2019/12/14 18:00

よりシンプルに、素直に──DATS、「Game Over」で新たなフィールドへ

MONJOE(Vo/Syn)

DATS、2019年を締めくくりとなるシングル「Game Over」。初のアニメ・タイアップ・ソングとなった本作は、これまでの作品のなかでもダンス・ロック的なダイナミズムと疾走感に溢れ、ストレートに耳に入ってくる日本語詞の使い方も含めて新たな表現へとひとつ乗り出した作品といえるだろう。そこには、もちろん彼らしいエレクトロニックなサウンドもひとつのスパイスとして効いている。メジャー1stアルバム『Digital Analog Translation System』から約1年半ほどで、さまざまな経験を経て、2020年以降の広大フィールドへの、そのステップとなるようなそんな開けたサウンドでもある。OTOTOYでは、本作に関してMONJOEに話を訊いた。

TVアニメ『ノー・ガンズ・ライフ』のエンディング・テーマ


INTERVIEW : MONJOE(DATS)

DATSの1stシングル「Game Over」を聴いて、これを機に彼らの音楽がより多くの人に届くと思った。というのも、メロディやアレンジの秀逸さはさることながら、曲の展開や歌詞の構成など、随所にJポップの要素が垣間見られるからだ。なにより、これをDATSが作ったことがおもしろい。もしやMONJOEは“売れる音楽”というものを意識して作曲したのかと思った。でも、そういうわけではなかった。彼の口から出たのは「やってこなかったから、トライしただけです」という、ものすごく明快な答え。じゃあ、DATSがこれからやってみたいことはなにか?いまとこれからを聞いた。

インタヴュー&文 : 真貝聡
写真 : 小原泰広

一歩踏み込むことで新しい世界が広がる可能性もある

──MONJOEさんにお尋ねしたいことがありまして。

なんですか?(笑)。

──文章であれば、どうしてその記事が世間でウケたのか、僕なりに少しは言語化できるんですけど。音楽の場合は「なぜ、あの曲が売れたのか」を言葉で説明できるものですか。

でも、俺はバカヒットした曲を作ったことがないので。それをできるとは言えないですよ(笑)。

──大衆に“作品のウリがどこなのか”伝わる速度が速い作品こそが、売れるものの条件のひとつだと思ってて。そういう意味で「Game Over」は、DATSのなかでも特に魅力が伝わりやすい楽曲になっているんじゃないかと。

伝わるスピードが速いっていうのは、わかりやすいってことですよね。んー……どうなんですかね……わかんないっす。“世間に対しての伝わるスピード”というのは、いろいろな理由があって。例えばMVに有名人が出演しててとか、なにかのCMと連動してるとか、いまの世の中、伝わるスピードに関してはいろんな要因がある。俺は、単純に良い曲だったら伝わるスピードが遅くても、時間をかけて多くの人に届くと思いますけどね。逆に、スピードが速くても「これだけしか広まってない」とかありますし。必ずしもスピードが大事じゃない。そこはこれからの課題というか。今回はアニメ(『ノー・ガンズ・ライフ』)のタイアップという付加価値がありましたけどね。

──いやいや、CMとかの外的要因は関係なくて。楽曲単体として分かりやすく・カッコ良かったからこそ、今まで以上に届く気がしてて。

ああ、ありがとうございます。

──今回はアニメの書き下ろしなので普段と違う向き合い方だったと思うんですけど。まず、原作を読んでから作ったんですよね。

そうですね。単行本をいただいて、そこから自分の感じたイメージを曲に落とし込みました。

──それ以前は、漫画とかアニメを見て楽曲のヒントにされたことはありましたか。

映画はありましたけど、漫画はなかったですね。初めての取り組みだからこそ、作ってておもしろかったです。

──アニメの世界観とリンクさせるために、どんなことを意識されました?

