2019/11/20 21:00

いまArtTheaterGuildに訪れている変化とは──自らのオリジナリティに向き合う新作『NO MARBLE』リリース

ArtTheaterGuild
左から木村祐介(G / Cho)、伊藤のぞみ(Vo / G)、浅井萌(Dr)

2012年に結成、都内を中心に活動をするオルタナ・ギター・ロック・バンド、ArtTheaterGuildが、前作に続きthe pillows(以下、ピロウズ)の山中さわおをプロデュースに迎えて2ndミニ・アルバム『NO MARBLE』をリリース。彼らが敬愛している山中にプロデュースされ、リリースした前作『HAUGA』のリリースから約1年。この期間に彼らは自らのオリジナリティの壁に直面したという。“ArtTheaterGuildが鳴らす音楽”に向き合った新作『NO MARBLE』について訊いたインタヴューをどうぞ。

山中さわお(the pillows)プロデュース第2弾の新作

INTERVIEW : ArtTheaterGuild

ArtTheaterGuildが2ndミニ・アルバム『NO MARBLE』をリリースした。

2018年に初の全国流通盤となる1stミニ・アルバム『HAUGA』で注目を集めたバンドがさらなるブラッシュアップを重ねて完成させた新作には、リード曲の“鉄紺と黄緑”をはじめ、〈伝えてみたい I want feel me!!〉と力強く歌う“Marbles”など、全6曲を収録。その楽曲からはどこか殻を破ろうとしている、新しい自分になろうとしているような主人公の姿が浮かび上がってもくる。前作に引き続き、プロデュースはメンバーの敬愛するピロウズの山中さわおが手がけた。

前作のインタヴューを行なった際はピロウズへの憧れを全面に出していた彼らだったが、あれから1年が経ち、今現在はまた新たな感情が芽生えてきているのだという。果たして、ArtTheaterGuildに訪れている変化とは? バンドの近況を伺いつつ、メンバー全員に話を聞いた。

インタヴュー&文 : 田山雄士

「どう見られたいのか」を考える時間がかなり多くなった

──前回のインタヴューから約1年ぶりなので、まずはバンドの近況などから聞かせてもらってもいいですか?

伊藤のぞみ(Vo&Gt) : 大きく変わったのは、サポート・ベースのハミーくん(ヒロ・ハミルトン / 東京パピーズ、からくりごっこ)が今回の『NO MARBLE』から制作にも携わってくれてることですね。

木村祐介(Gt&Cho) : 前作『HAUGA』をリリースしたとき、すでにライヴでは弾いてもらってましたけど、レコーディングにも参加してもらうようになって。

伊藤 : アレンジを組み立てるところからね。僕がどんなことをやりたいのかも汲み取ってくれるし、前作以降いい流れでここまで来てるんじゃないかなと思います。

──木村さんも東京パピーズのサポート・ギター(https://tokyopuppies.jimdo.com/priofile)をされてますよね。

木村 : そうですね。ArtTheaterGuild以外でのハミーの仕事ぶりも見てるんですけど、なんでもできるタイプというか。ロックンロールも得意だし、僕らの楽曲であるような動き回る感じのベースラインもパッて作れるんです。

伊藤 : 仕事できる感じだよね。優秀なベーシスト!

浅井萌(Dr) : 私はスタジオでみんなと合わせてみて「ちょっと違うな」ってところは修正しつつ、最初のフィーリングを土台にしながら作っていくんですけど、以前よりもやりやすくなった気がしますね。

伊藤 : 浅井さんは感覚が違うんですよ。頭を使って考えすぎるんじゃなくて身体が先に動くタイプなので、迷いがない(笑)。僕のわがままで「こうしてほしい」ってところは直してもらうんですけどね。祐介はアイデアを出すのももちろん早くて、そこからさらにいいものを考えようとしてくれるかな。

木村 : そうだね。

伊藤 : 僕が何をしたいかをいちばん考えてくれてると思うんで、出てくるフレーズだったりに愛情は感じますね。

伊藤のぞみ(Vo&Gt)

──ライヴに関してはどうですか?

