2019/05/15 00:00

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

SaraGrace's OneHotNight、左側に萩原朋学(Dr)、右に菊池智恵子(Pf)

ジャズやパンク、オルタナ・ロックなどなど様々な音楽が交差するKAGEROからまた新たな派生グループのデビュー作がリリースされる──同バンドのドラマー、萩原朋学、そしてピアニスト、菊池智恵子によるユニット、SaraGrace's OneHotNightだ。菊池による流麗なピアノと萩原による躍動感溢れるドラム、ジャズとひとつ軸にしながらもメロディックな意匠は決して聴き手を置いていかないポップさも持ち合わせている。OTOTOYでは、来週5月22日のリリース / 配信開始を前に、一足先にふたりのインタヴューをお届けしよう。

SaraGrace's OneHotNight、1stアルバム『Daniel』OTOTOYでも5月22日に配信開始予定


SaraGrace's OneHotNight『Daniel』
【収録内容】

1. Giant
2. Little Ivy
3. Periscope
4. spector only live twice
5. Captain Seagull
6 op.3 Nr.1
7 Noctiluca
8. daiku
9. Tortoise
10. a toughguy standing in the rain
11. bricks ave.


INTERVIEW : SaraGrace's OneHotNight

KAGEROと並行してライヴ活動を行ってきた、萩原朋学(Dr)、菊池智恵子(Pf)によるユニット、SaraGrace's OneHotNight。初めてのフル・アルバム『Daniel』は、ポップで繊細なメロディや清々しく開放的なサウンドスケープで、心躍るカラフルなアルバムとなった。激しいドラムとメロディアスなピアノが美しく、このユニットを象徴している「Little Ivy」、ドラマティックで壮大な展開に惹き込まれる「Captain Seagull」、お互いの手の内を探るようなセッションの様子が目に浮かぶ「spector only live twice」、序盤から後半へと熱さを増していく抑揚が“タフガイ”の感情の起伏を思わせる「a toughguy standing in the rain」等々。改めて気付かされたのは、それぞれが卓越した演奏力と類まれなる個性を持ったアーティストだということだ。2人はいかにしてこの“デビュー作”を創り上げたのか? たっぷりと語ってもらった。

インタヴュー&文 : 岡本貴之
写真 : 大橋祐希

このユニットを作ることで、他の誰かを入れやすいなと思ったんです

──2014年からスタジオに入っていたそうですけど、KAGEROと並行してずっと活動してきたんですね。

萩原 : 後からKAGEROに加入した2人なので、何かしっくりこないときに個人練習をするためにスタジオに入ったりしたことはあったんです。それと、家が割と近いんで、ツアー帰りに車でみんなを送るときに最後まで一緒なんですよ。そのときにひたすら俺が好きな曲をかけていて。(菊池)智恵子はKAGEROに入る前にシアトルとボストンに留学していたから、ちょうど俺がめちゃめちゃ聴いていた日本の音楽を丸々知らなかったんです。

菊池 : そう、本当に全然知らなくて。

萩原 : そういう曲を車の中でかけていると、白水(悠)、Ruppaの場合は「懐かしいね」っていう反応が返ってくるんですけど、智恵子はすごく新鮮に聴いてくれていて、俺が好きなものを気に入ってくれるパターンが多かったんです。それでだんだん「これはどうだろう?」って聴かせるために曲をかけるようになってきたんです。

──それがSaraGrace's OneHotNight(以下・Sara)の原点になってるんですね。それと、個人練習でスタジオに入っているうちに、2人で何かやろうという発想に繋がっていったということ?

萩原 : きっかけとしては、そうですね。2人でやろうと思ってスタジオに入った理由は明確に2つあったんです。俺が入ってからKAGEROの音がどんどん大きくなっていて、智恵子のピアノの役割がちょっと変わってきていて。スタジオで細かいピアノを弾いても、KAGEROだとそう聴こえない場面が多くて、どちらかというと、俺のと白水と智恵子でドーンと音を出している感じというか。それで、「智恵子はもっとピアノらしいフレーズが弾けるのにな」って思ったことが理由の1つ。もう1つは、その頃に、色んなご縁が繋がって、一緒にやりたかった人とか対バンしてカッコよかった人たちと出会うことが増えてきて。そういうときに、カッコイイと思うと同時に、「俺が入ったらどうなるんだろう?」って、一緒に演奏してみたくなっちゃうんですよね。でも、カッコイイバンドって続いて行くから、この先一緒に音を出す機会って何かないとできないなと思っていて。このユニットを作ることで、歌、ギター、DJ、なんでもいいんですけど、他の誰かを入れやすいなと思ったんです。

──じゃあ、曲ごとに誰かを迎え入れて演奏するための受け皿みたいなイメージで結成されたということ?

