2020/06/16 00:00

空間を製図する音楽──原 摩利彦『PASSION』

野田秀樹演出の舞台作『Q:A Night At The Kabuki』のサウンドデザインを担当、また日本を代表するアートコレクティブ『ダムタイプ』のメンバーとしても活動、森山未來もダンサーとして参加している世界的振付師ダミアン・ジャレと彫刻家名和晃平によるプロジェクト『Vessel』では坂本龍一と共に劇伴……などなど、音楽家として活動を多岐にしている原 摩利彦。こうした劇伴などの作品リリースを経て、自身のソロ・ワークとしては3年ぶりとなるアルバム『PASSION』をリリースした。ピアノ、電子音、そしてフィールド・レコーディングなどを配したその作品は、空間そのものを描き出すような、音響的な仕掛けに満ちたポスト・クラシカル〜アンビエント作品で、ぜひともハイレゾにて体感して欲しいサウンドとなっている。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともに、インタヴュー、さらには八木皓平によるレヴューによって、本作を掘り下げる。


INTERVIEW : 原 摩利彦

ひさびさにソロ、オリジナル・アルバムのリリースとなる原 摩利彦の『PASSION』。前作『Landscape in Portrait』との大きな違いは、その音響的な感覚があるようにも思える。ピアノや電子音、そしてフィールドレコーディングなどで構成されたサウンドは、あたかも3Dの星図のように“配置”され、“流れ”が立体的に迫ってくる。その音像をひとたび再生すると、その空間のなかに、ひとつ無色透明の空気の彫刻を形作ってしまうような、そんな感覚に溢れている。本作をリリースした原 摩利彦にPCを介して話を訊いたのは、まだまだ緊急事態宣言中の5月後半だった。

インタヴュー・文 : 河村祐介

体験となる空間が音楽にとって大事な要素

──今回は音の表現というところで、作曲と同じぐらい重要な部分としてある種の三次元的な空間というものがとても表現として重要な位置をしめているのではないかと。

意識はしてますね。それを具体的に言うとミックスの話で、つねに音量や音像が動くように意識して作った部分があります。途中でミックスしているフィールドレコーディングの音にしろ、それぞれの楽器にしろ、ずっと鳴りっぱなしにするのではなく、それぞれが前に出てきたり後ろに出てきたりするように──前に出てくるというのは結局、音量のことなんですけど。自分のいまのスタンスとしては、音楽が時間芸術よりも空間芸術なんじゃないかと思っていて。音楽を聴くと、ヘッドフォンなり、スピーカーで聴くなりそこで音が発せられてそこで空間ができるわけですし、ライヴや劇場で聴くものとか、映画館にしても、体験となる空間が音楽にとって大事な要素だと思います。そういう考えをどう反映させるかってなると、ミックスとかの音量の部分になってくるので、なので「三次元的な音楽」と言っていただけたのは嬉しいです。

──あと気になったのは、音の低域の作り方。今回ピアノの奏法にしてもあると思うんですけど、例えばさっき言われたステレオの芸術作品として作る時に、今って割と安いものでもスピーカーとかイヤホンの性能的に低域が出るじゃないですか。そういうところも意識されたりするんですか?

ありますね。前だったら「ここの音は出ないだろう」と諦めているところが少しあったと思うんですが、僕自身はヘッドフォンやイヤホンをかなり使い分けて聴いているんですが、低音がしっかり出るんですよね。例えばMacBook Proのスピーカーでもかなり出ますし。だから前よりかは積極的に低音を出したかもしれないですね。でもそのご指摘はちょっとハッとしました。

──低音も空間を捉えるのにやはり重要な要素だと思うので、最初におっしゃっていた空間的な芸術というところで、原さんがアクチュアルに感じている音楽の面白さが出た作品なのかなと思いました。

そうですね。ちょっと話はずれてしまうんですが、今コロナ禍でライヴができないとか集まれないとかありますよね。空間芸術にとっては損失がすごく大きい。だからこれからどうするべきかとは思ってますけどね。コロナの影響よりもずっと前に作った作品ですが、結果的にヘッドフォンとかスピーカーで聴いても空間を楽しめるように、という意味ではしっかりと作った作品かもしれないです。