伊藤 : 僕らのことを観に来てくれるお客さん、知ってくれてる人が増えたので、ライヴをはじめ、「どう見られたいのか」を考える時間がかなり多くなりましたね。やっぱり、理想とするかっこいい自分でありたいじゃないですか。「こんな曲を作って、こんなふうに演奏したい」っていうのをまだ恥ずかしがってる部分があるから、自分自身で「良くないな」と感じるものをもっと綿密に考えて、排除すべきところは排除して、出していきたい部分を出すのを心がけるようになりました。

木村 : 対バンの仕方も変わってきましたね。『HAUGA』を出す前とかはブッキングのライヴが多くて、ぜんぜん興味のないバンドとやることもあったんですけど、この1年はいっしょに音楽シーンを盛り上げていきたいと思えるような、僕らが好きなバンドと共演できてます。自分の出番も楽しみだし、対バン相手のステージも観たい。そういうイベントができてるのがうれしいんです。

浅井 : 自分たちで企画をやれるのは楽しいですよね。緊張で押し潰されそうなときもありますけど……(笑)。

伊藤 : 僕はあまり緊張しなくなったかもしれないです。「やるしかねえだろ!」みたいな気持ちなので、いまは。浅井さんはまだしてるの?

浅井 : ずーっとしてますよ!

木村 : あはは(笑)。浅井さんがすごく緊張してるから、俺らがしないのかもしれないよ?

浅井 : みんなの緊張を全部吸収しちゃってる!?

伊藤 : それはたしかにあるかもね(笑)。

「ピロウズといっしょではないよ」

──新作の『NO MARBLE』では、「どんなバンドでありたいのか」という部分が少なからず表現できてるんじゃないかなと思いました。

伊藤 : ありがとうございます! そうだとうれしいですね。楽曲の精度は前作と比べたら上がってると思いますし。「MARBLE」は「混ざりあう」という意味で、それにNOを付けて「混ざらない」という意味を持たせてみました。

──ジャケットのアートワークは「混ざらない」というイメージを反映したものですか?

伊藤 : そうですね。裏ジャケを見てもらうとわかりやすいんですけど、これはボルボックスっていう微生物なんですね。「混ざらない」で調べてた中、「意志がない生き物っぽいものってなんだろう?」というアイデアが浮かんで。ボルボックスって一定の規則性を持って細胞(緑色のつぶつぶ)を形成してて、この細胞は遺伝子的に重なることがないらしくて、そういうのがいいなと思ったんです。

『NO MARBLE』ジャケット写真

──「混ざらない」の部分について、もう少し詳しく聴かせてください。

伊藤 : 「ピロウズといっしょではないよ」みたいな意味をそこに込めてるんです。「誰もが違う生き物」みたいな。最初の段階ではひらがな表記にしようとしてて、それもピロウズっぽくないタイトルにしたかったからなんですけど、僕が付ける曲タイトルはパッと見じゃ意味のわからないものが多いので、その感性が出てるほうがいいかなって。

──いろいろ意味を聞くと、のぞみさんらしいネーミングですね。

伊藤 : ことわざか何かの一節で、“NO MARBLE”の前後に文章が付くと「タマなし野郎」って意味になるらしいです。「なよっちい男」みたいな。それもいいなって思いました。自分に向けた皮肉っぽくて。

──ハッパをかけてる感じというか。「ピロウズとは違うんだよ」というのは、僕も今作を通して伝わってほしい部分ですね。ヴォーカルにしても歌詞にしても、タイトルの付け方ひとつ取っても、ArtTheaterGuildらしさは聴けば聴くほどわかると思うので。

伊藤 : ありがたいです。もちろん、ピロウズのことはめちゃくちゃ尊敬してますし、いまも変わらず大好きなんですけど、やっぱり気になってきたんですよ。

──そう言われることが。

伊藤 : はい。祐介も似たような感じのスタートなんですけど、もともと「ピロウズになりたい!」くらいの気持ちでこのバンドははじまってるんです。『HAUGA』をリリースしたときも、なんだかんだでまだ「ピロウズに近づけたらいいな」って考えがありました。でも、それだけだと間違ってるんじゃないかなと思ってきたんですよね。続けていく上では。

木村 : かっこいい曲を作ろうとすると自然と滲み出ちゃうものはありますけど、『NO MARBLE』ではピロウズとはまた違う雰囲気が強くなったと思います。僕のギターで言うと、もっとリズムの取り方で広がりを出したくなってきたというか。いままでは左手の音階のことばかりが頭にあったんですが、右手のリズムと合わせてアレンジしていく意識に変わってきてるんですよ。

