ダンス、ラップ、歌唱、あらゆるパフォーマンスが躍動する美しい獣──DEVIL NO ID 13ヶ月ぶりの新作!

hana / karin / mion

3人組ガールズ・ダンス・クルー、DEVIL NO IDが「BEAUTIFUL BEAST」をリリースした。表題曲「BEAUTIFUL BEAST」はTVアニメ「バキ」の第2クール・エンディングテーマに抜擢されており、カップリングにはすでにライヴでお馴染みのナンバー「チープ・シック」を収録。さらに「BEAUTIFUL BEAST」のMV監督は俳優の市原隼人が務めるなど、アグレッシヴなパフォーマンスと楽曲から、いま現在のDEVIL NO IDの勢いを、否応無く体感できる一作となっている。

TVアニメ『バキ』EDテーマも収録!13ヶ月ぶりの新作リリース!


DEVIL NO ID / BEAUTIFUL BEAST

MAIL INTERVIEW : DEVIL NO ID

13ヶ月ぶりの新作をリリースしたDEVIL NO ID。MVでは彼女たちの持つパフォーマンス力が弾けまくっている。上田剛士(AA=)が楽曲提供&サウンド・プロデュースした強めの楽曲に、歌唱、ラップ、ダンス、アクロバットと縦横無尽のパフォーマンスが無敵に感じるほど。今回は、沖縄在住の彼女たちにメールで新曲やパーソナルなテーマを質問。パフォーマンスだけでは見えてこない彼女たちの言葉が届きました。

インタヴュー&文 : 田尻菜穂子

最近は色んな話をして自分の気持ちも伝えられるようになりました

──シングル・リリースは前作の『シグナル』から13ヶ月ぶりですが、その間にコラボやリミックスでの配信リリース、そしてライヴとパフォーマンスのレベルを上げてこられました。この期間で個人的に成長したところ、進化したところはありますか。

karin : 前よりライヴのmcとか、自分の言葉で話せるようになりました。ライヴ後の物販とかでも、前まではガチガチで遊びに来てくれるお客さん、ファンの皆さんと言葉のキャッチボールが出来てなかったんですけど、最近は色んな話をして自分の気持ちも伝えられるようになりました!

hana : ライヴ構成を自分たちも提案するようになったのは、進化したのかなと思います。。

mion : あおりの部分では、その場にあった言葉を即興で言えたり出来るようになったと思います。

──「BEAUTIFUL BEAST」はAA=の上田剛士さん(THE MAD CAPSULE MARKETS)が楽曲提供とサウンド・プロデュースをされていてかなり注目度も高くなっていますが、上田さんの世界感や音を聴いた印象はいかがでしたか。

karin : 初めて聴いた時、『音の破壊力強っっ』と思いました(笑)。イメージはめちゃくちゃ泥とかで汚れてたり、炎の中を走ったり破茶滅茶な感じです。とにかくハードな印象でした! まさか、あの上田剛士さんがDNIの楽曲を…と興奮していました!

hana : ただかっこいいだけでなく、裏の音の重低音が凄くてビックリしました。初めてこんな強い音を聴いて、自分達はこのサウンドに乗っかれるのか心配でした(笑)。皆さんにもインストだけで聴いてほしいなと思います! CDやダウンロードでインストはゲットできます!(笑)

mion : とにかくめちゃめちゃかっこいいなと思いました。強さ!!!! って感じですね。今までもDNIの楽曲はハードなビート物が多くて、経験値は高めだと思っていましたが、上田さんの楽曲はハードで、しかも一転して突き抜けるような明るさもあって、ジェットコースターみたいな感じで焦りました。

──そして、「BEAUTIFUL BEAST」はTVアニメ「バキ」のエンディングテーマとなりましたが、エンディングテーマの映像を見た感想を教えてください。

karin : 序盤はサブキャラ達?(笑)がどんどん登場しているのですが、楽曲の世界観や歌詞と妙にシンクロしてきて、味があるなと思いました! 最後に夜叉猿が登場するのですが、かわいいので是非チェックしてください!

