「音楽を生む、それを放つ、それで生きてく」──3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』

左から萩原朋学(Drums)、白水悠(Bass)、菊池智恵子(Piano)、佐々木"RUPPA"瑠(SAX)

パワフルかつアグレシッヴなインスト楽曲でジャズ、パンク、ハードコアシーンを股にかける異端児、KAGERO。リーダー、白水悠のアザー・プロジェクト、 I love you Orchestraなどのリリースを挟んで、約3年ぶりのリリースとなる新作『KAGERO Ⅵ』を発表する。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともにメンバー全員インタビューをお届けしよう!

待望の新作アルバムをハイレゾ配信開始


【短期連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

ライター、岡本貴之が3回に渡ってお送りする白水悠(KAGERO / I love you Orchestra)へのインタヴュー短期連載『白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~』。バンドの運営について赤裸々に語った3回の短期連載。こちらもぜひご覧ください!

第1回「バンド運営とリーダーの役割」編はコチラ
第2回「音源制作とリリース」編はコチラ
第3回「ライヴ活動について~バンド運営の未来」編はコチラ

INTERVIEW : KAGERO

デビュー以来、毎年コンスタントにアルバムを発表してきたKAGERO。その新作『KAGERO Ⅵ』は、約3年ぶりのリリースとなる。ここにあるのは、4人が音をぶつけ合い、互いを抱きしめすぎて骨折させてしまうように破壊してはまた構築して、ただただ無垢な音楽愛をひたすら奏で続ける、濃密な空間。今作が誕生した背景を知るため、OTOTOYでは2012年の『KAGERO ZERO』以来、じつに6年ぶりとなるメンバー全員インタビューを行った。この3年あまり、ライヴ活動はもとより会場限定CDと配信での新曲発表もあったにも関わらず、アルバムをリリースしなかったのは一体何故だったのか? 大きなお世話とは思いつつ、今作に至るまでの月日を振り返ってもらった。アルバムを聴いてから読んで、またアルバムを聴いてみて欲しい。

インタビュー・文 : 岡本貴之
写真 : Kana Tarumi

最悪KAGEROは解散するかも

──『KAGERO Ⅵ』は2015年リリースの 『KAGERO V』以来、約3年ぶりのアルバム・リリースとなります。その間、ライヴ活動もしてましたし、それぞれのユニット、バンド活動もあったわけですが、何故これだけの間隔が空いたんでしょう?

白水悠(Ba) : 『KAGERO V』を出したのが2015年12月か…… そういやいままでなんでか知らんけど、だいたいKAGEROのリリースは冬だったな。

佐々木"RUPPA"瑠(Sax) : 冬のリリースをやめたいっていう話はしたね(笑)。

菊池智恵子(Pf) : うん、した。

萩原朋学(Dr) : 冬にリリースするとそのままツアーに出ることになるから、季節的に北の方とか行くのは移動がつらいなぁって話はよくしたね(笑)。

──絶対それだけが理由じゃないと思いますけど(笑)。

白水 : まぁそれは別にどうでもいいんだけど(笑)。そう、2015年12月に『KAGERO V』をリリースして。んで国内のツアーを何本かやって。年が明けて2月にファイナルのワンマンを渋谷クアトロでやって。お客さんもしっかり入ったし、内容的にもあの時点ではベストなライヴができて。でも、あれが終わった時に「この先KAGEROでやりたいことってなんなんだろ?」ってのを個人的に強く感じて。それまでは当たり前にさ、バンドをやって、作品創ってツアーして、大きいところでライヴして、っていうことしか思考回路になかったんだけど、クアトロのワンマンが終わって、じゃあ次はリキッドルーム、赤坂BLITZ、新木場コースト、Zepp Tokyoって感じでバンドを動かしていくのかーって考えたときに……多分だけどこのままその道に進んだら、最悪KAGEROは解散するかもなぁって強く感じてさ。

萩原 : うん、うん。

白水 : 別にそのことについて3人ともレーベルとも特に話し合いとかはしなかったんだけどね。まぁ僕個人の感覚半分、あと僕から見た3人の音楽観とか人生観も加味した感覚が半分。まぁこの人たちも、もちろん僕も、「有名になりたい」ってのをファーストに置いて音楽やってるわけじゃないんだろなーって。そう感じた時、じゃあKAGEROでどういう音楽を書けばいいのかっていうのがよくわからなくなっちゃって。少し休ませてくれよって思ったのが本音かな。

