2019/07/31 13:00

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

左からサカノウエヨースケ、吉川友

2000年のソロ・デビューから20年、自身の音楽活動のほか、多くのアーティストへの楽曲提供、アメリカ横断や東京ドームでのライヴなど、独自の活躍を見せるシンガー・ソングライター、サカノウエヨースケ。サカノウエヨースケとしては実に5年ぶりの新作であり、数々のJポップにインスピレーションを受けて制作された『抑えきれない僕らのJ-POP』が7月31日にリリースされる。そこで今回はサカノウエが「こんな私でよかったら」の楽曲提供を行ったことで交流がはじまったという吉川友との対談を実施。お互いの活動において重要な人物となる“つんく♂”について、そしてJポップに対してのそれぞれの想いをふんだんに語ってもらった。

J-POPへの愛を詰め込んだ新作! 書籍データ付きで配信中!


【まとめ購入特典】
CDに同封される書籍のPDFデータ

音源のみをお求めの方、単曲でのご購入をお求めの方は下記からご購入いただけます。
https://ototoy.jp/_/default/p/416445

生誕祭で初披露された新曲、ロスレス配信開始

INTERVIEW : サカノウエヨースケ × 吉川友

サカノウエヨースケと吉川友は、片やシンガー・ソングライター、片やアイドル。世代も違えば、両者のスタンスも異なる。しかし、そんな2人を語る上で欠かせない共通人物がいる。それは、1990年代以降のJポップ・シーンを席巻したシャ乱Qのヴォーカリストであり、アイドル界の歴史を変えたプロデューサーという顔も持つ“つんく♂”。今回はサカノウエがリリースする「抑えきれない僕らのJポップ」をきっかけに2人がどのようにつんく♂と関わってきて、どのようなJポップに触れてきたのかを聞いた。

進行&文 : 真貝聡
写真 : 作永裕範

つんく♂さんはJポップを語る上では欠かせない、すごい歴史を作られてきた方なんですよね

サカノウエヨースケ(以下、サカノウエ) : 実は1990年につんく♂さんが作られた「すっぽんファミリー」という、いまのハロプロ(ハロー! プロジェクト)の礎になるような軍団が大阪にあって。そこに僕は15歳の頃に入って、3年間活動をしていたんです。そういう意味では、吉川さんと遠からず近からずの距離ではあるのかなって。

吉川友(以下、吉川) : なるほど! サカノウエさんとはじめてお仕事をご一緒したのが2011年で。「こんな私でよかったら」の楽曲提供をしてくださったのがきっかけですよね。


サカノウエが楽曲提供をした「こんな私でよかったら」

サカノウエ : 2011年ということは、もう8年くらい経ちますね。あの頃って10代ですか?

吉川 19歳から20歳の間だったと思いますね。…… あ、今日は呼んでいただいてありがとうございます(笑)!!

サカノウエ : いやいや、こちらこそですよ。今回リリースする「抑えきれない僕らのJポップ」という楽曲は、去年、僕が作家業を頑張って取り組んでいた時期に「サカノウエくんの歩んできた歴史を曲として聴いてみたい」と作家事務所の偉い方に言われたことがきっかけになっているんです。ヒップホップの人だったら〈俺は東京生まれHIP  HOP育ち〉(Dragon Ash「Grateful Days」)みたいなにリリックとして提示できるけど、Jポップは言葉を多く使っちゃうと重くなっちゃうから難しいなと思って。そう考えたときに、自分の聴いてきたJポップの歴史を曲にしたら、僕自身の歴史として表現できるんじゃないかなと思って作りました。

サカノウエヨースケ


サカノウエヨースケ「抑えきれない僕らのJ-POP」

吉川 : うんうん、なるほど。

サカノウエ : 僕は1990年代のJポップをずっと聴いてきたので、そのインスパイア作品という形で今回リリースすることになって。で、CDだけじゃなくて書籍も作ろうと思って、吉川さんをはじめ、スーパー・ササダンゴ・マシンさん、小宮悦子さんなど7名の方に、それぞれ思い入れのあるJポップのレコメンドを書いていただいて。そんな流れで今回対談することになったというね。

吉川 : こういう書籍にコメントを出させていただく機会が本当になくて。私、作文もすごい苦手だったんですよ(笑)。もう、どうしよう!? って。お母さんに頼もうかなと思うぐらい。

サカノウエ : アハハハハ!