漫画を読んで思い浮かんだのが、“自分の枠を超える”ということで。『ノー・ガンズ・ライフ』のストーリーは、人間と体の一部を機械化したエクステンド(拡張者)と呼ばれる者が共存している世界の話なんですね。主人公・乾十三も体を機械化してて、頭に大きなリボルバー(拳銃)がついているんです。当然、主人公の特殊能力っていうのが、頭についてる銃なんですけど。その引き金を引くのは自分ではできないんですよ。誰かに引き金を引いてもらえないと発動できない。その描写を読んだ時に、主人公自身も特殊能力を使うのが怖くて発動したがらないのもあるよなと思いました。自分の生活に置き換えると、普段自分が正しいと思っていることとか、見ている景色以外の世界に足を踏み入れるということってすごく勇気がいるじゃないですか。

──うんうん、わかります。

逆に言えば、そこを一歩踏み込むことで新しい世界が広がる可能性もある。俺は、そこを肯定的に捉えて歌詞を書きました。

──普段やらないことに挑戦しないと、自分の価値観は広がらないですよね。

そもそも自分が見ているものって、基本的には好きなもので埋め尽くされた世界ですからね。さっきのヒット曲じゃないけど、多くの人を意識する場合は「もっと広い世界を自分から見に行かないといけないな」って。俺は自分のバンドだけじゃなくて、他人のバンドの曲を作ることもあるので、そういうものは好き嫌いせずに社会勉強しないと。そっちの世界も知っておくべきだなと思いますね。

超えるためには、チャレンジしてこなかったことを形にするべきだなと

──「Game Over」を作られて、感じたことってありますか。

良い意味で「我ながらやっちゃったな」というのはあります。サウンドもそうですし、タイトルをそのままサビに持ってきた曲は作ってこなかったので。自分らに何らかのイメージを抱いている人が「Game Over」を聴いてどういうリアクションをするか、それは見てて面白かったですね。

──曲名をそのままサビにしたこと、曲の構成自体を今まで以上にシンプルにしたこと。新しい楽曲の取り組みをしたのはどうしてですか?

いままで築き上げてきた自分の枠というのは、自分自身が勝手に作っているものなんです。それを超えるためには、チャレンジしてこなかったことを形にするべきだなと思いました。

──ちなみにMONJOEさん自身は、アニメ音楽って聴かれてました?

まったく聴いてこなかったですね。そもそもアニメって、小学生の頃に『テニスの王子様』を観たまま止まっているので、アニメ音楽のカルチャーというのは全然わかってないです。強いて言えば『アキラ』の現代音楽は好きでしたけど、オープニングとかエンディングとか、アニメのカルチャーについては詳しくないっすね。

──漫画は読んでましたか?

数は全然読んでないんですけど、ジャンルで言えばスポ根がすごい好きで。先ほど話した『テニスの王子様』もそうだし『スラムダンク』『はじめの一歩』とか、ああいうスポーツ系の漫画は好きなんですよ。

──じゃあ、胸が熱くなるような内容が好きなんですかね。

好きかもしれないっすね。スポーツが基本的に好きで、中でもサッカーを観るのが大好きなんですよ。

──安直な考えなんですけど、スポ根が好きな人って音楽も熱くストレートなものになるのかなと思っていたんですよ。でもDATSはそうじゃないですもんね。

あぁ……まあいろんな人がいますからね。シンプルで分かりやすい言葉が好きな人もいれば、シンガロングが好きな人もいれば、小難しい人もいるんで(笑)。俺は、どのタイプのものも好きだから、バランスというかそのときの状況に応じて音楽を作ってます。

多くの人にリーチしたいからじゃなくて、単純に自分がトライしてみたかった

──もとから広いと思うんですけど、メジャー・デビューをして、さらにDATSは音楽の幅が広くなっている気がします。

多分、もともと広いんですよ。だけど「俺らは広いんだよ」ということを知ってほしい、というのがこの1、2年間は先走っていた気がしますね。もうやったし、いまは良いやって感じかな。「幅広いんだ、こいつ」って証明できたと思う。だってDATSとかyahyelのような音楽を作ったり、CMでの攻めた音楽を作ったり、楽曲提供でJポップの人たちに曲を作るとか。いろんな音楽が出来ることはわかってもらえたので。これからは、その時その時でカッコイイと思ったものを出していきたいなって、よりシンプルな考えになりましたね。

──DATSのインディーズ時代を振り返ると、英語の歌詞のみで楽曲を作ってきたじゃないですか。それがメジャーへ行って以降、日本語でも歌うようになった。

うんうん、そうっすね。

──日本で多くの人に音楽を届けるためには、日本語で歌うアプローチが大事だと思うし、そういう変化をしたバンドはたくさんいた。でも、以前インタヴューで大井一彌さんが「DATSもタイミング的にやってることは同じなんですけど、そこに至ったプロセスが他のバンドと違うんですよね」と言ってたじゃないですか。「Game Over」というわかりやすい歌モノの楽曲を作ったことで、もっとDATSは他のバンドと違うレールの上で進化していくんだろうと思いました。