浅井 : ドラムは曲ごとにどういう音色だったら映えるかを考えて、スネアを変えてみたりしましたね。ただまあ、私はあまり前に出すぎず、曲のよさを立てられればいいのかなって。

伊藤 : そもそも個性的だからね、浅井さんのドラムって。スネアの拍が一瞬スッて裏に行くようなアレンジとか、あまり他の人がやらない魅力がある。派手なフレーズを作って楽曲を映えさせたり、小節の後ろでスネアをひたすら叩いてたりするドラマーが多い中、そうじゃない隠し味を入れるのが上手なんですよ。聴いてて無意識に伝わるみたいな違和感が出せるのは、祐介も得意で。

──そういうのは間違いなくバンドのオリジナリティのひとつですよね。

伊藤 : いい意味でちょっと気持ち悪い、「あれっ!?」って瞬間があって。それは音楽に詳しくない人でもわかると思います。「なんかヘンなんだよな」「でも、クセになるなあ」みたいな。

木村 : 俺らは尖り方の方向性がヘンなんだよ(笑)。

伊藤 : けど、それをちゃんと曲にいい形で出せるのは才能だと思うよ。尖ってても「は!?」「大したことねえな」ってやつはいますからね。

浅井 : ふふふ(笑)。

俺らの良さを引き出してくれる職人技だね

──1曲目の“Marbles”を再生した瞬間に思ったんですけど、音もすごく良くなりましたよね?

伊藤 : あっ、それが伝わったのはうれしいです。今回変わったのは、主にギターとヴォーカルの録りとマスタリングかな。前作は祐介の家で録ったギターをある程度きれいな音にしてもらってからミックスしてたので、音像が若干くぐもってましたよね。

木村 : “Stamen”はちゃんとしたスタジオで録ったけど、他の曲は2万円くらいのインターフェースを繋いで録って、それを加工してもらったからね。元のギターのデータがぜんぜん良くないのを、なんとか世に出せる形に整えていただいて。だから、ギターに関しては音の立体感や弦の分離感をもうちょっとこうしたいなっていう部分があったんです。今回はそこがクリアーになって、いい音でレコーディングできたのがよかったよね。

前作『HAUGA』収録“Stamen”のMV
前作『HAUGA』収録“Stamen”のMV

伊藤 : うん。ヴォーカルをまず全曲シングルで録れたのもよかったですね。前作はダブリングに逃げすぎてしまって、「逃げなきゃよかったな」っていう後悔が自分の中で実はあって。今回は要所でダブリングやコーラスを入れるやり方にして、歌詞もめちゃくちゃ聴きやすくなったと思います。さわおさんもプロデューサーとして、僕らの楽曲を良くしようといろいろ考えてくれて。

──たとえば、どんな部分ですか?

伊藤 : “Birthday”のバックでふわっと鳴ってる鍵盤の音とか、“zoo”の最後の〈Please looking〉のところで下がるコーラスとか、僕たちが思いつかない凝ったものを提示してくれて、いい隠し味になってます。

木村 : “zoo”のあのコーラスって、ピロウズっぽいというよりはArtTheaterGuildっぽい感じがするんだよね。

伊藤 : たしかにそうかも! 俺らの良さを引き出してくれる職人技だね。

──“Birthday”の間奏でシャカシャカ鳴ってるタンバリンも独特ですね。

浅井 : あれはタンバリンとハイハットのオープンを別録りで重ねてるんですよ。ギターソロを盛り上げる感じで入れたんですけど、うるさくなかったですか……?

伊藤 : いや、おもしろい仕上がりになったと思うよ。

浅井 : ドラマーのboboさんがいつもハイハットの上にタンバリンを付けてるんですよ。それに憧れて、どこかで絶対にタンバリンを使いたいと思ってて(笑)。

浅井萌(Dr)

伊藤 : 浅井さんがドラムにタンバリン付けたら、めちゃくちゃかわいらしくなるよ。

木村 : あははは(笑)。あと、ソロの裏にギュオンギュオン鳴ってるギターが入ってるんですけど、あれはさわおさんが弾いてくれました。

浅井 : “Peg-Leg Pistol”では、スネアをタオルでミュートして叩いてて、ドラムはだいぶ短い感じの音になってますね。

伊藤 : そうだね。祐介と僕が弾いてるギター・アレンジは間抜けな感じのかっこよさがあったりして、おもしろいバランスだと思います。

──ギターのアレンジで全体的に何か意識したことと言うと?

