2019/10/23 18:00

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」──楽曲とともに振り返る10年間の活動

2019年、結成10周年を迎えたロック・バンド、Drop's。2009年に北海道・札幌にて結成し、メジャー・デビューや幾度かのメンバー・チェンジを経つつ、2017年に現在のドラマー、石川ミナ子が新たに加入し、新生Drop'sとして活動を続ける彼女。そんな彼女たちも10年の活動の中で、5枚のフル・アルバムと、4枚のミニ・アルバムをリリースし、およそ90曲を作り上げてきた。今回10周年記念企画として、約90曲の楽曲の中からメンバーお気に入りの楽曲を3曲発表してもらう「Drop'sの楽曲TOP3」を実施。製作時のエピソードから、それぞれの好きなポイントまでワイワイと語ってもらいました。

約3年半ぶり、新体制初のフル・アルバム

INTERVIEW : Drop's

今回、10周年記念企画として、メンバーの4人が選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」を発表してもらい、全員でその楽曲の魅力や制作エピソードなどを語ってもらった。それぞれが選んだ曲やその理由、曲に対する思いを感じ取りながら読んでほしい。Drop'sをずっと聴いてきたファンは自分の中の曲への思いと重ね合わせられると共に、新たな曲の魅力も発見できるはず。また、新しいファンにとっては彼女たちの音楽をより深く知る最良のガイドになるのではないだろうか。また、フル・アルバム『Tiny Ground』を携えて未来へと歩き始めた4人の現在の心境も訊いてみた。

インタヴュー&文 : 岡本貴之
写真 : 鹿糠直紀

「Drop'sの楽曲TOP3」、まずは各メンバーの第3位から発表です

──Drop‘sの楽曲は新作『Tiny Ground』の曲を含めると90曲ぐらいあるということで、3曲を選ぶのは大変だと思いますが、それぞれ考えてきていただいたということで。早速発表してもらいましょう。

(〜じゃんけんで勝った順に発表することに。その結果、小田、石川、荒谷、中野の順に決定〜)

小田満美子の第3位 : “かもめのBaby”(フル・アルバム『HELLO』収録)

“かもめのBaby”MV
“かもめのBaby”MV

小田満美子(Ba) : 私は、3曲の順位はあまり決めてないんですけど、最初の1曲は“かもめのBaby”です。好きな曲って、自分の中で「聴くのが好きな曲」と「弾くのが好きな曲」があるんですけど、“かもめのBaby”は、ライヴでやるのも好きだし、演奏していて楽しい曲です。制作したのは結構前ですね。

石川ミナ子(Dr) : 私はまだ入る前ですね。

荒谷朋美(Gt) : 『HELLO』が2014年だから、もう5年前だね。覚えてる?

小田 : どうやってできたか覚えてない(笑)。

中野ミホ(Vo&Gt) : どうだったっけなあ(笑)。あ、でも“コール・ミー”とかの後だよね。

荒谷 : これ、レコーディング一番最後にしなかった?

小田 : ああ〜そんな気がする。

荒谷 : 『HELLO』で一番最後に出来た曲で。最後にみんなでクラップを入れているんですけど、それを入れた後に、このアルバムの最後の曲じゃないかっていう流れになった覚えがあります。

中野 : 昭和歌謡にハマっている時期に作ったんだと思います。タイトルもずっと決まらなくて最後に出来たんじゃなかったかな。タイトルを付けたときは、みんな笑ってた気がする。

小田 : “かもめのBaby”だもんね。でもいいなって思った。演奏面だと、ベースから始まる曲だし、リズムが軽やかなので。ライヴのセットリストの中ではガラッと雰囲気を変えることができる曲だと思うので。乗せやすいし、自分も乗りやすいという感じです。

石川ミナ子の第3位“マイハート”(フル・アルバム『Tiny Ground』収録)

石川 : 全体的に、私は内容が苦しんでる曲が好きで(笑)。すべてハッピーというよりも、苦しい中で頑張るというか、ブルースとかに近い、何かを耐えて何かを生むみたいな、力強い曲が好きなんです。この曲は、アルバムの中で一番最後に出来た曲で、全体を通して曲を並べてみたときに、アップテンポで前に転がるような曲がないねっていうことになって、パッと中野さんが作ってくれたんです。そういう勢いのある制作過程もすごく好きだし、自分たちにあるナチュラルな感じで曲が出来たと思います。それに、歌詞もすごく好きで。「まるでどうしようもない」みたいな。自分でもよく思う言葉で、「本当どうしようもないな、困っちゃうな」っていうことが日々あるので、すごく共感できる、心にまっすぐハマった曲ですね。

