妄想から生まれる最悪で最高の“彼女”たち──明神ナオ(PARIS on the City! )単独インタヴュー

明神ナオ(PARIS on the City!)

モータウン・サウンドやR&Bをルーツとするサウンドとその確かなライヴ・パフォーマンスで、その知名度がじわじわと広がりつつあるPARIS on the City! が、2ndミニ・アルバム『寧ろ最低だった恋のストーリー』をリリース。OTOTOYではバンドのフロントマンでありソングライターの明神ナオの単独インタヴューを敢行! 一筋縄ではいかない個性を感じる彼らの音楽が、どのように生まれるのか、じっくり語ってもらった。そして期間限定でアルバムのオープニング・トラック「一度わかれよう」の無料配信もスタート。1曲目からPARIS on the City !のエッセンスが詰まった今作、ぜひお楽しみください!

知名度が拡大中の彼らの2ndミニ・アルバム配信中!


期間限定のフリー配信もやっています!

PARIS on the City! / 一度わかれよう

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信期間】
2018年11月22日(木)〜11月29日(木)23:59

INTERVIEW : 明神ナオ(PARIS on the City!)

PARIS on the City! (左から)

“恋愛恐怖症男4人組バンド”なんて言いながら、音楽を聴くかぎり結構モテそうなバンド、PARIS on the City! 。最新作の2ndアルバム『寧ろ最低だった恋のストーリー』でも、往年のブラック・ミュージックやカントリー・ミュージックの躍動感に日本人ならではの情緒を振りかけて、爽やかな和製ポップスに仕上げている。楽曲の構成、メロディは、20代にして酸いも甘いも噛み分けているような完成度の高さすら感じさせるものだ。でも、何度も聴いていると、歌っている内容はやっぱりどこかヘン。いったいこれってなんなんだろう? ということで、作詞作曲を手掛けるバンドの中心人物・明神ナオ(Vo.Gt)に初の単独インタヴューを敢行。一回通り過ぎてから「ん!?」っと思わず二度見してしまうような楽曲が生まれる理由を語ってもらった。

インタヴュー&文 : 岡本貴之
写真 : 黒羽政士

音源は世の中にどんどん発信していきたい

──11月7日に発売2ndミニ・アルバム『寧ろ最低だった恋のストーリー』が発売されたばかりですが、率直に言ってどんな作品になったと思ってますか。

いままでは僕が1人でデモを作ってメンバーに投げる形が多かったんですけど、ゼロからメンバーで作り上げた曲(リード曲「言い訳を抱いて」)もあったので、そういう意味では新鮮な作品になりましたね。

──これまではある意味、明神さんの頭の中をメンバーで再現する、みたいな感じだった?

そうですね。PARIS on the City! は、夜の11時くらいから朝の6時ぐらいまでスタジオに入って曲作りをすることが多いんですけど、朝4時ぐらいに頭がおかしくなってくる時間がありまして(笑)。そういうときに、寝だすメンバーもいるんですけど、手が空いたやつで、曲のフレーズを作ってみたりしてできあがったのが、今回のリード曲で。歌詞は後付けなんですけど、サビの〈抱いて抱いて〉っていうフレーズ自体は、4、5年前からすでにできていて。携帯のボイスレコーダーに、いつかバンドでやれたらいいなって弾き語りで入れていたんです。そのフレーズが、たまたま合わせたときに自然に出てきたので。そのワードを当てはめて物語を作りました。

──昨年、今年と年2枚ペースで順調に作品を出している印象ですけど、いまのバンドのムードはどんな感じですか。

自分たちはライヴもやるんですけど、とにかく音源にこだわっていて。ライヴもやりつつ早めに音源も作って、世の中にどんどん発信していきたいっていうスタンスでやってますね。

──曲は常に作ってます?

作ってます。まあ、しんどいときもあるんですけど(笑)。

──しんどい時、あるんですか? というのも、前作から今作まで聴いて、明神さんってメロディメーカーとして天賦の才がある人なんじゃないかと思っていて。

あ、本当ですか。

──「櫛」を聴いたときに、鼻歌でパッと作っているような感じを受けたので。もちろん、曲が完成するまでは大変だとは思うんですけど、元のメロディがすぐ浮かんでくるタイプなんじゃないかと思うんですよ。


PARIS on the City! / 櫛

ああ〜、そうですね、メロディ自体はすぐできるんですよ。でも、歌詞がなかなかむずかしくて。だから、歌詞が納得いくまでに、本当はもっと時間をかけたいんですけど、制作の時間に制限もあるので。でも逆にそれが良い意味で刺激になって、自分の成長にもなりました。

──歌詞は悩むけど、メロディはあんまり悩まずにできる?