木村 : パワー・ポップにしやすい曲が多い中、そっちに行かないように意識してアレンジをしましたね。周りのバンドマンの間でもウィーザーは共通のキーワードにあるものの、ArtTheaterGuildはウィーザーよりもレディオヘッドのほうが似合うバンドな気がしてて。ちょうどこのミニ・アルバムを作ってるときに、レディオヘッドを引っぱり出してきてひさしぶりに聴いてたので、参考にしたところもありますね。特に“Marbles”なんかはパワー・ポップに行きやすい曲なんですけど、Aメロでは敢えてアルペジオでチョーキングを入れたりして、明るくて不気味な感じにしました。

ピロウズになりたかったけど、いまはそうじゃない

──“Marbles”の〈混ざらないから濁らない 触れないから砕けない〉とかはArtTheaterGuildというバンドのあり方、孤高の佇まいが伝わってくる感じがしました。

伊藤 : でも、あらためて歌詞を見返すと「俺、本当にこんなこと思ってる?」みたいな部分もあったりするんですよ。「曲を作ってる中で辻褄を合わせちゃったかな」とか、「意図してピロウズっぽい歌詞にしちゃったかもな」とか、“Marbles”を作ったときは僕の気持ちがいろいろ錯綜してて……。さっきの話にまた戻るんですけど、「あれっ!? 俺このままピロウズっぽいことしてて大丈夫か?」と自分の心境の変化が訪れたのが“Marbles”でしたね。

──そうだったんですね。“Marbles”では、気にかかってたその部分を解消できたんですか?

伊藤 : いや、敢えてそのままにしました。逆に、戒めとしてちゃんと残しておこうかなって。僕の中で葛藤があっただけで、サウンド自体は文句ないし、いい曲だと思いますから。

木村 : うん。のぞみの中でいろいろ思うところがあったってことなんだろうね。

伊藤 : そうそう。「この気持ちでやってたら、なりたい自分になれない」と思ったんだよね。

──のぞみさんの心境の変化、その過程が匂い立つミニ・アルバムでもありますよね。

伊藤 : そうですね。“Marbles”がアルバムで最後から2番目にできた曲で、自分の中の気持ちと向き合って考え抜いた末、ラストにできたのが“鉄紺と黄緑”なんです。

ArtTheaterGuild “鉄紺と黄緑”
ArtTheaterGuild “鉄紺と黄緑”

──聴いてても、より大切な想いを込めた曲なのかなと感じました。

伊藤 : はい。メロディはあって歌詞がない状態のまま、一度放っておいたりもした曲で。

浅井 : 途切れ途切れ作ってた感じですよね。

木村 : この曲はアレンジが完成するのに時間をかけたね、本当に。

伊藤 : もともとあったメロディに「ピロウズになりたかったけど、いまはそうじゃない」という気分がマッチするんじゃないかと思って、歌詞も長い時間をかけて書きました。はじめはラスサビ前くらいの〈無くしたくない 今日こそ〉で曲が終わってたのを、もう少し延ばしたんですよ。祐介は「スッて終わったほうがいいんじゃない?」って提案してくれてて、いったん納得しかけたんだけど、「それだと言いたいことが足りないから、やっぱり延ばしたい」って話して、Aメロの部分をひっくり返したような歌詞を付け加えたり。最後の歌詞〈言葉にはしないよ〉も、出てくるまで数ヵ月悩みましたね。

木村 : スッて終わらせようとしたのは、最初は単純にAメロに戻るアレンジだったからだよね。それじゃおもしろくないなと思って。

伊藤 : あー、そうだったね。コードで言うと、この曲はFからはじまってA#に行く2コードでの進行なんですよ。で、シンプルに戻ろうとすると、爽やかでかわいらしい印象になっちゃうなと。長いこと考えて、最後はAを挟んで、A#からFに行く逆の展開にしたんです。そうするだけですごくシリアスになるのに気づいて、練り直した上でいまの形になりました。

