2019/11/28 18:00

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味” ──3rd EP『WEEKENDER』をリリース

THIS IS JAPAN
左から、かわむら(Dr)、杉森ジャック(Vo&Gt)、水元太郎(Ba)、小山祐樹(Gt&Vo)

東京インディー・シーンを代表するオルタナ・ロック・バンド、THIS IS JAPAN。今年〈フジロック〉や〈BAYCAMP〉といった夏フェスに参戦し、そのパフォーマンスにさらなる磨きをかけてきた彼らが、2019年11月27日(水)に3rd EP『WEEKENDER』をリリース。前作『FROM ALTERNATIVE』では疾走感のある爆音が炸裂したオルタナ・サウンドが印象的だったが、今作ではそういったイメージとはまた違った魅力も感じさせる1枚になった。なぜこのような変化が起こったのか。それを確かめるためにインタヴューを行なった。

新機軸爆発の新作、配信中!

INTERVIEW : THIS IS JAPAN

結成以来、オルタナティヴを標榜しながら音楽シーンと対峙してきたTHIS IS JAPANにとって、2019年は大きなフェスの舞台を踏み、存在感を見せた年となった。その1年を締めくくるかのようにリリースされる今作『WEEKENDER』は、2018年に配信されたレゲエタッチの「SUNNY」(映画「ギャングース」挿入歌)、ミニマルなリズムで踊らせる「Yellow」、ポップなメロディと尖ったサウンドが対照的な「手紙」といった曲が示しているように、バンドにとってもこれまでと異なるアプローチをとった作品だったようだ。また、「SUNNY」を除き作詞は全てかわむら(Dr)が担当している。こうした変化の背景には何があったのか? メンバー4人に話を訊いた。もうすぐ、世界中から日本に注目が集まる2020年がやってくる。“THIS IS JAPAN”の名に相応しい活躍へ向けて、大いなる序章となるインタヴューをどうぞ。

インタヴュー&文 : 岡本貴之
写真 : 宇佐美亮

ちゃんと筋が通っていればカッコ悪くないんだ

──OTOTOYのインタヴューは1年半ぶりですね。2019年も残り1ヶ月あまりですが、今年はどんな1年でしたか。

かわむら(Dr) : 今回の作品にもつながることなんですけど、2019年を振り返るとかなり曲を作っていたなと。いままではライヴ活動の延長で曲が生まれていたものを、上手く外に出していたと思っているんですけど、今年はちゃんと自分たちの音楽作りを意識して活動していた気がします。もちろん、ライヴも多かったんですけど。

杉森ジャック(Vo&Gt) : 1月ぐらいから3月ぐらいまで、結構みっちり制作してました。それと、今年は野外のフェスとかにも出させていただいたんですけど、記憶として雨が多かったですね(笑)。その雨の中でライヴをするっていう新鮮な感じがありました。

──雨の中のライヴって、傍から見てるとドラマティックに映ったりしますけど、実際やる側はどう思ってるんですか?

杉森 : 「止まねえかな?」って思ってます(笑)。〈フジロック〉も〈BAYCAMP〉も、どちらもはじめて出させていただいたんですけど、持ち時間を全力でできたというのは最高だったし、雨の中でもお客さんが待っていてくれて観てくれたというのは本当にありがたかったですね。

小山祐樹(Gt&Vo) : 本当に、立ってられないぐらい降ったので。〈フジロック〉は中日だったんですけど、その日だけ朝から土砂降りで、お酒飲んでたら“雨割り”になっちゃうぐらい(笑)。ライヴでは僕らは屋根があったんですけど(苗場食堂に出演)、雨の中でお客さんが観ていてくれたのは感動しましたね。中学生の頃を思い起こすと、まさか自分が〈フジロック〉に出られるとは思わなかったですし、その感動もありました。「やってきてよかった」って、希望が持てる一年でした。

水元太郎(Ba) : 制作期間に、「こういう方向がいいんじゃないか」っていうことをみんなで話し合っていて、それに対して半信半疑で「いいんじゃないかな」ってやっていたんですけど、〈フジロック〉に出ていろんなバンドを観たときに、良いなと思うバンドは一本筋が通っている気がして。それを観て、自分たちは間違ってないんじゃないかなっていう自信が持てたことが、今年のハイライトでした。

──今年前半の制作期間を経ての大きな舞台で、バンドのやっていることに確信が持てた?