──割と今回は作曲・演奏・レコーディング・ミキシングとプロセスがある中で、ミキシングの部分が重きをなしたという感じなんですか。

そうですね。ミックスは自分でやりました。エンジニアのzAkさんから「ミックスは誰がやったの? よくできてる」って言ってもらえました。

──結構時間をかけてミックスされたんですか。

いや、実はあまり時間はかかってないです。ちょっとやっては寝かしてちょっとやっては寝かしてを繰り返した感じですね。何時間もずっと時間をかけてやった感じではなくて、長くても一回で二、三時間くらいです。

──模索するというよりも頭の中に設計図のようなものがあって、そこに具体的にはめていくという作業だったんですかね。

設計図というよりも曲のイメージはありましたね。ミックスのイメージは、低音が引いていく感じとか音が前に出ていく感じっていうのは、他の劇場仕事での音体験もそうですし、フィールドレコーディングしている時に外で耳をすませた時の音の動きとかそういうものも物凄く参考になっています。

──あとはピアノと電子音の配合、これも『Landscape in Portrait』と比べると全然違って聞こえるんですが、意図したものなのでしょうか。

そこはあまり意識していなくて、リリースから3年経った月日の変容からだと思います。

──そのあたり、3年と言えば、その間にやっていた劇伴からの影響ですか?

それはあると思いますね。

──具体的にいうとどういうものでしょう。

野田秀樹さんに演劇に提供した楽曲もそうですし、何万人という人が観に来る中で、自分がこれが気持ちいいと思うものをかなりの音量で出すわけですね。でも「音楽がうるさい」という声は全くなくて、もちろんみなさんはストーリーに感動しているわけなんですけど、サウンドを受け入れてくれて帰っているんですね。でもそれは演劇自体によるものもありますし、劇場でオペレーターさんの音量の出し方とかスピーカーの位置とか、そうしたものが総合的に存在していい結果になっているわけなんですが、そこのエッセンスをたぶん学んでいるんだと思います。そこで学んだことは自宅でミックスしているだけではわかり得なかったことだなとも思いますね。

──アウトプットに対する想像力が劇伴をやることによって、音が鳴り、お客さんが観劇しているのを実際に体験してアップデートされた部分があるんですかね。

はい、それはあると思います。

──例えば、今回ソロアルバムとして作られていて、かたや劇伴があって、音楽的に線引きはどの程度あるんでしょうか。

現場によって違うんですけど、劇伴はピアノの曲をあまり使わないんですね。ある種の欲求不満としてソロではピアノをストレートに出すっていう部分もあります。音響的なことをもっとやりたいけど、現場によって出せない欲求をぶつけるのと両方があるって感じです。自分の作品として関わっていても、劇伴では作品にとって一番大事な音を出さないといけないのでいくら自分がやりたいと思っても作品に合わなかったりしたら、それはすべきことではない。でもその代わりに自分の作品では好き放題出しています。

町で聴いている音の流れ

──アルバム全体としてはある程度断片があったとして、そこからアルバム全体としては足りないピースを埋め合わせていくのか積み重ねていくのか作業としてはどっちが近いですかね。

感覚としては地図を書いていくような感じです。自分がいつもと違うジャンルに旅していった時に得た、それぞれの土地の地図みたいなものを集めていって、その間を新しく想像していくという感覚がありました。例えば具体的には、“Confession”という最後から二番目の曲は最初のストリングスの断片があったんですけど、本当に断片だけでそこに音も重ねていって、波の音も入れました。それでも何か足りないなと、そしたら岩崎和音さんというサントゥール奏者と知り合ったのもあり「中東の楽器を入れたらいけるかも」と思って入れたら完成したという。足りないというか、見えてない。なので、白紙のところを埋めていく作業という感じです。

──アルバムの全体像としては見えていたんでしょうか。

見えてはないですね、霧の向こうというか。作り手としては地図っていうのがしっくりきています。劇伴なんかでは現場によってジャンルも違いますし使ってる言葉から違うんですね。違う国とか違う文化圏に行く感じにすごく近いんです。そういう意味で、そこから自分の音楽に帰ってきて、それを自分のソロとしてまとめるとなったときには地図みたいな感覚があるかもしれないです。