──苦労して完成した大作なんですね。

伊藤 : それだけにすごく気に入ってますね。“鉄紺と黄緑”を作ったときの自分の心境は、僕がこれからバンドを続けていく上でいちばん大切なものになりそうです。「自分は誰なんだ?」みたいなことと向き合えた曲なので。

木村祐介(Gt&Cho)

──なるほど。

伊藤 : 振り返ってみれば、僕は曲を作るときもライヴをするときも自分の後ろにさわおさんがいるような感覚があったんですよ。「自分だったらどうするか」と同じくらいの比重で、「山中さわおならどうするだろう」みたいな気持ちが強かった。でも、さわおさんって結局そういう真似事をしてこなかった人じゃないですか。自分らしさをずっと曲げずにやってきたから、30周年で横浜アリーナのステージに立てたんだと思うんです。

──そうですね。

伊藤 : 「だからこそ、僕はピロウズが好きなんだな」ということにあらためて気付いたんですよね。“鉄紺と黄緑”にはそんな想いも込められたと思います。さわおさんにお借りしてるオレンジのサイクロンに芥子の花のステッカーが貼ってあるんですけど、あの花びらの色を「鉄紺」、茎の部分を「黄緑」と表現してて。「芥子の花」だと直接的すぎるので、「あなたと私」みたいなイメージでタイトルは付けました。曲を聴く上で重要なのは「伊藤のぞみが何を考えて作ったか」じゃなくて、「あなたがこの歌詞を見て何を思ったか」「自分の過去と見比べてみて、この言葉をどう感じるか」ですから。

「結局、僕の中に自分らしさがあるのかもな」って

──いろいろ踏まえて聴くと、“鉄紺と黄緑”はなおさら味わい深い曲ですね。

伊藤 : あと、実はもともと“Birthday”をリード曲にしようとしてたんです。“鉄紺と黄緑”は大切な楽曲としてアルバムに入ってればいいかなっていう考え方で。でも、レコーディングをしてるときにさわおさんが「えっ!? なんでこれがリードじゃないの?」みたいに言ってくれたんですよね。何かのインタヴューで「自分たちらしい曲をMVにしたほうがいい」って話されてたのを読んだことがあったから、僕は最初“Birthday”を選んでたんですけど、「いや、名曲があるならそれをいちばんに聴かせるべきだよ」って。

木村 : そういえば、浅井さんは早い段階から「鉄紺」のことが好きって言ってなかったっけ?

浅井 : うん。“Birthday”がリード曲になりそうだったときも「あっ、「鉄紺」じゃないんだ……」って内心思ったりしてた(笑)。だから、さわおさんが「「鉄紺」をMVにしなよ」って言ってくれたときは「行け行け!」って。

木村 : 「さわおさん、もっと言え! もっと言え!」って?

伊藤 : あはははは(笑)。

浅井 : そうそう。歌詞もすごく好きだし、後半にかけて盛り上がっていく曲の展開も気に入ってますね。

──“鉄紺と黄緑”は本当に名曲だと思いますね。のぞみさんの声の良さがローからハイまで、冷たいところから熱いところまで伝わってくるし、ヴォーカルにしてもギターのアルペジオにしても、独自の哀愁が沁み出してる感じがあって。

木村 : イントロの部分はアコギを含め、ギターを3〜4本重ねてますね。ハミーのベースもいい感じだし、時間かかったけど、最初のイメージとはぜんぜん違う楽曲が出来上がってよかったです。

──ところで、さわおさんと作業してるときに、のぞみさんの葛藤をぶっちゃけて話したりはしたんですか?