水元 : う〜ん、確信まで行ってるかはわからないですけど(笑)。いいんじゃないかなって。

かわむら : 確信なのかはわからないけど、バンドとして自分たちにできることをやって前に進んで行くこと、変わっていくことを恐れずに取り組んで行くということは、ちゃんと筋が通っていればカッコ悪くないんだっていうことはすごく思いました。

──オルタナティヴを打ち出しているTHIS IS JAPANが、いろんな音楽ファンが集まる大きなフェスに、どんな気持ちで臨んでいたんでしょうか。

かわむら : 〈フジロック〉で大きなステージをいくつも観たんですけど、どのバンドもめちゃくちゃ尖っているというか。我々が〈フジロック〉に行って異端という感じじゃなくて、その大きいステージに立つ人たちの“異端さ”に、めちゃくちゃビビらされたような気持ちは、正直あったよね?

杉森 : うん、ありました。

かわむら : 「マスに向けて」なんていうのは思い上がりだなっていうのはあったし、だからこそ、俺たちが信じることをやらないといけないなという思いがありました。

杉森 : それはあったね。純粋に自分たちがやりたいと思ったことを、嘘をつかずにちゃんとやりきることが大事だし、やり切っても受け止めてもらえるんじゃないかっていう希望みたいなものはありました。逆に、ちょっとでも迎合したりとか、当てに行ったりとかすると、純度が失われて誰にも刺さらないものになってしまうんじゃないかなっていう、気付きは〈フジロック〉に出たときにありましたね。

小山 : どのアーティストも、何かに対して発言したり歌っているというよりも、ステージの上でどんどん洗練させて行って、それを観せているというか。僕らは前まで「何かに対して何かをやってやりたい」という気持ちが原動力になっていたところもあったんですけど、最近は、それよりもステージに立ったときに何を作り上げられるかという方に意識が行ってるんじゃないかと思います。

水元 : 僕個人の気持ちで言うと、前まではデカいものとか流行に対して嫌な気持ちを持っていて、それに対してやっているようなところがあったんです。でも、バンドの音楽が向かう先はそういうものじゃないんだっていう気持ちにはなりました。

2018年末ぐらいから、曲ができなくなったんですよね

──今年1月から制作期間があったということですが、今作に収録された7曲のうち“SUNNY”は2018年に配信されていた曲ですね。これまでになかった印象の曲ですが。

かわむら : “SUNNY”は、映画『ギャングース』(入江悠監督)の挿入歌ということで、監督とディレクターから、「こういう尺で、こういうビートで」という要望があったうえで作った曲ではあるので、これまでの曲作りとは毛色が違うというのはあるかもしれないです。

“SUNNY”が挿入歌として起用された映画『ギャングース』予告編
“SUNNY”が挿入歌として起用された映画『ギャングース』予告編

杉森 : “SUNNY”は他の6曲とは作り方が違うし、客演でWUJA BIN BINにホーンやパーカッションを入ってもらって、いままでとは違うけど、THIS IS JAPANらしいものはやれたかなと。そういう意味では、最後にこの曲があるのは座りがイイなと思ってます。映画「ギャングース」の挿入歌として制作をしたんですけど、映画館で自分の曲が流れてくるとういうのはうれしかったですし、そこですごく思い入れが生まれました。あと、THIS IS JAPANはテンポが速い曲が多いんですけど、これぐらいゆっくりめでも、THIS IS JAPANとしてちゃんと成り立つんだなっていうのがわかったことが、バンドとして1番の収穫だった気がしますね。

──こういうレゲエタッチなテイストって、メンバーのみなさんの音楽的な引き出しにもともとあったものなんですか?

