時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents 『PLAYGROUND』 release party@Shibuya O-nest

特出したメロディ・センスを携え、「カッコイイ」を内包した「カワイイ」クリエイティヴを表現するシンガー・ソングライターでトラックメイカーのMomが、初のフル・アルバム『PLAYGROUND』をリリース。2018年12月6日、betcover!!、さとうもかを迎えて、Shibuya O-nestにてリリース・パーティーが開催された。今後の音楽シーンの台風の目になるであろう、注目の若手アーティスト3組が集結したこの日の様子を、写真とともにお届けします。さらにMomによるクリスマス・プレゼント、新曲「スーパースター」も配信中ですので、ぜひ合わせてチェックしてみては?

フル・アルバム『PLAYGROUND』についてのインタヴューはこちら
https://ototoy.jp/feature/2018111402

Momが送る新クリスマス・ソングも配信開始!!!



Mom/スーパースター

LIVE REPORT : Mom presents 『PLAYGROUND』 release party

文 : 三浦智文
写真 : 藤井拓

Shibuya O-nestで行われたMomのリリース・パーティーのトップを飾ったのは、さとうもか。「今日はYO!Mom君のYO!大事な日だYO!」と、サングラス姿で意気揚々と登場し、披露された1曲目「殺人鬼」。効果音を多用したサウンドは、まさにパーティーのはじまりにふさわしい華やかさがあった。そうかと思うと今度は、ピアノによる弾き語りで「old young」しっとりと歌い上げ、会場の空気をガラッと変える。さらに「最低な日曜日」では、ピアノをクラシックギターに変え、シンプルなサウンドにキュートと歌を乗せていく。そんなマルチな音楽性が何食わぬ感じで、さらりと披露された後は、「夢に向かって頑張りたい」という思いが込められた「Wonderful voyage」へ。「同世代同士、お互い切磋琢磨をしていこう!」という、さとうもか流のbetcover!!とMomに対する“激励”のようにも感じる。あっというまに6曲を歌い上げた彼女には最新アルバムのタイトルのように“Lukewarm(適当な)”雰囲気が漂っていたように思えた。しかしながら、音楽に対する姿勢はいたって“Enthusiastic(熱心)”。そんなアンバランス感がひしひしと伝わってくるようなライブだった。

さとうもかが会場内に残したゆるい雰囲気のなか登場したのは、若き才能として注目を集めるbetcover!!。ずっしりと響くギター・サウンドに、哀愁漂うヤナセジロウの歌声が印象的な1曲目「ゆめみちゃった」では、10分という時間を感じられないくらいbetcover!!の世界へと引きずり込まれた。先ほどの激情感のあるサウンドと歌いっぷりから一転、今度は軽快なリズムで体が揺れる「新しい家」へと続く。叫ぶようにして歌うヤナセの姿にはすでに、“ただならぬ者”のオーラが纏われていた。

「平和の大使」のリバーブのかかった歌声とサウンドからは、アナログ・レコード最盛期の頃の音楽を、再構築させているかような印象を受けた。ただ、それは決してかつての音楽の焼き直しのようには思えない。それはおそらくヤナセが、同世代の人間よりもはるかに前の時代の音楽をインプットしながらも、その新鮮なまなざしから、その頃の音楽をとらえようとしているからなのかもしれない。 そんな彼の音楽性からは、「自分が次世代のスター」として引っ張っていくんだ、という気概が見て取れるのだった。

そして真っ暗闇になったステージに、Momのロゴを模したスタンド・ライトがぼんやりと点灯しはじめる。まさにMomの部屋に迷い込んだような錯覚におちいっていると、トナカイの角が付いたサンタ帽を被ったMomが軽快に登場。そんな会場にMomは、火をつけたばかりの暖炉に火をくべていくかのように、「気になるあの子(運動靴とディストピア)」と「いたいけな惑星」を続けざまに披露する。その後の「Kiss」ではサビでオーディエンスとのコール&レスポンスが起き、会場に一気に一体感が。続けざまに披露された「スカート」でもシンプルなループに、ゲームのSE音が散りばめられたポップなサウンドに導かれるように、サビでは自然と合唱が沸き起こった。

続いてMomは、アコースティック・ギターを手に取ると、彼が敬愛する小沢健二の「いちょう並木のセレナーデ」を弾き語りでカヴァー。そして音源では打ち込みのトラックに乗せて歌っていた「東京」だが、この日はそのままギター1本、いつもとは違ったスタイルでしっとりと歌い上げられる。ひとたび弾き語りでこの曲が演奏されると、馴染みやすいメロディーと歌詞が浮き彫りになり、よりダイレクトに伝わってくるのだった。

MCでMomは、「人生というのは様々な要素が集まった束で、それをまとめる“輪ゴム(ストッパー)”が必要。そしてその“輪ゴム”は、映画とか音楽のようなものがその役割を果たす」という話をしていた。“輪ゴム”という突拍子もないところからはじまった彼の話だが、そんなところから人生の話へと展開する様は、彼のリリックの世界にも共通するのではないか。

そしてちょっぴり季節ハズレな夏のキラー・チューン「夏の魔法'18」、定番曲「Boyfriend」を披露してライヴは終了。彼が退場をしたあとのステージには、少し早いクリスマス・プレゼントとして、新曲「スーパースター」が流れる、なんともニクい演出がなされ、ライヴは締めくくられた。

24歳のさとうもかが最年長という、若さ溢れるリリース・パーティーは、それぞれが全く異なったジャンルやスタイルで表現していた。しかしながら、共通しているのは、いずれの3組も今後の音楽シーンを引っ張っていくぐらいの勢いがあるということ。そんな彼らには、筆者のような同世代の人間にとっての、時代の先端を走るアイコン的な存在になるはずだ。

さとうもか

betcover!!

Mom

過去作もチェック!

さとうもか Discography

新→古

]

【過去の特集ページ】
・『Lukewarm』特集 : レヴュー
https://ototoy.jp/feature/2018031401

betcover!! Discography

新→古


【過去の特集ページ】
・『high school !! ep.』特集 : レヴュー
https://ototoy.jp/feature/20171220

Mom Discography

新→古


【過去の特集ページ】
・『PLAYGROUND』特集 : インタヴュー
https://ototoy.jp/feature/2018111402

この記事の筆者
この記事の編集者
鈴木 雄希

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

2019年、最初の衝撃!! 鬼才集団・King Gnuによって突きつけられる革命的J-POP

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

北欧の風を纏う2バンドの邂逅──Ribet towns × yuleコラボ企画“Movement”始動

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

『Year in Music 2018』〜今年の音楽シーンでは何が起こった?〜

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

12のストーリーの“語り部“として──七尾旅人『Stray Dogs』レヴュー

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

透き通る冬の空気になじむ、泥臭く力強いロックンロール──新生Drop'sの幕開け

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

【LIVE REPORT】時代の先端を走るアイコンたち──Mom presents『PLAYGROUND』release party

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

TOP