サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

今春、12年間の沈黙をやぶりリリースされたサイレント・ポエツの新作『dawn』。その美意識はそのままにアップデートされたダウンテンポ〜ダブを響かせた。フィーチャンリグにはこれまでの本プロジェクトを踏襲するような海外アーティストの参加に加えて、5lackやD.A.N.櫻木大悟といった若手、そして過去にもコラボレートしているNIPPS、さらにはサイレント・ポエツのルーツとも言えるこだま和文が参加となった。本作のリリースから約半年、各所ですでに高い評価を受けているが、このたびリリース後の6月に、豪華メンバーで行われ、即ソールドアウトとなった一夜限りのフルバンド・セットでのライヴが、映画『SAVE THE DAY -SILENT POETS SPECIAL DUB BAND LIVE SHOW the MOVIE』として蘇ることになった。こちらはクラウドファンディング・プロジェクトとして映画制作資金を集め、東京、大阪での映画館での上映が予定されている。またこの発表に合わせて、本日『dawn』のハイレゾ配信も開始される。


12年ぶりのアルバム『dawn』ついに待望のハイレゾ配信開始


『SAVE THE DAY -SILENT POETS SPECIAL DUB BAND LIVE SHOW the MOVIE』
一夜限りの伝説のライヴをクラウドファンディングで映像作品化&映画館上映



2018年6月24日(日)渋谷〈WWW〉にて行われたサイレント・ポエツ25周年を記念したフル・バンドセットのライヴ。これまでの代表曲から『dawn』の楽曲を、リトルテンポやポート・オブ・ノーツ、ダブル・フェイマスといったバンドでも活躍する豪華ミュージシャンの演奏によって再現。さらにはNIPPS、5lack、そしてこだま和文など『dawn』参加ゲスト陣なども参加した。チケットは即日ソールドアウトとなったため、再公演や映像化の声があがっていたが、このたびこの日のライヴが映画として蘇ることとなった。『SAVE THE DAY -SILENT POETS SPECIAL DUB BAND LIVE SHOW the MOVIE』と題され、CAMPIREにてクラウドファンディング・プロジェクトとして本日9月28日よりスタートする。本映画を収録したブルーレイ・ディスクや映画館上映時のチケット、さらにはここでしか手に入らないグッズなども含めたさまざまなリターンが予定されている。

さまざまなリターン・グッズなど詳細は下記クラウドファンディング実施中のページにて
https://camp-fire.jp/projects/view/99350

INTERVIEW : SILENT POETS

地上数センチで響くダビーな低音とブレイクビーツ、エコーの海を泳ぐ哀愁とメランコリアが支配する旋律、サイレント・ポエツの約12年ぶりの新作はこうしたサウンドを待ちわびた、そのファンたちにあたたく迎え入れられた。ある意味で2000年前後のブレイクビーツ色の強い作品よりも、初期の感覚にも似た、レゲエ / ダブ・フィーリングの強い作品は逆にそのルーツへと立ち戻り再出発、そして新たな段階へと足を踏み込んだ宣言のような感覚もある。それゆえにこだま和文の参加は一層大きな意味を持つような感覚がある。さらには5lackやD.A.N.櫻木大悟といった新世代の邂逅は少なからず、サイレント・ポエツのサウンドをこれまで知らなかった人々に対して、そのサウンドを届ける良いきっかけとなったのではないだろうか。前述のように、即日ソールドアウトとなった錚々たるメンバーによる6月24日(日)公演がここで映像作品として新たな道を歩むことになった、そして待望の『dawn』のハイレゾ配信もここにはじまる。12年の沈黙を経て、新たな活動期をへと移行したかに見えるサイレント・ポエツ=下田法晴に話を訊いた。

インタヴュー・文 : 河村祐介

12年間のつっかえが取れました

──まずは『dawn』をリリースされて、約半年という感じだと思いますが、反響としてはどうでしたか?

反響は、とにかく単純によかったですね。長いこと出してなかったので「帰ってきてくれてありがとう」というような反響がひとつと。あとは内容的なところで、昔とは全然変わってない良さがありつつ、そこに新しいことをやっているという評価をしていただいたのは結構うれしかったですね。

─その間、音源は作り続けていたわけではないんですか?

