【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第12回》zAk × 佐野敏也

INTERVIEW : zAk(レコーディング・エンジニア)× 佐野敏也(スペースシャワーネットワーク)

プライベート・スタジオ「ロックン・ロール研究所」で音源制作を行うなど、音作りへの深いこだわりを持っていた忌野清志郎。『KING』『GOD』といったキャリア後年の作品ではソウル・クラシックな音作りが際立っている。そうした作品に携わっていたのが、FISHMANSの作品等で知られるレコーディング・エンジニアのzAkだ。そしてその間を取り持った人物が、『RUFFY TUFFY』『冬の十字架』でレコーディング・ディレクターを務めた佐野敏也氏。2人が間近で見た忌野清志郎の姿とは? zAkの所有するスタジオ「ST-ROBO」にて、対談形式で話を訊いた。

企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり
文・編集 : 岡本貴之
撮影 : ゆうばひかり
ページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)
協力 : Babys

高校時代、まわりはRCのコピーバンドばっかりだった

──お2人は、お仕事で関わる前から清志郎さんの音楽は聴いていらっしゃったんですか。

佐野 : 僕は世代的には高校の頃に『RHAPSODY』(1980年6月5日)『PLEASE』(1980年12月5日)『BLUE』(1981年11月21日)を聴いて、そこから遡って『シングル・マン』(1976年4月21日)。自分でバンドをはじめる頃に、夢中になって聴いていました。まわりはRCのコピー・バンドばっかりだったし、オリジナルをやっている人もみんな、RCみたいな曲ばっかりやってましたよ。

zAk : RCの活動時期ってどれくらいなんだっけ?

zAk

佐野 : 1990年まで活動してた。

zAk : 20年やってたんだ。

佐野 : そう。僕がこの世界に入って音楽の仕事をはじめたときは、「I LIKE YOU」が入ってる『Baby a Go Go』(1990年9月27日)のときだった。

zAk : ああ〜、ヘンリー・ハーシュ(※)とやったやつ?

ヘンリー・ハーシュ
レニー・クラビッツのデビュー・アルバム『Let Love Rule』で知られるエンジニア。
後にMr.Childrenのアルバム『深海』も手掛けた

佐野 : そうそう、ヘンリー・ハーシュ。やっぱり音にはすごくこだわっていたじゃない? 清志郎さんって。

zAk : うん、たぶん人と違うところにこだわってた。

当時の清志郎さんのマネージャーから「zAkさんを紹介してほしいんですけど」って言われたんだよね

佐野敏也

──zAkさんが清志郎さんと仕事をするようになったのはなぜですか。

佐野 : 僕が担当を離れていた時に、当時の清志郎さんのマネージャーから電話がかかってきて「zAkさんを紹介してほしいんですけど」って言われたんだよね。どうしてかって訊いたら、「ボスがzAkさんでやりたいって言ってるんですよ」って言われて。

zAk : そうなんだ?

佐野 : その理由までは聞かなかったけど、繋いだんだよ。そのときに、zAkに電話が行くかもしれないよって伝えたら、「なんで?」って訊かれたんだよね。それで、「理由はわからないけど、歌は1回録っておいた方がいいかもよ」って言って。「そのくらいすごいよ」っていうことは言った気がする。

RCの曲は、リマスターを手掛けたときに大量に聴きました

──zAkさんは、学生時代に清志郎さんの曲を聴いていたりした経験はありました?

zAk : ないんですよ、それが(笑)。僕は邦楽体験がほとんどなくて。だから、いま仕事で携わっているアーティストたちの音楽も、最初はほとんど元を知らないでやっていたりするんです。やりながら段々学習していくというか。

──ではRCの曲をしっかり聴いたのは、近年のアナログ再発のときにリマスターを手掛けたときなんですか?

zAk : そうですね。1回全部リマスターをしたときがあって。そのときにすごく大量に聴きました(『初期のRCサクセション』(1972年2月5日)から『BLUE』までのリマスターを手掛けている)。

〈完全復活祭〉のゲネプロに行ったらzAkがいて驚いた

佐野 : じつは、僕とzAkで清志郎さんまわりの仕事を一緒にやったのって、そんなにはないんだよね。zAkがミックスを手掛けることになった『KING』(2003年11月19日)とか『GOD』(2005年3月2日)とかあのあたりは、僕は離れていたし。

zAk : ああ、そうだっけ?

佐野 : そう。自分はしばらく清志郎さんのところを離れていたんだけど、〈忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館〉(2008年2月10日)のときに、レコーディング・ディレクターとして参加したんです。そうしたら、zAkがPAをやっていて。

『忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館 2枚組ライブアルバム』

zAk : やりましたね。

佐野 : 〈完全復活祭〉のゲネプロで芝浦スタジオに行ったらzAkがいて、「今回のPAはzAkさんなんで」って言われて「えっマジで!?」って驚いたのを覚えてる。

──山本キヨシさん、蔦岡晃さんのお話によると、清志郎さんが〈完全復活祭〉はzAkさんをPAにしたいと希望したそうですが。

zAk : あ、そうなんですか?

