メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

左から、菅谷あかね、榎本あやせ、槙田あや、田山せかい、伊藤りせ

2018年10月に活動2周年を迎えた“アイドルロック”をテーマに活動する5人組ガールズユニット、Q-pitch(キューピッチ)。たむらぱんが作詞作曲した楽曲を、感情むき出しのライヴで歌い踊り、人の心を揺さぶり続ける。〈TIF〉への出演やアニメタイアップなど、順風満帆な活動をしてきたかと思いきや、2018年3月で3名が卒業、伊藤りせ、菅谷あかねの2名を新メンバーとして迎え入れるも2018年9月に1名が脱退。さらに、何度もコンセプトを変更するなど紆余曲折前に進んできた。そんな5人が、11月13日(火)、グループ史上最大キャパのTSUTAYA O-WESTに立つ。彼女たちの現在の気持ちを正面から訊いた。少しでも気になった人は11月13日(火)、O-WESTへ!!

結成2周年を経て挑むグループ最大キャパでのワンマンライヴ

Q-pitch 生誕祭 〜2nd Anniversary〜
2018年11月13日(火)@TSUTAYA O-WEST
時間 : OPEN 18:30 / START 19:30
料金 : 前売り 2,000円 / 当日券未定(チケット別途ドリンク代)
会場販売 : 7月9日(月)定期公演より順次出演ライヴ物販にて販売!
※物販にてご購入頂いた方には、11月13日(火)当日の入り口にて、この日に発表する新曲のメンバー全員のサイン入りダウンロードカードの引換券をプレゼント!
一般発売 : 2018年9月8日(土)
チケットぴあ
e+(スマチケ有り)
ローチケ
楽天

Q-pitch特集掲載にあたっての「まえがき」

2018年は、バニラビーンズ、PASSPO☆、ベイビーレイズJAPAN、ベボガ! といった中堅グループの解散が相次ぐなど、アイドル戦国時代と呼ばれた一種のアイドルバブルが完全に終わりを迎えた1年として記憶されることになりそうだ。

そんなアイドル不遇の時代に、“アイドルロック”をテーマに活動する5人組ガールズユニット、Q-pitchの特集をOTOTOYで掲載することになった。

今回の特集を行うにあたって、レーベルであるシブヤテレビジョンの担当者と半年以上に渡りコミュニケーションをとり続けた。どうやったら彼女たちの魅力が伝わるのか、本当にインタヴューをする意味があるのかなど、電話やメールで何回も意見を重ねた。

なかなかいい案が出ない中、初めて彼女たちのライヴをO-nestへ観に行った。

正直大して期待をせずに観たライヴだったが、思ったよりもずっと熱があって心が動くものだった。たむらぱんの作るポップでロックな楽曲を、全力で汗でいっぱいになりながら歌う姿からは、まだ観ぬお客さんに届くであろうポテンシャルが感じられた。ただ、その時点では「もう一回ライヴに足を運びたい!」というところまでは胸を捕まれなかった。

その理由は、もしかしたらメンバー同士、スタッフとの本気の腹を割ったコミュニケーションができていないからなんじゃないか。そんなことを思い、表面的なインタヴューではなく、素直に彼女たちが何を考えているのかを聞く特集にしたいと提案した。レーベル担当者もその案に乗ってくれ、今回のインタヴューはメンバー5人だけで話しやすい環境を整えてくれた。

下記のインタヴューはそういう経緯の中で行われたものだ。正直、まだまだ本音を話しきれていない部分もあるとは感じるが、これがきっかけとなって、メンバー5人で腹をわって話す機会も生まれたと10月15日の定期公演後の挨拶で教えてくれた。

そうしたメンバー同士のコミュニケーションを経て臨んだライヴ映像をOTOTOY限定で公開する。その動画とあわせて、5人へのインタヴューをお読みいただけたら幸いだ。

OTOTOYディレクター : 西澤裕郎

新曲「Just say No.1」のライヴ映像をOTOTOY限定公開!!


