ドミコの音はこの世にどうやって現れるのか? エンジニア、上條雄次とともに訊く、3rd『Nice Body?』のサウンド

さかしたひかる(Vo.Gt.)、上條雄次(エンジニア)

ギター / ヴォーカル&ドラムという変則的な2ピース・バンドで、鮮明なガレージ・ロック・サウンドをフロアへとたたき出す、ドミコ。ここにとびきりの3rdアルバムが完成した。「2人で出しているとは思えない」という枕詞は、彼らにとってもはや失礼でしかないのだが、いや、しかし『Nice Body?』と名付けられた本作は、これまでの作品と比べてもフレッシュな表現を提示し、まさに「2人で出しているとは思えない」ほど多彩で、そんな一度聴いたら癖になりすぎるドミコの音を進化させている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、そのサウンドに迫るべく、エンジニアの上條雄次と、メンバー、さかしたひかる(Vo.Gt.)の対談を行った。

ドミコ、3rdフル・アルバム配信開始


INTERVIEW : ドミコ・さかしたひかる(Vo.Gt.)、上條雄次(エンジニア)

バンド活動の勢い、そのスピード感をそのまま纏ったかのようなロックンロール・ナンバー「ペーパーロールスター」にはじまり、2018年の猛暑の白昼夢がそのままサウンドの秘密へとミックスされたかのようなサイケデリック・アンセム「ベッドルーム・シェイク・サマー」まで、アルバムは一気に突き抜ける。リスニングにおいて、作品全体が持ったスピード感に任せて最後まで突き進むもよし、しかし各楽曲確実にさまざまな音の仕掛けが張り巡らせれており、ギター、ドラム、そして全体の音響感覚、それぞれに神経を張り巡らせて宝探しのようにその表現を楽しむのもいい。万華鏡のような、さらなる多彩なサウンドを、ソリッドかつヘヴィに響かせている。本稿では、メンバーをして「第3のメンバー」とまで言う、そのサウンド作りの重要参考人とも言えるレコーディング・エンジニアの上條雄次を招き、メンバーのさかしたひかるとの対談にて、そのサウンドの秘密に迫る。

インタヴュー&文 : 河村祐介
写真 : 沼田 学

素材をたくさん集めていって、最後に集めた素材を選んで最終形を決めていく

──今作には「ヘヴィ」というキーワードがひとつありますが、アルバムをつくるときにイメージしていた音とかはあったのでしょうか?

上條雄次(以下、上條) : 一応イメージみたいなものは聞いていて。いつもそうですけど「その場でおもしろいものが出たらいいな」というノリはありますね。

さかしたひかる(以下、ひかる) : これまでの作品3枚とも上條さんとご一緒作ってるんです。基本的なやり方としては、漠然と音を録っていって「こういう音がいい」というのを探って、それに合わせて機材を選んで録っていきます。

上條 : まず、ひかるくんが作ったしっかりしたデモがあって、それを聴いてイメージを膨らましていきます。

ひかる : そこからデモ通りじゃないほうがいい曲と、デモっぽいニュアンスで録りたい曲のふたつに大きく分かれます。大体は、デモっぽい宅録じゃない視点、新しい側面を見たいという感じのスタートが多いですね。あくまで曲としては僕のデモで完結しているものを提示して、「さぁこれからサウンド的にどうするか」というスタートですね。

──なるほど。今回のアルバムで、デモ通りじゃない方向に行った楽曲ってどれですか? その作り方を聞いていくと話がわかりやすいかなと思って。

上條 : 録音のとき、録り方でおもしろい味が出たのは「ベッドルーム・シェイク・サマー」とか。


ドミコ / ベッドルーム・シェイク・サマー

ひかる : あと「アーノルド・フランク&ブラウニー」とかかな。この辺の楽曲は、方向性的なものはデモからずれていないんですけど、見ていたゴールよりも、レコーディングで探りながらさらに先まで進めたという感じで。「ベッドルーム・シェイク・サマー」でいうと、ゆったりしているけど深い感じ。

