRACE HOUSE

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.59 STAY HOME, AND PELASE WATCH TERRACE HOUSE

いま、ライヴハウス / クラブで何が起きているのか? ──小岩BUSHBASHの現状

いま、ライヴハウス / クラブで何が起きているのか? ──小岩BUSHBASHの現状

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.51 アイドル・バレンタイン

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.51 アイドル・バレンタイン

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.44 2019年のシネマ・ミュージック

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.44 2019年のシネマ・ミュージック

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

この記事の編集者
TOP