2020/04/16 18:00

自ら考えて選んでいくことの尊さ、気力を──FINLANDS、1年ぶり新作「まどか / HEAT」

昨年3月にコシミズカヨ(Ba)が脱退するも、大型野外フェスへの出演や、恵比寿 LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴを開催しソールドアウトするなど、止まることなく精力的に活動を進めてきたFINLANDS。そんな彼女たちから1年ぶりのリリースとなる初の配信シングル「まどか / HEAT」が到着。2曲のシングルではありながらも、これまでの作品通りしっかりとコンセプトも伺える今作。リリースから2週間経ったいま、改めて塩入冬湖(Vo.Gt)に話を伺った。このタイミングで過去作『ULTRA』、『JET』、『PAPER』のロスレス配信もスタートしたのでこちらも要チェックです。

約1年ぶりの新作はデジタル・シングル

INTERVIEW : FINLANDS

新型コロナウイルスの影響で、多くの活動が制限され僕たちの生活に大きな変化をもたらすことになった。ライヴに行ったり、おいしいものを食べに行ったり、美術館に行ったり…… そういった当たり前の日常がいまなくなりかけている。こういう状況になってはじめて僕は“当たり前”の日常の尊さを感じた。と、同時にこういった日常がなくなってしまうことの怖さ、不安感や孤独感をひしひしと感じることになった。

そんなタイミングでリリースされたFINLANDS、1年ぶりの新作「まどか / HEAT」は、もともとは京都アニメーション放火殺人事件をきっかけに制作された曲だというが、ある意味でとても大きな力を持つ作品となった。僕はこの日常を手放したくない。だからこそこの曲を聴きながら、自ら考え、選択していくのだ。目に見えない敵と戦う不安感がとても漂ういまこそ、彼女に話を聞きたいと思い、取材を申し込んだ。

インタヴュー&文 : 鈴木雄希

「当たり前」をありがたがって、願わないといけない世界ってすごく嫌

──ライヴも延期や中止になっているかと思いますが、最近はどうやって過ごしていますか?

最近はずっと自宅で制作活動をしています。あと、このご時世で配信が多くなっているので、私も配信をしてみようと、機材を揃えたり、配信の練習をしたりしています。いままでやったことなかったことをしていますね。

──そういう意味でも大きな変化がありますよね。

そうですね、みんな変わらざるを得ない状況ですよね。

──そんな中で、3月末にリリースされた“まどか”で歌っていることは、いまの情勢にぴったりとハマる楽曲になったと思うのですが、この曲が生まれた背景を教えていただけますか?

FINLANDS“まどか”MV
FINLANDS“まどか”MV

題材になったわけではないんですが、この曲の歌詞や思想についてのきっかけとなったのは京都アニメーションの事件だったりして。あの事件をきっかけに、「もし自分が突然なにか奪われたときに私はなにができるんだろう」ということを考えるきっかけになったんです。京都アニメーションの事件(京都アニメーション放火殺人事件)以外にも、海外の女の子のメイク動画にも大きく影響を受けていて。

──メイク動画ですか?

私はインスタグラムでメイク動画をよく見るんですけど、その中で海外の女の子のメイク動画で印象的なものがあって。一見、すごくきれいでカラフルな動画なんですけど、その映像の中にはぐちゃぐちゃになった街とかプラカードの写真が映っていて。そのプラカードには「この街から紛争がなくなりますように」という内容が書いてあったんです。普通に生きていられたり好きなことができたりする日常に感謝しないといけないことや、世界の中で戦争が起こっていることもわかってはいた。だけどその映像や言葉を見て、そんな「当たり前」をありがたがって、願わないといけない世界ってすごく嫌だなと思って。そういうことから作った曲ですね。当たり前であることにさえ感謝するような日常を、我々は持ってはいけないと思うんですよね。

──“まどか”はいつ頃できた曲だったんですか?