萩原 : 最初はそうですね。

菊池 : 10曲目の「a toughguy standing in the rain」は、かなり初期の頃に作った曲なんですけど、タフガイをイメージしてるんです。

萩原 : 個人をイメージしているのはこの曲だけなんですけど。

どうやって曲作る!?」みたいなところから始まったんです

──菊池さんは、2人で活動することについてはどう感じて始めましたか?

菊池 : 曲を作るんだ?と思って。「どうやって曲作る!?」みたいなところから始まったんです。KAGEROの場合は、白水君がまずアイディアを持って来てくれるんですけど。

萩原 : Saraに関して言うと、俺が口伝えとか、ピアノを拙いながら弾いて伝えたり。

菊池 : あと、ベースラインとかメロディを歌ったりね。それでこっちがピアノを弾いて、一音でも違うと「違う!」って(笑)。

──萩原さんが、ピアノのリフやメロディを考えて菊池さんに伝えるということ?ドラムのフレーズとかではなくて?

萩原 : ドラムのフレーズから作ることはまずないですね。だけどピアノでもなくて、ややこしいことに、俺はまずギターのリフが出てくるんです。ギターも弾けないし、KAGEROにもギターはいないんですけど(笑)。でもKAGEROで俺が気持ちいいと思ってる白水のベースラインは、ほぼほぼギターのフレーズに近いと思うんですよ。だから、ギターをイメージしたリフを伝えるんですけど、ギターってオルタネイト(上下のピッキング)で弾けるけど、ピアノはそれを連打しなきゃいけないわけで、それがすごく大変そうなんですよ。

菊池 : 「まだ鍵盤が戻ってこないんだけど!」っていうくらいの速さで(笑)。今思い出したけど、スタジオに入って4秒ぐらいの1つのリフを2時間ぐらいピアノでず~っと弾いていて、そこにドラムのフレーズを入れてくるみたいな感じでした。それで疲れてくると、ループマシンをドン、みたいな。

──「daiku」は、まさにそういう延々ループする曲ですよね。

萩原 : この曲の元は智恵子が作りました。これを作ったときは特にそうだったんですけど、初めて2人でライヴをやって音源(『1stEP』)を作ったときに、足りないところもちゃんと見えてきたんです。いかんせん、音が少ないなって。この体制だと、智恵子が左手でベースラインを弾いて、右手でメロディを弾いて、間にコードを差し込むっていうやり方になるから、ちょっと縛られちゃうなというのがあるし、やっぱりやってるとベースラインがほしくなるんですよね。始めたときからイメージがあったのが、2人で完結しているバンドという意味では一番だなと思っていたUHNELLYSなんです。それで彼らのやり方を参考にしたというか、ループを使ってみようという発想になったんです。智恵子が弾いたフレーズをサンプリングして、リアルタイムでループさせるという。

──UHNELLYSでKimさんがバリトン・ギターでやっている演奏法ですね。

萩原 : そうです、そうです。本当に最初はもろにそうでした。

菊池 : kim君に「これ、どうやってやってんの?」とかめっちゃ訊いて。

萩原 : 俺らエフェクターも使ったことないから、繋ぎ方もわからないし(笑)。途中で切り替えたりオンオフもどうやったらいいかわからないから、kimさんの足元だけ写メを撮ったりしてました。

──その成果をレコーディングでも駆使しているわけですね。

萩原 : 「daiku」は、ループを使った一番最初の曲です。ちょっと長い曲ですけど。ループを作ったり止めたりする結果長くなったというか。

菊池 : ループしている間は、わりとインプロビゼーション的な演奏をしているので、いくらでも長くできるんですよ。短くすることもできるし。

萩原 : この曲に関しては、ライヴのときは尺を決めてないです。ずっと1つのフレーズが鳴っている後ろで、好き勝手にやるという。

──ベースラインがなくてもこういうやり方ができる、ということですよね。ということは、誰かを入れるという前提がなくなってきたのでは?

萩原 : そうなんですよ、なくなってきました。

菊池 : まだ思ってはいるけどね?

