2020/03/02 18:00

こだま和文 x 高橋一(思い出野郎Aチーム)──特別対談:日々の生活、そして音楽

高橋一(思い出野郎Aチーム)とこだま和文

この国のダブのオリジネイターにして、ミュート・ビートやソロ、プロデューサー、そして現在では“THE DUB STATION BAND”を中心とした活動を続けるこだま和文。そしてメッセージ性とポップスとしての力強さを兼ね備えた、唯一無二のファンク・グルーヴを紡ぎ出す、思い出野郎Aチーム。この2アーティストの対談を組んでみようと思ったの昨年末のことだ。2019年後半に入ってリリースされた、それぞれの作品がどこか同じ響きを根底で持っていることを感じたときだった。詳しくは後述するが、ともかく彼らを引き合わせた記事を作ってみたい…… 本稿はそんな編集部の思いが結実したものだ。相も変わらず世の中は混乱している、でも音楽を聴き続ける、そして音楽を作り、演奏し続ける人たちがいる、日々の暮らしを送るために。

取材・文 : 河村祐介
写真 : 小原泰広

LPリリースも2020年初夏に決定!本格始動14年目にして初のオリジナル・フル・アルバム


結成10周年を経てたどり着いた、日々の生活を歌う芳醇なグルーヴ

KODAMA AND THE DUB STATION BANDワンマン・ライヴ、3月3日開催
「かすかなきぼうMarch」
2020年3月3日
OPEN 7PM / START 8PM
@渋谷CLUB QUATTRO
出演 : KODAMA AND THE DUB STATION BAND
こだま和文(Trumpet, Vo)、ARIWA(Trombone, Vo)、HAKASE-SUN(Keyboard)、AKIHIRO(Guitar)、コウチ(Bass)、森俊也(Drums)
前売:4000YEN+1DRINK / 当日:4500YEN+1DRINK
前売り、当日券ともに詳しい情報は下記バンド公式WEBまで
https://dubstationband.weebly.com/

対談 : こだま和文 x 高橋一(思い出野郎Aチーム)

話は年末に遡る、2019年に後半に最も聴いた邦楽のアルバムはダントツで、KODAMA AND THE DUB STATION BAND『かすかな きぼう』、そして思い出野郎Aチーム『Share the Light』だった。前者は、日々の生活の力強さ、その根底にあるグルーヴをそのままスカ、ロックステディ、ルーツ・ロック・レゲエのリディムへと描き直し、こだま和文のトランペット、そして新たに加入したアリワのトロンボーンとのアンサンブルが生活の営みを時に鼓舞し、ときに癒やす、そんなアルバムだった。そしてかたや『Share the Light』は、彼らしい言葉使いと、豊かなファンク~R&Bサウンドで日常の楽しみをひとつの光源としながら、不寛容と不正に「やられている」、この浮世で生きる人々をエンパワメントするそんな作品だった。前者のタイトルにおける「きぼう」、そして後者の「the Light」は僕にとって、別の表現でいながらどこか、この日常を力強く生きるためのヒントとして共鳴しているように聞こえたのだ。と、そんな話をとある現場で会った思い出野郎Aチーム、高橋一にしたところ、彼らは他のメンバー含めて、こだま和文の大ファンだという。自分が抱いた感感は、妄想ではなく、これは音楽から生まれる必然だったと言えるのではないだろうか、このふたつのアーティストを引き合わせた記事を作ってみたい…… その気持ちはより強くなった。思えばリリースから数ヶ月前、七夕の下北沢〈シェルター〉にて行われて主催イベント〈ウルトラソウルピクニック〉にて、KODAMA AND THE DUB STATION BANDを招いている。2019年末にリリースされた2枚のすばらしいアルバムの共鳴感もふくめて、そういえばトランペッターでもあるこのふたりに対談を申し込んだのだ、そして実現した。

311以降、意味が強まった音楽というのが、こだまさんの音楽だった

──マコイチ(高橋一)さんがこだまさんの音楽を最初に認識したのはいつでしょうか?

高橋一(以下、高橋) : 高校生のときですね。ミュート・ビートの4枚のアルバムが紙ジャケットで再発されて(『Flower』『Lover's Rock』『March』『Live』の2002年の再発)、同時にこだまさんと屋敷豪太さんのライヴ・アルバム(『Live (12.21.96)』)もリリースされたタイミングだったんです。そのときに店頭展開してあったのを見たときですね。当時、吹奏楽部でトランペットをやっていたのもあって、日本のトランペッターという情報と『Flower』のジャケット・デザインにひかれて買ったのが最初です。もちろんレゲエとかダブとか知らないし、当時、スカというえばスカコアが流行っていてそちらの方が先にイメージにあったので、『Flower』を聴いたときは衝撃的で。こだまさんのトランペットのトーンも、ものすごくオリジナリティを感じて、そこからずっと聴き続けてますね。その後でミュートの作品やソロも買い集めるようになって。他の思い出野郎Aチームのメンバーもこだまさんの音楽がとても好きなんですが、メンバーも自分も、こだまさんの音楽に向き合うということで言えば、ひとつ転機があったんです。それは2011年の東日本大震災。当時すでにバンドは結成していたんですが、まだ大学を卒業してすぐとかメンバーによってはまだ学生だった時期。あのとき音楽を作ったりすることの意味を問われるような瞬間があったと思うんですよ。

