2019/08/28 19:00

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──光射す美しい新シングル「Ending」配信開始

悲哀、焦燥、憤怒、歓楽といったさまざまな感情をストレートに、美しいメロディーに乗せて豊かに表現するシンガー・ソングライター、谷口貴洋。昨年10月より3ヶ月連続で配信限定弾き語りシングルをリリースし、ギターと歌のみでの表現と向き合った。そして今度は後藤大樹(Dr / AL)、宮崎遊(Gt)、永井双樹(Ba)、そして盟友・長澤知之をゲスト・ギターに迎えたバンド・セットでつくりあげられた“Ending”をリリース。優しく柔らかさを持つ歌声と、光が射すようなサウンド…… これまでなかった谷口貴洋の世界を感じるバラードに。このタイミングで谷口貴洋、初のインタヴューを実施。これまでの活動を振り返りながら、谷口貴洋の表現の原点を探ってみた。

美しい谷口の世界を感じるバラード


【購入特典】
谷口直筆の歌詞カードPDF

INTERVIEW : 谷口貴洋

谷口貴洋の音楽はどこか掴みようがなくて、それでいて優しくて、人生について達観しているように聴こえる。読んでいて、「つまりどういうこと?」と疑問に思うかもしれないが、要するに「コレなんだよ」と言えない雲のような音楽だと思う。僕がはじめて彼の姿を見たのは、YouTubeで公開されている「欲望」のMV。さぞかし繊細な人なんだろうな、と思っていたら自身のネットラジオ『谷口貴洋のファンタジスタラジオ』では軽快なトークを繰り広げている。もはや隠なのか陽なのか分からない!一体、何者なんだ、谷口貴洋!

インタヴュー&文 : 真貝聡
写真 : 作永裕範

「いまやっていることを肯定して進もうぜ」と言っちゃいますね

──ツイッターを見ていたら、織田裕二の「OVER THE TROUBLE」をカラオケでよく歌うそうで。僕もあの曲は大好きなんですよ。

『お金がない!』の主題歌ですよね。僕は1988年生まれの30歳だから世代じゃないんですけど、小学生の頃にたまたまテレビの再放送で流れてて。出身が大阪やから『お金がない!』で描かれていた世界が、僕にとっての東京のイメージやったんですよ。「向こうはこんなにキラキラした世界なんや」って、幼いながらに衝撃を受けたドラマで。だから主題歌の「OVER THE TROUBLE」も知っていたんですよね。

──出身が大阪ということですけど、いつまでいたんですか。

大学を卒業する22歳までいましたね。その頃はCDショップで働いてたんですけど、あるときに閉店することが決まって。それやったら知り合いの先輩もいるし、東京へ行っちゃおうと思って上京しました。

──上京したのは音楽をするために?

そうですね。僕は19歳くらいから本格的に歌をはじめまして、南堀江のknaveというライヴハウスでずっと歌ってました。で、大阪のミュージシャン友達は増えなかったんですけど、なぜか東京に住んでいる年上の方と仲良くなることが多くて。ミュージシャンの先輩から「東京にこいよ」と言ってもらえたのがひとつ。あとひとつは決まりかけていたレーベルがあって、「レコーディングもかねて東京に行こう」と。それで上京したのがきっかけですね。

──上京後、2013年には大柴広己さん主宰のレーベル〈ZOOLOGICAL〉から『スケジュールとコイン』でデビューするんですよね。それが「決まりかけてたレーベル」ですか?

先ほどのレーベルとは別なんですよ。本当は違うところからリリースする予定やったんですけど、僕が喧嘩しちゃって。そこで予定していたレーベルからリリースできないことになり、ただレコーディングの日は押さえちゃっていた。そしたら大柴さんが「とにかく録ろう。リリースするレーベルがないなら自分で作ればいい」と言って、作ってくださったのが〈ZOOLOGICAL〉だったんです。

大柴広己の代表曲のひとつ“さよならミッドナイト”(『さよならミッドナイト』収録)
大柴広己の代表曲のひとつ“さよならミッドナイト”(『さよならミッドナイト』収録)

