18年ぶりの白昼夢──sugar plant、新作『headlights』をハイレゾ配信

左からショウヤマチナツ(Vo / Bs)、オガワシンイチ(Gt)

ショウヤマチナツとオガワシンイチによるデュオ、シュガー・プラント。なんと18年ぶりに新作『headlights』を発表する。1993年に結成され、結成当初からいちはやくUSインディー・シーンと結びつくなど世界規模で活躍してきたユニットだ。最新作でも、ある意味でその真骨頂とも言えるサウンドを展開している。サイケデリックに広がっていく音像のなかで、ショウヤマチナツの歌声が心地よく鳴り響く。そんな彼らのスタイルを踏襲しながらも、これまでポストロックや、レイヴ・カルチャー由来のチルアウトな感覚を取り込み、独自の音響感覚を取り込んでいったように、やはり現在のチルアウトな音楽の感覚を迎え入れ、アップデートされたシュガー・プラントのサウンドを展開していると言えるだろう。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともにインタヴューを掲載する。

18年ぶりの傑作をハイレゾ配信


sugar plant / headlights (24bit/48kHz)

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)

【収録曲】
01. days
02. headlights
03. north marine drive
04. I pray for you
05. dragon
06. I can't live alone
07. sea we swim
08. the son bird

INTERVIEW : sugar plant

シュガー・プラントがじつに18年ぶりとなるニュー・アルバム『headlights』を発表した。当時のUSインディに触発されてバンドを結成し、実際に北米でのツアーとレコーディングを重ねてきた彼ら。そのあまりに濃密な1990年代を経て、バンドは長きにわたって沈黙を守ることになったが、どうやらこの音沙汰なかった時期にもシュガー・プラントの音楽性は水面下でアップデートされていたようだ。それこそこの甘美なアンビエンスがいざなう恍惚としたムードは、近年のドリーム・ポップにも例えられるだろうし、ボサノヴァやジャズの意匠をまとったソングライティングは現行の北米インディとも見事に共振。端的にいって、この『headlights』という作品に懐古的なものは一切ない。2018年のインディ・ミュージックにおける最良の1枚をここに上梓したシュガー・プラントのふたりに、話を訊いた。

インタヴュー : 渡辺裕也

作り方を忘れちゃってたのかな

──久しぶりのニュー・アルバムとなりました。まずはこの18年間をすこしだけ振り返ってみたいのですが。

オガワ : 作りたいという気持ちは常にあったんですよ。ただ、いま思うと2000年頃はバンドをやっていくのがけっこう大変だったというか。それこそ30歳も過ぎたし、ちゃんとしなきゃ、じゃないですけど。でも、実際にそうしなきゃダメだったんだと思います。

──ちゃんとしなきゃ、というのは?

オガワ : まあ、生きてくってことですよね。それこそ20代の頃は本当にずっと遊んでいたし、好きなことしかやってなかったので、これからはちゃんと仕事をやりつつ音楽も作ろうよと。そう思っていたら、つい腰が重くなってしまって(笑)。それこそ2003年頃にはデモテープを作って、割とそれもいい感じだったんだけど、当時はレーベルとのタイミングが合わなかったりして、なかなか出せなかったんですよね。

──2008年には復活ライヴを開催されていましたね。

オガワ : 別に解散していたわけじゃないし、僕としては止まっているつもりもなかったんです。とはいえ、あのときはまわりがお膳立てしてくれたのもあって、字面としては再始動としたほうがいいんじゃないか、みたいな感じで話が進んでいって。

チナツ :その流れでアルバムも作るつもりだったんだよね? でも、結局そのときもできなくて。

オガワ : 作り方を忘れちゃってたのかな(笑)。というか、スタジオに入るということをしばらくやってなかったんですよね。あのときにレコーディング・スタジオに入ってれば、案外もっと早くできてたんじゃないかなって、今でもちょっと思ってるんだけど。

──これだけ間隔が空くと、きっとレコーディングのシステムや技術的な部分にも様々な変化があったのでは?