中野 : これは、日々思っていることというか、ポロっと「ああ…」って帰り道に思っているようなことを書いたので、誰でもちょっとは当てはまったり、「そういうときあるよね」って共感してもらいたい歌詞だったので、そう言ってくれてすごくうれしいですね。最初は、この曲がない状態でアルバムを完成させようとしていたんですけど、この曲が出来たときに、キレイにまとめ上げるよりもこっちの方が自分たちらしいなと思って。どうしようもない、ぜんぜん変わってないところもいっぱいあるけど、このままずっと行くんだろうなみたいな、転がって行く感じが図らずも出たところがすごく良かったかなと思います。

荒谷朋美の第3位 : “星の恋人”(フル・アルバム『HELLO』収録)

荒谷 : 小田も言ってましたけど、聴くのが好きな曲と演奏するのが好きな曲っていうのが私もなんとなくあるんです。この曲は、弾くのが好きな曲ですね。結構ギターロックというか、8ビートで突き進む感じがあるんですけど、ただ熱いだけじゃなくて、切なくて内側が熱い感じというか。弾いているときも、エモい感覚になります。歌詞に出てくる風景も、札幌時代に中野と近いところに住んでいたこともあって、「ここのことを歌ってるんだろうな」っていうことがわかるので、そこも好きです。

中野 : 北海道って、星がめっちゃ綺麗なんですよ。帰り道にチャリで本当に誰もいないカーブをサ〜って走っていくときの夜空をわかってくれているんだろうなって思います。

小田 : 私も弾くのが好きな曲ですね。内側が熱いっていう感じで。

荒谷 : 内側が熱いよね(笑)。

中野ミホの第3位 : “ふたりの冬”(ミニ・アルバム『organ』収録)

中野 : 自分の好きな人のことを考えてうっとりしている感じというか、そういうときの気持ちをそのまま書いたラブソングです。本当にすごくうっとりした感じ(笑)。〈壁にひたした トランペット〉という歌詞があるんですけど、喫茶店とかで1人でぼ〜っと壁をずっと見ながら流れている音楽を聴くとか、そういう時間もフワ〜ッとしてうっとりしていて。それをそのまんま書きました。あと私、三拍子が好きなんですよ(笑)。ゆったりしたリズムが好きで、アルペジオで始まる感じとかも好きで、エレキギターで1人でずっと弾いてられるみたいな気持ち良さがあって(笑)。でもこれはやっぱり、ミナ子さんとやってみて「ああ〜いいわあ」と思いました。最初からみんな、スッとなんの問題もなく合わせられた思い出があります。

石川 : 私が入る前から曲自体はあったみたいで。前のドラマーのレイカちゃん(奥山レイカ)が叩いている音源を聴かせてもらってスタジオに入ったんです。なるべく自分流に、どうやるかを結構考えた曲でした。最初に中野さんが、体をフワフワさせながら弾くんですよ。

荒谷・ 小田 : ああ〜(笑)。

石川 : それに合わせて全体を持って行くみたいな。ライヴで中野さんの動きを見ていただければフワフワ感がわかると思います(笑)。

小田 : たしかに、中野のイントロをそのまま全員でやろうという空気はありますね。

続いて第2位の発表!!

小田満美子の第2位 : “SWEET JOURNEY BLUES”(ミニ・アルバム『trumpet』収録)

小田 : 曲自体は、2016年ぐらいからあったんですけど、そこから形に出来ないままで。2017年1月にライヴで初披露しました。さっき荒谷が選んだ“星の恋人”で“内側が熱い”って言ったんですけど、これは内側の熱さが外に出てきちゃった感じ。すごく語彙力ないですけど、“エモい”って感じです(笑)。

荒谷 : ははははは(笑)。

小田 : ライヴではやっていた曲なんですけど、『organ』を作ったタイミングでも、「ここじゃなくて次だな」って収録しなかったので、『trumpet』でやっと形にできたという気持ちがありました。