佐野 : うん、そう言ってたよ。本当は〈完全復活祭〉のときは僕じゃなくてうちの若い子がディレクターをやる予定だったんだけど、若い子が行ったらプレッシャーで大変だろうから、僕がおせっかいを焼いて行ったんですよ。そのときに、清志郎さんが誰かと話していて、(zAkが作るライヴの音は)「CDみたいなんだよ〜」って言ってたよ。独特の表現やなぁ〜って思ったけど(笑)。

zAk : 「CDみたい」って、良いのかどうなのかわからないよね(笑)。〈完全復活祭〉のPAはけっこう大変だった思い出がありますね。「メンバーが多いなあ」とか、「音数が多いなあ」とか(笑)。しかも360度音が鳴っていて、いろいろ大変でした。グランドピアノが来ちゃったりとか。ああいうバンド編成でフルグランドって長いやつとかは大変なんですよ。短いやつの方が扱いやすいので。音的な大変さがありましたね。

スタジオに2人でいてもそんなに喋ったことないです。空気が似てるんですよね

──zAkさんが清志郎さんの作品に関わったのは、LOVE JETSがはじめてだったんですか。

zAk : そうです。それと、「恵比寿ミルク」っていうクラブで、日本で最後に〈チベタン・フリーダム・コンサート〉をやったときに、僕が主催者と知り合いだったので、面識ができたばかりだった清志郎さんに頼んだらすぐに出てくれることになって。ものすごい爆音の弾き語りをしていて、めちゃくちゃカッコよくて。周りの人みんなが喜んでくれたので、その日のことはよく覚えています。そのときが、清志郎さんと面と向かって話したはじめてのときですね。

──清志郎さんはとてもシャイな方だったと聞きますが、zAkさんははじめてお会いになったとき、どんな印象を持ちました?

zAk : 僕もあんまり人と喋るのが得意じゃなかったので、ちょうど良かったです。

佐野 : ははははは(笑)。

zAk : 空気が似てるんですよね。今日みたいに、2人でよくここ(zAkのレコーディング・スタジオ)にいたんですけど、そんなに喋らなかったです。というか、そんなに喋ったことないですね。

──清志郎さん側が佐野さんにzAkさんの紹介を頼んできたのは、FISHMANS繋がりということですよね。

佐野 : そうです。当時、僕はFISHMANSを担当していたこともあって、zAkを紹介してくれっていう電話がよく来ていたんですよ。それで、その中に清志郎さんのマネージャーさんもいたんです。どんな理由で、ということまでは根掘り葉掘り聞かなかったですけど。だから清志郎さんご自身がFISHMANSの作品を聴いたかどうかまでは聞いたりはしていないです。

『RUFFY TUFFY』のスタジオで歌入れを聴いてぶっ飛んだんですよ。「すっげえ!!」って

──では、佐野さんと清志郎さんとの最初の接点は?

佐野 : ポリドール時代に、『RUFFY TUFFY』(1999年7月28日)を担当することになってからです。おじけん(FISHMANSの元ギタリストでデザイナーの小嶋謙介)がジャケットをやったやつ。彼は僕が紹介したんです。

『RUFFY TUFFY』

──高校時代からRCを聴いていた佐野さんですが、清志郎さんと一緒に仕事することになったときには、どんなことを思いましたか。

佐野 : なんというか、正直うれしくなかったと言ったら語弊があるんですけど、やっぱり、なんといっても忌野清志郎じゃないですか?「えっ!?俺⁉」みたいな感じで(笑)。何をするかイメージができなかったんですけど、当時のマネージャーさんに「歌録りがあるからスタジオに来てください」って言われて、『RUFFY TUFFY』を制作中のスタジオに2回くらいお邪魔したんです。完全アウェイ状態で、隅っこにいたんですけど、そのときに歌入れを聴いてぶっ飛んだんですよ。「すっげえ!!」って。だから、zAkに繋いだときは、その時の感想を言ったんです。「歌すごいよ、録った方が良いよ」って。

──もちろん、それまでもライヴで生歌を聴いたことはあったわけですよね?

佐野 : ありましたけど、スタジオで聴くのは違いますからね。それで、ジャケットのデザイナーを誰にするかっていう話になったときに、小嶋君を紹介したらハマって。ロッ研(ロックン・ロール研究所)でポラを見ながら、ああしようこうしようって言いながら、結局長女の百世さんが写ったポラロイド写真を使ったジャケットになったんです。

そうしているうちに、清志郎さんと小嶋君は一緒に自転車にも乗るようになったりしたんです。その次のアルバムが『冬の十字架』(※2)(1999年9月22日)だったんですけど、あのアルバムもパッケージまわりの、所謂メーカー・ディレクター的なお手伝いをしたんです。『冬の十字架』のジャケットは、たしか、小嶋君と僕で話していたときに「実家で撮れないかな?」っていう話になって。それで(実家に)行ってみたら良い感じだったので、ああいうジャケットになったんですよ。そのときはさすがに感激しましたね。その後はしばらく離れて〈完全復活祭〉のときにまた関わることになって。〈完全復活祭〉は、当たり前ですけどライヴスタッフの熱量がすごいと思ったので、ちゃんとその熱を受けられるようにした方が良いですよって当時のレーベルのボスに言って、サポートで自分も関わることになったんです。

※2 『冬の十字架』
忌野清志郎 Little Screaming Revue名義のアルバム。
「君が代」のカヴァーを収録しており、インディーズからの発売となった。

『冬の十字架』

なんか四苦八苦して録った形跡があるな、みたいな(笑)