メロディに関しては、思いついたらすぐに録ってるんで、結構ボイスレコーダーの中に入ってるんですよ。音楽を始めてライヴ活動をし始めて9年ぐらい経つんですけど、それは最初からずっとやってるので。

──リード曲をバンドで作ったというのは、この1年の活動を経て、メンバーの技術的な成長やアイデアが出るようになったからですか。

このバンドは、上ものでアイデアを出していく傾向があって。スタジオに入るときに1回僕のデモを聴いた上で、自分なりのアイデアを出してくることが多いんですけど、リード・ギターに関しては、ほぼ任せてますね。

──ギターは今回、弾きまくってますよね。

そうですよね。ちょっと弾きすぎだって怒られるぐらいに(笑)。演奏の技術面に関しては、成長していると思います。

──空中カメラのスプリット・ツアー(〈パリジェンヌ、空中でポップに抱かれるTOUR〉)もありましたが、結成してからライヴの面で変化してきたことってどんなことがありますか。

僕の視点で言うと、これまでライヴでは声を張り上げて情熱的に歌うことが多かったんですけど、最近はそれもしつつ、“家で歌ってる感じ”をライヴで再現できたらいいなって意識して歌ってるんです。その感覚がいま1番自分にしっくりきているというか。

──音源ではあえて淡々としている感じにも聴こえますけど、それをライヴでは音源と違う感じにしようと思って歌っていた?

ライヴだと、熱くなっちゃうんですよ(笑)。どうしても、言葉を放り込みたいっていう意識が強すぎて、いつの間にか声がバーッて出ていて。もうちょっと、作品に近い感じでボソっと歌えたらなって。というより、これからはどんどんそういうことをやっていかないといけないのかなって思うんです。

──それはどうしてそう思うんですか?

やっぱり、世に出て行く上で、音源に近い歌い方とかで歌っていかないといけないなって。作品を聴いてライヴに来てくれた人たちに、そのままの歌を聴いてもらいたいので。もちろん、そうじゃない良さもライヴにはあるので、むずかしいところですけど。曲によって歌い分けていければなって。

──演奏面では、「一度わかれよう」が、アップテンポなカントリータッチ、アイリッシュパンクみたいな感じだったり、「櫛」はちょっとニューオリンズ風のリズムとか「わからない」はモータウンっぽいベースライン、ディスコ調の「言い訳を抱いて」まで、色んなリズムで曲ができてるなと感じたんですが、どんな制作過程がありましたか。

「一度わかれよう」なんかは、最初はぜんぜん違うテイストの雰囲気のデモができていて、8ビートだったんですよ。でも、みんなで合わせたときに何か違うなって。それでテンポをめちゃくちゃ速めてみようということで、こういうカントリーテイストのアレンジになったんですけど。結構、今回の作品のリズムに関しては何回か試行錯誤して作っていった感じですね。「STAR LIGHT FUTURE」はSundayカミデさんの曲なんですけど(ワンダフルボーイズのカヴァー)、この曲はいまのバンド・メンバーで結成する前からやっていて、いつもやってるのはもっとBPMが遅いんですよ。音源に関しては、BPMを上げてゆったりノレるようなバラードに仕上げました。

出来事に対して生まれる感情を強く歌いたい

──大きなフェスに出演したりもしてファンも増えてきたんじゃないかと思いますけど、以前言っていた「悔しいことを明るく歌う」っていうスタンスについては、いまはどうなんですか。

そこは、変わってないですね。

──妄想で曲を書くというところも変わってない?

物語の妄想っていうよりは、どちらかというと物事が起こって、そこに生まれる感情を妄想しているっていうのが、曲作りで前作から共通していることで。出来事に対して生まれる感情を強く歌いたいっていうのが、コンセプトなんです。もちろん、物語を妄想して書くときもあるんですけど、実体験に当てはまる曲もいっぱいあるので。

──1曲目の「一度わかれよう」でいうと、きっかけとしては実体験があるわけですか。

この曲は想像して作ったんですけど、たとえば自分と結婚を前提に付き合ってる人がいたとして、別れたとしても、運命の人だったらまた出会えるだろうなとか。まあ、付き合いながらそうやって考えているのは失礼なんですけど(笑)。そういう感情を歌詞に落とし込めたらいいなって書いた曲ですね。

──なんというか、感情の持ち方が独特ですよね。

なんか、昔からそういうことばっかり考えちゃうんですよね。「いま、ここでこんなことをしたらどうなるんやろう?」みたいなことを考えてしまうんですよ。

──いまこうやって話している最中に、突然机をひっくり返したらどうなるんだろうとか?