──大柴さんとは、いつからの知り合いなんですか。

先ほど話していたknaveで、僕が人生2回目のライヴをしたときに大柴さんと対バンをして。そのときに「お前、オモロイな」みたいな感じになりました。しかも、ちょうどそのタイミングでknaveがライヴハウスの上にレコーディング・スタジオを作ることになったんですよ。「せっかくだからアコースティック・アルバムを作ろうぜ」とknaveの人が呼びかけて、大柴さんと僕もそのアルバムに参加したんです。そのときは20、21歳くらいの頃だったのかな。そういうお付き合いもあって、1stアルバム『スケジュールとコイン』のリリースに繋がったという感じでした。

──谷口さんの『ファンスタジスタラジオ』(谷口がYouTubeにて行っているインターネット・ラジオ)を聴いていると、『スケジュールとコイン』がきっかけで知り合ったミュージシャンも多かったのかなと。

そうですね。大柴さんが長澤知之さんとお友達で、あるときに長澤さんの話題になったんですよね。僕は大阪にいた頃から、長澤さんの音楽を聴いていたので「前から好きでなんです」と言ったら、大柴さんが「それなら一緒に対バンをやろうよ」と言って長澤さんを紹介してくれたんです。それでお会いしたときに「僕、いまはこういう曲を書いているんです」と渡したのが、“お別れをいうから”でした。そしたら「この曲、良いじゃん」と褒めてくださり、今度は長澤さんがお友達である(小山田)壮平さん(AL / ex.andymori)にオススメしてくださって。

──すごい数珠繋ぎですね。

そのとき壮平さんがFM802の『MUSIC FREAKS』に、2週間に1度のペースで出演していたんですね。ある日、壮平さんが「一緒に出る?」と声をかけてくださって、番組内で“お別れをいうから”を弾き語りしました。それが『スケジュールとコイン』をリリースする頃でしたね。だからいま、一緒に音楽をやっている人は2013年に出会った方が多いかもしれない。

──話を聞いていると、知り合って時間も経ってないのにみなさんが谷口さんに親切じゃないですか。それはどうしてだったんですか。

“お別れをいうから”きっかけで「お酒を飲もうか」と誘われて、お話をさせていただくうちに「じゃあ何かやろうか」って。…… だから、なんでしょうね(笑)。大きなきっかけがあったというよりも、ただ仲良くなっていただけた感じですかね。

──2014年になると、小山田さんを中心にALの後藤大樹さん、クラシクスの岡山健二さん、Gateballersの濱野夏椰さんと一緒に〈Sparkling Records〉を設立して。

僕が26歳のときに、壮平さんが「一緒にレーベルを作ろうよ」と誘ってくださって。今度はそのレーベルから『BABY』をリリースしましたね。

2ndアルバム『BABY』収録の“欲望”
2ndアルバム『BABY』収録の“欲望”

──どういう流れから「レーベルを作ろう」という話になったんですか?

レーベルというよりかは、「好きな音楽をやっている人たちでイベントとかできたら良いよね」みたいな会話から始まり、「せっかくなら名前も考えようか」っていう。だからレーベルとかレコード会社とかの堅い感じではないんですよね。単純に好きな音楽をやっている人たちが集まっただけなので、契約書はもちろんない。で、何となくはじめたものではあるんですけど、今年で〈Sparkling Records〉が5周年を迎えたんですよ。同じ方向を向いて好きな音楽をやろう、と集まったけど、活動の中で混じり合うよりはみんな自由ですから(笑)。「5年間でなにかを成し遂げたのか?」と会話をしたときに「そんなことは別にないやん」って誰かが言ったんです。そしたら壮平さんが「いや、5年間音楽を辞めなかったんだから。俺ら、音楽を続けてました! という5周年で良いんじゃない?」って。そんなテンションなんですよね、みんな。

──谷口さんや〈Sparkling Records〉のスタンスって、一部のミュージシャンからすれば羨ましいと思うんですよ。しがらみなく音楽をやれているっていう。

いや、それはね微妙なんですよね。音楽をはじめた動機が「モテたい」とか「稼ぎたい」の人やったら、スタッフの方に「売れるためにコレをやってよ」と言われても全力で取り組めると思うんです。それってすごい良いことやなって。僕なんて部屋でこっそり曲を作って「こんなのできたから、誰か聴いてくれるかな」みたいなところからはじまりやないですか。なので、ひたむきさがスタートダッシュで備わってなかった。