──レコーディングについてお伺いしますが、たとえば『KING』についてはzAkさんは清志郎さんとどんな話をしましたか?「こんな音にしたい」とか。

zAk : いや、ないですよ。「こういう音にしたい」とか、何かをどういう風にしようっていう話はしたことがないです。僕はロッ研(清志郎のプライベート・スタジオ「ロックン・ロール研究所」)で録った音をもらってそれをミックスしたので。なんか四苦八苦して録った形跡があるな、みたいな(笑)。

佐野 : ははははは(笑)。

zAk : 清志郎さん自身がラフミックスしてたのかな? そのあたりは覚えてないですけど。

ものすごい変わった声なのに、聴いていて嫌な気持ちにならない。それはたぶん…

──実際に仕事をするようになってから、清志郎さんについてどのように感じましたか。

zAk : エンジニア的な観点で言うと、人前で歌って華がある人、多くの人が聴ける声の持ち主の人っていうのは、マイクが関係ないんだなって思いました。

──「マイクが関係ない」というと?

zAk : みんな、(レコーディングの際に)いろんなマイクを使って試してみるんですよ。それこそ、5万円くらいのものから200万円くらいのものまで。でも、(清志郎は)基本的に声の特徴が変わらないから、聴こえてくる音としての声が一緒なんですよね。まあ、何でもいいかって言ったらそうでもないし曲に合わせて選んではいたんですけど、そこはすごいなと思いました。さっきも車の中で聴いていて思ったんですけど、ものすごい変わった声なのに、聴いていて嫌な気持ちにならないんですよね。それはたぶん、本当のことしか言ってないし、本当の声でしか歌ってないからだろうなって。嘘がまったくないからじゃないかなって思います。

──そういうニュアンスは、たとえばFISHMANSのヴォーカル佐藤伸治さん(1999年3月に逝去)等、他のアーティストにも感じることはありましたか。

zAk : 幸い、僕が一緒にやっている人たちは、本当のことを歌っている人ばかりだと思います。そういう人たちがこっちに来てくれるのかもしれないですけど。

──佐野さんは清志郎さんのヴォーカルについてはどんな思いがありますか。

佐野 : ライヴではたくさん聴く機会がありましたけど、すごく個性的だし心を掴まれますよね。自分が音楽制作のディレクターをやってきた中でも、最初に歌った瞬間の声のインパクトは、いまだに残ってますよね。そういう人はあんまりいないですよ。「うわっすげえ!!」っていう。

──その「すげえ!!」っていうのをもう少し具体的に言葉にしてもらうと……。

佐野 : いや、もう「すげえ!!」しかない。

zAk : 「すげえ!!」は「すげえ!!」ですよ(笑)。言い表す言葉がそれしかない。

『KING』の音を聴いたら「これはオーティス・レディングだな」って

──オーティス・レディング「Try A Little Tenderness」的に展開していく「Baby何もかも」から始まる『KING』は、こもった感じの音が特徴的ですが、どんな音に仕上げるかはzAkさんに委ねられていた感じなんですか。

zAk : そうですね。音を聴いたら「これはオーティス・レディングだな」って思ったので。そういう風にした方が良いのかな、とか。それを今っぽくしてもしょうがないので(笑)。かといって、こっちも昔の機材でミックスするわけではないので、そこは違うんですけど。でも、僕も10代の頃にブラック・ミュージックが好きでよく聴いてたし、これは1960年代の音だなっていう。何か言われたかっていうと言われてないと思います。その前のLOVE JETS(『ちんぐろ』(2003年7月2日))のときも、何も言われてないから。

── LOVE JETS『ちんぐろ』と『KING』って、真逆にある感じの作品ですよね。LOVE JETSのアルバムが斜めすぎるというか(笑)。

zAk : LOVE JETSはおもしろかったですね。ヘンな録りかたをしていたのを、清志郎さんはすごく喜んで見てたのを覚えてます。ドラムの周りに別でスネアとかを置いて、そこに別にマイクを立てて、ドラムを叩いて別のスネアの音が一緒に鳴っているのをまた別で録って足していくっていう。

佐野 : すごいことやってたね(笑)。

──それは、清志郎さんのアイデアで?

zAk : いや、僕が勝手にやってただけです(笑)。それを清志郎さんは喜んでくれました。

強制をしてまわりが動くのが正しくないっていうことをわかっているんじゃないかな

──清志郎さんは、あまり人に「こうしてほしい」とかって言わない方だったんですね。

zAk : たとえば、「ごはんを食べたい」って直接的に言う人と、「お腹がすいたなあ」ってボソって言う人といると思うんですけど、清志郎さんは後者の方ですね。それでどういう風に思うかは人それぞれじゃないですか? 「じゃあ、ごはんを作りましょう」って言う人もいるし、放っておく人もいるし。それは人の自由だから委ねるみたいな感じはありましたね。でも、僕以外にも清志郎さんを見ている人もいるから、「清志郎さんはお腹が空いてるっぽい」って思う人は別のアクションを起こすし。たぶん、強制をして周りが動くのが正しくないっていうことを、わかっているんじゃないかなって。そこには本来の喜びは絶対にないから。それぞれが本心でやりたいことをやるっていうところは、ちゃんとあるんじゃないかなと思います。

「RC、再結成しません?」

佐野 : 僕は本当にそんなに喋ったことはないんですけど、一度「RC、再結成しません?」って本人に言ったことがあるんですよ。たぶん、そんなこと直接本人に言ったのは僕くらいだと思うんですけど(笑)。僕が当時の関係者と一番繋がっていた時期、FISHMANSでRCの前の事務所と繋がっていたり、山崎まさよしでオフィス・オーガスタの森川(欣信)さんと繋がっていたりとか、宗像(和男)さんとか、いろんな方々と繋がっていたときに、ポロっと「RC再結成すればいいじゃんね?」って何気なく言ったら、「佐野さんだったら言えるかもしれない」って宣伝担当者に背中を押されちゃって。後にも先にもそれくらいだと思うんですけど、取材が終わった後の清志郎さんに、モジモジしながら「RC、再結成するというのはどうでしょう?」って言ったんですよ。そうしたら、長い沈黙があって。ひと言で言うと「そんなに簡単なことじゃない」というニュアンスのことを言われました。

──それはいつ頃の話なんですか?