杉森 : さっき、かわむらが言っていたようにリファレンスを、もらっていたんですけど、自分の中でレゲエでパンクっぽいものって考えたときに、The Clashの『London Calling』以降の感じは「これだったらできるかも」という感じありました。他のメンバーはどうなんですかね?

小山 : もともと、「The Clashの“Rudie Can't Fail”のイメージで」という話があって。僕らも、レゲエ自体詳しいわけじゃなくて、イギリスとかレゲエを吸収したニューウェーブとかポストパンクっていう角度でしか知らなかったんですけど、かわむらと水元はFISHMANSとか、ダブのノリというのは引き出しにあったかもしれないですね。

The Clash“Rudie Can't Fail”
The Clash“Rudie Can't Fail”

水元 : 僕は、逆にFISHMANSしか引き出しになかったです。柏原譲さん(ex. FISHMANS / 現Polaris)が尊敬する3大ベーシストのひとりなので。そのイメージで弾いたんですけど、そこには届かなかったです。むずかしかった(笑)。

一同 : (笑)。

──“SUNNY”が出来てから、その後の6曲が生まれて行ったんですか?

杉森 : “SUNNY”はちょっと別枠で作っていて、残りの6曲は今年1月からのプリプロ期間に作って行きました。

かわむら : そもそも、ライヴを中心に曲を作るというやり方でずっとやってきたんですけど、曲作りの期間は1ヶ月に10曲ずつ出していって。その中で自分たちの要素を出しきって、いま自分たちは何ができて何がしたいのかというのを、ライヴと並行してやっていくという制作方法だったんです。“グルメ”と“apple me”に関しては、ちょっと先んじてあった曲というか。ライヴをやっていった中で生まれた曲でもあって。

山田健人が監督を務めたTHIS IS JAPAN“グルメ”のMV
山田健人が監督を務めたTHIS IS JAPAN“グルメ”のMV

──ライヴをやりながら曲が生まれる、ということについて訊きたいんですけど、要はできた曲をまずライヴで披露して、そこから揉んでいくみたいなことですか?

かわむら : いや、「ライヴでこういう曲をやりたいから作る」という感じなんですよ。いま自分たちがやりたいライヴで、「こういう曲、ああいうものがやりたい」ということから、曲作りが発信するというのは、ずっとあるんです。

──へえ〜! 曲ができたからライヴで披露する、ということじゃないんですね。

杉森 : そうなんですよ。

小山 : 割と未完成と言っていいぐらいの状態でもうライヴでやってしまって、やっているうちにそれぞれの「あ、これいいかも」というのが定着していって変わっていく。初期の段階ではそういうのが多かったです。今回で言うと、“グルメ”や“apple me”はそのやり方で作りました。

かわむら : 他の曲は、“曲を作ろうとして作った曲”です。

──それを、1月から3月の制作期間に作ったということですね。そもそも、どうして曲作りの方法に違いができたんですか?

かわむら : 簡単に言うと、行き詰ったんですよね。いままではずっと杉森と小山を中心に曲を作って、言いたいことを乗せてそこからライヴで実現していくという形だったんですけど。2018年末ぐらいから、曲ができなくなったんですよね。

杉森 : そうなんですよ。『FROM ALTERNATIVE』(2018年5月2日リリース)は自分の書いた曲が多いアルバムで、その後にも頑張って曲を書いているんですけど、本当の意味での新しい曲ができなくて。メンバーに聴かせてみても、「前の他の曲との違いがわからん」とか、「本当に魂を込めてるのか?」みたいな反応で、なにか響いてないんだなっていうことがあって。いろいろと自分なりに曲作りについて模索したんですけど、これがなかなかできないんですよ。アコギを弾いて作ってみたりとか、それでもできないので公園にアコギを持って作ってみたりとか。そこで、「閃いた!」と思って家に帰って録音して、朝聴いてみるとなにも良くないなみたいな(苦笑)。

