斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回──“Type Beat”文化について

DJ CHARI & DJ TATSUKI『THE FIRST』

GWもあけ、5月も半ば! 第16回目となる「パンチライン・オブ・ザ・マンス」今月もいきますよ! 先月は初の映画特集ということで、神奈川県大和市を舞台にした映画『大和(カリフォルニア)』をピックアップしました。今月は、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化を紹介します。いつもより内容濃いめでお届けです!

>>先月号、第15回はこちら

第16回 “Type Beat”文化について

ちょっと今回は変則的な導入から。時々YouTube等で“Type Beat”とタイトルに入った動画を見かけませんか。

これらの楽曲はお金を払い、使用の際には製作者のクレジットを明記すれば、曲中の音のタグを抜いたデータが使用できます。大抵は学生でも手が届く値段なので、若いアーティストを中心にこうした“Type Beat”文化は急速に広まりました。事実として“Type Beat”から生まれたヒットは多く、Desiigner「Panda」は元々「Meek Mill—Ace Hood “Type Beat”」として売っていたものと、プロデューサーのMenaceはインタヴューに答えています。他にもBryson Tiller「Don't」Young M.A「Ooouuu」のトラックだって元々はネットでの売り物。笑い話のようですがA$AP Rockyは「A$AP Rocky Type Beat」と検索して「Fine Whine」のビートを見つけたと語っています。ちなみに国内で言えば「Cho Wavy De Gommenne」のビートは今でも2ドルで売られています。


“SEGA” - Goldlink x Smino x Chance the rapper Type Beat

SoundClickBeatStarsに代表されるロイヤリティ・フリーの楽曲を販売するサイトをディグってみてください。質が高すぎて革命的ですらあると自分は思います。加えて、タイトルに有名アーティストの名前を含める“Type Beat”というアイデアが斬新。探す側にとってサブ・ジャンル名などのタグ付けよりも、確実かつ早く求めるタイプのビートを探す事ができます。駆け出しのアーティストにとって大きな助けになるこのシステム。ネットで誰でも作品を発表できる現代にフィットしています。かつては、オリジナルの楽曲が欲しければビートメイカーと知り合いになるか、自分でビートメイクするかの二択でした。そうなると現実的に楽曲の質には拘っていられませんが、その妥協点を過去のものにしました。個人的にはアーティストだけでなく、広告デザインやゲーム製作、YouTube動画など他分野にも取り入れられる事を願います。

この流れを存分に取り入れたのが今月リリースとなったDJ CHARI&DJ TATSUKIによる『The First』。勢いのある若手達を全国から集め、今までに無い組み合わせを試み、それにマッチするビートを探して提供して1枚のアルバムを仕上げました。これが出来るのは、2010年代前半から現場を盛り上げまくってきたプロップスと、過去のプロデュースの成功があってこそ。


『The First』に加えて紹介したいのは最近リリースされたWeny Dacillo「Dance Floor feat.SAKURA」。この曲はDJ CHARI&DJ TATSUKIの名前をプロデューサーとして広く知らしめた「ビッチと会う(feat. Weny Dacillo, Pablo Blasta & JP THE WAVY)」とセットで聴くと歌詞にシンクロする部分が多く、まるでとある1夜を描写しているかのようです。例えばSAKURAの「視線浴びるTwerkライカRihanna」という歌詞は、Pablo Blastaの「まるでRihanna」と否が応でも繋がる、WAVYの「Weny、ビッチに酒買って飲んでる」とSAKURAの「おいしいシャンパン誘われバーカン」もリンクしていて想像を掻き立ててくれる。他にもこの2曲には沢山の繋がりが発見できますので、想像力を働かせて吟味してみて下さい。おじさん三十路過ぎたけどあの子に後ろ髪引かれるその心、わかる。『The First』のCDブックレットには楽曲製作者の名前が明記されているので、お気に入りの曲のプロデューサーを調べてるのも楽しいと思います。


