2020/04/29 18:00

ちっちゃな気持ちに爆音で応える──BALLOND’ORが進む理想の世界への旅路

2018年のBAYCAMPでオープニング・アクト務め上げ、今年はCRYAMY、THIS IS JAPANのツアー参加が決定、ワンマン・ライヴではソールドアウトと、着々と歩みを進めるBALLOND’ORがニュー・アルバム『R.I.P. CREAM』をリリース。情緒を振り乱したパンクから、情景鮮やかなガレージ・ロックやバラードまで、時間の流れと共に育まれた彼らの全てが凝縮された1枚。轟音の中では想像もできないMJM(Vo.Gt)の繊細な青春時代の心模様、バンド結成の経緯から本作完成に到るまで、爆裂ノイジー・バンドの軌跡を辿るメンバー全員へのインタヴュー。

爆音パンクの中に感じるバンドのストーリー


『R.I.P. CREAM』album trailer
『R.I.P. CREAM』album trailer

INTERVIEW : BALLOND'OR

BALLOND'ORというバンドに対して「よくライヴハウスを出禁になる破天荒さ」だったり、「メンバーの頭にスイカを叩きつけるとか…… 演奏中に激しいパフォーマンスをする」ような印象が強かった。4月29日にリリースした新作『R.I.P. CREAM』について、彼らはBALLOND'ORが作ってきた音楽、影響を受けてきたカルチャーをすべて踏襲した1枚だという。だからこそ、彼らがどのような思いでバンドを結成して音楽を奏でてきたのか聞こうと思った。MJMは「よく『活動の仕方が変だよね』とか『ちょっとやり方違うよね』と言われてきたんですけど、12歳の自分が描いた理想の世界へ向かう旅だと思っているんです」と話す。凶暴で、破壊的で、愛情深くて、ロマンチックで、そんな彼らの表現の根幹を探る。

インタヴュー&文 : 真貝聡
写真 : 宇佐美亮

そんな僕にNIKEくんが「もう1回バンドをやろう」と声をかけてくれて

──まずはBALLOND'ORのこれまでを振り返る上で、バンドを立ち上げたMJMさんとNIKEさんの話からいきますね。高校時代に2人は知り合ったそうですけど、出会ったときのことって覚えてますか?

NIKE : 出会った頃のMJMは常に俯いているようなやつというか、なにを考えているのかわからない感じでした。だけど、話してみると好きなものが似ていることがわかって。僕は仲良くなろうとしていたんですけど、しばらくはスカされてましたね。「遊びに行こうよ」と声をかけても「今日は予定があるから無理。じゃあね」ってすぐに帰っちゃう感じでした。だけど、それを何回か繰り返しているうちに、雪解けのようにちょっとずつ仲良くなっていきました。

──MJMさんはNIKEさんに対して、心のバリアを張っていたんですね。

MJM : バリアというか…… 中学生の頃、地元にヤンキーが多くて一時期虐められていたんですよ。それで「他人と関わったら、ろくなことないな」と思うようになって。

──だから警戒心が強くなったと。

MJM : はい。そんなこともあり、高校では静かに暮らしていたいと思っていたんですけど、そこは体育会系の学校で、みんなゴリゴリのマッチョに坊主の人ばっかりで、せっかく地元を離れたのに雰囲気がそんなに変わらなかった。楽しいことと言ったらCDとかレコードを漁ったりするくらいでしたね。だけどクラスの中に僕と同じような趣味の人があんまりいなくて、そんなときにNIKEくんと出会いました。たしかに最初は閉鎖的な素振りをしてたんですけど、彼の家へ行ったらビースティ・ボーイズとかプライマル・スクリームとか、自分と同じ音楽を聴いていることがわかって。こういうやつがいたんだなと知り、それから高校生時代は“2人でバカみたいななにかをする”という遊びをやってました。

──バカみたいななにか?

MJM : とあるクリスマスの夜だったんですけど、渋谷を徘徊しようってことになりまして。「せっかくならパンクな格好をして行こう」ということで髪をめちゃめちゃ立てて、寒いんですけど上裸にペイントして渋谷の街を歩いていたんです。そしたらサンタの格好をしたレディースみたいな、レディース・サンタみたいな人たちに遭遇しまして、めちゃくちゃ絡まれたんです。

──レディース・サンタに!?