──少し話がずれてしまうんですが、他のお仕事をやられていてびっくりしたというか、ハッとするようなことって時間軸というキーワードで行くと何でしょう。

歌舞伎の仕事で、囃子方の家元と一緒にやったとき、歌舞伎の人たちって打ち合わせ一瞬で決めるんですね。一瞬で「これで行きましょう」となったら、フレーズは体に入ってるんでそれを音楽と身体を合わせるという。そんな芝居は8時間あるんですね。そうなると1時間や2時間が全然長く感じなくなるんです。ずっとセリフがあって麻痺して行く。時間感覚が現場ごとに極端に違うんですよ。その仕事が終わって次の現場に行くともうガラッと変わるわけで、それは精神的にというか身体にショックがあるんです。

──身体感覚としての時間みたいな部分で衝撃を受けるというですか?

そうですね。

──話は変わりますが、音響的な空間把握の部分でいうと、フィールドレコーディングの使い方が変わったなという部分はありますか?

あんまりないですが、使う時間が短くなったというのはあります。2曲目とかは鐘の音が流れてきますが、ほぼワンショットだけで。やっぱりもっと使いたいと思ってしまうんですが、そこは出さない方が聴いた後の印象としてはかえっていいかもしれない。

──登場人物がいろいろ出てくるみたいな、もフッと差し色のように入ってきて、それが音響的な立体感と一緒にある。そういう楽しみ方ができる作品だなと思いました。

それはおっしゃる通りで、参考にしているのは町で聴いている音の流れです。車がフッと行ったと思ったら今度は違う人の声が聞こえて、というそれは一瞬のことだったりする。現実はその積み重ねだったりします。それはすごく勉強になるんですね。そういう意味で音が現れては消えて行くような、川の流れのようにはしていると思います。そこがフィールドレコーディング的な音楽と言われることがあるんですが、他の人と違う点かもしれないです。ベターっ貼り付けることはせずに、ひとつだけではなくて、違う音を入れたり、移り変わりを表すというか。

──それが今回のアルバムとして、時間軸を空間を上手く使って支配して行くみたいな部分を感じました。そういう意味では、前作の風景描写というよりかは空間を描いて行く、その中に聴いている人をスッと入れてしまうみたいな。その辺は意図はされていたんですか?

ありがとうございます。意図はしてました。

手でピアノを弾いて作るのと同じ様に、DAWの中でサウンドファイルを入れて加工するという作業そのものがインスピレーションになる

Photo by Yoshikazu Inoue

──あと、笙など、いわゆる非西洋の楽器が入っていて、その部分が曖昧になっているというか。シンセなのか他の楽器なのかがあまり区別がつかないようになっていて、意図としてはあったと思うんですけどなぜそのような使い方をしたのかなと。

スタンスとして、フィールドレコーディングの音も非西洋楽器も全部音として等価というか。地球上でなっているそれぞれの音という意味で等価なんですね。そのスタンスが反映されたんだとは思います。もちろん邦楽器を使ってるということは、外国の人に聴いてもらう時に口では言いますけど、音色でわかりやすく「ザ・日本」というのを出したいわけではなくて。ルーツとは言わないですが日本の音楽、楽器には興味はでてくるんです。それを自作に入れたいというのは作曲家として出てくる欲求だとは思うんですけど、そこで自分が白々しくない一番無理のない形で自作に取り入れる形がいいなと。それが他の音と区別がつかないくらいの連続性を持たせることかなと思います。ただそれでやっても、固有の色は絶対に出るので変に個性出そうとするよりはおとなしくしていた方がその人の人間性が滲み出ていくみたいな感じで。

──いわゆるエキソチズムにはハマらないということですよね。

それは他の方がすればいいことで、僕のすることではないかと。

──あと気になったのは、ピアノの音色で、前回は空気を含んだ録音というホワイトノイズ的な成分も多かったと思うんですが、今回は割とクリアにピアノの音だけが聞こえる録音をされてると思うんですけど、レコーディングの環境がガラリと変わったんでしょうか。