中野 : 北海道から出るときに、最後にやろうって作った曲です。自分の区切りというか、生まれ育った街とさよならして次に行くという、1つの別れの歌というか。みんなに「バイバーイ!」っていう感じじゃなくて、静かに自分の中でさよならを言う気持ちで作りました。1人から曲が始まって、最後みんなになるみたいな感じがある曲です。

石川 : これも私が入ったときにはだいたい出来ていた曲で、レコーディングは自分がはじめてというパターンの曲です。ライヴの大事なところでやりたい曲ですね。

石川ミナ子の第2位 : “春の羊”(フル・アルバム『Tiny Ground』収録)

石川 : ラヴ・ソングなんですけど、ぜんぜんハッピーな感じでなくて、駄々をこねているというか(笑)。

中野 : こねてるよね〜(笑)。

一同 : ははははは(笑)。

石川 : 超わがままな感じで、勝手に泣いちゃってるみたいな。女の理不尽な部分というか、なんかこう「女だなあ」っていうか、女4人でやってるなあっていう(笑)。

荒谷 : そりゃそうだね(笑)。

石川 : まったく論理的じゃないというか。でも、そこが女だから気持ちがわかるという曲で。この曲は、アルバムの曲をまず演奏を録って後から歌を乗せるときに、一番最初に歌録りをはじめたんです。最初の歌入れのときから、自分が何故か涙が止まらなくなってしまって。中野さんが4、5回試しに歌ってるときもずっと涙が止まらなくて、異様な光景になってしまったんですけど(笑)。なんでそんなに泣いたのかという説明はできないんですけど、何か琴線に触れてしまったんです。そういう思い入れがあって好きな曲ですね。最後の方の歌詞が特に好きです。結局曲の主人公が言えたのかはわからないんですけど、「言わなきゃな、伝えないとな」ということを、できずに終わってしまうことも人生では多々あると思うんです。そういうことが自分の中で強く思い出されて、「ああ、次はやらなきゃな」っていう気持ちになる曲です。

──この曲と次の“マイハート”って、続いているんですか?“春の羊”に出てくるような自分がどうしようもないっていうことなのかなって。

中野 : いや、そこはまったく関係なく書いてますね。

石川 : たぶん、最近の中野さんに、そういう気持ちが占めている部分があるんじゃないかなって。そこにシンパシーを感じますし、私が“マイハート”と“春の羊”が好きなのも、たぶんそういうストーリーがあるからだと思ってます。

中野 : ああ〜なるほど、そうか。それはうれしい。

小田 : この曲の最後の方のアレンジは、「ドラマティックにしよう」って言って作ってます。

中野 : もう、ドラマティック以外、何もいらないみたいな(笑)。私も歌入れのとき、半分泣いてたので。何故かはわからないけど。弾き語りでもたまにやっていて、そのときも最後の歌詞のところはウワ〜ってこみ上げちゃって。自分がそうなる曲ってそんなに書けないから、この曲は本当に書けて良かったなって思います。

荒谷 : この曲は演奏もエモさが爆発してますね。

中野 : さっきから「エモい」しか言ってない(笑)。

一同 : ははははは(笑)。

荒谷朋美の第2位 : “毎日がラブソング”(ミニ・アルバム『trumpet』とフル・アルバム『Tiny Ground』収録)

“毎日がラブソング”MV
“毎日がラブソング”MV

荒谷 : 『trumpet』のときに多保さんと一緒に作った曲です。根っこはすごく古い音楽なんですけど、音像は今の音楽とも太刀打ちできるような、ぜんぜん古臭くない曲で。その両立具合が、上手く行った感覚があります。自分たちのやりたいことを曲げてもいないし、新しいことにも挑戦しているという意味では、結構理想的な曲だなって思います。

石川 : 自分たちが好きなものと古臭くなりすぎない曲っていうのは、最近のテーマで。今言われて、たしかにこの曲は理想だなって気が付きました。

荒谷 : そうだよね。1つ大きな元になるものができたという感覚があります。

石川 : 他の曲でもそうなんですけど、荒谷は新しさを重点的に考えていて、他の3人は曲の内容とかグッとくるかどうかというところを気にしていて、新しさというところにあんまり頓着がないんですよ。そこを荒谷が結構頑張ってくれているというか。“毎日がラブソング”は、これからどんどんやっていきたい理想的な曲の形だなって思います。

