ミツメ『Ghosts』に宿る「不在」の存在感はどこから──DJ MINODAと訊く新作

左から大竹雅生、川辺素、nakayaan、須田洋次郎

『A LONG DAY』から3年ぶり、通算5作目となるスタジオ・アルバム『Ghosts』をリリースしたミツメ。実験的な音像とポップなメロディを絶妙なバランスで結び、それを両輪としながら、颯爽と2019年の春を駆け抜けるそんな作品だ。OTOTOYでは本作の配信とともに、彼らと親交の深い、DJのMINODAを交えてインタヴューを敢行した。

INTERVIEW : ミツメ

 つかもうと思うと、すっと消え、そしてまた現れる。ミツメの新作『Ghosts』には、そのタイトルが良き塩梅で雄弁にサウンドを物語る。ポップなメロディとともにある川辺素による歌声はもちろん、そこかしこからジワリと沸き立つサウンドの閃きは瞬く間に耳を絡め取って進んでいく。本人たちが語る、アンビエントの影響、その包み込むような音像は柔らかく、さまざまな楽器の音、ノイズや電子音が方々から手を出しいたずらをする。赤子のくすぐりのような淡いサウンドの刺激たちがメロディと共犯関係を結んで中毒性すら生み出す。サウンドの実験性とポップなメロディ、この両輪をなめらかに回しながらふわりと空気に消えていく、そんな塩梅の良さが際立つアルバムとなっている。

 OTOTOYでは本作の道先案内人をひとり指名した。DJのMINODAだ。1990年代よりテクノ / ハウスのシーンで活躍し、当時よりムードマンらとともにパーティ〈SLOWMOTION〉を主催し、アンダーグラウンド・ディープ・ハウス・シーンで活躍してきた。そんなDJとしての審美眼を持つ彼が2010年代の中頃を超える頃、このミツメやceroのメンバーなどとの交流からインディ・ロック・シーンとDJカルチャーを結ぶキーパーソンと言えそうな動きも見せてくる。いや、ただの熱心なファンという言い方もある。最近では〈SLOWMOTION〉のDJクルーとして、cero主宰の〈Traffic〉に出演、または現在のホームグラウンドとも言える東高円寺〈GRASSROOTS〉にて行っている〈MSJ〉など、ときにそうしたバンド・メンバーをDJとして招くなどもしている。何を隠そう、著者も彼を通じてミツメのサウンドに出会ったひとりだったりもする。そんな彼に登場願い、鼎談とインタヴューの中間となるような、しかしサウンドの本質を突く、そんな記事が完成した。

インタヴュー : MINODA(SLOWMOTION / MSJ)
文・構成 : 河村祐介
写真 : 西村満

まずはアルバム・リリースの祝杯から……

向かって左がDJのMINODA

──今回、ミノダさんに対談というかインタヴュワーをお願いしたいのが、僕自身、ミノダさんからミツメの音楽を知ったという経緯もあって。よろしくお願いします。

ミノダ : まずはアルバム・リリースおめでとうございます!の乾杯しますかね。

乾杯!

──なんなんだこの画(笑)。まずは、なれ初めっていつなんですか?

ミノダ : 思い出そうと思ってたんだけど、あんまり思い出せなくて。

須田洋次郎(Dr / 以下、須田) : カメラマンの(松岡)一徹さんの〈テルメギャラリー〉でやったときじゃないですか?

ミノダ : あのときはもう好きで、あのアコースティック・ライヴ行けなくて、悔しくて(笑)。思い出せないんだよね。〈FEVER〉の3マンをやったときかな。

nakayaan(Ba): なつやすみバンドと、森は生きているかな。

ミノダ : あのときだと思う、それ。

大竹雅生(Gt,Syn / 以下、大竹) ミツメはDJやってましたね。3組ともライヴもやってDJもやってた。

川辺素(Vo,Gt / 以下、川辺) : そういうイベントだったのか。

ミノダ : あの日、タイコクラブから帰ってきた日でヘロヘロで、でもいままで見たことないから、どうしてもミツメみたくて。

川辺 : それ以前に音源とかで知っててくれたんですか?

