2019/11/06 19:00

受け入れ、変化し、演じる姿が生み出す自分──安月名莉子「be perfect, plz!」2ヶ月連続インタヴュー前編

安月名莉子

OTOTOYではデビュー直後から、その活動を追い続けているシンガー・ソングライター、安月名莉子。これまで3枚のアニメ主題歌シングルをリリースし、その度に異なる曲調、異なる雰囲気で表現の幅の広さを見せてきた彼女が、ニュー・シングル「be perfect, plz!」をリリースしました。TVアニメ『慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜』のEDテーマともなっている今作は、前作でもタッグを組んだタナカ零とともに生み出され、安月名の新たなる魅力が輝く一作になっています。

毎回リリースのたびに、新しい姿を見せている安月名莉子だが、果たして彼女が描くシンガー像とは一体どのようなものなのか? ここまで活動してきて、幅のある楽曲を歌い上げきた彼女がいま一体何を目指しているのか、「be perfect, plz!」からその内容に迫ります。そして、なんと今回のインタヴューは前編と後編(後編は12月に公開予定)の二本立てでお届け! いまシンガーとして大きな飛躍を遂げている安月名莉子に注目を!

TVアニメ「慎重勇者」EDテーマ「be perfect, plz!」ハイレゾ配信中!


INTERVIEW : 安月名莉子

“be perfect, plz!”は一聴しただけではなかなか展開や構造に法則性を見出せない複雑な楽曲だ。咀嚼できないまま猛スピードで曲が進んで行く。しかしそれが、アニメのどこかぶっきらぼうな、ひとりでどこまでも進んで行ってしまいそうな主人公・聖哉に必死に付いていくリスタルテのはやる気持ち、あるいは心躍る様子が表れているようで可愛らしい。

安月名莉子にはこれで3回目のインタヴューとなったが、今作でようやく彼女がどんな人間なのかが見えてきた気がする。自身もシンガー・ソングライターとしての夢がありながらも、現在はアニソン・シンガーとしての道を歩む彼女は、単に聴き手を優しく包み込むタイプのアーティストとは違った等身大な魅力がある。自己表現と演技する自分との間で葛藤する姿もリアルだ。デビューから約1年。彼女はいま、自分とは何かを掴みつつある。

インタヴュー&文 : 荻原梓
写真 : 西村満

今回は自分に対して響く曲

──今回もすごい曲ですね……。なんか安月名さんの曲って、普通じゃないものが多いですよね。

なんでしょうね。私も毎回、曲をいただくたびに驚いてます。でも、どれにもどこか癖になる箇所があって、今回の「be perfect, plz!」だと皆さんと一緒に歌えるパートがあるのもポイントです。そしてオリジナルのダンスもあるのですが、MV用の振り付けと、ライブ用の振り付け、そしてアニメでリスタルテが踊っている振り付けと、全部で3パターンの振りを覚えたんです。

TVアニメ「慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜」ダンスMV
TVアニメ「慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜」ダンスMV

──混ざっちゃいそうですね。

そうなんです。リスタルテの踊っているアニメエンディング映像は分かりやすいいウインクやピースがある可愛らしい踊りなので、みなさんとライヴで一緒に踊れるのが楽しみです。

TVアニメ「慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜」ED映像
TVアニメ「慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜」ED映像

──乗り易いリズムなのでライヴでも盛り上がりそうですよね。さて、そんな新曲ですが、前回のシングル「Glow at the Velocity of Light」(TVアニメ『彼方のアストラ』ED主題歌)に引き続き、今回もタナカ零さんが制作に関わってますね。今作は作詞・作曲・編曲のすべてをひとりで手がけてますが、タナカさんの楽曲についてはどんな印象をお持ちですか?

歌うのがとにかく難しいです。前回の表題曲は作詞をしていただいたのですが、カップリング曲の「たたくおと」は作詞作編曲もしていただきました。それもメロディもアレンジも難易度が高い曲で。でも心に強く残るキャッチーさもしっかりあるんです。今回の「be perfect, plz!」も、細かい音符がたくさんあって、このメロディはこの次どこに飛ぶんだろう……。というワクワク感が常にある曲で、歌い甲斐があります。レコーディングも難しかったです。ひとつひとつの音符をはっきり、ちゃんと言葉の意味が伝わるように心がけてました。