思い返してみれば、この1、2年は音楽の幅を広げたいのがありました。今まで英詞だけで音楽を作ってきた俺らが、日本語の歌詞で曲を作ってみるというのは、すごく勇気のいることだった。どうして挑戦したのかと言ったら、多くの人にリーチしたいからじゃなくて、単純に自分がトライしてみたかったんです。なぜなら、日本語の方が英語よりも得意だから。本当にどシンプルな動機なんです。今は英語も日本語もやりたい時に使い分けられるので、選択肢が広がって良かったなと思います。音楽的にも電子音だけのものから、フィジカルなロック・サウンドだったり、いろいろとやりたいことをやってきた。今後やるとしたら……なんでしょうね。それはネタバレになっちゃうんで、次作でインタヴューしていただけたら、その時に話します。

──構想はあるんですか?

もう固まってますね。

──あの……ネタバレしない範囲で聞けます?コイツめちゃめちゃ食い下がるなって感じですけど。

じゃあ、ふわっとしたことを言うと……いままでは「こういう音楽をやりたい」というサウンドベースで、新しい楽曲に取り組んできました。だけど、今回は1つのキーワードというか、その言葉が持つイメージから曲を作ろうと。例えば「冬」というテーマがあったとして、歌詞に「冬」という単語を使わずとも「これは冬の曲っぽいな」という感覚って誰しもあるじゃないですか。そういうものをひたすら作り溜めて、ひとつの作品にパッケージする形を目指してます。もう作品1枚分くらい曲はできてて、歌詞もちょこちょこ進めてますね。

──改めて、MONJOEさんが考えるバンド観について聞きたいんですけど。1年前、『WOWOWぷらすと』で石毛輝さんと共演された時「yahyelは冷たい怒りとか、社会に対する問いかけや疑問をぶつけてる。DATSは喜びとか笑いとか愛がテーマです」と使いわけの話をしてましたよね。

そうですね。

──yahyelを抜けてDATSだけになった今、この両方を取り入れているんですか?

当時はDATSとyahyelの差異みたいなものを、もっとわかりやすく区別しようとする思いが強すぎたなって。その思いがノイズだったなと思いますね。もっと根本的な話をすると、DATSはソングライティングをしているのは俺だから、俺の生き様が投影されるべきで。DATSもyahyelも俺の生き様が投影されているかどうかの違いでしかない。そう考えると、俺が他の人に対して作る曲があったとしても、同じくその差でしかないなって。そうとしか説明ができないですね。

──なるほど。MONJOEさんの生き様が投影されているか否か。

いまは、よりそこに対する意識が強くなりましたね。だから1枚目(『DIVE』)も2枚目(『Application』)もコンセプトをガチガチに考えていたんですよ。コンセプト・メイキングが結構好きで、社会的な文脈に則ってアルバムのテーマを考えてきた。わかりやすく言うと「SNS世代のリアルな日常」というテーマがあって「Mobile」とか「Amazon」というような、限定的なアプローチで曲を作ってた。そういうのが好きだったんですけど、いまはあんまり考えすぎなくても良いんだなというフェーズに入ってて。雑な言い方をすれば、DATSは俺の日記というか「今日こんなことがあったわ」「今日はこんなことを感じたわ」ということを書いてれば良いな、と思うようになったっすね。あとは、その時に感じた気分でひとつのパッケージで作っていけば良いなって。

──そのときどきで思ったことを曲にしていくのは、聴いてる方もリアルタイム感があっておもしろいですよ。

だって人間は考え方が簡単に変わるじゃないですか。イメージが固定されて、そこに悩まされるバンドも多い。そうじゃなくて良いな、というのがいまのスタンスですね。作り込んだ存在として世の中に発信していくと、後々困るのは自分たちだと思うので。だから素直でいるとか愚直でいるのも、それもひとつの勇気が要ることというか。難しいことだと思うんですけど、そのままの姿勢を貫くことで、俺らいまの時代を生きるアーティストたちにとってひとつのステイトメントになれたら良いなと思います。

PROFILE

DATS

MONJOE(Vo/Syn)、吉田巧(Gt.)、大井一彌(Dr.)、早川知輝(Ba.)