そういう時期が結構続いてて、当然歌詞については曲よりも遅いので歌詞もできなくなってきて。それでどうしようかなと思ってたんですけど、1月からめちゃくちゃ曲を作ろうという話になったので、自分のやりたい音にフォーカスしていって、「こういう曲をやりたい」という気持ちだけで、なんとか出していって。そんな中で、かわむらと小山が「これは良いものを感じる」というものを見つけて、4人で揉んで曲にしていったんです。“SUNNY”は俺が1人で作った曲だったかなと思うんですけど、他はメンバー4人で作った感じです。

かわむら : いままでは杉森頼みで曲を作っていたんですけど、今回行き詰っちゃったんで、曲が降りてくるのを待つみたいなことはせずに、自分たちがインプットしてきたものを素直に出して行こうと思ったんです。それには曲を作るしかないということで、「4人の力を合わせてやろう」ってみんなで決意して。それぞれがやれることを確認しながら曲を作りましょうということで始まったのが、今年1月〜3月の曲作り期間だったんです。

──なるほど、あえて期間を設けたという?

かわむら : もちろん、新しいものを出さなきゃいけないという期限的なものもあったんですけど、根本には杉森に頼っていたところを、ちゃんと原点に立ち返って4人の音楽をぶつけてみようぜっていうことで。1ヶ月10曲、3ヶ月で30曲を作るというノルマを課したのは、その決意の表れです。

──4人で力を合わせてとはいえ、それだけの曲数を作るのって並大抵じゃないですよね。具体的にはどうやって作っていったんですか。

かわむら : 4人の中で1番音楽を聴くのがたぶん小山なんですよ。いままでの曲作りでも、ギター・ワークだとかアレンジでもリズムのキモになっているようなおもしろい部分は、小山が担ってきたと思っていたんです。そこで、4人で話し合って、基本的に手を動かすのは小山でやってみようというのはありましたね。ただ、作りはじめたときにはそれは明言していなかったんですけど。作っていくなかで、いまは小山中心で曲を作って行くのが1番おもしろいなと思ったんですよね。

小山 : たぶん僕が1番、研究所、ラボラトリー感があって(笑)。杉森さんは、情熱タイプなんですよ。なので、曲作りとしては、情熱タイプのまま、僕はそんなにラボに滞在せずに完成する曲もあれば、ポッと出たアイディアを僕の研究所でいろいろいじって出来た曲もあれば、研究所だけで完結した曲もあります(笑)。

──なるほど、“小山ラボ”で完結している曲もあることが、1枚の中でのイメージの違いに繋がっているのかもしれないですね。

小山 : そうかもしれないですね。もちろん、4人で作ってはいるんですけど。

──それにしても、これまで通りに曲ができない、というのはバンドにとって危機も感じたんじゃないですか?

かわむら : 危機も危機、だよね?

一同 : ははははは(笑)。

かわむら : 一時期、超ピリついてましたから。ただ、制作期間に入ったらピリつく暇もなかったですね。1ヶ月に10曲っていったら、みんなの力を合わせないとできないですから。

小山 : 制作に関しては、マンネリといったらなんですけど、空気が淀んでいる感じがあったんです。それを1月から3月にいったん窓を全部開けて、風通しを良くしてまっさらの状態で作ろうって切り替えました。誰がリーダーという感じでもないバンドでもなので、誰が先頭に立ってやるのかっていうことが、ぼやけてきていたというのもありましたね。

──おもしろいEPですよね。「激しく疾走感のある曲をやっているバンド」みたいな想像で聴くと、それだけじゃないというか。“Yellow”なんかを聴くと特にそう感じます。

かわむら : たしかにそうですね。“Yellow”は小山ラボ・プロデュースというか(笑)。

小山 : もともと、さっきおっしゃった、「疾走感があってギターが炸裂していて」っていうイメージに物足りなさを感じているところから、制作がはじまっているので。そういう曲は置いといて、まさに“Yellow”はいままで何をやっていたかとかは一切考えずに作った感じはありましたね。