オガワ : たしかに今までのアルバムは全部アナログのマルチで作ったんですけど、2000年以降はそうもいかないだろうと思っていました。とはいえ、家には打ち込みでつくれる環境もあったし、プロトゥールズ的な流れも追えてはいたので。

──エンジニアの田中章義さんとのやりとりはいかがでしたか? それこそ田中さんは現在のインディ音楽シーンを支えているエンジニアのひとりですよね。

チナツ : すごく話の通じる人でした。でも、やっぱり感覚が若くて。

オガワ : まさに打てば響くというか。それこそ昔のエンジニアは卓の前で構えていたけど、今のエンジニアは画面のなかですごいテクニックを駆使するじゃないですか。あれはやっぱり新しい世代にしかできないことだし、ものすごく進化しているんだなと思いました。才能のある若者でしたね。だから、やっぱり今回はスタジオを押さえたってことが何よりも重要だったんじゃないかな。なんかもう、それだけだったような気がします。

チナツ : 私はその前年に自分のセカンド・ソロ(cinnabom『under the sun』)をつくっていて、それもファースト・ソロからだいたい10年ぶりのリリースだったんです。それこそ当初はシュガー・プラントの新作を先につくって、そのあとにソロをやろうと思ってたんだけど…。そういう流れもあって、私はホップ・ステップ・ジャンプでシュガー・プラントの新作に向かえたから、そこはオガワくんとちょっと違うのかもしれない。

オガワ : そうだね。とはいえ、僕も新作のことは毎日考えていたんですよ。「こういうの、作りてえなぁ」って。だから、感覚的にはそこまでブランクがある感じはしてないし、自分のなかではずっと地続きなつもりなんですよね。

──たしかに今回のアルバムには懐古的なムードがまったく感じられなくて。むしろ、近年のメロウなドリーム・ポップとかアンビエントなR&Bとも共振しているような、まさにこの時代のサウンドだと思いました。

オガワ : やっぱり「そのときの感じ」みたいなものは必ず入れたくなりますよね。そんなにたくさん新譜を聴いてたわけでもないけど、家ではずっといろんな音楽を流してるし、今の自分が聴いていて気持ちいい音楽に、作品も自然と合致していくんだなって。それは毎回つくるたびに思うことだし、やっぱり作る以上は今つくる意味があるものにしたいんですよね。

サウンドの向こう側にあるレイヴ・カルチャー

──なるほど。では、たとえば『after after hours』や『trance mellow』をリリースした96年頃は如何でしたか? あのとろけるようなサウンドは当時のどんなムードを反映したことによって生まれたのでしょう。

オガワ : その頃はトランス・パーティに毎週行ってたんだよね?

チナツ : レイヴ・カルチャーにハマッたんだよね(笑)。

オガワ : そう。でも、当時はまだレイヴとも呼ばれてなくて、今かかってる音楽が何なのか、誰もわからなかったんです(笑)。でも、そこに行くと毎週おなじやつらが300人くらい集まってるっていう、とにかく強烈な場所で。それこそ90年代のライブハウスって、ちょっと殺気立っていたというか、みんな誰とも話さないような感じだったんですけど、そのパーティではみんな握手して仲良くなるっていう(笑)。

チナツ : いまでいうパリピの原型だよね(笑)。

オガワ : で、そのパーティが終わったあとは誰かの家に流れて、そこでまた音楽を聴くっていう。

──それはトランスとはまた別モノ?

オガワ : 別ですね。それこそ自分たちが好きな音楽の中から、その時の感覚に合うやつを探していこうと。そうしていくとまたいろんな発見があって、自分のなかにある音楽がもういちど再構築されていったんです。で、この感じをバンドでやれないかなと。それで作ったのが『after after hours』。そもそもこのタイトルも「アフター・アワーズのあと」ってことですからね。

──なるほど! そういうことか。

オガワ : 実際、よく行ってたんですよ。朝6時の始発で向かって、昼に終わるようなパーティーに(笑)。要はそのアフター・アワーズから帰ってきてから聴くようなイメージですね。