Feel (feat. IO, 唾奇 & Yo-Sea) / DJ CHARI & DJ TATSUKI

次に紹介するのが、Febbが最初に名前を知られる事となったSPERB、C.J.CAL、DJ SCARFACEとのグループ、Cracks Brothersによる『03』です。『03』…こんなにシンプルに東京を表せます? この2桁の数字だけで彼らの感覚の鋭さやクールさ、東京の無機質さやドライさすら勝手に感じてしまう俺は、冷静なレビューができません。「DOWN WIT US」はトラックもFebbなだけでなく、Febbのラップの入り方がFebbらしい。硬派で、渋くて、派手な上に鋭い。トラディショナルなサンプリングを基調にしながらも攻めたドラムの打ち方は『L.O.C -Talkin’ About Money-』を思い起こさせます。他にも「SILENT TREATMENT」や「DANCE IN AN ANGEL」のように、都会の夜が似合いそうなドラムの上に、温かみの溢れるソウルを引っ張って来るのもFebbの得意とするスタイル。キックをノイジーなまでに歪ませてから戻すアウトロが超カッコいい「NATION IS LINK」などもお勧めです。もっとFebbの実験的なサウンドを楽しみたいならインスト集『BEATS & SUPPLY 2』もどうぞ。こちらはAraabMuzik『Electronic Dream』を思わせる「Dream」や、8bitサウンドを使った「Told」など、Febbのラップ・アルバムでは聴けなそうなビートが多く収録されています。もちろん、大ネタをサンプリングした曲も多く収録され、ヘッズとしては喜ばしい限り。上の2枚は5/23にリリース予定です。彼はもう新しく音楽を産む事は無いけど、まだ彼の未発表音源が残っている事を期待しています。

おっと、原稿を書いている最中にこんな音源もSNSで回ってきました。


Febb as Young Mason - SLAY (Prod. Chaki Zulu)

Chaki ZuluとFebbの組み合わせはもっと聴きたかった。本当にFebbのラップは誰と組んでもその個性が際立ちますね。

さて、話を最後に“Type Beat”に戻します。散々褒め称えた“Type Beat”の文化ですが、誰もが無意識に感じる弱点があります。それは“**Type”と銘打つ限り、楽曲のオリジナリティが犠牲になる事です。現実的にカッコいい音楽かどうかを判断する上で、誰が作ったかなんて不問です。それに“Type Beat”が没個性的だとしても、それを個性的な曲に仕上げるアーティストだって沢山居ます。

ただ、TypeBeatに頼りすぎるアーティストには少しだけ違和感が無いでしょうか。少し前に公開されたGeniusの記事"How “Type Beats” Have Changed Hip-Hop Production(“Type Beats”はいかにヒップホップの制作を変えたか)"では、“Type Beat”を使って有名になったBryson Tillerによる「For However Long」のリリックと、本人による歌詞の注釈を紹介しています。

Running through 'em, looking for a down bitch.
It's like looking for them hitters on SoundClick.
Hoping someone else ain't already killed it.
Wait up, for real, you exclusive? I found it.

「ビッチ達を掻き分け、ヤレる女を探す。それはSoundClickで曲を探すようなもんさ。既に誰かのものになってない事を願って探す。待てよお前、エクスクルーシヴって。その曲はSoundClickにあるよ」

この歌詞を本人はこう解説しています。

「「Don't」を最後に今後SoundClickのお世話になる事は無くなった。このウェブサイトを使わなくても良くなった事を神に感謝するよ。ここに至るまでは大変なことだし、俺の言ってる事は皆が理解してくれると思う。君は「Damn,このビートが誰かに獲られてませんように!これは俺が使うんだ!」ってな感じだ。特にビートが高くて買えない時なんか、プロデューサーに「このビートはタダでいいよ」と言われるくらいに自分を見せつける事ができたら、と思ったりね。女性に対しても同じ事さ。君は誰とでも出かけちゃうような人は探してないんだ。」

余談ですが、「Don't」でヒットしたBryson Tillerは、J-Louisという波打つサブ・キックと綺麗なメロディーが特徴的なプロデューサーをオフィシャルDJに迎えました。個人的にはJ-Louisは2014年頃から今に至るまで、世界で最もセクシーなトラップを作る人だと思います。

最後にGeniusの記事は“Type Beat”文化が生み出したヒットやアーティストを称えながらも、“Type Beat”プロデューサーの将来について以下のように語っています。”彼らには3つの将来が待ち構えている。「Panda」を作ったMenaceのように有名プロデューサーの仲間入り果たす事。もしくはその対極で、永遠と無個性なビートを生み続ける存在になる事。3つめはその中間で、時折ヒットに恵まれるも、“Type Beat”の世界からは脱却できないキャリアだ(意訳) 。

