2020/04/29 17:30

《神宿連載 第14回》塩見きら「自分自身の言葉を自分の口で歌うことでしか届けられないものがあった」

2020年4月16日に神宿が配信リリースした新曲“在ルモノシラズ”は、これまでの神宿サウンドのなかでも特にクールな印象を与える楽曲だ。サウンドだけでなくダークで叙情的なリリックも印象的な本作だが、この作詞を担当したのは、メンバーの塩見きら。今回はじめて作詞に挑戦した彼女に、“在ルモノシラズ”の歌詞に込めた思いをたっぷりと訊いた。インタヴューを読みながら“在ルモノシラズ”を聴けば、新たな発見があるかも!!

また塩見きら加入1周年となるこのタイミングで、新メンバー・オーディションの課題曲だった“はじまりの合図”のメンバー・ソロver. の配信もはじまっております。ぜひこちらもチェックを!

塩見きら作詞の新曲、ハイレゾ配信中

“はじまりの合図”のメンバー・ソロverもこのタイミングで配信開始

ちょっとお安いロスレス版と、神宿の過去作はこちらからどうぞ!
https://ototoy.jp/_/default/a/148208

INTERVIEW : 塩見きら

神宿を知っている人なら誰しもが感じたことだと思うが、“在ルモノシラズ”はいままでの彼女たちが歌ってきた楽曲とは一線を画すものだ。ダークで、塞ぎ込んでいて、報われなさからはじまるこの曲には、生々しくも嘘のないリアルな言葉が込められている。作詞をしたのは、去年から神宿の新メンバーとして活躍をしてきた塩見きら。彼女は一体、どのような思いで作詞をしたのか。今回のインタヴューでは、彼女が“在ルモノシラズ”の歌詞を作るにあたって残したメモを参考に話を聞いていった。

インタヴュー&文 : 満月兎

正直、あんまり納得できてなかったんです

今回はオンラインで取材を行いました

──今回は新曲“在ルモノシラズ”について、作詞を担当した塩見さんに話を聞いていきます。これは曲先なんですよね?

そうですね、はい。

──歌詞を書く前に「こういう内容にしてください」というオーダーはありました?

特になにも言われてなくて、本当にゼロの状態から歌詞を考えました。「私にしか書けないものを書きたい」と思ったので、最初に「神宿に加入する前の感情」と「オーディション期間中の感情」と「加入してからの感情」の3つに分けて自分自身で思っていることをバーっとノートに書いて。そこから歌詞に取り入れられそうな要素をピックアップして、最後に歌詞に落とし込む流れで進めていきました。

──ここからは歌詞の元になっているメモを参考に話を聞いていきます。1行目に「誰かに本当の自分を知られるのが怖い」とありますけど、これはオーディションに参加する前の感情ですか?

うーん……それはいまも思っていることですし、作詞を通してさらに強く感じたことでもありますね。神宿として活動をしていく中で、私のことをたくさんの人に知ってほしいし、グループや個人としてもさらに大きくなりたい反面、「本当の私を知られたくないな」という感情も出てきた、というか。そういう悩みの感情が言葉に表れましたね。

──「好きな相手が死ぬ系の映画はみたくなる」というのも気になりました。

歌詞だと「グッドエンドじゃ終わらせられない」になっている箇所ですね。何なんだろうなぁ…… ハッピーエンドの映画って共感できないんですよ。なんかつまらない(笑)。もしかしたら“普通”が好きじゃないのか、わからないですけど。昔からみんなの意見に同調するのが好きじゃなくて、それを映画に例えました。世間ではハッピーエンドの作品が良しとされているけど、私は嫌だなっていう。

──ハッピーエンドの映画が好きじゃないのは「物事がうまくいきすぎて嘘くさい」って思いがあるとか?