MJM : しかも相手は鉄パイプみたいなのを持ってるんですよ。「おめーら、何なんだよ!」って言われて「いや、ちょっとバンドをやろうと思っている者なんですけど」と返したら「じゃあなんか歌え!」って言われて、尾崎豊を熱唱しながら逃げましたね。

NIKE : ちょうどサビに入るタイミングで走ったよね。

MJM : そういうことばっかりしてたんですよ。当時、僕たちはエアガンが好きだったんですけど、公園でラジカセを流しながらエアガンでお互いを撃ち合う遊びもしてました。だけど周りにいた友達は、どんどんそういうバカな遊びをしなくなり、結局ろくでなし2人がぽつんと残っちゃって。それで「そろそろなにかやるか?」みたいな話になって、BALLOND'ORの前に別のバンドをはじめたのが最初ですね。

──そこからどうやってBALLOND'ORになるんですか。

MJM : しばらくして僕が失恋をしてしまって、そのときに「もう音楽は諦めようかな」と思ったんです。

──失恋をしたから音楽を諦めるっていうのが、僕的には繋がらないんですけど。

MJM : 彼女が好き過ぎてずっといるものだと思っていたんですよ。それが突然いなくなり、なにも考えられなくなってしまって。音楽は好きだし、何かやりたいとは思ったんですけど、外に出るのも無理なくらいヒドい感じになっちゃって。そんな僕にNIKEくんが「もう1回バンドをやろう」と声をかけてくれて、BALLOND'ORをスタートさせた感じですね。

NIKE : たしかに「なんで失恋したらバンドを諦めるのか?」と普通は疑問に感じると思うんですけど、「MJMってそういうやつだよな」と再確認したんです。ひとつのことに対してあまりにも掘り過ぎてしまう人というか、全部に100%というか、のめり込んだら戻ってこれなくなるんですよ。たとえば、僕はMJMに会う前からレコード屋さんに行くのが好きだったんですけど、僕がずっとレコードを掘り続けているから、だいたいの友達は先に帰っちゃって。

──「飽きたから、NIKEを置いてほか行こうぜ」と。

NIKE : そうです。だけど、MJMは平気で1軒のレコード屋さんに5時間くらいいる。他にも、映画の話をしたら100倍くらい妄想を働かせて違う映画のシナリオを1本作っちゃうくらいバーって話す。興味のあることに対して、のめり込み方が凄まじいやつなんです。あと、なんといっても彼の作るメロディだとか付随する歌や歌詞が、ずっと変わらないところも好きです。その変わらないものをずっと続けてほしいなと思ったから「もう1度バンドをやろう」と誘いました。

ノイズまみれのカセットテープを聴いたときに「この人とだったら、一緒にバンドをやれるかもしれないな」と思ったんです

──最初は2人でBALLOND'ORがはじまったわけですね。

MJM : 下北沢で異質なマンションがあるんですけど、そこでずっとデモ作りをしていて。打ち込みのデジタルビートに映画の音楽をサンプリングしたり、叫んだりとかいろんなことをやってました。僕が曲を作ってNIKEくんがアレンジをして、そこにVJのスタッフがイラストとか映像を当てはめる活動からはじまりました。そんなことが数年間続いて、ある日、NIKEくんが「腕力のすごいやつがいるから」とドラムのAKAHIGEくんを連れてきたんです。そのときのNIKEくんを見たら、顔が試合後のボクサーみたいにボコボコだったんですよ。で、話を聞いたらAKAHIGEくんに殴られたと。

──その事件について付け加えると、AKAHIGEさんとNIKEさんが2人で飲みに行って。その場のノリでAKAHIGEさんがNIKEさんのジーパンに塩焼きのさんまをすり込んで、それにNIKEさんがキレて喧嘩になったんですよね。

NIKE : アハハハハ、詳しいっすね。AKAHIGEはもともとドラマーとして活躍してて、バンド界隈の縁で仲良くなりました。いろんな音楽の話をしているうちに「今度2人で遊ぼうよ」みたいな感じで飲み行くようになって…… それである日、喧嘩に発展した感じです。

──それでNIKEさんはボコボコにされたにも関わらず、「こんなパワーのあるドラマーを求めていた!」とAKAHIGEさんをバンドに引き込んで。

AKAHIGE : そうです。で、NIKEをボコボコにした次の日に3人でスタジオに入ることになって、そこから僕も加入することになりました。

──tvkの『ジロッケン』に出演したときに「返り血のAKAHIGE」と言われていたってエピソードを話してて。そこにめっちゃ興味が湧きましたよ。

MJM : ストリートファイトっていうんですか? ある地域で、AKAHIGEくんは腕っ節が強くて有名だったらしいです。「相手が空手家だったとしたら、ガードは高めで」とか「相手がキックボクシングの選手だったらスピードで攻める」みたいなことをよく言ってて。ドラムの話をしているときも「もっと速く叩くとしたら、キックボクシングみたいな感じか」とか「いま、マイクタイソンみたいなドラムが叩けた」ってなぜか喧嘩を例えに出すんですよ。加入して間もない頃は、ちょっとヤベエやつが来たなと思いました(笑)。

──AKAHIGEさんは、当時のBALLOND'ORをどう見てました?

