2019/12/24 21:00

テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップがアイドル界を席巻する──カイ&SAKA-SAMA 対談

カイとSAKA-SAMA(左から、朝倉みずほ、寿々木ここね)

1980年代アイドルソングやテクノ歌謡のテイストにあふれた楽曲を中心に独自の歌の世界を展開してきたソロ・アイドル、カイ(ex. THERE THERE THERES、ex. BELLRING少女ハート)。そして、今年8月に寿々木ここねとサポート・メンバーの朝倉みずほ(現ATOMIC MINISTRY、ex. THERE THERE THERES、ex. BELLRING少女ハート)の2人での新体制での活動をスタートさせたローファイ・ドリームポップ・アイドル、SAKA-SAMA。トラッシュカルチャーマガジンTRASH-UP!!から生まれ、これまでBoris、おとといフライデー、ヨネコなどの作品もリリースしてきた音楽レーベル〈TRASH-UP!! RECORDS〉のレーベルメイトでもあり、3人でのユニット”お祭りトリオ”として活動する2組に、最近の活動の話からクリスマスの予定までざっくばらんに語ってもらいました。

カイ、ミニ・アルバム配信中!!!

SAKA-SAMA、3曲入りシングル配信中!!!

INTERVIEW : カイ&SAKA-SAMA

今回同時にリリースされたカイの『ペーパー・ダイヤモンド』とSAKA-SAMAの「空耳かもしれない」の2作は、どちらもポップなサウンドながらもどこか癖になる歌声で、一度聴いたら耳から離れなくなってしまった。インタヴュー中、最初は2組とも緊張していたが、時が進むにつれ笑顔も増えて自然な姿を見せてくれた彼女たち。取材の後行われたインストア・イベントでは、持ち前の明るさで観るもの全てをハッピーにしていた。唯一無二のこの空気感を皆さんにも体感してもらいたいと思う。

インタヴュー&文 : 西田 健
写真 : Miki Matsushima (カイ)
写真 : はたさちお (SAKA-SAMA)

指が5本ある!みたいなことでも、大爆笑してくれる

──12月7日に同時に新作がリリースされたということで、〈TRASH-UP!! RECORDS〉のレーベルメイトでもあるカイさんとSAKA-SAMAさんの2組にお話を伺ってみたいと思います。2組とも今年から今の体制に変わって結構経つと思うんですけど、感触はいかがですか?

寿々木:体制はガラッと変わったんですけど、今のふたりでやってる感じも楽しいです。

朝倉:楽しいです。ここねちゃんが何を言ってもたくさん笑ってくれる。

カイ:ここねちゃん、カイよりたくさん笑ってくれるよね。

朝倉:「見て! 指が5本ある!」みたいな意味のないことでも、大爆笑してくれるから楽しいです。

寿々木:どんなことでも笑っちゃいます。

SAKA-SAMA(左から、寿々木ここね、朝倉みずほ)

──2組とも仲良いんですね。

朝倉:仲は良いです。プライベートではまだ遊んだ事はないですけど、誰かが企画してくれたら行きます。

カイ:でも、みんな企画してくれるのを待つタイプだから、なかなか集まらない(笑)。

──SAKA-SAMAさんはライヴ中のMCはどんな感じでやるんですか?

朝倉:私はよく「よ!」とか「お!」とか合いの手をいれてます。

──サポート・メンバーとして、文字通り寿々木さんをサポートしてる感じなんですね。

朝倉:そう言ってもらったらかっこいいんですけど、あんまり喋れないから合いの手でごまかしてます(笑)。

カイ

──カイさんはMCの時はどうですか?

カイ:MCは難しいです。だから、あんまりしないです(笑)。

──ソロ以外の活動で”new fashion food”としてヨネコさんとふたりでの活動もされてますが、そちらの方はどうですか?

カイ:ひとりだと自分しかいないのでみんなが自分を見るけど、ふたりだと自分以外にもお客さんの目がいくからいいです。ふたりの活動も楽しいです。

SAKA-SAMA(朝倉みずほ)

──いろんなアイドルさんと一緒にライヴしたりイベントに出たりすると思うんですけど、仲良くなった方はいますか?