そうですね。「嘘くさいな」と思うし、私自身が21年間トントン拍子で生きてこれたと思ってないし、むしろ辛いことの方が多かったから。やっぱり幸せな映画って共感できないな、と思います(笑)。

──あと興味深かったのが「ミッフィーは悲しくてもうれしくても同じ顔をしていてうらやましい」という一文で。

ミッフィーってずっと(口元でバツのポーズを作って)コレじゃないですか(笑)。たしか、ミッフィーって泣くときはちゃんと涙が落ちるんですよ。だけど笑っているときは表情に出てないんですよね。それがすごく羨ましいなと思って。

──羨ましい?

私は悲しいこともうれしいことも顔に出ちゃうタイプなんですよ。たとえばお昼にすごい楽しいことがあったとして、家に帰って1人になると、楽しかった反動なのかわからないけど「…… めっちゃ楽しんじゃったなぁ」と後悔するんです。そういう感情のときに「ポーカーフェイスのミッフィーっていいな」と思ってメモしました。

──メモもそうですし、歌詞全体についても思ったんですけど、このネガティヴな感情の根源って「あの人と比べて自分は報われてない」という、ないものねだりの感情なのかなって。

そうですね。いままで自分のことを見つめ直すとか、自分について考える機会があんまりなかったんですけど、この業界に入ってからインタヴューもそうですし、自分でも考えることが多くて。「自分ってどうなのか」とか「他人はどうなのか」と比較することが多くなって、すごいつらくなっちゃうんですよね。自分は自分で、他人は他人なのに、どうしても「ないものねだり」をしてしまうんです。きっと「ないものねだり」をしてつらくなっちゃうのは、実は「在るものを知らないんじゃないか」と前向きに捉えたい自分の願望でもあるのかなって。ポジティヴになりたいとは思いつつも、なかなか難しくて。「そういう思考になりたい」という想いが“在ルモノシラズ”の歌詞に込められてます。

──もう一度、聞きますけど「誰かに本当の自分を知られるのが怖い」というのは、いまも抱えてる感情なんですよね?

そうですね。すごく信用している人にも私は自分のことを話さないので、まだそこは克服できていないかな…… そうですね(笑)。

作詞の際のメモ

──だけど“在ルモノシラズ”は、自身をさらけ出す最たるものじゃないですか。なによりも塩見きらを伝えている歌詞だと思うんですよ。

ああ、そうなんですよ! …… これは言ったことないんですけど、歌詞が出来上がったあとにすっごいつらくて「これ大丈夫?」と不安になったんです。「暗くなりすぎてぜんぜん共感してもらえなかったらどうしよう?」とか「神宿が歌って大丈夫かな?」とか。正直、あんまり納得できてなかったんです。もうちょっとハッピーとか、いい感じにした方が良かったんじゃないかなと思ったし、あまりにも自分の感情を出しすぎて「しおみぃって普段からこう思っているんだ」と知られるのもなんか嫌だな、というのもあって。だけど、リリースして、聴いた人の声を聞くと「すごい共感できる」とか「すごくわかります」と言ってもらえて。思っていたよりも、みんなも大変なんだなと感じたというか、「共感してもらえるんだ」ってうれしくなりました。

──たしかに、“在ルモノシラズ”は「この世に自分と同じことを考えている人がいたんだ」と思わせるような、刺さる系の曲ですよね。

そうであればうれしいなと思って。作詞家さんに書いていただいた歌詞を代わりに歌うんじゃなくて、自分自身の言葉を自分の口で歌うことでしか届けられないものもあるよな、と思うんです。なので「こういう風にしおみぃは考えているんだ」と聴いてもらって、それが刺さっているなら私も救われますね。

いままでの辛い過去を捨てたくないし、楽しかった思い出も大切にしまっておきたい

全編アニメーションによる“在ルモノシラズ”MV
全編アニメーションによる“在ルモノシラズ”MV

──歌詞の内容についても聞いていきます。1番のAメロ「夕暮れ時 空が映す懐かしい記憶」は、どういう思いからこの歌詞が生まれたのでしょうか?