上條 : 「アーノルド・フランク&ブラウニー」は、ドラムの音をギター・アンプから出したものを録ったり、「ベッドルーム・シェイク・サマー」ではスタジオのロビーに立てたマイクをメインにして、それを左右に振って、左右に動く不思議な空間を表現してみたり。

ひかる : 「ベッドルーム・シェイク・サマー」は、ドラムのレコーディングが2部屋分くらいマイクを離してます。だからドラムのおもしろい鳴り方と、ちょっとズレて聴こえるショート・ディレイの効果を得て。

──なるほど。これはダブ・ミックスという感じではなくて、録った段階でそもそもこういう音像にしたという感じなんですね。

上條 : 基本的には音を録りながら、ふたりで最終形のおもしろいと思えるところを探っていくんです。そのときのアイデアをふたりで出していって、その延長線上に音源を仕上げるミックスがある感じですね。

ひかる : だからもう素材録りからいろいろやるみたいな感じですよね。素材をたくさん集めていって、最後に集めた素材を選んで最終形を決めていく感じですね。「この音を使ってみようか」みたいに。

上條 : ひかるくんの作ってきたデモをさらにブラッシュアップしていく上で、ひかるくんの中でその曲に対して違和感が出てきてしまったことを軌道修正する、そのために音色みたいなものが大切で、それを録っていくという。

ひかる : 「この音いいな〜」と思っても、また違うギターやエフェクター、アンプを試したときに「こっちも捨てがたいな〜」という感じで、途中で選べなっくなっちゃうことが多いですね(笑)。

さかしたひかる

上條 : その場でたまたま起きたマジック的なものをできるだけ拾い上げながら作っていく感じですね。

ひかる : そういう偶発的なものは、1枚目のときから意識して大事にしている感じはありますね。とっさに出てきたものもパッとやる。

上條 : テンションあがるもんね。

ひかる : いきなり自分の宅録の世界からかなり広がるので、想像していないものにきれいに着地できると、テンションが上がりますよね。

──逆に今作の中で、デモの感じがそのまま残っている曲はどの曲ですか?

ひかる : 「さらわれたい」とかですかね。

上條 : これがいちばんシンプルか。

──もともと作ってきたもののアイデアを生かしていく感じ?

ひかる : 音のパワーは格段にデモよりもすごくなりますけどね。あんまり迷わなかった。「ここで爆発的なファズを出したい! 」とか、そういう感じでしたもんね。ギターやアンプ選びに時間がかからなかったですね。

上條 : 基本的にギターの音作りが長いんですよ(笑)! 僕とイメージを共有できているものもあるんですけど、でもやっぱりひかるくんの中にしかないちょっとしたニュアンスがあるんですよね。エンジニアとしては「いい音を録りたい」という気持ちはあるじゃないですか。でも「正解=いい音」でないときもあるので、そこが難しいですよね。

ひかる : 僕は音作りの部分で、「これが正解だな」ってはっきり思えていないと録りたくなくて。「こっちの方がよかったな」という状態で進みたくない。

最近は「足りない良さもあるよね」みたいな感覚もある

──上條さんのほうからヒントを提示することもあるんですか?

ひかる : かなりありますね。レコーディング・エンジニアと言いつつも、サウンド面で言えば第3のメンバーみたいな感じもあって。どうすれば正解に近づくことができるのか、すごくヒントをもらうことが多いですね。むしろ自分で決められないときは上條さんに最終判断をしてもらうこともありますね(笑)。

上條 : それこそ、これまで3枚で一緒にやってきているので、そこらへんの関係性はできている感じなのですね。サクサクいくときもあれば、ふたりで時間をかけて悩むこともありますし。

──最初の頃といまで、コミュニケーションの部分で大きく変わった部分などありますか?