はじめてライヴで演奏をしたのが昨年の11月のツアー・ファイナルだったので、9月ごろに作っていましたね。

──いま世界ではそれこそ当たり前の生活を願うような状況を強いられていますが、制作段階ではこのような状況を想定していなかったですよね。

まったく思っていなかったですね。そういう日常がきてしまったら嫌だとすごく思って作った曲だったけど、ウイルスの蔓延で命が脅かされることは想像だにしなかった。状況が違えど、そういう環境がこんなに早く訪れるとは思っていなかったです。だからこの曲には深い意味がついてしまったようで、ちょっと複雑な気持ちではありますね。

──深い意味というのは悪い意味で?

いい意味でも悪い意味でもありますね。自分で言うのもナンですけど、この状況にめちゃくちゃぴったりハマってしまったなと。悪い意味でいうと、自分の中では狙ったわけではないのに、狙ったようなタイミングになってしまった歯がゆさもありますね。いい意味でいうと、音楽でこの状況が一変することがないかもしれないけど、すごく正直に言うと、この曲を聴いた人が、1分でも、1時間でも、1日でも、ちょっといい気持ちになって、ちょっとでも救われてくれたなら、この曲はすごく力を持つ曲になったんだなと。リリースした後にいろいろとコメントをいただいて思いました。

自分で考えて選んでいくことで守れるものって絶対に増えてくる

──ご自身の中でもこの曲の意味という部分で変化はあったのでしょうか?

今回のリリースについて話し合っている最中はこんな状況ではなくて。MVを撮影して、この曲をリリースしたくらいから、我々がいま置かれているような状況になったんですね。リリースするまでこの曲は「2019年に私が思ったことの記録としてこの曲が残っていればいいな」と思っていたんです。だけど、いまは歌詞にもあるように、「与えられたものを飲み込むだけではなくて、ちょっとでもいいから考えて選んでいくことの尊さ、気力だけは持っていてほしいな」と、この曲を聴いてくれた人に願わざるを得ない。そういう心情の変化がありました。

──リスナーに対して考えることの重要性を感じ取ってほしいということですよね。“当たり前”の生活がなくなってしまうとなったときに、塩入さん的にはどういうしていきたいと感じていますか?

これが答えと言えるかはわからないんですけど……。いまって情報がすごく多いし、語弊を恐れずにいうならば、TVやインターネットは誘導性が強いものだなと思うんですよね。民衆を怒りに導きたいのか、感動に導きたいのか、それとも笑いに導きたいのか、記事やTVで出た時点でその誘導ははじまっているなと思うことがすごく多いと感じていて。SNSとかがすごく発達してきたからこそ、そういうことを感じるんだと思うんですけど。

でもやっぱりその中にも「違うな」と思うことはいっぱいあるんですよ。「これは怒るようなことではぜんぜんない」とか「そんなに悲しむことでもないな」、「そんな作り込んだ感動では感動できないな」とか。与えられたものに対して受け入れるだけではなくて、まずは自分で考えて、怒るなり、悲しむなり、なにを選ぶか考えていかないといけない。それを無下にしている感じは結構あるんじゃないかなと思うんですよね。いろんなことに惑わずに、小さいところでいうと喜怒哀楽とかそういうものを自分で考えて選んでいくことで、守れるものって絶対に増えてくると思うんですよ。

──考えることの重要性って、いまの状況だと特に感じますよね。

SNSのイイねとか、バズる / バズらないとかで、群集心理がすごく左右されている感じってめちゃくちゃあると思うんですよね。それがいいのか、悪いのかはわからないですけど、やっぱりそれを受け入れるか受け入れないか、自分で選ぶことが大事ですよね。

──“HEAT”についても聞かせていただきたいのですが、これも“まどか”と同時期に制作されたのでしょうか?

そうですね。

──この曲はどういった心境で作られたのでしょうか?