芯はやっぱり変わらないんだな

──そこが、杉森さんが行き詰っていた「新しさ」を感じる部分になったんでしょうか。

杉森 : そうですね。新しさを感じるし、新しいことをちゃんとやりたいというのはすごくあったし、“Yellow”はライヴでもちゃんとやれているので。あとは、歌詞ですよね。今回、歌詞はかわむら君が6曲書いているんですけど、“Yellow”の歌詞は、俺が遅刻してくることへの叱責というか(笑)、開き直りのような歌詞だと思うんですけど、これは自分ではなかなか曲にできないなって。でも俺、この曲を歌うの好きなんですよ(笑)。普通の人は歌っていてつらいし嫌だって思うかもしれないけど、俺は歌っていてめちゃくちゃ気持ちいし、新しい曲作りの仕方として良いなって素直に思います。

──今回、かわむらさんが歌詞を全面的に書くことになったのはどうしてなんですか。

かわむら : THIS IS JAPANは、歌詞にしろサウンドにしろ、ひとつ決まってることをみんなでやれって言ってる感じじゃなくて、誰かが書いた歌詞に意見を出し合うこともあって。その中で、杉森がなにを歌詞にするかって悩んでいるときに、自分と小山が「杉森になにを言ってもらったら1番カッコイイか」ということをずっと考えていて。それで歌詞を書いたんですけど、杉森がその歌詞にしっかり魂を乗せて歌ってくれた感触があって。自分の歌詞でTHIS IS JAPANの曲をやるというのは、すごくおもしろいなと思ったんです。それで気付いたら全部歌詞を書いていた感じです。

──杉森さんは、それを歌うことへの抵抗みたいなことはなかったですか?

杉森 : 最初はやっぱり、どうだろうな? と思っていたんですけど、できあがった歌詞を見たら、これは不思議なんですけど、俺よりも俺みたいだなって思ったんです(笑)。それは、よくよく考えたら合点がいくことで。俺はあんまり客観的に自分のことを観るのが得意じゃないというのと、俺とかわむらはもう10年以上の付き合いで。この地球上にいる人の中で、杉森を観察してきた人ランキング1位だと思うんですよ。2位が母、みたいな。

かわむら : (笑)。

杉森 : それで、バンドという共同体の中で、同じような美学をシェアして音楽を作るときに、たぶん俺よりも俺のことをわかってるんじゃないかなって。

かわむら : そんなことはないですけどね(笑)?

杉森 : 俺のことをわかってるというよりも、「お前はこういう風に見えてるぜ」っていう、鏡みたいな感じかな? 曲が書けなくて、俺の中で鏡にモヤがかかっているのを拭いて「こういう感じだよ」って言ってくれて「ああ、そうだ!」って思い出していく感じがありましたね。俺が好きな曲、歌いたいことを1つ1つ思い出すというか。それを消化していく中で自分のものになってきたという感触があります。

──それによって、自分がどうして曲が書けなくなっていたのかとか、なんで行き詰っていたのか、ということも徐々に解決していきましたか?

杉森 : 前よりは、解決に向かっていると思います。前は、曲を作るときに自分の心と対話していて。でも曲ができない自分の心と対話しても、「つらい」と言うに決まってるし。だから、みんなに聴かせた曲にも「つらい」とか「これからどうしよう」っていう曲とかがあって(笑)。そうじゃなくて、「俺がこういう風に生きたいんだ」っていうベクトルみたいなことは、今回の制作によって前よりもわかるようになりました。

かわむら : とはいえ、このEPの中にも杉森がきっかけになってできてる曲はたくさんあるので、まったく書けなくなっちゃったというわけではないです。

──“Yellow”“手紙”の流れが異色な感じがしますけど、これは小山さんが中心になって作られた曲なんですか?

