ロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品──M-Swiftの7年ぶりの新作

ハウス・ミュージックの名門、イタリアの〈イルマ・レコード〉と契約しワールドワイド・デビューし、2000年代後半より、ハウス〜クラブ・ジャズ系のシーンにて、その才能を発揮してきた松下昇平のプロジェクト、M-Swift。2011年のアルバム『12Months』以来、実に7年ぶりにアルバム『Moving with The Changes』をリリースする。多彩なシンガーを迎え、R&B〜ソウルを基調に、ジャジーなフィーリングが心地よいスムースな作品となっている。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともにインタヴューをお届けしよう。

7年ぶりの新作をハイレゾ配信開始


M-Swift / Moving with The Changes (24bit/44.1kHz)!

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 300円(税込) / アルバム 2.300円(税込)

【収録曲】
01. Lucky star feat. Nate James
02. Time to shine feat. Lex Cameron
03. Come on up for a while feat. Lex Cameron
04. Take me away -Interlude-
05. My City feat. Natalie Oliveri
06. Tow
07. Spiritualizmic
08. Sampling Soul
09. Come rescue me feat. Vanessa Haynes
10. I want to love you feat. Natalie Oliveri
11. Eye2Eye
12. Wrap me in your love feat. Shea Soul
13. I need you here

INTERVIEW : M-Swift

精力的な12ヶ月連続リリースをまとめたアルバム『12Months』から、約7年ぶりとなったM-Swiftの新作『Moving with The Changes』。その間、完全にリリースがなかったわけではなく、CM音楽や映画の劇伴、楽曲プロデュースなどその活動の幅をさらに広げてきた7年といったところだろう。そんななかでリリースされた新作は、UKはロンドンの、アシッド・ジャズ〜クラブ・ジャズ・シーンの重鎮たるニック・コーヘンを共同プロデューサーに迎え、アルバムの大部分を彼のロンドン人脈のミュージシャン、シンガーたちと作り上げた。そのメンツは、ネオソウルの貴公子、ネイト・ジェームスから、インコグニートや元シンプリー・レッドといったベテランから、新鋭アーティストまで、そのキャリアはさまざまだが、彼らと作り上げたサウンドは前述のようにそのサウンドはスムースでメロウ、心地よい歌とグルーヴが溢れる作品となっている。7年の際月を経てリリースされた本作に関して話を訊いた。

インタヴュー・文 : 河村祐介
写真 : 大橋祐希
編集補助 : 中谷千穂

リリースまでの7年間

──今回7年ぶりに本人名義でのアルバムをリリースされましたが、7年というタイミングは何かあったのですか。

7年も! と自分でも驚いています。楽曲制作、アーティストのプロデュースなど、出会った人と音楽を紡いでいくという僕の音楽人生は相変わらず続いていたので。でもこのアルバム、この7年に関しては、新しい自分と出会う時間、そして納得がいくまでにかかった時間と言い換えて良いと思います。

──そのあいだに色々ありましたか?

変化の7年でしたね。前のアルバムを出してから7年、このアルバムを作り始めたのが2014年からだから、足掛け4年かかっていますね。遡ると、震災のあとに、手がけていた全てのプロジェクトが止まったり、当時はクラブも風営法で色々な展開があって、さらにCDからダウンロード、ストリーミングへのいう過渡期でした。そういう意味ではこの7年前というのは、目まぐるしい変化をプロデューサー目線で感じました。丁度その頃、映画のサントラの制作や、ドラマのサントラの制作、またNHKの番組のテーマ曲の制作、他のアーティストへの楽曲提供やプロデュースなどの話をいただけるようになりました。

──いわゆる自分の音楽だけではなく、さまざまな音楽表現で日々の糧をという。

震災後は、おかげさまでそういった制作で忙しくなっていました。でも、ふと、自分の作品がやりたくなる。折に触れて曲は書き溜めていんですが、なかなか形になるところまでいかなかったですね。それまでに3作、4作とフル・アルバムを出していることもあり、自分に新鮮さを全然感じなくて(笑)。