私はいままでいろんな場面で「変わりたい」と言い続けてきたんです。その割に、過去を思い出すことも多くて。中学と高校は嫌いだったけど、「夕暮れ時の空」を見ていたら、ふと「あぁ、あの頃は楽しかったな」と思うんです。それが出だしの歌詞ですね。

──次の「失いたくないって思うんだ 笑顔の裏側」というのは?

私はSNSだとぜんぜんそういう感じじゃないくせに、ファンの方の前では笑っていることが多くて。「それって違和感だよな」と思っているんですよ。こんなに毎日つらい思いをしているのに、応援してくれるファンの前ではすごい笑顔で。…… でも、無理に笑っているんじゃなくて、自分自身で楽しいから笑顔になっているんですよね。「笑顔だけど実はつらいんだよ」と伝えたいのではなくて、「つらいこともあるけど……」って感じですかね。いままでの辛い過去を捨てたくないし、楽しかった思い出も大切にしまっておきたい、という想いで書きました。

──Bメロ「知られたくないな 知ってほしいかも 嘘の心に倦き果てた」の箇所で「倦き果てた」という言葉を使ったのはおもしろいですね。

実は、もともと違う言葉を考えていたんですけど、ぜんぜんしっくりこなくて。めちゃめちゃイライラしながら「どうしたらいいんだ」と悩んだ結果、出てきたのが「倦き果てた」でした。あえて、わかりやすい言葉を使わなかったのは、ストーリーを通して歌詞の1つ1つをみんなに考えてもらいたかったからなんです。

──そしてサビのあと「幻想を呑んで寂しさを埋めるんだ」の「幻想」は、なにをイメージしたのでしょうか?

「こうでありたい」という自分の幻想です。それが現実とかけ離れてしまった様子を表してます。まとめると、1番の歌詞は苦しんでいたりもがいていたりとか、そういう部分を全面に出していこうと書きました。

──2番になると主人公の心情が変わってますよね。

はい。1番の歌詞で後ろ向きだった人が、2番のAメロでは頑張ってちょっと前へ進もうとする。なんですけど、壁が立ちはだかってなかなか進めないイメージですね。

──2番Aメロ後半の「僕はなぜ生きるのですか 僕はなぜ進むのですか」という問いかけの箇所は、言葉のリズム感がいいですよね。

正直そこはしっくりきてなくて、聴いてても「うーん」となるんですよね(笑)。「なぜ生きるのか、なぜ進むのか、答えはないの?」と私が日常的に感じていることをそのまま書いたんですけど、「これを聴いて第三者はどうなんだろう」と思って。

──「どうなんだろう」というのは、具体的になにがひっかかったんですか?

中には「自分はなんで生きているのか」と考えない人はいるだろうなって。そういう人たちに「僕はなぜ生きるのですか」という直接的な歌詞が刺さるのかな? という不安はありました。だからこそ、ストレート過ぎて納得していなかったのはあります。でも「テンポがいい」と言っていただけたならよかった(笑)。そこからBメロがあってサビに入るんですけど、これは頑張って進もうと追い風を受けながら走っているイメージで書きました。1番の最後が「知らぬまま深く溺れてく」で締まるじゃないですか。最初は2番も同じ言葉にしていたんんですけど、そこを「在るもの知らずに溺れてく」に変えたんです。というのも、1番よりも2番の方が「僕」が自分自身のことをちょっとわかってきたかもしれない、というニュアンスを伝えたかったからなんです。

──個人的にCメロの「電車の音が響く 今日も“今”が過ぎていた」という比喩表現が好きでした。

歌詞を聴いたときに映像を思い浮かべやすいような言葉を使いたかったので、「電車の音が響く」にしました。電車がどんどんと通り過ぎていく音を聴いて、時間が経っていくのを感じる。そういう情景をみんなの頭の中で思い描きやすいように考えてます。