吉川 : それぐらい苦手で! 最初はすごくドキマギしましたね。なんとか自分の好きな曲を3曲選ばせていただいて。

サカノウエ : 吉川さんの事務所の方とメールでやり取りしていたんですけど、「…… 小学生の作文みたいになってませんか?」と心配されました。

吉川 : アハハハハ! (マネージャーを見ながら)ちょっと、ヒド〜い!!

吉川友

サカノウエ : 「いやいや、そんなことないです! 吉川さんの魅力が溢れていると思います」って返しました(笑)。だけど、本当に読んでておもしろかったです。

吉川 : 私はハロプロしか聴いてこなかった人生だったので、3曲を上げるのは難しかったですね。

サカノウエ : 文章もさることながら、まず選曲がおもしろかった。ハロプロ繋がりでBerryz工房さんの「ファイティングポーズはダテじゃない!」とか、きっかレンとしてユニットを組んだキマグレンさんの「LIFE」とか。そこまでは「ああ、分かる分かる」と思っていたんですけど、最後に今井美樹さんの「PRIDE」を選ばれたときに「振り幅がスゴっ!」と思って。


Berryz工房「ファイティングポーズはダテじゃない!」


キマグレン「LIFE」


今井美樹「PRIDE」(Live at Cadogan Hall, London, 2016)」

吉川 : アハハハハ! たしかに、カラオケで今井美樹さんを歌うと周りの人から「なんで知ってるの?」と言われることが多いですね。

サカノウエ : 僕世代ではあるんですけど、吉川さんのチョイスとしてはビックリしました。

(ここでインタビュアーが作成した、1995年から2018年までの年間オリコンチャートと当時のサカノウエ、吉川の年齢をまとめた資料を渡す)

吉川 : わぁ、すごーい!!

サカノウエ : 資料を見て、僕と吉川さんが11歳も離れていることに驚きですよ!

吉川 : ふふふ(笑)。

サカノウエ : 1995年で吉川さんの知っている曲はあります?

吉川 : Mr.Childrenさんの「シーソーゲーム」ですかね。…… あとは知らないかも。

1995年の年間オリコンチャート


Mr.Children「シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~」from TOUR 2017 Thanksgiving 25

サカノウエ : そうなんや。当時14歳の僕からしたら、1位から10位まで全曲フル尺で歌えるくらい定番なラインナップですよ。

吉川 : それはスゴイですね! 

サカノウエ : 資料に「1995年はシャ乱Qが「ズルい女」をリリースし、145万枚を売り上げた」と書いてありますね。吉川さんが小さい頃、シャ乱Qさんって聴いてました?

吉川 : それが聴いてなかったんですよ(笑)。


シャ乱Q「ズルい女」

サカノウエ : 吉川さんやモーニング娘。さんしかり、皆さんはハロプロの曲を聴いてこの業界に入った方達じゃないですか。むしろ僕は、ハロプロ以前にシャ乱Qという偉大な音楽に触れてこの世界に入ってて。

吉川 : そう考えると、作っている人は同じだけど入り口が違うんですね。

サカノウエ : うんうん。つんく♂さんはJポップを語る上では欠かせない、すごい歴史を作られてきた方ですよね。

吉川 : サカノウエさんがつんく♂さんと出会ったのは、なにがきっかけなんですか。

サカノウエ : 15歳のときに、神戸の小さい街のコンテストに参加しまして。そこで審査員をされていたのが、のちに真野恵里菜さんのマネージャーをされることになるサダさんで。

吉川 : そこと繋がるんですね!

サカノウエ : コンテストをきっかけに、サダさんが「お前、大阪に来い」と呼んでくれたんです。そこで最初に与えられた仕事が、コンサートで帰ってこられるシャ乱Qさん一行を新大阪駅まで迎えに行くっていう。

吉川 : へぇー! すごい!!