Q-pitch『Just say No.1』(LIVE映像:20181015 定期公演vol.6)

INTERVIEW : Q-pitch

Q-pitch

2016年10月13日にデビューして以来、ちょうど2年間活動を行ってきたガールズ・ユニットQ-pitch。アイドル界における知名度は、正直言ってまだまだ高くない。現在「アイドルロック」をテーマとして5人組で活動中だが、ここに至るまでの過程は決して平坦ではなかったようだ。メンバーの脱退、加入、そして脱退。さらに度重なる路線変更。インタヴュー中の発言にもあるように、グループ名の由来である「アイドル街道を急ピッチで駆け上がる」にはあまりにも険しかった2年間の道のりを、躓いたり転んだりしながら上がって行こうともがいてきたのであろう彼女たちは、2018年11月13日(火)に過去最大規模の会場となるTSUTAYA O-WESTにてワンマン・ライヴを敢行する。今、5人のメンバーたちはどんな想いを抱えて、この日に向かって行こうとしているのだろうか。デビュー当時から作詞作曲を手掛けるたむらぱんのQ-pitchへの愛情が伝わってくるアツい新曲「Just say No.1」にメンバーの心境を重ね合わせながら、じっくり読んでほしい。

インタヴュー&文 : 岡本貴之
写真 : 大橋祐希

「うちら、急ピッチで駆け上がってないよね?」って

──今日は、みなさんがどのような想いを持ってQ-pitchのメンバーとして活動しているのか、本音に迫りたいと思います。よろしくおねがいします!

一同 : よろしくおねがいします!!

──最初に教えて欲しいんですけど、Q-pitchというグループ名の由来はなんですか?

田山せかい(以下、田山) : もともとは「アイドル街道を急ピッチで駆け上がろう」っていうキャッチフレーズを掲げて、Q-pitchというグループ名になったんです。

田山せかい

榎本あやせ(以下、榎本) : そうなんです、最初は。

──最初は、というと?

榎本 : デビューして1年半くらい、大きいフェスやライヴの場で「アイドル街道を急ピッチで駆け上がる」っていう紹介の仕方をしていたんですけど、1年半も経っているし「うちら、急ピッチで駆け上がってないよね?」ってことに気づいて。

──みなさんの体感としては、急ピッチで駆け上がれてない?

榎本 : 表向きは、街頭ビジョンとか普通は出ることができないものに出させていただいたり、大きなフェスに出させてもらったけど、それが結果として繋がってきたかといえばそうじゃないのかなって。

田山 : 事務所スタッフさんが用意してくれた舞台に、私たちがついていけていないなって。

──運営の人たちの期待に応えられていない?

一同 : (口々に)応えられてないですね。

──どんなときにそう感じるんですか。

榎本あやせ

榎本 : 集客もそうだし、ライヴ・イベントに出たときの反響もですね。ライヴに出た後にTwitterで検索しても、他のアイドルグループさんよりツイートされている数が圧倒的に少ない。あと、私たちの前のアイドルグループさんのお客さんが、うちらの出番になると帰っていく姿を見ながらステージに出て行ったときは結構しんどかったですね。〈TIF〉(TOKYO IDOL FESTIVAL )のときとか。今年は「DOLL FACTORY」っていう大きめのステージに立たせてもらって、不安もあったけど期待も込めて挑んだけど、やっぱり悔しい結果になったというか、そこでファンがついたっていう実感もないまま終わっちゃって。

田山 : 初めて観た人のハートを一発で掴めてないなって。

──10月15日に初披露される新曲「Just say No.1」を含めて、本当に良い曲ばかりだと思うんですよ。その分、運営の方々もすごく期待していると思うし、「もっと駆け上がってほしい」という願いを込めて試行錯誤しながら現在に至っていると思うのですが、デビュー当時とは違う「アイドルロック」路線について、みなさんはどう受け止めて活動しているんですか。特に初期メンバー3人にとっては大きな変化だと思うのですが。


Q-pitch『Just say No.1』(LIVE映像:20181015 定期公演vol.6)

田山 : 私が一番、このコンセプトについていけないんじゃないかと思っていて。今までずっとカワイイ系を担当していたというか、そういう楽曲をやっていて、踊り方もそっちの路線でしか研究してなくて。だから正直言って「これは無理だ」って思いました。みんなに迷惑をかけるから、今辞めるべきだと思いました。でも、そのときに……(涙)。