hana : エンドロールに “DEVIL NO ID”の文字を見つけてとても興奮しました(笑)。すぐにツイートして「早くみんなに伝えたい!」って思ってました。

mion : DEVIL NO IDが「バキ」のエンディングを担当しているんだという実感が湧くのかと思ったら、逆に信じられなくなりました(笑)。

──今回、「BEAUTIFUL BEAST」のMV監督を俳優の市原隼人さんが務められましたが、監督が市原さんだと聞いた時の印象と、撮影中のエピソードや完成した作品をみていかがでしたか。

Karin : お会いする前は、ドラマとか映画のイメージが強くて、オラオラ系なのかな?と思ってたんですけど……(笑)。でも、全然違いました! 市原監督自ら撮影中も細かく演技の指導をしてくれて、とても勉強になりました。初めて作品を見たときは、『自分がこんな顔するんだ』と思いました(笑)。DNIの良さを引き上げてくれた作品です!

Hana : はじめ、監督が市原さんと聞いて信じられませんでした。小さい頃からよくテレビなどでずっと見ていた俳優さんだったので、一緒にお仕事をすることができてとても光栄でした。ダンスシーンをカオスに、風景など独特の世界観があって、DNIを表現してくれています。

Mion : 3人とも、市原さんはドラマの中でのオラオラ系のイメージを勝手に持ってしまってて、会う前はかなり緊張してました。でも、お会いすると、とても優しい方でオーラがすごかったです。MV撮影でもアドバイスを貰い、ビーストモード全開になれました! 特にラップ部分に注目して見てください!(笑)

Karin

高価な物よりもっと大切なものが身近なところにあるという事を気づかせてくれる曲

──「チープ・シック」はライヴでの定番曲で、初の音源化になりました。この曲の解説をお願いできますか。

Karin : 大事な物はなにか。高い物だったり、美味しいものは沢山あるけど、本当に欲しいのはそんなんじゃない。大切なものは、本当は1番近くにあるんじゃないか。仲間と信じるものがあれば、ハイブランドにも負けない強さになるから。という探し求めて、もがいて、最後は手に入れるという想いが込められた曲です。

Hana : この曲は、高価な物よりもっと大切なものが身近なところにあるという事を気づかせてくれる曲です。自分にとって大事なものは何だろうと考えさせられる曲になっています。

mion : この曲は、ほんとに大切な物はなにか。と考えさせられる曲になってます。お金があったら、それはもちろん大富豪な気分を味わえるかもしれない。でも、ホントの大富豪は、違う。仲間と信じるものがあれば、うちらにとっては大富豪。という意味が込められています。

──今回の衣装が白とグレーでヘアメイクもシンプルになっている分、パフォーマンスが楽しみです! 今作のパフォーマンスでの見せ所を教えていただけますか。

Karin : やっぱり1番はアクロバットです! 全員で見せるアクロバットは初なので、沢山練習しました! なので、練習の成果を見て欲しいです

Hana : 私、今回初めてズボンの衣装で戦闘モードに入りきってます! パフォーマンスではアクロバットに初挑戦しているので瞬き禁止で! 見て欲しいです。

Mion : メリハリのあるDanceを見て欲しいです。そして初のアクロバットも! めちゃ練習したので。

Hana

DEVIL NO IDは、ゴールがなく、成長が止まらないグループ

──ご自身やメンバーが「BEAUTIFUL BEAST」(美しい獣)だなと思う瞬間、タイミングを教えてください。

Karin : DNIの全員が獣になる瞬間はライブかなと思います! いつも、ライヴ前にかけ声で個人個人が漫画の中のキャラに変身するんですけど、mion→シーサー、hana→カンムリワシなんですけど、まだkarinだけ公開されていないので、『まだ未定!』と叫んで、その日によってコロコロキャラが変わります(笑)

Hana : 私は一番ライヴしている時獣っぽいのかなって思います。ライヴ中にとって頂いた写真がとってもいかつい顔をしているので(笑)。あとは寝顔……?(笑)。

Mion : Danceをしている時だと思います。いつも普段はヘラヘラしてる3人なんですが、Danceのことになると、お互いライバルにもなるので、BEAUTIFUL BEASTですかね。

──現在も沖縄在住で活動されていますが、沖縄から全国に行かれた時に、沖縄と他地域の違いや発見、あらためて感じた沖縄の良さなどありますか?