まず、“まどか”と“HEAT”をなぜ同じシングルにしたのかお話しさせていだいてもいいですか。この2曲は曲調も題材もぜんぜん違うんですけど、今回のシングルの象徴として「人と人の温度感」みたいなものがあって。

──人と人の温度感。

恋愛に関して、一緒にいればいるほど自分の存在価値が上がることももちろんあるんですけど、逆に、一緒にいればいるほど自分の存在価値がなくなっていくことがすごくあって。どれだけ毎晩一緒に肌を寄せ合って体温を揃えることができても、心の中はぜんぜん一緒にならないんだなと。なんか“悲しい”を通り越して“不思議”だと思ったんですよね。時代が進んでこんだけハイテクな世の中になっているのに、恋愛のハイテクさってぜんぜん変わらないですよね。

──たしかにそうですね(笑)。

インスタグラムのストーリーズにある「質問」ってあるじゃないですか。そこで「最近どうですか?」って投稿をしたんです。そうしたら「付き合ったばかりなのに、コロナで恋人に会えない」とか「いまいい感じの人がいたのに、会えなくなってしまって恋がうまくいかないかも」みたいなメッセージが届いて。コロナって恋愛にも弊害をもたらしているんだと深々と知って。一緒にいて、直接確認しないと進められない愛とか、直接会うことで退化していく愛ってすごくあると思って。そういうところで“HEAT”は、人間の温度と温度ってすごくおもしろくて不思議だなと思って作りはじめた曲で。だけどめちゃめちゃ暗い曲になってしまいました(笑)。

「孤独です。だからなに?」

──前作『UTOPIA』のテーマとして「壮大な孤独」があったと思うんですけど、今回のシングルは孤独というよりも、「共存」がテーマとしてあるのかなと。

シンプルに“まどか”という曲は、家族のことをすごく考えながら作ったんですよね。題材は違えど、「あなた」という言葉にいちばん直面するのが、私にとっては母親や祖母とか、すごく近い家族のことだった。ちょっと話が逸れてしまうかもしれないのですが、個人的に、恋愛をしているとき、私はすごく愛されて育ったんだなって感じるんです。恋人とかに傷つけられたときに、「なんでこんなヤツに傷つけられないといけないんだ」って思った経験がすごくあって。恋愛だけじゃなくても、生きていればいろんなところで傷つくことがあると思うんですね。

でも大半の人は親や兄弟、家族以外にもいろんな人に愛されていると思うから、なにかで傷つけられて孤独を感じたところで、そんなに簡単に傷つけられていいものではないし、芯の部分でそこまで壊れることもないなって確信があることに気づいて。だから「あなたが認めたのわたしを / 壊れたりしないさ」という歌詞があるんですけど。『UTOPIA』では「壮大な孤独」を歌っていたけど、いまはその感覚をひとつ超越して、「孤独です。だからなに?」みたいな感じになっている。孤独だけど、考えたり、なにかを選んだり、大切な人を守ったりすることもできるし、だから大丈夫なんだ、とひとつ乗り越えた感じはあるかもしれないですね。

──そういう感覚の変化が、歌われることにも影響しているんですね。

そうですね。昨年の私の一大変化の果てにその感覚があったのかもしれないですね。

──2019年は塩入さんにとって変化の年だったんですか?

昨年は新しくなにかを発見しにいくとか、なにか衝撃を受けに遠くに行こうとか、誰かと会って会話をしようとか、自分の中になにかを取り入れることが嫌だと感じていたんです。自分がずっと思っていたことに対して「本当にそれでいいのか?」って考えたかった。本当に小さいことで言えば、私は小さい頃から祖母に「高野豆腐が好きでしょ」って言われ続けていたんです。でも、大人になってみたら、別にそんなに好きじゃないな、むしろ年に1回も食べないなって思って(笑)。

──(笑)。

そうやってすり込まれて好きだと思っていたものとか信じていたものとかって、ちゃんと考えてみると「別に」ってことはすごくあると思うんですよね。昨年はそういうことを一から全部洗いざらい考えるという時期があって。そのなかで恋愛に関しても、家族に関しても、孤独に関しても、すごくフラットに考える時間を与えてもらっていたんです。その試行錯誤の果てが「孤独でも大丈夫だよ」という感覚でしたね。