──トロトロだ(笑)。

オガワ : うん、まさにそういう感じのものを作ろうと思ってました。そうなってくると、もはや「これはロックか否か」なんてことも考えなくなって。それこそ『trance mellow』では20分間のアンビエントなんかもやってたし、そういうのもバンドの表現としてアリだよなと。とはいえ、まわりでそういうことが流行ってたわけではなくて。当時のレヴューでも「おーい、どこにいくんだ?」みたいなことが書かれていましたね(笑)。

──ははは(笑)。同時に、シュガー・プラントの諸作には通底するトーンがあるような気もしているのですが。

オガワ : 確かに自分たちの好きなトーンは最初から決まってるんですよ。それこそバンドを結成した頃の僕らはヴェルヴェッド・アンダーグラウンドが好きで。そのなかでもいちばん大好きだったのが3枚目の『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド』。あれがバイブルだったんです。で、そこからヴェルヴェット・チルドレンと呼ばれる人たち、たとえばギャラクシー500とか、ヨ・ラ・テンゴ、ロウなんかをよく聴いてたんです。要は、静寂で刺していくような音楽がやりたかったんですよね。で、それがのちにスロウコアと呼ばれるものだったというか。

──なるほど。

オガワ : シュガー・プラントをずっと聴いてくれてる人は、もしかするとそういうところに一貫性を感じてくれてるんじゃないかな。で、その一貫したものがこのバンドのいいところなんだと仮定すれば、新作でそれをやるのはすごく自然なことかなって。勿論ここにはいま好きなものが反映されてるんですけどね。今回は具体的にそれを説明するのがちょっと難しいな。

チナツ : だから、今回は18年分のマイブームがすべて入ってるような感じだよね(笑)。たくさんの色が混ざりすぎて、全部グレーになっちゃったような感じというか。

オガワ : 確かに今回のアルバムは一言でいえないパターンのやつだよね(笑)。つんのめったビートにして今っぽくしたとか、そうやって時代に寄せていくやり方もあるんだろうけど、そういうことは全然やってないし、むしろこれまでの作品でもそういうことは一切やってなくて。結局は「自分たちがいまやるならこれ」ってことしかないし、それがいまのシーンにハマるのかどうかは、まったくわからないんです。でも、きっと友達は気に入ってくれるんじゃないかなって(笑)。

チナツ : うん。世界中にそういう人が散らばってる感じはするよね。それに90年代の頃から、私たちはシーンみたいなものに加わっていたわけでもなかったし。

オガワ : そうだね。当時もそこはあまり期待してなかったし、それこそ「自分たちのやりたいことは海外の方が伝わるのかな」と思ってたから。

変わりゆくシーンのなか、変わらないもの

──その頃と比べて、日本の音楽シーンの状況になにか変化は感じていますか。

オガワ : すごく良くなってると思います。というのも、僕らは1990年代にアメリカ・ツアーに行ったとき「なるほど、バンドってこういうふうにやるんだ!」と思ったんですよね。要は、どの街にもライヴできる場所が必ずあって、そういう場所をバン一台で回っていけば、何かしらのギャラは出してもらえるし、さらにそこでTシャツやCDも売れば、何とか回していけるなと。

──当時の日本ではそれが難しかった?

オガワ : ええ。それこそ東名阪を車でまわってもぜんぶ赤字とか、そういう感じでしたから。でも、今はそういうことが日本でも出来るようになってきてますよね。どんな地方にもわかってくれる人がいて、その人が経営してるちっちゃいカフェとかで普通に演奏できて、地元の人たちがそれを楽しんでくれる。それで食えるのかどうかはともかく、そういうのって1990年代にはなかったんですよ。それこそ30歳を過ぎても売れないバンドをやってるなんてこと、当時は当たり前じゃなかったから。

──でも、今は自分たちのペースで活動を続けているバンドがたくさんいますよね。それこそシュガー・プラントもこうして新作を発表したわけですし。

オガワ : ホントそうですよね。20年前に遊んでたやつらがまだやってたりするし、それこそ僕らの先輩にもいい音楽を作り続けている人がたくさんいる。というか、いまやそれが普通だし、皆それが好きだから続けてるんですよね。それって素晴らしいことだと思う。なんていうか、成熟したなって思います。

sugar plant / headlights (24bit/48kHz)のご購入はこちらから

レーベル mango knife music  発売日 2018/05/16

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC
【配信価格】
単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)
【配信ページ】
https://ototoy.jp/_/default/p/104650