萩原 : 俺は、もっと直接的にみんな疲れてると思った。俺も含めて。

白水 : 別にそのとき特段KAGERO内で何かがあったってわけじゃないんだけどさ。

萩原 : それまでは、いい意味でルーティンが回ってたんですよ。ここでリリースして、ここでライヴをして、ここでファイナルをやって、次に向かうっていう。

RUPPA : そのままやっていけば毎年続いて行く感じだったよね。

萩原 : うん、別にそこに疑問は感じていなかったし。でも、ずっと滝のように曲ができるわけではないんだ、この人(白水)も、って。あの頃から「これがいつまで続くんだろう?」とは思ってた。

──そういうときに、多くのバンドはさっき言った「次はリキッドで、その次はBLITZでライヴをやろう」というのを目標設定にするのでは?

白水 : それまではずっとそうだったよ。その道しかないもんだと思ってた(笑)。

RUPPA : ただあの時期、割と「BLITZでワンマン!」ってバーンとぶち上げて、その後音沙汰がない、みたいな人たちを結構見てたんだよね。

白水 : うん。そういうのをめちゃくちゃ見てきちゃった。「前進あるのみ」みたいな活動の結果さ、バンドが潰れるか、もしくは音楽そのものが潰れていくって有様をね、めちゃめちゃ見てきちゃってて。

RUPPA : どこに行ってもチラシを配ってたあいつらがいなくなった、みたいな(笑)。

白水 : だから、あのときヘタに動かしたらKAGEROが壊れちゃうかもって感じて。別に仲が悪いとかって頃でもなかったんだけどね。アメリカツアーを2回やって帰ってきて、クアトロワンマンの頃なんてむしろすごく仲が良くて何の問題もなかった。でもたぶん、ここでもう一歩踏み込んだら疲れ切るんだろうなって。恋愛みたいなもんだよ(笑)。

──その時期は、それぞれの活動もやってた時期ですよね。

白水・萩原 : (同時に)いやそれは別に……。

萩原 : それぞれの活動で他の彩りはつくから楽しいけど、それでKAGEROへの「気持ちのピース」が埋まるわけじゃないし、それをKAGEROの代わりに当てはめるっていうのは、誰もしてないと思う。

白水 : どうしたって代わりになんてならないよ。KAGEROの曲が創れないって言ってる間もI love you Orchestra(以下・ilyo)では曲を書きまくってて、でもそれは完全に別の話だから。そもそもilyoの動かし方についてとかも、わざわざ3人とは話すらしてないもん。そんな必要がないくらい別物だから。

──ilyoはあんなにリリースしているのに、KAGEROの曲はどうして書かないのかっていう気持ちはなかった?

RUPPA : う〜ん。

萩原 : ないでしょ。

菊池 : うん。

白水 : そこで「ないでしょ」って言えるのは普通じゃないけどね(笑)。

萩原 : みんな、これまでも1つのバンドしかないって状態だったことがないから、そうなったら(KAGEROが止まったら)ああなるってのは必然といえば必然で。ilyoが活発な時は、物理的に俺らにも時間もできるし、じゃあ俺らもサイドの方をバリバリやっておくよーってだけ。それがもし「なんで今ilyo動かしてるんだよ」って思っちゃったら噛み合わなくなるけど。「それだったら俺らは俺らでやっとくよ」ってなれるから。

スタジオに毎週入っていた3年間から生まれた作品

──じゃあKAGEROはいつ動かさなきゃいけない、みたいなこともなく?