AKAHIGE : よくわからないやつらだなと思ってました。見た目はギラギラしているんだけど、音源を聴くとメロディがキラキラしてて頭から離れない。それまで見たことのないタイプのバンドでしたね。

──ご自身はどういう音楽を経験してきたんですか?

AKAHIGE : ミクスチャーやヒップホップが好きでそういう感じの音楽をやってきました。だけど基本的に良いなと思った音楽を聴く感じで、2人に会ったときは、やばいやつがいるなと衝撃を受けたのは覚えてますね。

──続いて†NANCY†さんが加入するわけですけど、もともとはBALLOND'ORのファンだったんですよね。

†NANCY† : そうです。BALLOND'ORって下北沢では「ヤバイやつら」と言われてたんですよ。それでライヴを観たら、すごい好きになっちゃって「私のシャウトが混ざったら、もっと良くなるんじゃないか」と思ったんです。それで「私もバンドに入りたい」とNIKEくんに伝えたんですけど、ふわっとした返事しか返ってこなくて。どうしたら入れてもらえるのか考えて、シャウトを織り交ぜたデジタル・ハードコアみたいな自作のデモを渡したんですよ。そしたらMJが「結構イイじゃん」と言ってくれて加入することができました。

MJM : †NANCY†ってライヴを観に来ても、曲を聴くわけじゃなくてめちゃくちゃ叫んだりしてたんですよ。だからNIKEくんは「あんなうるさいやつはバンドに入れたくない」って。そもそもNIKEくんは、ザ・リバティーンズとかミッシェル(・ガン・エレファント)とか男バンドが好きだったので「女は絶対に入れたくない」と言ってたんですけど、ある日「あいつは女より男かもしれない」って。

──たしか†NANCY†さんはバンドに入って、気合いを入れるために7mmのボウズにしたんですよね。

NIKE : MJMやAKAHIGEもそうなんですけど、BALLOND'ORのメンバーって性格がバラバラだと思うんです。だけど根っこに抱えている“本当の気持ち”を表現できる人たちと音楽をやれたらいいな、と思ってて。†NANCY†の印象って「最前列でアンプの音よりも叫んでる女がいるぞ」みたいな感じで、こんなやつをステージに上げたら壊れちゃうでしょ! と思っていたんですけど、彼女が送ってくれたノイズまみれのカセットテープを聴いたときに「この人とだったら、一緒にバンドをやれるかもしれないな」と思ったんです。

ロックに出会った12歳の自分が描いた理想の世界へ向かう旅

──2015年4月にメンバーが揃って、10月には1stカセット『Jr.LOVE ep』をリリースしましたね。

MJM : 聴き返すと、やっぱりいろんなものに影響を受けてきたのかなと思いますね。USのローファイやノイズのギターも好きだし、だけどメロディは自分なりの音を出したいという感じが表れているんじゃないかなって。

NIKE : リリースさせてくれたのが〈I HATE SMOKE RECORDS〉というハードコアとパンクのレーベルだったんですよ。『Jr.LOVE ep』はすごくポップな作品だと思っているんですけど、同じ界隈にいたパンク好きな人たちが『Jr.LOVE ep』を好んでくれて「こういう場所でポップな曲を受け入れてもらえるなら、もっとたくさんの場所に響くんじゃないか」と未来が楽しみになりましたね。

“Jr.Love” 1st CASETTE TAPE EP『Jr.LOVE ep』収録
“Jr.Love” 1st CASETTE TAPE EP『Jr.LOVE ep』収録

†NANCY† : この頃って、ギャラリーを借りてそこでライヴをしていて。ライヴハウスでやりたいけど、自分たちの用意したギャラリーだけで演奏していたんです。

──一時期、マンションの1室に50人もの人が来たとか。

MJM : そうですね。それで近所の人から「うるさい」「変な奴らが出入りしてる」ということで警察が来て。

NIKE : そんな感じだったので、あまり外の評価がわからなかったんです。でも『Jr.LOVE ep』という作品が300本完売したことで、音楽でちゃんと認めてくれる人がいるんだなって自信に繋がりました。そのあとにサイケデリック、UKロック、ブレイクビーツなどを織り交ぜた『PINK PEOPLES』をリリースして、さらにMJの脳内にあるいろんなアプローチの曲が飛び出すようになりました。