佐野 : 僕が最初に関わった『RUFFY TUFFY』の時です。後は『冬の十字架』までしか僕は関わっていないので。たぶん〈RESPECT! 忌野清志郎〉(2000年3月3日 日本武道館)をやった前後だと思うんですよね。結果的には、〈完全復活祭〉のときみたいな、ソウル、ロックンロールショーをやったらどうなるのかなっていうのは、清志郎さんもあったのかもしれないですけど。

──なかなか、古くからのスタッフの方だと言いにくいことだったんじゃないかと思いますけど、言った後の周囲の反応はどうだったんですか?

佐野 : まあ、みんな笑ってましたよ(笑)。それからは二度とそんなことは言わなかったですけど。「それはそうだよなあ」って。それと『シングル・マン』のレコーディング・ドキュメントをやったときに、僕とzAkはちょっと協力したんですよ。現場で映らないようにトラックのパラデータを聴いていたんですけど、そのときに思ったのは、僕は別のアーティストで『シングル・マン』と『RHAPSODY』を超えるものを作りたかったのかなっていう気がしたんですよね。やっぱり日本で音楽の仕事をしている以上、この2作品を目指したいというか。そういう意味では、それを作った本人に対してはリスペクトしかなかったですし、話しかけようにも緊張してしまってどうしたらいいかわからなかったです。だから、あんまり話したことはなくて。

ダック・ダンがず〜っとコードを間違えててクロッパーに怒られてて。あれはめっちゃおもしろかった(笑)

──そのときくらいなんですか、清志郎さんとちゃんとお話したのは。

『RUN寛平RUN / 走れ何処までも』

佐野 : さっきのRC再結成の話と、あとは最後の「RUN寛平RUN」(2009年1月14日配信限定リリースの『RUN寛平RUN / 走れ何処までも』)のときくらいですね。あれはここで録ったよね?

zAk : ここでやったね。スティーヴ・クロッパーとドナルド・ダック・ダンがきて。「あ! ブルース・ブラザーズや!」って思いました。

佐野 : あのとき、ダック・ダンがコードを間違えてクロッパーに怒られてたよね?「だから、そこはそうじゃないっ!」「ごめん、ごめん」「また間違えた!」とかって。

──ははははは(笑)。貴重なシーンを目撃してますね。

zAk : ダック・ダンがず〜っと、間違えてCのコードを弾いてて。

佐野 : そうそう(笑)。

zAk : あれはめっちゃおもしろかった(笑)。

佐野 : 本当、コントでしたよ。

zAk : 〈サタデー・ナイト・ライブ〉みたいだったもんね。

佐野 : それを見て清志郎さんが笑っているという(笑)。そのとき、マスタリングをしていたときに、清志郎さんが突然僕に「「Run Rudolph Run」(ラン・ルドルフ・ラン / チャック・ベリーの曲)って、中黒(・)あったっけ?」って訊いてきたんですよ。それで「確かあったと思いますけど」って答えて。「RUN寛平RUN」っていうタイトルにするからっていうことで、確認したかったみたいですけど。それが、アーティストとディレクターとして交わした唯一の会話くらいです(笑)。音楽の話もしたことないし、ストーンズが好きだとかも言ってないのに(チャック・ベリーの曲をローリング・ストーンズのキース・リチャーズがカヴァーしたバージョンがある)。でも、いきなり訊かれたからすぐ一緒に調べて。ちゃんと話したのって本当それくらいなんですよ。

──zAkさんも、それほど話した記憶はないですか。

zAk : 僕は、スタジオに2人でいることが多かったから、もっといろいろ話していたと思うんですけど、あんまり覚えてないんですよね。自転車で走ってきて、スタジオに入って「ハァ〜」って一息ついて、いろいろ喋ってたと思いますけど、あまりにも普段、自然な会話しかしてなかったから。そういえば、いま思い出したんですけど、一番最初にこのスタジオに来たときに「神社みたいだね」って言われたんですよ。