白水 : うん。なかったね。完全に僕次第だった。

RUPPA : ていうか、別に何もやってなかったわけじゃないしね(笑)。ライヴもやってたし。

菊池 : スタジオも毎週入ってたから。

白水 : ちゃんとスタジオに毎週入ってたのがデカかったんだろうね。コミュニケーションって点で特に。

萩原 : クアトロが終わってからの1年、よくまあ飽きもせずに入ってたよね。ハッキリ言って何の目標もなくスタジオに入ってたから。

菊池 : カレンダーを買ったら、毎週水曜日に全部スタジオの予定を書いてた(笑)。

萩原 : ライヴの前にやるゲネはあるけど、それ以外は曲を創るわけでもなく目標にするライヴがあるわけでもなく。呼ばれたら出るスタイルで。でも、呼ばれたいからスタジオに入って牙を研いでたとかでもなくて(笑)。

RUPPA : でも、あたしは2週空くと不安になった。

菊池 : ああ、わかる。不思議な感じはあるよね。

RUPPA : 2、3週空くと、白水は曲に関してすごく考えてくるんですよ。それって、あたしがこっちで考えてるものと合致しないものだから、(スタジオで)一緒にやらないとわからない感じがあって。新曲ができても、2週会わないと変えてくるから。

白水 : 昔の曲もライヴのセットリストに入る曲は常に新しいカタチを考えちゃうから、確かにちょっと会わない期間があるとラグができちゃうんだよね。

RUPPA : 曲もむずかしくなっていってるし。この2、3年の間に白水はデモをかなり完成された部分まで自分で打ち込むようになって。白水がそういうことをできるようになって行くにしたがって、知らないうちにどんどん曲が進化することが多くなったっていうのもあったし。2週空くと、何を考えて何を変えてきたのか、そこを探って行く断層が増えて行くというか。もう3週なんて空くと随分変わってるから(笑)。

白水 : KAGEROでのRUPPAさんのサックスっていうのは、技術的なことよりも特にイメージの部分がすごく大事だからね。普段から色んなこと、例えばもうプライベートの出来事とかさ、そんなものから共有してないと、フィーリングがひとつ違っただけで全体で鳴ってくるサウンドが思ってるのと違ってくるから。そういうことも全部含めて、毎週毎週な〜んの目標もなく律儀にスタジオに入っててよかったなーって思うよ。別に全然そんな狙いじゃなかったんだけどね(笑)。でも会ってなかったら、もしかしたら持たなかった。

──バンドがなくなっていたかも?

白水 : うん。ヒトって会ってなかったら意識のズレが出るでしょう? KAGEROの曲も一向に上げてこないわ、マネージメント自体もそこまで考えてこないわ、ilyoはバリバリ動かしてるわ、だったし。毎週会って4人ともこういう感じでいるからお互いやってられるっていうか。

RUPPA : そうね。今は無理だからとりあえず何か曲をやろうかって。結局、あたしも今回のアルバムで自分の曲は1曲しか入れてないけど、「こういう感じの曲はどうなんだろう」って考えるのも、会ってればできるし。なかなか自分から発信するのは難しいというか。あたしが創るときは、メロを創ってみんなでスタジオでドーンってやる方が好きというか、それくらいの簡単さでやりたいから。

白水 : RUPPAさんの創り方は1stの頃から変わらないよね。

萩原 : 去年の春に白水さんが体調を崩したときに、俺とRUPPAさんの2人だけでスタジオに入ったときがあって。そのときに今回入れた「Wind Me Up」をRUPPAさんが出してきたんですよ。でもたぶん、RUPPAさんが創った曲を原型のまま4人でガチャガチャやったら、ちょっと時間がかかるかもなって俺は思って。たまたまちょうど2人だったからそのときに創ったんです。

RUPPA : あたしは、見開きのページに3、4曲載ってるようなジャズの本を持ってきて「じゃあこれをやろう」みたいな感じでやるのが理想というか、それくらいでやってた方が色んな人に演奏してもらえるんじゃないかっていうのもあるから。「A-B-A」くらいの構成で曲として完成していて、それだけやっても楽しいくらいの感じというか。

白水 : ジャズのスタンダードみたいな感じだよね。

RUPPA : そうそう。ああいうものをKAGEROのアルバムにもねじ込みたくて書いているようなところがあるので。

これが創りたいんだもん。これしか創りたくないって思った

──毎週目的なくスタジオに入っているうちに、RUPPAさんが曲を創ってきたりして徐々にKAGEROとしてアルバムを創ろうっていう流れになってきたわけですか。

白水 : そうだね。KAGEROは2009年にファースト出した時から、常にアルバムを出すことが許されてる環境で。今までも、例えば『Ⅳ』を創り終わったら、すぐに『V』の制作に取り掛かってて。6年間、それがずっとKAGEROだったんだけど。