──「新作」として発表する後ろ盾となるような「これ、面白いぞ」というのが見つけられなかった、という感じでしょうか。

そうです。これ前もやったな、とか。だいたいアーティストって好きなことを順番にやっていくでしょ。同じことは繰り返したくない。そこで、ちょうど4年前の7月だったか8月に、これまでずっと制作をともにやってきたロンドンのベーシスト / プロデューサーのニックに相談したところ「そんなの当たり前だよ。いままで何作もアルバムを出していて、そう簡単には自分が新鮮に感じるアイデアは出ないよ。だったら、断片的なアイデアを持ってロンドンおいでよ。今度は作曲段階からみんなで作ればいいじゃん」ということを言ってくれたんです。それで、すっと楽になったというか、このひとことが前に歩き出すきっかけになりました。すぐに飛行機のチケットを買って、とりあえずロンドンに向かいました。それがスタートですね。

──それまではご自身でアイデアを溜めていたという感じでしょうか。

そうですね。譜面に書き留めたり、少しデモを作ってみたりとラフなスケッチでした。でも行くと決めたら、新たに40個ほどスケッチを作って飛行機に乗り込みました。

ロンドンのミュージシャンのなかでの制作

──もともとニックさんとの交友関係はどういうところからきているのでしょうか。

ニックとはですね、2004年かな。M-Swift名義で〈イルマ・レコード〉と1stアルバムの契約をしていて、それは「1年以内にアルバムを作ってね」みたいな時期。すでに予算が出ている状態で、当時日本でなかなか制作がうまく進まずだったんで、「えいやっ」という形でロンドンに潜りこんだんです。そのときにロンドンで人脈を作るのにどうしようって考えて、自宅で日本食を作ってパーティをやりました。そのときにニック出会いました。当時〈フラワー・レコーズ〉のコンピに1曲提供した曲を聞かせたら、「これ、お前の曲か、かっこいいじゃないか」と。「なんかあったらいつでも言ってくれ」という話でその日は別れたんです。だけど次の日にたまたま楽器屋でばったり、その週末に、ふらっとカムデンのジャズカフェに行くと、そこでニックがベースを弾いていてたんですよ。そのベースが素晴らしくて、思わず楽屋まで押しかけて、お願いしたところから始まりました。

──では。もう割とM-Swiftとしての活動の初期から色々一緒にやっているという感じですかね。

そうですね。これまでの3枚も、かならず登場してくる重要な人物。特に今回の4枚目は共同プロデューサーとして参加してもらっています。

──本作は、ニックの紹介で周辺のいわゆるミュージシャンと一緒にアレンジしていったというのが今回の全体像でしょうか。

そうですね。まず最初に、ライティング・セッション、曲を書くためのセッションをやろうと。ニックがそのライティング・セッションにとにかくいろんな人を呼んでくれて。ヴォーカリスト、キーボーディスト、ベーシスト、ドラマーなどなど。また直接ライヴに行ってお願いしたシンガーもいましたし、今回3曲ほど参加してくれているナタリー・オリヴェリとは、新人が歌うオープンマイクで歌っているところを捕まえて、ぜひとお願いしました。

──ライティング・セッションはどんな感じで進みましたか?

まずスタジオでは、方向性を伝えて、ラフなスケッチをバーッと聞かせていって。で、それぞれが「これかっこいい」「ちょっとこれやってみようか」とか、こういう感じでだんだん進んでいった感じです。

──その後もロンドンと行き来を?

1番最初の時に1ヶ月半くらいかけて、20数曲分のドラムも全部録れてました。あとはそこから、歌とかブラスを入れたいものは入れたりとか、それを2年、3年かけてやったんですよ。昔みたいにレコード会社のスケジュールで「ここまでに作ってください」というスタイルではなくて、参加しているみんなが納得するまで作り続けるというスタイルでやろうとニックと話しまして。ニックは「納得のいってない10枚より納得のいく1枚の方が良いんじゃないか」と。曲によって3回ドラムを録り直したりとか、色々試行錯誤をしながら、ミックス、マスタリング含めると、結局4年かかりましたね。。日本のメンバーにもダビングをお願いしたりして。ベーシックは向こうで作っているんですけど。ブラスやストリングスはこっちで録ったりとか。