伊藤 : いや、言ってないですね。ただ、ぜんぜん関係ない場面の休憩中とかに、今後の曲作りについて少しだけ話す時間があったんですよ。そのときに「ピロウズになりたいわけじゃない」なんてまったく伝えてないのに、さわおさんが「のぞみくんは自分の手癖やこれまでやってきたことに頼りすぎだから、このままだとたぶんいつか限界が来るよ」みたいなアドバイスをしてくれたんです。「なんでもいいから、自分が好きと感じたものをいろいろ試したほうがいい。新しい扉を開いたほうがいい」「正直、のぞみくんが何をしてもキミらしくなるから、それを信じてやればいいよ」って言ってくれて。「この何気ない会話で泣いたらマズい!」と思ってなんとか耐えたんですけど、自分が悩んでたこととガッチリ当てはまってて驚きましたね。

──リード曲の話もそうですけど、本当に見透かされてるような。

伊藤 : さわおさんはそんなに深い意味で言ったんじゃないとしても、僕はけっこう救われちゃいましたね。楽曲をリリースするまでの不安みたいなものがグッと消えた感じがしました。「結局、僕の中に自分らしさがあるのかもな」って。作ってるときの気持ちに波はあったけど、聴いてくれる人たちに渡せる楽曲はちゃんとArtTheaterGuildらしいものになったんだといまは思います。

──前作以上にいい作品になりましたね。

伊藤 : 「こういうアルバムにしよう」みたいなコンセプトがなくても、このメンバーでアレンジしていくと自分が想像してない曲になったりするんですよね。“zoo”は祐介と浅井さんに出会うずっと前、バンドをはじめて最初に作った曲なんですけど、すごくブラッシュアップしてもらえて、めっちゃ新鮮に聴けたり。僕1人じゃこんな感じにはできないので。

木村 : 今回の制作を通して、またバンドが成長できたんじゃないかなって。もちろん、『NO MARBLE』は自信作です!

浅井 : 考えすぎずに自然体でやれば、自分たちらしさはもっと出せるのかなとも思いますね。

──いまのメンバーになって4年くらいですか。

伊藤 : ですね。余談ですけど、祐介とはじめて会ったのが4年前の10月17日なんですよ。ピロウズの横浜アリーナ(バンド結成30周年を記念したライヴ)と同じ日で、『HAUGA』をリリースしたのもたまたま同じ日だったっていう。今年の夏になんとなく昔のやり取りを見返してたら気付いて。すごい偶然で驚きました(笑)。

編集 : 鈴木雄希

『NO MARBLE』のご購入はこちらから


過去作もチェック!

新→古

過去の特集ページ

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

LIVE SCHEDULE

『NO MARBLE』発売記念 ミニ・ライヴ&サイン会
2019年11月23日(土)@代官山蔦屋書店
※予約者優先入場

君と私と音楽と 〜never forget〜
2019年12月10日(火)@下北沢CLUB Que
出演 : ArtTheaterGuild / シュリスペイロフ / ザ・ジラフス(O.A)
時間 : OPEN 18:30 / START 19:00

『NO MARBLE』発売記念 ミニ・ライヴ&サイン会
2019年12月14日(土)@タワーレコード町田店
※入場、観覧フリー

【詳しいライヴ情報はこちら】
http://arttheaterguild.jp/schedule/

PROFILE

ArtTheaterGuild

伊藤のぞみ(Vo / G)木村祐介(G / Cho)浅井萌(Dr)からなる都内を中心に活動をするオルタナ・ギター・ロック・バンド。

2012年、伊藤のぞみと伊藤の地元の友人を中心に栃木にて結成。

2016年に1st EP『4AM MELLOW DIVERS』をthe pillows山中さわお氏が再リミックスしザ ワザワと『4AM MELLOW DIVERS=新装版=』が完成。

翌年の2nd EP『Farafra』の完成とともに念願だったthe pillowsライヴのオープニング・アクトを完遂!!

2018年10月にthe pillows山中さわお氏のプロデュースの1stミニ・アルバム『HAUGA』(ホウガ)を初の全国流通盤としてリリース!

2019年11月20日、the pillows山中さわお氏プロデュース第2弾の2ndミニ・アルバム『NO MARBLE』発売!!

ゆるくまったり力強く、今日もふんばるぜアートシアターギルド!