サカノウエ : それがはじめてつんく♂さんと出会った日でした。そのとき、サダさんから「印象を残すために絶対にボケろ」と言われてたんです。いざ、新幹線のグリーン車から、つんく♂さんやメンバーの皆さんが降りてこられると、僕はボケなあかんから「お帰りなさぁ〜い!」と言って新大阪の駅でヘッドスライディングしたんですよ。そしたら、つんく♂さんがお財布から5万円を渡してくださって。それがはじめてのギャラやったんです。

吉川 : アハハハハ、良い話ですね。

サカノウエ : 吉川さんがつんく♂さんとはじめてお会いになったのは何歳くらいでした?

吉川 : 私がこの世界に入ったのが14歳の頃なので、14歳とか15歳のときにスタジオかレコーディング現場で会ってますね。

サカノウエ : 吉川さんはつんく♂さんから教わったことで、一番印象に残っていることは何ですか。

吉川 : 私たちは最初、ハロプロエッグという研修生からはじまるんですね。単独ライヴの前になると、ゲネにつんく♂さんが会場まで足を運んでダメだしをしてくださるんですけど、発声うんぬんの前にリズムの刻み方を教わったんです。「とにかくリズムを刻め」と言って、全員が立って足踏みをして、リズム感を養うことからはじまりましたね。

サカノウエ : へえ! 歌にリズムを宿して、グルーヴを出すことから教わったんですね。そう考えたら「ズルい女」にしても、裏で16ビートのリズムをとりながら歌いますからね。恐らくつんく♂さんは、シャ乱Qのときからハロプロで教えていることを、ご自身もずっと意識されていたのかもしれないですよね。

吉川 : ああ、なるほど。

サカノウエ : 歌以外に「こうしなさい」という決まりごとはあったんですか。

吉川 : ハロプロエッグ時代は、ライヴ直前に各メンバーの髪型チェックが入るんですよ。当時の私はおでこを出したくなかったんですけど、「必ずおでこを出せ」というのが決まりでしたね。「コンサートのときは、絶対に前髪を垂らさないで上げろ」と、最初にそれを言ったのはつんく♂さんだった気がします。

サカノウエ : あ、たしかに! 吉川さんがBerryz工房のレコメンドを書いてくださったので、ハロプロのコンサートを見返したんです。そしたら、みんなおでこを出していた気がする。

吉川 : デビュー当時は、そんなことを言われていた覚えはありますね。

サカノウエ : 僕が若い頃のつんく♂さんとの思い出は、「若い子らに、この服を着させたってくれ」と言って、つんく♂さんの着なくなった洋服がダンボールに入って、月に一度サダさんのマンションに送られてくるんですよ。ライヴが終わったらみんなでマンションに集合して、「好きな服を持って帰り。それを衣装にしたらええから」と言われて。そしたら出てくる洋服みんなシャネルとかハイブランドばっかりで。そういう思い出はありましたね(笑)。

吉川 : 儲かってるなぁ(笑)!

ある日、突然呼び出されて「3人でデビューするから」と言われました

サカノウエ : ちなみに僕がはじめて観たプロのコンサートが、それこそシャ乱Qさんの大阪城ホールだったんですね。吉川さんがはじめて観たコンサートってなんですか。

吉川 : はじめて観たのはハロコン(ハロプロ・コンサート)でしたね。「口パクなんじゃないか」と思うくらい歌が上手くて! あとはテレビで観ていた人が、実際に目の前にいることが何よりも衝撃でした。みんなも感じると思うんですけど、「テレビで観るよりも身長が小っちゃい!」っていう。あとは「この顔の小ささは何!? 人間じゃないみたい」という印象が強かったです。

サカノウエ : それってプライベートで観に行ったんですか?