ミノダ : そうそう。「TOKYO ACOUSTIC SESSION」の「煙突」とかすごい好きで。でも、アーティスト写真をはじめてみたときは、川辺くんがスカした感じで、なんか格好つけたバンドだなと(笑)。俺はその写真だけだと「嫌い」って思ってて(笑)。本当に音を聴いたらよくて。

nakayaan : アコーティスティック・セッションももう7年前だよね。

須田 : もうバンドが10年なんで、バンド史を考えても結構早いときから僕らのことを見てくれていたということですね。

ミノダ : 単純にDJとかをナカヤンにお願いしたりとか、そういう感じもあったりね。

川辺 : 韓国にも一緒にいきましたよね。

ミノダ : 呼ばれてないのについっていったりね。

──完全にグルーピーじゃないですか(笑)。しかもギャルじゃなくておじさん。

nakayaan : 一緒に飛行機で行って楽しかったですね。

ミノダ : マオくんとナカヤンの部屋に転がり込むっていうね(笑)。

──いや、それ昔のたちの悪いバンギャル、完全にグルーピーじゃないですか(笑)。

ミノダ : すっごい俺のいびきがうるさかったらしくて朝方顔にバスタイトルをかぶせられて……ぬれたやつじゃなかったから生きてたけど(笑)。すごい3人とも音楽が詳しくて、DJも最近はみんなやってて、みんなものすごい珍盤を持ってて、バイナルでDJやってて。洋次郎くんはDJやってて、新しいUKの音とかも買ってる感じですよね。

須田 : たまに使いますね。最近のイギリスのフォークから、アフロビートが入り口のジャズ・ファンクとか。おもしろいというか、自分の頭もDJで整理されるし、お誘いがあったらできるだけやるようにしていますね。

川辺 : 最近すごい増えてて、気がつくと週に2回とか3回やってない?

須田 : そんなにはやってないよ(笑)。月に2回~3回。

ミノダ : 俺よりやっているよね(笑)。

『Ghosts』と不在、そしてポール・オースター

──そろそろ『Ghosts』の話に移っていこうと思うんですが。

ミノダ : とりあえず、タイトルがすごいなっていう。これまでタイトルも曖昧な感じのものが多かったけど、今回のタイトルはすごいなっていう。“Ghost”じゃなくて“Ghosts”になると急にミツメっぽくなるなと。複数形になると急に曖昧になる言葉というか。

川辺 : タイトルはマオくん(大竹雅生)の発案で。

大竹 : その前にテーマとして“不在”というのがあって。ジャケットの写真が象徴的ですけど、なにもいないけど、なにかがいるような感覚というか、。なにかがそこにいないことによって、逆に存在を感じるというような。それがテーマとして出た後に「タイトルなににしよう?」ということをみんなで話したときに、このタイトルを提案しました。

ミノダ : このタイトル見たとき、思いついたのがポール・オースターの小説で。

大竹 : ああ、すごい好きです。

ミノダ : あの人も不在をテーマにした小説が多いじゃないですか……。

大竹 : ちょっとそれもあって。ポール・オースターの『幽霊たち』が好きなので、ちょっとそれもありました。あの小説は自分自身すらも透明な存在という感覚があって。

ミノダ : 誰が主役だかわからない小説だし。

須田 : でも、この話はいままで今回の作品のインタヴューのなかではじめて出た話ですね。マオはたしかにそういうこと言ってたよね。メンバーのなかでもその話は通っていた話というか。

大竹 : あえて言うほどでもないかなと思って。

ミノダ : 「不在」というテーマはどこから来たの?

nakayaan : ジャケットとアーティスト写真をやってくれていたトヤマタクロウくんの写真の存在はあったかな。

川辺 : そういう話をタクロウに言ったら「普段撮っている写真もそういうスタンスがある」という話になって、すでに発売されてた写真集のなかにタクロウくんが気に入っている写真があって、あまり大きく印刷されてないやつなんだけど……というのを見せてもらったら、すごいいいなと思って。それがジャケットになったんですよね。

トヤマタクロウによる『Ghosts』ジャケット写真

須田 : 写真はレコーディングの初日にタクロウくんが持ってきてくれて、「これにしよう」という話になって。逆にタイトルは、ミックスも終わって、あとはマスタリングというときに「決めなきゃ」という感じで、最後に決めたって感じかな。