安月名莉子「Glow at the Velocity of Light」MV (TVアニメ「彼方のアストラ」EDテーマ)
安月名莉子「Glow at the Velocity of Light」MV (TVアニメ「彼方のアストラ」EDテーマ)

──この曲って女神・リスタルテ視点ですよね。なので慎重すぎる主人公を支える役、つまり相手を前へ踏み込ませる側の立場なので、ある意味”応援歌”的。

はい。なのでワントーン上げて、明るめの声で歌うようにディレクションしていただきました。ただアニメの話数が進んでいくと、とあることをきっかけにリスタルテにも主人公の聖哉ばかりに頼って後を追うだけじゃなくて、自分の力で自分の道を切り開かなきゃという思いが芽生え始めるんです。そういう前向きな思いを自分自身に言い聞かせる言葉も歌詞には入ってます。

──単に相手のことばかり歌っているんじゃなくて、自分のことも歌っている。

そう思います。いままで歌ってきた曲は自分と重ね合わせられる部分があったのですが、今回は自分に対して響く曲という感じで、自分で歌っていても自分自身が元気づけられるというか……歌ってる自分が頑張らなきゃってなります。

──なるほど。自分自身にも響いているんですね。

それと、リスタルテの純粋な気持ちとか、自分で進んで行かなきゃなっていう決意とか、リスタルテの心の動きが全部書いてあるので、アニメと照らし合わせられる部分が今作は特に多いと思います。

──「たたくおと」といい、タナカさんと安月名さんはとても良いコンビですね。

嬉しいです。タナカさん、本当に天才だと思います。自分の中にないものがたくさん出てきて正直悔しいなって思うこともあります。いままで体験したことない世界に連れていってくれるような……本当に出会えてよかった。あと、ボキャブラリーがどこまであるんだろうといつも思います。アニメの原作を知ってから曲をいただいたので、”ステータス”とか歌詞に出てくると高まるんです。

──アニメに関連するワードがあった方が気分が乗りますか?

そうですね。『彼方のアストラ』の時もそうでした。今回だと〈どれだけかさねた涙目チェーンクエスト〉みたいなフレーズがあると、”勇者に立ちはだかる強い敵が出てきた”みたいなイメージと重なって気持ちが奮い立つというか。

──1番好きな歌詞はどこでしょうか?

サビ前の〈あなたへおねがいはいっこだけ〉です。リスタルテちゃんの可愛らしい気持ちがストレートに出てる部分なので。

まさに”慎重”な撮影でした(笑)。

──MVもまた幻想的で綺麗な作品に仕上がってますね。ロケ地はどこですか?

富士山の周りです。1日で5箇所回りました。

安月名莉子「be perfect, plz!」MV(TVアニメ「慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜」ED)
安月名莉子「be perfect, plz!」MV(TVアニメ「慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜」ED)

──「Whiteout」のMVも富士山の麓でしたよね?

そうでしたね。今回はすごく暑い日に撮ったのですが、洞窟の中は逆に白い息が出るくらいすごく寒かったです。足場もダンス用ではない上に、前日が雨だったので足場が悪くて。衣装が一着しかないから私がコケて泥まみれになったらその日の撮影ごと終わりになっちゃうっていう、まさに”慎重”な撮影でした(笑)。

安月名莉子「Whiteout」MV full
安月名莉子「Whiteout」MV full

──焚き火のシーンや松明、洞窟からの光など、全体的に光が印象的な作品だと思いました。

後半に向けて光が差し込んでくるシーンが増えてきて、幻想的で希望に満ち溢れたものを撮っていただいたんです。歌詞のストーリーにも合っていますよね。

──滝でのシーンも綺麗ですよね。

あのシーンは意外と大変な撮影だったんです。ターンするほど足が沈んでいくという……。なのでその場で振りを変えてくださったりして。

──でもその大変さを感じさせない自然な笑顔が素敵なシーンになっています。

嬉しいです。確かに1番笑顔だったかもしれない。

──監督さんからの特別な指示などはあったんですか?

いえ、「感じるままに」って。こういう動きをしてくださいみたいなのはありました。それで自然な表情を撮れたんじゃないかと思います。ただ、私も頑張りました、周りのスタッフさんはもっとすごくて。映像見ると綺麗ですが、実際はめちゃくちゃ過酷な撮影で、カメラマンさんなんて命懸けでした。足元がすごく滑るし、それに靴の中まで水がびしゃびしゃになるシーンなんて初めての経験でした。でも出来上がったものが綺麗すぎて合成されてるんじゃないかと思われるかもしれませんけど、本物の自然です! って声を大にして言いたいです(笑)。あの洞窟はいつもは開いてなくて誰も入れない場所らしいです。

──その場所を選んだのは監督さんですか?

