【神宿×OTOTOY 第3回】一ノ瀬みか「私にとってアイドルってカッコよくて、弱っている人を救える存在」

一ノ瀬みか

K=KAWAII(可愛い!) M=MAX(全力!) Y=YELL(応援!) D=DREAM(夢!)をコンセプトに、最近ではYouTuberのプロダクション〈UUUM〉に加入するなど、独自の活動を広げる原宿発のアイドル・ユニット、神宿。2019年1月13日をもってメンバーの関口なほが“勇退”、4月29日に豊洲PITにて開催される〈LIVE DAM STADIUM presents 神が宿る場所〜ここが私の生きる場所〜〉で新メンバーの発表を予定するなど、いままさにグループとして新たなスタートを切りはじめる彼女たち。

この豊洲PITでのグループ史上最大キャパのワンマン・ライヴに向けて、神宿×OTOTOYのコラボ連載〈神宿 road to success!!!〉がスタート! 第3回目となる今回は、神宿の最年少でセンターを務める赤担当、一ノ瀬みかが登場です。ミスiD2016受賞をはじめ、CMやテレビにも出演するなど、個人としても神宿を引っ張ってきた彼女。これまでの半生を振り返りながら、彼女が理想とするアイドルについて語ってもらった。

グループ史上最大キャパのワンマン・ライヴで関口なほの「緑」を継承する新メンバー発表!!

〈LIVE DAM STADIUM presents 神が宿る場所〜ここが私の生きる場所〜〉
2019年4月29日(月 / 祝)@豊洲PIT
時間 : 開場 16:00 / 開演 17:00
チケット : スタンディング ¥4,800

【チケットのご購入はこちらから】
e+ : https://eplus.jp/kmyd
Yahoo! チケット : http://r.y-tickets.jp/kmyd1901
LINEチケット : https://ticket.line.me/sp/kmyd
ローチケ : https://l-tike.com/kamiyado
「はじまりの合図」一ノ瀬みかver.をフリー配信開始!

ページ公開に合わせて、新メンバー・オーディションのテーマ曲である新曲「はじまりの合図」の一ノ瀬みかver.を無料で配信開始! この機会にダウンロードをお忘れなく!



※無料配信期間は2019年3月22日(金)から3月29日(金)17:59までとなっております。

INTERVIEW : 一ノ瀬みか

アイドルは可愛くて、見ていると元気になれる存在。それは正解だと思うけど、一ノ瀬みかのように覚悟と意義を持ってステージに立つ人に会うと背中を正される。インタヴュー時の彼女はまだ18歳。その年齢にしては、あまりにいろんなことを経験し、見てきた。人間・一ノ瀬みかはどのようにしてできたのか、アイドル・一ノ瀬みかはどうやって生まれていまのポジションを築いたのか。それを聞いてみた。

インタヴュー&文 : 真貝聡
インタヴュー写真 : 大橋祐希

目に見えてしまう病気だったので精神的にきつかった

──一ノ瀬さんとは前に『君がいて完成するパズル』でご一緒して以来なんです。


神宿が主演、エリザベス宮地が総監督を務めた映画『君がいて完成するパズル』予告編

あぁ! お久しぶりです!

──エリザベス宮地監督に声をかけてもらって「ちょっと映画に出て」と。それでラフォーレ原宿の前で、一ノ瀬さんに声をかける雑誌スカウトマンとして出演させてもらって。

ああ! なんか「本物のライターさんがいる」と話を聞いてた気がします。

──実は映画に出ていたことをOTOTOYの人に言ってなかったんですけど、こうやって連載を担当する機会をいただいて。

すごいご縁ですね! あれは一昨年の夏ですかね。

──映画の撮影から今日まで、各地でライヴをする機会が急増して。本当に濃い日々を過ごされてますよね。

そうですね。全国ツアーを重ね重ねやってきたのもあって、人に会う数が尋常じゃなかった。というかはじめて会う方とお仕事する機会が多かったので、ものすごく濃い2年だったなと思います。

──ライヴをして印象的だった土地やファンの方はいました?

大阪はやっぱりライヴの熱量が激しくて魂と魂のぶつかり合いみたいな感じなんですよ。おもしろいおじさんもいますし。あとは熱狂的な女の子のファンもいます。

──熱狂的?