萩原 : もちろん、それはそれでやりたいんですよ。本当は、これと並行して色んな人とレコーディングしたいぐらいで。なかなかスケジュールが合わないとかもあってできていないんですけど。まあでも、最初に柱としていたコンセプトは今はないままで来てますね。

──ただ、誰かを入れて演奏できる体制ではあるという。

萩原 : それは常にやりたいとは思ってます。さっき、音楽的にどうしてこの2人でやりたかったかということは話しましたけど、それ以外にも理由があって、結成当時はKAGERO以外でも結構ライヴをやりたかったんですよね。2人ならスケジュールとか色々なことが合わせやすいし、本当はドラム俺の音さえなんとかなれば、ライヴハウス以外でもできると思ったんです。

菊池 : カフェとかでもできるじゃん!って。

萩原 : 結果的にできる曲できる曲全部うるさいから、それは無理だったんですけど(笑)。でも本当は、とにかくどこでもやりたいしどこにでもいきたいなって。

今はリズムで遊べるようになったというか

──菊池さんは、実際に2人でやってみて、想像していたような音楽になってるんですか。

菊池 : いや、想像とかそういうことは何にもしてない(笑)。でもやってみたら、ピアノとドラムだけだから、私リズム感良くなった気がする。

萩原 : ああ~。

菊池 : ダメだ、全然ピンときてない!

一同 : (爆笑)。

萩原 : 母親がピアノを弾いていたこともあって、言われたことがあるんですよ。ピアノって、リズムとメロディとハーモニーを全部1人で出せる楽器だって。ドラムはリズムしかないから、おまえはその3倍やらないとダメだって。ちょっと語弊があるかもしれないですけどね。Saraを始めた頃前は、智恵子がライヴでゾーンに入ってるときって、「あ、俺いらないな」っていうぐらい、翼が生えているときがあったんですよ。

菊池 : (笑)。それはあんまり良い意味ではないよね。

萩原 : どっちもある。でもどっちに転ぶかわからないんですよ。

菊池 : 前は、そのゾーンが違った気がする。今はリズムで遊べるようになったというか。

萩原 : うん、それをライヴ中に汲み取れるときは、すごく良いんですけど、俺が汲み取り切れないと、アンサンブルという意味ではダメなんですよ。

菊池 : 暴走しちゃうんだよね。

萩原 : それで終わった後に智恵子が1人で、「ふぅ~、やってやったぜ」みたいな。

菊池 : ははははは(笑)。

──全然こっちを気持ち良くしようという気がない(笑)。

萩原 : そうなんですよ。俺はこれまで1人で人前で何かをやったことがなくて、誰かとやったことしかないんです。だから、その誰かがどっか行っちゃうと、どうしていいかわからなくなるんですよね。

菊池 : 前は、リズムで遊ぶんじゃなくて、頭の中がメロディ重視で進んでいたのかも。

──2人しかいないと、さっき萩原さんが言ったように、リズムもメロディもハーモニーもピアノで構築していかないと、曲として成り立たないようなこともあるんじゃないですか。

菊池 : あるんですよ。しかもまたトリッキーなことを言い出すから。構成に変拍子の変なフレーズを差し込みがち。

──「spector only live twice」なんかは、どうやって作ってるんだろうなって。

菊池 : 一番最近できた曲ですね。

萩原 : これは、どちらかというとリズムで遊んでいるだけというか、完全に数字遊び的な曲で。「いいメロディが出てこないな」とかいうことではなくて、「7だといまいちだから9にしてみようか」っていう感じで、収まりが良いパーツがくっついた曲ですね。アルバムの中では、KAGEROでやってることと一番近いかもしれない。

そんなに難しい曲は作れないし、自然とメロディはポップになったというか

──KAGEROとの差別化みたいなものは、考えたりしたんですか。

菊池 : それはないなあ。だってあの2人はいないんだもん。

萩原 : いや、俺はある。でもそれはもう、曲を出す段階で意識してる。例えば「spector only live twice」は、たぶんKAGEROの音圧の中では全然活きてこないから。

──最初このアルバムを聴いたら、白水さんとRuppaさんが入るのを連想するかなと思ったんですよね。

萩原 : ああ~なるほどね。でもそれは言われたことないですね。

菊池 : 言われたことないよね。

──そう思って聴いたら、全然そうじゃなくて。例えば「Captain Seagull」にRuppaさんのサックスが入ってくるのは想像できないなと。

萩原 : ああ~なるほど。

菊池 : まあメロディをとってくれたら楽だけどね(笑)。

萩原 : あの2人とやるとなったら、もっと考えちゃうと思います。

菊池 : うん、それはあるよね。

──正直、もっと難解なアルバムになると思っていたら、結構売れ線なアプローチというか、意外とポップでびっくりしたんですよ。「Little Ivy」「Periscope」とか。

