2019/02/27 00:00

安月名莉子『ブギーポップは笑わない』EDテーマで魅せた新たな側面──「Whiteout」ハイレゾ配信開始

2018年にTVアニメ『やがて君になる』のEDテーマ「君にふれて」にてデビューしたシンガー・ソングライター安月名莉子。その真っ直ぐに伸びる歌声とギターテクニックで話題になった前作に続く2ndシングル「Whiteout」がリリースされました。TVアニメ『ブギーポップは笑わない』のエンディング・テーマにもなっている今作では、硬質なシンセ・サウンドやリズム、ラップ調の歌唱などを取り入れ、デビュー時の印象を塗り替えるような内容になっています。どこか不気味で、だけど妖艶。そして切なささえも感じさせる「Whiteout」について安月名莉子に語ってもらいました。歌い方にもこだわりを意識したという今作、ぜひハイレゾ音源で彼女の新たな魅力を体感してください。

安月名 莉子 2ndシングル『ブギーポップは笑わない』EDテーマ「Whiteout」配信開始!

INTERVIEW : 安月名 莉子

爽やかでストレートなサウンドの前作『君にふれて」で鮮烈なデビューを果たした安月名莉子。満を持してリリースされる2ndシングル「Whiteout」は、そんな彼女のイメージを覆すミステリアスで神秘的な一曲だ。シンガー・ソングライターとしてギターの弾き語りをメインに活動してきた彼女にとって、今作のような楽曲は戸惑いもあったはず。しかし、そこには何の迷いもなかったと即答する。今は作品に寄り添う楽曲を歌うことに喜びを感じているというのだ。まだあどけない表情を浮かべながら明るくインタビューに答える彼女の素顔に迫る。

インタヴュー&文 : 荻原 梓
写真 : 黒羽政士

歌ってる時と聴いた時の印象が全然違う

──今回の『Whiteout』が2枚目のシングルとなります。前作から曲調ががらりと変わりましたね。

はい。急に(笑)。

──デビュー・シングルだった前作『君にふれて』は、miwaさんなどの王道女性シンガーソングライターの系譜を引き継いているような鮮烈なイメージでした。

ありがとうございます! 嬉しいです。

──今作は曲の印象こそがらりと変わったものの、作詞作曲は引き続きボンジュール鈴木さんですね。

最初に聴いた時、今まで自分の中になかった曲調だったので驚きました。デモにはボンジュール鈴木さんの仮歌が入っていたのですが、Aメロはラップ調だったり、ボンジュールさん特有の”エロさ”が入っていたりして、どうやって歌うのだろうと(笑)。でも、格好良い曲だなというのは聴いた瞬間から思いました。あと、聞けば聞くほどにクセになる曲だとも思いました。

──アニメのオープニング・テーマはガツンと来るものが多いですが、この「Whiteout」はエンディング・テーマということもあって、アニメの余韻が残る雰囲気重視の楽曲ですよね。幻想的で神秘的。

実際アニメで映像が付いたものを見ると、歌っている時と聴いた時の印象が全然違う本当に不思議な曲だなって。

──仮歌をもらってから歌入れまでの間はどれくらいあったんですか?

数週間だったと思います。

──では難しかったんじゃないですか。どう表現するのか迷いませんでしたか?

リズムだったり歌詞だったり色々と独特な楽曲だったので難しかったです。日本の音楽にはあまりない、洋楽のようなリズムでしたので、掴むのに時間がかかりました。制作期間が短かったので、なるべく仮歌のボンジュールさんの素敵なところを吸収しようとしましたね。

──聴いていてとても印象に残ったのが“Flashback”とか“静寂”、“Moonlight”の歌い方です。とても印象に残る歌い方でした。

ボンジュールさんに伝授していただきました!

──レコーディングにはボンジュールさんもいましたか?

はい、ディレクションをしてくださって。でも「安月名さんらしく」と優しくアドバイスして下さって、のびのびと歌わせていただきました。

これをやったらどうなっちゃうかなって躊躇する自分がいたりして

──抽象的な表現が多い歌詞かとは思いますが、安月名さんはどのように解釈されましたか?

自分の中にいるもうひとりの自分の存在に葛藤している歌詞だと思います。アニメ『ブギーポップは笑わない』は人間の二面性であったり、二重人格がテーマとなっているので新しいことに挑戦するとき、自分に迷いがあるとき、自分の中にもう一人がいてなかなか踏み出せない。そういうような迷うことがたくさんあって悩んでいる曲だなと思いました。

TVアニメ『ブギーポップは笑わない』 PV 第2弾
TVアニメ『ブギーポップは笑わない』 PV 第2弾

──まさに今歌手として活動されてる安月名さんも葛藤することが多いと思うのですが、歌詞を読んで共感できる部分はありますか?