小田 : この曲はハッピーが全開だなって(笑)。ライヴでやるときにお客さんを見てると、だいたいみんな笑顔なんですよ。対バンのライヴとかであんまりDrop'sを知らずに観ていたお客さんで、今まで無表情だった人もちょっと笑ってる気がする曲です。

中野 : これは多保さんが持って来てくださったので、一番最初はみんなで聴いた感じです。その後に歌詞とメロディを私と多保さんで精査していった感じですね。他の曲は、最初に弾き語りでみんなに聴かせるんですけど。

──そういうときって、どういう気持ちで聴かせているんですか。というのも、昔ブルーハーツ時代の甲本ヒロトさんが雑誌で「はじめて曲をメンバーに歌って聴かせるときがめちゃくちゃ恥ずかしい」と言っているのを読んだことがあって、ちょっと驚いたんですよ。中野さんはどうですか?

中野 : めっちゃ恥ずかしいですね。「まだこれ、ぜんぜん完成じゃないから! 完成じゃないから!」って(笑)。

一同 : (爆笑)。

石川 : 前置きがすごいよね(笑)。

小田 : たしかに(笑)。

荒谷 : 「まだメロとかぜんぜん決まってないから!」とか(笑)。

中野 : 「ぜんぜんこれ決まってないから!」って、めっちゃ前置きをしてから聴かせます。

──(笑)そうやって聴かせた結果、3人はどういう反応になるんですか。

中野 : 「ああ、はい」みたいな感じだよね?

荒谷 : 「なるほど、なるほど」みたいな。

中野 : そこで「うわ〜!」とはならないよね? そんなに完成してないもんね?

荒谷 : こういう感じです。

一同 : ははははは(笑)。

中野ミホの第2位 : “どこかへ”(フル・アルバム『DONUT』収録)

“どこかへ”MV
“どこかへ”MV

中野 : この曲は、矢崎仁司監督の『無伴奏』という映画に曲を書いてほしいというお話をいただいて作った曲です。最初に原作の小説を読ませてもらって、まったく別の曲を書いていたんですよ。もっと激情的な今思うと昼ドラみたいな曲を(笑)、割と完成まで書いていたんですけど、監督さんに「これはちょっと違う」と言われて。そこから私も映像を見てみたら、「あっ違う、これじゃなかった」と思って、一から作り直した結果、この“どこかへ”が出来たんです。アコギのアルペジオで1人で始まる最初の「ズンチャ〜ズンチャ〜」っていうフレーズとか、映像を観たときに、これ以外はないという感じで浮かんできて。歌詞も、最初に作った曲は小説とか映画ということをすごく考えてこねくり回して作ったんですけど、“どこかへ”は自分そのもののことを書いてくださいって監督さんにおっしゃっていただいて、本当にそのままを書いたんです。その結果、映画の最後に流れたときにすごく良くて。今でもライヴでやってるし、自分の中で「これだな」というものが大きくできた曲です。

いよいよ栄えある第1位!

小田満美子の第1位 : “EAST 70”(フル・アルバム『Tiny Ground』収録)

小田 : 1位というよりは、いま一番のお気に入りという感じです。今回のアルバムは、結構「自分と相手」みたいな曲がほとんどだと思うんですけど、この曲は友だちについての曲なんですけど、そういう曲は今までなかったなという感じで、新鮮な感じがします。懐かしい気持ちと、今もお互い頑張っているという歌詞が好きですね。曲調としてすごく爽やかな感じで、曲作りの段階で、「こういう風にしよう」って目指したものがそのままできた気はしていて。良い形でできたなと思っています。

中野 : この曲は、札幌で高校に通っていたときに、すごく仲のいい友達がいて、その子と同じバスで通学していたときのことで、そのときに話したこととかを思い出して、はじめて友だちについて歌った曲です。タイトルの“EAST 70”はみなさんに言われるんで自分から言いますけど(笑)、東70というバスの系統のことで。

──へえ〜そうだったんですね。

中野 : あっそうですか?