そうです。監督さんがこの前「監督したTVドラマでここで人を突き落とすシーン撮ったなんて言えない……」ってツイートしてて、リツイートもできないしなって(笑)。MVも公開したばかりだったので「ごめんなさい、これ反応できません!」って心の中で謝ってました。

私、アニソン界の女優になりたいって思っているんです。

──ははは(笑)。いやでも、素晴らしいMVになってます。

ありがとうございます。今作でまた”新しい自分”を見せることができたかなと思います……。毎回毎回インタヴューで”新しい自分”って言っている気がしますが、なんかそれもすごく自分の中では納得していて。私、アニソン界の女優になりたいって思っているんです。

──アニソン界の女優?

これだけ毎回、曲のテイストや歌うアニメのジャンルが違うと「方向性が分からない」とか言われることってあると思うのですが、私はそういうの全然気にしなくて。作品を重ねていく内に「あの時のあの曲を歌ってたの安月名さんだったんだ」って言われることって嬉しいなと思うようになったんです。前までは自分の名前を覚えてもらうためにはどうしようと悩んでいましたが、ようやく1年経って最近は「『彼方のアストラ』の主題歌を歌ってた人、『慎重勇者』も歌ってる人なんだ」って反応も増えてきました。そういう声を聞くとやっぱり間違ってなかったなって思えます。アニメを見て知ってくださった方が主題歌を聴いて「感動した」って言ってくださると、アニメに寄り添うことが実感できて嬉しいんです。なので、これからもどんどんいろんなものを演じていこうと思っています。

──アニソン・シンガーっていまたくさんいますけど、安月名さんのようにもともとシンガー・ソングライターとして活動してた人がアニソン・シンガーになるパターンって少ないですよね。珍しいタイプだと思います。

確かにギター抱えてる人ってあまりいないですね。そこは強みだと思いますが、だからと言って特に自分をこう売っていきたいみたいなものは持っていないです。方向性とかいうのも自分にはなくて。いまはこの活動がすごく楽しくて、人の前でしゃべるとか、生のライヴとか大好きで。

──曲を作りたいっていう自分と、一方で、曲を貰って作品のために歌う自分とが葛藤してるアニソン・シンガーって安月名さん以外にいない気がします。「自分を出したい、でも演じる自分も好きだ」という、その葛藤こそが安月名さんという感じがするんです。

それこそ最初の『やがて君になる』(安月名が初めて主題歌を担当したアニメ)なんて本当の自分がどれか分からないっていうテーマでした。私も自分自身の性格が分からないし、何が自分なのか、いまでもずっと模索し続けてる状態です。

【やがて君になる】OPテーマ 安月名莉子「君にふれて」試聴動画
【やがて君になる】OPテーマ 安月名莉子「君にふれて」試聴動画

──安月名さんってシンガー・ソングライターとしての夢を持っているのに、人に作ってもらった曲を歌う時もすごく楽しそうなんですよね。そこが話してて清々しいです。人によっては自分で作って歌いたいなって人も多いと思います。

曲をいただけることが本当にありがたいんです。自分では絶対書けない曲ばかりで。スタッフさんが「全曲安月名のために、その時の感情が重ね合わせられるような今歌うべき歌をもらってる」って言って下さるのですが、演じる自分と本当の自分の二面性だったり、「Glow at the Velocity of Light」の〈変わりたい 変われない〉みたいな、あまりにも自分にリンクしてる部分が強いなと感じるときがあります。もし自分が書いたら結構ゆったりしたバラードとかダークなものになっちゃうと思うんです。デビュー前の自作曲はそういうものが多かったので、今回みたいに明るい曲とか、自分にないものをいただけることがすごく嬉しくて。だから自由自在に曲を作って歌詞書いて採用してもらえるくらいまでは、まだまだ自分の引き出しを増やしたい気持ちが強いです。

──まさに”レベル上げ”の最中だと。

本当に(笑)。でもたぶん、これからもずっと”新しい自分”って言い続けますね。そうやって言い続けられるこの環境が幸せです。

インタヴュー後編は12月中旬に公開予定! こちらもお楽しみに!

「be perfect, plz!」ハイレゾ音源の購入はこちらから!