──まさかそこからLove Jetsの曲「UFO神社」の発想が生まれたんでしょうか⁉

zAk : いや、それは知りません(笑)。

佐野 : まあ、「UFO神社」っぽいといえば「UFO神社」っぽいけどね、ここ(笑)。

一同 : (笑)。

「JUMP」は問答無用の名曲でしょう

──では、好きな3曲を挙げてもらえますか。

佐野 : RCから1曲選ぶとするなら、最後のシングルになった「I LIKE YOU」です(『Baby a Go Go』にも収録)。その頃にはもう、ディレクターとして音楽の仕事をしていたので、アルバム自体もファン時代とは違った視点で見て聴いてたし「すげえな」って思ったんです。その中でめちゃめちゃポップな曲が「I LIKE YOU」で。シングルが出たときは買いました。2曲目は「JUMP」。問答無用の名曲でしょう。メロディの良いロックンロールというか、これは最高ですよ。

zAk : ライヴでカッコよかったよね、この曲は(「完全復活祭」の1曲目だった)。すごく世界が開けていく感じで。

佐野 : そうそう、開けて抜けていくんだよね。

zAk : そこかな、清志郎さんの良いところは。声を聴いて、バーっと花が咲いていくようなところ。

──〈完全復活祭〉の1曲目で「JUMP」が始まったとき、観客が360度清志郎さんを囲んだ武道館の光景はまさにそんな感じでした。

zAk : そうですよね。

佐野 : 筑紫哲也さん(故人)も、ブルーノート東京のライヴの時(2008年2月18日)に前説で「JUMP」のことをコメントしてたよね。すごい曲だって。

zAk : 筑紫さんが前説っていうのがすごいよね(笑)。

佐野 : 3曲目は「毎日がブランニューデイ」。歌詞が良い。(実際にスタジオで聴きながら)いいよね? グルーヴもいいし。

zAk : あ、“75%”の曲ね。これは良いよね。

佐野 : うん、めちゃめちゃ良い曲だよね。この3曲かな。暗いときに聴く曲もあるけどね。「いい事ばかりはありゃしない」とか「ひどい雨」とか。でも今の気分だとこの3曲です。

佐野敏也が選ぶ忌野清志郎の3曲
①「I LIKE YOU」
②「JUMP」
③「毎日がブランニューデイ」

僕がディレクターとして一番ライヴ・アルバムを出したのは『RHAPSODY』があったから

──では、アルバムを1枚選んでください。

佐野 : 『忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館』(2008年6月18日)かな……いや、やっぱり『RHAPSODY』(1980年6月5日)にしておこう。僕はディレクターとして一番ライヴ・アルバムを出してると思いますけど、それは『RHAPSODY』があったからなんですよ。『完全復活祭』が終わって、相澤さん(清志郎事務所の当時の代表)と話していたら「次のアルバム、どうしよう」って言われたんですよ。それで僕は『RHAPSODY 2』を作ったらどうかって言ったんです。RCじゃないから違うっていうことはあるんだけど、今ライヴで新曲を録るっていうのはすごく良いんじゃないですかって。そう言ったのだけは覚えてます。その後に連絡があって、本人と直接話してって言われたんですけど、その後体調を崩されたので、結局打ち合わせもできなかったんですけどね。そんなこともあって、『RHAPSODY』を選びたいです。

佐野敏也が選ぶ忌野清志郎のアルバム

『BABY#1』レコーディングエピソード

──zAkさんはいかがでしょうか。

zAk : アルバムは、自分でやらせてもらった『BABY#1』(2010年3月5日)が好きですね。これは思い入れがあって。清志郎さん本人がいなくて、他の関係者の方とか、所縁が深かったミュージシャンの方々を「この曲はこの人に頼もう」ってどんどん集めてこのスタジオに来てもらって録音したんです。息子さんの竜平君にも来てもらってコーラスをやってもらって(「I LIKE YOU」で参加)。でも、お父さんに似て竜平君もすごくシャイだから、みんなに見られているのが恥ずかしいっていうことで、僕と竜平君2人きりにしてもらって、ここで録ったんです。

zAkが選ぶ忌野清志郎のアルバム

佐野 : あれは、すごく良かったよね。

zAk : それでコーラスをやってもらったら、すごく声が馴染むから、ビックリしましたね。そこはすごく感動しました。

──清志郎さんが旅立った後のアルバムですけど、思い出深い作品になったんですね。

zAk : そうですね。しかも、僕が全く知る由もない頃の、1989年の録音ですよね(※1989年にベーシストの小原礼とLAでレコーディングされた未発表音源が元になっている)。なんで当時出なかったのかはわからないですけど、それを完成させたいっていうお話をいただいて。僕なんかでいいのかなって思いましたけど。でもやるだけのことはやらせてもらおうと思って、音楽的にも良いものが作れたと思ってます。

佐野 : 大変だよね。zAkもそのときに言ってたけど、アーティスト不在で作品を完成させるっていうのは、作る側はすごくヘヴィだよね。どこに落とし込むかっていうのは。

zAk : 何度もそういう状況になってるけど。亡くなってその直後に作らないと駄目っていうことはよくあるので。

佐野 : これは、NYのテッド(テッド・ジェンセン)のところにマスタリングに行ったよね。

zAk : そうだね。あれは絶対、テッドの方が良いと思ったから。

佐野 : それで、zAkと2人でNYに行ったんですよ。

「ぼくの家の前の道を今朝も小学生が通います」を聴いてたら…

──では、zAkさんの好きな曲を挙げてもらえますか。

zAk : 僕は3曲選ぶのが難しいので、1曲にさせてください。「ぼくの家の前の道を今朝も小学生が通います」(『sings soul ballads』(2011年11月23日)収録)という曲なんですけど。なんでこの曲かというと、今朝ごはんを食べながら清志郎さんの曲をいろいろ聴いていて「この曲全然知らないな」って思いながら「ぼくの家の前の道を今朝も小学生が通います」を聴いてたら、外からものすごく大きな声が聞こえたんですよ。それで外を見てみたら、僕の家の前の道をランドセルを背負った小学生が30人くらいバーッて通っていたんです。それを見たときに「ああ、清志郎さんっぽいな」って思ったんですよね。引きが強いというか、亡くなっていてもそういうことが起こるっていうのは、清志郎さんっぽいなっていうか、今日のこの取材があったからそういうことが起こったのかなって思いました。この曲が僕の思い出に残っているから選んだわけではないんですけど。でもたぶん、どの曲でも良いんですよ。歌詞も全部素晴らしいし、この声で歌われたらどれも良く聴こえると思うし。だから敢えて曲で選ぶっていうのは難しいなって思いましたし(「ぼくの家の前の道を今朝も小学生が通います」を選んだ理由は)そういうことかなって思います。