──そのあとに「群青の空が眩しく光っている」と続きますけど、改めて思うのが「群青」「夕暮れ」「夜」など空の風景で主人公の感情を表す場面が多い気がして。

そうですね。私自身、夕日を見るのも好きだし、星を見るのも好きだし、とにかく景色を見るのが好きなんですよ。時間によって感情が変わるというか、夕暮れどきの空を見ていると懐かしい感情が芽生えたり、夜の空を見ると悲しいなと思ったり、綺麗な青空を見ると晴れやかな気持ちになる。そういう心情の変化を空の色とか時間帯で描いてます。

──そういえば一昨日、朝から大雨が降ってお昼過ぎに晴れたんですね。そしたら大勢の人がSNSに「雨上がりの空」の写真を投稿してて、それがトレンド入りしていたんです。

おお、そうなんですね。

──写真と一緒に「今日の空は魅入っちゃう」というツイートが多くて、僕はその辺が鈍いので「へぇ、そうなんだ」と思ったんですけど。塩見さんはどうですか?

私もずっと見てられますね。いまパッと思い出したのが…… 高校生の頃、塾に通っていたんですけど、あるとき塾をサボって自転車で遠くまで行ってずっと空を見てました。

──それは自転車で遠くまで行って「疲れたぁ」と思って、たまたま上を見たら空が綺麗だったわけじゃなく?

違います(笑)。空を見たくて遠い場所まで行きました。

──へぇ!

はははは! ロマンチストですよね。土手とかに行って日が沈むのをずっと見てました。

──どういうときに見たくなるんですか?

嫌なことがあったときとか、なんかうまくいかないときは空を見ますね。でも、もっと遡れば小さい頃から星が好きで、家族で山奥まで車で行って流れ星を見ていたんですよ。そういうこともあって空を見るのが好きになったのかなと思います。

──歌詞の話に戻りますね。Cメロの最後に「溢れた愛を思い出したんだ」と書いてますけど、主人公の「僕」はなにに気付いたんですか?

生きていると、つらいこととか嫌なこととかいろいろあるけど、不意に「それでも幸せだよな」と思うことがあるんですよ。そういうふとした瞬間の、幸せとか愛にちょっと気づけた様子を表してます。でも、あくまで私の解釈は1つの例であって、みんなそれぞれで受け取り方が違うんじゃないかなと思うんです。冒頭の「夕暮れ時」という言葉に、私だったら学生時代に土手で眺めた“あの光景”を思い出すけど、人によって浮かぶイメージは違うだろうなって。だから聴いた人自身でストーリーを作り上げてほしい。いままでは神宿としていろんな楽曲をパフォーマンスしてきたけど、それだけでは気づけなかった感覚なんです。作詞をしたからこそ、得ることができた気持ちですね。

──聴いた人それぞれの曲になってほしいと。だからこそ「東京タワー」や「スクランブル交差点」など、特定の地名を使ってないわけですか?

そうです。「これが正解だよ」と決めたくないんです。作詞をするにあたって自分自身の感情と、受け取り手側がいかに頭の中で情景を思い浮かべられるかを心がけました。

──だけど作詞をするときに「10代の自分と同じ境遇の人に届けよう」とか「新社会人の人に伝えよう」など、聴き手側をイメージした方がアプローチしやすいと思うんですね。歌詞を書きながらそういう想像はしました?

私と同じような中学・高校生活を過ごしてきた子だったり、人生にもがいている最中の子だったりの支えになれたらと思って書きました。あと…… 私よりもはるかに大人で世の中をわかってきた方にも「こういう感覚、自分にもあったな」と懐かしんでもらえたらいいですね。

──懐かしむ?