ひかる : もともと「俺がしたいこと」を完璧にわかってくれていたんですよ。

上條 : そういうことを言ってくれて助かります(笑)。

ひかる : 3枚目になって、僕がしたいことに対する説明がさらに短くなってきました。

上條 : レコーディングの中で「最近はなにを聴いているの?」とか「これかっこいいね」とかを話して、その音源を聴きながらひかるくんのいまのモードを感じ取りながらやっていますね。そういう面では、最初の『soo coo ?』は、いちばん自分の色が強い作品かもしれないですね。いままでのドミコを知っている上で、「自分が関わるとこうなっちゃうんだぜ」みたいに、やってやるぜ感があったというか(笑)。そこから徐々に、僕もひかるくんの考えに乗っかりながらやっていく方法になっていきましたね。

上條雄次

──今回録っていて大変だった曲はなんですか?

上條 : 大変さで考えると、全部大変なんですよ〜(笑)。「裸の王様」はとくに大変だったかもしれないですね。

ひかる : 音作りの時間がいちばんかかった曲ですね。

──「裸の王様」の音に関して、おふたりのなかでどんなやりとりがあったんですか?

ひかる : この曲は結構割とはやい段階でゴールを共有できたんですよね。リフとベースとドラムがバッてはじまるイントロのフレーズを聴いただけで、聴いた人が「いい曲だな」と想像ができる曲にしたかったんですよね。「裸の王様」に関していうと、イントロだけで一気に虜にさせたいというイメージがあったので、ドラムやギターの音作りやバランス感に焦点を当てて作りました。ただ、そこのバランスをせめぎ合いで時間がかかった印象があります。

上條 : この曲は途中で、DAW側で無理やりテンポを落とした展開になることがあって。ちょっとトリッキーで、だれもやらないだろうなというアイデア。無理やりテンポを引き伸ばしてピッチもダルダルにするような処理はドミコでしかやったことないですね。ドミコの場合は、1からひかるくんがいる状態で作り上げて、ミックス作業の時もずっと僕の後ろにひかるくんがいる状態。なにかあれば後ろから声が聞こえてくるので、自分が試したものに関して「いいですね」って言われると迷いがなくなるんですよね。なので、振り切ったこともやりやすいです。

──同じ場を共有して、一緒に作っていくという感覚が大きいんですね。

ひかる : そうですね、レコーディングもミックスも全部一緒に作っていますね。

──ギターとドラムでこの音を出しているワケじゃないですか。全体のミックスのバランスとして上條さんのなかで気をつけていることはあるんですか?

上條 : 最初は「『ふたりでやっているから物足りない』と思われちゃいけない」と考えていたんですけど、最近は「足りない良さもあるよね」みたいな感覚もありつつ。その曲に対して正解が出ればそれでいいかな、と。「いつもよりキックのローを増やす」ということではなくて、ドラムはドラムとして普段と同じように作るようにしていますね。そのうえで「物足りない」と感じたときにちょっとだけ修正する感じですね。

──録る順番はドラムから?

上條 : そうですね。ドラム、ギターで、最後にヴォーカルですね。基本的に「せーの! 」で録音をしていないので、ドラムだけ録っている時期がまずあって。

──じゃあ長谷川(啓太)さんとドラムテックのskillkills弘中(聡)さんとでドラムの音色が決まったら、その音色で録る感じなんですね。

上條 : そうですね。軸になる音はこだわって作ってもらいました。ドラムに関しては、被せるとかはしたことないよね。

ひかる : 「裸の王様」のドラムは、重ねてはいないけど、途中で手動でスネアを変えるとかやりましたね(笑)。

──すごいっすね(笑)。

上條 : 途中からスネアのミュートを外して、演奏中に音を変えるっていう。

──舞台の速い着替えみたいな(笑)。ちなみに歌に関してですが、例えば印象的な言葉のところのミックスとか、歌に対するミックスのアプローチはあるんでしょうか?