あります。思い切りたいときに、これをやったらどうなっちゃうかなって躊躇する自分がいたりして。2番の〈邪魔しないで〉って歌詞はまさにそういうことなのかなって。天使と悪魔みたいな(笑)。

──わかります(笑)。今回、初のMV撮影ですよね。撮影したのは富士山の麓?

はい、山梨県です。最初に富士山がどーんと大きく映っています。

──寒くはなかったですか?

11月頃撮ったので寒かったですが、ほぼダンスシーンだったのでずっと体はポカポカしてました。自分の気分が高まってたのか(笑)。

──ミュージカル経験者というのもあって動きがなめらかで、美しかったです。

ミュージカルやっていた頃から5〜6年のブランクがあり心配だったのですが、上手く踊れたと思います。車が動きだすシーンから始まるのですが、乗る前に撮影のセットをしっかり見てなかったので、車が曲がってセットの全景が見えた瞬間にライトがバシバシ光っていて、スモークも出ていて、え! って(笑)。驚きながらの撮影でした。豪華なセットにも助けられて撮影には集中して入り込むことができました。

──全部で何回撮ったんですか?

ノーカットで3回撮りました。最後になるに連れて盛り上げていってほしいと言われたので気持ちを高めたら、撮る回数が増えるごとに「踊りが激しくなってるね」って言われて(笑)。

──いわゆる普通のMVと違ってシーンがリズムによって切り替わったり、歌ってるシーンがなかったりして、まるで映画のような質感の作品ですよね。

そうなんです。こんなに格好良く撮っていただけて本当に嬉しいです。

安月名莉子「Whiteout」Music Clip short
安月名莉子「Whiteout」Music Clip short

──それこそ前作のシングルとがらりとイメージが変わってて驚きましたよ。

新しい自分をお見せできていれば嬉しいです。

──カップリング曲「Sayonara」もまた新しい曲調にトライしてますね。

「Sayonara」は聴いた瞬間に好きになりました。サビの頭でドンとくる壮大感。こういう曲歌ってみたいなって思っていたんです。ヒゲドライバーさんの作詞も日本語だけど言葉の当てはめ方が洋楽のようで、自分だと作らないような曲です。歌うのがワクワクでした。

──今回のこの2曲ってギター主体ではないですよね。戸惑いはありませんでしたか?

なかったです! 逆にこれをライブでギターアレンジしたらどうなるんだろうって思ったりしましたね。

こんなにも気持ちが伝わる曲が書ける

──安月名さんはもともとシンガーソングライターとして活動してましたよね。前作のカップリング曲「rise」はご自身での作詞ですが、基本的に今は作家の方に曲を提供していただいてます。昔と今とでは活動する上でどのような違いがありますか?

今までは路上ライブをやったりしながら、心の葛藤だとか、メジャーデビューへの夢とか自分の思いを歌にしてきました。夢に向かってる自分がその時どう思っていたのかを歌詞にしたりして。でも今は作品に寄り添った曲を歌うことに喜びを感じています。アニメを見てくれている人が私の歌った曲を聴いて喜んでくれることが今は純粋に楽しくて。でも一方で、自分で作った曲をもっともっと練って世に出したいという思いもあります。今書くと昔と思っていたこととは違うことを書けるのじゃないかなって。

安月名莉子「君にふれて」カップリング曲『rise』試聴動画
安月名莉子「君にふれて」カップリング曲『rise』試聴動画

──こういう業界でお仕事していると様々なクリエイターと一緒に仕事をすることになるのでご自身の創作にも刺激になりますよね。

楽曲をいただけることが本当に信じられないです。ボンジュールさんは歌詞の表現の仕方がとても綺麗で。私は洋楽が好きだったので、このコードをどうとか、難しいことをやろうと考えすぎていました。なので「Whiteout」は使っているコードが少ないのに、それでもこれだけ綺麗で。メッセージとメロディーがぴったり合うと、こんなにも気持ちが伝わる曲が書けるんだって勉強になりました。

──今後はライブも控えてますね。

カバー曲や、今までやっていた自作曲もやっていきたいなと思いますし、初めて見に来てくれる方もたくさんいると思うので、みなさんと一緒にライブを作っていけたらなって思います。見に来てくれたみなさんには、まず私の人柄を知っていただきたいです。デビューしたばかりでみなさんの前でしゃべる機会もまだ少ないので。

──安月名さんはご自身で自分をどんな人柄だと思いますか?