槙田あや(以下、槙田) : これからの方向性についてのミーティングがあったんです。すごく分厚い資料を渡されてスクリーン上に「これからの計画」って映し出されて、プレゼンみたいな感じで、お話を聞いたんです。

田山 : スタッフさんに「自分がやりたいことだけやっていたら、それはお遊びだ。どっちもできるのがプロだし、売れたらやりたいことをやればいい」って言われて「確かに…」と思って(笑)。その言葉がなかったら、私は本当に辞めていました。だからスタッフさんにはすごく感謝しています。

──そこまで悩むくらい、自分ができる路線じゃないと思った?

田山 : 絶対無理だと思いました。それができたら楽しいんだろうなとは思ってはいたんですよ。BiSHさんみたいに、たくさんのお客さんの前で格好いいステージを自分たちもできたらなって。でも、さらけ出すのが恥ずかしくて。「つらかったんだよ」っていう歌詞があっても、ステージ上で裏側のつらい顔とかを見せたくなくて。それは、私のプライドだったのかもしれないんですけど、そういうことがずっとあって。

──自分をさらけ出すロック路線は無理なんじゃないかと。

田山 : そうです。でも、それができたら気持ちいいんだろうなって。しかも、今の時代はそっちじゃないと上手くいかないのかなっていうのもあったので。今はそれを自分に言い聞かせてやってますね。

やっと1つのものに向かってできるようになってきた

──今田山さんが話してくれたような思いを、みんなで語り合ったりする機会ってこれまであったんですか。

榎本 : 全員では、ないですね。

──リーダーの槙田さんがみんなを集めて話したりしない?

槙田 : とくにはないんですけど、私たちが勝手に決められることはないので、直談判じゃないですけど、みんながそれぞれの意見を運営さんとかに話して、そこで運営さんたちが話し合った結果を私たちにバックしてくれてると思うので。今はそういうやり方です。

槙田あや

──槙田さんは、今のロックアイドル路線をどう思ってますか。

槙田 : 最初は、新メンバーが入って6人になった4月に、カワイイ系の路線になったんですよ。それはそれで順応していかなきゃっていう思いはあったんですけど、またこういう風に変わって。全員戸惑いもあったと思うんですけど、5人になってようやく落ち着いて、やっと1つのものに向かってできるようになってきた。それぞれが新しいものにも慣れてきて、こっちの路線で良かったんだなって思うようになりました。私はどちからかというとどういう方向性にも対応できる人間だと思っているので(笑)。あんまりへんなこだわりはないです。言われたことを頑張って行こうと思うので。

──榎本さんは今の路線をどう受け止めて活動しているのでしょうか。

榎本 : 私はせかいとは真逆で、この路線に変わって自分的にやりやすくなったというか。さっき言ったカワイイ系になったとき、自分でも似合わなすぎてすごく違和感があったんですよ。でも、メンバーも優しいから「いいじゃん、似合ってるじゃん」って言ってくれて、「よし!」って思ってステージに出たらファンの人に「えっマジで似合わない」とか言われて(笑)。それで「やっぱりかあ…」って苦しんだ時期があってからアイドルロックの方向性になったので、やりやすくなったし、自分の良さを出せるのかなとは思っています。

──これまで結構短めのスパンで変化している印象ですけど、なぜ変わらないといけないのか、運営さんからその都度どう説明されているんですか。

田山 : 途中で、運営体制が変わったんですけど、運営さんがベイビーレイズJAPANさんが好きなんですよ。それで、グラフみたいなものを見せられたんです。

伊藤りせ(以下、伊藤) : 「カワイイ系 カッコイイ系 電子系 生音系」みたいな感じで。

伊藤りせ

田山 : 例えばベイビーレイズJAPANさんとか、まねきケチャさんとかを例に出して、「こういうライヴを観ている方が俺は楽しい」っていう意見とか

榎本 : 実際、自分たちのダンスも歌もレベルが上がってきているし、目指すなら本格的なところを目指そうよっていうので、そういう風に変わって行ったというのもあります。