──そうですね。

ただスタートの違いなだけで、目指しているところは一緒だと思うんですけどね。だから羨ましがられるというよりは、ただただスタートが違うだけであって。

──だけど周りからは「羨ましい」と言われないですか。

言われるっちゃ言われますよ。でも、それぞれが各々の場所で悩みながらやっているんでね。羨ましいと思うよりかは、「いまやっていることを肯定して進もうぜ」と言っちゃいますね。僕がやっていることをどう思うかよりは、君がやっていることがすばらしいんだから、それで良いじゃないって。

──たとえば、僕の仕事に置き換えると雑誌のカラーに合わせて文章を書く人と、その雑誌のカラーを完全に無視して文章を書いている人がいるんですよ。

うんうん、独自のカラーでね。

──僕は後者の人を見ると羨ましいなと思って。

その人が雑誌のカラーに染まろうがなにをしようが、必死にやっていたら後で絶対に輝くと思うんですよ。そのときに頑張った輝きがいつか自分を照り返してくれて、振り返ったときにもっとオリジナルになっていることが絶対にある。その瞬間は迎合している見られ方をしてても、必死にやっていたらそれで良いと思うんですよ。そこに前者も後者も違いはないかなって。

──ちなみにレーベルに所属している方以外だと、少し前に石崎ひゅーいさんを交えて谷口さん主催のイベントを行いましたよね?

去年、渋谷La.mamaでやったイベント(〈Sparkling Acoustic〉)ですね。「俺の仕切りでアコースティック・イベントをやっていいかな?」とみんなに相談して開催しました。そしたら好評だったので、今年は壮平さん仕切りで大阪のBIGCATでやって。ひゅーいは「俺、スパークリングのイベントはレギュラー出演する」と言ってくれてたので今回も出てくれて。あとは壮平さんが下北沢で飲んでいたら、たまたまリーガルリリーの(たかはし)ほのかちゃんに会ったのがきっかけで、「ぜひ出演してもらおう」ということになり、壮平さん、僕、ひゅーい、ほのかちゃんの4人でやりました。

はじめて人に届いたと思ったのは「お別れをいうから」でした

──「アーティスト・谷口貴洋の経歴」を聞けたので、次は「谷口貴洋ができるまで」を知りたいなと。

お! ありがとうございます(笑)。

──音楽の原点はどこですか。

親父の職場が家から離れてて、車じゃないと行けなかったんです。で、その送り迎えを母がしていたんですよ。その車内で聴いていた音楽が、僕にとっての原点ですね。チューリップさん、ドリカムさん(DREAMS COME TRUE)、井上陽水さん、チャゲアスさん(CHAGE and ASKA)とか。メロディがしっかりあって、言葉が乗っているような、“みんなが歌える曲”を聴いてました。

──ベタですけど、はじめて買ったCDは覚えてます?

ゆずさんか、ポルノグラフィティさんのどっちかですね。ポルノグラフィティって、僕らはリアルタイムじゃないですか(※インタヴュアーと谷口は同い年)。「サボテン」とか「サウダージ」とか。

──はいはい、そうですね。あと、僕らが中学生だった2000年前後って、アコーステック・ブームもあった気がして。

ありましたね。ゆずさんもそうだし、19さんもいましたしね。

──その頃に楽器は触っていたんですか。

中学1年生くらいからギターは弾いてましたね。兄貴がギターをやっていて、ゆずさんとか山崎まさよしさんとかを弾いているときに「俺も弾けるようになりたい」と思ったのがきっかけで。

──誰かに習ったというよりは独学で?

完全に独学ですね。だからコードの押さえ方もちゃんとしてないかもしれない(笑)。

──最初は何を弾いてました?