自分の人柄……難しい。喋ることが好きなので……おしゃべりです(笑)。憧れのアーティストさんもいるのですが、お手本にしてキャラ作りしようと思っても、肝心の喋り方がこれなので(笑)。

安月名 莉子 2ndシングル「Whiteout」配信開始!のご購入はこちらから


前回のインタヴューもチェック!

>>> 『やがて君になる』に寄り添った彼女の歌声──安月名莉子「君にふれて」ハイレゾ配信開始

LIVE

〈安月名莉子 1st ワンマンライブ -rise- 昼公演 〉

公演日 : 2019年6月8日(土)会場 : TSUTAYA O-WEST時間 : 開場 15:00 / 開演 15:30

〈安月名莉子 1st ワンマンライブ -rise- 夜公演 〉

公演日 : 2019年6月8日(土)会場 : TSUTAYA O-WEST時間 : 開場 18:00 / 開演 18:30

>>> 詳しいライヴ情報はこちらからチェック!

PROFILE

安月名 莉子

12月3日生まれ。幼少よりミュージカルやTVへの出演を通し、役者としての表現を学ぶ。大学進学と同時に自身の思いを形に残すためシンガーソングライターとしての活動を開始。2018年10月放送TVアニメ『やがて君になる』のOPテーマ「君にふれて」でメジャーデビュー。同時に『Re:ゼロから始める異世界生活 Memory Snow』の挿入歌「Memories」の歌唱に抜擢される。卓越したギター演奏と寄り添う声で、こころを歌い上げる。ふと、その声が聞きたくなる。

>>> 安月名 莉子 OFFICIAL SITE

>>> 公式Twitter

この記事の編集者
この記事の編集者
伊達 恭平

『マチビトサガシ』に詰め込まれた、Machicoが愛したもの

『マチビトサガシ』に詰め込まれた、Machicoが愛したもの

受け入れ、変化し、演じる姿が生み出す自分──安月名莉子「be perfect, plz!」2ヶ月連続インタヴュー前編

受け入れ、変化し、演じる姿が生み出す自分──安月名莉子「be perfect, plz!」2ヶ月連続インタヴュー前編

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.10 いまのメンバー全員と、この先を走るために──トギーはBiSで本音を語る

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.10 いまのメンバー全員と、この先を走るために──トギーはBiSで本音を語る

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.9 ネオ、BiSの“最高“を更新し続けるために──常に自分に向けられた思考の先

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.9 ネオ、BiSの“最高“を更新し続けるために──常に自分に向けられた思考の先

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.8 チャントモンキーが常に見据える“先”のこと──メンバーと向き合い、さらに上へ

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.8 チャントモンキーが常に見据える“先”のこと──メンバーと向き合い、さらに上へ

3776“歳時記”シリーズついに完結!──渋谷WWWワンマン・ライヴがハイレゾ音源で配信開始!

3776“歳時記”シリーズついに完結!──渋谷WWWワンマン・ライヴがハイレゾ音源で配信開始!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.7 ティ部はいつでも研究員のことを見ている!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.7 ティ部はいつでも研究員のことを見ている!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.28 - SUMMER SPECIAL「STEPHENSMITH編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.28 - SUMMER SPECIAL「STEPHENSMITH編」

原点回帰する〈夏の魔物2019〉──成田大致が紡いだロック・ヒストリーを全身全霊で体感せよ

原点回帰する〈夏の魔物2019〉──成田大致が紡いだロック・ヒストリーを全身全霊で体感せよ

ReoNa、過去作品含む一挙ハイレゾ配信開始!

ReoNa、過去作品含む一挙ハイレゾ配信開始!

3776、4年ぶりのフル・アルバム『歳時記』独占ハイレゾ配信開始──衝撃の3776ワールドに飛び込め!

3776、4年ぶりのフル・アルバム『歳時記』独占ハイレゾ配信開始──衝撃の3776ワールドに飛び込め!

