2020/03/03 13:00

圧倒的進化を果たした音、ことば。羊文学はあなたの「居場所」に──塩塚モエカ単独インタヴュー

塩塚モエカ(羊文学)

昨年夏、これまでよりもライトなEP『きらめき』をリリースし、各所で注目度が高まるネクスト・ブレイク筆頭の3人組、羊文学。軽やかでポップなサウンドを詰め込んだ前作から半年、今度はストイックでソリッドなオルタナ・サウンドを鳴らす『ざわめき』をリリース。塩塚モエカのヴォーカルと相まって、より豊かになる繊細で重厚なバンド・アンサンブル…… よりグレードアップしたサウンドが詰め込まれた今作だが、果たしてバンドが目指すべき場所はどこにあるのだろうか。バンドのソングライター、塩塚モエカへの単独インタヴューで解き明かそう。

新機軸の5曲を収録した新EP

INTERVIEW : 塩塚モエカ(羊文学)

2月にリリースしたEP『ざわめき』では、骨太なバンド・アンサンブルに加え、飛躍的に表現力を高めたヴォーカルで圧倒的な進化を見せた羊文学。国内の若手バンドを見渡してみてもまさに大ブレイク前夜! と思わせる勢いの彼女たちだが、そのフロントマン=塩塚モエカは至って冷静だった。彼女たちは決して特別な存在になろうとしているわけではない。いままでになく社会性を帯びた1曲“人間だった”でさえも、単なるひとりの若者としての実感が出発点となっているのだという。声高に正論を掲げるでもなく、羊文学は、ただそこにいる。でもだからこそ、私たちがたとえどんな存在であっても「そこにいる」ことを受け止めてくれる。そのことのなんと潔く、頼もしいことか。絶対的な否定や肯定が溢れかえる昨今、どちらにも決めきれない普通の誰かの「居場所」であろうとする佇まいこそが、羊文学が今日まさに求められる所以なのだろう。

バンド規模は大きくなり続け、自身はまさに学生を卒業しようというタイミングを迎えている塩塚。彼女はそんな渦中で、この数年で変わったこと、そして変わらないことをどう捉えているのか。原点回帰ともとれる今作『ざわめき』を切り口に語ってもらった。

インタヴュー&文 : 井草七海
写真 : 鳥居洋介

聴いてくれるひとりひとりの世界が共鳴し合うような音楽

──今回リリースされたEP『ざわめき』は、ポップな印象の強かった前作EP『きらめき』に比べて、バンドの骨太な部分がシンプルに作品に落とし込まれているように感じました。前作と今作の違いについて、どんな狙いがあったかをまずは教えてもらえますか?

『きらめき』を出す前からもともといろんな人から、羊文学と言えば「エモい」とか「シューゲイザーっぽい」ってよく言われていたんです。たしかにそうなんですけど、実はいままでのアルバムの中にはポップな曲とかも含まれていたりするし、ひとつのイメージで自分たちを定義されたくなかったんです。なので、『きらめき』という作品は、あえて自分たちの中のポップな側面を前面に出した、という狙いがありました。

ただ、それを出してみたところ「羊文学って結局なんなんだろう?」っていう疑問も感じられて。それもあって、今回は原点に帰ったような、ストイックでシンプルな音作りで、自分の内に向かっていくようなカラーの作品を出そうと決めていました。ただもちろん、『きらめき』という作品はポップなものだったので、それを聴いた人もついてこれるように、ということも意識していました。

──ただ、“サイレン”なんかがそうですが、曲によっては明確な「Aメロ、Bメロ、サビ」のような構成ではない、必ずしもわかりやすいわけではない曲も今作には含まれてますよね。そういう意味で今回の『ざわめき』は、『きらめき』での方向性も生かしながら改めてバンドの「らしさ」を再定義している作品なのかな、とも思いました。