朝倉:私はSAKA-SAMAに入って、O’CHAWANZさんと仲良くなりました。対バンはそんなに多くないんですけど、会ったらキャッキャしてふざけてあってますね。

──地元が近いとかそういう事ではなくて?

朝倉:ないです(笑)。でも、一緒にいて居心地はいいです。

──カイさんは仲良くなった方はいますか?

朝倉:あ、当てる!!

カイ:うーん…… いない…… かな。

朝倉:いなかったかー(笑)。

鈴木慶一さんは優しくて物腰の柔らかい方

カイ

──いなかったかー(笑)。次に今回リリースされた『ペーパー・ダイヤモンド』について聞きます。カイさん的にはどの曲が一押しですか?

カイ:”ガス抜き記念日”です。曲調とかがすごい好きで、ライヴで歌っていても楽しい曲です。

──今回のミニ・アルバムをプロデュースされた鈴木慶一さんはどんな方でした?

カイ:優しくて物腰の柔らかい方でした。

──今回のミニ・アルバムは7インチレコードも出されるんですよね? レコードはよく聴かれるんですか?

カイ:レコードを買うのが好きなので、たくさん持っています。プレイヤーも家にあります。

──レコードは普段どういったものを聴かれるんですか?

カイ:いわゆるテクノ歌謡が好きです。特に好きなのはセイントフォーさん。今回、野宮真貴さんの”女ともだち”をカヴァーさせてもらったんですが、原曲も素敵な曲でした。

SAKA-SAMA

──SAKA-SAMAさんは今回のシングル「空耳かもしれない」で好きな曲ありますか?

朝倉:”わたしたちの地図”が好きです。この曲は元気になれます。曲調も歌詞もダンスも好きです。歌詞の〈自分の弱さの数だけ優しく〉というくだりが好きです。

寿々木:私は”空耳かもしれない”のふわふわした曲の感じが好きです。歌詞は〈特別な意味を見出さないでね〉というところが好きです。SNSでも私たちの言葉に意味は特にないのに、わざわざ意味を見出そうとする人がどうしてもいるので、この歌詞には共感しました。振り付けは3曲目の「おやすみジュディ」が気に入っています。

朝倉:”おやすみジュディ”のアウトロで、ジャンケンやけんけんぱの振りが入っているんですけど、かわいい振りなので、ライヴに来た際にはぜひ注目して欲しいです。

SAKA-SAMA”おやすみジュディ” MV
SAKA-SAMA”おやすみジュディ” MV

──カイさんはSAKA-SAMAの今回リリースされた3曲で好きな曲はありますか?

カイ:”空耳からもしれない”が好きです。自分でも歌ってみたい曲です。

朝倉:カイちゃんが覚えたら、いつかコラボしようねって言ってます。(笑)。

──逆にSAKA-SAMAのおふたりはカイさんの今回のミニ・アルバムで好きな曲はありますか?

朝倉:カイちゃんの声がすごく好きなので、基本的には全部好きなんですけど、4曲目の”アナクロノペテー”が特に好きです。

寿々木:全部好きだけど、私は”ペーパー・ダイヤモンド”がかわいいと思いました。

──もし、SAKA-SAMAのおふたりでカイさんの曲をカヴァーするとしたらどの曲ですか?

朝倉:5曲目の”POLLYANNA ( I BELIEVE IN YOU )”です。カイちゃんが英語で歌ってるのがおもしろかったので、私たちも英語詞に挑戦してみたい。

──英語は得意ですか?

朝倉:苦手です(笑)。

やれる曲数も増えてきたのでワンマン・ライヴもやりたい

──12月25日には、この2組で“お祭りトリオ”としてクリスマス・イベントにご出演されるそうですが、お祭りトリオという名前はどなたが言い出したんですか??