萩原 : 俺が出してくる曲は、だいたいポップだと思います。インストで変拍子ばっかりやってる人、みたいに思われてるけど、ストゥージーズとか大好きだし。プログレも俺はイエスから入ったんですけど、ドラムを叩いてみるとすごく難しいけど歌を聴いてると全然難しく聴こえないんですよ。ひとつも無駄がなくて、ちゃんと理由があってそうなってるというか。自分でバンドをやりたいとなったら、そんなに難しい曲は作れないし、自然とメロディはポップになったというか。


アルバム収録曲「Little Ivy」

奇をてらったコード進行にしちゃうのはまた違うなって思って、そこは時間がかかったよね

──それと、改めて今回聴いて演奏の上手さを再認識しました。普通に聴いてるけど、じつはめちゃくちゃ上手いなと。

萩原 : そういうところも聴かせたかったというのはありますね。ポップな曲をただただシンプルに演奏しているなら、ヴォーカル入れろよっていう話ですし(笑)。だからむしろ、メロディアスな曲ほど、智恵子に色々言ったかもしれないです。たぶん2人ともわかってるのが、ポップって、表面上だけでポップなものと、ポップだけど実は音楽的に尖ってるものがあると思うんです。作る段階でちょっとでも気を抜くと、ただただ良いコード進行で、何も考えないでボケっと聴いてたら良い曲だと思うかもしれないけど、隅々まで聴かれたら恥ずかしいっていうものになってしまうんですよね。例えば、メロディに対してよくあるコード進行にしてみると、やっぱり置きに行ってるなって思っちゃうんですよ。

菊池 : そう、それは嫌だもんね。かといって、奇をてらったコード進行にしちゃうのはまた違うなって思って、そこは時間がかかったよね。それと、曲について理論的に伝えてこない分、私にとっては面白い展開とか考えたこともない流れが出てきたりするんですよ。

──例えば曲を挙げると?

菊池 : 一番最初に出来た曲「bricks ave.」ですね。コード進行然り、構成にしても、考え方が違うんです。パーツをバラバラにする、とか。


萩原 : 印象的なひとつのメロディが10の音で作られているとして、それを半分(5音)だけ使ったりするのが好きなんですよ。それはプログレを聴いていた影響もあるんですけど。でも、クラシックもそうだと思っているんですよ。組曲が次の章に行ったときに、ちょっとだけメインテーマが残っているとか。例えば、「パイレーツ・オブ・カリビアン」で、“タタタンタン、タタタンタン”っていうテーマを、色々手を変え品を変えて色んな場面で聴かせるみたいな、欲を言えばそのメロディ曲であることがわからないぐらいにこっそり入ってるっていうのが好きなんです。

菊池 : Aメロ中なのに、戻ってきたAメロにはBメロのちょこっとしたフラグメントを足す、みたいな。こっちは大混乱(笑)。

萩原 : (笑)。場面は何も変わってないんですけど、別の構成の音が急に入ってきたりするのは、好きですね。

(KAGEROの場合)残り3人全員を見なくちゃいけないんだ、大変なんだなって

──そういう、2人のユニットだからこそできることって多いんじゃないですか。

萩原 : そうですね。もっとバンドっぽいサウンドだったら、こんなに細かく音を聴きとって拾えてないと思います。曲ができていく経緯も、お互いのフレーズを拾い合って曲にしていくことが多かったから。それは、もともと最初からやりたいことだったんですけど。2人だと単純にお互いの音をよく聴けるし、一方向しかないから。今回やってみて思ったのは、バンドって残り3人全員を見なくちゃいけないんだ、大変なんだなって。

──今さら!?

菊池 : ははははは(笑)。

萩原 : そう、今さら(笑)。

──じゃあ、KAGEROにフィードバックされるものも得られたということですね。

萩原 : そうですね、意識はしていなかったけど、結果としてそれあります。

──アルバム・タイトルの意味を教えてもらえますか。

萩原 : まず、バンド名を考えてたときに、HotNightというのが最初にあって。これはSAHARA HOTNIGHTSという女性ガレージバンドがネタ元なんです。前の方は女の子の名前が良いと思って、智恵子と考えたんですけど。

菊池 : 白人女性っぽい名前とか、ビッチっぽい感じがいいとか考えて。パリス・ヒルトンを意識しました。

萩原 : ちょっとおバカな、OneHotNightしちゃうような女の子。

──それがSaraGrace?