RUPPA : そうだよね。もう次の締め切りが見えてる状態でツアーが終わってたからね。

白水 : だから今回は初めてだったんじゃないかな。「締め切りのない創作」っていうのが。『V』を創り終わって、ハッキリ言っちゃえば僕がKAGEROの曲を書けなくなって。『Ⅳ』で自分の音楽を、まぁ当時の段階では表現しきってたし、『V』でサウンドエンジニアリングとか楽曲の深みや幅を創ることができて。『V』をリリースする前にはもうクアトロワンマンも決まってたし、対外的なことも当たり前に考えてたし。でも『V』が終わって、その先、いったい何を書いたらいいのかわからなくなっちゃったまま、その後10月に〈FUZZ’ EM ALL FEST.2016〉(ファズエム)があって。あの日観に来てくれた人には悪いけど、そのときの〈ファズエム〉でやったKAGEROのライヴが個人的には最悪の気分だったんだよね。ひと言でいうと、ステージ上がる前まで余裕ぶっこいてたんだよ。うち主催のフェスだし、まあ絶対盛り上がるだろうって。いや、イベントはよかったよ。でもKAGEROのライヴが全然良くなくて。僕らが呼んだ14アーティスト(ilyoを含む)が、それぞれ「絶対誰にも負けない」ってものを持ってて。それを1日中見せつけられて、最後にKAGEROがドーンって出たときに「KAGEROの武器って何なんだ?」っていうのを突き付けられた気がしたんだよ。

RUPPA : うん。本当に、1、2曲目で「まずったな!」っていう感じになって。でもそこで仕切りなおす勇気もなかったし。でもたぶん、始まった時点でまずいことは気付いていて。

──でも、観ているお客さんはそういうことを感じてなかったんじゃないですか?

白水 : あの日のライヴを観て「今日のKAGEROは最悪だった」って思ったお客さんはそんなにいないのかもしれない。でもたぶん、そのズレなんだよね、「ヤバい」って思ったのは。KAGEROってどういう音楽なんだ?ってことに筋を入れないと、もうこっちが昇天しないんだなって。あの日は幸か不幸か、ilyoが超わかりやすいカタチでフロアを沸かせててさ。ああいうスタイルでお客さんをノらせることに関しては、もうKAGEROはilyoに勝てないって覚悟したの。だってあのバンドはメンバーの半分くらい常に手が空いてるしさ(笑)、クラップだとか振り付けだとか、ハタから見てわかりやすい感じで盛り上げるのは、もう絶対に勝てないって思った。でも、KAGEROはそれがしたかったわけじゃねーなって事に改めて気づいたんだよね。それまでは、特にアメリカツアー終わってからかな、KAGEROにもそういう部分は必要だって思ってたから。

RUPPA : そこでも負けないって思ってたからね。

白水 : そう。そこでだって負けてたまるかって思ってた。でもそうじゃなくて、もう日本ではニーズ狭くてもいいから、深いこと、圧倒的な表現をやりきるのがKAGEROだろって。逆に言えばKAGEROならそれができるだろって。それがわかったのが2017年の年明けくらいかな。そこからやっとKAGEROの創作が少しずつできるようになって。それで最初に創ったのが「SILENT KILL」の原型。でもまだそれを試行錯誤しているときに2ヶ月くらい体調を崩して、その間にRUPPAさんが「Wind Me Up」を創ってくれてて。「ああなるほど、こういうのいいね」って。中東的な音階というか。

RUPPA : あたしの中で、ここ2年くらいアラビア・ブームが去ってなくて。

白水 : 僕も前作の「THE TRICKSTER」の流れで民族的な音階っていうのは頭にあって、でも「Wind Me Up」をRUPPAさんが書いてくれたから今回はそこは任せようと思って。そこから「SILENT KILL」が出来上がったのが去年の夏かな。そこからどういうアルバムになるのかっていうのが少しだけ見えてきて「MY EVIL」と「under」が生まれて。それで「chemicadrive」を書き上げたときに、正直「あ、これ売れないかも」って思った(笑)。でも売れなくてもいいや、って。