お祭りトリオ”TRASH-UP!!音頭” MV
お祭りトリオ”TRASH-UP!!音頭” MV

朝倉:カイちゃんが言いはじめたような気がします。

カイ:〈TRASH-UP!!〉の「お祭り」で、「3人」だからトリオ(笑)。

──クリスマス時期ですが、やってみたい企画はありますか。

カイ:クリスマスの時期なのでお菓子を食べる企画(笑)。

寿々木:サンタさんのコスプレやってみたいです。トナカイでもいいです(笑)。

朝倉:ケーキを食べたい。チキンも食べたい(笑)。この取材をしているいまの時点ではなにも決まってないから、何をやろうか3人でわくわくしながら考えているところです。

──クリスマスに欲しいものはありますか?

朝倉:スーパーとかで売ってるお菓子がたくさんが入った長靴が欲しいです。あれにずっと憧れていました。

寿々木:私はお酒が欲しいです。お酒で1番好きなのはハイボール。意外に思われるかもしれませんが、よく強いって言われます。

SAKA-SAMA(寿々木ここね)

──みんなでお酒飲みに行ったりはしますか?

朝倉:ライヴが終わったあと、打ち上げの時にちょっとだけ飲むくらいです。でも、みんなでプライベートでも行ってみたいと思っています。

カイ:誰かが企画してくれたら(笑)。

──これからはどんな活動をしていきたいですか?

朝倉:まずは、お客さんに「ライヴがよかった」って思われるように頑張りたいです。やれる曲数も増えてきたのでワンマン・ライヴもやりたい。お客さんが立ってる方がやりやすいので、スタンディングのライヴハウスがいいですね。

カイ:私もワンマンをやりたいです。あと遠征でいろんなところにも行ってみたいです。

カイ

──ツアーで行ってみたいところはありますか?

カイ:前に行った時楽しかったので、北海道にまた行きたいです。ジンギスカンとかお寿司、じゃがいもも美味しい。ご飯のことばっかり(笑)。

朝倉:私も北海道行って、顔を雪に埋めたりしてみたいです。あとは、みんなで浅草の花やしきに行ってライヴもしてみたいです。

寿々木:私は広島に行ってお好み焼きが食べたいです。

──この時期は牡蠣もおいしいですよね。

寿々木:牡蠣は苦手なので(笑)。他にはうどんが好きなので香川に行きたいです。

──みんな食べ物のことばっかり(笑)。でもいろいろと楽しみですね。最後に今後のスケジュールを教えてください。

朝倉:2月と3月に生誕祭ライヴがあるので、みんなに祝われたいです。カイちゃんの歌で〈愛してるわあなただけ〉って歌詞があるんですけど、私の生誕の時に〈愛してるわみずほだけ〉に変えて歌ってほしいです。

カイ:いやです(笑)。

SAKA-SAMA

編集 : 西田健

『ペーパー・ダイヤモンド』のご購入はこちらから


『空耳かもしれない』のご購入はこちらから


カイ&SAKA-SAMA過去作もチェック!

新→古

SAKA-SAMA、前体制での特集ページはこちら

“Lo-Fiドリームポップ・アイドル”SAKA-SAMA、渋谷TSUTAYA O-nestにて開催した初のワンマン・ライヴの模様をハイレゾにて独占配信!

『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー

TRASH-UP!! RECORDSがプロデュースするLo-Fiドリームポップ・アイドル、SAKA-SAMA初インタヴュー&新メンバー募集

LIVE SCHEDULE

〈お祭りトリオのクリスマス〉

2019/12/25日(水)
会場 : 吉祥寺NEPO
出演 : お祭りトリオ
時間 : OPEN 19:30 START 20:00
チケット : ¥1,500円(+D代) / door ¥2000円(+D代)

【詳しいライヴ情報はこちら】
カイ
http://all-kai.com/#schedule

SAKA-SAMA
http://www.trash-up.com/sakasama/#schedule

PROFILE

カイ

1997年2月5日東京生まれ。2013年BELLRING少女ハートに加入、アイドル活動を開始。共演がきっかけで結成した、石川浩司、宇佐蔵べに(avandoned)とのユニット「えんがわ」でもシングルリリースとライヴ出演も果たす。THERE THERE THERESでの活動を経て、2019年4月からソロアイドルとして活動中。