前は、それまでずっと弾いてきたピアノを録るっていうコンセプトだったので、自分でマイクを立てて録音していました。マイクの立て方も自分のピアノをひている後ろに両側から2本、マイクを置いていて、ピアノの中に頭を突っ込んだような音像になるようにしていたんですね。でも今回は、主たるピアノはzAkさんのスタジオできっちり録りました。だから低音とかを入れてもその音が漏れないように録音できたと言いますか。前回はそういう意味では技術的に難しかったのかもしれないですね。マイキングの関係で、あんまり低域になると、手の物理的な部分で左だけになってしまったりとか、とかそういう具体的な理由もあって。

──今回はピアノに関しては録ったものをそのまま出してるという感じですかね。

そうですね、あんまり加工はしてないですね。

──“Vibe”とかは割と電子音で始まって、みたいな流れだと思うんですが、楽曲作る時に起点とする楽器ってピアノなんですか。

ピアノの曲は鍵盤を触りながらというのが多いですけど、同時にコンピューターをかなり触っているので。“Vibe”はAbleton Liveですけど、Protoolsとか、最近はCubaseをメインで使ってますし、Studio OneとかいろいろDAWは使ってきているんですが、画面上でサウンドファイルをクリック&ドラッグして掴んで構成していく感覚。その感覚はソフトによって違うんですけれど、その作業自体の気持ちよさみたいなものもあって、その気持ちよさが曲作りにつながっていくということもあります。手でピアノを弾いて作るのと同じ様に、DAWの中でサウンドファイルを入れて加工するという作業そのものがインスピレーションになるという。そういう触感もあります。インスピレーションに関しては音から離れた文学とか映像も音もないものがあるかもしれないです。

──原さんの音楽はDAWを触る面白さがもう一つ作業の起点になっているという話ですけど、DAWを触っていくことって、どちらかというと構築して行くこと、それ自体の楽しみみたいな感覚の方が強くなってしまうと言われる場合もあるじゃないですか。そこにプラスで、ピアノの身体感覚がある。原さんの中ではそのふたつは割とシームレスに繋がってるんですかね

繋がってますね。ソフトで作る時も、即興的に音を重ねて行くので。その二つは繋がってますし、まず僕はDAWがすごく好きなんですね。

──音響的な部分も含めて、構造というのが一個でている作品だと思ったので、今の話はすごくしっくりきました。DAWの部分で作り込んでいて、もう一つ情緒という部分では身体感覚の強いピアノがあるという。

両方とも、ネイティヴまで行かないですけど、かなり近いです。触ることが自然なので。

コロナの時代にという、ある種のバイアスかもしれないですが新しい捉え方もできると思うんです

Photo by Yoshikazu Inoue

──マスタリングに関してなんですけど、これは何か留意したところはありますか?

全くないです、エンジニアさんに全てお任せで。レーベルからの提案での人選でしたけど、頼めると思ってなかったので、頼めるならどんな音になるのか気になったんです。で、きたらピアノの音が自分のピアノの音だと思っていたものとは違うような音で。具体的には、ハンマーが当たる音がより聴こえてきたんです。最初は少し違和感を感じたんですけど、でももしかしてこれヨハン・ヨハンソンで聴いたことがあるピアノの感じかなと思って、これは最高じゃないかと。zAkさんの録音の仕方がいいというのもあって、両方がマッチしたのかなと思います。

──あとは電子音とのミックスが、最初に言っていたような空間把握の部分がより出たのかなというふうに感じました。例えば“Stella”だと、ノイズとかがチリチリ入ってたりするじゃないですか、ああいうのがすごく楽しめる、音響的な空間的な面白さがあって、非常に楽しめました。

あの曲、低域はホワイトノイズを使っているんですけど、高域の「チリチリ」という音は水の音か何かで、森の中のフィールドレコーディングの音源を、スペクトル分けてですごく高い周波数だけを切り取って、他をバッサリとカットしてやるとああなります。

──グリッヂ・ノイズ的に作ったやつではないんですね。

フィールドレコーディングですね。そういう部分もハイレゾとは親和性高いですよね。

──ですね。久々にオリジナルアルバムを作られて、ご自身では完成してから客観的にこの部分がかなり変化したな、ってところはありますか?

