2019/10/09 18:00

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

“神泉系”バンド、フレンズが2019年9月25日に2ndプチ・アルバム『HEARTS GIRL』をリリース! OTOTOYも神泉にあるので勝手にシンパシーを抱いてましたが、今回はじめてフレンズがOTOTOYに登場です! 今作ではひろせひろせをはじめ、他メンバーの書き下ろし楽曲も収録され、新たな挑戦が詰まった作品に。メンバーによる全曲解説もしてもらったので、改めて作品を聴きながらインタヴューをお楽しみください。

多彩なサウンドがぎゅっと詰まったプチAL

INTERVIEW : フレンズ

去年からメンバーは、フレンズの活動と並行して他アーティストへの楽曲提供やソロ活動や他バンドの活動など各々が精力的な活動を行ってきた。そんな5人のポテンシャルが爆発した作品が『HEARTS GIRL』である。今作はそれぞれが作曲をしていたり、はじめて関口塁がヴォーカルを務めたり、今まで以上の新しい試みが詰まった珠玉の6曲。今回は作品が生まれた経緯はもちろんのこと、全曲解説までしっかりと『HEARTS GIRL』向き合わせてもらった。

インタヴュー&文 : 真貝聡

みんなが一歩成長する時期を迎えたかなと思って

──ラジオ番組『Nutty Radio Show THE魂』に出演されたとき、今回リリースされる『HEARTS GIRL』は「発芽」がテーマになっていると言ってましたね。

ひろせひろせ(MC,Key / 以下、ひろせ) : そもそもはツアーをやることが先に決まって。そこから「じゃあ何か作品を作ろう」と。それで「どんなアルバムにしようか」と話をしていたら、えみそんが「『HEARTS GIRL』というタイトルはどう?」と提案してくれたんです。意味を聞いたらハーツガール=発芽だと言われて、すごく良いなと思いましたね。

えみそん(Vo) : はじめてその話をしたのは、〈青春チャレンジツアー〉をやっていた頃だよね。そろそろフレンズもみんなが一歩成長する時期を迎えたかなと思っていたタイミングで「発芽」という言葉が浮かびました。だけど、「発芽」をそのままタイトルにしたらフレンズっぽくないので、“らしさ”を出すためにちょっと捻って『HEARTS GIRL』にしました。

ひろせ : 振り返ると6月にリリースした「楽しもう / iをyou」は、えみそんの歌をフューチャーしたことも含めて割と外に振り切ったシングルだと思っていて。映画の主題歌、ドラマのエンディングに選ばれた2曲入りということも大きかったんですけど。

フレンズ / 楽しもう
フレンズ / 楽しもう

フレンズ / iをyou
フレンズ / iをyou

──篠原涼子さん主演映画『今日も嫌がらせ弁当』の主題歌“楽しもう”、テレビ東京系ドラマ24『きのう何食べた?』のエンディング・テーマに“iをyou”が選ばれて。

ひろせ : そうっす。それで世の中の反応とかフレンズを好きな人の反応を見ていたら、これは“夜にダンス”を作った頃の感覚に戻っても良いのかもなと思ったんですよね。

──“夜にダンス”はYouTubeで636万回以上も再生されている代表曲ですよね。

フレンズ / 夜にダンス
フレンズ / 夜にダンス

ひろせ : “夜にダンス”は何がそんなに良かったんだろう? というところから、俺は「ああしよう、こうしよう」と曲を作っていきました。だけど蓋を開けてみたら『HEARTS GIRL』は(三浦)太郎さんが作った曲も(関口)塁さんが作った曲も入ってる。だから、俺だけじゃなくてメンバーそれぞれが1個レベルを上げた作品になっているんですよね。

──えみそんさんで言うと、去年はさかいゆうさんの“確信MAYBE”、FRONTIER BACKYARDの“change”、TSUBAME“GOOD NIGHT”などゲスト・ヴォーカルで参加する機会も増えて。それもあってか、前作以上にヴォーカリストとして表現の高さを感じました。

えみそん : たしかに、ここに来てフレンズとしての歌い方が定まってきた感覚はありますね。ソロや他のバンドにフューチャリングで参加するときの「おかもとえみ」の歌い方と、「フレンズのえみそん」としての歌い方は自分の中ではぜんぜん違くて。このバンド特有のポップさに合う歌い方を、より意識するようになりました。