一同 : (笑)。

白水 : このアルバムが刺さる人は、たぶん日本では少ないだろうなって覚悟したんだよね。でもしょうがない、これが創りたいんだもん。これしか創りたくないって思った。でも、もしこの作品をわかってくれる人がいたとしたら、そしたらその人とはものすごく仲良くなれるかもしれないって。それくらいのターゲットの狭さでいいって思った。

──それが、2016年に〈ファズエム〉で気付いたことの答えになったということかな。

白水 : いや〈ファズエム〉のときにすぐ気付いたわけじゃないんだよ。そこからめちゃくちゃ考えたの。それまで強固にあったKAGEROへの自信が、あのときの〈ファズエム〉で完全に崩れただけで。そこに回答を出せたのは「SILENT KILL」が出来てから。

──「SILENT KILL」って暗い曲ですよね。

白水 : そうかな(笑)? まぁどうみても明るくはないけど(笑)。

萩原 : でも変な重さはないよね。『IV』の曲なんて暗いどころの騒ぎじゃなかったから(笑)。

白水 : 「sister」「ill」(『Ⅳ』収録)みたいな「怨念がやべぇ!」みたいなのとは違う。

萩原 : そうそう。あれはなんかもう、扉を開けちゃう感じ。

RUPPA : 「SILENT KILL」は作品としてそういう設定なだけで。恐らくそれまでの暗い曲って白水自身がそうとか、我々の内面が出てそうだっていうものを自分も背負っちゃってて。それで演奏するのが大変だったんだよね。すごく感情移入しなきゃいけないっていうか。

白水 : オーバーリアクション?

RUPPA : そうそう。完全に「自分からこの曲が生まれてきた」っていう感じでやってたんだけど、今作に入れている暗い曲って、たぶんそういう話じゃないんだよね。暗い話を書いてる人間が根暗かっていうとそうじゃないし。殺人事件の台本を書いているやつが人を殺したことがあるのかって言ったらそんなわけないしね。

萩原 : うん、もっと俯瞰な感じがする。自分が暗いんじゃなくて、暗い人を見て書いている感じ。だって「DESERTED」とか、完全に自分自身じゃないでしょ? 自分がどう思うかとかじゃなくて、見ている映像っていうか。

白水 : ああ、それは今言われて気付いた。たしかに今回の創作は、描写なんだわ。

RUPPA : 自分の内面がグラグラしているっていう感じはそんなにないよ。今回は「これ、どういう曲なの?」って普通に訊ける。前は訊いたら内面を掘り下げることになって、こっちもメンタルをやられてたから(笑)。

──なんでそういう風になれたんですか?

白水 : う〜ん、KAGEROっていう表現を、前提の段階から「振り切れた」っていうのはあるのかなぁ。コントロールできるようになったっていうか。だから今回ってメンバーに曲を提示するときに、最初から「これで大丈夫」っていう相当な自信と余裕があったんだよね。『Ⅳ』のときとかは、KAGEROとしてのアレンジの完成がまだよく見えてないまま構築してたから、あんまメンバーにグチャグチャ言われたくなかった(笑)。原曲には自信あったんだけどね。「KAGEROのアレンジ」ってのは僕もまだ固まってたわけじゃないから。でも今回は創るアルバムの像がしっかり固まっていたから、曲に自信を持って提示できたんだよね。

RUPPA : 前は、言われるとブレちゃうから突っぱねるっていうのがあったからね。

白水 : 面倒くせえなー、白水(笑)。

一同 : (爆笑)。

RUPPA : 今回は、「これはこうなんじゃないの?」って言いやすかったし、そこからビルドアップできる状態で曲を創っていけたからね。

白水 : そうだね。今回は3人が意見くれても「ああ、それいいじゃん」って素直に受け入れられるくらい、完成像に自信と余裕があったんだよね。「あのとき全然曲を書けなかったけど、おかげさまでこんな作品書けました」って、メンバーに対しても、お客さんに対しても言える自信。去年の〈ファズエム〉のときには「SILENT KILL」を初めてやって、音源も物販でリリースできて。「カマしたった!」って感覚で溢れてた。もうさ、楽曲の力しかないなって。僕には楽曲の力しかないんだってはっきりわかった。破天荒さとか、容姿とか、言葉の強さとか、そんな刀は持ってない。僕は「創作」っていう刀しか持ってない。クアトロのワンマンが終わったときに「自分は『音楽』がしたいだけなんだよなぁ」ってすごく思ったの。たぶんあの頃当たり前に思ってた道の先を進むってことは「芸能力」が必要になってくるんだろうなって。「あれ?タレントになりたかったんだっけ?」ってさ、なんかすげえ思ったの。