MJM : うん、いろんなジャンルの曲ができたのもあって。2016年になったら、自主制作フル・アルバム『CATCHER IN THE DIE』をリリースできました。

“LGBT” 『CATCHER IN THE DIE』収録
“LGBT” 『CATCHER IN THE DIE』収録

──この時期から活動のスタイルも変わって。

MJM : そうですね。それまでは下北沢の野外にテントを張って、でかいアンプを持ち込んでストリートライヴみたいなことをやってました。かけつけた警察に「君たちはなんでライヴハウスに行かないんだ?」と聞かれて「いやぁ、ライヴハウスはまだかなと思いまして」みたいな話をしてました。

──「ライヴハウスはまだ早い」と思った理由はなんですか?

MJM : 被害妄想と言いますか…… 僕たちに悪い噂が流れていたみたいで「あいつらとつるまない方がいいぞ」みたいな空気があったんですよ。それで「俺たちはぐれものになっちゃってるのかな」と思って、内にこもっていましたね。とはいえライヴハウスで出演したこともあったんですよ。NIKEくんと2人でデジタル音を爆音で流しながらライヴをしたんですけど、3曲くらいで出禁になっちゃって。そういうこともあって「ライヴハウスはまだ早いのかな」と。とりあえず音源ばっかり作る方向に向かってましたね。だけど『CATCHER IN THE DIE』を作ってから、下北沢のDaisyBar、THREE、SHELTERにも出られるようになりました。

──2017年には、夜の本気ダンス、VOLA&THE ORIENTAL MACHINEを輩出した〈actwise〉に所属するんですよね。

MJM : 声をかけてもらったのが、下北沢のTHREEでライヴをした日なんですよ。僕、家で1人興奮するために買ったローションがありまして、それをライヴ中に勢いで自分の体にかけちゃったんですよ。そしたらステージも床もローションまみれになって。

──うわ、大ごとじゃないですか。

MJM : 自分的には、すごく良い香りだしヌルヌルして正直興奮していたんですよ。それで演奏が終わって、ちょっと上半身裸で歩いていたら「良かったよ」と声をかけてくれたのが〈actwise〉の吉田社長で、そこから「一緒に音楽をやろうよ」という流れになったんです。

NIKE : 先に『CATCHER IN THE DIE』を聴いてくれて、そこから興味を持ってライヴに足を運んでくれたみたいなんです。あの作品って、正直な話をすると、音は自主制作だから良くないんです。だけどノイズまみれの中にある、僕らの伝えたい根っこの部分を感じてくれて、声をかけてもらえたのがうれしかったですね。そこから〈actwise〉で初の全国流通盤となった『MIRROR MIND』をリリースしたことで、それまで僕らを知らなかった人にも届いたのがうれしかったです。

“ICE BOY”『MIRROR MIND』収録
“ICE BOY”『MIRROR MIND』収録

──どんどん輪が広がっていく中、2018年5月にはベースのCREAMMANさんの脱退がありました。

MJM : 4人になったことで「新しい音を1つ1つ作り直そう」と話して、青盤『Blue Liberation』と赤盤『BLOOD BERRY FIELDS』というミニ・アルバム2枚をリリースさせてもらいました。それによって、いま鳴らしたい音を見つめなおせたからこそ、今回の『R.I.P. CREAM』に繋がっている気がします。

“VANILLA DISTORTION” 青盤『Blue Liberation』収録
“VANILLA DISTORTION” 青盤『Blue Liberation』収録

“Strawberry Rider” 赤盤『BLOOD BERRY FIELDS』収録
“Strawberry Rider” 赤盤『BLOOD BERRY FIELDS』収録

──新作『R.I.P. CREAM』は、どんなイメージで生まれたんですか。

MJM : いままでやってきた全作品を凝縮したい気持ちと、自分たちが影響を受けてきた音楽や様々なカルチャーを全部詰め込みたいなと思いましたね。

──何がそう思わせたのか言葉で伝えにくいですけど、僕はロマンチックな作品だなと思いました。

MJM : ロックっていろんな表現ができると思うんですけど。ロマンチックやファンタジーなことを想像して自分の心を安定させる反面、ときには全部壊してやれという気持ちになったりして。そのどっちもの感情があることが大事だなと思うんです。だから今回に関しては、いままでのカルチャーに対するリスペクトの気持ちを込めて“R.I.P”と名付けましたし、これからいろんな状況が世界には起こると思うんですけど、それもすべてロックで切り開いていこうという意識で作りました。