ひろせ : 変わったのはえみそんだけじゃなくて。たとえばthe telephonesが活動を再開しましたけど、(長島)涼平さんのベーシストとしての佇まいの変化とか、塁さんも去年と比べてドラムの叩き方がぜんぜん違うし、太郎さんのギターもぜんぜん違う。より一層、みんながフレンズとしての表現や、5人でいるときの自分を意識するようになってて。他所で得た経験をフレンズに持ち帰ってきているので、すごく良い流れになっていると思います。

──他所で得た経験でいうと、ひろせさんはフレンズのみならず、SexyZoneの“ぎゅっと”、A.B.C-Zの“JOYしたいキモチ”、SILENT SIRENの“Letter”など。アイドルからバンドまで幅広いアーティストに楽曲提供をされてますけど、作曲の意識は変わりましたか。

ひろせ : 曲の作り方で言うと、俺は分析するのが好きで。最近だとYouTuberの方が楽曲解説する動画も好きで観るんですけど。──やっぱり頭で考えるよりも心の動く出来事があるから、心動く曲が作れるんだなと思うんですよね。だから「どういうときに自分は感動するのかな」とか「どういうものに心が震えるのかな」ということを考えて曲を作るようになりましたね。他にも、たとえば涼平さんとおもしろい漫画の話をしていたら、前までは「その漫画の主題歌を作ってみよう」と勝手にイメージして作曲していたんですけど。そうじゃなくて、その漫画を読んで「俺は何におもしろさを感じているのか」そういう本質的なものを探すようにしてます。

「バンドとして何を伝えているのか」そういうことが明確に表れている音源を伝えたいのが基本理念としてあって

──改めてフレンズは皆さんが曲を作れるし、それぞれコーラスだけじゃなくてヴォーカルも務められるスーパー・バンドじゃないですか。それを証明したのが『HEARTS GIRL』なわけで。えみそんさんが話した通り、本当に「発芽」というテーマにピッタリな作品になりましたよね。

えみそん : まさに、今作でみんなのいろんな才能が発芽しました。ここからライヴでも発芽したいし、最終的には花を咲かしていくビジョンが見えた1枚かなと思ってます。

──そして今回は『HEARTS GIRL』に収録されている全6曲を解説していただけたらと思ってます。

長島涼平(Ba / 以下、長島) : よろしくお願いします!

1曲目“take a chance” (作詞・作曲:おかもとえみ 編曲:フレンズ)

フレンズ / take a chance
フレンズ / take a chance

えみそん : この曲は「何回失敗しても大丈夫だよ」「自分の手でチャンスを掴んで行こうよ」という背中を押せるような1曲になったらと思って書いた曲で。聴く人も、自分たちもそう思えたら良いなと思って作りました。

三浦太郎(Gt / 以下、三浦) : 僕はえみそんのデモを聴いた段階から好きだったんですよね。で、ひろせがアレンジをした時に「すごく大きな曲になったな」って。だからこそロングトーンのギターが合うかなと思って、1曲通してロングトーンをずっと弾いているんですけど…… だから、えーと…… 好きです。

ひろせ : 途中、日本語が退化してるじゃん。

三浦 : アハハハハ!

──涼平さんはいかがですか。

長島 : ひろせがアレンジをして曲の母体が出来たときに、生かすも殺すもベース次第な気がしたんですよ。だからこそいまの形に至るまで「こういうのはどうかな」「ああいうのはどうかな」と試行錯誤しました。曲自体のパワーが既にある上に演奏の自由度もあって、“take a chance”は弾いてて楽しい曲ですね。

えみそん(Vo)

関口塁(Dr / 以下、関口) : 今作は俺が曲を作ったり、ひろせや太郎が作った曲だったり、いろいろとチャレンジする曲が多いんですけど。“take a chance”に関しては、いままでのフレンズの作り方で完成した曲だと思うんですよね。いわゆる正攻法というか。で、涼平くんが「この曲はデカいところで演奏している画が見える曲だ」と言っていたのが頭に残ってて。この曲を持って11月からはじまるツアー(〈シチュエーション・コメディーseason4〉)だったり、来年の5周年ツアーへと繋げていきたいです。そして、アルバムの冒頭にあることにもすごく意味があるなと思いますね。