ミノダ : タクロウくんとは密なんですね。

須田 : 彼とバンドは、一緒にいる時間も長くて。ライヴのときに都内はもちろんですけど、海外遠征とかも同行してくれていて。感覚的にも好きなものが近いと思うし。「これがいいよね」と自分たちと一緒に感動ができるというか。

追求したレイヤー感と、そこで生まれたサウンド

ミノダ : 音の部分に話をはじめると、すごいいいアルバムでした。

川辺 : よかった。

ミノダ : 音に関しては柔らかいというか、まろやかというか、そういう感覚でずっと聴いてられる音だなと思って。そういう音のイメージみたいなものは、どうやって作ったのかなと。

大竹 : まろやかにしようというのは、あまりなかったかもしれないです。

須田 : 過去に比べてまろやかになったという感じですか?

ミノダ : そうですね。今回ギターの音とちょっと「キンキン」するような音もありつつ、そういう音色もあまりうるさく感じないというか。

大竹 : 今回はいろいろな音が何層にも重なっているレイヤー感を出したいというのがあって。

──メロディを追っていると、変なところから変な音が現れてみたいなことが多いですよね。

ミノダ : しかもそれがむちゃくちゃ微妙な音なんだよね。「アレ? そこだけ? おいしい音なのにそこしか使わないんだ」みたいな音が入ってたり。テクノとかハウスってそういうのあって「おいしい音が1音だけ入ってる」みたいな。あとはリズムがタイトでシンプルで、それ故に際立つというか。

須田 : ミツメのバンドとしての生々しさみたいなところは、今回はリズムの部分で出るアルバムだとは感じていたし、そういうところが出せると良いなとは思ってて。作業場でのデモ作りのとき、当初からウワモノは前作に比べてもけっこうダビングを重ねていく方向性なんだろうなというのは感じてて。それは細かくメンバーと話して方向性を決めていくという感じではないんですが、一緒に作業をはじめるとそうなっていく感じで。作業としてはパソコンに楽器をレコーディングしながらデモを作っていくという段階で、やっていると「こういう方向になっていくんだな」と感じていくものなんです。そのなかで、今回のアルバムは抽象的というか、音のレイヤーが重なって、包み込むような感覚でシンセが多く使われそうだなというのはあって。リズムに関しては、どちらかというとそうした音の属性のなかで隠し要素みたいな感じの魅力があるものになるなと、そうするとバンドとしての表現に幅が出るのかなと思っていて。ビートとしてはシンプルで、ところどころで細かい音をリズムに入れていったりというのはイメージとしてあったかもしれないですね。

nakayaan : 活動を続けていて、リズムが次第にシンプルになっていくというのはありますね。「どういうウワモノの音に、どういうベースがのると良いバランスになるのか?」それがなんとなくでもわかってきた感覚もあって。今回は音使いも複雑で、たくさんレイヤーを重ねる雰囲気が出てて、なおさらベースラインはシンプルにいこうと。そんななかでおもしろいことができたらいいなという感じで。だからほんのちょっとした工夫を重ねて、改良していくという。

ミノダ : それは自然にそういう方向にリズム隊のふたりで話し合って、そういう方向にいくんですか?

nakayaan : 普通のバンドってレコーディングのときのDTMって、誰かがまとめてひとりでやるようなイメージじゃないですか? 僕らの場合は「せーの」でそれぞれがDTMが作るというやり方なんですよ。知らない人が見たら、かなり異様な作り方じゃないかなと思います。「せーの」でループして、みんなで同じグルーヴを延々と聴いたりして、判断して、いろんな方法で試して組んでいくという感じで。試行錯誤して……わけわかんなくなることもありますけどね(笑)。

須田 : 川辺のメロディと、シンプルなギターのコードがわかるようなトラックがループされてて、そこにドラムだったらパットを叩きながら入力して。あとはそれぞれの楽器がつないであって、演奏しながら録っていって、それがまずはバンドとしてのデモになるんですね。それがまとまってきて良い感じだと思えたらスタジオに行って、それぞれの楽器を鳴らして先に進めて行くというような感じですね。

──なんか簡素なループに全員で音を試行錯誤しながら重ねて行くって、ダンス・ミュージックみたいな作り方ですよね。

ミノダ : そうそう。

大竹 : そういう共通点はあるかもですね。

アルバム『Ghosts』が生まれるまでの道のり

──今回のアルバムの制作期間自体はどのくらいかかっているんでしょうか?