──続けていくのかどうなのかみたいなところまで踏み込んでいくアーティストもいらっしゃいましたね。

高橋 : そんななかで聴いていた音楽も311以降と以前で、その感じ方が変わってしまって。311以降、それまで聴いていた音楽でも、過去のノスタルジックなモノになってしまうのと、よりその強さや現代性を感じるようになった音楽に分かれていって。自分たちにとって後者の意味が強まった音楽というのが、こだまさんだったり、それこそじゃがたらだったり。そうした音楽がすごく響いて、より深く聴きこむようになったんですよ。それはバンドのメンバーが共有している感覚で。ちなみに、こだまさんたちを7月に呼んだ〈ソウルピクニック〉というイベントは、もともと僕らが〈TOKYO SOY SOURCE〉に憧れがあってスタートしたイベントなんですよ。世代的には、記事でしか読んだことのないイベントですが、似たジャンルではないアーティストが集まっていて、なれ合いでやっている感じもなくて。ストリート感もあって、でもどこか一貫した姿勢のアーティストたちが集まっていてという。当初は「都市生活者の夜」(じゃがたら『ニセ予言者ども』収録の曲名)というイベントにしようとかいう話もあったぐらいで。とにかく僕らは勝手にこだまさんにずっと影響を受けてきたんですよ。


その他、じゃがたらの過去作を一挙配信中

──そして昨年はその〈ウルトラソウルピクニック〉で念願の対バンを果たしたわけですね。

高橋 : なので、2012年にイベントをスタートしたときからこだまさんはずっと呼びたいアーティストだったんですよ。でも、こだまさんに対して思い出野郎Aチームが列ぶことができるのかという問題があって…… もちろんいまもそんな自信は全然ないんですけど、10周年でご褒美のようなブッキングとして。

こだま和文(以下、こだま) : 対バン以前に、〈TOYOTA ROCK FESTIVAL〉に出たときに、彼らはわざわざ自分たちの作品を持って、楽屋へ挨拶に尋ねてきていただいことがあったんです。そこから作品は聴いたりしていました。マコイチくんがいま話してくれた話、最初に僕の音楽を学生のときにピックアップしてくれたときの話、そして311を境に僕の音楽を別の受け止め方をしてくれているという話、さらには僕らを誘ってくれた。それは、とても良いイベントでした。その3つのことが、僕にとってはどれもとてもありがたい話です。僕はこれを聞けただけでも本当にうれしいです。

高橋 : いやいや(笑)。

本当に次々とうれしい話ばかりで、ありがとう

──せっかくなのでいろいろ話しましょう(笑)。昨年末にリリースされたそれぞれの2枚『かすかな きぼう』と『Share the Light』を愛聴するなかで、どうしてもどこかなにか共通する感覚を感じてしまって。

こだま : ありがとう。

──たしかマコイチさんは『ミュージック・マガジン』での個人チャートでも『かすかな きぼう』を上げられてましたよね。

高橋 : 本当、ことあるごとにこだまさんの作品は聴いていて。セカンド・アルバムには“マジック・ナンバー”という曲があるんですけど、「音楽は無力かもしれないけど、音楽は希望なんだ」というようなテーマの曲なんですが、これを作ったときに聴いていたのがこだまさんの『A Silent Prayer』なんですよ。歌詞を書くのに煮詰まってしまって、あのアルバムを聴きながら書いていました。今回のこだまさんのタイトルを見て「なにかつながれたかも」と勝手に思っていて。でもとにかく、ダブ・ステーション・バンドの現在のフル・アルバムを聴きたかったので、とにかくそれがうれしいですね。外に向いているような作品に思えて、復活した〈TOKYO SOY SOURCE〉のライヴなども観させていただいているんですが、ベテランの人が昔の音をやっているんじゃなくて、いまのフレッシュな音楽をやっているという感じがして。

こだま : 本当に次々とうれしい話ばかりで、ありがとう。ありがたいことですよ。作品を出したり、ライヴをやったりすることで気がついてくれる人たちがいるっていうことが一番のことなんですよ。

──こだまさんの音楽に対して具体的に影響を受けたというのはどこでしょうか?