ひろせ : 先ほど塁さんが言ったように、いままでのフレンズのやり方で作った曲というか、フレンズとしてみんなが身を削って、血を抜いて、血を入れて、そういう風に作った曲で。「YouTubeで“夜にダンス”は聴いたことがあります」とか「テレビで何となくフレンズを知ってます」みたいな人たちを裏切らない曲になっていると思いますね。

──サウンド面はどうですか。

ひろせ : 「シンセとか色んなことをやってますよね」と言われるんですよ。たしかに、俺たちはプロだから音にこだわりはありますよ。ただ、なによりも「なにを言ってるか」とか「バンドとしてなにを伝えているのか」とか、そういうことが明確に表れている音源を伝えたいのが基本理念としてあって。それでいうと、“take a chance”は「いまのフレンズはこういう感じなんです」というのを提示できている曲だと思いますね。

2曲目“HEARTS GIRL” (作詞:S.Kawata 作曲:ひろせひろせ 編曲:生田真心 / フレンズ)

ひろせ : フレンズを好きな人やフレンズが気になっている人が聴いたとき、10人中10人に伝えられる曲にしたつもりはあります。間口的な意味では、「みんなのうた」くらい広がりのある曲にしようと作りしましたね。あと超個人的な意見を言うと、えみそんがソロをやったりみんなが他のプロジェクトをやったりするとなって、「フレンズが5人集まったときにどういうことが出来るか?」と考える時間がすごくあって。そうなったときに、そこをコントロール出来るのは曲の力なのかなと思ったら、“HEARTS GIRL”はフレンズだからこそ成立する必殺技の1つなのかなと思いますね。

ひろせひろせ(MC,Key)

関口 : この曲も色んなことにチャレンジしているんですよね。作詞をはじめてメンバー以外の人に書いてもらったのもそうだし、ドラム・トラックもオケもアレンジャーさんが入ってて、ひろせが上げてくるドラムのパターンとは結構違う。そういうところを意識しながら聴いてもらえたら、新鮮な発見があるのかなって思います。

えみそん : 作詞のS.KawataさんはKing & Princeの「シンデレラガール」を書かれた方で、きっとフレンズのポップでキュンとする要素を増幅させてくれるんじゃないかなと思ってお願いしたんです。そしたら、やっぱりポップでキュンとする素敵なラヴ・ストーリーを仕上げてくださって。その言葉を私が歌えることがすごくうれしいですね。

長島 : 曲によってはデモの段階から「こういう感じになるのかな」と予想がつくものもあるんですけど、そういう意味で“HEARTS GIRL”は1番予想を超えた曲になったなと思ってて。「想像通りだからダメ」とか「想像を超えたから良い」という意味じゃなくて、「こういう完成になるパターンを知らなかったな」と。弾いているときの感じと、出来上がったときに聴いた感じがぜんぜん違くて楽しかったですね。

三浦 : 新しいアレンジャーさんが参加していることも印象深いんですけど、この曲は僕のコーラスが結構入ってて。しかも10人分の声を重ねる試みがはじめてだったので、すごく実験的でおもしろかったですね。

3曲目“12月のブルー” (作詞:おかもとえみ 作曲:ひろせひろせ 編曲:大久保 薫 / フレンズ)

えみそん : これはバラード曲で、内容は男性目線から見た未練のある失恋ソングにしました。なので男性にも共感してもらいたいし、別れちゃった女の子も「もし、元カレがこんな思いだったらどうなのかな」という想像をしながら聴いてもらえたらうれしいなと思います。

三浦 : この曲は名曲だなと思うんですけど、とにかく1つ1つの音に感動できるポイントがあって。ストリングスしかり、ギターもベースもドラムもキーボードもそうなんですけど、1つ1つの音を追いかけて6分聴いても楽しいなと思うんです。とにかく意味のある音しか鳴っていない気がしてます。

長島 : すごく温かい曲だなという感じがしてて。この曲を聴くと「シチューを食べたくなるな」って。

ひろせ : その感想、超良いと思います! それうれしい。

長島 : 歌詞の内容は失恋がテーマになっているんですけど、聴いてて心や身体を温めたくなるような感じだなって。あとはバラード曲でベースを弾くことっていままでないから、俺が完璧にモノにしたらめちゃめちゃ良いバンドになると思うんですよ。なので、もっともっと精進したいなと思います。