──新メンバーのお2人は、入った直後にガラッとグループの色が変わったわけですけど、どう思いましたか。

菅谷あかね(以下、菅谷) : カッコイイ方向性に行きますって言われたときは、嬉しかったし、もっと頑張ろうって思えました。私はあやさんと一緒で、カワイイ路線で行くのも激しい路線で行くのも、「これをやりなさい」って言われたことをやろうって決めてたので、全然良かったんですけど、カッコイイライヴというのは圧倒されるので、この路線で良かったなって思います。

菅谷あかね

──伊藤さんはいかがですか? もともとご自分ではアイドル路線ではない活動をしてきたそうですが。

伊藤 : 私が入る前が正統派アイドルっていう感じの制服っぽい衣装だったんですけど、一回めちゃくちゃ露出多めの超ミニスカートのカワイイ系になったんですよ。抵抗はなかったんですけど「このグループはどこを目指しているんだろう?」って少し不安にはなりましたね(笑)。正統派からカワイイ系になって、そこから1ヶ月くらい経ってロック系になったので。ロックは好きなので、今はそれで良かったなって思います。

この5人に出会って、起爆剤が5人揃った

──11月13日(火)にはTSUTAYA O-WESTで過去最大キャパのワンマン・ライヴが控えているわけですが、一致団結して「こういうグループを目指そう」みたいなものはありますか?

榎本 : 全員での目標を話すような機会を自分たちで作れていなくて。夢に関して「アイドルがみんな目指しているから武道館で」みたいな漠然としたところがあったんです。でも、それを今みんなで統一させたいねって言っていて、近々そのミーティングをするつもりです。

田山 : 絶対、このままでいいと思ってるメンバーは一人もいないので。会社が「やめろ」って言ったらやめなきゃいけないし、どうにもできない状況だから、とりあえず11月13日のワンマンがメドっていう話しはされていて。売れなかったら「何してたの?」って、自分たちでも思うし。だから、かなり危機感はあります。

──「Just say No.1」は、心境が伝わってきてグッと胸に迫ってくる良い曲ですよね。きっとたむらぱんさんが、今のグループの状況を踏まえて歌にしてくれたんだと思いますけど、たむらぱんさんも、Q-pitchにすごく思い入れがあるんじゃないでしょうか。そうじゃないとこんな曲は書けないんじゃないかなって。

槙田 : たむらぱんさんは、活動1年くらいの頃から、徐々に私たちの環境とか、気持ちを汲んだ曲を書いてくださっていて。「しゃらら」っていう、7人から新しくなるときの曲とかもありました。私たちのことを思って書いてくれるようになったのがすごく嬉しかったし、もっと頑張らなきゃいけないなって。

榎本 : 5人になってロック路線になって、運営さんも力を注いでくれていて、メンバーがグッと固まったときがあったんですよ。そのときは、「絶対S」(デビューアルバム『Q-PitchでGO!!』収録)という曲のAメロがそのときの状況に合いすぎてて、自分で歌っているのにスッと入ってきて感情が高まるみたいな感じで。ライヴごとに、そのときに感じていることで歌詞の入ってくる場所も違ってきたので、表現の幅が広がりましたね。

──ステージに上がる気持ちも変わってきたんですね。

田山 : 私、ずっとこういう人(上に手を上昇させながら)なんですよ。みんながテンション落ちてるときも気にせずにバーンって行ってるタイプなんです(笑)。悩むことも、もちろんありますけど、そこを切り替えてこそアイドルじゃないかっていうのが自分の中にあるので。ライヴをしていると「本当に生きてる」っていう感じがするんです。この5人に出会って、起爆剤が5人揃った、みたいな。なんか、上手く伝わらないと思うんですけど(笑)。

──この5人だからこそ、自分も今やれている?

田山 : この5人が、友だちとして良いとかではなくて。でも単なる仕事仲間かって言ったら違うし、でも家族かっていうとそうじゃないんですよ。

榎本 : たぶん、それはみんな同じなんじゃないかなって思います。友だちでもないし、他人でもないし。

田山 : でも、ライバルとも違うよね。

榎本 : お互い夢を持って頑張れる戦友っていうか。なんだろうね?