──めちゃめちゃ強くなったというか、無敵状態な感じですね。

あははは! そうですね…… このままいくと無敵状態ですね(笑)。

──いままでの認識について考えるきっかけってなにかあったのでしょうか。

ちょうど1年前に『UTOPIA』をリリースをして、秋にDVD(『”BI TOUR”〜16th October, 2018 at Shibuya CLUB QUATTRO〜』)を発売してツアーをしたんです。そのツアーというのが、FINLANDSの結成当初からの曲を全部みなさんにお届けしようというコンセプトのもとやっていたツアーで。それもあって昔のことをたどっていく時間が多かったので、自ずと自分自身のことも一から見直すことになりましたね。

気力で負けたらおしまい

──変化の部分でいうと、昨年コシミズカヨ(Ba)さんが脱退されましたが、そういう部分も作品に影響する感じはありそうですか?

うーん、どうでしょうね……。当初は、彼女が新しい人生を歩んでいくことに対して、こんなに近くにいる人でも私と同じような未来を望んでいるわけじゃないんだということをすごく感じて。そうなったときに、すごく大切な人が新しく追い求めている未来をきちんと受け入れて、敬意を持って送り出してあげなきゃいけないと思ったんです。そういう感覚を29歳にして知って、「大発見だ」と。ただ、FINLANDS自身の変化でいうと、新しいFINLANDSをどうやって作っていくかをすごく考えてがむしゃらにやっていたので、制作のことはあんまり考えていなかったですね。

──なるほど。

でもいま制作期間になって、私が作りたいものに対してサポート・メンバーがいろんなアプローチを与えてくれていて。だから私が意気込んで、自ら変化しなくてもいいなぁという安心はすごく生まれていますね。

──今回のシングルのリリース時に、アルバムのリリースも発表されましたね。

そうなんです。いま作っているところです。めちゃめちゃ頑張って作っているんですけど、コロナの影響で、スタジオも入れないし、レコーディングさえもできない状況になってしまっていて発売が延期になりまして。でも我々もひとつも妥協をしないで、深く頷けるものを作ってお届けしようと思っているので楽しみにしていてほしいですね。

──このシングルの空気感を持ちつつ、いつも通りコンセプチュアルなものになる予定でしょうか?

そうですね、コンセプチュアルなものになると思います。2019年と2020年の2年分の我々の記録としての側面もあると思うんです。自分でもバンド単位でも、この2年間でサウンドの感じ方が変わったなと思うんですね。「誰かの音を生かそう」という気持ちだったり、自分が明確に持っているサウンドの希望をみんなで共有し合う感じとかがあって、サウンドの面で変わっていく部分がすごくあると思います。

あと私の内面的な変化もあって。結婚して、子供を産んで母親になって…… みたいな人生を今後経験していく中で、一生恋愛について歌っていくワケないなとはもともとずっと思っていて。なにか大きな変化があったワケではないんですけど、ちょっと早くその時期が訪れたんじゃないかなと思っていて。“まどか”もそうですが、恋愛だけじゃないものをきちんと歌っていきたいなと素直に思えるようになってきていて。そこも変化の部分としてアルバムのコンセプトに練りこまれることになると思います。意気込んだ変化というよりも、自然な変化が感じてもらえるような作品になるのではないかなと。個人的にすっごくいいアルバムです。

──アルバムも楽しみです。先ほどスタジオにも入れないというお話もありましたが、音楽をはじめ、現在のカルチャー全般の状況を塩入さんはどう感じていますか?