上條 : 歌と歌詞はスタジオで「歌ってみます」というところまでわからないことが多くて(笑)。デモの仮歌そのままのイメージで来るときもあれば、ぜんぜん違うものが来るときもあるし。

ひかる : 僕も録りながらリアルタイムでニュアンスを探っちゃうんですよね。

上條 : これもギターと同じで、歌ってみたもののニュアンスが違うから歌い直す、みたいなことも多くて。ただ、そこらへんは表現の中でいちばん大切なところなので、いくらでも待ちますよ! という感じですね。


ドミコ / ペーパーロールスター

ライヴ・アレンジは、アルバムを録り終わってからもう1回作り直す

──今回のアルバムで、全体のバランス感として留意した点ってありますか?

上條 : んー、イメージは曲によってかなり違いますね……。1個1個、ベストなものを作って、それを並べていくという感じですね。

──なるほど。ちなみに2人という編成を考えると、ライヴのことを考えながら音録りをすることはあるんですか?

ひかる : いや、まったくしないですね。ライヴでやれなそうだからレコーディングのときに、そのアレンジを変えるとかはないですね。

──ライヴのときのことは後で考えればいいや、くらいの感じ?

ひかる : そうですね。あとの自分が頑張ってアレンジを考えるだろう! みたいな感じです(笑)。基本的にライヴ・アレンジは、アルバムを録り終わってからもう1回作り直すんですよ。

上條 : だから、僕からしたらぜんぜん違うものになってるんで、「こっちの方が好きだな」とか思うこともあって(笑)。ライヴを観にいくと、「あ、そこはそういう風にやるんだ! 」って思うことはすごく多いですね。

ひかる : 僕はその変化がすごくおもしろいんですよね。このアルバムで言ったら、本当にこのアルバムに収録されたヴァージョン通りできる曲は1曲くらいしかないですよ(笑)。

上條 : たまにメロディーすら変わってきてしまっているものもあってびっくりしますよ。「弾き語りするんだったら、こういう弾き方だったんだな〜」というのはライヴで知れるんですよね。それはすごくドミコのライヴの魅力だと思いますね。

ひかる : ライヴって細かいところまで聴こえないじゃないですか。だから「メロディー・ラインをわかりやすく」とか「はっきりちゃんと歌う」とか、気にするのは少ない要素しかない気がして。でも作品を作る場合だと、エフェクトやディレイ、発声の仕方みたいな細かいところで遊べるから、逆に歌の部分ではレコーディングでラフな感じで歌っているんですよね。ライヴは「歌! 」って感じだけど、作品だとしっかり歌わないことでもおもしろさを出せると思うので。

──そういう意味でもライヴとまったく違う音楽という感じですね。ドミコの中ではひとつの素材の、まったく違うものなんですね。

ひかる : メロディはあんまり変わらないようにしないとなって思いました。

──それやったら、まったく別の曲になっちゃいますもんね(笑)。

ひかる : そうですね。ダメだな、それは(笑)。

──いまのお話を聞いていると、上條さんというエンジニアがいないとできないアルバムだったんだなと思いますね。

ひかる : ほんとそうですね。

上條 : ありがたいです!

──作業に「これだけはやらない」禁則のようなものはないんですか?

上條 : 基本的にそういうものはないかな。

ひかる : 逆に「普通やらないだろ」ということをやってきた感じはありますよね。

──上條さんとドミコの中のコミュニケーションがどんどん深まっていくなかでの3枚目のアルバムなんですね。ちなみに今回、ミキシングは全て上條さんがやられていて、マスタリングは阿部充泰さんがやっています。エンジニアとして、マスタリング・エンジニアに受け渡しのときにマスタリングに関する注文などはあったんですか?