NIKE : いまの体制になってライヴを重ねていくうちに、自分たちの音を少しずつ見つけられるようになって。『BLOOD BERRY FIELDS』では作り終わったときに終着駅に辿り着いた感覚だったんですよ。だけど、今回の曲を作りはじめたときに全楽曲が終着駅を通り抜けていく感じがしたんです。それはBALLOND'ORが新しい音を見つけられた証拠でもある。先ほどロマンチックと言っていただいたんですが、僕もその通りだと思ってて。MJの真逆にある強く感じていることだったり、ずっと思っていたことだったり、そういう表現が広がった状態でレコーディングがはじまっていった感じです。

†NANCY† : MJMから「昔のディズニーのような音をやろう」とか「グリム童話のような音を混ぜたい」と言われたりして、それに応えようとレコーディングしました。聴きかえして「私たちは、破壊と幻想みたいな部分が混ざり合ってできた曲を作ったんだな」と思いました。

AKAHIGE : 今回はメンバーがそれぞれMJMと細かくコミュニケーションをとって自分のパートを組み立てていきました。僕がMJMに言われたのは「呼吸をよく聴いて叩いてほしい」と。全曲声だけじゃなくて、MJMの呼吸をたしかめながら叩いたのが大きかったです。

“DIENER”『R.I.P. CREAM』収録
“DIENER”『R.I.P. CREAM』収録

──ちなみに11曲の中で、アルバムの世界観を表す軸となっている楽曲はなんだと思います?

MJM : 僕としては“TRUANCY MAFIA”ですかね。単純にアルバムの中で中心人物なのかなって思いますけど…… 1曲に絞れるものじゃないですかね。NIKEくんは“UNITED”と言ってて、†NANCY†に関しては“DAYDREAM”で、AKAHIGEくんは“DIENER”を挙げていたので4人の中でもぜんぜん違うんですよ。自分が曲を作っているので、どれが1番とかないんですけど…… うーん。さっき“TRUANCY MAFIA”と言いましたけど、ちょっと絞るのは難しいですね。

──今回は結成当初から話を聞きましたけど、NIKEさんと2人でバンドを立ち上げた頃から現在までを振り返ってどんなことを思います?

MJM : よく「活動の仕方が変だよね」とか「ちょっとやり方違うよね」と言われてきたんですけど、自分の中では理想の世界を作り出すために曲を作っているので、ロックに出会った12歳の自分が描いた理想の世界へ向かう旅だと思っているんです。だから歩みというか、まだまだ旅の途中だなって。『R.I.P. CREAM』を作ったことで、今後がますます楽しみになりました。

──MJさんにとって音楽ってなんですか?

MJM : 学生時代を振り返ると、小中高はいつも心のどっかに疎外感があって。「なんで自分はとけ込めないんだろうな」とか「自分はこう思っているけど、みんなに合わせないといけないのかな」とか、本当の感情を心のどこかに閉じ込めることが長い期間あった。そこからロックをはじめとした音楽を聴いたことによって、痛い思いをしたときに自分を支えてくれたり、「死にたい」と思ったときに音楽を聴いて「俺もなにかできるかもしれない」と思わせてくれたり、そういう気持ちをいつもロックからもらっていたんです。だからBALLOND'ORを聴いて、少しでも同じような感情を抱いてくれる人がいたらうれしいです。

編集 : 綿引佑太 編集補助 : 鈴木雄希

『R.I.P. CREAM』のご購入はこちらから


過去作もチェック!

新→古

PROFILE

BALLOND'OR

失恋をして引きこもり生活だったMJM(Vo)と、NIKE(Gt)がいままでの好きなロックを散々詰め込んだ唯一無二の音楽をかき鳴らそうと話し合い下北沢にて結成。

結成時は狭い部屋の中で楽曲制作に励み、暗い日々が続く。

東京のロック・シーンでNOISEとPOPが同居する唯一無二の音楽を奏で活動中。

2020年春には、新体制初となるフル・アルバム『R.I.P. CREAM』をリリースする。

【公式HP】
http://ufo-banana.com/
【公式ツイッター】
https://twitter.com/UFO_BANANA

この記事の筆者
ライター真貝聡

《神宿連載 第15回》初のユニット曲「Erasor」から考える“自分を変えること”

《神宿連載 第15回》初のユニット曲「Erasor」から考える“自分を変えること”