高橋 : 僕は、歌詞も自分で書くんですけど課していることがひとつあるんです。そこで描かれている自分が生きている世界を物語化しないということ、別の言い方をすればドラマチックに自己演出しないということ。それはこだまさんの本からも影響を受けていて。あのなかには葛藤もありながら、生きていてそれを繰り返しているというような姿がある。それがインストの曲にも投影されている気がして。その部分がリアリティとして僕らには響いてるんじゃないかと思っていて。ドラマチックではない、日々の反復、そいういうものがすごく投影されている音楽だと思っていて。

こだま : 思い出野郎もCDを聴いたとき、ライヴの印象もとても強いバンドなんだけど、そこで感じたことは、いま僕の音楽についていまマコイチくんが語ってくれたこと、それが全く当てはまると思いますよ。

高橋 : ありがとうございます。

こだま : はじめにCDをもらったときは、「名前からしてファンキーなバンドなんだろう」というのは思っていたんですよ。でも実際はそうじゃないなにか、日々の感じがあって、過度な演出をしないというかさ。まさしくそいういうグループになっていると思う。

高橋 : 311以降、勝手にこだまさんの作品やなんかで思っていたことを、自分の作品に投影して作ってたので。本当に、世の中がハードになればなるほど、普通の生活を繰り返すことが奇跡的なこと。しかもそのなかで音楽をやれているというのはすばらしいというか。

こだま : 対バンのときに、思い出野郎Aチームのライヴで感じたことはね。なかなか出そうとしても出せない感覚ですよ。あの編制だと、それなりにタッチの強い演奏もするわけだけど、全体的に醸し出すものはいまの若い人たちの気持ちをどっかで救っていくような感覚。それは「優しさ」とか「温かさ」という言葉ともちょっと合わないんだけど、そういうなんとも言えない…… 穏やかさかな、工夫されたサウンド、そして曲のバラエティのなかで全体的に醸し出しているものがある。これはね、言葉で言うと軽くなってしまう。ライヴのときは、観客の方たちの間にも間違いなくそういうものを共有している感覚があった。

高橋 : こだまさんにそんな風に言ってもらえるのは、本当にうれしいですね。

こだま : いま「優しい」とか「温かい」という言葉はものすごく軽くなってしまっているだろ? これだけ大変な時代、思い出野郎のライヴに来る若い人たちにとって、自分の吸いたい空気を吸いに来ているような、そんな感覚をリスナーとバンドの間に感じたんだよね。これを出せる音楽というのはなかなかないだろうなと思っていて。

自由を阻む存在は、本当にどんどんより強くなっていると思うので

──ちょっと話をかわりますが、個人的には『かすかなきぼう』の“きぼう”、『Share The Light』の“Light”の部分はひとつ突き詰めると、僕には“自由”という言葉が浮かびあがってくるんですが、「自由」と言ったときに浮かぶものはなんでしょう。

こだま : 自由とはなにかというと、すごく大きな話になってしまうけど、やっぱりいまは「自由にさせないものはなにか?」と考えるのがいいと思うんだよね。端的に言えばそれは例えば、差別とか政治の不具合とか。そんなことを思えば、自由であること、というのが見えてくる。

高橋 : そうですね。

こだま : あっけらかんと楽しいことばっかりにつながりそうなニュアンスもあるけど、決してそれだけではないしね。厳しい状況にあるなかで、そこから悪影響を受けずに自分の暮らしや音楽をキープする、そこには金銭面もあると思う。それはひとそれぞれですよね。そういえば僕のTwitterアカウントのプロフィール欄には「くらべない」ということが書いてある。それは自分にとって大事な言葉なんですよ。差別でも人のことを妬んでしまったりというのは、くらべるから出てくるんですよね。「くらべる」ことのないくらし、それが僕にとって自由のひとつだと思いますね。

高橋 : 自由を阻む存在は、本当にどんどんより強くなっていると思うので。

こだま : 子供のときに「これは不自由だな」と思ったこと。例えば、何十年も前から、「これはおかしい、こんなものは長く続かないだろう」という校則がある。でもそれが無くなるどころか…… という話だよ。得体の知れない嫌なものが、そこかしこにあるんですよ。もちろん、長い歴史を考えれば人間とは、ずっとそういう存在だという風に考えることもできるんだけど。でも、いまは白い紙と黒い紙とがあってだよ、自分が白い紙だと思っていたものを「黒だ」って言われちゃうような世の中なんですよ。そのわからなさ、怖さを日々感じるわけですよ。

高橋 : そういうものに脅かされないように日々を暮らして、音楽をやっていくというのがカウンターになってしまうという。たとえばこだまさんがTwitterで料理を上げることが、ある人にとってみればひとつ心が軽くなるような救いになったりということはあると思いますね。ミュート・ビートの頃から、例えば原子力だったり、差別だったり、戦争だったり、そういうことに対して異を唱えてこだまさんは音楽をやられていたというイメージがああります。当時はバブルで、世の中的には裕福だった。そのなかで当時の時代の日本の音楽にはそういうことをおくびにも出さない音楽もあったと思うんですけど、僕らは後から聴いて、そういう音楽ではなくこだまさんやじゃがたらのような音楽に惹きつけられました。で、厳しい時代になるなかで、ある意味で当時の音楽がいまリヴァイヴァルしていると思うんですけど、差別みたいなことに対してあまりにも無自覚な音楽が多くて。もちろんそういう音楽があること自体は良いんですが。そういうメッセージがありながら、圧倒的に踊れる音楽というのが僕は好きなんです。