未曾有の事態が起きたときに、最初にアートやエンタメ、音楽が煽りを受けるというのはみんな百も承知だと思うんです。自分の状況的にそうなのかもしれないけど、こういう風に虐げられていることに対して怒りとかはなくて。いまの場合で考えると、音楽にはウイルスを防ぐような命を助ける効力はないけど、アートや音楽って、命を補助する役割って絶対にあると思うんです。すごく辛かったときに少し気持ちを楽にしてくれる娯楽って、人生をどう進めていくかの指針を担うことになる場合もあって。だからアートや音楽のようなものが不必要だということは絶対にないと思う。

いま音楽をやっている人やライヴハウスに来てくれる人、音楽を好きでいてくれる人は、きっとそれをわかっていると思うんです。やっぱり気力を失わずに、状況が落ち着いたときにどういう形で音楽をやっていけるか、考えていきたいなと思います。やっぱり気力で負けたらおしまいだなと思うので、押しつぶされないように、家でできることをとにかく考えたいなと思います。

編集 : 鈴木雄希
編集補助 : 千田祥子

『まどか / HEAT』のご購入はこちらから


過去作もチェック! ハイレゾ独占配信のものもあります

新→古

過去の特集ページ

さらなる躍進、勝算のある未来への一手──FINLANDS新作EP『UTOPIA』独占ハイレゾ配信

FINLANDSにとっての「LOVE」とは? 最新作『LOVE』をハイレゾ独占配信!

PROFILE

FINLANDS

塩入冬湖(Vo.Gt)とコシミズカヨ(Ba.Cho)の二人で2013年に結成。

「RO69JACK」での入賞経験を持ち、全国各地で話題のフェスやイベント、大型サーキット・フェスにも多数出演。2017、2018年に出演したサーキット・フェスでは全会場入場規制となる。

2015年に『ULTRA』『JET』と2枚のミニ・アルバム、2016年にはフル・アルバム『PAPER』をリリース。『JET』に収録の“さよならプロペラ”は北海道日本ハムファイターズのテレビCMに起用されるなど、ポピュラリティも併せ持つ。2017年ミニ・アルバム『LOVE』、2018年フル・アルバム『BI』とコンスタントに作品をリリースし、オリコン上位に食い込む。『BI』リリース・ツアーのワンマン・ライヴにおいて、渋谷クラブクアトロをはじめ、追加公演含めすべてソールドアウトさせた。

2019年3月には初のEP『UTOPIA』をリリース。そのリリース・ツアー・ファイナルでもあった4月10日渋谷クラブクアトロのステージを最後にコシミズが脱退。以後、ベースにサポート・メンバーを迎えてライヴ活動を行っている。

【公式HP】
http://finlands.pepper.jp/index.html
【塩入冬湖オフィシャルサイト】
http://finlands.pepper.jp/fuyuko/
【FINLANDS Twitter】
https://twitter.com/finlands12
【塩入冬湖 Twitter】
https://twitter.com/fuyukofinlands

この記事の筆者
鈴木 雄希

1994年生まれ、埼玉県出身。大学卒業後、2017年にOTOTOY編集部に加入。主にロックやJ-POPを中心に企画、編集、執筆をしています。お笑い好きのテレビっ子。

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.66 THE 1975擁する〈ダーティ・ヒット〉を聴く

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.66 THE 1975擁する〈ダーティ・ヒット〉を聴く

“明日、照らす”、この7年間を詰め込んだ記録集『Permanent Collection』

“明日、照らす”、この7年間を詰め込んだ記録集『Permanent Collection』

FINLANDS「まどか / HEAT」──自ら考えて選んでいくことの尊さ、気力を

FINLANDS「まどか / HEAT」──自ら考えて選んでいくことの尊さ、気力を

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.58 当たり前を願う、心に安らぎを

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.58 当たり前を願う、心に安らぎを

伊藤祐樹(THE FULL TEENZ) × ムツムロ アキラ(ハンブレッダーズ) 同級生対談

伊藤祐樹(THE FULL TEENZ) × ムツムロ アキラ(ハンブレッダーズ) 同級生対談

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.50 この冬は『セックス・エデュケーション』で決まりです

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.50 この冬は『セックス・エデュケーション』で決まりです