荒谷 : ぜんぜんバレてなかった(笑)。

──バスに乗ることがほとんどないので(笑)。

中野 : 札幌に行ったらみんなに言われます。「これ、バスのことですよね?」って。

石川 : 私もわからなかったです。

中野 : ああ〜、東京の人はわからないのかも。言わなきゃ良かった(笑)。

一同 : あははははは(笑)。

中野 : 謎めかしておきたい部分もあったんですけど、まあいいです(笑)。

石川ミナ子の第1位 : “どこかへ”(フル・アルバム『DONUT』収録)

石川 : 最初にやったときは、さっき中野さんが話した映画のエピソードとかはぜんぜん知らなかったんですけど、自分がこのバンドに入って新しい曲だけじゃなくて、昔の曲もライヴのレパートリーとして増やそうという話になったときに、自分が一通りDrop'sの曲を聴いて選んだ曲の1つです。そのストーリーを知らずとも、他にも結構ある中野さんの三拍子シリーズの中で、一番中野さんらしいなっていう気がします。シンプルなんですけど、すごく中野が出たっていう感じの曲で。最初に聴いたときからすごく好きで、ライヴでやるようになってからはどんどん好きになっていった曲です。弾き語りでもやっているときに、客席から観ているときもやっぱり好きで。何故かはわからないんですけど、「中野ミホ」っていう感じがすごくしていて、「このヴォーカルはすごくいいな」って毎回思うし、メンバーとして自信が持てる曲です。いつ聴いても泣きそうになっちゃう曲なので、1位です。

荒谷 : この曲は私も、3曲の中に入れようかどうしようか迷った曲で、すごく好きです。演奏していても、中野の弾き語りを聴いても、グッときます。何かわからないけど泣きそうになるというのはありますね。

小田 : 本当に、「中野ミホ」っていう感じの曲ですね。

中野 : ははははは(笑)。

石川 : 私は、この曲は自分の曲をやっているという感覚があんまりなくて。自分が入る前に出来てた曲だし、「好きな曲を好きな人とやっている」という感覚に近くなるんです。純粋に、ファンとして好きな曲だから1位なのかもしれないです。

中野 : ああ〜それはうれしいなあ。

荒谷朋美 第1位 : “未来”(EP『未来』とライヴ・バージョンがミニ・アルバム『trumpet』収録)

“未来”MV
“未来”MV

荒谷 : Drop'sの曲の中で一番聴きました。たぶん、私のiTunesでトップになってるぐらい、一番好き(笑)。私の中で一番、ウッと泣けるポイントがあるというか、何かくるんですよね。

中野 : どのへんがくるの?

石川 : 荒谷が泣くなんて想像がつかない。

中野 : そうだよね、この「鉄の女」が(笑)。すっごい気になる。

荒谷 : 「鉄の女」(笑)。

小田 : ははははは(笑)。

──荒谷さんはバンド内で鉄の女と呼ばれているんですか(笑)。

荒谷 : そうなんですよ、ラヴ・ソングがあまりわからないって言ってたら、鉄の女って言われるようになって(笑)。「そういう人もいるんだな」っていう感じで聴いちゃうんだよね。

中野 : ああ〜、なるほど。

荒谷 : ラブソングが自分に当てはまるっていう感覚じゃなくて、人がそれを歌ってるのを見て、「いやあ、すごく切ないね」みたいな感覚でラブソングを良い曲だなって思うことはあるんですよ。でもなかなかそれが難しくて、鉄の女説が出たんですけど(笑)。この曲もラヴ・ソングではあるんですけど、自分の中ではラブソングとして捉えているわけではなくて、大切な人、家族、友だちとかを思ったときに、そういう感情はあるなって。それと、自分の演奏もあって、すごく切ないというか、「聴いて!」っていう気持ちになるんです。ワンマンとかで最後に方になると「泣けるわ〜」っていう気持ちになりますね。

──小田さん、いまのお話を聞いていかがですか?

小田 : 私もどっちかというと、「鉄の女」寄りなので(笑)。

荒谷 : 私は結構、仲間だと思ってるよ?

一同 : (爆笑)。

小田 : たしかに自分に当てはまるという感じではないかもしれないですけど、グッとくるところはすごくわかります。

石川 : 荒谷が“未来”を1位にしたのって、すごく意外だった。

中野 : たしかに、意外!