山崎まさよしさんの“僕はここにいる”をはじめて弾いた記憶がありますね。そこから歌本を買って、自分の弾ける範囲の曲に挑戦していた感じです。

──中学時代、部活には入っていたんですか。

サッカー部に入ってて、クラブ・チームにも所属してましたね。

──あ、意外と体育会系だったんですか。

そうですね。ギターは弾いてましたけど土日はサッカーの試合に行ってました。ただ中学校の部活は、そんなに活発じゃないというか。すごく熱心な顧問というよりも、誰かが面倒みなきゃいけないからサッカー部を見てます的な(笑)。だから練習プランも生徒が考える感じやったんで、そんなに部活は忙しくなかったですね。もうひとつのクラブ・チームはがっつりやっていた感じでした。

──中学はサッカーと音楽に打ち込んでいたと。高校生活はどうでした?

高校受験のときに、音楽をやりたい気持ちが強かったのでレコーディング・スタジオがある公立高校を見つけて「ここ一択やな」と。だから高校時代は部活に入らず、より一層、音楽にのめり込みましたね。曲を作りはじめたのも高校生になってからでした。

──じゃあ、曲を作っては誰かに聴かせて。

他人に発表するというよりも、学校でレコーディングをして「この歌詞はこうしよう」とかひとりで楽しんでましたね。発表の場でいうと、19歳の頃にストリート・ミュージシャンをプロデュースするオーディションがあって「こういうのを受けてみないとな」と挑戦したら、先ほど話していたknaveで歌えるようになりました。

──そこからライヴをするようになったと。はじめてお客さんにウケたのって、何の曲でした?

ちゃんと人に届いたと思ったのは“お別れをいうから”ですね。

──何が理由だと思います?

歌謡曲なメロディで歌いやすいのと、普遍的な歌詞なのでみなさんの人生の一部分にしっかり重なったというか。曲を作っている当時は、もちろんそんなことを考える余裕はなかったですから…… ぜんぜんちゃうかもしれないですけど(笑)。──振り返ると1枚目の『スケジュールとコイン』は「こんな曲を書いてますよ」って、自分のセンスを見せたいという気持ちがあって。2枚目の『BABY』は、前作を踏まえた上で「俺はこんなのこともできるんだぞ」と、さらに深く差しこみたい気持ちがあったんです。いかに自分というものを出して、自分対相手の1対1で向き合えるかがテーマだった。

でも、それって良いこともあるし悪いことでもあると感じたんですよね。だからこそ、今回の「Ending」は社会を意識して作ってみたいと思ったんですよ。「俺はこうや」というよりは、社会の中に自分が存在していることを理解した上でしっかり向き合ってみようかなと。

その瞬間でしか味わえない事を楽しめた方が良いわけですから

──“Ending”は恋愛の曲にも捉えられるし、抗えない人生に対して “受け入れる”ことを選んだ人生賛歌にも感じる。いろんな解釈ができるように作られているなと思いましたね。

そうですね。悲しいことだったりうれしいことだったりも、いつか振り返るときが必ず来るじゃないですか。終わったことを否定してうな垂れるんじゃなくて、肯定して進まないと過去が輝かないと思うんですよ。だから次のアルバムは「どんなことも肯定すれば、君の人生も俺の人生も美しくなるんだよ」という音楽を歌うのかなって。この曲を聴いて「諦めている」と感じる人はいるかもしれない。そうだとしても、いつだって人間は未熟で情けないわけやから、そんな中で肯定していくことを歌いたくなったんやろうなって。

──そもそも、谷口さんは最初から弾き語りだったんですか。

最初からですね。というかバンドを組んだことがないです。で、音源のときだけ今回のようにミュージシャンの方にサポートしてもらってますね。

──どうして弾き語りを?