長島涼平(Ba)

関口 : 僕は勝手にですけど、結果を出せたドラムが叩けた曲だと思ってて。前にやっていたThe Mirrazでは、「ドラムをスクエアに叩いてほしい」とか「ベースよりも言葉とドラムの兼ね合いを合わせてほしい」ということを言われていたので、無意識にそういう脳みそになっていたところもあったんです。だけどフレンズに入ってからは、別の側面でヴォーカルを意識して叩くことをやってきた中で“12月のブルー”のレコーディングは、特に「歌」というものを意識した、かつ感情を乗せたドラムを叩くことが出来たなって。「フレンズで培ってきたことを表現できた」と感じられるものになったんですよ。なので“12月のブルー”は特別すごく思い入れがありますね。

ひろせ : 1曲の尺が短かったり、曲がはじまってすぐ歌に入ったり、印象的なイントロからはじまったりするのが世の中のトレンドだと思うんですよね。そう考えたら“12月のブルー”はトレンドから離れているんですけど、フレンズを好きになってくれた人をさらに掴む曲を作りたいなと常々思っていたので。そういう曲がしっかりと出来たんじゃないかなと思います。

4曲目“Nothing” (作詞:おかもとえみ 作曲:関口 塁 編曲:フレンズ)

えみそん : 歌詞の内容が男性と女性が混在している感じなので、Aメロは甘めな歌い方にしてて。パートによって歌い方も変えているので、その辺を注目してもらえたら一味違った楽しめ方を味わえるんじゃないかなと思います。

三浦 : 塁が曲を作ってたんですけど、デモは僕も参加して2人で作って。

ひろせ : そうそう。“Nothing”に関しては、塁さんの頭の中で鳴っていた音を具現化させたのが太郎さんで。作曲は塁さんなんですけど、太郎さんの力も大きく反映されているんじゃないかなと。僕らは2人が仕上げたデモ音源から聴いているので、形になるまで相当なやり取りがあったんだろうなって。

三浦 : 塁の中で鳴っている音を実際に表現するのは、大変かつおもしろい作業でしたね。ただ塁のイメージが明確だったので、イエス・ノーがはっきりしているんですよ。僕だったら「大体の形になっているから良いんじゃないかな」ということも「ここはこの音じゃなきゃダメ」とこだわりが強かったので、アーティストとしてすばらしいなと思いました。(自分の拳を胸に当てて)リスペクトゥ!

ひろせ : 外タレの言い方じゃん!

関口 : アハハハハ。僕としては、自分の作った曲がCDになるというのが貴重な経験でしたし、デモの段階だと「俺のやりたいこと」が100%詰まっていたんですよ。そこをひろせが「こうしたらどうですか?」とアレンジを提案してくれて。そういう作業を繰り返したことによって、フレンズの曲になったのが個人的には良い経験になりましたね。なにより今作は「発芽」というテーマを掲げて、それぞれ曲を作っているみんなが「フレンズでこういうことをやったらおもしろくない?」という提案が詰まっている作品が『HEARTS GIRL』で。その中で、俺から「フレンズでやったらおもしろい」と思うことを形にできたのがうれしかったですね。

関口塁(Dr)

長島 : この曲は好きなタイプの曲調でもあるし、自分が弾きたいようにベースを弾かせてもらえましたね。演奏しながらめっちゃ気持ち良かったです(笑)。

5曲目“0:25” (作詞:おかもとえみ/三浦太郎 作曲:三浦太郎 編曲:フレンズ)

三浦 : 僕がはじめてフレンズで1曲丸々作った曲で。僕自身、デモを作ろうとしてもいつも途中で飽きちゃうタイプだったんですけど、「0:25」は1コーラスを作った段階からみんなが褒めてくれたので、調子に乗ってフル・コーラス作って。そこからえみそんの歌が入って、ひろせのカッコいいラップが入って、塁の初挑戦の歌が入って、サポート鍵盤の山本健太くんによるオシャレなピアノをほぼフリーで弾いてくれたいたり。僕だけでは成しえなかった曲になりましたし、フレンズとしてリリースできることが非常にうれしいです。

三浦太郎(Gt)

──涼平さんは?