荒谷 : そんなに意外なんだ?

石川 : もっと鉄っぽいと思っていたから(笑)。

一同 : ははははは(笑)。

荒谷 : 鉄っぽいって何(笑)。

石川 : もっと無機質というか、単純にギターがかっこいいぜ! みたいな曲を選ぶかと思ったら、意外と心に触れる曲を選んだから(笑)。

荒谷 : 意外呼ばわりがすごいな(笑)。

石川 : 私も、“未来”は好きな曲の上位に入る曲です。荒谷が言ったみたいに、自分もすごく高ぶるんですけど、「これを伝えたい」というか、これをステージでやってこそだなって思うので、ライヴに欠かせない曲です。自分がお客さんでライヴに行くなら感動したいし、それを自分たちの曲でできるのがこの曲だと思っています。

中野ミホの1位“未来”(EP『未来』とライヴバージョンがミニ・アルバム『trumpet』収録)

中野 : 私、気が付いたら3曲とも三拍子を選んでいるんですよ(笑)。この曲もラブソングなんですけど、恋をしたら最初の頃って、バラ色でウキウキして楽しいじゃないですか?でもちょっとずつすれ違いとか、「あれ?」って思うこととか、みんなあると思うんです。それでも好きでいたいけど、その気持ちと噛み合わなかったりとか、すごく微妙でフワフワしていて、淡いんだけどちょっと辛くてっていう気持ちを、言葉選びの面ですごく丁寧に書けたというか。そのときの自分の気持ちを一番繊細に書けた曲です。あと、MVがときどき夜中に1人で観て泣くぐらい好きで(笑)。

石川 : Drop‘sは泣きたがりなのかもしれない。ちょっと辛いみたいなのがみんな好きだから(笑)。

中野 : そうかも(笑)。あのMVは本当に観て欲しいです。

──1位に選んだ曲だけに、メンバーのみんなが好きって言ってくれるのはうれしいんじゃないですか。

中野 : うれしいですね。こういう8分の6拍子(三拍子)は、結構Drop'sの強みだと思っていて。この曲をミナ子さんと合わせたときに、「やったー!」みたいな感じになったよね?

荒谷・小田 : うん、うん。

中野 : 自分たちに合ってる曲だと思うし、今でも好きな曲ですし、残っていってほしい曲ですね。

──3曲ずつ発表してもらいましたけど、終わってみていかがでしたか?

石川 : おもしろかったです。「鉄」ゾーンが(笑)。

一同 : ははははは(笑)。

荒谷 : 本当はもっと、悩んだ曲もいっぱいあったんですけど。

中野 : ああ〜そうだよね。

──日が違ったら、別の曲を選んでいたかも?

石川 : その可能性はあります。

荒谷 : でも、その中でも常にいる曲たちを選んだ感じでした。

小田 : そうだね。

石川 : ああ、たしかにそれはあるね。

メンバーが選んだTop3はこちら




小田満美子(Ba)のTop3
第1位 : “EAST 70”(フル・アルバム『Tiny Ground』収録)
第2位 : “SWEET JOURNEY BLUES”(ミニ・アルバム『trumpet』収録)
第3位 : “かもめのBaby”(フル・アルバム『HELLO』収録)



石川ミナ子(Dr)のTop3
第1位 : “どこかへ”(フル・アルバム『DONUT』収録)
第2位 : “春の羊”(フル・アルバム『Tiny Ground』収録)
第3位 : “マイハート”(フル・アルバム『Tiny Ground』収録)



荒谷朋美(Gt)のTop3
第1位 : “未来”(EP『未来』とライヴ・バージョンがミニ・アルバム『trumpet』収録)
第2位 : “毎日がラブソング”(ミニ・アルバム『trumpet』とフル・アルバム『Tiny Ground』収録)
第3位 : “星の恋人”(フル・アルバム『HELLO』収録)



中野ミホ(Vo&Gt)のTop3
第1位 : “未来”(EP『未来』とライヴ・バージョンがミニ・アルバム『trumpet』収録)
第2位 : “どこかへ”(フル・アルバム『DONUT』収録)
第3位 : “ふたりの冬”(ミニ・アルバム『organ』収録)