高校の軽音部にも、クラスにも一緒に音楽をやれる人がいなかったですね。 

──谷口さんほどのコミュニケーション能力があれば、友達も多かったんじゃないですか。

えっとね…… いや、友達はいなかったっすよ(笑)。高校って生徒が数百人いるから、中には不登校の子もいるじゃないですか。一応、僕はテストをちゃんと受けていたんですけど、普段は学校に行ってないタイプだったんですよね。ある日、学校の先生に呼びだされて「あんたはちゃんとテストの点数も取ってるし、卒業ギリギリのラインでやってるけど、出席日数は不登校の子がいなかったら1番少ないねんからな。「そこに対してどう思うねん?」と聞かれて。「いや、そこと比べるのもどうやねん」と思ったんですけど。

──先生なりの説得というかね。

そうそう(笑)。それは先生なりの愛情で、「ちゃんと人とコミュニケーションをとらなダメやで」というのを伝えたかったんだろうなと思いますけど。そんな学生時代でしたよ。

──どうして、ちゃんと学校に通わなかったんですか。

友達もおれへんし、単純に楽しくなかったんでしょうね(笑)。だからレコーディングがあるときだけ学校へ行って、歌ったら終わりみたいな。授業といえば最低限は出席して、あとはテストの日だけ学校へ行ってましたね。そういう生活でも俺的には大丈夫やったんで、「じゃあ、これでいいか」みたいな。学校に行ってない間はバイトをしていたから、そこで先輩とか知り合いが増えて。学校というのは、たまたまその高校を受けようと思った奴らが集まった箱みたいな感じなので「そりゃあ、うまくいかんでもしゃあないか」と思ってましたね。

──僕が先ほど話していた雑誌の話と一緒で。その環境に自分を合わせようと頑張っていた人たちからすると、谷口さんは羨ましいタイプですよ。「好きな日に学校に通って卒業できるなら、そっちの方が断然良いじゃん」って。

羨ましいもなにも、ただ弾かれただけですよ(笑)。

──弾かれたと言っても、好きな授業には顔を出すじゃないですか。

そうですよ。

──みんな本当はそうしたいんですよ。

んー、できたらその瞬間でしか味わえない事を楽しめた方が良いわけですから。学校へ行かなかった分、それは残念やったなと思いますけどね(笑)。まあ、そこを受け入れれば良いんじゃないかと。

──…… 僕もそういう自由さが欲しかったですよ。

ふふふ、最後なんすか(笑)。

編集 : 鈴木雄希

「Ending」のご購入はこちらから


過去作もチェック!

新→古

LIVE SCHEDULE

〈谷口貴洋×今西淳〉
2019年9月1日(日)@大阪 谷町四丁目 skippy
時間 : OPEN 12:30 / START 13:00
出演 : 谷口貴洋 / 今西淳

〈someno kyoto presents 「NEW LEVEL」〉
2019年9月3日(火)@京都 someno kyoto
時間 : OPEN 18:00 / START 18:30
出演 : 谷口貴洋 / 竹森マサユキ / 村山辰浩 / ヒトリルーム / 斧出拓也(O.A)

〈ひろた×キクチ×谷口〉
2019年9月15日(日)@東京 新代田crossing
時間 : OPEN 18:30 / START 19:00
出演 : 谷口貴洋 / ひろたうた / キクチリョウタ

〈CITY OF MOUNTAINTOPS〉
2019年9月22日(日)@東京 中目黒 a-base
時間 : OPEN 17:00 / START 17:30
出演 : 谷口貴洋 / キクチユウスケ(plane) / 近藤田付也

〈オオシbar〜大阪〜〉
2019年9月28日(土)@大阪 谷町四丁目 skippy
時間 : OPEN 19:00 / START 19:30
出演 : 谷口貴洋 / 大柴広己

〈オオシbar〜名古屋〜〉
2019年9月29日(日)@名古屋 新栄ローリングマン
時間 : OPEN 19:00 / START 19:30
出演 : 谷口貴洋 / 大柴広己

〈小山田壮平弾き語りツアー2019〉
2019年10月4日(金)@広島 CLUB QUATTRO
時間 : OPEN 18:30 / START 19:00
出演 : 谷口貴洋 / 小山田壮平

〈小山田壮平弾き語りツアー2019〉
2019年10月6日(日)@大阪 心斎橋 BIGCAT
時間 : OPEN 16:00 / START 17:00
出演 : 谷口貴洋 / 小山田壮平

〈SKIPPY BAR LIVE〉
2019年10月10日(木)@大阪 谷町四丁目 skippy
時間 : OPEN 19:00 / START 19:30
出演 : 谷口貴洋 / 西村晋弥(シュノーケル) / ガリザベン