上條 : もちろん良いものにしていただきたいという気持ちはあるんですけど、整理整頓しすぎちゃうとイメージが崩れちゃう感じもあるので、そこはお話ししましたね。

──いい意味でのカオスな部分が、カオスなまま伝わるというか。

上條 : 『soo coo ?』はマスタリングもミキシングも僕がやったんですけど、ここら辺はなんか濃い感じがあって。レコーディングした、そのまんまの印象というか。2ndアルバム(『hey hey , my my? 』)のときにはじめてマスタリングを他の方にお願いして。そのときは「任せてみてどういうふうにできあがるんだろう」みたいな感じがあって。今回は曲それぞれのカラーが違いすぎたので、バラツキを残してもらえるようにお願いして。イメージが変わってしまった部分なんかをチェックしながらマスタリングをしてもらいました。

果てしなく続く、エフェクター選び、音作り

──最後に今回のレコーディングでわりとポイントになった機材をお持ちいただきした。

(左から)「The GUNSHOT Overdrive V1」、「Union Tube & Transistor The Bumble Buzz Pedal」

ひかる : どっちも歪み系のエフェクターですね。これはファズなんですけど(「Union Tube & Transistor The Bumble Buzz Pedal」)、オクターブ・ファズで「ペーパーロールスター」と「さらわれたい」で使っていますね。「ビリビリビリ」みたいなゲートがかかるんですよね。ファズの音がブチブチ切れていくんですよね。僕がたまに弾くリードっぽいギターとマッチするときがあって。その感じはこのファズしか出せなさそうですよね?

上條 : そうだね。これは見た通りツマミもなにもないので、ポンと押した時のパンチだよね。この音色に引っ張られるフレーズも出てくるくらい個性もあるんですよね。

ひかる : 最初はギター・テックの小倉(良男)さんに「こういうファズもあるよ」って紹介していただいたんです。それで弾いてみたらめちゃめちゃ楽しくて。「さらわれたい」のときにはじめてレコーディングで使ったんですけど、サビで使ってみたらめっちゃ楽しかったから曲終わりに適当にワーって鳴らしている音をいれたんです(笑)。

上條 : 「さらわれたい」の最後に出ている音ですね。

ひかる : そう、そこを聴いてもらえば、この音がわかります(笑)。

上條 : このエフェクターはジャックホワイトのレーベル(〈Union Tube & Transistor〉)から出ているエフェクターなんですよ。

ひかる : 「ペーパーロールスター」のすごい重々しい間奏部分でも、ベースVIという6弦でベースとギターの中間みたいなものに、このエフェクターを繋げて弾いた音も入っていますね。

ひかる : 本来のギター・ソロのパートをベースで弾くんですけど、そのままだと本当に低いソロになってしまうんですよ。ただ、オクターブ・ファズはオクターブが1音上がるので、ベースを1音上げてギターの音に戻して使うっていう(笑)。そういうまわりくどい音の出し方をしたんですけど、それがめちゃくちゃおもしろい音になって。たしかに普通のバンドはそういうめんどくさいことはやらないですよね(笑)。でもその音がめちゃくちゃいいんですよ……。ベースVIにこのエフェクターを通したギター・ソロに、普通のギターにもう1個おもしろいトーンベンダーというファズのエフェクターを使って、2種類のファズをベースとギターで同時に録って。

──音のおもしろさでインスピレーションが出てくるおもしろさということですよね。

ひかる : これ、おもしろいですよ~、ほんとに。小倉さんに勧められたあとに速攻で買って、友達とかにも弾いてもらうと結構ずっと弾いてますね。

──なるほど。こちらはいかがですか?

ひかる : これはオーバードライヴ(「The GUNSHOT Overdrive V1」)で、一般的な歪み系のエフェクトなんですけど、これも小倉さんが「海外から買った」っていっていて。いつもはアンプの歪みで録るんですけど、違う歪み方が欲しいときにエフェクターを使ったりするんです。今回は小倉さんにオーバードライヴも何台か持ってきてもらって。これはただ単純に歪みのタイプが好みだったんですよ。あと、一種のヴォリュームとゲインのニュアンスなんですけど、ツマミでバイアス調整ができるので音の歪み方が自分でも幅広く作れちゃうんです。これはよかったからライヴ用で買いました。

上條 : これはアンプで作る歪みに近い音で。マーシャルとかの感じに近いんじゃないかな。

──このふたつが今回のレコーディングで彩りとしてあったエフェクターということですね。

上條 : レコーディングでは大量のエフェクターがあって、それをいじりながら設定を考えるのにまた時間がかかるっていう(笑)。

──逆にそこが決まっちゃうとすぐに録れちゃう感じですか?