吉川 : 実はそのハロコンっていうのが、はじめて観たコンサートであり、私がはじめてバックダンサーとして人前で踊らせていただいたコンサートでもあって。

サカノウエ : お客さんとしてじゃないんや。

吉川 : そうなんです。演者として出る側でしたね。

サカノウエ : これですよ、これぞエリートですわ! 僕はヨースケコースケという2人組のデュオをやっているんですけど、相方(米原幸佑)はもともとジャニーズにいて。はじめてのコンサートがタッキーとかジャニーズJr.のバックダンサーとして踊った、大阪城ホールやったんです。僕からしたら、吉川さんやコースケなんかは正真正銘のエリートなんですよね。


サカノウエが米原幸佑と共に活動しているヨースケコースケ「アルビレオ」

吉川 : えー、いやいやいや!

サカノウエ : そこからデビューするのは、どういう流れがあったんですか。

吉川 : 私がハロプロに入ったのが2007年なんですけど、エッグだった頃はダンスと歌のレッスンを受けるため、毎週末は地元の茨城から東京まで2時間かけてバスで通っていたんです。で、ライヴがあるときは毎日学校終わりに行くっていう。そんな生活をずっと続けていたら、2008年にMilkyWay(※吉川友、久住小春、北原沙弥香による3人組ユニット)としてメジャー・デビューをする機会をいただいたんです。そこで私がこの世界に憧れた1人でもある、久住小春さんと一緒にお仕事をさせていただくことになって。で、声優業だったり、はじめてのMVやジャケット撮影だったり、『おはスタ』にも出たり。それによって、エッグの中でも少し世に出れるきっかけになりました。

サカノウエ : MilkyWayに入るためのオーディションはあったんですか。

吉川 : なかったんですよ。ある日、突然呼び出されて「3人でデビューするから」と言われました。

サカノウエ : スゴイなぁ! この業界って、昨日まで普通の生活をしていたはずが、急に次の日から信じられへん場所に立っていることがありますからね。

吉川 : そうですね。MilkyWayもそうですけど、何よりも1番驚いたのはソロ・デビューをしたことで。ハロプロエッグというのは、当時、一定の年齢に達したら卒業しなくちゃいけないしきたりがあって。私も先のことが決まってない状態で卒業ライヴ終えて。その夜、「これで卒業かぁ」と思っていたら行き先も告げられず車に乗せられて、着いたのが〈ユニバーサルミュージック〉でした。そこで副社長から「これからソロ・デビューします。あと映画の主演も決まりました」と伝えられました。

サカノウエ : スッゲェ! エグいなぁ!

吉川 : その日は茨城に帰らず、ホテルに泊まらせていただいたんですけど。部屋の中で、「これからどうなるんだろう……」とビクビクしてコーヒーをこぼしましたもん。


吉川のデビュー・シングル「きっかけはYOU!」

サカノウエ : そういうのが往々にしてある世界だなと思うんですよね。僕はつんく♂さんと出会い、高校を卒業してからはサダさんの元を離れて、自らデモテープをレコード会社に送るようになったんです。それで浅倉大介さんに出会うんですけど、その人もJポップを語る上で絶対に外せない方で。僕は浅倉さんにレコーディング現場に呼び出されて、藤井隆さんの「ナンダカンダ」とT.M.Revolutionさんの「LEVEL4」と自分の曲を歌うように言われて。歌い終わったら、その場で「サカノウエくんの曲でデビューしよう」と言われ。その2ヶ月後には、中野サンプラザのステージで歌ってたんです。自分のことなんですけど、あまりの展開の早さに気持ちがついていけなかったんですよ。なんか人ごとのように感じたというか。吉川さんもデビュー1年目は瞬殺のように物事が過ぎていったと思うんですけど、当時のことって覚えてます?

吉川 : いやぁ…… 全く覚えてないです。とにかく時の流れが早すぎて、ぜんぜん記憶がないですね。

サカノウエ : そうですよね。まだデビューして10年経ってないと思うんですけど、今後10年、15年とキャリアを重ねたら「あのときって何だったんだろう?」と思い返すタイミングがきっと来ますよ。

吉川 : あー、それはすごい楽しみです!