「東京まで応援しに行くよ」とか「私の友達をみんな引き連れて来たから」という熱狂的な女の子のファンがいたり、「いままでメタル・バンドしか押してなかったけど、神宿のライヴに誘われて観たらハマちゃって。すっかりファンになっちゃったよ!」という方もいて。そんなの普通はありえないじゃないですか。

──系譜がおかしいですもんね。

そうそう! メタル・バンドから急に神宿っていう。

──一ノ瀬さんは「神宿を好きになる前はどんなアイドルやその他アーティストにハマってましたか?」とツイートしていたじゃないですか。アレはおもしろかったですね。長渕剛しか聴いてこなかった人がいたりして。


そうそうそう! どういう経緯でこっちへ来たの? っていう(笑)。どうしてでしょうねぇ。あとはモールツアーをしていて、イオンモールを中心にライヴした時期もあったので、はじめての方も行きやすかったのかなって思います。

──いまや神宿はライヴ・アイドルって感じがしますよ。それこそ全国ツアーを年間2本することもあるし。

ありがたいですね。

──移動中はなにをしているんですか。

実は新幹線移動がとても少なくて、いつもハイエースで移動するんですよ。普通に10時間くらい乗ったりして移動するから、寝ているメンバーも多いんですけど。私は寝ないでSNSをチェックしたり、ライヴの熱を上げるためにいろんなアーティストさんの映像を観てますかね。特に椎名林檎さんがすごく好きなんですよ。だから椎名林檎さんの曲を聴いたり、動画を観て「あぁ~カッコイイなぁ!」と思ってテンションを上げてます。


椎名林檎「りんごのうた」MV

──最初はどの曲から入っていたんですか。

「りんごのうた」で知りました。私が小学2年生のときなので11年前とかですかね。それを学校の休み時間に歌ってました(笑)。

──それこそ小学校時代のことは『DI:GA ONLINE』の連載コラムでも書いてましたけど、読んでいて「なんて波乱万丈な人生を送ってきたんだ」と驚いたんですよ。

周りから“シンデレラ”って言われます。

──あの頃から、よくここまで昇ってきたなと。

そうですね。小学1年生から3年生まで明るく良い子だったんですけど、3年生の途中で病気にかかっちゃって。血液の病気とか精神的な面の病気で、そこから生気とか覇気がどんどんなくなっちゃって。いちばんわんぱくな時期を元気がない状態で過ごしていたのはあります。

──それって、どういう症状なんですか。

最初は切り傷ができると、かさぶたにならないでずっと血が流れちゃう感じでした。だから外で運動ができないとか、肌が全身蕁麻疹になっちゃうとか目に見えてしまう病気だったので精神的に結構きつかったですね。周りのみんなも小学生だから理解できなくて。自分はそういう面に関して小さい頃から悟っていた部分があったんですよ。なので「みんなにはきっと理解できないだろうな。だから内緒にしなきゃ」とか「今日は調子が悪いから学校へ行かないようにしなきゃ」と思ってましたね。

──うわぁ……。4年生以降はどうでした?

実は小3の終わりごろに父が脳出血で倒れて。それまで自営業でやっていた中華屋さんを閉めなければいけなくなってしまって。母も中華屋さんで共働きだったから、違うお仕事を探すことになって。それまで私は祖父と祖母と住んでいたんですけど「これを機にみんなで一緒に暮らそうよ」という話になりました。

──その後、一ノ瀬さんは足の病気にもかかるんですよね。

本当は小学2年生の頃にはすでになっていて。悪化したのが小学校高学年から中学生にかけてだったんです。なので小学4年生のときは足の病気になってました。ただ、そこまで気にするほどじゃなかったんですけど、最終的には立つことができないくらい悪化していった感じですね。

──足の病気に気づいたのはいつ頃?

バスケをやっていたんですけど、4年生のときに少し体調を崩して休んでいたんですよ。6年生の後半にまたバスケをはじめて試合にも出られるようになったんですけど、小学校を卒業してからどんどん悪くなって。激しく痛み出したのは中学校上がってからですかね……。

「外出したらクラスメイトに会うんじゃないか」って、外へ出ることが怖かった

──そして中学ではイジメにあって、引きこもりになるんですよね。

そうですね。

──いつから引きこもりが始まったんですか。

中学1年生の終わりですかね。それまでも満足に学校へ通えてなくて。たぶん、精神的な面もあるんですけど、朝起きられないとか、学校に行こうとしても途中で足が震えちゃって歩けなくなったりとか。そういうことがあったので、親は結構心配してたと思います。

──じゃあ、お休みするまでは無理して学校へ通って。

かなり無理してました。途中までバスケ部に入っていたんですよ。そしたら先輩からのあーだこーだがあって。まあ可愛いからイジメられちゃうのもわかるんですけど。

──…… ん? ちょっと止めますね。

アハハハハ! え?