編集 : 伊達恭平

LIVE INFO

安月名莉子 Memories Live 2019
2019年12月22日(日)@青山RizM
時間 : OPEN 17:30 / START 18:00

ライヴ詳細はこちらから
https://www.azuna-riko.com/live

安月名莉子の過去作はOTOTOYにて配信中!

過去の安月名莉子へのインタヴュー記事もチェック!

『やがて君になる』に寄り添った彼女の歌声──安月名莉子「君にふれて」ハイレゾ配信開始

安月名莉子『ブギーポップは笑わない』EDテーマで魅せた新たな側面──「Whiteout」ハイレゾ配信開始

安月名莉子の表現に灯る、確かな光──ニュー・シングルに込められた『彼方のアストラ』とのリンク

PROFILE

幼少よりミュージカルやTVへの出演を通し、役者としての表現を学ぶ。

大学進学と同時に自身の思いを形に残すためシンガーソングライターとしての活動を開始。 2018年10月放送TVアニメ『やがて君になる』のOPテーマ「君にふれて」でメジャーデビュー。同時に『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』の挿入歌「Memories」の歌唱に抜擢される。

2019年2月、TVアニメ『ブギーポップは笑わない』のEDテーマ「Whiteout」をリリース。本作のMVではコンテンポラリーダンスを自ら踊り注目を集める。

さらに5月にはゲーム『夢現Re:Master』では「ニエ」役として声優としてのデビューを果たす。

その才能はアニソンシンガーにとどまらず、シンガーソングライターとしてもギターテクニック、繊細な歌唱力が認められオーストラリアのギターメーカー Cole Clarkとエンドース契約を果たし、2019年3月Cole Clark Guitar presents東名阪のツアーを敢行する。また、2019年12月にはCole Clark 安月名莉子シグネチャーモデルの発売を予定。

11月6日(水)、TVアニメ『慎重勇者』EDテーマ「be perfect,plz!」の発売が決定している。

卓越したギター演奏と寄り添う声で、こころを歌い上げる。

安月名莉子 オフィシャルサイト
https://www.azuna-riko.com/

安月名莉子 公式twitterアカウント
https://twitter.com/azuna_riko

この記事の編集者
伊達 恭平

『マチビトサガシ』に詰め込まれた、Machicoが愛したもの

『マチビトサガシ』に詰め込まれた、Machicoが愛したもの

受け入れ、変化し、演じる姿が生み出す自分──安月名莉子「be perfect, plz!」2ヶ月連続インタヴュー前編

受け入れ、変化し、演じる姿が生み出す自分──安月名莉子「be perfect, plz!」2ヶ月連続インタヴュー前編

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.10 いまのメンバー全員と、この先を走るために──トギーはBiSで本音を語る

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.10 いまのメンバー全員と、この先を走るために──トギーはBiSで本音を語る

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.9 ネオ、BiSの“最高“を更新し続けるために──常に自分に向けられた思考の先

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.9 ネオ、BiSの“最高“を更新し続けるために──常に自分に向けられた思考の先

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.8 チャントモンキーが常に見据える“先”のこと──メンバーと向き合い、さらに上へ

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.8 チャントモンキーが常に見据える“先”のこと──メンバーと向き合い、さらに上へ

3776“歳時記”シリーズついに完結!──渋谷WWWワンマン・ライヴがハイレゾ音源で配信開始!

3776“歳時記”シリーズついに完結!──渋谷WWWワンマン・ライヴがハイレゾ音源で配信開始!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.7 ティ部はいつでも研究員のことを見ている!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.7 ティ部はいつでも研究員のことを見ている!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.28 - SUMMER SPECIAL「STEPHENSMITH編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.28 - SUMMER SPECIAL「STEPHENSMITH編」

原点回帰する〈夏の魔物2019〉──成田大致が紡いだロック・ヒストリーを全身全霊で体感せよ

原点回帰する〈夏の魔物2019〉──成田大致が紡いだロック・ヒストリーを全身全霊で体感せよ

ReoNa、過去作品含む一挙ハイレゾ配信開始!

ReoNa、過去作品含む一挙ハイレゾ配信開始!

3776、4年ぶりのフル・アルバム『歳時記』独占ハイレゾ配信開始──衝撃の3776ワールドに飛び込め!

3776、4年ぶりのフル・アルバム『歳時記』独占ハイレゾ配信開始──衝撃の3776ワールドに飛び込め!