それはしてなくて。自分の性格上「アルバムを作るぞ」とならないとなかなか動けなくて。今回に関しては『dawn』が出たちょうど1年前から作業をはじめて。それから作り出したという感じでしたね。その前にひさびさにやった、NTTのCMの曲はあったんですけど。

──ひささびにやって苦労されたことは?

苦労ってほどの苦労はそんなにないのかな。それよりも作品が出せたことの高揚感の方が上回っていて。例えば制作の予算面とか、ところどころで困ったところはあったんですけど、終わってみてこの作品ができたことを考えたら、結果がよかったんでそんな苦労も大したことなかったなという感じですね。変な悪い感情はもう残ってないですね。

──リリースを行なったことの気持ち良さの方が上回ったという。

12年間のつっかえが取れました。

──5lackさんとか、D.A.N.の櫻木大悟さんの参加というのは良い意味でサイレント・ポエツを知らなかった若い世代に対しても良い意味で「ひき」になったんじゃないかと思うんですが。

そこはすごい良いリアクションとしてあって。まずは5lackとの曲は、CMそのものの反響もあったし、もちろん5lackとは世代も全く違うから、全然世代の違う人にも聞かれるきっかけになって。それは音楽やっていく上で大事なことだったんで、すごいうれしかったですね。

──5lackさんと櫻木大悟さんの起用、わりと海外のシンガーなんかをフィーチャーするというのは、それこそトイズ・ファクトリー時代の作品などでも毎回あったので違和感はないのかなと思うんですが、どういう意図だったんでしょうか? こだまさんはまた別格、NIPPSさんは過去にもコラボレーションしていますが。

サイレント・ポエツの作品で、日本語というのがまずなかったんですよね。NIPPSさんとの「HIBAHIHI + SILENT POETS」もありますけど、あれは独立したコラボ作品という感じで。オリジナル・アルバムの音楽性のなかに日本語の歌を入れたというのははじめてなんですよね。いままでの入れてこなかったというのには理由があって、プロジェクトの歴史もありつつ、でもそれをひとつ超えて冒険してみたというところですね。日本語詞が乗っているところで、最初は結構戸惑いが実はあって。だから曲自体を仕上げても「果たしてこれがサイレント・ポエツの作品としてどうなのか」というのはいままでの流れから葛藤はありました。でも結果的には納得してますね。

──2人はどんな経緯で?

5lackは厳密にいうと、CM制作の段階で提案された部分があったんですけど、いまのアーティストのなかでも、好きなタイプのラッパーだったのでスムースに進んで。D.A.N.はサウンド的に好きで、センスが若手のバンドのなかで抜きん出ているという印象で「おっ」と引っかかるところがあったんで、声をかけてみようというのは頭のなかにあったというか。

──海外勢はデータのやりとりで?

ほぼほぼそうですね。現地行ってというのはできなかったので。

共演はじめてだったんですけど感動しましたね

──NIPPSさんとの再演はどうでしたか?

さすがですよね。いい意味でも悪い意味でも変わってない(笑)。でも「NIPPS」感は増してましたね。声も渋くなった感じもあるし。

──リリックはお任せですよね。

あれは指示してできるもんじゃないでしょう(笑)。

─そうですよね…… 。

好きにやってもらった方が意味があるのかなと。

──そしてこだまさんという。サイレント・ポエツはミュート・ビートがひとつ大きなルーツとしてあるプロジェクトだと思うので特別な意味を持つんじゃないかと。

共演はじめてだったんですけど感動しましたね。最初期に声をかけたこともあったんですが、そのときは実現できずで。憧れているミュート・ビートという存在があって。さらに今回制作しているときも「やっぱり影響を受けていたんだな」と当たり前ですけど改めて思ったところもありました。

──少し前にnewdubhallというレーベルから出た、こだまさんの作品に関して取材をさしてもらう機会があったんですけど、その作品とそして本作へのオファーがほぼ同時期で、それでいて両方ともこだまさんにとってひさびさのオリジナルの新録になるということに対して、非常に喜ばれていた印象がありましたね。

ちょうど同じ頃だったんですよね。レコーディングのときも「他でも声がかかってて、うれしいよ」って言われてましたね。ザ・ダブ・ステーション・バンドも活発で、たぶんテンションが上がってきたところだと思うので、すごくいいタイミングだったみたいですね。

──そうですね。こだまさんはやはりバンドも大事に活動されていますが、その表現とは別に、ご自身が2000年前後やっていたエレクトロニクスのダブとご自身のトランペットというミニマルな表現も大事にされている方なので、その部分をある意味で継承しているサイレント・ポエツとnewdubhallの作品への参加は非常にうれしいというような印象を受けました。

newdubhallの方もすぐに連絡をくれて、アナログを送ってきていただいて、という交流がありましたよ。

──この作品が世に出て、そしてあのスペシャル編成のライヴというのが今年の流れだと思うのですが。ああいう形式って、90年代活発にリリースされていたときでもやられていませんでしたよね?

