【EMPiRE】Epsode8 MiKiNA EMPiRE インタヴュー「異物として風穴を開けていきたい」

MiKiNA EMPiRE

BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。2018年4月11日にリリースされた1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』は、カセットテープにも関わらずオリコンデイリー4位、週間7位を獲得。2018年5月1日(火)には新メンバー2人を加え、満員のマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンが行われた。前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiREの新メンバー初インタヴューを2回に渡り掲載。後半となる今回はMiKiNA EMPiREの言葉をお届けする。

EMPiREのデビュー・アルバムをハイレゾ配信

EMPiRE / THE EMPiRE STRiKES START!!

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC
【価格】
単曲 540円(税込) / まとめ 1,500円(税込)

【収録曲】
1. FOR EXAMPLE??
2. Buttocks beat! beat!
3. Black to the dreamlight
4. MAD LOVE
5. Don't tell me why
6. TOKYO MOONLiGHT
7. EMPiRE is COMiNG
8. デッドバディ
9. LiTTLE BOY
10. コノ世界ノ片隅デ
11. アカルイミライ


EMPiRE / FOR EXAMPLE ?? [NEXT EDiTiON]<OFFiCiAL ViDEO>


INTERVIEW : MiKiNA EMPiRE

2018年3月12〜18日にかけて開催された合宿型合同オーディション「WACK合同オーディション2018」。24名の候補生とともに、早朝マラソンやダンス審査を行い、MiKiNA EMPiREは見事EMPiREへの合格の切符を手にいれた。オーディションに参加したきっかけは、BiSHの幕張メッセでのワンマン・ライヴを観たこと。「同じ世代の女の子が、こんなに濃い毎日を過ごしているのがすごいなと思って悔しかった」というMiKiNAは、「必死でがんばれない人生」をどのようにして変え、EMPiREに加入することとなったのか。初めての単独インタヴューを行なった。

取材&文 : 西澤裕郎
写真 : 外林健太

人間のことがわかんなくなっちゃった

──MiKiNAさんは、マイナビBLITZ赤坂で行われた初ワンマンのMCで、「必死でがんばれない人生を送ってきた」と言っていました。どのような家庭環境で育ってきたんでしょう?

MiKiNA EMPiRE(以下、MiKiNA) : 親が結構放任主義だったんですけど、お姉ちゃんは周りの期待に対して努力をして結果を出す人、弟はすごく可愛がられるような人だったんです。真ん中の私は何かに熱中することがなくて、お母さんから料理や掃除、スポチャン(スポーツチャンバラ)をやらされたり、作文を書かされたりしたんですけど全然ハマらなくて。小学校6年生で始めたドラムが初めて続いたものでした。

──どういうきっかけでドラムを始めようと思ったんですか?

MiKiNA : 小学校のときの授業で、音楽の先生がドラムを叩いて見せてくれたのが格好よかったんです。それを見てからは、休み時間のたびに音楽室に通って経験者の友達に教えてもらっていました。そのあと、たまたま見つけたドラム教室に入って、最近までずっと続けていました。ドラムだけは自主的にやっていましたね。

──勉強はできたほうですか?

MiKiNA : やればできるというか、記憶力が悪くはないので興味があるものだったら点数も取れました。テスト当日の朝、「助けて!」って言って友達にノートを見せてもらうと、その友達よりも良い点を取っちゃうみたいな。性格悪い感じですよね(笑)? 終わったらすぐ内容は忘れちゃうんですけど。

──あははは。友達関係はうまくいっていた?

MiKiNA : 小学校高学年のとき、男の子とばかり遊んでいて、そのノリで中学校にあがったら女の子との接し方がわからなくなってしまって。思春期で敏感な時期だから、女子から「男好き」と言われるようになり…。思い返すと、自分でも自分は友達になりたくないタイプだったと思います。クラス替えのために学校が「苦手な子アンケート」をとったとき、トップ2に私が入ってしまって、それを知ったときには改めようと思いました。自己中心的だったんですよね。しかもメガネをかけていて、びっくりするくらいブサイクだった。その見た目で調子に乗っている感じだったから部活内でもハブられて。みんな我慢ができなかったんだと思います。

──今のMiKiNAさんからは想像できないですね。

MiKiNA : 自覚はなかったんですけど、ちょっとひねくれていたらしいんです。高校に入ってメガネを外した途端、周りの反応が良くなって、「所詮顔かよ」みたいに余計ひねくれてしまったというか。人間のことがわからなくなっちゃった。

──でも、それだけでハブられる原因にならないような気もしますけど。

MiKiNA : 目立ちたがり屋だったので、悪目立ちしてしまうこともあったし、うるさいし、自己中心的だし、部活もたまにサボっていたんですよね。遠征とかも嫌で連絡もせずにサボったりもしたことがあるし。

──なんかに対して反抗していたということ?