川辺 : 「エスパー」のシングルを作っている時期にできていたに向けた曲がまずあって、シングル「セダン」に向けて作った曲があって。さらにアルバムを作るところで締切を設けてギリギリまでで沢山制作する、というような作り方をして。だから古い曲だと2016年の10月ぐらいの曲が一番古いですね。僕の弾き語りの段階だけの曲から言ったら。その後でアレンジも定期的に集まってやって、シングルとか別のリリースを並行しながら作っていって、ライヴもやって、最後に2018年の10月末からアルバムに向けてギュッと密度の濃い、アルバム・レコーディング自体に向けた作業をするという感じですね。

須田 : 10月ぐらいまで作業場でデモのアレンジを進めていく作業をして、10月末に締め切って、11月はスタジオで生のバンドの音としてアレンジを詰めていく作業をしていって。12月1日からレコーディング開始という感じでしたね。

川辺 : その10月の時点で、もともとあった20曲から11曲まで絞るという感じで。その時点では、各楽曲とも8割ぐらい見えているデモというものですね。そこから先に詰めていく作業は決まった9曲をバンドで詰めていくという感じですね。作曲ということで言えば、時期的にはバラバラなアルバムかな。曲順まで決めてからレコーディングに向けてアレンジを作っていったので。それはアルバム全体の聴きやすさにつながってきているなと思いますね。

ミノダ : 今回アナログも出すし、アナログの曲順のイメージって、CDと違うじゃないですか? 両サイドのそれぞれのはじまりと終わり、特にB面の1曲目とかでアナログのイメージが変わると思うんですけど。

大竹 : これはアナログが先ですね。アナログ・ファーストで曲順は作ってますね。

須田 : 実は、「セダン」でぱーっと明るくB面がはじまる予定だったんですけど、それはアナログ作るときに大エラーが起きて「なめらかな日々」からB面がはじまることになって。でも結果的には、すでにアナログで出ている「セダン」ではなく、音がいいと言われる外周にまだアナログ化されていない「なめらかな日々」がきたことは良かったのかなと(笑)。

ミノダ : アルバムの印象としては、あとはギターがすごいなという。1曲目からなんの音なんだろうっていうギターの音が……。

大竹 : 実はあんまりギターはメインじゃなかったんですよ。

ミノダ : 琴みたいな、シンセみたいな。

大竹 : ああ、それはシンセですね。

ミノダ : そうなんだ(笑)。

大竹 : あれはYAMAHAのシンセですね。

須田 : わかりづらい感じでアルバム通して全体的に入っているのかも。シンセのなかでも「ハープ」っていうモードの音を使ったり。パーカッションっぽい音もシンセに入っている音源だったり。だいたいその音はマオがひとりで入れていて。

大竹 : ほぼ1台のシンセから出てますね。

須田 : エマーソン北村さんが使っているDX-100ですね。

──あの、ショート・キーボードの。

須田 : そうですね。

ミノダ : エマさんのアルバムってRPGのBGMっていう感じがあって。たしかにこのアルバムにもそれを感じていて。


動画の冒頭で抱えて弾き、後半では画面右側に2段スタックされているのがDX-100

大竹 : FM音源なので、そういう時代性があるのかもしれません。

須田 : たぶん、ギターとかベースとかわかりやすい音以外で「なんだろう」っていうような音はほとんどそのシンセで作ってる。

ミノダ : ちなみにマオくんと、川辺くんのギターのバランス的にはどんな感じなんですか? 今回の作品。

川辺 : 僕は最初のデモの時点で弾いていたアコギが残っているぐらいで、ほとんどマオくんがやってて。彼の頭のなかだけに完成形がイメージされているギターが多いという感じですね。

須田 : 最初アレンジ作業がはじまったときは「ギター・オーケストラになりそうだな」ってなったのを今思い出しました。でも、そうしたらシンセを使うような曲もだんだん増えてきて。

ミノダ : 「ゴースト・ダンス」に入ってくる「さー」って感じの音はどうやって作ってるんですか?