──例えば「それはかつてあって」という曲で、思い出野郎Aチームは関東大震災直後の在日コリアンの方たちへの虐殺事件を、ある種、自分も同じところで生活する地続きのできごとして歌ってます。でもちゃんとある種のポップ・ミュージックとして成立もしている。そういうところではないかなと。歴史と日常が地続きだということ。

生活に「祈り」と「救い」を、そして最高のグルーヴでパーティを続けよう──思い出野郎Aチームの新作がすごい

こだま : 本当にそうだよね。何年経っても、何年生きてきてもとんでもないもの、自由を脅かすものがすぐ隣にあるんだよ。そこでどう生きていくのかという。僕らは音楽を人に聴いていただくというのが日々の基盤になっているわけだけど、例えば他にも絵を描く、文章を書くという表現をするというのがものすごく厳しい時代になってしまったわけですよね。大工さん、水道工事のかた、畑を耕したりと、なにか自分のことをアピールするような仕事ではなく地に足が着いた職業で日々を過ごしていけているならば……それはそれで大変なことだと思いますよ。でも、僕はそれをしてこなかった。よりにもよって音楽ですからね。しかも何人かの人間が集まって、リハーサルをして、しんどい思いをして作り上げて、それに対してお金を払ってくれるひとたちがいて成り立っていくという。音楽で成り立っているというのが、正直もうなにかわからないんだよね。

高橋 : いやいや(苦笑)。

こだま : そのなかで自分のことはいつも矛盾している存在だと思っていて。表現ということで言えば過度な演出はしないという話。それは思い出野郎Aチームにもあるけど、僕も心がけてきたことだよ。ところがさ、聴いて欲しいんだ。

高橋 : たしかに。

こだま : 「今日は良かったです」ってやっぱり言われたいし、それと同じことがTwitterなんかにも言えていてさ。なにも自分の食い物を写真に出すことはないと思うんだよ、料理研究家なら別だけどさ。そういうことをやってしまうという。311の震災以降で言葉を亡くしていった自分もいながら、同時に「僕はこうなんです」ってわかって欲しいというのがつきまとう、その矛盾もあるんですよ。坦々と自由に、日々の暮らしをできたらいいんですけどね。そういうはわけにはいかないんだよな、それは音楽やってるからだと思う。でもそこにはメンバーもいてくれて、メンバーは大きいよ。

自分がやる音楽のいちばんのリスナーはメンバーなんだよ

高橋 : メンバーは大事ですね。こだまさんはバンドとソロというのは明確に頭のなかで分けて曲を作るんですか?

こだま : それはどちらも僕自身だから、生み出すものは変わらないと思う。絶対的に違うのはメンバーがいま6人いて、集まって音を出しているということなんですよ。ある日僕らは集まって、自分がやりたい音楽をやるために集まるという。それはものすごく大きいことだと思います。これまで僕はメンバーと呼べる人間を亡くしてきたことも大きいですね。続けていけばいくほど、見送った人もいっぱいいて。そうすると、一緒に音を出せるというのは厳しいけど、ありがてえなと思いますよ。それもまた日々のうち。それにしても思い出野郎は人数いるから大変だよな。でも、そこは恵まれた状況にあるよな。

高橋 : 大所帯でフル・バンドでできるというのはありがたいですね。

こだま : 僕はつねに思うんだけど、自分がやる音楽のいちばんのリスナーはメンバーなんだよ。お客さんはゼロでも、徹底的に聴いてくれている。そこからはじまっていくということを考えれば、これはすごいことなんですよ。

高橋 : いま、メンバーにデモを送るのがリリースよりもドキドキするかもしれない。

こだま : それはあるね。嫌われたくないなんて思ったりするよね。その逆もあるしね、「これはわからないかな…… 新しい俺なんだけど伝わるかな」という。

高橋 : こだまさんでもあるんですね、そういうこと。

こだま : もちろんあるよ。そういえば、最近、僕らのバンドを見てて思ったことがあって、このバンドは口数が少ないんですよ。ここ何回かリハーサルでドラマーの森俊也と挨拶だけはじめにして、その後、会話せずにリハーサルが終わってということがあって。その日、夜中になって思い出して「そういえば森俊と今日なにも話さなかったな」って。でもそれは音を一緒に出してるから、話さなくてもいいんだよね。それが音楽なのかなって思うよ。