ああ〜そうですね、考えますね。

──やめてくださいね(笑)。なんでそんなこと考えちゃうんですか?

なんでですかね? 本能的にそう考えちゃうんですよね。

──本当にそうやったら、周りの人に迷惑をかけちゃいますよね。

もちろん、そうしたら周りの人に申し訳ないなっていう感情にもなるんですけど、でもそういう考え方もひとつの考え方だよねって思うんですよ(笑)。なんというか、ひとつの物事に対して、いろんなことを考えられる練習をしているようなところもありますね。最悪なことも考えるし、逆に最高のことも考えるんですよ。

──なるほど、だから〈最悪で最高の彼女なのさ〉(「櫛」)みたいな歌詞が出てくるわけですか。

ああ〜、それも関係しているかもしれないですね。付き合ってると嫌な部分とかも見えてくると思うんですけど、でもやっぱり最高だなって思うときもあるし、そこが1番いいなっていう彼女を妄想して作ったんです、この曲は。

──そういう妄想をするにも、経験がないとできないですよね。

それはそう思います。妄想なんですけど、経験からできてる曲がほとんどかなって思いますね。今回だと「言い訳を抱いて」は、いままで付き合ってきた彼女のほとんどの方に言えるんですけど、僕は曲を作るタイミングって、決まってないんですよ。だから一緒に遊んでいる時間が長ければ長いほど、「曲を作りたい」っていう欲もどんどん湧いてきて、家に一緒にいたりすると、ギターを弾きだしたりするんですけど。「音楽と私のどっちが大事なの?」じゃないですけど、ライヴ活動もちょっと嫌だっていう彼女がいたり。そういうのが原因で「あなたにはもっといい人がいる」って、別れちゃったりとかすることが多いので。

──それらの経験が曲に活かされているわけですね。「言い訳を抱いて」には〈スケベな映画でごまかした〉っていう歌詞が出てきますけど、これってなんですか?

現実逃避をしたかったというか……。“スケベ”っていう言葉がいいなって思ったんですよ。どうしてもそこに入れたくて。でも“スケベな本”だと生々しいじゃないですか? “スケベな映画”だったら、芸術的だなって(笑)。

──そういう引っかかるワードがさらっと歌詞に中に入ってるのが、PARIS on the City! らしさになってますよね。前作の歌詞に出てくる“悪魔”っていう言葉とか。さっきの話じゃないですけど、破壊衝動みたいなものがあるんですかね?

言葉でもメロディでも、お客さんがパッと聴いたときに、それが好きか嫌いかは別として、とりあえず残ればいいなって思っているんですよ。それが曲を作るときの大前提にあるので、インパクトのある言葉を出していきたいんです。どうしても汚したくなるんですよね(笑)。キレイ、キレイ、キレイってきて汚れるっていうのが好きなんですよ。

──実際、まんまとその思惑通りに耳に残ってしまいました(笑)。

ははははは(笑)。

人の愛ってどう転がるかわからない怖さがある

──シングル「櫛」をリリースしたときに「恋愛恐怖症男4人組バンド」と紹介されていましたけど、恋愛の何が怖いんですか?

恋愛って、形がないものなので、気持ち次第に成り立つというか。お互いの温度感の違いで別れちゃったり結婚まで行ったりすると思うんですけど、この歳(27歳)になって思うんですけど、自分が結婚する気がなくても相手がバリバリ結婚したいと思っていたら、5年ぐらい付き合っていてもそのタイミングが違うだけで、別れちゃったりすると思うんですよね。他人と他人が出会って、好きで付き合って、それが原因で別れてしまうっておもしろいなって思う反面、すごく怖いなって思うんですよ。そこから「恋愛恐怖症」っていう言葉になっているんですけど。あと、片方が付き合っていると思っていても相手はそう思っていなくて、それが原因で殺人事件が起こったりとかするじゃないですか? 人の愛ってどう転がるかわからない怖さがあるなって。

──そういうことは昔からよくありますよね。

最近、五十嵐貴久さんの「リカ」っていうホラー小説を読んだんですけど、まさにそういう話で。軽はずみではじめた出会い系で知り合った女性とメールでやりとりしていくんですけど、向こうが豹変していって、最終的に…… っていうストーリーなんですけど、「私だけのものにしたい」っていう愛が強すぎて、それが衝撃的で怖くて。

──小説とか映画とかから影響を受けて曲作りすることもあるんですか?