【公式HP】
http://arttheaterguild.jp/
【公式ツイッター】
https://twitter.com/arttheaterguild

この記事の筆者
田山 雄士

ライター/編集者です。

いまArtTheaterGuildに訪れている変化──オリジナリティに向き合う新作

いまArtTheaterGuildに訪れている変化──オリジナリティに向き合う新作

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載

10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載

Second Royal Records コンピレーション第6弾『SECOND ROYAL VOL.6』特集

Second Royal Records コンピレーション第6弾『SECOND ROYAL VOL.6』特集

KONCOS 3枚目のアルバム『Colors & Scale』リリースインタヴュー

KONCOS 3枚目のアルバム『Colors & Scale』リリースインタヴュー

ロック・バンド、Honeydewによる4年ぶりの新作を無料楽曲とともに配信

ロック・バンド、Honeydewによる4年ぶりの新作を無料楽曲とともに配信

Mellowhead、6年ぶりの最高傑作アルバムをハイレゾ配信開始

Mellowhead、6年ぶりの最高傑作アルバムをハイレゾ配信開始

一ノ瀬響『よろこびの機械2015』をハイレゾ配信開始&インタヴュー掲載

一ノ瀬響『よろこびの機械2015』をハイレゾ配信開始&インタヴュー掲載

FerriとAUDIO BOXINGが新作を同時リリース!! 田山雄士が切り取る2014年秋のkilk recordsとは?

FerriとAUDIO BOXINGが新作を同時リリース!! 田山雄士が切り取る2014年秋のkilk recordsとは?

eufonius、新作『frasco』を24bit/96kHzでハイレゾ配信開始!!

eufonius、新作『frasco』を24bit/96kHzでハイレゾ配信開始!!

OverTheDogsが『冷やし中華以外、始めました。』

OverTheDogsが『冷やし中華以外、始めました。』

GHEEE、3年ぶり4作目となるアルバム『QUAD』を配信開始&深沼元昭、近藤智洋へのインタヴュー掲載!!

GHEEE、3年ぶり4作目となるアルバム『QUAD』を配信開始&深沼元昭、近藤智洋へのインタヴュー掲載!!

kanina、2ndアルバムをハイレゾ配信開始&盟友Aureoleとのスペシャル対談をお届け!

kanina、2ndアルバムをハイレゾ配信開始&盟友Aureoleとのスペシャル対談をお届け!

アナ、バンド史上もっともポップスへと傾倒した3年ぶりのフル・アルバムをリリース!

アナ、バンド史上もっともポップスへと傾倒した3年ぶりのフル・アルバムをリリース!

*20歳のトラックメイカー、LASTorderの無料アルバム、スプリット盤、ライヴ映像を一挙配信!!

*20歳のトラックメイカー、LASTorderの無料アルバム、スプリット盤、ライヴ映像を一挙配信!!

Novel Soundsから、swimmingpoo1『BONKURA』とeznokka『Remmeldea』二作品同時リリース記念インタビュー!

Novel Soundsから、swimmingpoo1『BONKURA』とeznokka『Remmeldea』二作品同時リリース記念インタビュー!

星のひつじ『星の会』インタビュ―

星のひつじ『星の会』インタビュ―

33年ぶりとなる本間柑治名義での新作『Sleigh Ride』をDSD配信開始

33年ぶりとなる本間柑治名義での新作『Sleigh Ride』をDSD配信開始

cokiyuがリミックスEPを特典付きで配信!

cokiyuがリミックスEPを特典付きで配信!

篠木晋也『虹』配信開始!

篠木晋也『虹』配信開始!

BOGEY『青い春』

BOGEY『青い春』

Battlesインタビュー

Battlesインタビュー

aoki laska『about me』リリース&インタビュー

aoki laska『about me』リリース&インタビュー

miaouのプラネタリウムLIVEを高音質配信 & 1曲をフリーで配信

miaouのプラネタリウムLIVEを高音質配信 & 1曲をフリーで配信

LIVE REPORT 2011/11/03 miaou×NOT SQUARES

LIVE REPORT 2011/11/03 miaou×NOT SQUARES

PawPaw『いつかの夢』

PawPaw『いつかの夢』

カケラバンク『バトンタッチ』リリース&インタビュー

カケラバンク『バトンタッチ』リリース&インタビュー

Flower Triangleインタビュー

Flower Triangleインタビュー

*hydrant house purport rife on sleepy『wonderlust EP』OTOTOY独占配信開始!

*hydrant house purport rife on sleepy『wonderlust EP』OTOTOY独占配信開始!