──納得いくのに4年かかったってことですもんね。今回サウンドを聴くと、レイドバックした、ジャズやR&Bやソウルの要素が強いのかな、と。その辺はすばらしいヴォーカリストに出会えたというのが大きいのでしょうか。

そうですね。それもあるんですが、僕の趣味嗜好というのもあって、いまリビングで音楽を聴くときに、それほど早いBPMのものもかけないし、楽器もシンプルな構成のもの、だからソロ・ギターとかばっかり聴いているんです。それで今の自分にすごく正直なものを作ろうと思ったらテンポはだんだん落ちてきていて。心地よいもの、とやっていくとこういうスローでジャジー、ソウルなものに自然と向かっていった、という感じです。

──逆にセッションの中ではアップテンポでハウシーなものとかもあったりということですか?

一瞬ドラムンベースみたいなやつとかも、セッションの中ではあったんですけど。やっぱり最後まで完成はしなかったんですね。

──そのモードじゃなかった?

そうですね。だから、ロンドンから帰って来て、日本でお店とかでかかっている音楽を聴くと、倍のテンポでかかっているような気持ちになってしまうんです。周りの人がレゲエとかそういうものばかり聴いている人が多いので、向こうではアップテンポのものを耳にする機会が少なくて。だから、そんな気がします。

プロデューサーとしての視点の広がり

──なるほど。クレジットの方を見ていくと、ギタリストとしてご自身もかなりセッションでやられてたのかな、と思ったんですけど。その辺はやはり、ミュージシャン同士のコミュニケーションというところで自分も弾いた方が面白いみたいなところはあったんですか。

実は、今回セッションの中で、「せーの」でやった時に僕がやった曲というのはあまり無いんです。無いんですが、結構弾いているんです。それはちょっと出会いで、丁度購入したテレキャスターの音が良かった(笑)。初めて納得ができるギターに出会えた気がしています。これまでギタリストのくせに自分のギターを録るのがあまり好きではなかったんですけど、人生で初めて好きになったんです(笑)。

──例えば、この4年の間ロンドンのアーティストとお会いしていると思うんですけど、一緒にやったかたで特に印象に残った方はどなたでしょうか。

そうですね。色々ありますが、今回はやはりグルーヴに関してですかね。ドラマーには、オマーなどで活躍するダレンと、シャーデーのツアーにも参加するピート、ベースはニックや元シンプリーレッドのスティーヴが主に参加してくれています。曲を貫くビート、そして、そのグルーヴの中にチャーム、つまり「魅力」を見つけるまでずっと探し続けるんです。だから「ソウルだったらこんなパターンでしょ」というような概念が全然無くて。その曲にフィットする心地よいビートやベースラインをずっと探し続けるんです。ニックが「なんかすわりが悪いな」とか言うと「そうか。じゃあもう少しやってみよう」となって、ハマるとみんなでこれでしょ!と盛り上がる。曲によっては「あんまり考え込んでもしょうがないから次の曲やろう」とか。今回の作品は、12個のグルーヴ集とも言えると言うか、それぞれのリズムは、作っている全員が納得いくような、そんなグルーヴが出ていて、なおかつ、そのリズムにチャーミングな特徴がところがあるものを残していって形にしたという感じですね。

──M-Swiftに対して関わる点で変わったな、というところはあったりしましたか。例えば、プロデュースや様々な制作で色んな見方ができると思うので、ご自身でも気が付かない才能というか「こんなことできたんだ」とか、それがフィードバックでM-Swiftに反映されたところってあったりしますか。

技術的に言うと、いろんな制作でストリングスを書かせてもらえたり、それこそビックバンドとかレコーディングできて。だから僕自身のスキルというのも、結構上がって来ているのは感じていて。例えばドラマの制作では、半端じゃない曲数を1ヶ月で書いたりすることもあり、立ち止まれない。だからひとつのアイデアに固執せずにバーっとやってみた後に、ちょっと引いた視点で「これとこれはうまくいかないな」とか俯瞰する力もついてきましたね。