長島 : 実は僕、スケジュール的にこの曲は参加できていなくて。だからこそ出来上がった曲を聴いたときに「うわぁ、フレンズかっけええな」と俯瞰した目線でバンドを見れた。そういう見方は新鮮で良かったですね。

えみそん : 1コーラスを聴いただけで、めっちゃ好きな感じだと思ったんですよ。で、作詞を考える時に「神泉のギャングっぽい感じで」と言われたので、ちょっと悪い感じを醸しだそうかなと意識しました。なのでフレンズの曲としては、新たな境地を見せられたのかなと思います。

関口 : “0:25”のデモを聴いたときに「この曲めちゃくちゃカッコいい」と思って。フレンズで形に出来たことも良かったなと思いますし、個人的にはヴォーカルにも挑戦させてもらって。

──塁さんが歌ったのは、いままでの音楽人生で初なんですよね?

関口 : そうです。あと言いたいのが、いままでのひろせのラップってJ-POPっぽいキャッチーな感じだったんですよ。だけど今回はトラップっぽい感じのラップを入れたことによって、ひろせのカッコイイ部分が出たなと思って。そこが発見というか、フレンズの新しい武器を見つけてうれしい気持ちになりましたね。

ひろせ : “0:25”みたいな曲、俺は作れないんですよ。そういう自分の予想していないことが起きているのが、バンドをしてて楽しい瞬間なんですよね。あとは、塁さんが「ひろせのラップが良かった」と言ってくれたように、俺が思っている以上のポテンシャルが出ているなって。だから早くライヴで披露したいですね。

6曲目“地球を越えても” (作詞:おかもとえみ 作曲:ひろせひろせ 編曲:フレンズ)

フレンズ / 地球を越えても
フレンズ / 地球を越えても

ひろせ : もともと、NHKホールのために作った曲というか、大きな会場で鳴らすために作ったんです。テンポ感を意識してちょっと早歩きというか、大股で歩くようなイメージで作って。いま“地球を越えても”をライヴでやる機会も多くて、「やっぱり良い曲なんだな」と改めて思うというか。曲が完成してから約9ヶ月を経て、ようやくモノにしてきた感触がありますね。「音作りとかサウンド面がフレンズっぽいよね」と言われるんですけど、そこはあんまり意識して作ってなくて、単純に良い曲だよねっていう。ジムに通っている男友達曰く「運動終わりに聴くのがめちゃめちゃ良い」と言ってました。

長島 : マジでワークアウトだ(笑)。

ひろせ : だから、このインタヴューを読んでいる人には試してほしいですね。

関口 : この曲に関しては、ただただ良い曲なんですよね。この前、テレビ番組の収録で“地球を越えても”を演奏させてもらったんですけど、終わった後にみんなで「この曲ってめちゃめちゃ良いよね」という感じになって。だから…… 本当に良いとしか言えないんですよ(笑)。もしかしたら、僕もまだまだ魅力を完全に把握してきれてないのかもしれないです。だからこそ、ライヴでいっぱいやりたいですし、このアルバムに入っている意義もすごくあると思います。

長島 : そうだね。この曲が入ってることでアンセム感が出るというか、ライヴで歌ってもそういう空気になる気がするんですよ。なんか不思議なんですけど、ライヴの1曲目に歌ってもハマるし、最後に歌ってもハマる。そういう曲って意外とありそうでないから、フレンズにとって大事な曲ですね。

三浦 : レコーディングしている時は、そのパートを弾いている自分の音を聴いちゃうんですけど。時間が経ってから聴くと、ここで〈また会おうねばいばい〉と歌ってるの良いなとか、どんどん好きになるポイントが増えるんですよ。パートごとにお気に入りの歌詞があったり、お気に入りのベースのフレーズがあったり。もっと深く深くこの曲を楽しんでいきたいなと思ってます。

えみそん : 曲自体は1月にリリースされているんですけど、何度聴いてもみんなの想像を超える曲になったなって。「あ、こんなフレンズがあるんだ」と新発見できる曲かなと思います。なので、みんなで“地球を越えてこ”!

──はい!

ひろせ : ハハハハ、「はい」とか言って。

多くの人に、多くの場所に足を運んでいただきたい

──というわけで、『HEARTS GIRL』の魅力を聞かせていただきましたけど。11月からツアーがはじまるということことで、最後は涼平さんにコメントをいただければと。

長島 : 俺すか!?