zAkが選ぶ忌野清志郎の1曲
①「ぼくの家の前の道を今朝も小学生が通います」

「俺はいないけど、みんなの力を合わせて頑張るときだ」っていうことなのかなって

──では最後に、若い音楽リスナー、アーティストに向けて清志郎さんのどんなところをとくに知って欲しいかメッセージをお願いします。

zAk : 音楽の話と少し離れてしまうかもしれないですけど、3.11の震災があったときに、若い人を含めて、みんながこれからのことをすごく考えたと思うんですよ。そのときに、清志郎さんはもういなかったわけじゃないですか? 僕は「こういうときに清志郎さんならどうしてたのかな」って、ずっと思っていて。音楽を通して正しいことを伝えるということに関しては、みんな結構、清志郎さんに頼ってたんだなって思ったんですよね。

あのとき、いろんなメディアやSNSとかYouTubeを通して、自分が持っている音で頑張って訴えようとした人は多かったけど、全然そこまで及ばなかったなって思ったんです。そこまで強くなかったというか。(清志郎は)たぶん1人でも立ち上がって何かをやって、いろんなことをみんなに伝えていたんじゃないかなって。あの頃は、いろんな人が亡くなっていて、そうやって1人でも人前に立てる人がいなくなっていたというか、そういう時期じゃなくなっていた気がしたんです。でも、これは「みんなで頑張れよ」っていうことなのかなって、僕は思っていて。「俺はいないけど、みんなの力を合わせて頑張るときだ」っていうことなのかなって思いながら過ごしていました。

いま、そういう存在の人がいない世界ですけど、何かに頼るのではなくて、自分たちで正しいことを切り開いて、正しいことをちゃんと見て声に出していくっていうことをすべきじゃないかっていうことを、僕は清志郎さんを通して思いました。

佐野 : さっき〈完全復活祭〉のときの「JUMP」がすごく良いっていう話をしましたけど、今zAkが話したようなことも含めて、全部あの曲に入ってるんじゃないですかね。僕はエンターテイメントにいろんなことを盛り込んで伝えていくというのがすごく好きなんですけど「JUMP」っていう曲の中に全部それが入っている気がします。だから、清志郎さんの曲を知らない人は、今の時代だったら「JUMP」を聴いてみるのが良いんじゃないかと思います。

>>>【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎は、次回7月27日(金)掲載の第13回で最終回となります。最後は清志郎ファン代表のあの方が登場! お楽しみに!

この記事の筆者
岡本 貴之

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

ONEPIXCEL、はじめてのハイレゾ体験──3人の未来や希望を詰め込んだ3rdシングルを聴き、想いを語る

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

4人組ロック・バンド、NoisyCell TVアニメ「中間管理録トネガワ」EDテーマに大抜擢

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

メンバーの脱加入、路線変更を経て臨む、覚悟の11.13 TSUTAYA O-WEST──Q-pitch、現在を赤裸々に語る

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第3回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~第2回

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

【連載】白水悠のバンド・サヴァイヴ術~MY LIFE AS MUSIC~

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

この3人が集まった偶然と必然──ONEPIXCEL、3人それぞれが語るこれまでの人生とグループにかける想い

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

4人組ロック・バンド、NoisyCell 3年ぶり15曲収録のフル・アルバムをリリース

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編)

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

のん、豪華製作陣も参加した初のフル・アルバムをリリース

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

路上のベーシストがさらなる高みを目指す──Yuji Masagaki初の全国流通アルバム『birth』をリリース!

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第5回》 宗像和男 × 森川欣信(後編)

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

北の大地にひょっこり現れたポエタナティヴ・ロック(!?)の旗手、ハイレゾ&フリー配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第4回》 宗像和男 × 森川欣信(前編)

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第3回》グラフィックデザイナー 太田和彦

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

謎多き無敵の3人組スーパー・ヒーロー見参!! ──H ZETTRIO、新アルバムをハイレゾ配信開始

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第2回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(後編)

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第1回》ロック・フォトグラファー 有賀幹夫(前編)

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

4人の歌声が織りなすきらめき──The Songbards、初の全国流通盤を配信開始

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

PARIS on the City! が描くポップだけどちょっぴりひねくれた物語──初アルバムを配信開始

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

心機一転、JABBERLOOPの見せる『NEW』はここに!──ハイレゾ独占配信

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

あがいてもがいて希望を繋ぎ続ける──フラワーカンパニーズ、今を詰め込んだ捨て曲なしのアルバム完成

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

9・10 新たな伝説が川崎で始まるー〈夏の魔物〉激動の12回を、成田大致&ATFIELD青木勉が語り尽くす

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

トランス×メタルの近未来的サウンドを鳴らす“インドアバンド”──BLOOD STAIN CHILDの夢とは

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

インタヴューで迫る、ジャズ・トリオ、Re-Trickのスリリングな新作──MV公開、6月14日よりハイレゾ先行配信も決定!