川辺 : あれは最後の頃、1日中やってたよね。

大竹 : あの音はヴォーカル録っている裏で「なにか重ねたいな」ってギリギリに入れたやつですね。

ミノダ : 今回のアルバムはあの音みたいに後ろにかすかに重なって鳴っているみたいな多いよね。

大竹 : そういうのは結構いれてますね。

ミノダ : やっぱりそこにはこだわりが?

大竹 : 音像的には重層的なレイヤー感、アンビエント的な立体感を取り入れたいというのがあって。あとは単純に入っている音が多すぎて、ミックスのときにどれも大きくすると、収拾がつかなくなってしまうので(笑)。エンジニアとも時間を掛けて細かく調整していきましたね。今回のアルバムはミックスで出来ていったという感じの部分もはある。

川辺 : ミックスで変わった曲は結構多かったと思う。

nakayaan : 「エックス」 っていう曲とかは、ミックスで奥行き感が出たり。

須田 : ドラムにショート・デレイがかけてあったり、ミックスでさらに要素を重ねていった感じはありますね。パッとその音を聴いたときの印象っていうのには、隠し味として影響があるだろうなと思いますね。

ミノダ : 「ふたり」のギター・ソロはいいよね。

大竹 : あれはミニマル・ミュージック感、ライヒ的な感じで入れたくて。

そして話は歌詞へ

須田 : ここまでつっこんだサウンドの話は他の取材でしてないからおもしろいですね。

ミノダ : よかった!(笑) 前にレコード買うとかいうラジオ企画のときに、川辺くんとナカヤンについていったよね。

須田 : ナカヤンから「師匠助けて」って(笑)。

nakayaan : たしか「Time Machine Radio」の企画だよね、各年代のレコードをっていう。レコード屋にいって、最後はミックスするっていう。楽しくレコード屋さんを回った感じでしたね。

ミノダ : そのときに、川辺くんが「ミツメってバンドはどんなバンドですか?」っていう質問されて「素朴な楽曲をやっているバンドです」って言ったのがすごい気になってて……「素朴?」っていう。で、今回も素朴でかわいいって思ってて。あと歌詞とか見ると、後悔してる感じの印象を受けて、どういう感覚で詩を作ってるのかなと。

川辺 : タクロウくんと最初にジャケットの話をする前に、綺麗な雪山のイメージがまずあったんですよ。綺麗な雪山を見ると、春に思いをはせられたり、昼間吹雪いてないときはすごいきれいな感じがあるけど、夜に足を踏み入れると死にかけたりとか、すごい自然の厳しさがあって……なんかそういうような二面性のイメージがあって。でも、綺麗な雪山だけを描写しつつ、その怖さとか二面性が見えるような質感のアルバムにしたいなっていう話をしてたんですよ。それは漠然とあって。さらにサウンドがあがってきたときに、そういうことをイメージしながら歌詞は作ったんですけどね。

ミノダ : なるほどそういうイメージ。

川辺 : あと大きくインスピレーションを与えてもらった作品で芥川龍之介の「早春」というすごい短い短編があるんですけど。それは主人公が博物館で彼女を待っているんですけど、待っている間は時間をすごく長く感じる…… あと5分待ってこなかったら帰ろう……ということに葛藤して、30分ぐらい待って、結局帰るんですよ。その女性とは、それっきりになってしまうんですけど。10年後ぐらいに共通の男友だちと会ったときに、わりと最近、写真でその女性を見たことを告げられるんですね。ちょっとふくよかになって、子供も3人いるということも含めて知るんです。それだけの話なんですけど、そこにある時間の感覚って伸びたり縮んだりしているじゃないですか。待っているときの30分は永遠のように感じることもあれば、何十倍も過ぎてる時間でも、あっという間に感じることもある。そういう時間の伸び縮みは結構おもしろいなと思って。雪山が質感のイメージとしてあって、時間の流れというのが主題テーマとして全体的にあったというのが歌詞ですね。

ミノダ : タイトルも時間っぽいのが多いよね。

川辺 : 各曲のタイトルは僕が決めているんですけど、アルバム・タイトルになったときに「“時間”にちなみ過ぎても」というのもあって。サウンド的にも「不在」という部分、その二面性だったり、より時間の不在感が出てくるようなサウンドの質感があると思ったので『Ghosts』っていうのがはまって。