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.43 今年はこれを聴きました2019

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.43 今年はこれを聴きました2019

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.37 シャムキャッツの10年を振り返り

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.37 シャムキャッツの10年を振り返り

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.33 哀愁ポップスで今年を振り返り

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.33 哀愁ポップスで今年を振り返り

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

リーガルリリー「ハナヒカリ」──この3人で音楽を鳴らす新たなアイデンティティ

リーガルリリー「ハナヒカリ」──この3人で音楽を鳴らす新たなアイデンティティ

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.22 ロックにも明るい光が! 次世代ロック・アーティスト

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.22 ロックにも明るい光が! 次世代ロック・アーティスト

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.18 暑~い夏はこれでチルアウト

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.18 暑~い夏はこれでチルアウト

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.14 新鮮なアジア産音楽はいってます

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.14 新鮮なアジア産音楽はいってます

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.10 ロックスター、イエモンの蘇り

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.10 ロックスター、イエモンの蘇り

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.6 ニュー・カマーSSWは誰だ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.6 ニュー・カマーSSWは誰だ!

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.2 フレッシュ・アンド・ジューシー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.2 フレッシュ・アンド・ジューシー

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

【LIVE REPORT】TENDOUJI自主企画〈MAKE!TAG!NIGHT!!!〉@WWW X

【LIVE REPORT】TENDOUJI自主企画〈MAKE!TAG!NIGHT!!!〉@WWW X

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

Sentimental boysが導く、夏の終わり──2ndアルバム『Festival』ハイレゾ配信

Sentimental boysが導く、夏の終わり──2ndアルバム『Festival』ハイレゾ配信

リーガルリリー3部作ミニ・アルバムを配信開始、新体制初インタヴュー!

リーガルリリー3部作ミニ・アルバムを配信開始、新体制初インタヴュー!

田んぼ、ベルリン、生活、そして天体──オオヤユウスケ(Polaris)×Bose(スチャダラパー)

田んぼ、ベルリン、生活、そして天体──オオヤユウスケ(Polaris)×Bose(スチャダラパー)

STEPHENSMITHが生み出す、艶やかな“隙間”

STEPHENSMITHが生み出す、艶やかな“隙間”

ハッピー・グルーヴ満載バンド、TENDOUJI──新EP『BUBBLE POPS』を配信開始

ハッピー・グルーヴ満載バンド、TENDOUJI──新EP『BUBBLE POPS』を配信開始

“2”と“AL”それぞれがみせる第2章の歩み──〈SONG FOR YOU〉@WWW X

“2”と“AL”それぞれがみせる第2章の歩み──〈SONG FOR YOU〉@WWW X

緊急リリース!! サニーデイ・サービスの新アルバム『the CITY』をハイレゾ配信開始!!

緊急リリース!! サニーデイ・サービスの新アルバム『the CITY』をハイレゾ配信開始!!

いま聴くべきは、こいつらだ! ──2018年最初の、OTOTOYおすすめ10選

いま聴くべきは、こいつらだ! ──2018年最初の、OTOTOYおすすめ10選

てらいなくポップに振り切る新世代──矢島和義、岡村詩野に訊く、OTOTOYトピック2017ロック編

てらいなくポップに振り切る新世代──矢島和義、岡村詩野に訊く、OTOTOYトピック2017ロック編

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始

8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信

8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信

暗闇を照らす、温かみのあるひかり──Nozomi Nobodyが「歌」にこだわった新作をハイレゾ配信

暗闇を照らす、温かみのあるひかり──Nozomi Nobodyが「歌」にこだわった新作をハイレゾ配信

【新世代参上! 】ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線

【新世代参上! 】ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線

【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信

【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信

宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース

宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース

湯川潮音の新名義「sione」初アルバムを先行ハイレゾ配信&インタヴュー

湯川潮音の新名義「sione」初アルバムを先行ハイレゾ配信&インタヴュー

「平凡」ってなんだろう──ドレスコーズ、通算5枚目となるアルバムをリリース

「平凡」ってなんだろう──ドレスコーズ、通算5枚目となるアルバムをリリース

【ベッド・イン】バブル時代に憧れる23歳しょうゆ顔新人スタッフ鈴木クンがぶっとびーレビュー

【ベッド・イン】バブル時代に憧れる23歳しょうゆ顔新人スタッフ鈴木クンがぶっとびーレビュー

1stシングルをリリースの「かろうじて人間」。謎めいた彼らの正体を明かす!