──たしかに「可愛い」のは正しいんですけど。えっと、どうして引きこもりがはじまったんでしたっけ?(笑)。

先輩のぉ、あーだこーだがあってぇ。

──なんで「あーだこーだ」があったんですかね。

目立つんで。可愛いから……。

(2人で目を合わせて)アハハハハハ!

──まあそうですよね。女性は嫉妬とかありますから。

そうそう。それがいちばんだと思います。

──先輩が後輩をイジメるなんて、やり方としてはいちばんきたないですけど。

そうなんですよね! 本当にきたないと思います。

──一ノ瀬さん的には「そんなの知るか!」みたいな感じでした?

自分で言うのもアレですけど、やっぱり根が真面目なので。バスケ部に入って貢献したいのに試合に出られないとか、練習にちゃんと参加できないこともすごくストレスになって。罪悪感もあったんですよね。先輩が真面目に練習しているのに私は参加できないし原因もわからない。学校へ行けない理由もわからないし、部活に出られない原因もわからない。足が痛くなる原因もわからない。

──だけど、練習に参加できないのは病気が原因なわけで。

理由がわかればみんなに説明できるじゃないですか。それもできないからズル休みだと思われて、そういうところからイジメに発展しましたね。一概に先輩だけが悪いとは思えなかった。

──引きこもっていた時期は何をしていたんですか。

ひたすら音楽、アニメ、ゲームにハマってましたね。ベースは小4から弾いていたんですけど、この頃がいちばん弾いてました。あとは「飽きたからゲームやろう」とか「飽きたからニコ生観よう」とか、いろんなことをしてましたね。

──外には出てました?

外へ出ることが怖かったです。「外出したらクラスメイトに会うんじゃないか」って。だから登下校の時間は外へ出れなかったです。

──じゃあ一切、外出はせず。

そういう時間じゃないときに外へ出てました。学校の人が完全にいない夜遅い時間帯に「一緒にお散歩しようよ」ってお姉ちゃんが誘ってくれたり、あとは姿形が見えないように変装して、わざと遠くの駅まで行ったりしましたね。

──じゃあ遊び相手はいつもお姉さん。

そうですね。お姉ちゃんでした。

──いろんなことが起きて精神的に弱っていると、いつも9個上のお姉さんがケアしてくれたとか。

お姉ちゃんがすごく協力してくれて。いろんなことを助けてくれたり、身の回りのことを励ましてくれることが多くて。私、結構真面目な方なんですけど、お姉ちゃんは「なるようになるさ精神」の楽観的な人なので「大丈夫、大丈夫!」って。だからお姉ちゃんにはいつも助けられてますね。

アイドルって本来はカッコイイものだと思うんですよ

──引きこもりをしていた中学2年生の頃、たまたま姉妹で原宿へ買い物に行ったらスカウトされたんですよね。「原宿へ行こう」と声をかけたのもお姉さん?

お姉ちゃんです!

──ちょこちょこ原宿には行ってたんですか。

いえいえ! 人生2度目です。1回目に行ったのは5歳とかでした。

──声をかけられたときのことは覚えてます?

覚えてます! ラフォーレの前で声をかけられて。

──『君がいて完成するパズル』と同じシチュエーションですね。

そうなんです! 「すいません、アイドルとか芸能に興味ありませんか?」「あ、ちょっと興味あります」と話を聞いて。

──すぐに「やってみよう」という気持ちになったんですか。

正直、めちゃくちゃやりたかったです。「アイドルから入れば、モデルとか歌手とか女優もできる」と言われて、そこに希望を持ってアイドルをやろうと思ったんですけど。いまになると「思ったよりもがっつりアイドルやってるなぁ」とビックリしてます。

──当時、他人と接することがなかったわけじゃないですか。人前に立つ恐怖はなかったですか。

たぶん、根はそういうのが好きだったんですよね。小学生の頃から歌を聴いてほしくて、教室の後ろでリサイタルをしているような子だったので。根は人前に出るのが好きなんですよ。そういうことをできる自信もあったんです。謎に自分を信じていた。だからぜんぜん抵抗はなかったです。

──最初のステージは2014年の六本木Bee-Hiveでしたね。はじめてのライヴはどうでした?