Karin : 1番に思うのは気温差がすごいです(笑)。あと、他地域の特産品を食べるのが毎回楽しみです! でも、やっぱり沖縄に帰ってくると一気に安らげます。安心感がすごいです!

Hana : 違いは沢山あるんですが、地方に行かせて頂いた時に、人の雰囲気が違うなって思う事は何度かあります!

Mion : 沖縄の海の香りが好きです。どこに行っても、海の香りがする気がします。その香りは、沖縄だなー。と感じて安心します。

──最後に、今後の意気込みをお願いします! (グループとしても個人としてもどちらでもいいです)

Karin : まだまだ進化途中なので、これからもいっぱいぶつかって、転んで、一度きりの人生を全力で走りたいです!

Hana : 沖縄の皆さんに DEVILを知ってもらって、次に全国、世界の皆さんに知ってもらって、沖縄のガールズ・ダンス・クルーと言えば“DEVIL NO ID!”と口を揃えて言うくらいのグループになっていきたいです!

Mion : うちらDEVIL NO IDは、ゴールがなく、成長が止まらないグループになります。 いつでも、誰が見ても、私たちのパフォーマンスを見て、素敵だなと思われる存在になりたいと思っています。 応援宜しくお願いします!

Mion

『BEAUTIFUL BEAST』のご購入はこちらから


DEVIL NO ID 過去作品もOTOTOYにて配信中!

PROFILE

DEVIL NO ID

2016年、沖縄ストリートシーンに突如現れたガールズダンスクルー「DEVIL NO ID」(デビル ノー アイディー)。ボーカルのkarin(カリン)、hana(ハナ)、ラッパーmion(ミオン)の3人で構成される。EDM/BASS MUSIC/HIP HOP等のダンスミュージックを基盤としたサウンド、ピュアで自由、多感な歌詞、オリジナリティー溢れるコントロール不能のトガッた世界観を紡ぎだす。ミュージック、ビジュアル、ダンス、ストリート、マンガ、サブカルなどあらゆるカルチャーの垣根を越えた彼女たちの表現は、旧来のアーティストが行ってきたCDやDVDのリリースにとどまらず、SNSやマンガという形でもアウトプットされ、それをコンプリートすることでようやくDEVIL NO IDの世界観は補完できる事になる。様々なカルチャーを横断し、異色のメディアミックスを行う前代未聞のプロジェクト『DEVIL NO ID』が遂に本格始動!!

【公式HP】
http://devil-no-id.com/

この記事の編集者
伊達 恭平

【連載第15回】 スウェーデン×沖縄? ラスマスフェイバーが作り上げた、グルーヴ感溢れる「はるかなレシーブ」の音楽を聴く!

【連載第15回】 スウェーデン×沖縄? ラスマスフェイバーが作り上げた、グルーヴ感溢れる「はるかなレシーブ」の音楽を聴く!

現代において「音楽を買う」という価値を再考するー【対談】城 隆之(no.9) × 太田伸志(Steve* Music)

現代において「音楽を買う」という価値を再考するー【対談】城 隆之(no.9) × 太田伸志(Steve* Music)

【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第14回 ──「色づく世界の明日から」

【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第14回 ──「色づく世界の明日から」

【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第13回

【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第13回

ダンス、ラップ、歌唱、あらゆるパフォーマンスが躍動する美しい獣

ダンス、ラップ、歌唱、あらゆるパフォーマンスが躍動する美しい獣

【REVIEW】冴え渡るアレンジが斬りふせる先入観!ーSuara『理燃-コトワリ-』& AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.2』

【REVIEW】冴え渡るアレンジが斬りふせる先入観!ーSuara『理燃-コトワリ-』& AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.2』

TOP