YMO結成40周年記念再発プロジェクト「YMO40」から、ハイレゾ・リマスタリング諸作品が配信開始!

イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の結成40周年記念再発プロジェクト「YMO40」。エレクトロニック・ミュージックの先駆として、国内外で高い評価を受け続けているその作品が、リマスタリングが施され続々とリリースされるこの企画。このたびリリースされたのは第2弾となる1980年の2作品——海外公演の模様を収めたライヴ・アルバム『パブリック・プレッシャー』、そしてスネークマンショーのコントを挟み込むという異色の作品となった『増殖』。この2作品のハイレゾ・リマスタリング版が配信開始となりました。またこの第2弾の配信に合わせて、昨年リリースされた「YMO40」第1弾の3作品もOTOTOYでハイレゾ配信開始。リマスタリングは名匠エンジニア、ボブ・ラディックが手がけている

ボブ・ラディック : アメリカのGateway Mastering & DVDのマスタリング・エンジニア。ジミ・ヘンドリックスやクイーン、レッド・ツェッペリンといったロック・レジェンドたちから、クラシック、そしてダフト・パンクやフランク・オーシャンといった現代のダンス〜R&Bアーティストまで手がけるマスタリング・エンジニア。クラシックなどの作品では「Robert C. Ludwig」ともクレジットされることも

「YMO40」ハイレゾ・リマスタリング第2弾の2作品

1980年発表、 スネークマンショーのコントとのコラボが話題を呼んだミニ・アルバム

桑原茂一、伊武雅刀、小林克也によるスネークマンショーのコントを挟んで展開されるラジオ番組のような構成のミニ・アルバム。元サディスティック・ミカ・バンドのボーカリスト福井ミカ参加の「NICE AGE」、そしてシングル・カットされた、細野によるベースラインがことさら印象的なアーチー・ベル&ザ・ドレルズのカヴァー「TIGHTEN UP」のカヴァーや2トーン・スカ的な「MULTIPLIES」などを収録。

1980年リリース、LA、NY、ロンドン、そして中野サンプラザの公演を含むライヴ・アルバム

『公的抑圧』とも、第1回のワールド・ツアーとなった、ヴェニュー(ロンドン)、グリーク・シアター(ロサンゼルス)、ボトムライン(ニューヨーク)。コンピューター、シンセのプログラミングに松武秀樹、キーボードやバッキング・ヴォーカルとして矢野顕子、ギターには渡辺香津美が参加(諸事情で作品化の段階で渡辺のギターはカットされ、坂本のシンセが追加されている)。

「YMO40」ハイレゾ・リマスタリング第1弾

まさに初期YMOを代表する金字塔的作品

シングル・カットされ、まさに代表曲となった「RYDEEN」を含む金字塔的作品。エレクトロ・ディスコな1stシングル「TECHNOPOLIS」や「BEHIND THE MASK」、沖縄民謡的なグルーヴがエレクトロの上で繰り広げられる「ABSOLUTE EGO DANCE」。昨今の和製アンビエントな文脈でもいけそうな「CASTALIA」などなど。「テクノポップ」といったタームの広がりや人民服ファッションなどなど、一躍YMOは時代の寵児となるきっかとなった作品。

1978年発表の1stアルバムの1979年の海外仕様

A&Mから米国発売されるにあたり、 ディスコ全盛の市場に合わせてLAでアル・シュミットによるリミックスが全曲に施された1stのアメリカ盤。「アクロバット」 が削除、「イエロー・マジック(東風)」 では吉田美奈子のヴォーカルがダビングされている。ジャケットのルー・ビーチによる“電線芸者”イラスト。

伝説のはじまりとなる1978年発表の1stアルバム

細野晴臣提案のマーティン・デニーのエキゾチック・サウンドをディスコ化する(「ファイヤー・クラッカー」はマーティン・デニーの楽曲)というコンセプトの下に誕生したYMOの記念すべき第1作。エキゾな旋律とフュージョン、そしてディスコが入り交じる。ゴダール3部作と呼ばれる「東風」「中国女」「マッド・ピエロ」を収録。

「YMO40」第3回のハイレゾ配信も決定!
2019年5月29日同時発売
発売元:(株)ソニー・ミュージックダイレクト

1981年のオリジナル・リリース作品2作品。これらの作品はコミカルな『増殖』とはうってかわって、実験路線に舵を切った作品で、現在でも斬新な響きをもっており、国内外の多くのミュージシャンやコアファンからの評価が最も高い時期の作品となっている。

『BGM(ハイレゾ[FLAC 96kHz/24bit])』
税込¥3,200(¥2,963+税)

『テクノデリック(ハイレゾ[FLAC 96kHz/24bit])』
税込¥3,200(¥2,963+税)

今後の発売予定タイトル
『浮気なぼくら』
『サーヴィス』
『アフター・サーヴィス』

対談動画などのスペシャル・コンテンツを「YMO40」スペシャルサイトにて公開中http://www.110107.com

ソロ作・参加作品などYMO関連のオススメ・ハイレゾ作品

1978年にYMO結成以前に制作された坂本龍一のデビュー作。

坂本、自らも主演した大島渚監督『戦場のメリークリスマス』OST30周年記念リマスリング版

ポスト・クラシカルを予見した1998年作、20周年リマスター

現在の電子音響シーンへも接続する坂本龍一目下の最新作(2017年)

高橋ユキヒロ名義でリリースの1st 『サラヴァ!』、デビュー40周年リマスタリング版

高橋幸宏と鈴木慶一の音楽ユニット、 THE BEATNIKSが1981年にリリースしたアルバム

前作より7年ぶりとなる高橋幸宏と鈴木慶一による伝説的ユニット、THE BEATNIKSの目下の新作

この記事の編集者
河村 祐介

わからずや

気になるあの問題がついに決着!?──YOUR SONG IS GOOD、結成20周年記念作『Sessions』をリリース

気になるあの問題がついに決着!?──YOUR SONG IS GOOD、結成20周年記念作『Sessions』をリリース

YMOリマスタリング第2弾『パブリック・プレッシャー』『増殖』、第1弾もOTOTOYでハイレゾ配信開始

YMOリマスタリング第2弾『パブリック・プレッシャー』『増殖』、第1弾もOTOTOYでハイレゾ配信開始

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

2週間先行ハイレゾ配信──断絶と継承を経たインディーの美学、WOOMAN『A NAME』

2週間先行ハイレゾ配信──断絶と継承を経たインディーの美学、WOOMAN『A NAME』

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

【REVIEW】『Silence Will Speak』に見える、未来まで響く歪みと叫び

【REVIEW】『Silence Will Speak』に見える、未来まで響く歪みと叫び

TOP