【カイ公式HP】
http://all-kai.com/
【カイ公式ツイッター】
https://twitter.com/all_kai_info

SAKA-SAMA

〈TRASH-UP!! RECORDS〉がプロデュースする初のアイドル・グループとして“Lo-Fiドリームポップアイドル”をコンセプトに、2016年12月に結成。現在は寿々木ここねとサポートメンバーにATOMIC MINISTRYとしても活動している朝倉みずほ(ex There There Theres)の2人体制で活動中。

【SAKA-SAMA公式HP】
http://www.trash-up.com/sakasama/
【SAKA-SAMA公式ツイッター】
https://twitter.com/sakasama_info

この記事の筆者
西田 健

1990年生まれ。熊本出身の九州男児。2019年までイベント業界で働きながら、福岡親不孝通りにてJ-POP、アニソンのDJ活動を行う。その後上京し、OTOTOY編集部にてアイドル、アニメ関連を中心に担当。映画、深夜ラジオが好き。

O'CHAWANZ、ゲストの魅力をラップで引き出す『コラボ』アルバム

O'CHAWANZ、ゲストの魅力をラップで引き出す『コラボ』アルバム

勇気を出して踏み出して──MyDearDarlin’インタヴュー後編

勇気を出して踏み出して──MyDearDarlin’インタヴュー後編

これから出会うあなたへ──MyDearDarlin’インタヴュー前編

これから出会うあなたへ──MyDearDarlin’インタヴュー前編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84 30歳

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84 30歳

4人組楽曲派アイドルグループ、EMOE─『Negative』のなかに光を見出す

4人組楽曲派アイドルグループ、EMOE─『Negative』のなかに光を見出す

いま話題の音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉、ロスレス配信中!

いま話題の音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉、ロスレス配信中!

KAQRIYOTERROR×作詞家・GESSHI類 対談

KAQRIYOTERROR×作詞家・GESSHI類 対談

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

この記事の編集者
西田 健

1990年生まれ。熊本出身の九州男児。2019年までイベント業界で働きながら、福岡親不孝通りにてJ-POP、アニソンのDJ活動を行う。その後上京し、OTOTOY編集部にてアイドル、アニメ関連を中心に担当。映画、深夜ラジオが好き。

【BiSH連載】Episod80 リンリン「次会えたらちゃんとハッピーになってほしい」

【BiSH連載】Episod80 リンリン「次会えたらちゃんとハッピーになってほしい」

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

【BiSH連載】Episode79 セントチヒロ・チッチ「いまは伝えたいことをちゃんと言葉にしたい」

【BiSH連載】Episode79 セントチヒロ・チッチ「いまは伝えたいことをちゃんと言葉にしたい」

感情を解放したパフォーマンスでフロアに熱狂を巻き起こす──リリスリバース、初のメンバー全員インタヴュー

感情を解放したパフォーマンスでフロアに熱狂を巻き起こす──リリスリバース、初のメンバー全員インタヴュー

古川未鈴(でんぱ組.inc)×ASUKA(meme tokyo.)スペシャル対談──遺伝子を渡して、受け継いで

古川未鈴(でんぱ組.inc)×ASUKA(meme tokyo.)スペシャル対談──遺伝子を渡して、受け継いで

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.78 - 2020 GUEST SPECIAL : yuzen's CHOICE

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.78 - 2020 GUEST SPECIAL : yuzen's CHOICE

井出ちよの(3776)、ソロ・アルバム『わたしの高校生活』

井出ちよの(3776)、ソロ・アルバム『わたしの高校生活』

PEDRO、セカンド・フル・アルバム『浪漫』最速インタビュー

PEDRO、セカンド・フル・アルバム『浪漫』最速インタビュー

ラップの魅力を伝えたい! ──「京まちなか映画祭」で開催されるラップ教室とは?

ラップの魅力を伝えたい! ──「京まちなか映画祭」で開催されるラップ教室とは?