ありますね。そこから思いついた言葉をボイスメモに残しておいて、お気に入りのワードでタイトルをつけて、そこから物語にしていくっていうこともあります。

──じゃあ、「リカ」もいずれ曲になるかもしれない?

そうですね。

──歌詞に〈バラバラ死体〉とか出てきても、PARIS on the City! なら普通にありそうですけどね(笑)。

そうですね(笑)。なんなら、大雑把にとれば過去の曲にもそういうワードが当てはまる曲があるかもしれないですね。

──今回は、そこまで毒のある言葉って出てきていない気はしますけど、歌詞の統一感みたいなことは考えましたか?

レコーディングが終わって曲を並べたときに浮かんだテーマが「別れ」だったんです。それで1曲目から6曲目まで進んで行って、一番最後の「言い訳を抱いて」で、全部ひっくるめて前に進んでいる感じを出したかったんです。最近、「未来を目指して頑張って行こう」というキラキラした言葉よりも、「死に向かって頑張って行こう」っていう捉え方ってすごく良いなと思っていて。その中で起こる恋愛とかいろんなことに頑張ることって、すごく生きてる感じがしていて。それが表現できればいいなって思ってます。

──死に向かって?

死に向かって頑張っていく=未来に向かって頑張っていく、というか。過去のことを全部抱いて前に進んで行こうっていうことを自分たちなりの言葉で歌いたかったのが、6曲目の「言い訳を抱いて」なんです。

──それを「頑張ろう」って歌っちゃうと野暮というか、恋愛を通してそれを表現したいというのがPARIS on the City! のやりたいことなんですね。

そうですね。そこを「頑張っていこう」って歌っちゃうと、「おまえら誰なんだ!?」ってなっちゃいますから。「おまえらが恋愛恐怖症を頑張れよ」って(笑)。

──東名阪でのリリース・ツアーも控えていますが、今回は12月6日のツアー・ファイナルがTSUTAYA O-WESTでのライヴということで、過去最大キャパのワンマンなんですね。

この日は1年前からやろうって言っていたライヴで、「まだ無理じゃないか?」とか話し合ってきた中で、「やるしかない」って決めた、2年間やってきたメンバーみんなの覚悟のライヴなんです。もっと自分たちの音源とか名前を世に知らしめるためには、このライヴをやらないといけないという分岐点というか、目の前のひとつの目標なので、ぜひ観に来てください。

『寧ろ最低だった恋のストーリー』のご購入はこちらから


過去作もチェック!

新→古

【過去の特集ページ】
・『この世で一番嫌いな君へ』特集 : インタヴュー
https://ototoy.jp/feature/2017110101

LIVE SCHEDULE

2ndミニ・アルバム リリース・ツアー〈寧ろ最低だった恋のストーリー〉
2018年12月2日@名古屋 鑪ら場 tataraba
時間 : OPEN 18:00 / START 18:30
出演者 : PARIS on the City! / 宮島明彦(Rain caughts) / 松岡直哉(ロストフィルム)

2018年12月3日@大阪 MUSE
時間 : OPEN 18:00 / START 18:30
出演者 : PARIS on the City! / Omoinotake / SMOOTHIES / waybee / UNUBORE

2018年12月6日@渋谷TSUTAYA O-WEST
時間 : OPEN 18:00 / START 19:00
出演 : PARIS on the City!
※ツアー・ファイナル・ワンマン

【詳しいライヴ情報はこちら】
https://artist.aremond.net/parisonthecity/schedule

PROFILE

PARIS on the City!

恋愛に対するコンプレックスから生まれた出来事を、シンプル且つ大胆な歌詞と曲で繰り広げる4人組ロック・バンド。“PARIS on the City!”
作詞作曲を手掛ける明神ナオ(Vo,Gt)の、様々な角度から想像できてしまう棘のあるシンプルな言葉選びや、力強いウィスパー・ヴォイス。また、60年代モータウンを主軸としたメンバーそれぞれの幅広い演奏力で、ジワジワと全国に知名度拡大中。

【公式HP】
https://artist.aremond.net/parisonthecity
【公式ツイッター】
https://twitter.com/parisonthecity

この記事の筆者
岡本 貴之

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

この記事の編集者
鈴木 雄希

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

TOP