「吉川に良い曲をありがとうございます」って感謝されるんですよ

サカノウエ : これからのことも聞きたいんですけど、「自分で曲を書くなら、こんなのを歌いたい」ってありますか。

吉川 : ちょうど最近、そんなことを考えてたんですよ。張りすぎてない地声っぽい声質が最近はすごい好きで。特に、あいみょんさんの「愛を伝えたいだとか」はずっとリピートしてます。あとは中島美嘉さんの「GLAMOROUS SKY」もそうで、あの地声で歌うような感じが好きですね。

サカノウエ : 「GLAMOROUS SKY」はHYDEさんの作曲ですよね。えっと…… 2005年のリリースなんですね。

2005年の年間オリコンチャート

吉川 : そうそう、『NANA』の主題歌でしたよね。あれを聴いたときは衝撃で、未だに好きですね。

サカノウエ : 吉川さん13歳ですよ。

吉川 : 私がこの世界に入る一歩手前くらいですね。

サカノウエ : 楽器は演奏されないんですか?

吉川 : ぜんぜん出来ないです。1回、ギターを頑張ったんですけど途中で挫折した(笑)。

サカノウエ : ハロプロの方って、楽器を演奏される方は少ないですか。

吉川 : いないんじゃないですかね。

サカノウエ : じゃあ作詞・作曲をする人はハロプロでいるんですか?

吉川 : 福田花音という子は、アンジェルムを辞めてハロプロの歌詞を書いてます。だけど、その子は以前からブログを書いてて。小さい頃から文才があったので、そういう基礎があるからこそ仕事にできているのかなと思うんです。

サカノウエ : 吉川さんも楽曲を作る時代が来るかもしれないですよね。

吉川 : 来ますかねぇ(笑)? バンドでライヴをやっていると、無性に楽器を演奏したくなるんですよ。それでMC中に「来年はギターを弾けるようになりますから」って毎回言うんですけど。

サカノウエ : それ、聞いたことある気がする(笑)。

吉川 : 毎公演で言ってるんですけど「ぜんぜんやらないじゃん」というのを、つい最近言われました。

サカノウエ : それこそ、福田花音さんのように歌詞を書くのは?

吉川 : ん〜、苦手なんですよね(笑)。自分の思いを言葉にするのって難しい。

サカノウエ : なるほど。だけど吉川さんは、ハロプロでエリート教育を受けていただけあって吸収力がすごいと思うんですよ。「こんな私でよかったら」を書かせてもらって、曲が上がってきたときは本当に感動しましたもん。

吉川 : あれは本当に名曲で、書いてくださって感謝しているんです。ハロプロの子たちもこの曲をバースデー・ライヴとかで歌ってくれるんですよ。ハロプロ全員が好きなんじゃないかっていうぐらい人気ですね。

サカノウエ : ハロプロを愛している方たちが、全国各地でハロプロの楽曲だけを流して朝まで踊る〈爆音娘。〉というイベントを開催しているんですよ。実は、そのイベントがきっかけで「Jポップでも踊れるんや」と音楽好きの人たちが気付いて。2002年くらいから、いろんなところでJポップだけを流すイベントが開かれることになったんです。今回の書籍化にあたって、そのDJの方とも対談をしまして。そういうDJの方達に会うと「吉川に良い曲をありがとうございます」って感謝されるんですよね。音楽の耳が肥えている方たちからも、「こんな私でよかったら」は評価が高くて。

吉川 : そうなんですね! この前、新宿2丁目でライヴをしたんですけど、先方から「ぜひ、あの曲を入れて欲しい」とリクエストをされました。サカノウエさんには感謝してます。

サカノウエ : いやいや、僕こそ書かせていただけて本当に感謝してますよ。あと、もう1つ吉川さんに感謝していることがあって。2014年にテレビ番組の企画で℃-uteの方とライヴが一緒になったんですよ。会場は9割が℃-uteのお客さんだったんですけど、吉川さんの曲を書かせていただいたきっかけでファンの方達が僕のことを知ってくださってて。僕が歌うときにもコールで温かく応援してくださったんです。おかげで会場はドカーンと盛り上がって。

吉川 : すごいですね!

サカノウエ : 次に僕が曲を書かせていただけることがあるとすれば、「次はこんな曲が良いな」みたいなのありますか。

吉川 : いまはバンドで歌わせてもらう機会も多いし、年齢も27歳になったので、次は大人っぽいバラードにも挑戦したいなと思ってて。なので、そういった曲を歌えたらなと。

サカノウエ : イイっすね。

吉川 : 出来れば自分でギターを弾ける感じの…… 弾けたらの話なんですけど。

吉川マネージャー : いまの太字にしましょう!