はい。まだ私は毎日いろんなことに悩んでばかりですけど、いつか「そんな気持ちになっていたな」と思える日が来たらいいですね。

──若いからこそいろんなことに傷つきやすいし、感傷的になりやすい、みたいな考えあるじゃないですか。でもクロマニヨンズの甲本ヒロトさんがとある番組で、「画面の向こうにいる若者にメッセージをお願いします」と求められて「いろいろ不安だろ? イライラするしな。…… それな、大人になっても不安だし、50を過ぎてもイライラするから、そのまんまでいいんじゃないすか?」と言ってたんですよ。

わぁ、そうなんだ! それはすごい発見ですね。「やっぱり私よりも頭のいい同世代や大人は、世の中わかっちゃってるから私の感情なんて理解してもらえないだろうな」と思っていた部分が正直あって。いやぁ、うれしい反面で「まだこれが続くのか」という悲しさがありますね(笑)。

──だから“在ルモノシラズ”で描いている塩見さんの葛藤や答えを探す旅は、30代になってもまだまだ続くはずなんで…… 安心してくださいっていう(笑)。

あはははは! そうなんですか。なるほどなぁ…… こりゃあ頑張っていかなきゃなぁ(笑)。

幸か不幸か一生つきまとう職業になってしまった

──ちなみに、この曲の主人公は最後どうなるんですか?

最後は閉じこもっていた部屋から街へ駆け出していくイメージですね。

──先ほど「ハッピーエンドの映画好きじゃない」と話してましたけど、“在ルモノシラズ”に関してはハッピーエンドで終わりますよね?

ハッピーエンドと言われたらそうかもしれないけど、ハッピーエンドだとは正直思ってないんです。「全てがみずみずしく 変わってた」という言葉でこの曲は終わるので、パッと見たら「これは光が開けたかも」と感じてもらえるかもしれないですけど、私としては「まだまだこれからつらいことがあるだろうけど頑張れよ」と背中を押したイメージなんです。幸せにはなってないけど、ちょっと頑張ったから少しだけ光が見えたというか。ドアを開けて飛び出すまでを描いているだけで。

──ドアを開けただけで、まだ未来がどうなるかわからないと。

そうですね。ここから一歩を踏み出すところで終わってます。

──現在の塩見さん自身は、主人公と同じように飛び出そうとする段階なのか、すでに飛び出して次のステージにいるのかどちらですか?

いま、ほかの楽曲を作詞しようとしている最中なんですけど。私よりも世の中をわかっているような大人に書いていただいた曲に合わせて、私もわかっているフリをした歌詞を書こうとしても無理なんですよね。だから早く「わかっている人」にならなきゃいけないなと思ってて。わかっているからこそ書ける歌詞があるはずなので、それはまだ私には書けない。現在進行形で悩んでいるから早く次のステージに行った曲を書きたいと思ってます。本当にまだまだですね。

──塩見さんが神宿に入って1年が経ちましたけど、オリジナル・メンバーのあとを引き継ぐって、とんでもなくリスクが高かったと思うんですよ。でも蓋を開けたら「しおみぃでよかった」とほとんど人が言ってて。きっと充実した1年だったんじゃないかなと。

ありがとうございます(笑)。いや、ぜんぜんそんなことないんですよ。未だに受け入れられていると思ってないし、自分の活動に関してはぜんぜん納得できてないですね。振り返っても満足できたと思う活動はしてないな、と思うくらい。今回の作詞に関しても「もっとできるな」と思いましたし。まあ…… 1年前よりは変わっていると思うけど、まだまだですね。5年やっているメンバーはみんなすごいし、そこを私はどんどん飛び越えていかないと。

塩見きら加入決定の瞬間。ここから新体制の神宿がスタートした
塩見きら加入決定の瞬間。ここから新体制の神宿がスタートした

──改めて、この1年間はどうでした?