──プロデューサー視点の広がりという感じですか。

そうですね。技術的にスキルがアップしたのかなというのもあります。あとはアーティストとして成長したなという点もあります。どこかで何かが面白くなるまで待つという物の見方もできるようになりました。「今はつまんないけど、もしかしたらどこかに答えがあるかも」と寝かせるみる。ひとりでやっている時はせっかちなんですけどね。音楽を音楽の視点からだけ見るのではなく、ひとつのアートとしてどこかに面白さを見つけられないかという別の視点を持てるようになってきました。そういう成長も本作を作るのに必要な時間だったのかなと思っています。

──要は一番初めに言っていた「納得できるものができるまで、やればいいじゃん」というニックの話とご自身の性質というのがカチッと合ったというのが今回のアルバムの根幹なのかな、と今話を聞いていると思いました。

ニックの方が僕より5つくらい上なんですけど、経験も豊富ですし、色んな現場にいるから、すごく教えてもらいつつ、導いてもらいつつ。

──頼れるロンドンの兄貴的な?

まさにそうです。交渉の仕方も含めて現地でわからないことばかりな僕にいろんなことを教えてくれました。


ロンドンでのライヴ風景

僕なりにずっと追い求めてるソウルとジャズの形ができたかな

──ちなみに、月並みな質問ですが、この『Moving with The Changes』というタイトルはどこから?

アルバムを作ろうと思った当初、自分が持っていたアイデアがどれも新鮮に感じられなくて、それからニックと一緒にロンドンでみんなで作り上げられたという、今回の制作方法を考えると、やはりこれまでのやり方にこだわっていたら本作は作れなかったと思うんです。そういう話を、パブでビールを飲みながらニックと話していたら、「変化を受け入れて進んで行くのが人生だし、音楽というものはそういうもんじゃないか」と。そこで「Moving with The Changes」と彼が言ったんです。「めっちゃかっこいいこと言うな、これにしよう」と(笑)。「変化を受け入れながら、でも進んでいこうよ」という決意の表れですね。

──M-Swiftはフィーチャージャズ、ハウス的な要素があり、片方ではこれまで生楽器を中心にしたジャズのプロジェクト、24 Caratがあると思います。だけど、わりと今回はそのふたつの要素が融合したんじゃないかと。

1st、2ndを含めて、M-Swift名義でもスロウでジャジーなソウルというのは実はやっていて。だけど、僕は特定のジャンル、例えばこれはハウスだとか、ヒップホップはこれでしょというヘッズなステレオタイプなやり方が非常に苦手なタイプなんです。いろいろな音楽を吸収して屈託なく物を作っていくといのが、僕のスタイルなんです。 今作はこれまでのすべてのキャリアが凝縮された感じに仕上がりました。その熟成にかかった時間だったんです。ジャズとソウルの間を漂う音楽を自分なりの価値観で表現できました。多分、海外だとライアン・ポーターとかもそうだと思うんですけど。僕なりにずっと追い求めてるソウルとジャズの形ができたかな、と。

──なるほど。でも、このアルバムを説明する言葉としてまんまな気がします。

この7年間のアーティスト活動を含む人生の経験がすごいあって。いろんな人間関係含めて全ての経験が活きているかなという気がしています。ロンドンで僕が出会えたアーティストたちは、みんな男気があって、アーティスト作品に関しては、ニックも予算も聞かずに、音楽の話しから始めてくれる。そんなロンドンの空の下、グループのなかに入れてもらえたというのがとっても僕はラッキーだな、と思っていて。だからギターのトニー・レミーに「自分はラッキーだ」と言ったら「お前は才能があっていいやつだからで、ラッキーなだけじゃない」と言われたんです。本当に、それがまたかっこいい。そういう仲間に囲まれて作ったアルバムですね。

──楽しさが伝わってくるアルバムっていうのがすごい思います。リラックスをしていて、音楽的にも豊かで、いいものをカチッと作る、というのを感じました。

ギラついてない(笑)。

──そうですね(笑)。その気持ちよさに溢れていて素晴らしいな、と思いました。

作っている時もリラックスしていましたね。そういえばナタリーが初めてスタジオにきた時、ちょうどレコーディングをやっていたんですけど、ナタリーが可愛くて、レノックスがボソッと「チョットキレイダヨ」って言ったんですね(笑)。で、そこから歌い出すんですけど。それがそのまま面白いからってレコードに入ってるんですよ。みんな何語かわからないから「ん?」って聴いてるんですけど、よくよく聴くと「チョットキレイダヨ」と入っているんですよ。

M-Swift! / Moving with The Changes (24bit/44.1kHz)のご購入はこちらから!