トラックメイクを手掛けるMONJOE(Vo./Syn.)を中心に2013年結成されたロックバンド。結成翌年には「出れんの!?サマソニ」にてクリマン賞を受賞。2015年には2度目のサマーソニックに出演を果たし、デビューEP「DIVE」をリリース。2017年には、砂原良徳氏をマスタリング・エンジニアに迎えたデビュー・アルバム『Application』を発表。その直後に開催されたFUJI ROCK FESTIVALをはじめ、次々と国内の大型フェスに出演し、その圧倒的なパフォーマンスが各方面より高く評価される。2018年6月、SMEレコーズより、本編の全曲リミックスを付属したダブルアルバム『Digital Analog Translation System』でメジャーデビュー。2019年5月にメジャー第2弾となるEP『オドラサレテル』をリリースする。

DATS Official Page

この記事の筆者
ライター真貝聡

大型ルーキーが全国へ! ──〈週末アイドル部〉発の三匹組、黒猫は星と踊る

大型ルーキーが全国へ! ──〈週末アイドル部〉発の三匹組、黒猫は星と踊る

佐藤健一郎(Ba)に訊く、バンドの過去といま──teto新アルバム特集第2弾

佐藤健一郎(Ba)に訊く、バンドの過去といま──teto新アルバム特集第2弾

エレキュート・アイドル“my♪ラビッツ”、ソロとしての第一歩を踏み出す初シングル

エレキュート・アイドル“my♪ラビッツ”、ソロとしての第一歩を踏み出す初シングル

よりシンプルに、素直に──DATS、「Game Over」で新たなフィールドへ

よりシンプルに、素直に──DATS、「Game Over」で新たなフィールドへ

岡山ローカル・アイドルの先駆け的存在“S-Qty”、第3期が始動!!

岡山ローカル・アイドルの先駆け的存在“S-Qty”、第3期が始動!!

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

どこにでもいける、オールマイティな存在に──chelmico、2ndアルバム『Fishing』をリリース

どこにでもいける、オールマイティな存在に──chelmico、2ndアルバム『Fishing』をリリース

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

LEO今井が挑む、強烈な個性を持った日本の歌6遍──初のカヴァーEPをリリース & インタビュー掲載

LEO今井が挑む、強烈な個性を持った日本の歌6遍──初のカヴァーEPをリリース & インタビュー掲載

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

【ライヴレポート】Vocal & Dance Collection Live Vol.3 Supported

【ライヴレポート】Vocal & Dance Collection Live Vol.3 Supported

【ライヴ・レポート】神宿、第2章の幕開け @池袋サンシャイン噴水広場

【ライヴ・レポート】神宿、第2章の幕開け @池袋サンシャイン噴水広場

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

〈KOGA RECORDS〉期待のニュー・カマー! Crispy Camera Club『SWAG』配信開始

〈KOGA RECORDS〉期待のニュー・カマー! Crispy Camera Club『SWAG』配信開始

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

正体不明プロジェクト、ariel makes gloomyの謎を解き明かす

正体不明プロジェクト、ariel makes gloomyの謎を解き明かす

Kotoe Suzuki、自らが歩んできた音楽の軌跡

Kotoe Suzuki、自らが歩んできた音楽の軌跡

祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?

祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?

“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)

“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)

amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー

amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー

多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース

多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース

THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景

THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景

polly新作を巡るスペシャル対談─越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB)

polly新作を巡るスペシャル対談─越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB)

THIS IS JAPANがミニ・アルバム『FROM ALTERNATIVE』で貫いたもの

THIS IS JAPANがミニ・アルバム『FROM ALTERNATIVE』で貫いたもの

怒涛の活動を経て作り上げた渾身の12曲─ヨースケコースケ、2年2ヶ月ぶりのフル・アルバムをリリース!

怒涛の活動を経て作り上げた渾身の12曲─ヨースケコースケ、2年2ヶ月ぶりのフル・アルバムをリリース!

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

【期間限定先行フル視聴】jan and naomi、新作リリース──密やかな幻とのつきあい方

【期間限定先行フル視聴】jan and naomi、新作リリース──密やかな幻とのつきあい方

【対談】古川太一(KONCOS) × 奥冨直人(BOY)──“違和感”な存在と、2000年代カルチャーの関係

【対談】古川太一(KONCOS) × 奥冨直人(BOY)──“違和感”な存在と、2000年代カルチャーの関係

“2”の快進撃は止まらない!──君と描くセカンド・ストーリー『GO 2 THE NEW WORLD』を配信開始!

“2”の快進撃は止まらない!──君と描くセカンド・ストーリー『GO 2 THE NEW WORLD』を配信開始!