RUPPA : そこから先の売り方というか、これをどうマスに落とし込んでいくかって考え始めるとそうなるよね。

白水 : それをやってらっしゃる方々をどうこう言うわけじゃないよ。ただ、僕はそれが嫌だったの。残りの30代とか40代をそれに注ぎ込むのは、自分の人生として嫌だな、って。これ言うと語弊があるからアレなんだけど、僕、あんまり有名になりたくないんですよ。

萩原 : そうだね(笑)。

白水 : 結構マジな話、平穏に暮らしたくて。「ただ音楽を創って死んでいきたいだけ」なの。今の時代、少しでも有名になるとひたすらにめんどくさいじゃん。自分がこの道に入ったのって、音楽的にも違うけど、例えば奥田民生さんみたいな「こんな音楽できましたよー」みたいなスタンスで生きていきたかっただけなの。「音楽を生む、それを放つ、それで生きてく」っていう、今やってることをしたかっただけなんだよ。

ピアノの世界から膨らんだイメージが僕の中の基盤にあった

──奥田民生さんだったら今はソロだからそういうスタンスで出来るのかもしれないけど、バンドだと他のメンバーもいるわけだから、また違うのでは?

白水 : ああ〜、そうかもね。みんながそれをどう思ってるのかはよく知らない(笑)。

菊池 : 私は、ピアノを演奏するのが好きでずっとやってるから。だから、恥ずかしいけど3人は私の中で最高のメンバーで。

白水 : うわ(笑)!!

萩原 : いや、俺は逆に、この人はバンドの方が良いと思ってますよ。音楽が生まれても結局まわりに誰かいないとその作品は世に出て行かないわけで。だって、ただただ音楽を創りたいっていう人は、言ってしまえば出すことすら余計なことなんですよ。だから1人でやっていればそれを出すためのスタッフが必要だろうし。それはバンドっていうのも同じで。俺は昔からバンドマンになりたかっただけだから、曲を創る以外のことも全然苦にならないんですよ。たぶんRUPPAさんはその両方があると思うし、ちょうどここ(白水)との間にいるんですよ。だから、自分はずっと神輿を担いでいて、その上に登ろうとは思わないんです。俺は別にそこに下だとか上だとかっていうヒエラルキーを感じてなくて。でも、誰かが下にいなきゃ上がれないから。その棲み分けができたらバンドは上手く回ると思うんですよね。

白水 : たぶん、KAGEROってちょっと関係性が変わってるんだよね。大学の先輩(RUPPA)・後輩(萩原)で、僕がちょうどその真ん中にいて、そこに外部の智恵子が入っているのがいいスパイスで。これで僕が一番年上だったらまた違うような気がする。ハギは、僕のすべてのコミュニティの中で一番仲の良い友達。RUPPAさんっていうのは、今僕のまわりの人間で唯一、僕に圧倒的な「NO」を突き付けられる人で(笑)。でもそれって本当に貴重な話で。智恵子は、まぁ本人の前でこんなこと言うのもアレだけど、多分僕の音楽を、僕以上にわかってくれてる唯一の人なんじゃないかな。今回の作品は、僕の中では智恵子の作品でもあって。智恵子がもともと持ってるピアノの世界から膨らんだイメージが僕の中の基盤にあったから。

菊池 : あ、それは私も思ったよ。めっちゃそういう風に創ってくれてるなって思った。

白水 : 今回の曲が、イントロからピアノが雰囲気を創ってそこに全体が乗って行くって構成が多いのもそういう理由なのかもしれない。智恵子どうこうを無視したのは「harsh days, dust your noise」くらいかな。

RUPPA : この曲、録った後出来あがったら拍子の感覚が変わってんだもん。途中で鳴ってるクリックを外して録ってるんだよね。そうしたら拍の取り方が変わってた。それでサックスを録り直して。