そうですね。たしかに『きらめき』はポップだったけど、やっぱり私は性格的にはあんまり明るいところに出るのは得意じゃないんです。たとえば、大人数の飲み会とかは好きじゃなくて。だから、羊文学の音楽は、みんなでワイワイするようなポップ・ミュージックとか、誰かの恋愛を代弁するようなポップ・ミュージックではないもの…… みんなで騒ぐ音楽じゃなくて、聴いてくれるひとりひとりの世界が共鳴し合うような音楽であるのがいいんじゃないかなと思ってて。

──実は、私、今作を聴いた後にすごくスッとした気分になったんです。それは、サウンドのソリッドさにしろ、羊文学がいままで持っていた、現状を半ば冷めた視点で受け入れつつそれでも進むしかない、というような潔さが特にはっきり出ていたからだと思うんですよね。そういった“自分たちの中にあったもの”を、今作で捉え直した感じはありますか?

それは、今回は明確な狙いがあってそこをめがけて制作していったわけではなくて、自然に自分たちから出てくるものをまとめていく作業が中心だったのが大きいのかなと思います。アートワークも、実は羊文学をかなり前から応援してくれてライヴにも来てくれていた方にお願いして撮ってもらったんです。そういう古い仲間と作ったりした、好きなものをそのままストレートに出した作品なんです。だから、今回は自分たちの得意分野はしっかり出せたのかなと思ってますね。

──なるほど。ここ2〜3年でだいぶライヴも重ねてきていると思うんですけど、ライヴでは何か変化を感じてますか?

以前は自分の気持ちがもっと前面に出ていて、それをお客さんにぶつける感じのライヴが多かったです。2年前くらいまではほとんど誰も聴いてくれていなかったので、そういう状況のなかでライヴをやってたのも大きかったんだろうとは思うんですけど……。でも、どこかお客さんと戦っているというか、「聴いてほしい」って気持ちのぶつけ合いみたいなところはありました。

いまは、もう少し冷静にというか、押すところと引くところのバランスを自分の中に作ることができているし、それによって、お客さんが入り込める余白みたいなものを作れているのかなと思ってます。

──たしかに、私が2年くらい前にライヴを観たときには、もっと切実なヒリヒリとした緊張感があった印象もあったんです。でも、いまはどっちかというと、ロック・バンドとしてのたくましい存在感が出てきている。自分たちの演奏をお客さんへ委ねられるような、観る側への信頼感が生まれてきたというか。

そうですね。あと、前はやっぱりもっと子供だったっていうのもあるかも。Twitterなんかでも思ったことを全部言ってしまうのがいいことだと思ってたんです(笑)。自分はミュージシャンだけど、私たちを観ている人にも「この人も自分たちと同じ人間で、同じようにうまくいってなかったりするんだ」って思ってもらいたかったし。自分のマイナスな部分も全部さらけ出しちゃえば、同じようにマイナスな気持ちの人が救われるんじゃないかって思ってたんですけど……。

でもいまはそうじゃなくて、そういうマイナスな気持ちにしても、もっと違う表現ができれば自分の幅が広げられるし、自分で自分のことを認められるはずだって思うようになって。この2年間は、そんなことを考えながらやってました。

羊文学はそういう「居場所」とか「より所」になりたい

──塩塚さん自身はもうすぐ学生を卒業するってタイミングですよね。プライベートでは学生生活が終わるということや、バンドのほうも2〜3年くらい前に比べて格段に多くの人に聴いてもらえるようになってきたという変化を踏まえて、作品の中で表現したいことも変わってきましたか?

バンドの規模が大きくなって、ライヴも大きな会場でやるようになってきたんですけど、曲を作るときはそのことはあんまり考えないようにしようと思ってて。曲作りは、前と変わらず自分の部屋みたいな狭いところで自分に向き合うことからスタートして、スタジオでバンドであわせて、その後ライヴに出ていく…… っていう流れで、そこは変わってないので。ライヴハウスは大きくなっているけど、やっぱり聴く人に近い曲を作りたいんです。聴く人と同じようなフィールドに立って、同じようなものを見ている人として曲を作りたいので。