それは今回ステイトメントで書いた「情熱」と「受け入れること」、「受難」についても関係してくるんですけど。去年の8月にデモができた時点でレーベルにデモと一緒にステイトメントを書いて送ったんですよ。そのあとでコロナがあって、意味が変わってきた感じもあって。それを意識して書いたわけではなかったんです。一個人としてこれからの人生を進んでいくのに覚悟と言ったらあれですが決心をもう一度決めるというつもりで書いたんですが。世の中が変わって捉え方が変わってしまったという。それと同じく、音楽作品自体もコロナの時代にという、ある種のバイアスかもしれないですが新しい捉え方もできると思うんです。世界は取り返しがつかない状態なので、よく捉えるのであれば新しい聴かれ方や側面があるのかなと思います。

──この時代にこのタイトルだと、確かに少し身構えてしまうようなところがありますね。

全然この状況を受けて書いたものじゃないんですけどね。

REVIEW : 『Passion』──音響的アプローチがもたらす新たな扉

文 : 八木皓平


 持続音を音楽の中でどのように扱うかは、音楽家の才覚が試される極めて大きなテーマだ。特にアンビエントの特徴を持ったエレクトロニック・ミュージックやクラシック~現代音楽(ポストクラシカル)においてはその重要さを増す。ここ数年、その持続音の扱いにおいて抜きんでた成果を見せつけた作品ですぐに思いつくのが、例えばニルス・フラーム『All Melody』や、フローティング・ポインツ『Crush』だ。それぞれ全く異なった志向の作品であるものの、多種の楽器の持続音がエレクトロニックとアコースティックの区別なくレイヤーを形成しながら絡み合い、聴いているうちにそれぞれの音の明確な区分けが難しくなる楽曲を収録しているという興味深い共通点を持っている。簡単に言えば、前者では鍵盤やコーラス、後者ではストリングスの持続音と同時に鳴っているセミ・ロングなシンセ音の違いがわからなくなってくるということだ。作曲上は明確な区分けがあるにもかかわらず聴覚的には類似して聴こえ、その不可思議なハーモニーが音楽的な魅力となって響いてくる。このようなアプローチは電子音楽の領域で以前より試みられているが、近年のそれは方法論がこれまで以上に複雑で豊かになってきているように感じる。

 原 摩利彦の新作『Passion』にもそのような魅惑的な混乱が精密に構築された形で存在している。
「Fontana」における笙の音色をシンセや細かなノイズとともに聴いていると、その音色が笙なのか電子音なのか、すこしわからなくなる。「Landkarte」では、笙を「加工」した音が使われているらしく、それを聴くと自分がさっきまで笙だと思っていた音がほんとうはシンセの音なんじゃないかという疑問もわいてくる。こういったことは「Meridian」における能管の扱いにもいえる。 いくつかの音が持続音で並列化され、何の音かはっきりしなくなる。音が配置されているコンテクストをあくまで音響的に操作することで、それらの個性を保ちながら、しかしその正体が掴めず、どこか朧気であることは、『Passion』という作品における音響的アプローチが現代的であることを意味している。それに加え、ストリングスや電子音、ピアノの他に、笙や能管、サントゥールといった国境を越えた楽器たちが同じ場所に配置され、それぞれの違いを示しながらも、どこかほかの音色に似た表情になる瞬間があることも重要だ。このことは『Passion』における優れた音響空間が、ユニヴァーサルな色彩をその身に宿しているということを意味しており、本作が持つコンテクストをより一層豊かにしている。
 原 摩利彦が『Passion』で、彼にとってまたひとつ新しい扉をひらいたことは間違いない。