高橋 : 家に帰るまで気づかないくらい、ちゃんと音を出すというコミュニケーションをしているからということですよね。

こだま : シンプルですよね。

高橋 : でもやっぱりダブ・ステーション・バンドは手練れ集団なんで、特にそうなりそうですよね。僕らはすごいしゃべりますね。「ここ違う、あそこが違う」みたいなことは絶えずやっていて。

こだま : それはそれでいいですよ。

こだまさんの音色って、どういう会場で聴いてもわかる、唯一無二の音

高橋 : 僕もトランペッターなんで気になるんですけど、いままでこだまさんがあまりトランペッターとしてインタヴューされている記事がないなと気づいて。ひとつ訊いてみたかったことなんですが、こだまさんの音色って、どういう会場で聴いてもわかる、唯一無二の音だと思っています。こだまさんのなかで音のイメージがあって、その音になるように練習してきたのか、それともいまの音に自然になったのかどっちなのかすごく気になっていて。

こだま : いろいろな音楽をやってきたなかで、楽器はずっとトランペットで。自分のトランペットの音ということよりも、結局レゲエを知ったことが大きいと思う。オーガスタス・パブロ(編注)の鍵盤ハーモニカとか、そういったものの影響、そこから自然にこの音に落ち着いたんだと思いますよ。あとはさまざまな形で、自分の音楽を人が聴いてくれるようになって、いまみたいになにかを自分の音楽に対して言ってくれることが出てきた、それで「俺はそういう音を出しているのか」と客観的に意識するようになっていってというのはあります。でも、やっぱりそれ以前に聴いてきた音楽に、いまの自分の音につながる要素があったんですよ。それはマイルスもあるし。例えばマイルスが「ビブラートはかけるな」という言葉があって、それを心に留めていた。その後、パブロの音源なんかにも出会うわけだけど、まさしくそれを裏付けるような演奏に出会うわけだよ。例えばジャマイカンのミュージシャンの音はことごとくストレートでなんの演出もない。そういうものが寄せ集まって、自分の出せる音になったのかなと。

編注 : オーガスタス・パブロ (Augustus Pablo)
主にルーツ・レゲエで活躍した鍵盤ハーモニカの奏者。ジャマイカで、1960年代末から活動を開始。音楽教育用の“教材”であった鍵盤ハーモニカをひとつ“楽器”として昇華させた。哀愁を帯びたメランコリックな鍵盤ハーモニカから生み出されるメロディは、そのキャリアの開始と同時期に勃興しはじめたルーツ・ロック・レゲエと融合し“ファー・イースト・サウンド”と呼ばれる独自のサウンドを生み出した。また1970年代初頭より、自身のプロダクションにキング・タビーのダブ・ミックスを積極的に取り入れている。代表作にしてルーツ・ダブのクラシック中のクラシック『King Tubbys Meets Rockers Uptown』がある。1999年5月18日没。(河)


高橋 : 楽器はずっとシルキー(Schilke)ですよね。

こだま : そうですね。シルキーになる前は、中学生時代にお袋が買ってくれたヤマハの楽器をずっと使ってたんだよ。

高橋 : 著書で読みましたよ、新聞配達のくだりを。

こだま : そうそう。それを使っていて、いまの楽器になったんですね。これは「音楽で生きていこう」と決めたきっかけかもしれないな。当時、無理してお金をかき集めて買ったものでもあるから。

高橋 : いつみても綺麗な楽器ですね。僕みたいなトランペットやってる人間には憧れでもある。本当にトランペッターとしてのこだまさんの記事、あまり読んだことがなかったので。

こだま : そういうところから弾かれてるんじゃないかな。でも、そうやって捉えられないというのが僕も半ば望んでいたところはあるよ。たまたま手にしてまったツールという感じもあるんだよね。ギターもベースもドラムも本当は好きだし。

高橋 : でも本当にこだまさんにとってトランペットは声なんだなと、いまのお話を聞いて思いました。音色で「これはこだまさん」みたいに判別できるようなトランペットは、本当に日本で数えるほどしかいないと思うんですよ。

こだま : でも僕は不器用なんだよ。あるとき開き直って、不器用なままでそれはそれで良しとしようと決めたからね。だからこそやってこられたとは思うんですよ。また自由みたいなところと重なるけど、僕はトランペッターとか、そういう世の中の固定概念、それが嫌だったんだ。鍵盤ハーモニカを演奏していたパブロ、自分にはたまたまトランペットだったという、その程度のことなんだと思います。

高橋 : レゲエとかダブで、トランペットがメインになる感じのインストってあまりないですよね。

──たしかにトロンボーンとサックス・プレイヤーは結構インストのアルバム出してるイメージありますが、あまりないですよね。

高橋 : パブロの前に鍵盤ハーモニカをレゲエで使ってた人間がいなかったようのと同じ様なイメージかも。

こだま : レゲエのシンガーたちの歌も含めて、とにかく僕はレゲエとの出会いが表現をする上ではとにかく大きかったんだな。ブラック・ミュージック全般に言えることではあるんだけど、やっぱりカリビアンはちょっと自分にとって特別なんだよ。それはずっと言い続けるよ。