〈小山田壮平弾き語りツアー2019〉
2019年10月31日(木)@北海道 サンピアザ劇場
時間 : OPEN 17:30 / START 18:00
出演 : 谷口貴洋 / 小山田壮平

【詳しいライヴ情報はこちら】
https://taniguchitakahiro.wixsite.com/home/schedule-1

PROFILE

谷口貴洋(たにぐちたかひろ)

1988年10月13日大阪生まれ。B型。ギターを弾き語るシンガー・ソングライター。

2013年4月24日、大柴広己主宰のレーベル〈ZOOLOGICAL〉よりデビュー、1stアルバム『スケジュールとコイン』をリリース。

2014年、小山田壮平(AL)を中心として後藤大樹(AL)岡山健二(クラシクス)、濱野夏椰(Gateballers)らと共に〈Sparkling Records〉を設立。

2015年、〈Sparkling Records〉初の主催イベントを恵比寿リキッドルームでSOLD OUTで成功させる。

2016年5月18日、〈Sparkling Records〉より2ndアルバム『BABY』をリリース。

2018年8月20日、谷口貴洋主催イベント〈Sparkling Acoustic〉を渋谷La.mamaでSOLD OUTで成功させる。8月21日に配信限定シングル「つまんねぇぞ俺」を発売開始。

〈SSW〉、〈FOREVER YONG〉、〈環七フェスティバル〉等のイベントに参加し、美しい旋律と実直な歌詞に乗せて悲哀、焦燥、憤怒、歓楽、様々な感情を表現している。また、小山田壮平、長澤知之、大柴広己、関取花、石崎ひゅーい、橋詰遼(蜜)等、多数のシンガー・ソングライターからの支持も集めている。

【公式HP】
https://taniguchitakahiro.wixsite.com/home
【公式ツイッター】
https://twitter.com/taniguchi_taka

この記事の筆者
ライター真貝聡

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

どこにでもいける、オールマイティな存在に──chelmico、2ndアルバム『Fishing』をリリース

どこにでもいける、オールマイティな存在に──chelmico、2ndアルバム『Fishing』をリリース

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

LEO今井が挑む、強烈な個性を持った日本の歌6遍──初のカヴァーEPをリリース & インタビュー掲載

LEO今井が挑む、強烈な個性を持った日本の歌6遍──初のカヴァーEPをリリース & インタビュー掲載

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

【ライヴレポート】Vocal & Dance Collection Live Vol.3 Supported

【ライヴレポート】Vocal & Dance Collection Live Vol.3 Supported

【ライヴ・レポート】神宿、第2章の幕開け @池袋サンシャイン噴水広場

【ライヴ・レポート】神宿、第2章の幕開け @池袋サンシャイン噴水広場

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

〈KOGA RECORDS〉期待のニュー・カマー! Crispy Camera Club『SWAG』配信開始

〈KOGA RECORDS〉期待のニュー・カマー! Crispy Camera Club『SWAG』配信開始

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

正体不明プロジェクト、ariel makes gloomyの謎を解き明かす

正体不明プロジェクト、ariel makes gloomyの謎を解き明かす

Kotoe Suzuki、自らが歩んできた音楽の軌跡

Kotoe Suzuki、自らが歩んできた音楽の軌跡

祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?

祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?

“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)

“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)

amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー

amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー

多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース

多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース

THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景

THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景

polly新作を巡るスペシャル対談─越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB)

polly新作を巡るスペシャル対談─越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB)

THIS IS JAPANがミニ・アルバム『FROM ALTERNATIVE』で貫いたもの

THIS IS JAPANがミニ・アルバム『FROM ALTERNATIVE』で貫いたもの

怒涛の活動を経て作り上げた渾身の12曲─ヨースケコースケ、2年2ヶ月ぶりのフル・アルバムをリリース!

怒涛の活動を経て作り上げた渾身の12曲─ヨースケコースケ、2年2ヶ月ぶりのフル・アルバムをリリース!