吉川 : いやだ、いやだ! そしたら絶対に弾けるようにならなくちゃいけないじゃないですか!(笑)。 

サカノウエ : アハハハハ!!

編集 : 鈴木雄希

それぞれの新作のご購入はこちらから




過去作もチェック!

サカノウエヨースケ 関連作品

新→古

過去の特集ページ

怒涛の活動を経て作り上げた渾身の12曲─ヨースケコースケ、2年2ヶ月ぶりのフル・アルバムをリリース!

吉川友

その他シングルなどのご購入はこちらから
https://ototoy.jp/_/default/a/345198

LIVE SCHEDULE

サカノウエヨースケ
〈抑え切れない僕らのインストアライヴ〉
2019年7月31日(水)ヴィレッジバンガード下北沢店
時間 : START 20:00
2019年8月02日(金)@タワーレコード梅田丸ビル店
時間 : START 19:00
2019年8月08日(木)@タワーレコード静岡店
時間 : START 18:00

〈抑え切れない僕らのアコースティックライヴ TOUR〉(※各会場サプライズ演出あり)
2019年8月01日(木)@静岡LIVING ROOM
2019年8月03日(土)@大阪CAFE ROOM(2回公演)
2019年8月09日(金)@名古屋DODO
2019年8月10日(土)@京都きんせ旅館
2019年8月11日(日)@神戸高架伍拾七(Coca57)(2回公演)
2019年8月12日(月・祝)@広島フランス座
2019年8月18日(日)@東京蒲田温泉 (※抑えきれない僕らのJ-POPトーク& ミニライヴ)
2019年8月24日(土)@新潟エディターズカフェ
2019年8月25日(日)@長野ロズベリーカフェ
2019年8月31日(土)@仙台STYLUS

〈抑えきれない僕らのワンマン・ライヴ with SPIRAL SPIDERS〉
2019年8月17日(土)@新宿MARZ(2回公演)

〈抑えきれない僕らのトーク&ミニライヴファイナル 〉
2019年9月01日(日)@新宿ロフトプラスワン

【詳しいライヴ情報はこちら】
http://ykfactory.co.jp/sakanoueyosuke/?cat=4


吉川友
〈You Kikkawa Acoustic Live 〜 Summer Time Love 〜〉
2019年8月12日(月・祝)@東京 La Donna 原宿
・1部
時間 : OPEN 12:00 / START 13:00
チケット : 全席指定 10,000円(税込)

・2部
時間 : OPEN 17:30 / START 19:00
チケット : 全席指定 12,500円(税込)

※1部はランチプレートとウェルカムドリンク、2部はコースディナーとウェルカムドリンク付き

【詳しいライヴ情報はこちら】
http://www.kikkawayou.com/news/news/1656.html

PROFILE

サカノウエヨースケ

高校時代つんく♂ファミリーとして音楽活動ののち、浅倉大介プロデュースで2000年メジャー・デビュー。現在はシンガー・ソングライターとして、作家として多方面で活動。 舞台俳優・米原幸佑とのアコースティック・デュオ「ヨースケコースケ」での音楽活動も行っている。

最近の主な楽曲提供先としてY!mobile 沖縄 TVCM ソング(2010年~現在)、ときめき♡宣伝部、映画『デジモンアドベンチャー』、久保ユリカ(ラブライブ! 声優)がある。

【公式HP】
http://ykfactory.co.jp/sakanoueyosuke/
【公式ツイッター】
https://twitter.com/Sakanoueyosuke


吉川友

1992年5月1日生まれ、茨城県出身。ハロー!プロジェクトの研修課程を経て、2011年5月11日にCDシングル「きっかけはYOU!」でソロ・デビュー。アメリカ、フランス、台湾、ブラジル等、海外でのステージ経験も豊富で、抜群の歌唱力とユーモア溢れる巧みなトーク、自慢の“わがままボディ”でどんな会場も自分色にステージを染め上げる。