そもそも当時もライヴというのはほぼほぼやってないんですよ。数回はあるんですけど…… それもちょこっとやったりという感じなので、今回の形式のようなフルセットでのライヴは初なんですよね。大変でしたけど、僕よりも周りで調整とかしてくれているスタッフの方が大変だったと思いますけどね(笑)。

──アーティストの編成に関しては下田さんがすべて?

そうですね。ひとつあったのが、アルバム内で海外の人がやっている部分をどうしようかなというのがあって。でもメンバー的には本当におもしろいアーティストの方たちに参加してもらったので、事なきを得たという感じで。

──編成的には完全に生バンドという感じなんですか?

曲によっては、一部ループ素材というかサンプリング・ネタを残してて、そこに演奏を重ねてみたいな形もありましたね。それは本当に曲によりけりという部分が大きくて。「ピアノは2本あるんで、1本はループで、1本は生で弾く感じで」というようなことがあったりとか。そうやって置き換えたりとか、どこを原曲のまま残すのか、みたいな部分はちょっと大変で。それはリハが何回かできたのでその部分で修正できたのが良かったですね。

──バンドのなかで、もちろん下田さんがバンマスになると思うんですけど、ミュージシャンのなかでアレンジなんかをする方はいらっしゃったんですか?

バンドの音楽的な部分、コード進行もあるので、ギターの小島(DSK / Port Of Notes)くんにお願いしました。でも、やりはじめたらベースのセイジ・ビッグバード(Little Tempo)がわりとキャラも含めてみんなをまとめる感じになってきてて(笑)。音楽的にもみんなの輪をつなぐような感じになってくれて。もともとみんな仲が良いんですけど、よりバンドとしてのまとまりを作ってくれたという感じかな。

──リハは何回やったんですか? みなさんのスケジュール合わせるだけでも一苦労という感じな気がしますけど。

3回か4回やったのかな。あのメンバーはみんな忙しくて。YOSSYさんも自身のアルバムがあったり、ハナレグミのツアーに参加したりとか。本当に合うところ、合うところのギリギリのところでやったという感じで。

そして映画へ

──そして今回クラウドファンディングで映画化し、最終的には映画館での上映というところがあるようですが。

あのライヴの2時間を作り上げるために相当がんばったし、いいものができたというのは自分たちも思いましたね。もともとはスペースシャワーの「DAX」用に記録映像を撮っていて、それをチェックしたときに、これはなんとしてでも映像作品にしたいという思いも出てきて。そこで特別なこと、映画館で大きな音で上映したいなと。自分も映画という表現がすごく好きなので、映画として自分たちが作った特別な2時間をみてみたいなと。劇場上映以外にもクラウドファンディングのプロジェクトのなかには、ブルーレイ・ディスク化というのもあって。映像作品にして、出資していただいた方には、ブルーレイと映画館の招待チケットという感じで。出資されていない方でも、上映会期中は、映画館で普通の映画料金で見れるんです。クラウドファンディングのオプションとしては、7インチとかカセットテープをつけるみたいなことも考えてますね。

──7インチはどんな内容なんですか?

ライヴで武田カオリさんのヴォーカルで、過去に出した「Save The Day」という曲をやったんですが、これをスタジオで録り直して作ろうかと。あと今回の映画のタイトルも「Save The Day」にしようと思っているので、一応、タイトル曲というような扱いですね。これを7インチで出そうかと。

──これもクラウドファンディングのみってことは相当貴重ですね。ライヴ映像の上映っておもしろそうですよね。

実際、映画館でまだ観てないですが、非常に楽しみですね。東京、大阪で予定していますが好評だったら他の映画館とかでもイベント上映みたいにできればなというのはありますね。

──ひさびさに一区切り作品を出されていかがですか? 制作モードに火がついた感じだったりすんですか?