菊池 : そうそう。いっぱい同じ名前の人がいるんだよね。申し訳ない(笑)。

萩原 : バンド名に女の子の名前を使ってるから、アルバムのタイトルは男の名前がいいなと思って考えてたときに、4曲目の「spector only live twice」から取ったんです。

菊池 : 最初、『007 スカイフォール』のテーマ曲に似たフレーズが出来ちゃったんだよね。

萩原 : これはさすがに似すぎてる、と思って色々アレンジして、でもやっぱり使いたいから残した状態で、曲名も「spector only live twice」にしたんですよ。ちょうどこの曲ができたばかりのテンションのまま、アルバム・タイトルも『Daniel』にしました(映画『007』シリーズ6代目ジェームズ・ボンド役の俳優・ダニエル・クレイグから)。歴代のジェームズ・ボンドから考えたら一番これが良いんじゃないかなって。

20年ぐらい一度も自分で「こういう曲をやりたい」というものを出してこなかったんですけど、それが今出た

──今日話を訊いて思ったんですけど、これまでのインタビューで萩原さんは、「自分は役割として神輿を担ぐのが好きなんです」って話していましたよね。でも、今回のユニットは菊池さんを神輿として担ぎたいわけじゃないですよね。

萩原 : そうですね、そういう気持ちはないですね。

──最初のコンセプトだと、色んなミュージシャンと一緒にやりたくて、誰かを担ぐための神輿を作ろうとしていたということだと思うんですよ。

萩原 : ああ、それはそうですね。すごくわかります。でも、思いのほかそっちの方が難しいなっていうのもあったんですよね。本当は、セッションみたいなノリで色んな人と気楽にできるんじゃないかって、甘く見てたところがあったんです。でもやっぱり、形に残すとなったら、構えないとできないなって。

──その結果、『Daniel』は、萩原さんが初めて神輿を担がなかった自分の作品になったということじゃないですか。

萩原 : そうなんですよね。ちゃんと曲を作ったのもほぼ初めてだし、思いとして“神輿の下”に行かないのは本当に初めてですね。たぶん、どこかでやりたい気持ちはあったんですよね。自分では神輿を担ぐ方が向いていると思っていたし、今だにそう思っているんですけど、完成してみたら、意外とできるなって。智恵子が形にしてくれたというのが、すごく大きいと思うんですけど。16歳ぐらいから楽器を始めてバンドをやってますけど、20年ぐらい一度も自分で「こういう曲をやりたい」というものを出してこなかったんですけど、それが今出たっていうことですね。

──菊池さんはアルバムが完成していかがですか?

菊池 : 全部、気に入ってます。(萩原の話を)聴いていて、「そうか、今まで曲を作ってなかったのか」って今気付きました(笑)。

萩原 : ライヴでは、また違うんですけどね。担ぐところは担いでいるし、上に乗っているところは乗ってると思うし。でも、制作で言ったら本当に初めてなので。『Daniel』が俺のデビュー作です。

SaraGrace's OneHotNight、1stアルバム『Daniel』OTOTOYでも5月22日に配信開始予定


SaraGrace's OneHotNight『Daniel』
【収録内容】

1. Giant
2. Little Ivy
3. Periscope
4. spector only live twice
5. Captain Seagull
6 op.3 Nr.1
7 Noctiluca
8. daiku
9. Tortoise
10. a toughguy standing in the rain
11. bricks ave.

RECOMMEND

KAGERO、昨年9月リリースの目下の最新アルバム『KAGERO Ⅵ』もOTOTOYでハイレゾ配信中

KAGERO『KAGERO Ⅵ』特集ページ
https://ototoy.jp/_/default/p/127134

LIVE SCHEDULE

【Complete Drunkenness vol.41 ~堀越、四十路元年させて頂きます、すみません~】
2019年05月18日(土)
@仙台長町RIPPLE
open 16:30/Start 17:00
ADV ¥2500 / DOOR ¥3000 (+1D)
ACT : 永井健/ Rebel / Traum Fabrik / ダニエル高見軍団R / JAAAGE(Tequila Sunrise) / HIGHBLUE / WE CAN'T DECIDE