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

日本語ジャズの楽しさをーールパン音楽でおなじみコーラス・グループFujikochansを大野雄二がフィーチャー

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

メンバー脱退とバンド継続の“破壊と創造”ーー歌うアホウドリ、4曲入り1stEPをリリース

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ツボを心得たポップ職人・杉本清隆、9年ぶりの新作をハイレゾ配信、インタヴュー掲載

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

ライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉から生まれた、サンナナニ × THE LIPSMAXによるスプリット・ライヴ・パッケージ、独占ハイレゾ配信開始

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

忘れらんねえよ、新曲3曲を含む濃厚なるベスト・アルバムを配信開始、そして2ndミニ予約スタート

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

THE TON-UP MOTORSーもっと全力疾走するために 活動休止前最後のミニ・アルバムについて語る

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

〈GIRLS 3×3〉スペシャル座談会、THE LIPSMAX x サンナナニ x DIALUCK

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

H ZETTRIO インタヴュー——3人の人間力が表出した“奇跡的なアルバム”

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

メロコア系からストレスフリーなインストへ――you you you all the same 1stEP発売インタヴュー

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

Ferri、3rdアルバム『noth』を配信開始&KASHIWA Daisuke、森大地を迎えた鼎談を掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

歌うアホウドリ、1stフル・アルバム『無我夢中』を配信&インタヴュー掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

夏の魔物、3rdシングル発売記念第一弾、成田大致、ケンドー・チャン、玉屋2060%座談会掲載

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

イロメガネ、2ndミニ・アルバム『37.2℃』ハイレゾ&フリーDL配信

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、3rdミニ・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

セカイイチ、ファンクなグルーヴ鳴らすニュー・アルバム配信&インタヴュー

ORIGA『My Way』レビュー

ORIGA『My Way』レビュー

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

忘れらんねえよの「これまでと、これから」ーー無観客ライヴ&全力野球など音楽以外の企画を全力で振り返る

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

KAGERO、5枚目のフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

ハチスノイト、新作ハイレゾ配信&インタヴュー、彼女が挑戦する「声」の無限性とは

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

THE TON-UP MOTORSフロントマン、上杉周大初のソロ・アルバム配信&インタヴュー

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

Chano『この世界』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

KAGERO、NYで収録した初のライヴ・アルバムをハイレゾ配信&白水悠インタヴュー

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

早朝からハードコア!? なバンドが2ndフル・アルバムをリリース! ー〈朝コア〉終了直後のI LOVE YOU ORHESTRAに突撃インタヴュー!

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the audio pool、2ndアルバム先行配信&インタヴュー

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

the coopeez『rucksack』を配信スタート & the coopeez・藤本×忘れらんねえよ・柴田の対談を掲載

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

忘れらんねえよ、3rdアルバム完成記念・3回連続単独インタヴュー その①梅津拓也(ベース)

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

井上仁志『井上の叫び』リリース記念!! インタヴュー掲載!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

新たな日本のソウルへの冒険、ORIGINAL LOVE最新作『ラヴァーマン』&旧譜をハイレゾ配信開始!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

5年半振りのケラ&ザ・シンセサイザーズと24年ぶり(!)の有頂天の新作をハイレゾ先行配信!!

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

忘れらんねえよ 全力中年 第4弾 全力ドミノ 挑戦編 8日間カンヅメで6万個並べて日本記録達ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之6万字生レポート

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

トーキョーキラー、1stアルバムを独占ハイレゾ配信開始

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

コッテルの“黒い部分”が詰まった新作ミニ・アルバム&インタヴュー

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

Aureole、全曲リテイクのベスト・アルバムをタワレコ渋谷限定リリース!! 前代未聞企画でタワレコ渋谷店をジャック!

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

斉藤由貴、デビュー30周年記念のニュー・アルバムをハイレゾで配信開始

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、5thシングル『ばかもののすべて』配信開始&インタヴュー掲載

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

川井憲次による、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」オリジナル・サウンドトラックをハイレゾで!

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

dip in the pool、デビュー30周年の10thアルバムをハイレゾ配信

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

Qu、1stアルバム『switch』をハイレゾ配信&インタヴュー

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

DPG、4thニュー・シングルを先行配信スタート!! 新メンバー、塚本舞、李 星帆、インタヴュー掲載!!

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

ルパン名曲をジャズ・アレンジ!! Yuji Ohno & Lupintic Fiveの新作ハイレゾ配信

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

TM NETWORK、『QUIT30』をハイレゾ配信スタート!!

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

Lööf『Frog Songs For Whales』をハイレゾ配信&インタヴュー

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

kilk records session 2014 第9回 「2.5D」ディレクター、比留間太一

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

本棚のモヨコ『TOMORROW NEVER KNOWS』リリース&インタビュー

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

LIFESHOP、ニュー・アルバムから期間限定フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

kilk records session 2014 第8回 高野修平「新しい音楽マーケティングとは?」&2014年フリー・サンプラー配信開始

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

Kilk recordsからarai tasukuとAJYSYTZ、2タイトル同時配信&フリー・ダウンロード

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2014 新音楽時代 vol.7は永田純「新しい音楽をつなぐ考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.6は劔樹人「新しいマネージメントの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.5は出川光「新しいプロモーションの考え方」

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

THE MACKSHOW、全編ノンデジタルのアナログ・テープ一発録り音源をハイレゾでリリース!