安月名莉子の表現に灯る、確かな光──ニュー・シングルに込められた『彼方のアストラ』とのリンク

安月名莉子の表現に灯る、確かな光──ニュー・シングルに込められた『彼方のアストラ』とのリンク

時間、国、人、あらゆる境界を超えて繋がれた情熱のかたち──南壽あさ子『すみれになって』ハイレゾ配信

時間、国、人、あらゆる境界を超えて繋がれた情熱のかたち──南壽あさ子『すみれになって』ハイレゾ配信

藤井丈司とともにハイレゾで聴く『YMOのONGAKU』──OTOTOYハイレゾ試聴会 Vol.4 レポート

藤井丈司とともにハイレゾで聴く『YMOのONGAKU』──OTOTOYハイレゾ試聴会 Vol.4 レポート

nonoc、最新シングル「star*frost」に煌々と輝くアーティストとしての進化

nonoc、最新シングル「star*frost」に煌々と輝くアーティストとしての進化

過去最大級の3776ワールドが接近中! 新アルバム『歳時記』&WWWワンマンで見せる至極の景色

過去最大級の3776ワールドが接近中! 新アルバム『歳時記』&WWWワンマンで見せる至極の景色

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.6 私はステージに立つ側の人間だ──トギーがイメージし続けた自分の姿はBiSにある!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】Vol.6 私はステージに立つ側の人間だ──トギーがイメージし続けた自分の姿はBiSにある!

THE THROTTLE、キャラ立ち本格始動──1stシングル『CYCLOTRON』で抜き打つ現代のJ-ロック・シーン

THE THROTTLE、キャラ立ち本格始動──1stシングル『CYCLOTRON』で抜き打つ現代のJ-ロック・シーン

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】vol.5 優等生サブカル少女のマナコ・チー・マナコ、特別な存在になるために選んだBiS!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】vol.5 優等生サブカル少女のマナコ・チー・マナコ、特別な存在になるために選んだBiS!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】ネガティヴでぼっちのネオ・トゥリーズは、BiSで“カッコ良く”なれるのか!?

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】ネガティヴでぼっちのネオ・トゥリーズは、BiSで“カッコ良く”なれるのか!?

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】チャントモンキーは、チャットモンチーを超えるのか!?

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】チャントモンキーは、チャットモンチーを超えるのか!?

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】 イトー・ムセンシティ部 インタヴュー「自分の中のハードルを飛び越える!」

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】 イトー・ムセンシティ部 インタヴュー「自分の中のハードルを飛び越える!」

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】第三期BiS 連載vol.1 初めてのメンバー・インタヴュー掲載。「WACKといえばBiS」に変えたい!!!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】第三期BiS 連載vol.1 初めてのメンバー・インタヴュー掲載。「WACKといえばBiS」に変えたい!!!

Ghost like girlfriendが打ち立てた金字塔──1stフル・アルバム『Version』から確信するJ-POPの未来!

Ghost like girlfriendが打ち立てた金字塔──1stフル・アルバム『Version』から確信するJ-POPの未来!

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】連載vol.0 渡辺淳之介

【BiS 3度目の正直は、本当にあり得るのか!?】連載vol.0 渡辺淳之介

【ライヴレポート】Vocal & Dance Collection Live Vol.3 Supported

【ライヴレポート】Vocal & Dance Collection Live Vol.3 Supported

山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉

山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

3776が生み出した“ダイナミクス”の世界──ライヴ・アルバムをハイレゾ配信開始!

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

変化を恐れずに切り取った多彩な表情──tacica、『panta rhei』リリース

瀧川ありさ、音楽とともに人生を歩む理由─TVアニメ『ドメスティックな彼女』EDテーマ「わがまま」

瀧川ありさ、音楽とともに人生を歩む理由─TVアニメ『ドメスティックな彼女』EDテーマ「わがまま」

柳樂光隆 × 高橋健太郎 〈Nonesuch Records〉を聴く──OTOTOYハイレゾ試聴会Vol.2レポート

柳樂光隆 × 高橋健太郎 〈Nonesuch Records〉を聴く──OTOTOYハイレゾ試聴会Vol.2レポート

MYTH & ROIDが創造した“答えのない世界”──NEWシングル「shadowgraph」ハイレゾ配信開始

MYTH & ROIDが創造した“答えのない世界”──NEWシングル「shadowgraph」ハイレゾ配信開始

nonoc、熱量を増した歌声で最前線へ──『魔法少女特殊戦あすか』OPテーマ『KODO』ハイレゾ配信

nonoc、熱量を増した歌声で最前線へ──『魔法少女特殊戦あすか』OPテーマ『KODO』ハイレゾ配信

安月名莉子『ブギーポップは笑わない』EDテーマで魅せた新たな側面──「Whiteout」ハイレゾ配信開始

安月名莉子『ブギーポップは笑わない』EDテーマで魅せた新たな側面──「Whiteout」ハイレゾ配信開始

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

アーティストとしての花澤香菜、その原点〈ベース〉にある音楽──『ココベース』ハイレゾ配信開始&全曲解説

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

〈SACRA MUSIC〉作品配信スタート!