強いて言えば嘘をつかないということだよ

高橋 : あとタイトルはどうやって決めてるのか気になります。インストというのもあるんですが、主題があってメロディを作るのか浮かんできたメロディを分析して後からタイトルをつけるのか。

こだま : タイトルはね、タイトルをつけなくてはいけないというところからつけてるんだな。

高橋 : ということは先に曲があって、タイトルをつけるんですね。

こだま : 1曲の作品になったからタイトルをつけようと。

高橋 : インストなのにすごく腑に落ちるタイトルが多くて。ミュート・ビートの頃から絶妙に曲のイメージが連動したタイトルになってると思ってて。

こだま : そう言ってくれたからあえて答えるとすると。タイトルは文字通りとても象徴的なものだよね。そこに対して自分のなかで決めていることがあって、パフォーマンスにも通じることなんだけど、アピールしない、過度に演出しない、嘘をつかないというのは絶対的にある。それは言葉を使うときの鉄則なんだよ。でも、少しはさ…… 音楽を聴いて欲しいからな…… この言葉で聴いて欲しいという欲がないわけじゃない、これもさっき言った矛盾なんだけど。強いて言えば嘘をつかないということだよ。

高橋 : そこに対してアートワークもやっぱり連動していて。今日も話のネタになるかと思って、持っているものを全部持ってきたんですけど。最初に買った『Flower』のジャケットは、引っ越すたびに壁に飾ってたせいでちょっと日焼けしちゃってるんですけど。あとあとレコード版も買いました。

こだま : ありがたいね。僕もこのジャケットはいまだに好きですよ。これを見てくだされば、こだまのなにかがわかるんですよ。不器用な部分というか。器用じゃなかったから、いまの自分があるのかな。

高橋 : こだまさんが出す作品に、こだまさんが見ている世界が反映されているんだと思います。僕らはそれに心を打たれるんだと思います。

RECOMMEND

こだま和文、思い出野郎Aチームの配信中の作品

ミュート・ビート過去作品




思い出野郎Aチーム過去作品




こだま和文参加の本邦最強ダブ・リディム・デュオの作品

こだま和文プロデュース、フィッシュマンズのデビュー・アルバム

PFOFILE

こだま和文(from DUB STATION)

1982年9月、ライブでダブを演奏する日本初のダブバンド「MUTE BEAT」結成。通算7枚のアルバムを発表。1990年からソロ活動を始める。
ファースト・ソロアルバム「QUIET REGGAE」から2003年発表の「A SILENT PRAYER」まで、映画音楽やベスト盤を含め通算8枚のアルバムを発表。
2005年にはKODAMA AND THE DUB STATION BANDとして「IN THE STUDIO」、2006年には「MORE」を発表している。
プロデューサーとしての活動では、FISHMANSの1stアルバム「チャッピー・ドント・クライ」等で知られる。また、DJ KRUSH、UA、EGO-WRAPPIN'、LEE PERRY、RICO RODRIGUES等、国内外のアーティストとの共演、共作曲も多い。
近年、DJ YABBY、KURANAKA a.k.a 1945、DJ GINZI等と共にサウンドシステム型のライブ活動を続けている。
2015年12月、KODAMA AND THE DUB STATION BANDを再始動。2019年現在のメンバーは、こだま和文(Trumpet)、ARIWA(Trombone,Vocal,Chorus)、HAKASE-SUN(Keyboards)、AKIHIRO(Guitar)、コウチ(Bass)、森俊也(Drums)と日本のダブ、レゲエシーンを代表するメンバーが揃っている。
2016年10月、KODAMA AND THE DUB STATION BANDが自らのレーベル「KURASHIレーベル」より、12inch アナログ『ひまわり』発売。2018年3月、同レーベルより、KODAMA AND THE DUB STATION BAND、CD『ひまわり / HIMAWARI-DUB』リリース。2018年2月、SILENT POETSのアルバム『dawn』に「Rain feat. こだま和文」収録。2018年4月、Kazufumi Kodama & Undefinedの10inch「New Culture Days」リリース。2019年11月、KODAMA AND THE DUB STATION BANDのオリジナル・フルアルバム『かすなかな きぼう』をリリース。
また水彩画、版画など、絵を描くアーティストでもある。
著書に「スティル エコー」(1993)、「ノート・その日その日」(1996)、「空をあおいで」(2010)。ロングインタビュー書籍「いつの日かダブトランペッターと呼ばれるようになった」(2014) がある。

こだま和文Twitter
https://twitter.com/Kazufumi_Kodama
こだま和文情報を発信する公式ブログ【echo-info】
https://echoinfo.exblog.jp/
KODAMA AND THE DUB STATION BAND公式
https://dubstationband.weebly.com/