(しみじみと)いやぁ、やっぱり大変でしたね(笑)。受け入れてもらえるか不安だったし、無理だなと思うこともあったし…… でも、なんだかんだやってこれました。気づいたら1年経っていた感覚です。

──「無理だな」と思う瞬間があったんですか。

ぜんぜんありますよ! むしろ、しょっちゅうあります。「1年経ってないけど、もう無理だ」と思うこともあったし、向いてないなと思うこともありましたね。私、可愛らしさを求められるとつらいんですよ。

──それはライヴ・パフォーマンス以外のところで?

そうです。周りのアイドルさんを見て「可愛いなぁ」と思う反面、そういうキュートさって自分でなんとも出来ない苦しさがありますね。可愛く振る舞える人に対して羨ましいし、「自分がアイドルでいいのか?」と思いますね(笑)。

──根本的な話なんですけど、塩見さんにとってアイドルってお仕事なのか? もしくは自分を表現出来る場所なのか? アイドルってなんですか?

「今日も必死に生きるぞ」って感じですかね。間違いなく仕事なんですけど、個人的にアイドルをお仕事と割り切るのは好きじゃないです。もう自分の生活の一部になっているから、幸か不幸か一生つきまとう職業になってしまったので、そういう感じかな。

──それほどに向き合ってる人じゃないと“在ルモノシラズ”の歌詞は書けないですよね。

あははは! ですよね(笑)。

──ちなみに、いまは自宅にいる時間が長いと思いますけど、ゲームはしてます?

やってますよ。最近はPS4で『Apex Legends』や『バイオハザード』とか『Dead by Daylight』とか『アイドルマスター』だったりを1人でずっとやってます(笑)。

──1日何時間くらいプレイしてるんですか?

どうだろう? 5時間くらい!

──しますね!

あはははは! 夜からはじめて眠くなるまでずっとやっているから、朝4時くらいまでゲームしている日もあれば、「今日は寝よう」という日もありますね。

──いまは『アニメディア』でアニメの連載をやってますけど、ゲーム雑誌とかで連載するの向いてそうですね。

いいですね! どんな感じでお仕事が出来るんだろう?

──雑誌だったら発売前の新作ゲームが送られてきて「レビューを書いてください」とか。

それ、めっちゃいいですね!

──というわけで記事を読んでいるゲーム関係者の方、オファーお待ちしてます!

よろしくお願いします!

編集 : 鈴木雄希

「はじまりの合図」のご購入はこちらから

過去作もチェック!

新→古

過去の特集ページ

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

【ライヴ・レポート】神宿、第2章の幕開け @池袋サンシャイン噴水広場

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

マル秘エピソードも!? 6年目の神宿事情──新曲“在ルモノシラズ”先行配信開始

PROFILE

神宿(かみやど)

2014年9月結成。原宿発の5人組アイドル・ユニット。〈UUUM〉所属。メンバーは一ノ瀬みか(赤)、羽島めい(青)、羽島みき(黄)、塩見きら(緑)、小山ひな(ピンク)。グループ名の「神宿」は「神宮前」と「原宿」を合わせたもの。神宿(KMYD)の頭文字 K=KAWAII(可愛い! )M=MAX(全力! )Y=YELL(応援! )D=DREAM(夢! )を届けるために原宿を拠点に活動している。

・公式HP
https://kmyd.targma.jp

・公式ツイッター
https://twitter.com/kamiyado0907

・一ノ瀬みか ツイッター
https://twitter.com/MIKA_KMYD

・羽島めい ツイッター
https://twitter.com/MEI_KMYD

・羽島みき ツイッター
https://twitter.com/MikiKMYD

・塩見きら ツイッター
https://twitter.com/Kira_KMYD

・小山ひな ツイッター
https://twitter.com/Hina__KMYD

・公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UClhL_woWoXnmKvv2H8_mxwg

この記事の編集者
鈴木 雄希

1994年生まれ、埼玉県出身。大学卒業後、2017年にOTOTOY編集部に加入。主にロックやJ-POPを中心に企画、編集、執筆をしています。お笑い好きのテレビっ子。