デビュー1周年目前! かみやどメンバー・インタヴュー

デビュー1周年目前! かみやどメンバー・インタヴュー

ちっちゃな気持ちに爆音で応える―BALLOND’ORが進む理想の世界への旅路

ちっちゃな気持ちに爆音で応える―BALLOND’ORが進む理想の世界への旅路

僕らが誰よりもロマンチックなバンド──Age Factory、新たなフェイズへ

僕らが誰よりもロマンチックなバンド──Age Factory、新たなフェイズへ

ラウドなロックでファンを沸かすアイドル、raymay──姉グループ、uijinから繋がれたバトン

ラウドなロックでファンを沸かすアイドル、raymay──姉グループ、uijinから繋がれたバトン

マル秘エピソードも!? 6年目の神宿事情──新曲“在ルモノシラズ”先行配信開始

マル秘エピソードも!? 6年目の神宿事情──新曲“在ルモノシラズ”先行配信開始

uijin解散後初インタヴュー──raymayへつなぐバトン

uijin解散後初インタヴュー──raymayへつなぐバトン

ポップスは明るいだけじゃおもしろくない─とけた電球、新EP『WONDER

ポップスは明るいだけじゃおもしろくない─とけた電球、新EP『WONDER

大型ルーキーが全国へ! ──〈週末アイドル部〉発の三匹組、黒猫は星と踊る

大型ルーキーが全国へ! ──〈週末アイドル部〉発の三匹組、黒猫は星と踊る

佐藤健一郎(Ba)に訊く、バンドの過去といま──teto新アルバム特集第2弾

佐藤健一郎(Ba)に訊く、バンドの過去といま──teto新アルバム特集第2弾

エレキュート・アイドル“my♪ラビッツ”、ソロとしての第一歩を踏み出す初シングル

エレキュート・アイドル“my♪ラビッツ”、ソロとしての第一歩を踏み出す初シングル

よりシンプルに、素直に──DATS、「Game Over」で新たなフィールドへ

よりシンプルに、素直に──DATS、「Game Over」で新たなフィールドへ

岡山ローカル・アイドルの先駆け的存在“S-Qty”、第3期が始動!!

岡山ローカル・アイドルの先駆け的存在“S-Qty”、第3期が始動!!

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

どこにでもいける、オールマイティな存在に──chelmico、2ndアルバム『Fishing』をリリース

どこにでもいける、オールマイティな存在に──chelmico、2ndアルバム『Fishing』をリリース

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

LEO今井が挑む、強烈な個性を持った日本の歌6遍──初のカヴァーEPをリリース & インタビュー掲載

LEO今井が挑む、強烈な個性を持った日本の歌6遍──初のカヴァーEPをリリース & インタビュー掲載

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

【ライヴレポート】Vocal & Dance Collection Live Vol.3 Supported

【ライヴレポート】Vocal & Dance Collection Live Vol.3 Supported

【ライヴ・レポート】神宿、第2章の幕開け @池袋サンシャイン噴水広場

【ライヴ・レポート】神宿、第2章の幕開け @池袋サンシャイン噴水広場

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

〈KOGA RECORDS〉期待のニュー・カマー! Crispy Camera Club『SWAG』配信開始

〈KOGA RECORDS〉期待のニュー・カマー! Crispy Camera Club『SWAG』配信開始

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

正体不明プロジェクト、ariel makes gloomyの謎を解き明かす

正体不明プロジェクト、ariel makes gloomyの謎を解き明かす

Kotoe Suzuki、自らが歩んできた音楽の軌跡

Kotoe Suzuki、自らが歩んできた音楽の軌跡

祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?

祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?

“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)

“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)

amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー

amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー

多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース

多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース

THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景

THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景

polly新作を巡るスペシャル対談─越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB)

polly新作を巡るスペシャル対談─越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB)

THIS IS JAPANがミニ・アルバム『FROM ALTERNATIVE』で貫いたもの

THIS IS JAPANがミニ・アルバム『FROM ALTERNATIVE』で貫いたもの

怒涛の活動を経て作り上げた渾身の12曲─ヨースケコースケ、2年2ヶ月ぶりのフル・アルバムをリリース!

怒涛の活動を経て作り上げた渾身の12曲─ヨースケコースケ、2年2ヶ月ぶりのフル・アルバムをリリース!

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

【期間限定先行フル視聴】jan and naomi、新作リリース──密やかな幻とのつきあい方

【期間限定先行フル視聴】jan and naomi、新作リリース──密やかな幻とのつきあい方

【対談】古川太一(KONCOS) × 奥冨直人(BOY)──“違和感”な存在と、2000年代カルチャーの関係

【対談】古川太一(KONCOS) × 奥冨直人(BOY)──“違和感”な存在と、2000年代カルチャーの関係

“2”の快進撃は止まらない!──君と描くセカンド・ストーリー『GO 2 THE NEW WORLD』を配信開始!