1stシングルをリリースの「かろうじて人間」。謎めいた彼らの正体を明かす!

Suchmos、期待を大きく上回る決定版『THE KIDS』をハイレゾ配信!

Suchmos、期待を大きく上回る決定版『THE KIDS』をハイレゾ配信!

2017年最大の衝撃! Suchmos、ニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版を予約受付開始!

2017年最大の衝撃! Suchmos、ニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版を予約受付開始!

女子高生「OTOTOY」知ってる人0人説ーー新人スタッフ鈴木雄希が渋谷のJKに実際に訊いてみた

女子高生「OTOTOY」知ってる人0人説ーー新人スタッフ鈴木雄希が渋谷のJKに実際に訊いてみた

【なぜ坊主がクリス○スに?] 浄土真宗住職2人によるユニットTariki Echoに緊急リリースの真相を聞く!

【なぜ坊主がクリス○スに?] 浄土真宗住職2人によるユニットTariki Echoに緊急リリースの真相を聞く!

この記事の編集者
鈴木 雄希

1994年生まれ、埼玉県出身。大学卒業後、2017年にOTOTOY編集部に加入。主にロックやJ-POPを中心に企画、編集、執筆をしています。お笑い好きのテレビっ子。

《神宿連載 第15回》初のユニット曲「Erasor」から考える“自分を変えること”

《神宿連載 第15回》初のユニット曲「Erasor」から考える“自分を変えること”