衝撃的でした。それまでに秋葉原でビラ配りをして人を集めていたんです。大体100人前後を集客できて。その中で自分を観てくれているのが本当に不思議で。それまでは引きこもっていて、誰からも興味を持たれない人生だったのに、それがお金を払って観に来てくれるのがすごく衝撃的でした。「もうステージの上なら、なにをしても良いんだ」と思ったんですよね。

──2014年の結成から、ライヴ、イベント、コラボ企画など。ものすごいことが立て続けに起こっているなと思ってて。

周りのアイドルさんに申し訳ないくらいのスピードだったと思います。後ろ盾もないし、スタッフさんの数も2人からはじめたし。それでデビュー1年で1,000人とか集めだしたので、普通はありえないですよね。いまでも怖いなって思うし。しかも、なぜか私にテレビCMのオファーもめちゃくちゃ来てて。謎にめちゃくちゃ出ていたんですよね(笑)。それがこんなスピード!? とは思いました。本当にガムシャラだったのもあるんですけど。

──当時から「神宿の活動は楽しくて仕方ない」という感じでした?

そうですね。最初にグループと知らされたときはビックリしたんです。チームワークというか、人間関係に苦手意識を持っていたので「大丈夫かな」と思っていたんですけど、「とりあえず自分だけ目立てばいいや」と最初は思って。だからデビュー当時は自分の顔と同じくらいのリボンをつけて、「ネタにしてくれ!」と狙ってやっていた感じですかね。本当に自分だけ目立てば良いなって。

──結成当初から雑誌のインタヴューを受ける機会も多かったと思うんですけど。アイドルとして自分のことを話すというのは、どんな気持ちなのかなって。

話すことではじめて自分の感情が整理できる時期もありましたね。なにを聞かれるのか想像ができなかったので、話しているうちに「自分ってこうなんだな」と、わかってくるのはありました。

──どんなことを話していたか覚えてますか。

グループでインタヴューを受けたときは、ひたすら私しか喋ってなかった気がする(笑)。

──じゃあ、みんなはあまり喋らず?

とういうか「お前、目立ちたがり屋すぎるだろ!」としか思われてなかったと思うんですけど(笑)。

──最初から前に行けるってすごいですけどね。

ガンガンでした。オンオフの切り替えがすごくて、それはファンのみんなもわかっていて。オンのときはワーッと喋って、ワーッと沸かして。当時は14歳だったし、若さで押している部分もありましたね。いまはもうちょっと落ち着くようになりました。

──5年経って周りからの目は変わりましたか。

中学生の頃からアイドルをやっていたので、中学2年生のときは、「14歳でーす!」「ええ、14歳なの!?」「そうだよ! 2年前までランドセル背負ってたよぉ!」と毎日のように言ってました。

──14歳でファンの転がし方をわかってる(笑)。

そこから高校生になる頃は、正直ツラい部分もあって。「このまま幼いキャラではいけないな」と思ったんですよね。自分もそんなに幼い性格じゃないし…… って思ったときに少しずつ変わっていこうと思って。私の芯にある部分をちゃんと発信していくべきだなと。そのときにミスiDの発信力を使わせていただいたり、ブログはいままで表には出さなかった気持ちを書いたりしてました。

──それこそ結成3周年のインタヴューを読んだときに「いま引きこもっている人とか、明日には死んでしまいたいと思っている人とか、そういう方たちを救ってあげたい」と言ってたじゃないですか。一ノ瀬さんが言うから希望を持てた人が多いと思うんですよ。

ああ、そうですね。

──ただ単に音楽やアイドルが好きな人だけじゃなくて、生活の中に救いを求めている人も勇気をもらえる存在だと思うんですよね。

それってやっぱり私にしかできないことだと、すごく思うんですよね。私自身、アイドルになってマイナスだと思っていたことが、全てプラスに変わっている。それってありえない人生改革だと思いますし、そういうことがアイドルになれなくても絶対にできると思うんです。思考がマイナスだった部分もプラスに変えることが大事だよ、って発信していきたい。だんだんいまの若い人たちがそれに気付きはじめているのも良いポイントだなと思ってて。

──気付きはじめてる?