“2”の快進撃は止まらない!──君と描くセカンド・ストーリー『GO 2 THE NEW WORLD』を配信開始!

過ぎていった景色にある、忘れてしまった出会い──tetoの底力を見せつける初シングルを配信スタート

過ぎていった景色にある、忘れてしまった出会い──tetoの底力を見せつける初シングルを配信スタート

Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信

Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信

カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!

カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!

ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは

ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは

孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動

孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る

Yap!!! が新たなはじまりを告げるダンス・ロックの逆襲──デビュー作『I Wanna Be Your Hero』

Yap!!! が新たなはじまりを告げるダンス・ロックの逆襲──デビュー作『I Wanna Be Your Hero』

仲秋に届けられたあの夏のものがたり──GOING UNDER GROUND『真夏の目撃者』をリリース

仲秋に届けられたあの夏のものがたり──GOING UNDER GROUND『真夏の目撃者』をリリース

「いまの時代」こそ醸すロマンチックな日常──新境地に到達するEmeraldの美しき音楽

「いまの時代」こそ醸すロマンチックな日常──新境地に到達するEmeraldの美しき音楽

「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!

「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信

FBY新章のキーワード“健康的な音楽”って?──2人体制初のアルバム『THE GARDEN』を先行リリース

FBY新章のキーワード“健康的な音楽”って?──2人体制初のアルバム『THE GARDEN』を先行リリース

しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム

Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム

The ManRayを見逃すな! 話題のバンドの1stシングルを独占ハイレゾ&期間限定フル試聴開始

The ManRayを見逃すな! 話題のバンドの1stシングルを独占ハイレゾ&期間限定フル試聴開始

エレクトロ〜R&Bを行き来する、この国のメロウなポップ・マエストロ

エレクトロ〜R&Bを行き来する、この国のメロウなポップ・マエストロ

ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!

ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!

フラストレーションの爆発、その原点とは──変わる変わる変わる。両A面EPをリリース

フラストレーションの爆発、その原点とは──変わる変わる変わる。両A面EPをリリース

「遂に来たか、PELICAN FANCLUB!」──初のフル・アルバム『Home Electronics』を語る

「遂に来たか、PELICAN FANCLUB!」──初のフル・アルバム『Home Electronics』を語る

DYGL、待望の1stフル・アルバムをリリース&インタヴュー

DYGL、待望の1stフル・アルバムをリリース&インタヴュー

my letter、約2年半ぶりとなるフル・アルバムをリリース

my letter、約2年半ぶりとなるフル・アルバムをリリース

浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース

浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース

この記事の編集者
鈴木 雄希

1994年生まれ、埼玉県出身。大学卒業後、2017年にOTOTOY編集部に加入。主にロックやJ-POPを中心に企画、編集、執筆をしています。お笑い好きのテレビっ子。

“planeのいま”を素直に表現するロック・サウンド──7年ぶり新アルバム『2020 TOKYO』

“planeのいま”を素直に表現するロック・サウンド──7年ぶり新アルバム『2020 TOKYO』

tacica、15周年イヤーに放つ決意に満ちた新作「aranami」

tacica、15周年イヤーに放つ決意に満ちた新作「aranami」

《神宿連載 第15回》初のユニット曲「Erasor」から考える“自分を変えること”

《神宿連載 第15回》初のユニット曲「Erasor」から考える“自分を変えること”