10周年を迎えて

──10周年を迎えて4人ではじめてのフル・アルバムをリリースしたいまのお気持ちを改めて聞かせてください。

石川 : 私は10年このバンドにいるわけではないですけど、なるべくメンバーと同じ気持ちを持ちたいなと思っています。自分の10年を思い出してみたときに、私がペーペーで薄っぺらなときからこの3人はやってるんだなって(笑)。メンバーチェンジもありましたけどバンドが続いているというのはすごいことなので、せっかく私もこの流れに加わったからには、今まで作り上げてきてくれた前のメンバーにも感謝して、もっと良い曲を作りたいし、もっと良いライヴをしたいし、もっと良い形を作りたいという気持ちが強いです。私は今回のツアーではじめてお会いするお客さんが多いと思うんですけど、そういう人たちにも自分が入って良かったなって思ってもらえるように頑張りたいです。

小田 : 『Tiny Ground』は、10年を振り返ってというよりは、これまで培ってきたものの上に出来たものみたいな気がします。まだまだこれからだと思いますし、やりたいこともあるなって思います。10周年のありがとうという気持ちも込めてツアーもやりますけど、これからもよろしくおねがいします、という気持ちが強いです。

荒谷 : 10年経ったんですけど、ミナ子さんが入ったタイミングで新しいバンドをはじめたような気持ちで。この体制になってからは2年半、全部合わせて10年ですけど、本当に今新しくはじめたっていう気持ちが強いです。でも、これまでDrop'sとしてやってきた10年はたしかにあるものだし、今回こういう企画ということもあって、昔の自分たちの曲を聴き直したんですけど、「結構良い曲いっぱいあるじゃん」って思ったので(笑)。本当にここまでやってきて良かったなって思うし、10年というのも記念ではあるけれども通過点の1つだと思うので、今まで聴いてきてくれたお客さんに感謝の気持ちを持ちつつ、これからもずっと頑張りたいなと思います。

中野 : 私もぜんぜん、10年という気はしていなくて、東京に出てきてミナ子さんが入ってそこからまたスタートしたっていう気持ちが強いです。でも、これだけ曲があるということは大事にしたいし、自分がこの10年変化してきたことが、全部曲になっていると思うので、それを私はこれからも曲にして残していきたいと思っています。これからもよろしくおねがいします。

編集 : 鈴木雄希

『Tiny Ground』のご購入はこちらから


過去作もチェック!

新→古

過去の特集ページ

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

LIVE SCHEDULE

Drop's 10th Anniversary ONE MAN TOUR 2019『Tiny Ground』
2019年10月23日(水)@愛知 名古屋CLUB UPSET
時間 : OPEN 19:00 / START 19:30

2019年10月25日(金)香川 高松TOONICE
時間 : OPEN 18:30 / START19:00

2019年10月26日(土)広島 広島セカンドクラッチ
時間 : OPEN 16:30 / START 17:00

2019年10月28日(月)福岡 福岡graf
時間 : OPEN 18:30 / START 19:00

2019年11月1日(金)宮城 仙台enn3rd
時間 : OPEN 18:30 / START 19:00

2019年11月4日(月・祝)北海道 札幌KRAPS HALL
時間 : OPEN 16:30 / START 17:00

2019年11月12日(火)大阪 心斎橋JANUS
時間 : OPEN 19:00 / START 19:30

2019年11月15日(金)東京 渋谷CLUB QUATTRO
時間 : OPEN 18:30 / START 19:30

【詳しいライヴ情報はこちら】
http://drops-official.com/schedule/

PROFILE

Drop's

2009年北海道・札幌にて同じ高校の軽音楽部で出会った中野・荒谷・小田らによりDrop'sを結成。

中野ミホ(Vo)の圧倒的ヴォーカルを基軸にしたブルージーなサウンドが醸す強烈なインパクトと時代に決して媚びない独特な存在感は結成当時より話題に。

2013年メジャーデビュー。デビュー以来4枚のフル・アルバムと2枚のミニ・アルバムなどをリリース。直木賞作家の小池真理子の半自叙伝的文学作品としても高い評価を得た映画『無伴奏』や性暴力について描かれた問題作、映画『月光』などで主題歌として起用される他、最近ではJR東日本「行くぜ、東北。SPECIAL 冬のごほうび」といったCMでもVo.中野ミホが歌起用されるなど、これまでのライヴ・バンドとしての活動に留まらずアーティストとしての幅を広げていく。