過ぎていった景色にある、忘れてしまった出会い──tetoの底力を見せつける初シングルを配信スタート

過ぎていった景色にある、忘れてしまった出会い──tetoの底力を見せつける初シングルを配信スタート

Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信

Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信

カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!

カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!

ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは

ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは

孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動

孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る

仲秋に届けられたあの夏のものがたり──GOING UNDER GROUND『真夏の目撃者』をリリース

仲秋に届けられたあの夏のものがたり──GOING UNDER GROUND『真夏の目撃者』をリリース

Yap!!! が新たなはじまりを告げるダンス・ロックの逆襲──デビュー作『I Wanna Be Your Hero』

Yap!!! が新たなはじまりを告げるダンス・ロックの逆襲──デビュー作『I Wanna Be Your Hero』

「いまの時代」こそ醸すロマンチックな日常──新境地に到達するEmeraldの美しき音楽

「いまの時代」こそ醸すロマンチックな日常──新境地に到達するEmeraldの美しき音楽

「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!

「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信

しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

FBY新章のキーワード“健康的な音楽”って?──2人体制初のアルバム『THE GARDEN』を先行リリース

FBY新章のキーワード“健康的な音楽”って?──2人体制初のアルバム『THE GARDEN』を先行リリース

Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム

Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム

The ManRayを見逃すな! 話題のバンドの1stシングルを独占ハイレゾ&期間限定フル試聴開始

The ManRayを見逃すな! 話題のバンドの1stシングルを独占ハイレゾ&期間限定フル試聴開始

エレクトロ〜R&Bを行き来する、この国のメロウなポップ・マエストロ

エレクトロ〜R&Bを行き来する、この国のメロウなポップ・マエストロ

ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!

ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!

フラストレーションの爆発、その原点とは──変わる変わる変わる。両A面EPをリリース

フラストレーションの爆発、その原点とは──変わる変わる変わる。両A面EPをリリース

「遂に来たか、PELICAN FANCLUB!」──初のフル・アルバム『Home Electronics』を語る

「遂に来たか、PELICAN FANCLUB!」──初のフル・アルバム『Home Electronics』を語る

DYGL、待望の1stフル・アルバムをリリース&インタヴュー

DYGL、待望の1stフル・アルバムをリリース&インタヴュー

my letter、約2年半ぶりとなるフル・アルバムをリリース

my letter、約2年半ぶりとなるフル・アルバムをリリース

浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース

浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース

この記事の編集者
河村 祐介

わからずや

よりシンプルに、素直に──DATS、「Game Over」で新たなフィールドへ

よりシンプルに、素直に──DATS、「Game Over」で新たなフィールドへ

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

生活に「祈り」と「救い」を、そして最高のグルーヴでパーティを続けよう──思い出野郎Aチームの新作がすごい

生活に「祈り」と「救い」を、そして最高のグルーヴでパーティを続けよう──思い出野郎Aチームの新作がすごい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.26 - SUMMER SPECIAL「mitokon編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.26 - SUMMER SPECIAL「mitokon編」

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

細野晴臣、『はらいそ』(1978年)、『フィルハーモニー』(1982年)最新リマスタ版配信開始

細野晴臣、『はらいそ』(1978年)、『フィルハーモニー』(1982年)最新リマスタ版配信開始

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

気になるあの問題がついに決着!?──YOUR SONG IS GOOD、結成20周年記念作『Sessions』をリリース

気になるあの問題がついに決着!?──YOUR SONG IS GOOD、結成20周年記念作『Sessions』をリリース

YMOリマスタリング第4弾『浮気なぼくら』『サーヴィス』『アフター・サーヴィス (live 1983)』

YMOリマスタリング第4弾『浮気なぼくら』『サーヴィス』『アフター・サーヴィス (live 1983)』

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

2週間先行ハイレゾ配信──断絶と継承を経たインディーの美学、WOOMAN『A NAME』

2週間先行ハイレゾ配信──断絶と継承を経たインディーの美学、WOOMAN『A NAME』

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

【REVIEW】『Silence Will Speak』に見える、未来まで響く歪みと叫び

【REVIEW】『Silence Will Speak』に見える、未来まで響く歪みと叫び

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ザ・なつやすみバンド、記念すべき10周年を彩る『映像』──新作を独占ボートラ付きハイレゾ配信

ザ・なつやすみバンド、記念すべき10周年を彩る『映像』──新作を独占ボートラ付きハイレゾ配信

蓮沼執太フィルの新作をハイレゾ配信

蓮沼執太フィルの新作をハイレゾ配信

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

TOP