小山 : そうですね、“手紙”はほぼほぼ僕の原案に、かわむらが歌詞を付けたんです。この曲に関しては、作ったあとに「変だなあ」って思いました(笑)。もともと何をしようとしているのか僕でもわからないし、これは何のジャンルなんだろうな? みたいな。

かわむら : すごくビートが特徴的じゃないですか? 小山が曲作りにあたって、いままでは歌心とかギター中心に考えていたのが、ビート中心に考えて作ったことが“Yellow”“手紙”にすごく現れていて。それが印象の違いになっている理由だと思います。そこからはじまっているっていうのに尽きると思うんですよね。

──ああ、なるほど。“Yellow”はビートがミニマルっぽかったりしますよね。

小山 : そうですね。僕はずっとギターで歌いながら曲を作っていたので、それを1回やめて、リズムパターンを組むところからはじめるという作り方をはじめてやったので。それが出ている2曲ですね。

かわむら : 新しいアプローチを飲み込めたかなと思ってます。歌心はあるし、芯はやっぱり変わらないんだなっていうのはありますね。

──たしかに、歌心はありますよね。

かわむら : 歌心はあります。それは、忘れることはないんじゃないかなって思います。

──対照的に“悪魔とロックンロール”は、もともとのTHIS IS JAPANらしさを感じました。これはどうやってできた曲ですか?

杉森 : これは、最初に小山がA、B、サビを作ってきて、その後に俺が別のAを作って、それを聴いたかわむらが歌を作るっていう方法で(笑)。

小山 : 僕はもともと緻密な計算を元に作っていたんですけど、それを1回ハンマーでぶっ壊して、もう1回成型するみたいな流れで出来ました(笑)。

杉森 : ごちゃ混ぜ感があるけど、ちゃんと歌に1本筋があるというところが、ディスジャパらしい曲だなって思います。

かわむら : 作り方自体は特殊ではあるんですけど、この曲はちゃんとスタンダードというか、THIS IS JAPANの魅力を真っ直ぐ伝える曲を作ろうって言って作りはじめた曲なんです。小山と杉森が曲を作っていて、スタンダードさと色濃い部分がくっついてできた、それこそ王道な曲だと思うんです。これを聴いたときに、「杉森にこれを言ってもらいたいな」っていう言葉とかメロディを自分が乗っけたという感じなので。そういう意味では、結果的にシンプルな強さが生まれた曲だと思います。

水元 : THIS IS JAPANって真っ直ぐなビートというか、8分なら8分を刻まないといけないようなところがあったんですけど、それを上手く崩したいなというところがあって。それがちょうど上手くできたのが“悪魔とロックンロール”のAメロだったかなと思います。そういうのを全曲で楽しくやってます(笑)。

──じゃあ、特にアレンジで苦心したようなところはなかった?

水元 : なにをやっても大丈夫、というのは結構思いました。アプローチにしても、今回小山から出てきたり杉森さんから出てきたり、かわむらさんが歌を付けたりというところもあって。より自分らしさを出していっていいんだなっていう思いはありましたね。

──“悪魔とロックンロール”の歌詞に出てくる〈ウィークエンド〉という歌詞が、アルバム・タイトルの『WEEKENDER』に繋がっているわけですか。

かわむら : アルバム・タイトルは、曲が全部出揃ってから付けたんですけど、みんなでタイトルを決めようって話したときに、いろんな歌詞を見ている中で1番パチッと来たのが〈ウィークエンド〉という言葉で。曲を並べたときに、1番キーワードになる言葉だなって感じたんです。我々はそもそも、「バンドをやりたくてバンドをやっている人たち」というか、目的のためにバンドをやっている集団ではなくて、「4人でバンドをやろうぜ」って言ってバンドをやっている、ということが前提にあって。