自分はここでもう一つのキャリアとして、Boonie Mayfieldの例を挙げます。彼は約10年前、MPC1000を使った動画で注目を集めました。その後もオーセンティックなセンスと技術が急速に成長してゆく様子をアップし続け、徐々にファンを集めました。


Boon Doc on MPC Pt.1 (2007)

次第に彼はサンプラーやMIDIキーボードだけでなく、ギターやローズのキーボードを演奏するようになり、他には無い深みと個性が宿るようになります。ちなみに2009年頃、彼は自身のビートをオンライン上で販売しますがタイトルに「Jay-Z would kill this shit」のように有名ラッパーの名前を取り込んでいました。今思えば“Type Beat”の先駆けです。


Boonie Mayfield - Don't Playay (The Mile Hi Swing)

現在の彼は楽曲を売るだけでなく、自身が演奏する音楽をサンプリング・ネタとしてプロデューサー向けに販売しています。(ビートメイク全般のハウツーを紹介するMASCHINE MASTERSにて)また、楽曲製作の様子をドキュメンタリーとして動画にしたり、ショート・フィルムを製作するなど、多岐に才能と個性を活かした活動をしています。


Making LoFi Boom Bap Beats Using Maschine MK3 | Boonie Mayfield Royalty Free Samples

今をピーク時の人気と比べたら、彼は少し落ち着いてしまったのかもしれない。だけど、ファンを楽しませ続けるにも、シーンでアーティスト達からリスペクトを得る存在であり続ける為にも、一番大事なのは個性なのかなと考えさせてくれます。それとも将来“Type Beat”という言葉が無くても楽曲が売れるようになれば、状況は変わるのかな?

RECOMMEND

今回紹介したCracks Brothers『03』

レーベル Cracks Brothers.co,Ltd  発売日 2018/05/23

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


同時発売となるFebb未発表ビート集『BEATS & SUPPLY 2』

レーベル TROOP RECORDS  発売日 2018/05/23

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


※両作品ともに5/23(水)より試聴可能および配信開始となります

「パンチライン・オブ・ザ・マンス」バック・ナンバー

第15回 初の映画特集! 『大和(カリフォルニア)』
https://ototoy.jp/feature/2018041901

第14回 今話題を呼ぶ、6ix9ineって何者!?
https://ototoy.jp/feature/2018031001/

第13回 未知なる魅力を持つシンガー・MALIYA
https://ototoy.jp/feature/2018021301

第12回 LAの注目シンガー・Malia
https://ototoy.jp/feature/2018011002/

第11回 斎井直史的2017年度総括
https://ototoy.jp/feature/2017121201/

第10回 KOJOE 『here』
https://ototoy.jp/feature/2017111501

第9回 PUNPEE 『MODERN TIMES』
https://ototoy.jp/feature/2017101103

第8回 GRADIS NICE & YOUNG MAS 『L.O.C -Talkin About Money- 』
https://ototoy.jp/feature/2017091102/

第7回 夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書
https://ototoy.jp/feature/2017081001/

第6回 気持ちのいい夏の始まりのイメトレに適した3枚
https://ototoy.jp/feature/2017071001/

第5回 JP THE WAVYとGoldlink
https://ototoy.jp/feature/2017061001/

第4回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」
https://ototoy.jp/feature/2017051101/

第3回 Febb's 7 Remarkable Punchlines
https://ototoy.jp/feature/2017041001/

第2回 JJJ『HIKARI』
https://ototoy.jp/feature/2017031001/

第1回 SuchmosとMigos
https://ototoy.jp/feature/2017021001/

連載「INTERSECTION」バック・ナンバー

Vol.6 哀愁あるラップ、東京下町・北千住のムードメーカーpiz?
https://ototoy.jp/feature/2015090208

Vol.5 千葉県柏市出身の2MCのHIPHOPデュオ、GAMEBOYS
https://ototoy.jp/feature/2015073000

Vol.4 LA在住のフューチャー・ソウルなトラックメイカー、starRo
https://ototoy.jp/feature/20150628

Vol.3 東京の湿っぽい地下室がよく似合う突然変異、ZOMG
https://ototoy.jp/feature/2015022605

Vol.2 ロサンゼルスの新鋭レーベル、Soulection
https://ototoy.jp/feature/2014121306

Vol.1 ガチンコ連載「Intersection」始動!! 第1弾特集アーティストは、MUTA
https://ototoy.jp/feature/20140413

o

 
 