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

【期間限定先行フル視聴】jan and naomi、新作リリース──密やかな幻とのつきあい方

【期間限定先行フル視聴】jan and naomi、新作リリース──密やかな幻とのつきあい方

【対談】古川太一(KONCOS) × 奥冨直人(BOY)──“違和感”な存在と、2000年代カルチャーの関係

【対談】古川太一(KONCOS) × 奥冨直人(BOY)──“違和感”な存在と、2000年代カルチャーの関係

“2”の快進撃は止まらない!──君と描くセカンド・ストーリー『GO 2 THE NEW WORLD』を配信開始!

“2”の快進撃は止まらない!──君と描くセカンド・ストーリー『GO 2 THE NEW WORLD』を配信開始!

過ぎていった景色にある、忘れてしまった出会い──tetoの底力を見せつける初シングルを配信スタート

過ぎていった景色にある、忘れてしまった出会い──tetoの底力を見せつける初シングルを配信スタート

Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信

Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信

カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!

カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!

ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは

ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは

孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動

孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る

「いまの時代」こそ醸すロマンチックな日常──新境地に到達するEmeraldの美しき音楽

「いまの時代」こそ醸すロマンチックな日常──新境地に到達するEmeraldの美しき音楽

仲秋に届けられたあの夏のものがたり──GOING UNDER GROUND『真夏の目撃者』をリリース

仲秋に届けられたあの夏のものがたり──GOING UNDER GROUND『真夏の目撃者』をリリース

Yap!!! が新たなはじまりを告げるダンス・ロックの逆襲──デビュー作『I Wanna Be Your Hero』

Yap!!! が新たなはじまりを告げるダンス・ロックの逆襲──デビュー作『I Wanna Be Your Hero』

「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!

「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信

しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

FBY新章のキーワード“健康的な音楽”って?──2人体制初のアルバム『THE GARDEN』を先行リリース

FBY新章のキーワード“健康的な音楽”って?──2人体制初のアルバム『THE GARDEN』を先行リリース

Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム

Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム

The ManRayを見逃すな! 話題のバンドの1stシングルを独占ハイレゾ&期間限定フル試聴開始

The ManRayを見逃すな! 話題のバンドの1stシングルを独占ハイレゾ&期間限定フル試聴開始

エレクトロ〜R&Bを行き来する、この国のメロウなポップ・マエストロ

エレクトロ〜R&Bを行き来する、この国のメロウなポップ・マエストロ

ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!

ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!

フラストレーションの爆発、その原点とは──変わる変わる変わる。両A面EPをリリース

フラストレーションの爆発、その原点とは──変わる変わる変わる。両A面EPをリリース

「遂に来たか、PELICAN FANCLUB!」──初のフル・アルバム『Home Electronics』を語る

「遂に来たか、PELICAN FANCLUB!」──初のフル・アルバム『Home Electronics』を語る

DYGL、待望の1stフル・アルバムをリリース&インタヴュー

DYGL、待望の1stフル・アルバムをリリース&インタヴュー

my letter、約2年半ぶりとなるフル・アルバムをリリース

my letter、約2年半ぶりとなるフル・アルバムをリリース

浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース

浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース

この記事の編集者
鈴木 雄希

OTOTOY編集部で基本的にロックを担当。 せい家で育ちました。

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

2019年の顔はカネコアヤノで決まり! ──バンドの可能性を信じた新アルバム

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

なぜアーティストは壊れやすい?──手島将彦が語るアーティストのメンタル問題

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

デビアンが全員高校生に! 青春を詰め込みつつも大人の階段をのぼる新シングル

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

“LosingMySilentDoors”、ロック・バンドによるダンス・ビートへの接近

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

現在進行形のポップ・バンドとしてのスカートを証明する『トワイライト』

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

〈WaikikiRecord〉が20周年愛され続けたワケ──空中 × パリス、若手座談会

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.27 - SUMMER SPECIAL「モリタナオヒコ (TENDOUJI) 編」

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

谷口貴洋はなぜ“肯定”を歌うのか──新シングル“Ending”配信開始

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

Nakanoまるは、目一杯、生きてます──「あの子」に届ける新作『WOW』

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

YAJICO GIRLが『インドア』で見せるギターロックに収まらないサウンドの進化

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

TOP