今回、行き詰ったりしていたんですけど、いっぱい曲を作ってこのEPが出来たときに、バンド活動をすることが、すごく前向きで希望に溢れることだと再認識できたような感じがしたんです。『WEEKENDER』という言葉の響きとか、週末という意味、その裏にあるストーリーとかが、すごく前向きだなって。それは、自分たちがバンドをやる意味とか、今回EPを出したことと直結するなと思ったんです。それで『WEEKENDER』というタイトルにしました。

──今回のEP発売に先駆けて、コンピレーションアルバム第2弾『NOT FORMAL 〜NEW CHALLENGER〜』が11月13日(水)にリリースされましたね。これはどんな思いで企画しているのでしょうか。

杉森 : コンセプトは変わっていないですけど、目的みたいなものは変わったと思っていて。前作は『NOT FORMAL 〜NEW ALTERNATIVE〜』というタイトルで、「ここにこんなにカッコいいバンドがいるぜ」っていうのを、なるべく高いところに掲げてお知らせする、みたいな気持ちがあったんです。だから、“NEW ALTERNATIVE”と言いつつ、いわゆるオルタナじゃないジャンルのバンドも出てもらいましたし、スタンスとして共通しているバンドと一枚岩になっておもしろいものを見せたいなという気持ちで作っていたんです。

あれから2年経ってライヴハウスの空気も変わってきているなって感じていて。若い子たちが、やりたいことをやりまくってるなというのを、いろんなライヴハウスで観るようになってきたんです。しかもカッコイイし、ちゃんとお客さんにも届いている感じがしていて。だとしたら、みんなにお知らせするということを第一目的にするんじゃなくて、俺たちがおもしろいと思ったバンドを、よりギュッと濃くして距離が近いものを提示したいという意識の変化はありますね。ごちゃまぜだけど、1つの盤に向かって行くおもしろさがあると思います。

──12月7日(土) 新宿motionでリリース記念ライヴを開催、LINE LIVEの生配信も実施ということですが、この日は重大発表もあるそうですね?

杉森 : そうです、重大発表があります。それは当日のお楽しみで(笑)。よろしくおねがいします。

編集 : 鈴木雄希

『WEEKENDER』のご購入はこちらから


過去作もチェック!

新→古

過去の特集ページ

THIS IS JAPANがミニ・アルバム『FROM ALTERNATIVE』で貫いたもの

THIS IS JAPAN、「王道」へ挑戦した新ミニ・アルバム配信&インタヴュー

ファースト・アルバム発売記念対談!! THIS IS JAPAN × スライディングが普通の歩き方

LIVE SCHEDULE

THIS IS JAPAN“アウト ストア ライブ”
2019年12月7日(土)@新宿motion
時間 : OPEN 12:30 / START 13:00
※『WEEKENDER』CD購入者全対象(対象のCDジャケ持参にて入場可)
※ライヴ当日、新宿motion入り口での購入も可能

THIS IS JAPAN presents〈NOT FORMAL Vol.10〉
2019年12月22日(日)@下北沢 BASEMENTBAR & THREE
時間 : OPEN 16:30 / START 16:50
出演 : THIS IS JAPAN / aoni / 1980YEN / Emily likes tennis / The Whoops / SEAPOOL / 逃亡くそタわけ / FRSKID / 奮酉(FURUTORI) / Bearwear / 勃発 / 揺らぎ / RiL / ROKI / and more…

【その他ライヴ情報はこちら】
http://thisisjapan.net/?page_id=7

PROFILE

THIS IS JAPAN

THIS IS JAPAN、通称ディスジャパ。

2011年サークルで先輩後輩である4人が、大学在学中にTHIS IS JAPANを結成。

2012年9月30日 1stミニ・アルバム『ジャポニカ学習装置』、2013年 10月26日に2ndミニ・アルバム『URUSEI BOKURA』発売。2014年8月14日には全国流通の1stフル・アルバム『THIS IS JAPAN TIMES』を発売。2016年8月3日には全国流通2枚目となるミニ・アルバム『DISTORTION』をリリースした。ライブは年間40〜50本行い、フェスにも多く出演。