連載

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)
・2018年05月18日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第8回》高橋靖子 INTERVIEW : 高橋靖子(フリー・スタイリスト)忌野清志郎といえば、ステージやテレビ番組、CM出演時のド派手なファッションがすぐに目に浮かぶ。そんな清志郎の衣装スタイリングを手掛けた中のひとりが、今回ご登場いただく高橋靖子さんだ。1960年代からフリーランスで活動をはじめ、日本のスタイリストの草分け的存在として、デヴィッド・ボウイら数々のロック・アーティストのステージ衣装のスタイリングを手掛けてきた“ヤッコさん”こと高橋さんから見た普段の忌野清志郎は、とてもシャイで純粋な人物だったようだ。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 清志郎さんはとてもシャイな方でした──高橋さんはみなさんに「ヤッコさん」と呼ばれていらっしゃるそうですが、私たちもヤッコさんと呼ばせていただいていいですか? 高橋 : もちろんです、そうしてもらった方がうれしい(笑)。 ──ありがとうございます! では最初にご紹介させていただきますが、ヤッコさんは
by 岡本 貴之
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode51 モモコグミカンパニー「これからはメンバー1人ひとりが自分で頑張らなきゃいけない」
[BISH]・2018年05月16日・【BiSH】Epsode51 モモコグミカンパニー「これからはメンバー1人ひとりが自分で頑張らなきゃいけない」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第6回は、モモコグミカンパニーの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track Lis
by JJ
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回
[CLOSEUP]・2018年05月15日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第16回──“Type Beat”文化について GWもあけ、5月も半ば! 第16回目となる「パンチライン・オブ・ザ・マンス」今月もいきますよ! 先月は初の映画特集ということで、神奈川県大和市を舞台にした映画『大和(カリフォルニア)』をピックアップしました。今月は、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化を紹介します。いつもより内容濃いめでお届けです! >>先月号、第15回はこちら 第16回 “Type Beat”文化について ちょっと今回は変則的な導入から。時々YouTube等で“Type Beat”とタイトルに入った動画を見かけませんか。 これらの楽曲はお金を払い、使用の際には製作者のクレジットを明記すれば、曲中の音のタグを抜いたデータが使用できます。大抵は学生でも手が届く値段なので、若いアーティストを中心にこうした“Type Beat”文化は急速に広まりました。事実として“Type Beat”から生まれたヒットは多く、Desiigner「Panda」は元々「Meek Mill—Ace Hood “Type Beat”」として
by 斎井 直史
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode50 リンリン「横アリでのライヴは数年経ってもすぐ思い浮かべられるような1日にしたい」
[BISH]・2018年05月04日・【BiSH】Epsode50 リンリン「横アリでのライヴは数年経ってもすぐ思い浮かべられるような1日にしたい」 2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコン・デイリーチャート1位獲得、大阪 / 東京でのゲリラ・ライヴの開催、ミュージックステーションへの初登場など、大きな話題になっている"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。現在、全国12ヶ所16公演で開催される〈BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR〉を巡っており、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を開催する彼女たちが3月28日にメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』をリリース。OTOTOYでは、7周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第5回は、リンリンの声をお届け。 BiSHのメジャー3rdシングルをハイレゾ配信中BiSH / PAiNT it BLACK'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 700円【Track List】''1.
by JJ
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと)