MiKiNA : いわゆる中二病ですね。落ち着きもないし、自分の行動を見つめられなかった。中3くらいで、やっと自分を客観視できるようになりました。

誕生日プレゼントとしてアイドルになれたら、私すごいじゃんって(笑)

──高校に入ってからは楽しく過ごせましたか?

MiKiNA : わりと充実していたと思います。ただ、見た目が変わったことで周りの反応が良くなってからは、周りの評判を気にするようになってしまって。よく見られたいという気持ちが強くなればなるほど、自分のことを知られたくて、深く仲良くならないようにしていました。他の人との間に壁を作って、遠くから見て「いい子だな」と思ってもらえる状況にしていたし、あまり多くの人と関わろうとはしなかったです。

──「根拠ない自信があって、自分は無敵だと思っていた」と合宿で言っていましたよね。

MiKiNA : 言っていましたね(笑)。高校の時にちやほやされすぎたんだと思います。周りの人が優しかったし、ドラムをやっていたのでライヴで見られる機会も増えるじゃないですか。それで「私、結構イケるんじゃない?」みたいに思ってドヤ顔をしながら生きていたんです。でもよく考えたら何か頑張ったことも、持っているものも何もなかったんですよね。

──ようするに、メッキが剥がれないように、他人に近づかなかったわけですね。

MiKiNA : それはありました。薄っぺらいし、考えも深くない。何かに対して頑張っていることもないし、ひねくれているし、ネガティヴなんです。だから友達と2人きりで遊んだりもしてこなかった。しゃべったらつまらないと思われるのが嫌で。

──そうした学校生活を経て、高校卒業後はどうしようと考えていたんですか?

MiKiNA : 小さい頃から子どもが好きで、お母さんにも「向いているよ」って言われていたので保育士になるつもりでした。私も子どもが好きだし、それ以外の道があまり考えられなくて。だからといって授業を真剣に受けていたわけじゃないんですけど。

──アイドルに興味を持ち始めたのは、いつごろのことですか?

MiKiNA : 音楽がもともと好きで、たまにBABYMETALさんとかは聴いていたんですけど、本格的にアイドルを聴き始めたのはBiSHさんの幕張のワンマンライヴでした。友達に勧められて曲を聴き始めていたんですけど、ライヴに行ったら、めちゃくちゃ格好よくて。今までのアイドルのイメージとは全く違ったんです。

──そのライヴが人生を考えるきっかけになったそうですね。

MiKiNA : そのときのライヴを見て、本当に自分が恥ずかしくなったんですよ。私は何をしきたんだろう、って。そのあとで1年前の合宿オーディションの映像も見たんですけど、こんなに何かを真剣にしたことが自分にはあったかなって。BiSのパン・ルナリーフィさんだって、もともとは一般人だったわけじゃないですか? でもBiSのライヴを観に行ったら本物のアイドルになっていて。自分の持っているものが何もないことに気づいて、より恥ずかしくなったんです。このまま、なあなあで学校に通って保育士になっていいのかなと考えるようになって。

──とはいえ、オーディションに応募するのは勇気が必要だったんじゃないですか。

MiKiNA : 一次の書類審査はなんとなくいけると思ったんですよ。あとは勢いだなと思って悩んでいたんですけど、ここで踏み出さなきゃ何にも変われないと思って応募しました。二次審査は本当に受かるとは思いませんでした。

──合宿に来てくださいと言われたあと、行くかどうかの迷いはなかったですか?

MiKiNA : 合宿の様子はニコ生で晒されるし、常に誰かに見られているわけじゃないですか? 落ちたら黒歴史になるし本当に怖かったです。でも、ここまで来たらやるしかないなと思って。実は、合宿最終日が私の誕生日だったんです。最終日に誕生日プレゼントとしてアイドルになれたら私すごいじゃんって(笑)。だから、本当に勢いですね。

本当に毎日落ちるかもしれないと思って恐かった

──合宿を振り返ってみて、どうでしたか?