そして、2017年11月22日には、メインストリームにとって変わる可能性を持った18組のアーティストを集めた通称オルタナコンピ(CD)『NOT FORMAL 〜NEW ALTERNATIVE〜』を企画・制作。初回生産分が発売初日で在庫がなくなるという、コンピでは昨今稀な現象が起こし注目度がさらに上昇した。

2018年5月2日THIS IS JAPANの覚醒盤となる2ndミニ・アルバム『FROM ALTERNATIVE』が完成した。その後、ワンマンや企画ライヴを行う一方、同年10月12日公開、三木監督作品映画『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の主題歌“体の芯からまだ燃えているんだ”のアレンジ・演奏をコンペで勝ち取り担当し、話題となった。

2019年はさらに7月27日 〈FUJI ROCK FESTIVAL〉(苗場食堂)、9月15日〈BAYCAMP2019〉にも出演。滝のような雨の中オーディエンスと共に完全燃焼した。

【公式HP】
http://thisisjapan.net/

【公式ツイッター】
https://twitter.com/this_is_japann

この記事の筆者
岡本 貴之

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

Hump Back、青春と日常が刻まれた記念碑的なメジャー1stフル・アルバム『人間なのさ』

Hump Back、青春と日常が刻まれた記念碑的なメジャー1stフル・アルバム『人間なのさ』

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

エネルギッシュでカラフルなJAZZをどうぞ! 大野雄二トリオが最新アルバムをリリース

エネルギッシュでカラフルなJAZZをどうぞ! 大野雄二トリオが最新アルバムをリリース

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

新たな時代へ! 3ピース・バンド Cloque. メジャーデビュー

新たな時代へ! 3ピース・バンド Cloque. メジャーデビュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

今、最も注目したい音楽系YouTuber コバソロ、9人のシンガーとのカヴァー・ワークス第2弾をリリース

今、最も注目したい音楽系YouTuber コバソロ、9人のシンガーとのカヴァー・ワークス第2弾をリリース

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

【REVIEW】”人は誰しもが特別”な存在意義を7曲に込めて──NOISEMAKER、ミニ・アルバムをリリース

【REVIEW】”人は誰しもが特別”な存在意義を7曲に込めて──NOISEMAKER、ミニ・アルバムをリリース

【REVIEW】ルパン三世最新作のテレビスペシャル放送とともにYuji Ohno & Lupintic Sixの最新作がリリース

【REVIEW】ルパン三世最新作のテレビスペシャル放送とともにYuji Ohno & Lupintic Sixの最新作がリリース

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

この記事の編集者
鈴木 雄希

OTOTOY編集部で基本的にロックを担当。 せい家で育ちました。

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

いまArtTheaterGuildに訪れている変化──オリジナリティに向き合う新作

いまArtTheaterGuildに訪れている変化──オリジナリティに向き合う新作

崎山蒼志、新世代アーティストたちと作る2ndアルバム『並む踊り』

崎山蒼志、新世代アーティストたちと作る2ndアルバム『並む踊り』

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

落とし込むUSのトレンド、提示する新しい色──the chef cooks me『Feeling』

落とし込むUSのトレンド、提示する新しい色──the chef cooks me『Feeling』

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

みなさまに感謝を込めてOTOTOY10周年キャンペーン実施中!

みなさまに感謝を込めてOTOTOY10周年キャンペーン実施中!

【開催直前鼎談】 今年の〈ボロフェスタ〉は自身の感性を信じて踊れ!

【開催直前鼎談】 今年の〈ボロフェスタ〉は自身の感性を信じて踊れ!

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

JYOCHO、新作『綺麗な三角、朝日にんげん』で切り開く第2章

JYOCHO、新作『綺麗な三角、朝日にんげん』で切り開く第2章

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

今年のフジロックではなにが起こっていた?!──〈フジロック 2019〉

今年のフジロックではなにが起こっていた?!──〈フジロック 2019〉

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

TOP