思い出野郎Aチーム

メンバー
宮本直明(ナオアキさん / Key)、増田薫(マスダ / Sax)、岡島良樹(オカジ / Drums)、斎藤録音(サイトウくん / Guitar)、高橋一(マコイチ / Trumpet, Vocal)、山入端祥太(ヤマさん / Trombone)、長岡智顕(ナガオカ / Bass)、松下源(ゲンちゃん / Percussion) 

2009年の夏、多摩美術大学にて結成された8人組のソウルバンド。
2015年、mabanuaプロデュースによる1stアルバム「WEEKEND SOUL BAND」を、2017年に2ndアルバム「夜のすべて」、2018年には初のEP「楽しく暮らそう」をリリース。
そして2019年、待望の3rdアルバム「Share the Light」をリリース。
Negicco、lyrical school、NHKの子供番組「シャキーン!」への楽曲提供、ドラマ「デザイナー 渋井直人の休日」のオープニングテーマ担当や、キングオブコント2018王者のハナコの単独ライブにジングルと、エンディングテーマ「繋がったミュージック」を提供、メンバーそれぞれがDJ活動を行うなど、多岐にわたって精力的な活動をしている。

思い出野郎Aチーム Official Web
https://oyat.jp/

この記事の筆者
河村 祐介

1981年生まれ。ビヨンセとは1日違いで時差的に多分ほぼ一緒。渋谷区幡ヶ谷出身。2004年~2009年『remix』編集部で丁稚から編集者へ、LIQUIDROOM勤務やのらりくらりとふらふらとフリーを経て、2013年よりOTOTOY編集部所属、現在編集長。テクノあたりとダブステップあたり、ルーツ・レゲエ〜ダブあたり(そのあたりでライナーノーツなど多数)、その他では酒あたりと本あたり。

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.86 追悼:バニー・リー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.86 追悼:バニー・リー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.80 夏の終わりのギター・アンビエント

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.80 夏の終わりのギター・アンビエント

REVIEW : 電気グルーヴ「Set you Free」

REVIEW : 電気グルーヴ「Set you Free」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.69 祝・配信復活、ハイレゾで聴く電気グルーヴ・プレイリスト!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.69 祝・配信復活、ハイレゾで聴く電気グルーヴ・プレイリスト!

空間を生成するピアノと電子音、フィールドレコーディングの地図──原摩利彦『PASSION』

空間を生成するピアノと電子音、フィールドレコーディングの地図──原摩利彦『PASSION』

D.A.N.主催のストリーミング・ライヴ企画〈Supernature〉開催

D.A.N.主催のストリーミング・ライヴ企画〈Supernature〉開催

インディペンデントな音楽コミュニティーの支援団体〈SustAim〉とは?──発起人のひとり、starRoに訊く

インディペンデントな音楽コミュニティーの支援団体〈SustAim〉とは?──発起人のひとり、starRoに訊く

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.61 Music For Reading

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.61 Music For Reading

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.54 追悼:アンドリュー・ウェザオール

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.54 追悼:アンドリュー・ウェザオール

こだま和文 x 高橋一(思い出野郎Aチーム)──特別対談:日々の生活、そして音楽

こだま和文 x 高橋一(思い出野郎Aチーム)──特別対談:日々の生活、そして音楽

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.49 ダブ・マスター、内田直之の仕事

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.49 ダブ・マスター、内田直之の仕事

スペシャル・リポート : 憑在の音楽──日野浩志郎によるコンサート・ピース、GEIST@YCAM

スペシャル・リポート : 憑在の音楽──日野浩志郎によるコンサート・ピース、GEIST@YCAM

OTOTOY EDITOR'S CHOICE VOL.42 ベリアル──亡霊のごとき響くベース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE VOL.42 ベリアル──亡霊のごとき響くベース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.36 WARP30周年を10曲で振り返り

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.36 WARP30周年を10曲で振り返り

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.30 祝エイドリアン・シャーウッド来日、ON-U SOUND

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.30 祝エイドリアン・シャーウッド来日、ON-U SOUND

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.19 ドン・パ・ドンドン・パ! ドンスタッペ! エレクトロ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.19 ドン・パ・ドンドン・パ! ドンスタッペ! エレクトロ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.17 天才、リー・ペリーの軌跡

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.17 天才、リー・ペリーの軌跡

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.11 五月病対策!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.11 五月病対策!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.9 テイク・イット・イージー! ロックステディ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.9 テイク・イット・イージー! ロックステディ

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.5 春ねむい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.5 春ねむい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

この記事の編集者
河村 祐介

1981年生まれ。ビヨンセとは1日違いで時差的に多分ほぼ一緒。渋谷区幡ヶ谷出身。2004年~2009年『remix』編集部で丁稚から編集者へ、LIQUIDROOM勤務やのらりくらりとふらふらとフリーを経て、2013年よりOTOTOY編集部所属、現在編集長。テクノあたりとダブステップあたり、ルーツ・レゲエ〜ダブあたり(そのあたりでライナーノーツなど多数)、その他では酒あたりと本あたり。