そうですね。この火を消さないで、いまのうちにやんないと。また間が空くとどうなるかわからないので(笑)。制作自体はやっぱり「アルバムを作る」ってならないとできないタイプなので、まだ手はつけてないですけど、このクラウドファンディングのプロジェクトが終わってからと考えてますね。これで盛り上がったら「サイレント・ポエツってライヴやるんだ」とか。もっと手前で「サイレント・ポエツっていたんだ」っていうことでもいいんですが、知ってもらって盛り上がったら、もうちょっと大きいところでライヴやるというのもアリかなと。

──自分も含めて、結構まわりでもチケット探している人もいましたね、即完だったんで。

大変でしたけど、1度やってどんなものかはわかったんでまたやりたいですね。

──そういえばリリース後のトピックとしては、世界的なゲームクリエイターの小島秀夫監督作のゲーム「DEATH STRANDING」のトレイラー映像に「Asylums for the feeling feat. Leila Adu」が使用されましたね。

あるときに『dawn』を小島さんに渡すチャンスがあったんで。そうしたら普通に気にいってくれて。あの曲を聴いたらゲームのあるシーンがすごい見えたということを言ってくださって、直接小島さんから「使っていいですか?」という感じオファーがきたんです。それはもちろんぜひと快諾して。本当に、クオリティとか、もう映画みたいな映像ですよね。というかそのへんの映画を超えてますよ。

──ライヴにしろ、その後に控える映像作品、そしてゲームへの起用にしろ、やっぱり1枚作ったことによって広がった部分はすごく大きかったですね。

そうなんですよ。出さなきゃダメなんですよね。アルバム出すっていうと「これが何枚売れると採算が取れて…… 」ということを考えてしまうんですけど、それじゃなにもできなくなってしまうんですよね。でも、今回はそれを考えずに、赤字にならなきゃいいなぐらいで突き進んだら、結果としてうれしいオファーとか、今回のクラウドファウンディングのプロジェクトとかに繋がったから、間違ってなかったんだなと。あそこで中途半端なものを作ってたら、こじんまり終わってたんじゃないかと思うので。そこは大事にしたいですね。ライヴも結局そうなんですよね、これだけのすばらしいメンバーを集めて採算考えずにやったから、むちゃくちゃいいものができたという。それがまた他のところに良い方向に転んでいってくれればいいと思っています。大事ですね、本当にこうやって動くということが、25周年やってきて、いまさらながら学びました…… って、その間の半分ぐらい、12年間はやってないですけどね(笑)。

──最後に今回はハイレゾも出ますがいかがでしたか?

今回のマスタリングは、ランディ・メリルというトム・コインのお弟子さんというすごい方にやってもらいました。サウンドの部分はすごいこだわってやったので。ハイレゾに関しても「こんなにいい音なのに、なんでハイレゾ出さないんですか」って言われてたんですが、ここでやっと出せました。1回聴いて、自分の作品を聴いてもらって、新たに良い音で聴いてもらうというのもいいかなと思っています。


PROFILE

SILENT POETS

東京在住のDJ/プロデューサーである下田法晴のソロ・ユニット。1992年のデビュー以来、長きに渡る活動を通じて、メランコリックでエモーショナルなDUBサウンドを育んできた。これまでにフランスのYellow Productions、ドイツの99 Records、USのAtlanticといったレーベルからアルバムがリリースされ、イビサ・チルアウトの歴史的名作『Cafe del Mar』をはじめ、世界各国の40作品を超えるコンピレーション・アルバムに楽曲が収録された。2013年に自身のレーベル、ANOTHER TRIPを設立。再構築DUBアルバム『Another Trip from the SUN』を発表し、エンジニアの渡辺省二郎とSILENT POETS LIVE DUB SETとしてリキッドルームなどでライヴを行った。2016年にラッパーの5lackをフィーチャーしたNTTドコモStyle20’ CMソング「東京」が ACC TOKYO CREATIVE AWARDS クラフト賞サウンドデザインを受賞。2017年、FUJI ROCK FESTIVAL出演を果たし、7インチシングル「SHINE feat. Hollie Cook」のリリースを皮切りに、デビュー25周年プロジェクトを始動。2018年、12年ぶりのオリジナルアルバム”dawn”をリリース。

【公式アーティスト・ページはこちら】
https://www.silentpoets.net/

この記事の筆者
河村 祐介

わからずや

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

この記事の編集者