・2018年05月02日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第7回》 のん(女優 創作あーちすと) INTERVIEW : のん(女優 創作あーちすと) 連載第7回にご登場いただくのは、女優 創作あーちすと、として大活躍中の「のん」。2017年に音楽レーベル〈KAIWA(RE)CORD〉を立ち上げ、8月6日に開催された〈WORLD HAPPINESS 2017〉に出演したことを皮切りに音楽活動を本格させてきた彼女が、2018年5月9日(水)に待望の1stアルバム『スーパーヒーローズ』を発表する。そのリード曲として5月2日(水)にアナログ・配信限定で先行リリースされるのが「わたしはベイベー」だ。矢野顕子作詞・作曲により生まれた同曲のモチーフはズバリ、「忌野清志郎」。かねてから清志郎ファンとして知られ、この連載のタイトルでもあるRCサクセションの楽曲「I LIKE YOU」をカヴァーしているのんに、清志郎の魅力を語ってもらった。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys アルバムからリード曲を先行配信中 のん /
by 岡本 貴之
【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第3回 寺口夏花が神﨑風花に訊く
[POWERPUSH]・2018年05月02日・【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第4回 神﨑風花が山崎愛に訊く 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。メジャー1stEP『alight ep』のリリース日、5月16日(水)まであと2週間となった本日5月2日に、EPから2曲を通常・ハイレゾ音質ともに先行配信がスタート。OTOTOYではこの先行配信に加え、sora tob sakanaの世界を知るにはかかせない旧譜4タイトルを5月31日までの期間限定で30%オフでお求めいただけます。 そして、メンバー間インタヴューの4回目は神﨑風花が山崎愛にインタヴューしました。好きな食べ物、とある外国のこと、そしてグループのことまで縦横無尽なふたりの会話をお楽しみください。 M1.M2の2曲を先行配信中!sora tob sakana / alight ep 【収録曲】 M1. Lightpool (先行配信中) M2. 鋭角な日常 (先行配信中) M3. 秘密 M4. Brand New Blue M5. 蜃気楼の国 M6. Lighthouse 【配信形態】24bit/48
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》 山本キヨシ
・2018年04月20日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第6回》山本キヨシ INTERVIEW : 山本キヨシ(アムリタ・カスタム・ギターズ 店長)1980年代後半、日本のロック界で確固たる地位を築いていたRCサクセション、忌野清志郎。その存在に憧れて音楽業界へと足を踏み入れた者も多かった。今回ご登場いただく山本キヨシさんも、そのひとりだ。現在は渋谷でカスタム・ギター・ショップ「アムリタ・カスタム・ギターズ」の店長を務めつつ、数々のライヴにも携わっている山本さんは、楽器担当スタッフとして忌野清志郎のライヴ、レコーディングには欠かせない存在であり、清志郎のステージのハイライトであった「マントショー」でも活躍したことで知られている。晩年まで最も清志郎の近くにいた人物の1人である彼が語る数々のエピソードからは、音楽家としても人間としても魅力的な忌野清志郎の姿が見えてくる。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys ※文中、作品の括弧内はオリジナル発売日 みんなに対してフラットだったというか、そういう部分が最高に
by 岡本 貴之
連載『D.A.N.の新譜放談』第5回:祝、2ndアルバム・リリース決定!
[D.A.N.]・2018年05月11日・帰ってきた『D.A.N.の新譜放談』第5回 : 2ndアルバム・リリース決定! 2017年後半から2018年の動きをゆるっと ということでひさびさになってしまいましたが、あーだこーだ新譜を聴きながらしゃべるD.A.N.の、音楽しゃべり場な連載『D.A.N.の新譜放談』が帰ってきました! と、なんと本日5月11日に記念すべき2ndアルバム『Sonatine』の7月18日のリリースが発表されました。一足お先に聴かせていただいたんですが、これがまたね〜すごい作品になっておりますよ〜。ということで、今回はほんの少し前、そんな2ndアルバム制作中に取材したインタヴュー&ちょっと新譜放談を公開です。2017年の後半を振り返りつつなインタヴューになりました。先行シングルとなる『Chance』も配信中ですぞ〜。また、リリース日にあたる7月18日には〈WWWX〉でD.A.N.の自主企画〈Timeless #3〉の開催も決定! さらには去年に引き続きのUKツアー、さらには中国などのツアーも。あ、忘れてはなりません、本日から国内のツアーも京都から開始です。もうどうなっちゃうのあなたたち! 『Chance / Replica』ハ
by 河村 祐介
筆者について
斎井 直史 (斎井 直史)

音楽業界をおもしろくしようとOTOTOYに詰め寄ったところ、今では色々調教されて悦んでいる。大学生活をキック・ボクシングに投げ打った反動で、今、文科系男子への衝動がと・ま・ら・な・い!ヒップホップが好きです。ニュートラルに音楽を捉えて、「一般ピープル視点を失いたくない!」と思ってる一般ピープル。