──曲を作る姿勢自体はあまり変わっていないと。

でも変わったこともあって。会場が大きくなったり、ライヴハウス以外の場所…… たとえば野外のフェスとかで演奏する機会が増えて、そこで曲を演奏するイメージができるようになったから、どういう場所で音が鳴るかを意識して曲作りができるようになったかなと思います。アレンジの段階で「これはライヴハウスで鳴らしたらかっこいい曲」「これは野外で演奏したら遠くまで響き渡る曲」みたいな違いを考えられるようになったかなと思います。

──塩塚さんが大勢の人とワイワイするのが苦手という一方で、聴いてくれている人に近い存在でありたいっていう想いを持っていることは、今作にもよく反映されているように思います。“祈り”という曲の歌詞にも象徴的ですけど、聴き手にベタベタと寄り添う訳ではなく、「私たちはここにいるし、あなたはそこにいていいんだ」というようなメッセージを羊文学の佇まいからは感じることができる。曲を作るにあたっても、そういう、聴く人にとっての「居場所」になろうという意識を自覚的に持っているんですか?

そうですね、それは意識してます。あ、いまの「居場所」って表現、すごくいいですね(笑)。羊文学はそういう「居場所」とか「より所」になりたい。それはいつも思ってます。聴いてくれる人を励ましたいわけではないし、甘やかしたいとはぜんぜん思ってない。ただ、「その人がそこにいていい」ってこととか、「そのままで大丈夫」っていうことを伝えられたら、という気持ちで曲を作ってます。

──たしかに、突き放すわけでもなく、励ますわけでもなく、でもただそこにポツンといることが様になるバンドに、羊文学はどんどんなってきていると思うんですよね。特に最近はネットやSNSで「自分はこれが正しいと思うから、他の人の意見は全部間違ってる」という、自分の判断基準を絶対視する意見をよく目にしてしまうわけですけど、それによって傷つく人も中にはいる。だから羊文学のように、否定も肯定もしないけどただそこにいて、同じように他人もそこにいることを認めてくれる存在って、いまの時代、重要だなと。

なにかひとつのことに対して、それが「絶対に正しい」って言う人と「絶対に間違ってる」って言う人はどっちもいて。何が本当に正しいのかがわからなくなってしまうことってあると思うんです。たとえば、犯罪者がいたとして、「罪を犯した」ということはもちろんある人にとっては悪いことかもしれないけど、犯罪者本人からしてみたら、その人なりに何か理由があったかもしれない。原因は「その人がただ悪人だったから」だけではないかもしれなくて、その人の辿ってきた人生の中にあったかもしれない。だから、ある人をものすごく肯定したり否定したりすることは簡単にできるけど、でもそこに判断の余白みたいなものを残しておきたくて。そんなことをずっと考えていることが、聴き手の「居場所」を作ろうとするってことに繋がっているのかなと思います。

──今作では、塩塚さんのヴォーカルもいっそう進化を遂げていると感じました。のびやかだけどどこか張り詰めた糸のような緊張感のあった初期のヴォーカルに比べて、タフな力強さが前面に出るようになってきていますよね。

実は、個人的にはレコーディングでの歌入れが苦手で。ハイトーンも息が続かなかったりしたんですけど、レコーディングを重ねるごとに自分の出しやすい声もわかってきて。出したい声をどう出すかという技量もついてきので、最近はいろいろ試したりできるようになりました。これまでは出せなかったような声も出せるようになってるし、喉も潰さずに歌えるようになってきたので。

──具体的にヴォーカルのスタイルで影響された人とか、「こうなりたい!」って思うようなヴォーカリストっていますか?