デビュー1周年目前! かみやどメンバー・インタヴュー

デビュー1周年目前! かみやどメンバー・インタヴュー

ちっちゃな気持ちに爆音で応える―BALLOND’ORが進む理想の世界への旅路

ちっちゃな気持ちに爆音で応える―BALLOND’ORが進む理想の世界への旅路

《神宿連載》“在ルモノシラズ”の歌詞の世界を徹底解剖! 塩見きらインタヴュー

《神宿連載》“在ルモノシラズ”の歌詞の世界を徹底解剖! 塩見きらインタヴュー

FINLANDS「まどか / HEAT」──自ら考えて選んでいくことの尊さ、気力を

FINLANDS「まどか / HEAT」──自ら考えて選んでいくことの尊さ、気力を

PARIS on the City!、4人のアンサンブルを追求した新作

PARIS on the City!、4人のアンサンブルを追求した新作

マル秘エピソードも!? 6年目の神宿事情──新曲“在ルモノシラズ”先行配信開始

マル秘エピソードも!? 6年目の神宿事情──新曲“在ルモノシラズ”先行配信開始

ジオラマラジオ、“インディーからのヌーヴェルヴァーグ”を無防備なポップスで

ジオラマラジオ、“インディーからのヌーヴェルヴァーグ”を無防備なポップスで

突然変異のポップ・ミュージック──岡村詩野が改めて考える「aiko論」

突然変異のポップ・ミュージック──岡村詩野が改めて考える「aiko論」

REVIEWS : 002 海外インディ(2020年3月)──井草七海

REVIEWS : 002 海外インディ(2020年3月)──井草七海

僕たちの音楽を聴いて最高の気持ちになってほしい──Jurassic Boys

僕たちの音楽を聴いて最高の気持ちになってほしい──Jurassic Boys

鳴り響いたリベンジの賛歌──Devil ANTHEM.ライヴ・レポート

鳴り響いたリベンジの賛歌──Devil ANTHEM.ライヴ・レポート

羊文学はあなたの「居場所」に──塩塚モエカ 単独インタヴュー

羊文学はあなたの「居場所」に──塩塚モエカ 単独インタヴュー

伊藤祐樹(THE FULL TEENZ) × ムツムロ アキラ(ハンブレッダーズ) 同級生対談

伊藤祐樹(THE FULL TEENZ) × ムツムロ アキラ(ハンブレッダーズ) 同級生対談

魂を震わせる裸のロックンロール!!! 突然少年、3人の先輩と作る新作リリース

魂を震わせる裸のロックンロール!!! 突然少年、3人の先輩と作る新作リリース

【音楽ライター講座番外編】岡村詩野が鋭く迫る2019年のカネコアヤノ躍進のワケ

【音楽ライター講座番外編】岡村詩野が鋭く迫る2019年のカネコアヤノ躍進のワケ

sleepy.ab、7年の眠りからの目覚め──第3期のはじまりを告げる『fractal』

sleepy.ab、7年の眠りからの目覚め──第3期のはじまりを告げる『fractal』

きっかけは香港にあった便所の落書き──ヘルシンキ、新作をリリース

きっかけは香港にあった便所の落書き──ヘルシンキ、新作をリリース

DÉ DÉ MOUSE、2020年は平和の音楽としてのダンス・ミュージックで遊ぶ!

DÉ DÉ MOUSE、2020年は平和の音楽としてのダンス・ミュージックで遊ぶ!

大型ルーキーが全国へ! ──〈週末アイドル部〉発の三匹組、黒猫は星と踊る

大型ルーキーが全国へ! ──〈週末アイドル部〉発の三匹組、黒猫は星と踊る

草野球とバンドは同じ?──ピュアにマイペースにグッド・メロディを作り出す家主

草野球とバンドは同じ?──ピュアにマイペースにグッド・メロディを作り出す家主

“生きててよかった!”──つるうちはな、『サルベージ』レコ発で叫んだ人間賛歌

“生きててよかった!”──つるうちはな、『サルベージ』レコ発で叫んだ人間賛歌

佐藤健一郎(Ba)に訊く、バンドの過去といま──teto新アルバム特集第2弾

佐藤健一郎(Ba)に訊く、バンドの過去といま──teto新アルバム特集第2弾

エレキュート・アイドル“my♪ラビッツ”、ソロとしての第一歩を踏み出す初シングル

エレキュート・アイドル“my♪ラビッツ”、ソロとしての第一歩を踏み出す初シングル

岡山ローカル・アイドルの先駆け的存在“S-Qty”、第3期が始動!!

岡山ローカル・アイドルの先駆け的存在“S-Qty”、第3期が始動!!

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

いまArtTheaterGuildに訪れている変化──オリジナリティに向き合う新作

いまArtTheaterGuildに訪れている変化──オリジナリティに向き合う新作

崎山蒼志、新世代アーティストたちと作る2ndアルバム『並む踊り』

崎山蒼志、新世代アーティストたちと作る2ndアルバム『並む踊り』

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

落とし込むUSのトレンド、提示する新しい色──the chef cooks me『Feeling』

落とし込むUSのトレンド、提示する新しい色──the chef cooks me『Feeling』

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

みなさまに感謝を込めてOTOTOY10周年キャンペーン実施中!

みなさまに感謝を込めてOTOTOY10周年キャンペーン実施中!

【開催直前鼎談】 今年の〈ボロフェスタ〉は自身の感性を信じて踊れ!

【開催直前鼎談】 今年の〈ボロフェスタ〉は自身の感性を信じて踊れ!

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

JYOCHO、新作『綺麗な三角、朝日にんげん』で切り開く第2章

JYOCHO、新作『綺麗な三角、朝日にんげん』で切り開く第2章

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

今年のフジロックではなにが起こっていた?!──〈フジロック 2019〉

今年のフジロックではなにが起こっていた?!──〈フジロック 2019〉

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

TOP