令和元年7月31日、配信限定シングル「暁 -yoake-」を全世界配信!また、日本テレビ系列「有吉反省会」等での共演をきっかけに意気投合し、「吉川友にぱいぱいでか美」というユニットを結成! 第1弾「最高のオンナ」に引き続き、勢いそのままに、第2弾「可哀想なオンナ」を配信! 今後の活動にも目が離せない。

歌手活動以外では、映画「チャットレディのキセキ」、舞台化10周年を迎えたシリーズの中でも人気の「遙かなる時空の中で3」で主役を演じるなど、女優としても好評を博す。

【公式HP】
http://www.kikkawayou.com/
【公式ツイッター】
https://twitter.com/kikkawa_you

この記事の筆者
ライター真貝聡

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

LEO今井が挑む、強烈な個性を持った日本の歌6遍──初のカヴァーEPをリリース & インタビュー掲載

LEO今井が挑む、強烈な個性を持った日本の歌6遍──初のカヴァーEPをリリース & インタビュー掲載

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

5×5ではなく、5の5乗のパワーを!──アップアップガールズ(仮)、新曲“55円”先行配信&インタヴュー掲載

【ライヴレポート】Vocal & Dance Collection Live Vol.3 Supported

【ライヴレポート】Vocal & Dance Collection Live Vol.3 Supported

【ライヴ・レポート】神宿、第2章の幕開け @池袋サンシャイン噴水広場

【ライヴ・レポート】神宿、第2章の幕開け @池袋サンシャイン噴水広場

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

〈KOGA RECORDS〉期待のニュー・カマー! Crispy Camera Club『SWAG』配信開始

〈KOGA RECORDS〉期待のニュー・カマー! Crispy Camera Club『SWAG』配信開始

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

正体不明プロジェクト、ariel makes gloomyの謎を解き明かす

正体不明プロジェクト、ariel makes gloomyの謎を解き明かす

Kotoe Suzuki、自らが歩んできた音楽の軌跡

Kotoe Suzuki、自らが歩んできた音楽の軌跡

祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?

祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?

“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)

“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)

amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー

amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー

多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース

多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース

THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景

THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景

polly新作を巡るスペシャル対談─越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB)

polly新作を巡るスペシャル対談─越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB)

THIS IS JAPANがミニ・アルバム『FROM ALTERNATIVE』で貫いたもの

THIS IS JAPANがミニ・アルバム『FROM ALTERNATIVE』で貫いたもの

怒涛の活動を経て作り上げた渾身の12曲─ヨースケコースケ、2年2ヶ月ぶりのフル・アルバムをリリース!

怒涛の活動を経て作り上げた渾身の12曲─ヨースケコースケ、2年2ヶ月ぶりのフル・アルバムをリリース!

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

【期間限定先行フル視聴】jan and naomi、新作リリース──密やかな幻とのつきあい方

【期間限定先行フル視聴】jan and naomi、新作リリース──密やかな幻とのつきあい方

【対談】古川太一(KONCOS) × 奥冨直人(BOY)──“違和感”な存在と、2000年代カルチャーの関係

【対談】古川太一(KONCOS) × 奥冨直人(BOY)──“違和感”な存在と、2000年代カルチャーの関係

“2”の快進撃は止まらない!──君と描くセカンド・ストーリー『GO 2 THE NEW WORLD』を配信開始!

“2”の快進撃は止まらない!──君と描くセカンド・ストーリー『GO 2 THE NEW WORLD』を配信開始!

過ぎていった景色にある、忘れてしまった出会い──tetoの底力を見せつける初シングルを配信スタート

過ぎていった景色にある、忘れてしまった出会い──tetoの底力を見せつける初シングルを配信スタート

Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信

Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信

カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!

カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!

ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは

ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは

孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動

孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る

「いまの時代」こそ醸すロマンチックな日常──新境地に到達するEmeraldの美しき音楽

「いまの時代」こそ醸すロマンチックな日常──新境地に到達するEmeraldの美しき音楽

Yap!!! が新たなはじまりを告げるダンス・ロックの逆襲──デビュー作『I Wanna Be Your Hero』

Yap!!! が新たなはじまりを告げるダンス・ロックの逆襲──デビュー作『I Wanna Be Your Hero』

仲秋に届けられたあの夏のものがたり──GOING UNDER GROUND『真夏の目撃者』をリリース

仲秋に届けられたあの夏のものがたり──GOING UNDER GROUND『真夏の目撃者』をリリース

「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!

「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信

FBY新章のキーワード“健康的な音楽”って?──2人体制初のアルバム『THE GARDEN』を先行リリース

FBY新章のキーワード“健康的な音楽”って?──2人体制初のアルバム『THE GARDEN』を先行リリース

しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム

Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム

The ManRayを見逃すな! 話題のバンドの1stシングルを独占ハイレゾ&期間限定フル試聴開始

The ManRayを見逃すな! 話題のバンドの1stシングルを独占ハイレゾ&期間限定フル試聴開始

エレクトロ〜R&Bを行き来する、この国のメロウなポップ・マエストロ

エレクトロ〜R&Bを行き来する、この国のメロウなポップ・マエストロ

ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!

ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!

フラストレーションの爆発、その原点とは──変わる変わる変わる。両A面EPをリリース

フラストレーションの爆発、その原点とは──変わる変わる変わる。両A面EPをリリース

「遂に来たか、PELICAN FANCLUB!」──初のフル・アルバム『Home Electronics』を語る

「遂に来たか、PELICAN FANCLUB!」──初のフル・アルバム『Home Electronics』を語る

DYGL、待望の1stフル・アルバムをリリース&インタヴュー

DYGL、待望の1stフル・アルバムをリリース&インタヴュー

my letter、約2年半ぶりとなるフル・アルバムをリリース

my letter、約2年半ぶりとなるフル・アルバムをリリース

浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース

浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース

この記事の編集者
鈴木 雄希

OTOTOY編集部で基本的にロックを担当。 せい家で育ちました。

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

生々しくも色気のあるダメ男のロマンス──河内宙夢&イマジナリーフレンズ

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

サマー・ムード纏うフェイク・ノスタルジア──Teen Runnings、5年ぶりアルバム

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

《神宿連載》第10回 塩見きら「神宿に入れて幸せだなって、毎日思ってます」

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

【対談】サカノウエヨースケ × 吉川友──ぼくらにとってのJポップ20年の歴史

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

なにかを変えるほどのインパクトを──betcover!! 堂々のメジャー・デビュー

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

今年もこの季節がきた! OTOTOYフジロック・ガイド2019

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第9回 かみやど(ひらがなかみやど)インタヴュー

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

オルタナ・ロックの若き才能・羊文学、新たな魅力を照らす新EP『きらめき』

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ハッピー・ロックンロールの進撃! ──THE TOMBOYS『NOW'N'RUN』配信開始!!

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

ピュアに挑み続ける絶妙なアンバランス──folk enough、新アルバム配信開始

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

“歌に哲学を”──4年ぶりフル・アルバム『Arche』から上北健の表現の原点を探る

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

ミュージシャンとしての進化を遂げた「のん」渾身のインタヴュー!

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

“GRASAM ANIMALのロック”で目を覚ませ! ユニークさ満載の『GOLDEN BAD』

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

《神宿 road to success!!!》第8回 塩見きら加入! 新体制初インタヴュー

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

よりタイトに、肉体的に、生々しくストレートに──LITEの新アルバム『Multiple』

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

“米”系バンド日本代表、MOROHA! お前らどこまでいったら満足するんだ!?

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

初のギター・アルバムよりピュアに鳴らされた“Daijiro Nakagawa”の音色

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

歌の純粋さが詰まった最初の集大成、完成!──Mom新アルバム『Detox』を語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

同人音楽の世界で良い音で聴くのがいいよとまだまだ抗いたい──Beagle Kick、3年半ぶりのアルバムを語る

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

「音に振り回される」ことから立ち上る快楽──網守将平@WWW ライヴ・レポート

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

新時代ポップスへの光芒──踊ってばかりの国が新作『光の中に』をリリース

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

TOP