田山 : なんか、ガソリンっていうか。違う種類のガソリンがあって色んな方面に走れるみたいな感じ。

菅谷 : ドラゴンボールの玉みたいな。7つじゃないけど、5つ集まったらバーンって(笑)。

来てくれた目の前の1人1人に何かしら感情を抱いてもらいたい

──それくらい、個人個人がQ-pitchに力を持ち寄って集まっている感じになってきたということですかね。では、11月13日(火) TSUTAYA O-WESTでのワンマン・ライヴ『Q-pitch 生誕祭 〜2nd Anniversary〜』への意気込みを聞かせてください。

田山 : 私は頭の中で勝手にQ-pitchの第1章、第2章ってつけているんですけど、その新しい章のはじまりなのかなって思っていて。Q-pitchの完成形って言うと今のライヴを観ている人たちに失礼かもしれないですけど、時間をかけて完成するものもあると思っていて。私が他のアーティストさんのライヴを観たときに、「私も頑張ってるからあなたも頑張りなさいよ」って言われている気がするんですよ。それを、みんなにも思って欲しいなって。もう「恥ずかしい」とかはないので、自分を素直に積み隠さず、ステージはそういう場所だと思ってやれたらいいなって思います。

槙田 : メンバーは変わっていますけど、2年間積み重ねてきたものをそこで全部出したいし、できれば7人時代から観ている人にも「今のQ-pitchはこうなったんだよ」「これが私たちだ!」っていう思いを自信を持ってぶつけたいです。メンバーが抜けてからライヴを観に来なくなっちゃった人たちがちょっとでも後悔するようなライヴを観せたいです。それと、普段のライヴで私たちを初めて観る人たちもいると思うで、そこで手を抜いていたらワンマンにも来てもらえないと思うので、1回1回のライヴを頑張って、11月にはずっとQ-pitchを観てきたファンの方たち全員が「Q-pitchを応援してきて良かった」と思ってもらえるように、日頃から頑張りたいです。

榎本 : 表面的なことを言うと、何人くらいお客さんが来たとか数字が出るわけじゃないですか? WESTをパンパンにしたいという思いもあるし、この機会にQ-pitchを観て欲しいという気持ちがあるんですけど、来てくれた目の前の1人1人に何かしら感情を抱いてもらいたいです。頑張ろうでもいいし、バラード曲だったら、共感できると悲しいとか、何でもいいので何かしらの心情の変化を起こすようなライヴをしたいです。1人残らず、そういう風に思ってもらえるライヴができれば、絶対どこかで繋がってくると思うし、目の前の人に絶対満足してもらえるライヴにするために、1つ1つの表情とか、色んな人の気持ちとかを聞いて歌詞と照らし合わせて、深みを増したパフォーマンスができればいいなと思っています。

菅谷 : 加入して初のワンマン・ライヴになるので、楽しみと不安が両方入り混じっている感じなんですけど、正直不安の方が大きくて。今の状況だと厳しいのも現実だし、だけどここがゴールじゃないし「このワンマン・ライヴがあったからこそ、今ここに立てているね」って、将来的に大きなステージに立てたときに言えたら良いなって思います。来てくださったお客さん1人1人が、Q-pitchをもっと色んな人に知って欲しいって思ってもらえたり「Q-pitchのライヴがあるから頑張れる」って思ってもらえるライヴにしたいです。

伊藤 : 私は今、ワンマン・ライヴの日まで、毎朝8時から1時間くらいshowroomで「カウントダウン配信」をやってるんです。ちょっとずつでもライヴに来てくれる人が増えたり知らない人にQ-pitchを知ってもらえるかなって思っていたんですけど、現実は甘くないなっていうのが最近わかって。どうやったら、お金を払ってWESTに400人来てくれるのかなっていうことを最近考えています。ファンの人たちには今までで一番良いライヴだったって言ってもらいたいし、初めて観た人には「Q-pitchって良いグループなんだね」って思ってもらいたい。ワンマンが終わっても、次のライヴにいっぱいお客さんが来てくれるような「伝説のライヴ」みたいな心に残るライヴにしたいので、あと1ヶ月少しを、自分なりのベストを尽くしてやりたいと思います。