デビュー1周年目前! かみやどメンバー・インタヴュー

デビュー1周年目前! かみやどメンバー・インタヴュー

ちっちゃな気持ちに爆音で応える―BALLOND’ORが進む理想の世界への旅路

ちっちゃな気持ちに爆音で応える―BALLOND’ORが進む理想の世界への旅路

《神宿連載》“在ルモノシラズ”の歌詞の世界を徹底解剖! 塩見きらインタヴュー

《神宿連載》“在ルモノシラズ”の歌詞の世界を徹底解剖! 塩見きらインタヴュー

FINLANDS「まどか / HEAT」──自ら考えて選んでいくことの尊さ、気力を

FINLANDS「まどか / HEAT」──自ら考えて選んでいくことの尊さ、気力を

PARIS on the City!、4人のアンサンブルを追求した新作

PARIS on the City!、4人のアンサンブルを追求した新作

マル秘エピソードも!? 6年目の神宿事情──新曲“在ルモノシラズ”先行配信開始

マル秘エピソードも!? 6年目の神宿事情──新曲“在ルモノシラズ”先行配信開始

ジオラマラジオ、“インディーからのヌーヴェルヴァーグ”を無防備なポップスで

ジオラマラジオ、“インディーからのヌーヴェルヴァーグ”を無防備なポップスで

突然変異のポップ・ミュージック──岡村詩野が改めて考える「aiko論」

突然変異のポップ・ミュージック──岡村詩野が改めて考える「aiko論」

REVIEWS : 002 海外インディ(2020年3月)──井草七海

REVIEWS : 002 海外インディ(2020年3月)──井草七海

僕たちの音楽を聴いて最高の気持ちになってほしい──Jurassic Boys

僕たちの音楽を聴いて最高の気持ちになってほしい──Jurassic Boys

鳴り響いたリベンジの賛歌──Devil ANTHEM.ライヴ・レポート

鳴り響いたリベンジの賛歌──Devil ANTHEM.ライヴ・レポート

羊文学はあなたの「居場所」に──塩塚モエカ 単独インタヴュー

羊文学はあなたの「居場所」に──塩塚モエカ 単独インタヴュー

伊藤祐樹(THE FULL TEENZ) × ムツムロ アキラ(ハンブレッダーズ) 同級生対談

伊藤祐樹(THE FULL TEENZ) × ムツムロ アキラ(ハンブレッダーズ) 同級生対談

魂を震わせる裸のロックンロール!!! 突然少年、3人の先輩と作る新作リリース

魂を震わせる裸のロックンロール!!! 突然少年、3人の先輩と作る新作リリース

【音楽ライター講座番外編】岡村詩野が鋭く迫る2019年のカネコアヤノ躍進のワケ

【音楽ライター講座番外編】岡村詩野が鋭く迫る2019年のカネコアヤノ躍進のワケ

sleepy.ab、7年の眠りからの目覚め──第3期のはじまりを告げる『fractal』

sleepy.ab、7年の眠りからの目覚め──第3期のはじまりを告げる『fractal』

きっかけは香港にあった便所の落書き──ヘルシンキ、新作をリリース

きっかけは香港にあった便所の落書き──ヘルシンキ、新作をリリース

DÉ DÉ MOUSE、2020年は平和の音楽としてのダンス・ミュージックで遊ぶ!

DÉ DÉ MOUSE、2020年は平和の音楽としてのダンス・ミュージックで遊ぶ!

大型ルーキーが全国へ! ──〈週末アイドル部〉発の三匹組、黒猫は星と踊る

大型ルーキーが全国へ! ──〈週末アイドル部〉発の三匹組、黒猫は星と踊る

草野球とバンドは同じ?──ピュアにマイペースにグッド・メロディを作り出す家主

草野球とバンドは同じ?──ピュアにマイペースにグッド・メロディを作り出す家主

“生きててよかった!”──つるうちはな、『サルベージ』レコ発で叫んだ人間賛歌

“生きててよかった!”──つるうちはな、『サルベージ』レコ発で叫んだ人間賛歌

佐藤健一郎(Ba)に訊く、バンドの過去といま──teto新アルバム特集第2弾

佐藤健一郎(Ba)に訊く、バンドの過去といま──teto新アルバム特集第2弾

エレキュート・アイドル“my♪ラビッツ”、ソロとしての第一歩を踏み出す初シングル

エレキュート・アイドル“my♪ラビッツ”、ソロとしての第一歩を踏み出す初シングル

岡山ローカル・アイドルの先駆け的存在“S-Qty”、第3期が始動!!

岡山ローカル・アイドルの先駆け的存在“S-Qty”、第3期が始動!!

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

いまArtTheaterGuildに訪れている変化──オリジナリティに向き合う新作

いまArtTheaterGuildに訪れている変化──オリジナリティに向き合う新作

崎山蒼志、新世代アーティストたちと作る2ndアルバム『並む踊り』

崎山蒼志、新世代アーティストたちと作る2ndアルバム『並む踊り』

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

落とし込むUSのトレンド、提示する新しい色──the chef cooks me『Feeling』

落とし込むUSのトレンド、提示する新しい色──the chef cooks me『Feeling』

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

みなさまに感謝を込めてOTOTOY10周年キャンペーン実施中!

みなさまに感謝を込めてOTOTOY10周年キャンペーン実施中!

【開催直前鼎談】 今年の〈ボロフェスタ〉は自身の感性を信じて踊れ!

【開催直前鼎談】 今年の〈ボロフェスタ〉は自身の感性を信じて踊れ!

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

JYOCHO、新作『綺麗な三角、朝日にんげん』で切り開く第2章

JYOCHO、新作『綺麗な三角、朝日にんげん』で切り開く第2章

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

今年のフジロックではなにが起こっていた?!──〈フジロック 2019〉

今年のフジロックではなにが起こっていた?!──〈フジロック 2019〉

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

この記事の編集者
TOP