安月名莉子の表現に灯る、確かな光──ニュー・シングルに込められた『彼方のアストラ』とのリンク

安月名莉子の表現に灯る、確かな光──ニュー・シングルに込められた『彼方のアストラ』とのリンク

時間、国、人、あらゆる境界を超えて繋がれた情熱のかたち──南壽あさ子『すみれになって』ハイレゾ配信

時間、国、人、あらゆる境界を超えて繋がれた情熱のかたち──南壽あさ子『すみれになって』ハイレゾ配信

藤井丈司とともにハイレゾで聴く『YMOのONGAKU』──OTOTOYハイレゾ試聴会 Vol.4 レポート

藤井丈司とともにハイレゾで聴く『YMOのONGAKU』──OTOTOYハイレゾ試聴会 Vol.4 レポート

nonoc、最新シングル「star*frost」に煌々と輝くアーティストとしての進化

nonoc、最新シングル「star*frost」に煌々と輝くアーティストとしての進化

過去最大級の3776ワールドが接近中! 新アルバム『歳時記』&WWWワンマンで見せる至極の景色

過去最大級の3776ワールドが接近中! 新アルバム『歳時記』&WWWワンマンで見せる至極の景色

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.6 私はステージに立つ側の人間だ──トギーがイメージし続けた自分の姿はBiSにある!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.6 私はステージに立つ側の人間だ──トギーがイメージし続けた自分の姿はBiSにある!

THE THROTTLE、キャラ立ち本格始動──1stシングル『CYCLOTRON』で抜き打つ現代のJ-ロック・シーン

THE THROTTLE、キャラ立ち本格始動──1stシングル『CYCLOTRON』で抜き打つ現代のJ-ロック・シーン

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】vol.5 優等生サブカル少女のマナコ・チー・マナコ、特別な存在になるために選んだBiS!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】vol.5 優等生サブカル少女のマナコ・チー・マナコ、特別な存在になるために選んだBiS!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】ネガティヴでぼっちのネオ・トゥリーズは、BiSで“カッコ良く”なれるのか!?

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】ネガティヴでぼっちのネオ・トゥリーズは、BiSで“カッコ良く”なれるのか!?

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】チャントモンキーは、チャットモンチーを超えるのか!?

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】チャントモンキーは、チャットモンチーを超えるのか!?

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】 イトー・ムセンシティ部 インタヴュー「自分の中のハードルを飛び越える!」

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】 イトー・ムセンシティ部 インタヴュー「自分の中のハードルを飛び越える!」

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】第三期BiS 連載vol.1 初めてのメンバー・インタヴュー掲載。「WACKといえばBiS」に変えたい!!!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】第三期BiS 連載vol.1 初めてのメンバー・インタヴュー掲載。「WACKといえばBiS」に変えたい!!!

Ghost like girlfriendが打ち立てた金字塔──1stフル・アルバム『Version』から確信するJ-POPの未来!

Ghost like girlfriendが打ち立てた金字塔──1stフル・アルバム『Version』から確信するJ-POPの未来!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】連載vol.0 渡辺淳之介