PROFILE

原 摩利彦 (はら まりひこ) / Marihiko Hara

音楽家。1983年生まれ。京都大学教育学部卒業。同大学大学院教育学研究科修士課程中退。
音風景から立ち上がる質感・静謐を軸に、ピアノを使用したポスト・クラシカルから音響的なサウンド・スケープまで、舞台・現代アート・映画など、さまざまな媒体形式で制作活動を行う。アルバム《Landscape in Portrait》(2017)をリリース。振付家 ダミアン・ジャレによる舞台《Omphalos》(2018)の音楽を坂本龍一と共作。彫刻家 名和晃平のインスタレーション作品《foam》のサウンド・スケープを担当。野田秀樹率いるNODA・MAPでは、《贋作 桜の森の満開の下》では舞台音楽を30年ぶりに一新する大役に抜擢され、評判を呼び、舞台《Q》(2019)のサウンドデザインを手がけるなど、第一線で活躍するアーティストとのコラボレーション・プロジェクトも精力的に行っている。

アーティスト・コレクティブ「ダムタイプ」に参加し、「ダムタイプ展」《Action & Reflection》(ポンピドゥーセンター・メッス、東京都現代美術館)、高谷史郎パフォーマンス《ST/LL》、《CHROMA》にも参加する。

公式WBEページ
http://marihikohara.com/

この記事の筆者
河村 祐介

1981年生まれ。ビヨンセとは1日違いで時差的に多分ほぼ一緒。渋谷区幡ヶ谷出身。2004年~2009年『remix』編集部で丁稚から編集者へ、LIQUIDROOM勤務やのらりくらりとふらふらとフリーを経て、2013年よりOTOTOY編集部所属、現在編集長。テクノあたりとダブステップあたり、ルーツ・レゲエ〜ダブあたり(そのあたりでライナーノーツなど多数)、その他では酒あたりと本あたり。

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.69 祝・配信復活、ハイレゾで聴く電気グルーヴ・プレイリスト!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.69 祝・配信復活、ハイレゾで聴く電気グルーヴ・プレイリスト!

空間を生成するピアノと電子音、フィールドレコーディングの地図──原摩利彦『PASSION』

空間を生成するピアノと電子音、フィールドレコーディングの地図──原摩利彦『PASSION』

D.A.N.主催のストリーミング・ライヴ企画〈Supernature〉開催

D.A.N.主催のストリーミング・ライヴ企画〈Supernature〉開催

インディペンデントな音楽コミュニティーの支援団体〈SustAim〉とは?──発起人のひとり、starRoに訊く

インディペンデントな音楽コミュニティーの支援団体〈SustAim〉とは?──発起人のひとり、starRoに訊く

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.61 Music For Reading

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.61 Music For Reading

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.54 追悼:アンドリュー・ウェザオール

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.54 追悼:アンドリュー・ウェザオール

こだま和文 x 高橋一(思い出野郎Aチーム)──特別対談:日々の生活、そして音楽

こだま和文 x 高橋一(思い出野郎Aチーム)──特別対談:日々の生活、そして音楽

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.49 ダブ・マスター、内田直之の仕事

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.49 ダブ・マスター、内田直之の仕事

スペシャル・リポート : 憑在の音楽──日野浩志郎によるコンサート・ピース、GEIST@YCAM

スペシャル・リポート : 憑在の音楽──日野浩志郎によるコンサート・ピース、GEIST@YCAM

OTOTOY EDITOR'S CHOICE VOL.42 ベリアル──亡霊のごとき響くベース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE VOL.42 ベリアル──亡霊のごとき響くベース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.36 WARP30周年を10曲で振り返り

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.36 WARP30周年を10曲で振り返り

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.30 祝エイドリアン・シャーウッド来日、ON-U SOUND

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.30 祝エイドリアン・シャーウッド来日、ON-U SOUND

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.19 ドン・パ・ドンドン・パ! ドンスタッペ! エレクトロ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.19 ドン・パ・ドンドン・パ! ドンスタッペ! エレクトロ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.17 天才、リー・ペリーの軌跡

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.17 天才、リー・ペリーの軌跡

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.11 五月病対策!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.11 五月病対策!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.9 テイク・イット・イージー! ロックステディ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.9 テイク・イット・イージー! ロックステディ

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.5 春ねむい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.5 春ねむい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

テンテンコ、illicit tsuboiをアレンジに迎えたメジャー第1弾シングル──ハイレゾ配信

テンテンコ、illicit tsuboiをアレンジに迎えたメジャー第1弾シングル──ハイレゾ配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