愛すべき邪気のないアウトサイダーたちよ、永遠に──シャムキャッツ解散に寄せて

愛すべき邪気のないアウトサイダーたちよ、永遠に──シャムキャッツ解散に寄せて

朝日美穂、じっくり育てた暮らしと音楽のラグランジュ・ポイント

朝日美穂、じっくり育てた暮らしと音楽のラグランジュ・ポイント

Laura day romance、ルーツが交差する音のタペストリー

Laura day romance、ルーツが交差する音のタペストリー

岡田拓郎 x 葛西敏彦が語る『Morning Sun』の音世界

岡田拓郎 x 葛西敏彦が語る『Morning Sun』の音世界

ゆうらん船が緩やかに自由に切り開く、“新たな音楽”の萌芽

ゆうらん船が緩やかに自由に切り開く、“新たな音楽”の萌芽

カミナリグモ、確かな「いま」を刻む8年ぶりAL

カミナリグモ、確かな「いま」を刻む8年ぶりAL

Akiyoshi Yasudaが提示する、記憶を残す音楽『memento -day1』

Akiyoshi Yasudaが提示する、記憶を残す音楽『memento -day1』

《神宿連載 第16回》羽島姉妹徹底解剖!

《神宿連載 第16回》羽島姉妹徹底解剖!

“planeのいま”を素直に表現するロック・サウンド──7年ぶり新アルバム『2020 TOKYO』

“planeのいま”を素直に表現するロック・サウンド──7年ぶり新アルバム『2020 TOKYO』

tacica、15周年イヤーに放つ決意に満ちた新作「aranami」

tacica、15周年イヤーに放つ決意に満ちた新作「aranami」

《神宿連載 第15回》初のユニット曲「Erasor」から考える“自分を変えること”

《神宿連載 第15回》初のユニット曲「Erasor」から考える“自分を変えること”