【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC
【配信価格】
単曲 300円(税込) / アルバム 2,300円(税込)
【配信ページ】
https://ototoy.jp/_/default/p/113262

PROFILE

M-Swift (エム・スウィフト)

国境を越えたジーニアス『松下昇平』を中心とする音楽プロジェ クト。 ハウス / ジャズ /クロスオーバー界の実力派プロデューサー / DJ。 2007年にイタリアIRMA Recordsと契約、リリースしたアルバム「Morning Light」がワールド ワイドにフロアヒット。その後、セカンドアルバム「Evening Sun」でメジャーデビュー。2011 年アパレルブランドnano・universeとのコラボレーションでリリースされたアルバム『Sunshine of Love』はiTunesダンスチャート、またWasabeat総合チャート共に1位を獲得。 U.K.ニューソウルのボーカリスト『マーカス・ベッグ」とコラボレーションアルバムをリリースす る等の海外のアーティストからの信頼も高く、ハウス / クロスオーバーシーンのトッププロデュー サーとして確固たる地位を確立している。 遡ること2009年にはジャズプロジェクト『24-Carat』としてアルバム『Blue in Black』をリリー ス。そのジャズセンスをいかんなく発揮し、シングル曲「Cafe Bahia」はフランスJazzmin Recordsからリリースされ、ヨーロッパで著名DJのプレイリストを賑わした。 その一方で青山テルマのプロデュースや佐藤竹善のRemix、May’nや、アジアの歌姫シャリースの アレンジ、そして注目の女性Jazzシンガー松本ゆりふぁのアルバム「Blue」のフルプロデュースも 手がけるなどダンスミュージックのみならず各方面でその才能を発揮。作曲、トラックメイキン グはもちろん、ストリングス、ブラスアレンジまでこなすオールマイティーな才能として注目を集 める。 映像音楽の分野でも多数のTV番組、CM音楽への楽曲提供、映画『スマグラー』、2012年沖縄映 画祭出品作品『ワーキングホリデー』、ドラマ「だんらん」、「でたらめヒーロー」等の劇伴音 楽、ABEMA TV、NHK、TBSなどの番組音楽も担当し幅広いフィールドで実力を発揮する。 2016年NHKで放送されたRIOオリンピックの公式サウンドロゴも手がけ話題を呼んだ。また、2017年公開のディズニー映画「美女と野獣」では、プレミアム吹き替えオールスターズによる"Be our guest"のジャズアカペラアレンジを担当した。同動画は公開一ヶ月で18万アクセスを越えている。現在NHK BS1で毎日放送中のワールドスポーツMLBでは番組テーマソング担当。ジャズセクステット、さらにストリングスも交えてのアレンジで評判となっている。

>>M-Swift アーティスト・ページ

 
 