ひろせ : よっ! リーダー!

えみそん : 隊長!

長島 : 今年を辿ればNHKホールのライヴがあって、そこから〈青春チャレンジツアー〉をやって。フレンズを加速度的に成長させてくれることがたくさんあって、今回の作品を作ることが出来たので、いままでよりも数段良いツアーが出来ると思います。なので多くの人に、多くの場所に足を運んでいただきたいですね。

編集 : 鈴木雄希

『HEARTS GIRL』のご購入はこちらから


過去作もチェック!

新→古

LIVE SCHEDULE

シチュエーション・コメディー season4
2019年11⽉1⽇(⾦)@福岡 DRUM LOGOS
時間 : OPEN 18:15 / START 19:00
チケット : オールスタンディング 4,800円(税込)(ドリンク代別)

2019年11⽉13⽇(⽔)@仙台 Rensa
時間 : OPEN 18:15 / START 19:00
チケット : オールスタンディング 4,800円(税込)(ドリンク代別)

2019年11⽉24⽇(⽇)サンケイホールブリーゼ@大阪
時間 : OPEN 17:00 / START 18:00
チケット : 全席指定 4,800円(税込)

2019年11⽉28⽇(⽊)@札幌 ペニーレーン24
時間 : OPEN 18:15 / START 19:00
チケット : オールスタンディング 4,800円(税込)(ドリンク代別)

2019年12⽉8⽇(⽇)@名古屋市公会堂
時間 : OPEN 17:00 / START 18:00
チケット : 全席指定 4,800円(税込)

2020年1⽉12⽇(⽇)@東京 LINE CUBE SHIBUYA(渋⾕公会堂)
時間 : OPEN 17:00 / START 18:00
チケット : 全席指定 4,800円(税込)

【詳しいライヴ情報はこちら】
https://www.friends-jpn.com/live-event

PROFILE

フレンズ

2015年6月に結成された男女混合5人組バンド。各メンバーが他でのバンドで経験を持つ実力派。〈VIVA LA ROCK〉、〈ROCK IN JAPAN〉、〈RISING SUN〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など多数の大型フェス出演での動員はもちろん、結成わずか3年で3000人キャパ規模となるTOKYO DOME CITY HALL、NHKホールでのワンマン・ライヴを開催。多彩なサウンドに加えて、オリジナリティと多幸感に溢れるライヴで老若男女問わず高い人気を誇る注目のバンド。

【公式HP】
https://www.friends-jpn.com/
【公式ツイッター】
https://twitter.com/FRIENDS_twtw

この記事の筆者
ライター真貝聡

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

どこにでもいける、オールマイティな存在に──chelmico、2ndアルバム『Fishing』をリリース

どこにでもいける、オールマイティな存在に──chelmico、2ndアルバム『Fishing』をリリース

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

LEO今井が挑む、強烈な個性を持った日本の歌6遍──初のカヴァーEPをリリース & インタビュー掲載

LEO今井が挑む、強烈な個性を持った日本の歌6遍──初のカヴァーEPをリリース & インタビュー掲載

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

【ライヴレポート】Vocal & Dance Collection Live Vol.3 Supported

【ライヴレポート】Vocal & Dance Collection Live Vol.3 Supported

【ライヴ・レポート】神宿、第2章の幕開け @池袋サンシャイン噴水広場

【ライヴ・レポート】神宿、第2章の幕開け @池袋サンシャイン噴水広場

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

〈KOGA RECORDS〉期待のニュー・カマー! Crispy Camera Club『SWAG』配信開始

〈KOGA RECORDS〉期待のニュー・カマー! Crispy Camera Club『SWAG』配信開始

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

正体不明プロジェクト、ariel makes gloomyの謎を解き明かす

正体不明プロジェクト、ariel makes gloomyの謎を解き明かす

Kotoe Suzuki、自らが歩んできた音楽の軌跡

Kotoe Suzuki、自らが歩んできた音楽の軌跡

祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?

祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?

“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)

“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)

amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー

amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー

多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース

多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース

THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景

THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景

polly新作を巡るスペシャル対談─越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB)

polly新作を巡るスペシャル対談─越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB)

THIS IS JAPANがミニ・アルバム『FROM ALTERNATIVE』で貫いたもの

THIS IS JAPANがミニ・アルバム『FROM ALTERNATIVE』で貫いたもの

怒涛の活動を経て作り上げた渾身の12曲─ヨースケコースケ、2年2ヶ月ぶりのフル・アルバムをリリース!