SAKAESPRING2019
2019年6月2日(日)
@名古屋
サーキット・イベントのため、詳しくはイベント公式ページを参照
https://sakaespring.com

「Set Me Free」
2019年6月7日(金)
@吉祥寺NEPO
open 17:30/Start 19:00
ADV ¥2400 / DOOR ¥2900 (+1D)
ACT:camellia/ Paris death Hilton / tatalaYAVZ

PROFILE

SaraGrace's OneHotNight

都内で活動中のKAGEROのメンバー萩原朋学と菊池智恵子によるピアノドラムの2ピースバンド。2014年からスタジオワークを開始し、2015年4月 26日大宮ヒソミネにて初ライブ。翌月には自主制作による4曲入りシングル「1stEP」をリリース。以降都内を中心にライブ活動中。

SaraGrace's OneHotNightアーティスト公式ページ
https://saragraces.wixsite.com

この記事の筆者
岡本 貴之

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

今の私にしか作れない曲を──新進気鋭のSSW“ロイ-RöE-”、ドラマOP曲配信開始&インタヴュー掲載

エネルギッシュでカラフルなJAZZをどうぞ! 大野雄二トリオが最新アルバムをリリース

エネルギッシュでカラフルなJAZZをどうぞ! 大野雄二トリオが最新アルバムをリリース

SaraGrace's OneHotNightインタビュー

SaraGrace's OneHotNightインタビュー

新たな時代へ! 3ピース・バンド Cloque. メジャーデビュー

新たな時代へ! 3ピース・バンド Cloque. メジャーデビュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

今、最も注目したい音楽系YouTuber コバソロ、9人のシンガーとのカヴァー・ワークス第2弾をリリース

今、最も注目したい音楽系YouTuber コバソロ、9人のシンガーとのカヴァー・ワークス第2弾をリリース

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

【REVIEW】”人は誰しもが特別”な存在意義を7曲に込めて──NOISEMAKER、ミニ・アルバムをリリース

【REVIEW】”人は誰しもが特別”な存在意義を7曲に込めて──NOISEMAKER、ミニ・アルバムをリリース

【REVIEW】ルパン三世最新作のテレビスペシャル放送とともにYuji Ohno & Lupintic Sixの最新作がリリース

【REVIEW】ルパン三世最新作のテレビスペシャル放送とともにYuji Ohno & Lupintic Sixの最新作がリリース

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

まさかのキャッシュレスな「後払い」方式──吉祥寺にオープン予定のライヴハウス「NEPO」とは一体!?

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ゆるめるモ!プロデューサー、田家大知が見つめるその先──白熱のトーク・イベントの模様をライヴ・レポート!

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

この記事の編集者
河村 祐介

わからずや

細野晴臣、『はらいそ』(1978年)、『フィルハーモニー』(1982年)最新リマスタ版配信開始

細野晴臣、『はらいそ』(1978年)、『フィルハーモニー』(1982年)最新リマスタ版配信開始

SaraGrace's OneHotNightインタビュー

SaraGrace's OneHotNightインタビュー

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

気になるあの問題がついに決着!?──YOUR SONG IS GOOD、結成20周年記念作『Sessions』をリリース

気になるあの問題がついに決着!?──YOUR SONG IS GOOD、結成20周年記念作『Sessions』をリリース

YMOリマスタリング第2弾『パブリック・プレッシャー』『増殖』、第1弾もOTOTOYでハイレゾ配信開始

YMOリマスタリング第2弾『パブリック・プレッシャー』『増殖』、第1弾もOTOTOYでハイレゾ配信開始

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

2週間先行ハイレゾ配信──断絶と継承を経たインディーの美学、WOOMAN『A NAME』

2週間先行ハイレゾ配信──断絶と継承を経たインディーの美学、WOOMAN『A NAME』

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

【REVIEW】『Silence Will Speak』に見える、未来まで響く歪みと叫び

【REVIEW】『Silence Will Speak』に見える、未来まで響く歪みと叫び

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

ザ・なつやすみバンド、記念すべき10周年を彩る『映像』──新作を独占ボートラ付きハイレゾ配信

ザ・なつやすみバンド、記念すべき10周年を彩る『映像』──新作を独占ボートラ付きハイレゾ配信

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

蓮沼執太フィルの新作をハイレゾ配信

蓮沼執太フィルの新作をハイレゾ配信

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

TOP