LIVE INFORMATION

"headlights" Release Party 決定!
2018年6月17(日)
@下北沢THREE
OPEN 17:30 START 18:00
前売り : 2,500yen / 当日 : 3,000yen +Drink Charge
LIVE : sugar plant, CAT BOYS, group
DJs : YODA, and more

■チケットご予約は下記、アーティスト公式ホームページのライヴ・インフォメーションより
http://sugarplant.com/

PROFILE

Sugar plant

オガワシンイチ
ショウヤマチナツ

1993年に結成、インディー・バンドとして活動を開始。1995年に1stアルバム『hiding place』を日米同時リリースし、以後すべての音源は海外でもリリースされている。同年には初のアメリカ・ツアーを行い、翌1996年にはアメリカでレコーディングした曲を含むミニ・アルバム『cage of the sun』をリリースし、同年アメリカでレコーディングと二度目のツアーを行う。そこでレコーディングされた『After After Hours』ではクラブ・カルチャーからの影響を反映した斬新なサウンドでインディー・ファンだけでなくポストロックや音響派など幅広いシーンから支持され、アメリカのカレッジ・チャートで大きな評判となる。次作『trance mellow』ではよりディープなスタイルを追求しクラブ・シーンでも評判となり、この頃から野外レイヴやクラブ・イベントでのライヴが増える。1998年リリースの『happy』は前作の『trance mellow』との2枚組でアメリカ発売となり、3度目のUSツアーを行う。2000年エンジニアにDry & Heavy、Little Tempoの内田直之をむかえたアルバム『dryfruit』をリリース、2002年にはドイツ盤も発売された。2002年には松本大洋原作の映画『ピンポン』のサントラに「rise」が収録され話題となる。以後、マイペースにライブ活動を継続し2018年ついに18年ぶりのアルバム『headlights』が発売となる。

Galaxie500やYo La TengoなどのUSインディーに大きな影響受けたロック・バンドとして活動を開始、当初からはっきりと海外志向があり実際すべての音源が海外リリースとなっている。3度にわたるアメリカ・ツアーではSilver ApplesやLow、Yo La Tengoなどとの共演も経験し当時まだ人気のあったカレッジ・チャートでは大きな評判となった。
90年代中旬、日本のクラブ・シーンの黎明期をメンバーがその中心で体験したことによりバンドのサウンドもより広がりを見せ、ポスト・ロックや音響派の先駆けとしても評価は高い。

>>sugar plant アーティスト・ページ

 
 