デビュー1周年目前! かみやどメンバー・インタヴュー

デビュー1周年目前! かみやどメンバー・インタヴュー

ちっちゃな気持ちに爆音で応える―BALLOND’ORが進む理想の世界への旅路

ちっちゃな気持ちに爆音で応える―BALLOND’ORが進む理想の世界への旅路

《神宿連載》“在ルモノシラズ”の歌詞の世界を徹底解剖! 塩見きらインタヴュー

《神宿連載》“在ルモノシラズ”の歌詞の世界を徹底解剖! 塩見きらインタヴュー

FINLANDS「まどか / HEAT」──自ら考えて選んでいくことの尊さ、気力を

FINLANDS「まどか / HEAT」──自ら考えて選んでいくことの尊さ、気力を

PARIS on the City!、4人のアンサンブルを追求した新作

PARIS on the City!、4人のアンサンブルを追求した新作

マル秘エピソードも!? 6年目の神宿事情──新曲“在ルモノシラズ”先行配信開始

マル秘エピソードも!? 6年目の神宿事情──新曲“在ルモノシラズ”先行配信開始

ジオラマラジオ、“インディーからのヌーヴェルヴァーグ”を無防備なポップスで

ジオラマラジオ、“インディーからのヌーヴェルヴァーグ”を無防備なポップスで

突然変異のポップ・ミュージック──岡村詩野が改めて考える「aiko論」

突然変異のポップ・ミュージック──岡村詩野が改めて考える「aiko論」

REVIEWS : 002 海外インディ(2020年3月)──井草七海

REVIEWS : 002 海外インディ(2020年3月)──井草七海

僕たちの音楽を聴いて最高の気持ちになってほしい──Jurassic Boys

僕たちの音楽を聴いて最高の気持ちになってほしい──Jurassic Boys

鳴り響いたリベンジの賛歌──Devil ANTHEM.ライヴ・レポート

鳴り響いたリベンジの賛歌──Devil ANTHEM.ライヴ・レポート

羊文学はあなたの「居場所」に──塩塚モエカ 単独インタヴュー

羊文学はあなたの「居場所」に──塩塚モエカ 単独インタヴュー

伊藤祐樹(THE FULL TEENZ) × ムツムロ アキラ(ハンブレッダーズ) 同級生対談

伊藤祐樹(THE FULL TEENZ) × ムツムロ アキラ(ハンブレッダーズ) 同級生対談

【音楽ライター講座番外編】岡村詩野が鋭く迫る2019年のカネコアヤノ躍進のワケ

【音楽ライター講座番外編】岡村詩野が鋭く迫る2019年のカネコアヤノ躍進のワケ

魂を震わせる裸のロックンロール!!! 突然少年、3人の先輩と作る新作リリース

魂を震わせる裸のロックンロール!!! 突然少年、3人の先輩と作る新作リリース

sleepy.ab、7年の眠りからの目覚め──第3期のはじまりを告げる『fractal』

sleepy.ab、7年の眠りからの目覚め──第3期のはじまりを告げる『fractal』

きっかけは香港にあった便所の落書き──ヘルシンキ、新作をリリース

きっかけは香港にあった便所の落書き──ヘルシンキ、新作をリリース

DÉ DÉ MOUSE、2020年は平和の音楽としてのダンス・ミュージックで遊ぶ!

DÉ DÉ MOUSE、2020年は平和の音楽としてのダンス・ミュージックで遊ぶ!

大型ルーキーが全国へ! ──〈週末アイドル部〉発の三匹組、黒猫は星と踊る

大型ルーキーが全国へ! ──〈週末アイドル部〉発の三匹組、黒猫は星と踊る

草野球とバンドは同じ?──ピュアにマイペースにグッド・メロディを作り出す家主

草野球とバンドは同じ?──ピュアにマイペースにグッド・メロディを作り出す家主

“生きててよかった!”──つるうちはな、『サルベージ』レコ発で叫んだ人間賛歌

“生きててよかった!”──つるうちはな、『サルベージ』レコ発で叫んだ人間賛歌

佐藤健一郎(Ba)に訊く、バンドの過去といま──teto新アルバム特集第2弾

佐藤健一郎(Ba)に訊く、バンドの過去といま──teto新アルバム特集第2弾

エレキュート・アイドル“my♪ラビッツ”、ソロとしての第一歩を踏み出す初シングル

エレキュート・アイドル“my♪ラビッツ”、ソロとしての第一歩を踏み出す初シングル

岡山ローカル・アイドルの先駆け的存在“S-Qty”、第3期が始動!!

岡山ローカル・アイドルの先駆け的存在“S-Qty”、第3期が始動!!

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

いまArtTheaterGuildに訪れている変化──オリジナリティに向き合う新作

いまArtTheaterGuildに訪れている変化──オリジナリティに向き合う新作

崎山蒼志、新世代アーティストたちと作る2ndアルバム『並む踊り』

崎山蒼志、新世代アーティストたちと作る2ndアルバム『並む踊り』

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

落とし込むUSのトレンド、提示する新しい色──the chef cooks me『Feeling』

落とし込むUSのトレンド、提示する新しい色──the chef cooks me『Feeling』

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

みなさまに感謝を込めてOTOTOY10周年キャンペーン実施中!

みなさまに感謝を込めてOTOTOY10周年キャンペーン実施中!

【開催直前鼎談】 今年の〈ボロフェスタ〉は自身の感性を信じて踊れ!

【開催直前鼎談】 今年の〈ボロフェスタ〉は自身の感性を信じて踊れ!

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

JYOCHO、新作『綺麗な三角、朝日にんげん』で切り開く第2章

JYOCHO、新作『綺麗な三角、朝日にんげん』で切り開く第2章

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

今年のフジロックではなにが起こっていた?!──〈フジロック 2019〉

今年のフジロックではなにが起こっていた?!──〈フジロック 2019〉

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

TOP