もともとはYUIさんが好きだったんですけど、そもそも声が違いすぎるし私はあまり高い声も出なかったので……。でも、それがきっかけで自分の曲を作りはじめたんです。いまだったら、miletさんみたいな声に憧れるんですけど、そういう声はやっぱりちょっと出なくて(笑)。でもどちらかというと、めちゃくちゃ歌がうまいというよりは、みんなが「そんな表現ができるの?!」ってびっくりするようなヴォーカリストになりたくて……。

──それでいうと、今作の2曲目の“サイレン”の中盤のあたりの歌い方にはすごくびっくりしました。言葉が詰まっている歌詞なのに、高い声から低い声まで織り交ぜながらコロコロとトーンを変えていくあのヴォーカリゼーションはなかなかできるものではないなと。

“サイレン”は3〜4年くらい前に作った曲なんです。いま作ったらああいうコロコロ動くメロディにはならないと思うんですけど、作った当時にはそういうことをしてみたかったんですよね。でも、作ったそのときには歌の技量が足りなくて歌えなくて。ある程度技量がついてきたいま歌うから、おもしろいものになったんじゃないかなと思います。たしかに、自分でもあのパートは不思議です(笑)。

目指すのは部室に置いてあるちっちゃい練習用の安いアンプからの音

──またリード曲の“人間だった”は、これまでとは明らかにモードの違う楽曲ですよね。これまでの羊文学は、私小説的な歌詞が中心だったわけですけど、文明社会への疑問を歌った社会性を帯びているこの曲では、グッと自分の外に視点が向いていて。これにはなにかきっかけがあったんでしょうか?

この曲は自分のなかではかなり特殊な曲なんです。この曲を書いた去年は、やっぱり「このままじゃ世界が壊れちゃう」って気持ちにさせられることが多くて。でもそれも「世の中に訴えかけなきゃ!」っていう使命感が突然生まれて書いたのではなくて、他の曲と同じように、「まだ地球が終わってほしくない」っていう本当にシンプルな気持ちから書いただけなんです。ただ、今後こういう曲ができるかどうかはわからないですけど、“人間だった”は自分にとっても大切な曲になりました。

羊文学 “人間だった” (『ざわめき』収録)MV
羊文学 “人間だった” (『ざわめき』収録)MV

──とはいえ、10代の頃には出てこなかったテーマですよね、きっと。

そうですね。最近できた友達の中には、いろいろな偏見と戦っている人たちもいるし、デモに参加している人もいて。そういう人たちってこれまで周りにいなかったし、いたとしても近い存在ではなかったんですよね。だから、いまそういう人たちが身近にできたことで、社会的なテーマを実感できるようになったのかなと思います。

──塩塚さんのソングライターとしての良さって、自分が普段の生活で感じ取ったことを、わかりやすく曲に落とし込める瞬発力なんだろうなと思いますね。敏感に感じ取ったことを照れずにさらけ出せるのは、ひとつの強さなのだと思うし。

影響されやすいんです(笑)。あと、普段から思ったことをすぐに言っちゃうんですよ(笑)。他人との境目みたいなものがあんまりないのかもしれないです。

──ちなみに、過去のインタビューで、バンドをはじめたきっかけは「男の子に負けたくない」というような理由だったとお話しされていたのですが、女の子らしさを否定しないというコンセプトの『きらめき』を経て、今作『ざわめき』を出したいまはどうなんでしょう?

いまはあまり線引きを意識しなくなりましたね。私は女ではあるんですけど、自分の中には男っぽいところもあって。そういう部分があることも自分で認められたし、女の自分にしかできない表現があることに気づいたので、いまは「なにかと戦っていこう」っていう気持ちはなくなりました。

──なるほど。「原点」という意味で最後にもうひとつ。「ひとつのジャンルに定義されたくない」というお話は先ほどありましたが、とはいえ音作りにはやっぱり、シューゲイザーやオルタナティヴ・ロックからの影響が大きいですよね。そもそもそういったエッジーなサウンドに惹かれるのはなぜでしょう?