3776からの“ダイナミクスへの誘い” 春のワンマンはどうなる!?──『季刊井出ちよのVol.5』ハイレゾ配信開始

3776からの“ダイナミクスへの誘い” 春のワンマンはどうなる!?──『季刊井出ちよのVol.5』ハイレゾ配信開始

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

“気持ちよさ”の追求はオリジナリティの洗練へ──STEPHENSMITH新アルバム『ESSAY』リリース

“気持ちよさ”の追求はオリジナリティの洗練へ──STEPHENSMITH新アルバム『ESSAY』リリース

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

過去を見ることから生まれた未来──QUADRANGLE、話題TVアニメOPテーマ「PARADOX」ハイレゾ配信開始

過去を見ることから生まれた未来──QUADRANGLE、話題TVアニメOPテーマ「PARADOX」ハイレゾ配信開始

『やがて君になる』に寄り添った彼女の歌声──安月名莉子「君にふれて」ハイレゾ配信開始

『やがて君になる』に寄り添った彼女の歌声──安月名莉子「君にふれて」ハイレゾ配信開始

3776、3月にワンマン・ライヴ決定!さらに待望の『季刊井出ちよのVol.3&4』ハイレゾ独占配信を開始!

3776、3月にワンマン・ライヴ決定!さらに待望の『季刊井出ちよのVol.3&4』ハイレゾ独占配信を開始!

『Re:ゼロ』主題歌での鮮烈デビュー。──いまだ謎多き新人シンガーnonocの素顔を暴く!

『Re:ゼロ』主題歌での鮮烈デビュー。──いまだ謎多き新人シンガーnonocの素顔を暴く!

【連載第16回】2018年の10月配信のマスト・チェックなアニソン作品はこれだ!!

【連載第16回】2018年の10月配信のマスト・チェックなアニソン作品はこれだ!!

【連載第15回】 スウェーデン×沖縄? ラスマスフェイバーが作り上げた、グルーヴ感溢れる「はるかなレシーブ」の音楽を聴く!

【連載第15回】 スウェーデン×沖縄? ラスマスフェイバーが作り上げた、グルーヴ感溢れる「はるかなレシーブ」の音楽を聴く!

現代において「音楽を買う」という価値を再考するー【対談】城 隆之(no.9) × 太田伸志(Steve* Music)

現代において「音楽を買う」という価値を再考するー【対談】城 隆之(no.9) × 太田伸志(Steve* Music)

【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第14回 ──「色づく世界の明日から」

【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第14回 ──「色づく世界の明日から」

【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第13回

【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第13回

ダンス、ラップ、歌唱、あらゆるパフォーマンスが躍動する美しい獣

ダンス、ラップ、歌唱、あらゆるパフォーマンスが躍動する美しい獣

【REVIEW】冴え渡るアレンジが斬りふせる先入観!ーSuara『理燃-コトワリ-』& AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.2』

【REVIEW】冴え渡るアレンジが斬りふせる先入観!ーSuara『理燃-コトワリ-』& AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.2』

MONACA岡部啓一の音楽が彩った作品たち

MONACA岡部啓一の音楽が彩った作品たち

UN.a、5曲連続リリース最終作『INDUSTRIA』ハイレゾ配信スタート

UN.a、5曲連続リリース最終作『INDUSTRIA』ハイレゾ配信スタート

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

“音そのもの”を考えた音楽会──ハイレゾ音源+記録映像という配信形態に凝縮された、アルプの試みとは?

“音そのもの”を考えた音楽会──ハイレゾ音源+記録映像という配信形態に凝縮された、アルプの試みとは?

楠田亜衣奈が歌う、7つの『愛』のかたち──『アイナンダ!』ハイレゾ配信開始!

楠田亜衣奈が歌う、7つの『愛』のかたち──『アイナンダ!』ハイレゾ配信開始!

“暦”が宿るピアノの調べ、季節が巡るイマジネーションの発露──スガダイロー『季節はただ流れて行く』ハイレゾ独占配信!

“暦”が宿るピアノの調べ、季節が巡るイマジネーションの発露──スガダイロー『季節はただ流れて行く』ハイレゾ独占配信!

TOP