白水 : そう考えると、前は、っていうか普通はレコーディングが終わったら後はもうミックスでなんとかするしかないじゃん。今回は全部録り終わってから「納得いかない」っつってサックスを録り直したりができて。「DESERTED」の間奏のピアノ独奏なんて2週間くらい録ってた。これまでとはそういう時間的な制約が全然違ったっていう事が、作品のクオリティに大きく影響したと思うよ。

RUPPA : あたしはサックスを吹いてる子に聴いてもらいたいっていうのがあったから、あたしのお客さんにも聴いてもらいやすい曲になったと思う。レコーディングするまではそんなことも思ってなかったんだけど、この曲はそういう落としどころに行けるかもしれないと思って、面白かった。

──変拍子で実験的だけど、サックスのリフレインのせいかこのアルバムの中で一番ポップに聴こえました。

RUPPA : 拍子は変だけど、コロコロ変わるわけじゃないからね。

萩原 : でも、狙って「拍子を変にした」っていうことはKAGEROでは一度もないんですよ。メロディがその拍子だったからっていうだけで。

──「Wind Me Up」も変拍子ですね。

RUPPA : これはあたしのアラビア・ブームの影響ですね(笑)。

萩原 : 珍しくコンセプチュアルな曲ですね。RUPPAさんに「こういうのをやってみよう」っていうものがあって、それをやってみた感じです。

──videobrotherでもこういうサックスを吹いている印象です。

RUPPA : 人数が増えても全然大丈夫っていう感じはある。

萩原 : RUPPAさんは曲を創るときにそれを言うよね。管楽器が複数いる状態をイメージしているというか。

白水 : 管楽器に限らなくて、RUPPAさんの曲って「吹奏楽的」だなって思ってる。

萩原 : そう。ここはサックスじゃなくて、別の楽器が吹いても良いんじゃないか?とか。

白水 : RUPPAさんの曲って、楽曲のスタンダードな部分が決まってて、それをこういう楽器構成だからこういうアレンジにする、って捉え方をしてるんじゃないかなって。だから新鮮で面白いよね。だから僕はこんなメンバーがいる環境なのにさ、こういうクオリティの作品が創れないなら「もう音楽家廃業した方がいいんじゃね?」ってプレッシャーはずっとあって。アルバムの制作に着手し始めたときさ、これから創る一曲一曲を「SILENT KILL」以上のクオリティのもの書かなきゃいけないのかぁって怖さがあった(笑)。「chemicadrive」が出来て、もう腹をくくれたっていうか。「ゲロ吐くまでやり切ろう」って。「これならずっと待っててくれた人も納得してくれるでしょ?」って。「これならもうこの先何年もずっとこのアルバムを聴いていられるでしょ?」って(笑)。そういうアルバムになったと思います。

KAGERO、配信中の近作




LIVE INFORMATION

KAGERO presents “FUZZ’ EM ALL FEST.2018”
2018年9月29日(土)新宿LOFT
OPEN 12:00 / START 12:30

出演:KAGERO, SAWAGI, 絶叫する60度, アラウンドザ天竺, memento森, about tess, Palitextdestroy, ▲'s, I love you Orchestra, conti, Manhole New World, mahol-hul, 銀幕一楼とTIMECAFE, Last Planet Opera, killie

FUZZ’ EM ALL FEST.2018のチケット詳細、タイムテーブルなどはKAGERO公式ページへhttp://www.kagero.jp/

PROFILE

KAGERO

白水悠 / YU SHIROMIZU : Bass
佐々木瑠 / RYU "RUPPA" SASAKI : Sax
菊池智恵子 / CHIEKO KIKUCHI : Piano
萩原朋学 / TOMOMICHI HAGIWARA : Drums

ジャズ・カルテット編成の想像を覆す攻撃的な轟音とパンクスピリット溢れるライヴ・パフォーマンスを武器に、国内の数多のフェスやサーキットで話題沸騰。 ジャズ、パンク、ハードコアシーンを股にかける異端児として全国、そして海外より注目が集まる。 これまでに5枚のオリジナルアルバムを発表。ベスト盤のリード曲「Pyro Hippo Ride」はiTunesジャズチャート1位を獲得。2013年9月に初のアメリカ東海岸ツアー「STANDING EGG TOUR」を成功に収める。

KAGEROアーティスト・ページ

この記事の筆者
岡本 貴之

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

この記事の編集者