大型新人アイドル・グループ、PIGGS爆誕!──ファースト・アルバム『HALLO PIGGS』

大型新人アイドル・グループ、PIGGS爆誕!──ファースト・アルバム『HALLO PIGGS』

B.O.L.T、1日のはじまりから終わりまで一緒に過ごせるファースト・アルバム「POP」

B.O.L.T、1日のはじまりから終わりまで一緒に過ごせるファースト・アルバム「POP」

【第三期BiS 連載vol.18】ネオ・トゥリーズの進化──終わってからもまたライヴがしたいと思えた

【第三期BiS 連載vol.18】ネオ・トゥリーズの進化──終わってからもまたライヴがしたいと思えた

【第三期BiS 連載vol.17】BiSよ、かっこよくあれ──強気のトギーは不安を弾く

【第三期BiS 連載vol.17】BiSよ、かっこよくあれ──強気のトギーは不安を弾く

天晴れ!原宿、新たなアンセム「約束の続き」

天晴れ!原宿、新たなアンセム「約束の続き」

【第三期BiS連載】Vol.16 どうせなら、くたばるくらいがいい──イトー・ムセンシティ部の渇望

【第三期BiS連載】Vol.16 どうせなら、くたばるくらいがいい──イトー・ムセンシティ部の渇望

【第三期BiS連載】Vol.15 研究員に全てを返す、燃ゆるチャントモンキー胸の内

【第三期BiS連載】Vol.15 研究員に全てを返す、燃ゆるチャントモンキー胸の内

3776、全てをさらけ出した即興ライヴ音源『即興曲集第二集』リリース

3776、全てをさらけ出した即興ライヴ音源『即興曲集第二集』リリース

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神のポップ・カルチャー 後編「映画関係者の思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神のポップ・カルチャー 後編「映画関係者の思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神のポップカルチャー 中編「クラブ・イベンターたちの思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神のポップカルチャー 中編「クラブ・イベンターたちの思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神カルチャー 前編「ラッパーたちの思い」

for the future―コロナ禍と向き合う京阪神カルチャー 前編「ラッパーたちの思い」

ラウドなロックでファンを沸かすアイドル、raymay──姉グループ、uijinから繋がれたバトン

ラウドなロックでファンを沸かすアイドル、raymay──姉グループ、uijinから繋がれたバトン

3776が紡いだ神話の世界を追体験できる──〈閏日神舞〉〜富士山神話 LINK MIX〜遂に音源化!

3776が紡いだ神話の世界を追体験できる──〈閏日神舞〉〜富士山神話 LINK MIX〜遂に音源化!

天晴れ!原宿、新章へ──充電期間で手に入れた新たな武器

天晴れ!原宿、新章へ──充電期間で手に入れた新たな武器

MOROHAの新たな挑戦──〈日程未定、開催確定 TOUR〉に込めた想い

MOROHAの新たな挑戦──〈日程未定、開催確定 TOUR〉に込めた想い

uijin解散後初インタヴュー──raymayへつなぐバトン

uijin解散後初インタヴュー──raymayへつなぐバトン

先週のオトトイ(2020年3月9日)

先週のオトトイ(2020年3月9日)

少女たちはなぜダブルハピネスを選んだのか──新メンバー初インタヴュー

少女たちはなぜダブルハピネスを選んだのか──新メンバー初インタヴュー

5年を経てたどり着いた自由──ONEPIXCEL、メジャー初AL『LIBRE』

5年を経てたどり着いた自由──ONEPIXCEL、メジャー初AL『LIBRE』

【REVIEW】アイナ・ジ・エンド『死にたい夜にかぎって』

【REVIEW】アイナ・ジ・エンド『死にたい夜にかぎって』

PEDRO、最新EP『衝動人間倶楽部』──アユニ・Dを突き動かす衝動の正体

PEDRO、最新EP『衝動人間倶楽部』──アユニ・Dを突き動かす衝動の正体

ダブルハピネス、現体制ラストEP『創造姉妹』

ダブルハピネス、現体制ラストEP『創造姉妹』

次は中国!?──プー・ルイが創る新たなアイドルの形──

次は中国!?──プー・ルイが創る新たなアイドルの形──

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

相思相愛には興味はない──DJ後藤まりこ、5年ぶりのソロ・フルアルバム

相思相愛には興味はない──DJ後藤まりこ、5年ぶりのソロ・フルアルバム

HAMIDASYSTEM、デヴュー半年でたどりついたダークな世界観

HAMIDASYSTEM、デヴュー半年でたどりついたダークな世界観

TOP