うーん、そうですね……。私は、綺麗にパッケージされた大量生産品じゃなくて、未完成だけどおもしろいものとか、一般的にはあんまり流通してないけど綺麗なもの、みたいなものが好きだったので……。

それで、イギリスのYuckってオルタナティヴ・ロックのバンドとか、James Blakeの曲で使われてる変わったシンセのサウンドとかを聴いたのがきっかけで、イビツでふり幅があるサウンドを目指すようになりました。だから、たとえば部室に置いてあるようなちっちゃい練習用の安いアンプから出すような音なんかは、すごく好きなんです。

──塩塚さんが「きっちりパッケージされてないようなイビツなものっておもしろいよね」って言える感性を持ってるから、「これは正しい / 正しくない」ってはっきり決めつけたがる最近の論調に違和感を覚える人たちに、いままさに羊文学の音楽が届いていっているのかもしれないですね。

期せずして(笑)。うん、そうだといいなと思います。

編集 : 鈴木雄希

『ざわめき』のご購入はこちらから


過去作もチェック!

新→古

過去の特集ページ

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

PROFILE

羊文学

VoとGtの塩塚モエカ、Baのゆりか、Drのフクダヒロアからなる、柔らかくも鋭い感性で心に寄り添い突き刺さる歌を繊細で重厚なサウンドにのせ、美しさを纏った音楽を奏でる3人組。

2012年結成。2017年に現在の編成となり、現在までにEPを4枚、フル・アルバムを1枚、配信シングルを1曲、そして昨年12月にクリスマスシングル「1999 / 人間だった」をリリース。生産限定盤ながら全国的なヒットを記録。

2020年2月5日に最新EP『ざわめき』のリリース、そのリリースより先行しワンマン・ツアー(1月18日 大阪・梅田シャングリラ、1月31日 東京・恵比寿リキッドルーム)はSOLD OUTに。2020年、しなやかに旋風を巻き起こし躍進中。

【公式HP】
https://hitsujibungaku.jimdofree.com/
【公式ツイッター】
https://twitter.com/hitsujibungaku

この記事の筆者
井草 七海

東京都出身。2016年ごろからオトトイの学校「岡村詩野ライター講座」に参加、現在は各所にてディスクレビュー、ライナーノーツなどの執筆を行なっています。音楽メディア《TURN》にてレギュラーライターおよび編集も担当中。

シンプルでエッジーなサウンドで受け止める、羊文学の目線

シンプルでエッジーなサウンドで受け止める、羊文学の目線

REVIEWS : 002 海外インディ(2020年3月)──井草七海

REVIEWS : 002 海外インディ(2020年3月)──井草七海

羊文学はあなたの「居場所」に──塩塚モエカ 単独インタヴュー

羊文学はあなたの「居場所」に──塩塚モエカ 単独インタヴュー

【REVIEW / ハイレゾ配信】フランツ・フェルディナンド、4年半のブランクを経ての新作!

【REVIEW / ハイレゾ配信】フランツ・フェルディナンド、4年半のブランクを経ての新作!

この記事の編集者
鈴木 雄希

1994年生まれ、埼玉県出身。大学卒業後、2017年にOTOTOY編集部に加入。主にロックやJ-POPを中心に企画、編集、執筆をしています。お笑い好きのテレビっ子。

シンプルでエッジーなサウンドで受け止める、羊文学の目線

シンプルでエッジーなサウンドで受け止める、羊文学の目線

REVIEWS : 007 国内インディ・ロック(2020年8月)──綿引佑太

REVIEWS : 007 国内インディ・ロック(2020年8月)──綿引佑太

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.79 - 2020 GUEST SPECIAL : 菅原慎一's CHOICE

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.79 - 2020 GUEST SPECIAL : 菅原慎一's CHOICE

不穏でミステリアスな新鋭ロック・バンド“Johnnivan”

不穏でミステリアスな新鋭ロック・バンド“Johnnivan”