ミノダ : 「ディレイ」と「ふたり」でうしろでなにかしゃべってるじゃないですか? あれは何を言っているんですか?

nakayaan : 「ディレイ」のアウトロは、歌詞を台詞みたいにしてしゃべってます。「ふたり」は2番のメロで低い声で繰り返し歌っている感じですね。これも歌詞ですね。

ミノダ : なんか気になって、ナカヤンなのかな、なに言っているのかなって…… また聴いちゃう。

nakayaan : 正解です(笑)。

ミノダ : 今回は中国の6カ所もあって、国内6カ所、すごいね。ツアー。

川辺 : 今回は台湾もあるんでよかったら追っかけてきてください。台中ですね。

須田 : 台中のおいしい料理で、鳥のおなかの中にがっちりニンニクが詰まっているみたいなスタミナ料理があるそうなので、それ一緒に行きましょう。

川辺 : 食べ物の話だ(笑)。

ミノダ : 食べたい!

ミツメ『Ghotst』はコチラで販売中

ミツメの過去作も配信中!

LIVE INFORMATION

日本国内、台湾、中国を巡るリリース・ツアー
mitsume tour Ghosts 2019

日本国内
2019年5月26日(日)
@札幌Bessie Hall
2019年6月15日(土)
@福岡INSA
2019年6月22日(土)
@仙台enn 2nd
2019年6月29日(土)
@名古屋CLUB UPSET
2019年6月30日(日)
@大阪umeda TRAD
2019年7月10日(水)
@恵比寿LIQUIDROOM

台湾
2019年6/8(土)
@台中Legacy

中国
2019年7月13日(土)
@杭州MAO LIVEHOUSE
2019年7月14日(日)
@上海MAO LIVEHOUSE
2019年7月16日(火)
@成都NU SPACE
2019年7月17日(水)
@北京OMNI SPACE
2019年7月19日(金)
@武漢 VOX LIVEHOUSE
2019年7月20日(土)
@深圳 B10 LIVE
2019年7月21日(日)
@香港 Hong Kong MOM Livehouse


詳細はバンドの公式サイトにて
http://mitsume.me/

PROFILE

ミツメ

2009年、東京にて結成。4人組のバンド。
オーソドックスなバンド編成ながら、各々が担当のパートにとらわれずに自由な楽曲を発表し続けている。
そのときの気分でいろいろなことにチャレンジしています。

大竹雅生 川辺素 須田洋次郎 nakayaan

ミツメ公式サイト
http://mitsume.me/

この記事の筆者
河村 祐介

わからずや

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.9 テイク・イット・イージー! ロックステディ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.9 テイク・イット・イージー! ロックステディ

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.5 春ねむい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.5 春ねむい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

この記事の編集者
河村 祐介

わからずや

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

気になるあの問題がついに決着!?──YOUR SONG IS GOOD、結成20周年記念作『Sessions』をリリース

気になるあの問題がついに決着!?──YOUR SONG IS GOOD、結成20周年記念作『Sessions』をリリース

YMOリマスタリング第2弾『パブリック・プレッシャー』『増殖』、第1弾もOTOTOYでハイレゾ配信開始

YMOリマスタリング第2弾『パブリック・プレッシャー』『増殖』、第1弾もOTOTOYでハイレゾ配信開始

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

2週間先行ハイレゾ配信──断絶と継承を経たインディーの美学、WOOMAN『A NAME』

2週間先行ハイレゾ配信──断絶と継承を経たインディーの美学、WOOMAN『A NAME』

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

【REVIEW】『Silence Will Speak』に見える、未来まで響く歪みと叫び

【REVIEW】『Silence Will Speak』に見える、未来まで響く歪みと叫び

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

ザ・なつやすみバンド、記念すべき10周年を彩る『映像』──新作を独占ボートラ付きハイレゾ配信

ザ・なつやすみバンド、記念すべき10周年を彩る『映像』──新作を独占ボートラ付きハイレゾ配信

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

蓮沼執太フィルの新作をハイレゾ配信

蓮沼執太フィルの新作をハイレゾ配信

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

TOP