怒涛の活動を経て作り上げた渾身の12曲─ヨースケコースケ、2年2ヶ月ぶりのフル・アルバムをリリース!

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

【期間限定先行フル視聴】jan and naomi、新作リリース──密やかな幻とのつきあい方

【期間限定先行フル視聴】jan and naomi、新作リリース──密やかな幻とのつきあい方

【対談】古川太一(KONCOS) × 奥冨直人(BOY)──“違和感”な存在と、2000年代カルチャーの関係

【対談】古川太一(KONCOS) × 奥冨直人(BOY)──“違和感”な存在と、2000年代カルチャーの関係

“2”の快進撃は止まらない!──君と描くセカンド・ストーリー『GO 2 THE NEW WORLD』を配信開始!

“2”の快進撃は止まらない!──君と描くセカンド・ストーリー『GO 2 THE NEW WORLD』を配信開始!

過ぎていった景色にある、忘れてしまった出会い──tetoの底力を見せつける初シングルを配信スタート

過ぎていった景色にある、忘れてしまった出会い──tetoの底力を見せつける初シングルを配信スタート

Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信

Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信

カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!

カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!

ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは

ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは

孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動

孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る

「いまの時代」こそ醸すロマンチックな日常──新境地に到達するEmeraldの美しき音楽

「いまの時代」こそ醸すロマンチックな日常──新境地に到達するEmeraldの美しき音楽

Yap!!! が新たなはじまりを告げるダンス・ロックの逆襲──デビュー作『I Wanna Be Your Hero』

Yap!!! が新たなはじまりを告げるダンス・ロックの逆襲──デビュー作『I Wanna Be Your Hero』

仲秋に届けられたあの夏のものがたり──GOING UNDER GROUND『真夏の目撃者』をリリース

仲秋に届けられたあの夏のものがたり──GOING UNDER GROUND『真夏の目撃者』をリリース

「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!

「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信

しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

FBY新章のキーワード“健康的な音楽”って?──2人体制初のアルバム『THE GARDEN』を先行リリース

FBY新章のキーワード“健康的な音楽”って?──2人体制初のアルバム『THE GARDEN』を先行リリース

Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム

Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム

The ManRayを見逃すな! 話題のバンドの1stシングルを独占ハイレゾ&期間限定フル試聴開始

The ManRayを見逃すな! 話題のバンドの1stシングルを独占ハイレゾ&期間限定フル試聴開始

エレクトロ〜R&Bを行き来する、この国のメロウなポップ・マエストロ

エレクトロ〜R&Bを行き来する、この国のメロウなポップ・マエストロ

ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!

ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!

フラストレーションの爆発、その原点とは──変わる変わる変わる。両A面EPをリリース

フラストレーションの爆発、その原点とは──変わる変わる変わる。両A面EPをリリース

「遂に来たか、PELICAN FANCLUB!」──初のフル・アルバム『Home Electronics』を語る

「遂に来たか、PELICAN FANCLUB!」──初のフル・アルバム『Home Electronics』を語る

DYGL、待望の1stフル・アルバムをリリース&インタヴュー

DYGL、待望の1stフル・アルバムをリリース&インタヴュー

my letter、約2年半ぶりとなるフル・アルバムをリリース

my letter、約2年半ぶりとなるフル・アルバムをリリース

浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース

浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース

この記事の編集者
鈴木 雄希

OTOTOY編集部で基本的にロックを担当。 せい家で育ちました。

JYOCHO、新作『綺麗な三角、朝日にんげん』で切り開く第2章

JYOCHO、新作『綺麗な三角、朝日にんげん』で切り開く第2章

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

「みんなが一歩成長する時期を迎えたかな」──フレンズ、新たな試みが詰まった2ndプチ・アルバム

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

煌めき立つロマンスとノスタルジーの風──ジオラマラジオに時代がついて来い!

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

“国民的グループ”に向け、これからも神宿は突っ走る! 5周年ワンマン@幕張メッセ

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

YouTubeから発進する神宿の個性──北川敦司(神宿P) × 市川義典(UUUM)対談

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

TOP