Q-pitch、全員インタヴューを終えて

同じコスチュームに身を包んでいると、グループとしての統一感は出るものの、逆に個々の魅力が目立たなくなることもある。

今回、私服で取材場所に集まった彼女たちには、それぞれが持つ魅力を感じることができた。ぶっちゃけ、「アー写より全然良いじゃん!」と思ってしまった。インタヴューで話してくれた内容も、私服同様1人ひとりの主張がしっかりとあった。そうした個人の主張を、グループの魅力として昇華するのが、アイドルグループだ。取材を通して思ったのは、今の5人はまだ1人ひとりの集まりであって、Q-pitchとしてのアイデンティティがまだ見つけられていないということだった。

ただ、後日ライヴを観て感じたのは、その“Q-pitchとは何か?”を5人で模索しながら駆け上がろうとしている様”が、今の彼女たちを輝かせているということだ。危機を乗り越えて1つになろうとしている人の集まりほど美しく魅力的なものはない。

そして、彼女たちには最大の武器がある。それは、たむらぱんが手掛けている楽曲である。「Own」「GGG」「絶対S」「ダンスでも」等、激しくも切ないメロディからキュートなポップスまで。特に、最新曲「Just say No.1」に描かれた、世界は今の彼女たちの心境を重ね合わせて感情移入せざるを得ない。こんな良い曲を自分たちのために書いてもらえて歌える彼女たちは、幸せものだ。5人の気持ちを1つにしてQ-pitchとして等身大のドラマを見せることで、今度は多くの人に感動と幸せを与えてほしい。今の彼女たちなら、きっとそれができるはずだ。

2018年11月13日(火)@TSUTAYA O-WEST〈Q-pitch 生誕祭 〜2nd Anniversary〜〉を、大いに期待して見届けたいと思う。頑張れ、Q-pitch。

岡本貴之

結成2周年で臨むQ-pitch、覚悟のワンマン

Q-pitch 生誕祭 〜2nd Anniversary〜
2018年11月13日(火)@TSUTAYA O-WEST
時間 : OPEN 18:30 / START 19:30
料金 : 前売り 2,000円 / 当日券未定(チケット別途ドリンク代)
会場販売 : 7月9日(月)定期公演より順次出演ライヴ物販にて販売!
※物販にてご購入頂いた方には、11月13日(火)当日の入り口にて、この日に発表する新曲のメンバー全員のサイン入りダウンロードカードの引換券をプレゼント!
一般発売 : 2018年9月8日(土)
チケットぴあ
e+(スマチケ有り)
ローチケ
楽天

Q-pitchの配信作品はこちら

PROFILE

Q-pitch

「アイドルロック」をテーマに活動する5人組のガールズ・ユニット。可愛いだけのステージではなく、感情むき出しのパフォーマンスで、「人の心を揺さぶる」ライヴが話題。会場全体で、一緒に歌い、一緒に踊る、そんな「熱い」ライヴを行う彼女達の〝急ピッチ〟な展開に注目! 楽曲は全曲たむらぱん(田村歩美)が提供。

>>>Q-pitch 公式HP

この記事の筆者
岡本 貴之

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

この記事の編集者
西澤 裕郎

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

50歳にして日比谷野音に挑むクリトリック・リスとは?「野音は僕のなかではライヴハウスの最高域なんです」

50歳にして日比谷野音に挑むクリトリック・リスとは?「野音は僕のなかではライヴハウスの最高域なんです」

BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode55 ハシヤスメ・アツコ「やりたいことや約束したことが全部叶うまで上り続けていきたい」

BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode55 ハシヤスメ・アツコ「やりたいことや約束したことが全部叶うまで上り続けていきたい」

BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! 】Epsode54 アイナ・ジ・エンド「新しいBiSHが出来そうな気がしている」

BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! 】Epsode54 アイナ・ジ・エンド「新しいBiSHが出来そうな気がしている」

Episode10 MAYU EMPiRE インタヴュー「6人の中で私の存在意義をみつけたい」

Episode10 MAYU EMPiRE インタヴュー「6人の中で私の存在意義をみつけたい」

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

TOP