ひかる : まぁそこからも長いですけど(笑)。

上條 : でもテイク自体はそこまで時間がかからないですね。やっぱり基本的に音作りが大変ですね……。そこでOKが出ないと前に進めないので。

ひかる : 「これもいいよ! 」みたいにエフェクターを持ってきてもらうことも多いので、毎日機材がどんどん増えていくじゃないですか。そうするとやっぱり目の前にあると試してみたくなる。

──果てしなく続きますね(笑)。

『Nice Body?』のご購入はこちらから


ドミコの過去作もチェック!

過去の特集ページもチェック!

“オルタナティヴ”を指し示す、存在感アリアリで癖になる音たち──鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー
https://ototoy.jp/feature/20180807

こんな変な作品が世に出回って大丈夫なのかなって? 川越発サイケデリック・ポップ・2ピース・バンド、ドミコがデビュー!!
https://ototoy.jp/feature/2014121203

LIVE SCHEDULE

〈ドミコ ワンマンツアー「Nice Body Tour?」〉

2019年2月15日(金)@埼玉・北浦和KYARA
時間 : OPEN19:00 / START19:30

2019年2月23日(土)@浜松・FORCE
時間 : OPEN17:30 / START18:00

2019年3月2日(土)@福岡・the voodoolounge
時間 : OPEN17:30 / START18:00

2019年3月3日(日)@宮崎・SR BOX
時間 : OPEN17:30 / START18:00

2019年3月9日(土)@広島・BACKBEAT
時間 : OPEN17:30 / START18:00

2019年3月10日(日)@名古屋・CLUB UPSET
時間 : OPEN17:30 / START18:00

2019年3月16日(土)@札幌・KRAPS HALL
時間 : OPEN17:30 / START18:00

2019年3月20日(水)@宮城・enn 2nd
時間 : OPEN19:00 / START19:30

2019年3月24日(日)@大阪・umeda TRAD
時間 : OPEN17:00 / START18:00

2019年3月29日(金)@新潟・CLUB RIVERST
時間 : OPEN19:00 / START19:30

2019年3月30日(土)@金沢・GOLD CREEK
時間 : OPEN17:30 / START18:00

2019年4月6日(土)@岡山・ペパーランド
時間 : OPEN17:30 / START18:00

2019年4月7日(日)@香川・高松TOONICE
時間 : OPEN17:30 / START18:00

2019年4月19日(金)@東京・LIQUIDROOM
時間 : OPEN18:30 / START19:30

2019年5月18日(土)@沖縄・output
時間 : OPEN17:30 / START18:00

チケット : 前売 スタンディング 3,000円 (ドリンク別)

>>>ライヴ情報詳細はこちらから
https://www.domico-music.com/live

PROFILE

ドミコ

さかした ひかる(写真右)
長谷川 啓太(写真左)

>>>公式HPはこちら
https://www.domico-music.com/

>>>公式ツイッターはこちら
https://twitter.com/hikarururururu

この記事の筆者
河村 祐介

わからずや

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.1 ダブ・ゼム・クレイジー

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

テンテンコ、illicit tsuboiをアレンジに迎えたメジャー第1弾シングル──ハイレゾ配信

テンテンコ、illicit tsuboiをアレンジに迎えたメジャー第1弾シングル──ハイレゾ配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