どんどん働かなきゃいけないとか、毎日残業しなきゃいけないという社会があったと思うんですけど。それが徐々に変わってきているじゃないですか。そうじゃないと少し気付きはじめている若者に、説得力のある言葉をかけたいなと思ってますね、やっぱり。

──その姿勢は最初からあったのか、途中から芽生えてきたのか。

ミスiDになってからいまの10代後半から20代までの人たちのこともちゃんと考えていこうと思って。ファンの方にもそういう人が多いし。なので、そういう人たちの悩みもちゃんと考えなきゃいけないなと思って。そこに刺せるパフォーマンスも絶対にあると思うんですよ。

──そんな一ノ瀬さんにとってのアイドルって誰だったんですか?個人的なアイドルなので、椎名林檎さんでももちろん良いですし。

それでいうとアニメが好きだったので、やっぱり『プリキュア』とか戦隊ヒーローとか、そういうイメージが強かったかもしれないです。ぶりぶりで可愛いというよりかは、アイドルって本来はカッコイイものだと思うんですよ。救えるヒーローだと思うので、そういうものを参考していたんじゃないかなと思います。

──「アイドル=救えるもの」という考えはすごいですね。

そうですね。私にとってアイドルってカッコよくて、弱っている人を救える存在なんです。

次回は3月29日(金)に掲載予定です。羽島みきのインタヴューをお届け。お楽しみに!

編集 : 鈴木 雄希

「はじまりの合図(一ノ瀬みかver.)」のダウンロードはこちらから


過去作もチェック!

新→古

LIVE SCHEDULE

〈LIVE DAM STADIUM presents 神が宿る場所〜ここが私の生きる場所〜〉
2019年4月29日(月 / 祝)@豊洲PIT
時間 : 開場 16:00 / 開演 17:00
チケット : スタンディング ¥4,800

【その他詳しいライヴ情報はこちら】
https://kmyd.targma.jp/schedule

PROFILE

神宿

2014年9月結成。原宿発!の5人組アイドル・ユニット。メンバーは一ノ瀬みか(赤)、羽島めい(青)、羽島みき(黄)、関口なほ(緑)、小山ひな(ピンク)。グループ名の「神宿」は「神宮前」と「原宿」を合わせたもの。神宿(KMYD)の頭文字 K=KAWAII(可愛い!) M=MAX(全力!) Y=YELL(応援!) D=DREAM(夢!)を届けるために原宿を拠点に活動している。

【公式HP】
https://kmyd.targma.jp
【公式ツイッター】
https://twitter.com/kamiyado0907

この記事の筆者
ライター真貝聡

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

ミュージシャンVS落語家 どうしてこの2組が戦うのか──MOROHA×立川吉笑 大衆に届ける、その表現

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

〈KOGA RECORDS〉期待のニュー・カマー! Crispy Camera Club『SWAG』配信開始

〈KOGA RECORDS〉期待のニュー・カマー! Crispy Camera Club『SWAG』配信開始

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

正体不明プロジェクト、ariel makes gloomyの謎を解き明かす

正体不明プロジェクト、ariel makes gloomyの謎を解き明かす

Kotoe Suzuki、自らが歩んできた音楽の軌跡

Kotoe Suzuki、自らが歩んできた音楽の軌跡

祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?

祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?

“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)

“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)

amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー

amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー

多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース

多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース

THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景

THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景

polly新作を巡るスペシャル対談─越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB)

polly新作を巡るスペシャル対談─越雲龍馬(polly) × エンドウアンリ(PELICAN FANCLUB)

THIS IS JAPANがミニ・アルバム『FROM ALTERNATIVE』で貫いたもの

THIS IS JAPANがミニ・アルバム『FROM ALTERNATIVE』で貫いたもの

怒涛の活動を経て作り上げた渾身の12曲─ヨースケコースケ、2年2ヶ月ぶりのフル・アルバムをリリース!

怒涛の活動を経て作り上げた渾身の12曲─ヨースケコースケ、2年2ヶ月ぶりのフル・アルバムをリリース!

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信

【期間限定先行フル視聴】jan and naomi、新作リリース──密やかな幻とのつきあい方

【期間限定先行フル視聴】jan and naomi、新作リリース──密やかな幻とのつきあい方

【対談】古川太一(KONCOS) × 奥冨直人(BOY)──“違和感”な存在と、2000年代カルチャーの関係

【対談】古川太一(KONCOS) × 奥冨直人(BOY)──“違和感”な存在と、2000年代カルチャーの関係

“2”の快進撃は止まらない!──君と描くセカンド・ストーリー『GO 2 THE NEW WORLD』を配信開始!

“2”の快進撃は止まらない!──君と描くセカンド・ストーリー『GO 2 THE NEW WORLD』を配信開始!

過ぎていった景色にある、忘れてしまった出会い──tetoの底力を見せつける初シングルを配信スタート

過ぎていった景色にある、忘れてしまった出会い──tetoの底力を見せつける初シングルを配信スタート

Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信

Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信

カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!