インタヴュー

ロックンロール独立リーグ、新章突入──DEATHRO、2ndアルバムを1週間先行配信 & インタヴュー掲載
・2018年07月18日・ロックンロール独立リーグ、新章突入──DEATHRO、2ndアルバムを1週間先行配信 & インタヴュー掲載 平成最後の“J-ROCK”レジスタンス、DEATHROが2016年末にリリースしたソロ1stアルバム『PROLOGUE』から1年半、待望となる2ndアルバム『NEUREBELL』をドロップ!! 前作よりも確実にパワーアップした楽曲と、多くの人が心のどこかに置いて来たビート・ロックへの恋心に再び火をつける1枚となった今作を、OTOTOYでは1週間の先行配信 & 本人へのインタヴューを掲載。ツアーをはじめ、『TOYOTA ROCK FESTIVAL』『ボロフェスタ』『SYNCHRONICITY』などのフェスやイベントにも出演し様々な変化を経た彼が今作へと込めた思いとは!? 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(配信形態 16bit/ 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 1,404円(税込) INTERVIEW : DEATHRO 神奈川県央No.1ロック・ヴォーカリストとして各地のライヴハウスをホールやスタジアムに変える男、DEATHROが、2ndアルバム『
2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!
・2018年07月18日・バンドでやることで想像を超えられる──D.A.N.新章、その土台となる2ndアルバム『Sonatine』ハイレゾ配信 1stリリース以降、各方面から評価を受け、まさに破竹の勢いでその活動の幅を広げてきたD.A.N.。先ごろも全国ツアー、そしてツアー・ファイナルとなる赤坂MYNAVI BLITZのワンマンをソールドアウトで終えたばかりだ。1st『D.A.N.』リリースから2年、そしてその先鋭的な音楽性を見せつけたミニ・アルバム『Tempest』を経て、ついに2ndアルバム『Sonatine』をここにリリースする。そのサウンドは、よりバンドとしての演奏にフォーカスしつつも、そこにはさまざまな音楽の要素が入り混じる。これもまた2018年の日本のインディ・シーンを象徴する1枚となる、ある種のカッティング・エッジな作品と言えるだろう。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、ここにインタヴューをお届けしよう。 待望の2ndアルバム、ハイレゾ独占配信D.A.N. / Sonatine(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信
by 河村 祐介
sora tob sakana メジャー1stシングルを先行配信
[POWERPUSH]・2018年07月14日・sora tob sakanaの夏、到来! TVアニメ「ハイスコアガール」OP曲のメジャー1stシングルを先行配信開始 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。TVアニメ「ハイスコアガール」のオープニングテーマを含んだメジャー1stシングル『New Stranger』が7/14から先行配信を開始。夏のはじまり、7月1日に東京国際フォーラム ホールCで行われた昼夜ワンマン・ライヴも成功に終わり、シングルのリリースとともに夏の大規模アイドルフェスに多数参加予定の彼女たちにメールインタヴューに加え、5・7・5で一筆書いてもらいました! まとめ購入者から抽選で3名様に直筆サイン入り全員集合チェキをプレゼント!sora tob sakana / New Stranger 【収録曲】 M1. New Stranger M2. silver M3. 発見【配信形態】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム価格 1296円(税込)>>通常配信パッケージはこちら☆プレゼント応募要項☆
ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品
・2018年07月11日・ロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品──M-Swiftの7年ぶりの新作 ハウス・ミュージックの名門、イタリアの〈イルマ・レコード〉と契約しワールドワイド・デビューし、2000年代後半より、ハウス〜クラブ・ジャズ系のシーンにて、その才能を発揮してきた松下昇平のプロジェクト、M-Swift。2011年のアルバム『12Months』以来、実に7年ぶりにアルバム『Moving with The Changes』をリリースする。多彩なシンガーを迎え、R&B〜ソウルを基調に、ジャジーなフィーリングが心地よいスムースな作品となっている。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともにインタヴューをお届けしよう。 7年ぶりの新作をハイレゾ配信開始M-Swift / Moving with The Changes (24bit/44.1kHz)!'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2.300円(税込)【収録曲】01. Lucky star feat. Nate James02. T