3人のアレンジャーが織りなす、Nakanoまるの新たな姿

3人のアレンジャーが織りなす、Nakanoまるの新たな姿

THIS IS JAPAN、メジャー1st SGで魅せつける俺たちの「new world」

THIS IS JAPAN、メジャー1st SGで魅せつける俺たちの「new world」

セッションの刹那を詰め込む〈YGNT special collective〉──山中拓也 × GOMESS

セッションの刹那を詰め込む〈YGNT special collective〉──山中拓也 × GOMESS

これからも音楽の火を灯し続けよう!! SNSで紡がれた希望の歌「Baby, Stay Home」

これからも音楽の火を灯し続けよう!! SNSで紡がれた希望の歌「Baby, Stay Home」

愛すべき邪気のないアウトサイダーたちよ、永遠に──シャムキャッツ解散に寄せて

愛すべき邪気のないアウトサイダーたちよ、永遠に──シャムキャッツ解散に寄せて

朝日美穂、じっくり育てた暮らしと音楽のラグランジュ・ポイント

朝日美穂、じっくり育てた暮らしと音楽のラグランジュ・ポイント

Laura day romance、ルーツが交差する音のタペストリー

Laura day romance、ルーツが交差する音のタペストリー

岡田拓郎 x 葛西敏彦が語る『Morning Sun』の音世界

岡田拓郎 x 葛西敏彦が語る『Morning Sun』の音世界

ゆうらん船が緩やかに自由に切り開く、“新たな音楽”の萌芽

ゆうらん船が緩やかに自由に切り開く、“新たな音楽”の萌芽

カミナリグモ、確かな「いま」を刻む8年ぶりAL

カミナリグモ、確かな「いま」を刻む8年ぶりAL

Akiyoshi Yasudaが提示する、記憶を残す音楽『memento -day1』

Akiyoshi Yasudaが提示する、記憶を残す音楽『memento -day1』

《神宿連載 第16回》羽島姉妹徹底解剖!

《神宿連載 第16回》羽島姉妹徹底解剖!

“planeのいま”を素直に表現するロック・サウンド──7年ぶり新アルバム『2020 TOKYO』

“planeのいま”を素直に表現するロック・サウンド──7年ぶり新アルバム『2020 TOKYO』

tacica、15周年イヤーに放つ決意に満ちた新作「aranami」

tacica、15周年イヤーに放つ決意に満ちた新作「aranami」

《神宿連載 第15回》初のユニット曲「Erasor」から考える“自分を変えること”

《神宿連載 第15回》初のユニット曲「Erasor」から考える“自分を変えること”