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】連載vol.0 渡辺淳之介

【ライヴレポート】Vocal & Dance Collection Live Vol.3 Supported

【ライヴレポート】Vocal & Dance Collection Live Vol.3 Supported

山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉

山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

瀧川ありさ、音楽とともに人生を歩む理由─TVアニメ『ドメスティックな彼女』EDテーマ「わがまま」

瀧川ありさ、音楽とともに人生を歩む理由─TVアニメ『ドメスティックな彼女』EDテーマ「わがまま」

柳樂光隆 × 高橋健太郎 〈Nonesuch Records〉を聴く──OTOTOYハイレゾ試聴会Vol.2レポート

柳樂光隆 × 高橋健太郎 〈Nonesuch Records〉を聴く──OTOTOYハイレゾ試聴会Vol.2レポート

MYTH & ROIDが創造した“答えのない世界”──NEWシングル「shadowgraph」ハイレゾ配信開始

MYTH & ROIDが創造した“答えのない世界”──NEWシングル「shadowgraph」ハイレゾ配信開始

nonoc、熱量を増した歌声で最前線へ──『魔法少女特殊戦あすか』OPテーマ『KODO』ハイレゾ配信

nonoc、熱量を増した歌声で最前線へ──『魔法少女特殊戦あすか』OPテーマ『KODO』ハイレゾ配信

安月名莉子『ブギーポップは笑わない』EDテーマで魅せた新たな側面──「Whiteout」ハイレゾ配信開始

安月名莉子『ブギーポップは笑わない』EDテーマで魅せた新たな側面──「Whiteout」ハイレゾ配信開始

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

3776からの“ダイナミクスへの誘い” 春のワンマンはどうなる!?──『季刊井出ちよのVol.5』ハイレゾ配信開始

3776からの“ダイナミクスへの誘い” 春のワンマンはどうなる!?──『季刊井出ちよのVol.5』ハイレゾ配信開始

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

“気持ちよさ”の追求はオリジナリティの洗練へ──STEPHENSMITH新アルバム『ESSAY』リリース

“気持ちよさ”の追求はオリジナリティの洗練へ──STEPHENSMITH新アルバム『ESSAY』リリース

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

過去を見ることから生まれた未来──QUADRANGLE、話題TVアニメOPテーマ「PARADOX」ハイレゾ配信開始

過去を見ることから生まれた未来──QUADRANGLE、話題TVアニメOPテーマ「PARADOX」ハイレゾ配信開始

『やがて君になる』に寄り添った彼女の歌声──安月名莉子「君にふれて」ハイレゾ配信開始

『やがて君になる』に寄り添った彼女の歌声──安月名莉子「君にふれて」ハイレゾ配信開始

3776、3月にワンマン・ライヴ決定!さらに待望の『季刊井出ちよのVol.3&4』ハイレゾ独占配信を開始!

3776、3月にワンマン・ライヴ決定!さらに待望の『季刊井出ちよのVol.3&4』ハイレゾ独占配信を開始!

『Re:ゼロ』主題歌での鮮烈デビュー。──いまだ謎多き新人シンガーnonocの素顔を暴く!

『Re:ゼロ』主題歌での鮮烈デビュー。──いまだ謎多き新人シンガーnonocの素顔を暴く!

【連載第16回】2018年の10月配信のマスト・チェックなアニソン作品はこれだ!!

【連載第16回】2018年の10月配信のマスト・チェックなアニソン作品はこれだ!!

【連載第15回】 スウェーデン×沖縄? ラスマスフェイバーが作り上げた、グルーヴ感溢れる「はるかなレシーブ」の音楽を聴く!

【連載第15回】 スウェーデン×沖縄? ラスマスフェイバーが作り上げた、グルーヴ感溢れる「はるかなレシーブ」の音楽を聴く!

現代において「音楽を買う」という価値を再考するー【対談】城 隆之(no.9) × 太田伸志(Steve* Music)

現代において「音楽を買う」という価値を再考するー【対談】城 隆之(no.9) × 太田伸志(Steve* Music)

【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第14回 ──「色づく世界の明日から」

【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第14回 ──「色づく世界の明日から」

【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第13回

【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第13回

ダンス、ラップ、歌唱、あらゆるパフォーマンスが躍動する美しい獣

ダンス、ラップ、歌唱、あらゆるパフォーマンスが躍動する美しい獣

【REVIEW】冴え渡るアレンジが斬りふせる先入観!ーSuara『理燃-コトワリ-』& AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.2』

【REVIEW】冴え渡るアレンジが斬りふせる先入観!ーSuara『理燃-コトワリ-』& AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.2』

MONACA岡部啓一の音楽が彩った作品たち

MONACA岡部啓一の音楽が彩った作品たち

UN.a、5曲連続リリース最終作『INDUSTRIA』ハイレゾ配信スタート

UN.a、5曲連続リリース最終作『INDUSTRIA』ハイレゾ配信スタート

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

“音そのもの”を考えた音楽会──ハイレゾ音源+記録映像という配信形態に凝縮された、アルプの試みとは?

“音そのもの”を考えた音楽会──ハイレゾ音源+記録映像という配信形態に凝縮された、アルプの試みとは?

楠田亜衣奈が歌う、7つの『愛』のかたち──『アイナンダ!』ハイレゾ配信開始!

楠田亜衣奈が歌う、7つの『愛』のかたち──『アイナンダ!』ハイレゾ配信開始!

“暦”が宿るピアノの調べ、季節が巡るイマジネーションの発露──スガダイロー『季節はただ流れて行く』ハイレゾ独占配信!

“暦”が宿るピアノの調べ、季節が巡るイマジネーションの発露──スガダイロー『季節はただ流れて行く』ハイレゾ独占配信!

TOP