Friends『Let's Get Together Again』

Friends『Let's Get Together Again』

3年振り4作目となるオリジナル・アルバムが完成! miaouインタビュー

3年振り4作目となるオリジナル・アルバムが完成! miaouインタビュー

suzumoku『Ni』

suzumoku『Ni』

Ferri 『A broken carousel』インタビュー

Ferri 『A broken carousel』インタビュー

透明雑誌『僕たちのソウルミュージック』

透明雑誌『僕たちのソウルミュージック』

PLASTIC GIRL IN CLOSET『cocoro』配信開始!

PLASTIC GIRL IN CLOSET『cocoro』配信開始!

Kilk records レーベル・サンプラー 第2弾 & Ferri 先行フリー・ダウンロード開始

Kilk records レーベル・サンプラー 第2弾 & Ferri 先行フリー・ダウンロード開始

folk enoughライヴ版『One man show -DISCO TAPE-2011.01.23』をDSDで販売開始

folk enoughライヴ版『One man show -DISCO TAPE-2011.01.23』をDSDで販売開始

大久保由希『大久保由希』先行配信開始!

大久保由希『大久保由希』先行配信開始!

GHEE『Ⅲ』インタビュー

GHEE『Ⅲ』インタビュー

LIVE REPORT Ringo Deathstarr JAPAN TOUR 2011@4/27 新代田FEVER

LIVE REPORT Ringo Deathstarr JAPAN TOUR 2011@4/27 新代田FEVER

アナ『HOLE』インタビュー

アナ『HOLE』インタビュー

アルファ・レコードの名曲をカヴァー『VELVET SONGS』

アルファ・レコードの名曲をカヴァー『VELVET SONGS』

Bertoia『MODERN SYNTHESIS』をボーナス・トラック付きでリリース&インタビュー!

Bertoia『MODERN SYNTHESIS』をボーナス・トラック付きでリリース&インタビュー!

JOYZ 『Pop-Ups』配信開始

JOYZ 『Pop-Ups』配信開始

L.E.D. EP『I'll』レビュー

L.E.D. EP『I'll』レビュー

Killing Boyインタビュー

Killing Boyインタビュー

HOTEL MEXICO『His Jewelled Letter Box』レビュー

HOTEL MEXICO『His Jewelled Letter Box』レビュー

Chris Olley『The Adventures Of Baron Munchausen By Proxy』インタビュー

Chris Olley『The Adventures Of Baron Munchausen By Proxy』インタビュー

ceroが放つ正解のインディ・ポップ『world record』配信開始!

ceroが放つ正解のインディ・ポップ『world record』配信開始!

青葉市子のセカンド・アルバム『檻髪』が完成!

青葉市子のセカンド・アルバム『檻髪』が完成!

高畠俊太郎 『transfer in flowing lights』配信開始!

高畠俊太郎 『transfer in flowing lights』配信開始!

4 bonjour's parties『okapi horn』インタビュー

4 bonjour's parties『okapi horn』インタビュー

この記事の編集者
鈴木 雄希

OTOTOY編集部で基本的にロックを担当。 せい家で育ちました。

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

THIS IS JAPAN、危機を乗り越え食らいついた新たな“味”──『WEEKENDER』リリース

いまArtTheaterGuildに訪れている変化──オリジナリティに向き合う新作

いまArtTheaterGuildに訪れている変化──オリジナリティに向き合う新作

崎山蒼志、新世代アーティストたちと作る2ndアルバム『並む踊り』

崎山蒼志、新世代アーティストたちと作る2ndアルバム『並む踊り』

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

落とし込むUSのトレンド、提示する新しい色──the chef cooks me『Feeling』

落とし込むUSのトレンド、提示する新しい色──the chef cooks me『Feeling』

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

みなさまに感謝を込めてOTOTOY10周年キャンペーン実施中!

みなさまに感謝を込めてOTOTOY10周年キャンペーン実施中!

【開催直前鼎談】 今年の〈ボロフェスタ〉は自身の感性を信じて踊れ!

【開催直前鼎談】 今年の〈ボロフェスタ〉は自身の感性を信じて踊れ!

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

JYOCHO、新作『綺麗な三角、朝日にんげん』で切り開く第2章

JYOCHO、新作『綺麗な三角、朝日にんげん』で切り開く第2章

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

今年のフジロックではなにが起こっていた?!──〈フジロック 2019〉

今年のフジロックではなにが起こっていた?!──〈フジロック 2019〉

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

TOP