デビュー1周年目前! かみやどメンバー・インタヴュー

デビュー1周年目前! かみやどメンバー・インタヴュー

ちっちゃな気持ちに爆音で応える―BALLOND’ORが進む理想の世界への旅路

ちっちゃな気持ちに爆音で応える―BALLOND’ORが進む理想の世界への旅路

《神宿連載》“在ルモノシラズ”の歌詞の世界を徹底解剖! 塩見きらインタヴュー

《神宿連載》“在ルモノシラズ”の歌詞の世界を徹底解剖! 塩見きらインタヴュー

FINLANDS「まどか / HEAT」──自ら考えて選んでいくことの尊さ、気力を

FINLANDS「まどか / HEAT」──自ら考えて選んでいくことの尊さ、気力を

PARIS on the City!、4人のアンサンブルを追求した新作

PARIS on the City!、4人のアンサンブルを追求した新作

マル秘エピソードも!? 6年目の神宿事情──新曲“在ルモノシラズ”先行配信開始

マル秘エピソードも!? 6年目の神宿事情──新曲“在ルモノシラズ”先行配信開始

ジオラマラジオ、“インディーからのヌーヴェルヴァーグ”を無防備なポップスで

ジオラマラジオ、“インディーからのヌーヴェルヴァーグ”を無防備なポップスで

突然変異のポップ・ミュージック──岡村詩野が改めて考える「aiko論」

突然変異のポップ・ミュージック──岡村詩野が改めて考える「aiko論」

REVIEWS : 002 海外インディ(2020年3月)──井草七海

REVIEWS : 002 海外インディ(2020年3月)──井草七海

僕たちの音楽を聴いて最高の気持ちになってほしい──Jurassic Boys

僕たちの音楽を聴いて最高の気持ちになってほしい──Jurassic Boys

鳴り響いたリベンジの賛歌──Devil ANTHEM.ライヴ・レポート

鳴り響いたリベンジの賛歌──Devil ANTHEM.ライヴ・レポート

羊文学はあなたの「居場所」に──塩塚モエカ 単独インタヴュー

羊文学はあなたの「居場所」に──塩塚モエカ 単独インタヴュー

伊藤祐樹(THE FULL TEENZ) × ムツムロ アキラ(ハンブレッダーズ) 同級生対談

伊藤祐樹(THE FULL TEENZ) × ムツムロ アキラ(ハンブレッダーズ) 同級生対談

【音楽ライター講座番外編】岡村詩野が鋭く迫る2019年のカネコアヤノ躍進のワケ

【音楽ライター講座番外編】岡村詩野が鋭く迫る2019年のカネコアヤノ躍進のワケ

魂を震わせる裸のロックンロール!!! 突然少年、3人の先輩と作る新作リリース

魂を震わせる裸のロックンロール!!! 突然少年、3人の先輩と作る新作リリース

sleepy.ab、7年の眠りからの目覚め──第3期のはじまりを告げる『fractal』

sleepy.ab、7年の眠りからの目覚め──第3期のはじまりを告げる『fractal』

きっかけは香港にあった便所の落書き──ヘルシンキ、新作をリリース

きっかけは香港にあった便所の落書き──ヘルシンキ、新作をリリース

DÉ DÉ MOUSE、2020年は平和の音楽としてのダンス・ミュージックで遊ぶ!

DÉ DÉ MOUSE、2020年は平和の音楽としてのダンス・ミュージックで遊ぶ!

大型ルーキーが全国へ! ──〈週末アイドル部〉発の三匹組、黒猫は星と踊る

大型ルーキーが全国へ! ──〈週末アイドル部〉発の三匹組、黒猫は星と踊る

草野球とバンドは同じ?──ピュアにマイペースにグッド・メロディを作り出す家主

草野球とバンドは同じ?──ピュアにマイペースにグッド・メロディを作り出す家主

“生きててよかった!”──つるうちはな、『サルベージ』レコ発で叫んだ人間賛歌

“生きててよかった!”──つるうちはな、『サルベージ』レコ発で叫んだ人間賛歌

佐藤健一郎(Ba)に訊く、バンドの過去といま──teto新アルバム特集第2弾

佐藤健一郎(Ba)に訊く、バンドの過去といま──teto新アルバム特集第2弾

エレキュート・アイドル“my♪ラビッツ”、ソロとしての第一歩を踏み出す初シングル

エレキュート・アイドル“my♪ラビッツ”、ソロとしての第一歩を踏み出す初シングル

岡山ローカル・アイドルの先駆け的存在“S-Qty”、第3期が始動!!

岡山ローカル・アイドルの先駆け的存在“S-Qty”、第3期が始動!!

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

いまArtTheaterGuildに訪れている変化──オリジナリティに向き合う新作

いまArtTheaterGuildに訪れている変化──オリジナリティに向き合う新作

崎山蒼志、新世代アーティストたちと作る2ndアルバム『並む踊り』

崎山蒼志、新世代アーティストたちと作る2ndアルバム『並む踊り』

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

落とし込むUSのトレンド、提示する新しい色──the chef cooks me『Feeling』

落とし込むUSのトレンド、提示する新しい色──the chef cooks me『Feeling』

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

みなさまに感謝を込めてOTOTOY10周年キャンペーン実施中!

みなさまに感謝を込めてOTOTOY10周年キャンペーン実施中!

【開催直前鼎談】 今年の〈ボロフェスタ〉は自身の感性を信じて踊れ!

【開催直前鼎談】 今年の〈ボロフェスタ〉は自身の感性を信じて踊れ!

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

JYOCHO、新作『綺麗な三角、朝日にんげん』で切り開く第2章

JYOCHO、新作『綺麗な三角、朝日にんげん』で切り開く第2章

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

今年のフジロックではなにが起こっていた?!──〈フジロック 2019〉

今年のフジロックではなにが起こっていた?!──〈フジロック 2019〉

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

TOP