2017年、活動拠点を地元・札幌から東京に移すと同時に新ドラマー石川ミナ子が新たに合流。新生Drop'sとして活動が始まる。

2018年12月、新生Drop'sとしては初めてとなる約2年半ぶりのスタジオ・レコーディング・ミニ・アルバム『organ』が完成。Drop'sあこがれの作曲家・多保孝一氏と中野ミホの初共作となったリード曲“Cinderella"ではこれまであまり見られなかったダンサブルなリズムや印象的なリフを取り入れバンドは新たなステージへ。

2019年3月にはミニ・アルバム『organ』とは姉妹作品となるミニ・アルバム『trumpet』のリリースも発表! バンド結成10周年! 進化を遂げたDrop'sサウンドはもう鳴り止まない!

【公式HP】
http://drops-official.com/
【公式ツイッター】
https://twitter.com/Drops_official

この記事の筆者
岡本 貴之

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

Hump Back、青春と日常が刻まれた記念碑的なメジャー1stフル・アルバム『人間なのさ』

Hump Back、青春と日常が刻まれた記念碑的なメジャー1stフル・アルバム『人間なのさ』

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

エネルギッシュでカラフルなJAZZをどうぞ! 大野雄二トリオが最新アルバムをリリース

エネルギッシュでカラフルなJAZZをどうぞ! 大野雄二トリオが最新アルバムをリリース

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

新たな時代へ! 3ピース・バンド Cloque. メジャーデビュー

新たな時代へ! 3ピース・バンド Cloque. メジャーデビュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

今、最も注目したい音楽系YouTuber コバソロ、9人のシンガーとのカヴァー・ワークス第2弾をリリース

今、最も注目したい音楽系YouTuber コバソロ、9人のシンガーとのカヴァー・ワークス第2弾をリリース

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

【REVIEW】”人は誰しもが特別”な存在意義を7曲に込めて──NOISEMAKER、ミニ・アルバムをリリース

【REVIEW】”人は誰しもが特別”な存在意義を7曲に込めて──NOISEMAKER、ミニ・アルバムをリリース

【REVIEW】ルパン三世最新作のテレビスペシャル放送とともにYuji Ohno & Lupintic Sixの最新作がリリース

【REVIEW】ルパン三世最新作のテレビスペシャル放送とともにYuji Ohno & Lupintic Sixの最新作がリリース

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

この記事の編集者
鈴木 雄希

OTOTOY編集部で基本的にロックを担当。 せい家で育ちました。

崎山蒼志、新世代アーティストたちと作る2ndアルバム『並む踊り』

崎山蒼志、新世代アーティストたちと作る2ndアルバム『並む踊り』

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

オーガスタからの新たな才能を見逃すな! ──抜群のグルーヴを持つDedachiKenta、鮮烈デビュー

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

シャムキャッツ、盟友・王舟と作り上げるカジュアルなポップ・ミュージック──新作『はなたば』配信開始

落とし込むUSのトレンド、提示する新しい色──the chef cooks me『Feeling』

落とし込むUSのトレンド、提示する新しい色──the chef cooks me『Feeling』

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

もうハッピー・グルーヴだけじゃない! いまがTENDOUJIの変革期!

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

No Buses、1stアルバムらしさにこだわった、完全無欠でない愛くるしさ

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

つるうちはなのエネルギーを君に──20周年を目前に迎えるメジャー・デビュー

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

【10周年記念企画】メンバーが選ぶ「Drop'sの楽曲TOP3」

みなさまに感謝を込めてOTOTOY10周年キャンペーン実施中!

みなさまに感謝を込めてOTOTOY10周年キャンペーン実施中!

【開催直前鼎談】 今年の〈ボロフェスタ〉は自身の感性を信じて踊れ!

【開催直前鼎談】 今年の〈ボロフェスタ〉は自身の感性を信じて踊れ!

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

10年目のDrop's、伝統ロックンロールだけでない新要素を詰め込んだ新作

JYOCHO、新作『綺麗な三角、朝日にんげん』で切り開く第2章

JYOCHO、新作『綺麗な三角、朝日にんげん』で切り開く第2章

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

TOP