カフカから“KFK”という新たな遊び場へ──ジャンルレスに吐き出された1stミニアルバムを配信開始!

ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは

ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは

孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動

孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る

「いまの時代」こそ醸すロマンチックな日常──新境地に到達するEmeraldの美しき音楽

「いまの時代」こそ醸すロマンチックな日常──新境地に到達するEmeraldの美しき音楽

仲秋に届けられたあの夏のものがたり──GOING UNDER GROUND『真夏の目撃者』をリリース

仲秋に届けられたあの夏のものがたり──GOING UNDER GROUND『真夏の目撃者』をリリース

Yap!!! が新たなはじまりを告げるダンス・ロックの逆襲──デビュー作『I Wanna Be Your Hero』

Yap!!! が新たなはじまりを告げるダンス・ロックの逆襲──デビュー作『I Wanna Be Your Hero』

「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!

「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信

FBY新章のキーワード“健康的な音楽”って?──2人体制初のアルバム『THE GARDEN』を先行リリース

FBY新章のキーワード“健康的な音楽”って?──2人体制初のアルバム『THE GARDEN』を先行リリース

しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム

Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム

The ManRayを見逃すな! 話題のバンドの1stシングルを独占ハイレゾ&期間限定フル試聴開始

The ManRayを見逃すな! 話題のバンドの1stシングルを独占ハイレゾ&期間限定フル試聴開始

エレクトロ〜R&Bを行き来する、この国のメロウなポップ・マエストロ

エレクトロ〜R&Bを行き来する、この国のメロウなポップ・マエストロ

ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!

ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!

フラストレーションの爆発、その原点とは──変わる変わる変わる。両A面EPをリリース

フラストレーションの爆発、その原点とは──変わる変わる変わる。両A面EPをリリース

「遂に来たか、PELICAN FANCLUB!」──初のフル・アルバム『Home Electronics』を語る

「遂に来たか、PELICAN FANCLUB!」──初のフル・アルバム『Home Electronics』を語る

DYGL、待望の1stフル・アルバムをリリース&インタヴュー

DYGL、待望の1stフル・アルバムをリリース&インタヴュー

my letter、約2年半ぶりとなるフル・アルバムをリリース

my letter、約2年半ぶりとなるフル・アルバムをリリース

浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース

浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース

この記事の編集者
鈴木 雄希

OTOTOY編集部で基本的にロックを担当。 せい家で育ちました。

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第6回 羽島めい「神宿は青春よりも熱い場所」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

《神宿 road to success!!!》第5回 小山ひな「私は全部を愛されたいから」

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

春の風が穏やかになびく新作『trumpet』をリリース──メンバー全員インタヴュー

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

“ナツカシサウンド”だけじゃない! “いま現在”に目を向けるバレーボウイズ『青い』

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

〈SXSW〉を経験したリーガルリリー、バンドとして新たな入り口へ

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

《神宿 road to success!!!》第4回 羽島みき「どの子が神宿に加わるのかドキドキもある」

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

【Drop's連続企画】楽器隊3人インタヴュー──彼女たちのサウンドはこのメンバーによって作られる

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

Devil ANTHEM. 『Fake Factor』リリース記念〈プレゼント ANTHEM.〉

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

鈴木博文2年ぶり14枚目の新作『ピカソ』独占ハイレゾ先行配信

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

アナ、円熟味を増したポップ・マエストロ──5年ぶりの作品『時間旅行』リリース

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第3回 一ノ瀬みか「アイドルって本来はカッコイイもの」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

《神宿 road to success!!!》第2回 関口なほ「神宿自体が私にとっては青春だった」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

【Drop's連続企画】中野ミホ インタヴュー「バンドで歌うことで全部発散していた」

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

《神宿 road to success!!!》第1回 神宿プロデューサー・北川敦司

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ポップ100パーセント!! ──グッド・メロディー大集合な柴田聡子の新作配信開始

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

ときめき感じる“若さゆえ”の神秘──ムノーノ=モーゼス『オカルトタイムズ』

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

PUNKに生きる! ──CHAI、グラミーへ大きな一歩を踏み出す新作をハイレゾ配信

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

キラキラ、ドキドキ、ロックンロール!!!──新潟発のニューカマー、ザ・ジュアンズ

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

日本人みんなの「懐かしい」をくすぐる応援歌──花柄ランタン先行配信開始

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

TOP