インタヴュー

ゆるめるモ! プロデューサー田家大知が語る、5年目以降の課題とは?
・2018年06月22日・ゆるめるモ! プロデューサー田家大知が語る、5年目以降の課題とは? そして無料で全国に講演へ伺います! 4人組ガールズ・ニューウェーブ・グループ、ゆるめるモ! が、結成から5周年を迎えた。そして、その集大成となる初のベスト・アルバム『音楽よ回れ!! MUSIC GO ROUND ~ゆるベスト!~』と、シングル『HIPPY MONDAYS EP』を2018年5月9日(水)に同時リリース。同2作品を提げ、リリース・ツアー真っ最中のゆるめるモ! のプロデューサー田家大知にインタヴューを敢行した。これまでの5年間を振り返り、ゆるめるモ!のこれからについて語ってもらった。そして、「もっとゆるめるモ! を広げたい!」という熱い想いから生まれた番外編スピンオフ・イベント〈ゆるめるモ! の音楽よもっと回れ!!~たけPのどこでも行くよ!~〉開催も決定! そちらもあわせてチェックを! 初のベスト・アルバムをハイレゾ配信中ゆるめるモ! / 音楽よ回れ!! MUSIC GO ROUND ~ゆるベスト!~'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(配信形態 24bit/ 48kHz) / AAC>>> ハイレゾとは?'【配信価格】単
by 西澤 裕郎
田んぼ、ベルリン、生活、そして天体──オオヤユウスケ(Polaris)×Bose(スチャダラパー)
・2018年06月20日・田んぼ、ベルリン、生活、そして『天体』──【対談】オオヤユウスケ(Polaris) × Bose(スチャダラパー) オオヤユウスケと柏原譲(Fishmans / So many tears)によるロック・バンド、Polarisが、前作『Music』から、実に3年4ヶ月ぶりとなるフル・アルバム『天体』をリリースした。OTOTOYでは今作をリリース日の2018年6月20日から1ヶ月間、独占ハイレゾ配信を実施します! Polarisサウンドを聴くなら絶対ハイレゾがオススメ! ぜひ作り込まれたそのサウンドを細部までお楽しみください。そしてこのリリースにあたり、Polarisのフロントマン、オオヤユウスケの指名によって、スチャダラパーのBoseとの対談が実現! 彼らがなにを考えて、この社会を生きているのか。2人の考え方に迫った対談をお届けします。 3年4ヶ月ぶりのフル・アルバムを期間限定独占ハイレゾ配信! Polaris / 天体'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2,200円(税込)【収録曲】1.
by 鈴木 雄希
祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?
・2018年06月19日・祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド大集合座談会──20周年に向けてどんな色をつける?? ポップスをこよなく愛し、ELEKIBASSやワンダフルボーイズが所属する〈WaikikiRecord〉が19周年を迎える!!! 今回は2018年7月16日(月)、TSUTAYA O-NESTにて開催される、19周年記念イベント〈WaikikiRecord 19th ANNIVERSARY PARTY-Guaranteed to Make You Feel Good!-〉の開催にあたり、出演バンドであるELEKIBASS、ワンダフルボーイズ、空中カメラ、PARIS on the city! のそれぞれのフロントマンに集まっていただき、座談会を開催。またこの座談会の掲載にあたり、各バンド1曲ずつのフリー・コンピも期間限定で配信開始! これを機会にぜひ〈WaikikiRecord〉所属バンドの音楽に触れてみよう! イベント開催を記念してのフリー配信も実施中! WaikikiRecord 19th ANNIVERSARY PARTY-Guaranteed to Make You Feel Good!-'【配
by ?
“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)
・2018年06月13日・なぜ音楽で涙腺を刺激することができるのか──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー) 等身大でありながら力強い歌詞、そして繊細でありながら破壊力抜群なサウンドでリスナーを魅了するロック・バンド、paionia。2008年の結成から10年の時を経て、2018年6月13日に初の1stフル・アルバム『白書』を配信開始した。今回OTOTOYではこれまでpaioniaともライヴで多くの共演を果たし、彼らの音楽のファンであると公言するリーガルリリーのたかはしほのかを迎えて対談を掲載する。paioniaの音楽を聴いて、涙を流したというたかはしほのかが語るpaioniaの魅力とは。高橋勇成が語るリーガルリリーの音楽が心を打つ理由とは。そして彼らがなぜ歌を歌うのか、聴いたものの心に響く歌を作り続ける彼らの対談をおたのしみください。 10年目にリリースされる1stフル・アルバムを配信開始 paionia / 白書'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 150円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】''1. バックホーン2. 田舎で