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

忘れらんねえよ 24時間Ust番組「24時間、バンドやろうぜ。~愛はバンドを救う~」ーーいつだって側にいるよ♡OTOTOYライター、岡本貴之24時間耐久生レポート

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

勝手にしやがれ、ポスト3.11のこの国に贈る渾身の11thアルバム

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

祝・月見ル君想フ10周年!! セカイイチ × bananafish × 寺尾ブッダの座談会を掲載!!

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

OAUの公開DSDレコーディングをレポート & 彼らの新作をハイレゾで予約受付開始

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

J.P.NAYUTA『From now on,I will begin all』をハイレゾ・リリース&フリー配信、インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

忘れらんねえよ、メジャー1stミニ・アルバム『あの娘のメルアド予想する EP』配信開始&インタヴュー掲載

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

カラスは真っ白『おんそくメリーゴーランド』リリース&インタヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

自由模索クラブ『野生の馬』をHQD配信!! 未発表曲をフリー・ダウンロード配信!

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

Robert de Boron『ON THE RAINBOW』リリース & インタビュー

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

忘れらんねえよ『この高鳴りをなんと呼ぶ』発売記念 無観客LIVE レポート

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

LIVE REPORT『ビューティフルドリーマー』 リリース記念〈フラワーカンパニーズ premium live "ビューティフルドリーマー"〉

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

KAGEROがベスト・アルバム『KAGERO ZERO』をリリース!

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

fantaholic『Me, You, Synthesizer』インタビュー

この記事の編集者
鈴木 雄希

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

轟音とともに発せられる“ヤング”の叫び──ニトロデイ、初フル・アルバムをリリース

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

日本中に響き渡れ! むき出しのロックンロール! ──SFUの新作を先行&独占配信

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

HAMIDASYSTEM、次の新しい物語へ──2デイズ・ワンマン直前フリー配信実施中

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

シンプルに魅せる新世代ガレージ・ポップ──海外からも熱視線を浴びるNo Buses

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

岸田教団&THE明星ロケッツの革新、“現代”を噛み砕いた圧倒的な1枚が誕生!

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

都市型ポップ・グループ、Poor Vacationによる無国籍かつメトロポリタンな眺望

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

気鋭のカメラマンが切りとる、さまざまなodol『往来するもの』のランドスケープ

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

“ビートの王様”skillkillsがキャリア初のベスト盤をハイレゾ・リリース

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

【合評】シャムキャッツ、バラエティに富む軽やかなランドスケープ

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

在日ファンク、人間味を身につけた音楽との『再会』──2年半ぶりフル・アルバム

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

Devil ANTHEM. が歩んできた過去と、思い描く明るい未来

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

あの日彼らは“大人”になった──Sentimental boys『Festival』ツアー・ファイナル

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

最悪で最高の“彼女”たち──PARIS on the City! 新ミニ・アルバムリリース

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

爆発寸前! 魔法がかかった新境地へ! ──TENDOUJIのぶらり旅〜浅草編〜

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

バンドマンでもラッパーでもないMomって何モノ?!──初フル・アルバム配信開始

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

THE TOMBOYSがやってきたヤァ! ヤァ! ヤァ! ──新作を豪華特典付きで配信中!

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

その隠れた眼差しはどこへ向く──“時速36km”デビュー・アルバムをリリース

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

やっぱりELEKIBASSはパーティーの名人だ! ──ワンマン・ライヴ@Shibuya O-nest

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

稀代のストーリーテラーとして──【対談】Homecomings × スカート

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

期待の新人、ATGが山中さわお(the pillows)プロデュースの新作をリリース!

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

The Songbards、躍進の1枚! 最新作『The Places』をハイレゾ・リリース

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

奇妙礼太郎の表現はどこからやってくる──メジャー2ndアルバムをハイレゾで!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

モールルはドクターペッパーになりたい!?──初のセルフ・プロデュースに挑戦!

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

25周年を迎えて目指す“プロ・ミュージシャン”──新作を独占ハイレゾ配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

ベランパレードがつくりだす狂気的かつコミカルな世界──代表曲を独占配信開始

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

明るく楽しい未来のために「踊らなソンソン」──佐藤タイジ、配信限定リリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

tacica「煌々/ホワイトランド」ハイレゾ試聴会レポート&公開インタヴュー

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

Yap!!!、2作同時リリース記念対談──石毛輝(Yap!!!) × MONJOE(DATS / yahyel)

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

ソフトタッチ、11年ぶりのフル・アルバムを先行ハイレゾ配信スタート!

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

BBHF、想像を超えた新境地へ──1stアルバム『Moon Boots』全12曲解説

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

これ以上ない、E.P.としての造形美──暮らしに息づく“揺らぎ”の最新作

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

今年のフジロックではなにが起こっていた?! OTOTOY対談レポート

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (後半)

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

DÉ DÉ MOUSEが演出する“夕暮れ時のディスコ感”

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

少女たちはなぜ炎上グループ、THE BANANA MONKEYSでアイドルに? (前半)

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

「Balloon at dawnでできる表現をすべて出せた」最終作『Tide』をハイレゾ配信

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《最終回》 角田光代

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

OTOTOYフジロック・ガイド2018──平成最後のフジ、注目すべき5つのトピック

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

京都から広がる男女12人夢物語──Ribet towns初全国流通盤をハイレゾで

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編

TOP