下北沢〈BONUS TRACK〉、大浪漫商店で魯肉飯と音楽に出会う──オトトイ、行った

下北沢〈BONUS TRACK〉、大浪漫商店で魯肉飯と音楽に出会う──オトトイ、行った

ROVO、24年目のセルフ・タイトル・アルバム──ハイレゾ・ロスレス版独占配信

ROVO、24年目のセルフ・タイトル・アルバム──ハイレゾ・ロスレス版独占配信

mora qualitasで楽しむ、高音質ストリーミング〜ワイヤレス環境──高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第18回】

mora qualitasで楽しむ、高音質ストリーミング〜ワイヤレス環境──高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第18回】

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.76 - 2020 GUEST SPECIAL : NOOLIO'S CHOICE

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.76 - 2020 GUEST SPECIAL : NOOLIO'S CHOICE

ハッとするほど簡単に高音質──mora qualitas、ストリーミングでハイレゾ・ロスレス体験

ハッとするほど簡単に高音質──mora qualitas、ストリーミングでハイレゾ・ロスレス体験

REVIEWS : 004 エレクトロニック&アザーズ(2020年5・6月)──八木皓平

REVIEWS : 004 エレクトロニック&アザーズ(2020年5・6月)──八木皓平

空間を生成するピアノと電子音、フィールドレコーディングの地図──原摩利彦『PASSION』

空間を生成するピアノと電子音、フィールドレコーディングの地図──原摩利彦『PASSION』

インディペンデントな音楽コミュニティーの支援団体〈SustAim〉とは?──発起人のひとり、starRoに訊く

インディペンデントな音楽コミュニティーの支援団体〈SustAim〉とは?──発起人のひとり、starRoに訊く

REVIEWS : 003 ジャズ(2020年4月)──柳樂光隆(Jazz The New Chapter)

REVIEWS : 003 ジャズ(2020年4月)──柳樂光隆(Jazz The New Chapter)

Gotch、3年ぶりのソロ・シングル・リリースへ

Gotch、3年ぶりのソロ・シングル・リリースへ

特別対談 : mora qualitas x OTOTOY ── 高音質を生活のなかに

特別対談 : mora qualitas x OTOTOY ── 高音質を生活のなかに

こだま和文 x 高橋一(思い出野郎Aチーム)──特別対談:日々の生活、そして音楽

こだま和文 x 高橋一(思い出野郎Aチーム)──特別対談:日々の生活、そして音楽

スペシャル・リポート : 憑在の音楽──日野浩志郎によるコンサート・ピース、GEIST@YCAM

スペシャル・リポート : 憑在の音楽──日野浩志郎によるコンサート・ピース、GEIST@YCAM

よりシンプルに、素直に──DATS、「Game Over」で新たなフィールドへ

よりシンプルに、素直に──DATS、「Game Over」で新たなフィールドへ

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

生活に「祈り」と「救い」を、そして最高のグルーヴでパーティを続けよう──思い出野郎Aチームの新作がすごい

生活に「祈り」と「救い」を、そして最高のグルーヴでパーティを続けよう──思い出野郎Aチームの新作がすごい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.26 - SUMMER SPECIAL「mitokon編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.26 - SUMMER SPECIAL「mitokon編」

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

細野晴臣、『はらいそ』(1978年)、『フィルハーモニー』(1982年)最新リマスタ版配信開始

細野晴臣、『はらいそ』(1978年)、『フィルハーモニー』(1982年)最新リマスタ版配信開始

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

気になるあの問題がついに決着!?──YOUR SONG IS GOOD、結成20周年記念作『Sessions』をリリース

気になるあの問題がついに決着!?──YOUR SONG IS GOOD、結成20周年記念作『Sessions』をリリース

YMOリマスタリング第4弾『浮気なぼくら』『サーヴィス』『アフター・サーヴィス (live 1983)』

YMOリマスタリング第4弾『浮気なぼくら』『サーヴィス』『アフター・サーヴィス (live 1983)』

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

2週間先行ハイレゾ配信──断絶と継承を経たインディーの美学、WOOMAN『A NAME』

2週間先行ハイレゾ配信──断絶と継承を経たインディーの美学、WOOMAN『A NAME』

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

【REVIEW】『Silence Will Speak』に見える、未来まで響く歪みと叫び

【REVIEW】『Silence Will Speak』に見える、未来まで響く歪みと叫び

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

ザ・なつやすみバンド、記念すべき10周年を彩る『映像』──新作を独占ボートラ付きハイレゾ配信

ザ・なつやすみバンド、記念すべき10周年を彩る『映像』──新作を独占ボートラ付きハイレゾ配信

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

蓮沼執太フィルの新作をハイレゾ配信

蓮沼執太フィルの新作をハイレゾ配信

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

TOP