by ?
「ひがみソングの女王」関取花、新アルバムを配信開始
・2018年06月13日・あの日の“きらめき”や“ときめき”をそのままに──「ひがみソングの女王」関取花、新アルバムを配信開始 “ひがみソングの女王”として多くのメディアに出演し、注目を集めるシンガー・ソングライター、関取花が2018年6月13日(水)に新アルバム『ただの思い出にならないように』をリリースする。LUCKY TAPES、おかもとえみ(フレンズ他)栗原正己&川口義之(栗コーダーカルテット)、田中佑司(bonobosほか)、神谷洵平(赤い靴ほか)など、多彩なゲストが参加した今作をOTOTOYでも配信スタートしました。“あの頃のきらめき”や“あの時の感情”をそのままに詰め込まれた今作を掘り下げるべく、関取花へのインタヴューを行なった。 多彩なゲストも参加した新アルバム 関取花 / ただの思い出にならないように'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】1. 蛍2. しんきんガール3. 親知らず4. オールライト5. バイバイ6. 動けない7. 朝8. あの子はいいな9.
1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!
・2018年06月08日・1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?! 竹内サティフォと斉藤伸也による、スーパー J-POPユニット、ONIGAWARA。1stアルバム『エビバディOK?』をリリースし、全国デビューを果たし、ペンライト・シングルやインスタントカメラ・シングル、写真集シングルなどどいった変わり種シングルをリリースしてきた彼ら。そんなONIGAWARAが、2018年6月8日(金)に“1stオニアルバム”『GAWARA!』という、一見ハチャメチャなアルバムをリリース! リリースに合わせて今作『GAWARA!』を、OTOTOYにて1ヶ月間の期間限定独占ハイレゾ配信でお届け。今回先行シングルであり、収録曲の「ナンバーワンちゃん」にちなんで、犬カフェ『肉球のきもち』さんで取材を敢行。ONIGAWARAのふたりとワンちゃんによるキュートな写真も要チェックです! 約1年3ヶ月ぶりとなるニューアルバムを期間限定独占ハイレゾ配信 ONIGAWARA / GAWARA!'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価
by 岡本 貴之
音楽業界の“過渡期”、2018年をどう進む? ──鈴木竜馬(unBORDE代表) × 竹中直純(OTOTOY代表)
・2018年06月01日・音楽業界の“過渡期”、2018年をどう進む? ──鈴木竜馬(unBORDE代表) × 竹中直純(OTOTOY代表) 2018年5月、ワーナーミュージックとOTOTOYで契約を結び、〈ワーナーミュージック〉全タイトルの配信が順次開始されています。今回、音楽評論家の小野島大を司会進行に迎え、〈ワーナーミュージック〉内レーベルの〈unBORDE〉オーナーの鈴木竜馬と、OTOTOYの代表である竹中直純のトーク・セッションを敢行。Apple MusicやSpotifyなどのサブスクリプション・サービスが音楽配信の主流となりつつある過渡期とも言えるいま、これからの音楽産業はどうなっていくのでしょう。 「時代感」と「エッジ」というテーマで、神聖かまってちゃん、きゃりーぱみゅぱみゅ、WANIMA、tofubeatsなどなど、ジャンルや型にはまらないアーティストたちを発信する〈unBORDE〉のレーベル・オーナー、鈴木竜馬、もともとはプログラマーであるものの、音楽への想いからダウンロード型配信ストアを作り、現在も維持しているOTOTOY代表、竹中直純。そして音楽評論家としてもリスナーとしても音楽配信の黎明期から体験してきた小
by 小野島 大
2018年東京、僕らは今も遊び続ける──【対談】今里(STRUGGLE FOR PRIDE) × 谷ぐち順(LessThanTV)
[PICKUP]・2018年05月25日・2018年東京、僕らは今も遊び続ける──今里(STRUGGLE FOR PRIDE) × 谷ぐち順(LessThanTV) 圧倒的なサウンドとパフォーマンスで存在感を示し続けるバンド、STRUGGLE FOR PRIDE。2006年にリリースした1stアルバムから実に12年ぶりとなる2ndアルバム『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』を完成させた。彼らのオリジナル楽曲はもちろん、EGO-WRAPPIN’の中納良恵をヴォーカルに迎えたベニー・シングスのカバー「MAKE A RAINBOW」や、過去作にも共演を果たしているカヒミ・カリィをヴォーカルに迎えたザ・ブルーザーズのカバー(原曲はビリー・ジョエル)「YOU MAY BE RIGHT」をはじめ、FEBB、BUSHMIND、小西康陽、杉村ルイ、OHAYO MOUNTAIN ROAD、DRUNK BIRDS、DJ HIGHSCHOOL、ECDといった彼らにしか集められないであろう多彩な客演陣が参加している。まさに2018年の東京を象徴する1枚。OTOTOYでは本リリースを記念し、彼らにとって初の音源『...Hold Fast Affl