by 河村 祐介
弾き語り、トラック・メイク、会社経営!?──各所で話題を集めまくっている、眉村ちあきって一体何者!?
・2018年07月03日・弾き語り、トラック・メイク、会社経営!?──各所で話題を集めまくっている、眉村ちあきって一体何者!? 弾き語りからトラック・メイク、そして会社経営までこなし、その独自の作曲センスと高い歌唱力で各方面から注目を集めまくっている“天才シンガー・ソング・ライター・カリスマ・アイドル”、眉村ちあき。彼女が5月にタワーレコードにて限定発売した自主リリースのアルバム『Germanium』『海苔汁』『ハタチの女 オブ アメリカ』の3作(こちらもOTOTOYにて好評配信中です!)より選曲した楽曲を再レコーディングした現時点でのベスト盤ともいうべき作品『目尻から水滴3個、戻る』がOTOTOYでもハイレゾにて配信スタート! しかも! なんとOTOTOY限定のボーナス・トラックとしてTV番組『ゴッドタン』の企画「このアイドル知ってんのか!? 2018」にて即興披露した楽曲「ゲロ」の完全版が収録された特別エディション! 配信とあわせて、まだまだ謎に満ちた彼女の正体に迫るインタヴューも掲載! 眉村ちあきって、一体何者なの!? 限定発売だったアルバムが、OTOTOY限定トラック付きでハイレゾ配信!眉村ちあき / 目尻から水滴3個、戻
by 前 田
YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信
・2018年07月05日・ポップという実験──YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信 生活にすっと入ってくる美しいメロディ、そんなポップスの楽しさに満ちたアルバムだ。伝説的なスカ・バンド、デタミネーションズのメンバー、YOSSY(キーボード / ヴォーカル)とicchie(トランペット / トロンボーン)によるユニット、YOSSY LITTLE NOISE WEAVER。前作『Volcano』から約8年ぶりにニュー・アルバム『Sun and Rain』をこのたびリリースする。それぞれにハナレグミ、Caravan、Mr.Childrenをはじめ様々なアーティストのサポートなどでの活動、そして本ユニットでのライヴ活動を経て導き出された新作は、日本語詞を含めて音楽的表現としては、ある種の“歌ごころ”にフォーカスしたポップなアルバムとなった。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信とともにインタヴューを行った。 独占ハイレゾ配信YOSSY LITTLE NOISE WEAVER / Sun and Rain'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは
by 河村 祐介
アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編
・2018年07月04日・メジャーの舞台でもレッツ・パーティー!!──アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋を徹底特集! 地元川越ぶらり編 ライヴ会場だけでなくお茶の間までもダンスホールへと変身させてきた、平成最後のファンク・モンスター、BRADIO。昨年2017年に〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たした彼らが、ついに2018年7月4日(水)にメジャー1stフル・アルバム『YES』をOTOTOYでもハイレゾ・リリース。このタイミングでこそフロントマンの真行寺貴秋の言葉が聞きたい! というOTOTOY編集部の思いから、メジャーに行っても第2弾となる真行寺貴秋特集を敢行。メジャー・デビューや全国ツアー、中野サンプラザやNHKホールでのライヴ、そしてメンバーの脱退など、まさに酸いも甘いも経験した真行寺貴秋はいま何を語る!? 今回は彼の地元、川越での思い出の地をぶらりとしながら、青春時代の思い出から、今作での彼の変化まで語ってもらった。まさに真行寺貴秋を丸裸にしちゃうようなインタヴューをお楽しみください! >>真行寺貴秋特集 第1弾はこちら
by JJ
水曜日のカンパネラ、新作EP『ガラパゴス』 & 初の劇伴を担当した映画サントラをハイレゾ配信!!
・2018年06月27日・水曜日のカンパネラ、新作EP『ガラパゴス』 & 初の劇伴を担当した映画サントラをハイレゾ配信!! 2017年は日本武道館単独公演、全国ツアー、海外公演に加え、コムアイがドラマやバラエティ番組に出演、モデルとしても活躍するなど充実の1年となった水曜日のカンパネラ。アルバム『SUPERMAN』のリリース後は配信限定シングルを4曲リリースしてきましたが、2018年初のリリースとなる作品『ガラパゴス』が到着! 今作はFISHMANSなどの作品のミックスを担当してきたことなどで知られるzAkがエンジニアとして参加。これまでの水曜日のカンパネラとはまた一味違った作品に仕上がっております。また、EPと同タイミングでコムアイも出演、水曜日のカンパネラ初となる劇伴を担当した映画『猫は抱くもの』のサウンドトラック(配信限定!)も配信中。OTOTOYでは今作のリリースを記念し、5月15日(火)に行われた『ガラパゴス』公開取材の模様より、コムアイとケンモチヒデフミによる今作『ガラパゴス』の解説を掲載。過去リリースしてきたEPでは常に新たな挑戦をしてきた水曜日のカンパネラが挑む今作での新たな試みとは? CMソング「見ざる聞かざる言