この記事の編集者
河村 祐介

1981年生まれ。ビヨンセとは1日違いで時差的に多分ほぼ一緒。渋谷区幡ヶ谷出身。2004年~2009年『remix』編集部で丁稚から編集者へ、LIQUIDROOM勤務やのらりくらりとふらふらとフリーを経て、2013年よりOTOTOY編集部所属、現在編集長。テクノあたりとダブステップあたり、ルーツ・レゲエ〜ダブあたり(そのあたりでライナーノーツなど多数)、その他では酒あたりと本あたり。

REVIEWS : 004 エレクトロニック&アザーズ(2020年5・6月)──八木皓平

REVIEWS : 004 エレクトロニック&アザーズ(2020年5・6月)──八木皓平

空間を生成するピアノと電子音、フィールドレコーディングの地図──原摩利彦『PASSION』

空間を生成するピアノと電子音、フィールドレコーディングの地図──原摩利彦『PASSION』

インディペンデントな音楽コミュニティーの支援団体〈SustAim〉とは?──発起人のひとり、starRoに訊く

インディペンデントな音楽コミュニティーの支援団体〈SustAim〉とは?──発起人のひとり、starRoに訊く

REVIEWS : 003 ジャズ(2020年4月)──柳樂光隆(Jazz The New Chapter)

REVIEWS : 003 ジャズ(2020年4月)──柳樂光隆(Jazz The New Chapter)

Gotch、3年ぶりのソロ・シングル・リリースへ

Gotch、3年ぶりのソロ・シングル・リリースへ

特別対談 : mora qualitas x OTOTOY ── 高音質を生活のなかに

特別対談 : mora qualitas x OTOTOY ── 高音質を生活のなかに

こだま和文 x 高橋一(思い出野郎Aチーム)──特別対談:日々の生活、そして音楽

こだま和文 x 高橋一(思い出野郎Aチーム)──特別対談:日々の生活、そして音楽

スペシャル・リポート : 憑在の音楽──日野浩志郎によるコンサート・ピース、GEIST@YCAM

スペシャル・リポート : 憑在の音楽──日野浩志郎によるコンサート・ピース、GEIST@YCAM

よりシンプルに、素直に──DATS、「Game Over」で新たなフィールドへ

よりシンプルに、素直に──DATS、「Game Over」で新たなフィールドへ

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

生活に「祈り」と「救い」を、そして最高のグルーヴでパーティを続けよう──思い出野郎Aチームの新作がすごい

生活に「祈り」と「救い」を、そして最高のグルーヴでパーティを続けよう──思い出野郎Aチームの新作がすごい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.26 - SUMMER SPECIAL「mitokon編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.26 - SUMMER SPECIAL「mitokon編」

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

細野晴臣、『はらいそ』(1978年)、『フィルハーモニー』(1982年)最新リマスタ版配信開始

細野晴臣、『はらいそ』(1978年)、『フィルハーモニー』(1982年)最新リマスタ版配信開始

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

気になるあの問題がついに決着!?──YOUR SONG IS GOOD、結成20周年記念作『Sessions』をリリース

気になるあの問題がついに決着!?──YOUR SONG IS GOOD、結成20周年記念作『Sessions』をリリース

YMOリマスタリング第4弾『浮気なぼくら』『サーヴィス』『アフター・サーヴィス (live 1983)』

YMOリマスタリング第4弾『浮気なぼくら』『サーヴィス』『アフター・サーヴィス (live 1983)』

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

2週間先行ハイレゾ配信──断絶と継承を経たインディーの美学、WOOMAN『A NAME』

2週間先行ハイレゾ配信──断絶と継承を経たインディーの美学、WOOMAN『A NAME』

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

【REVIEW】『Silence Will Speak』に見える、未来まで響く歪みと叫び

【REVIEW】『Silence Will Speak』に見える、未来まで響く歪みと叫び

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ザ・なつやすみバンド、記念すべき10周年を彩る『映像』──新作を独占ボートラ付きハイレゾ配信

ザ・なつやすみバンド、記念すべき10周年を彩る『映像』──新作を独占ボートラ付きハイレゾ配信

蓮沼執太フィルの新作をハイレゾ配信

蓮沼執太フィルの新作をハイレゾ配信

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

TOP