アラゲホンジ『たからかぜ』を配信開始&1曲フリー・ダウンロード

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

この記事の編集者
せんだ さちこ

Episode19 MiKiNA EMPiRE インタヴュー「今の6人のEMPiREを焼き付けたい」

Episode19 MiKiNA EMPiRE インタヴュー「今の6人のEMPiREを焼き付けたい」

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

【REVIEW】AAAMYYYの歌う、“BODY”からの解放──1stアルバム、ハイレゾ配信開始

Episode18 MiDORiKO EMPiRE インタヴュー「EMPiREを守りたいっていう気持ちが強い」

Episode18 MiDORiKO EMPiRE インタヴュー「EMPiREを守りたいっていう気持ちが強い」

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

ドミコ、唯一無二の音はどこからこの世に現れるのか?──3rdアルバム『Nice Body?』ハイレゾ配信

Episode17 MAHO EMPiRE インタヴュー「6人がやりきったと思えるライヴにしなきゃいけない」

Episode17 MAHO EMPiRE インタヴュー「6人がやりきったと思えるライヴにしなきゃいけない」

Episode16 YUKA EMPiRE 脱退インタヴュー「夢の中みたいだったなと思います」

Episode16 YUKA EMPiRE 脱退インタヴュー「夢の中みたいだったなと思います」

Episode15 MAYU EMPiRE「とにかくEMPiREのことを知ってもらいたい」

Episode15 MAYU EMPiRE「とにかくEMPiREのことを知ってもらいたい」

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

パラダイス・ガラージ、18年ぶりの新作に見る48歳のドリームとイリュージョン

パラダイス・ガラージ、18年ぶりの新作に見る48歳のドリームとイリュージョン

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

【LIVE REPORT】TENDOUJI自主企画〈MAKE!TAG!NIGHT!!!〉@WWW X

【LIVE REPORT】TENDOUJI自主企画〈MAKE!TAG!NIGHT!!!〉@WWW X

〈KOGA RECORDS〉期待のニュー・カマー! Crispy Camera Club『SWAG』配信開始

〈KOGA RECORDS〉期待のニュー・カマー! Crispy Camera Club『SWAG』配信開始

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

「いまこそ音楽を鳴らし続けるべき」長寿フェス主催者が語るフェスのあり方

「いまこそ音楽を鳴らし続けるべき」長寿フェス主催者が語るフェスのあり方

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

Sentimental boysが導く、夏の終わり──2ndアルバム『Festival』ハイレゾ配信

Sentimental boysが導く、夏の終わり──2ndアルバム『Festival』ハイレゾ配信

Episode14 MiKiNA EMPiRE「お客さんが自分から観たいと思うライヴをしたい」

Episode14 MiKiNA EMPiRE「お客さんが自分から観たいと思うライヴをしたい」

リーガルリリー3部作ミニ・アルバムを配信開始、新体制初インタヴュー!

リーガルリリー3部作ミニ・アルバムを配信開始、新体制初インタヴュー!

Episode13 MAHO EMPiRE インタヴュー「変わらなきゃいけないし、変わったものを見せないといけない」

Episode13 MAHO EMPiRE インタヴュー「変わらなきゃいけないし、変わったものを見せないといけない」

Episode12 YUKA EMPiRE インタヴュー「この6人が1番なんだって自信を持って言えるようになりたい」

Episode12 YUKA EMPiRE インタヴュー「この6人が1番なんだって自信を持って言えるようになりたい」

「ここからは真っ赤な夏だ」──MOROHA再録ベスト・アルバム配信開始

「ここからは真っ赤な夏だ」──MOROHA再録ベスト・アルバム配信開始

Episode11 MiDORiKO EMPiRE インタヴュー「どんどん貪欲になっていっています」

Episode11 MiDORiKO EMPiRE インタヴュー「どんどん貪欲になっていっています」

天才ソロ・アイドル、絵恋ちゃんが作り出す新たな伝説とは?!

天才ソロ・アイドル、絵恋ちゃんが作り出す新たな伝説とは?!

TOP