MiKiNA : それまでの日常みたいに「人からよく見られたい」と思う暇はなかったです。初日から3人が落とされたじゃないですか? 発表のとき落ちた子の隣に座っていて、その子が隣で泣いているのを観て「やばい! これが本物か」と思ったし、落ちたら本当に悔しいなと思った。そこからは毎日崖っぷちにいる感じでした。渡辺さんはずっと観ているし、中途半端なことをしていたら見抜かれるだろうなと思った。ごまかしは絶対にきかないから毎日自分のできることをやろうと思って、目の前にあることしか気にしていられなかったです。

──そこまで頑張ったのは、これまでの人生の中で初めてのことなんじゃないですか。

MiKiNA : 初めてですね。追い込まれていたし、やるしかないからできたんだと思います。あの厳しい状況だったからこそ自分の力を見せにいけたのかなって。

──自分のみっともない部分もさらけ出せていた?

MiKiNA : 私は歌が苦手なので、自分から歌割りを選ぶのが本当に嫌だったんです。でも。みんなが目立つパートを選んだり自分のできることをしようとしているのを観て、「置いていかれた」と思って。練習中にめちゃくちゃ泣いた日があったんですよ。そこからは「帰りたくない」としか考えていなかったです。メンタルはズタボロだったんですけど、必死にニコ生のカメラに映ったし、視聴者投票は上がっていたんですけど1位は取れなくて。本当に毎日落ちるかもしれないと思って恐かったです。

──最後のアピールタイムで、「努力ってこういうことなんだってわかった」と言っていましたけど、それはどういうことなんでしょう。

MiKiNA : 私は自分に保険をかけるタイプで、「これだったから、このくらいでもすごいでしょ?」とか「マイナスの状況でも、それなりにできたでしょ?」みたいなことを言って、なんとなく乗り越えてきた人生を送ってきたので、ちゃんと努力が結果につながったのが初めての経験だったんです。ご飯を残さないっていうのも自分の中で決めてがんばった1つの要素だったし、そういうものが積み上がっていったのが初めて目に見えた合宿でした。

──BiSH、BiS、GANG PARADEの現役メンバーと一緒に過ごして、どんなことを感じましたか。

MiKiNA : 人間としてのレベルが違うなと思いました。みんな周りのことを見れるじゃないですか? 私が落ち込んだ時や泣いて練習を止めちゃった時、マイカさんやモモコさんが「全然いいよ」って言って、自分の経験を話してくださって。パンさんは努力の塊だし、ペリさんも意識の高さが全然違っていた。本物ってこうなんだなって思いました。

──合格発表の舞台になった大阪の「WACK EXHiBiTiON」に移動する間、どんな気持ちでしたか?

MiKiNA : んー… なんとなくですけど、6対4くらいで受かる気がしていました(笑)。でも、できることはもう何もないし、あとは決められるだけだから、そういうことは直前まで考えないようにしていて。

──ステージ上で自分の名前が呼ばれた時はどんな気持ちでしたか?

MiKiNA : 素直に嬉しかったし、安心しかなかったです。すごく泣いちゃって。その時点で、あまり実感は沸かなかったです。

──ちなみにEMPiREのことはどう思っていましたか?

MiKiNA : それこそ、EMPiREは合宿オーディションから生まれたグループじゃないですか? 一般人からアイドルになっていく過程を見るのが初めてだったので純粋に羨ましいと思っていたし、普通にかわいいなー、好きだなーと思って憧れていました。

──実際にEMPiREのメンバーと話した印象は?

MiKiNA : いい意味で、みんな普通の女の子なんだなって思いました。合格発表の日はYUiNAちゃんがBiSに完全移籍することも発表されたこともあって、グループの雰囲気もいいとは言えなくて。それを見て、みんな普通に人間としての感情を持っているんだなって思いました。そりゃそうなんですけど(笑)。外から見ていた側としては、すごく人間臭いなと持ったし安心しました。

──そこからマイナビBLITZでのデビューワンマンまで、1ヶ月ちょっとしかありませんでした。メンバーでどんなことを話したりして過ごしたんでしょう?

MiKiNA : メンバーのみんなも、5人のフォーメーションと6人のフォーメーションの両方を覚えなくちゃいけない状況で、大変そうだったんです。だから、私とMAHOちゃんは空気を読んで、5人がダンスの先生から振り付け教わっているのを見ながら振りを覚えていったというか。そのとき私自身がメンバーとの間に壁を作っちゃって。EMPiREに入ったけど受け入れられていないみたいに勝手に感じちゃったんです。だから、本当に会話をし始めたのも最近なんです。みんなはそんなことを思ってなかったんだろうけど、私の方が意識的になっちゃった。

──もう1人の合格者でもあるMAHOさんには、そういう悩みを相談できた?

MiKiNA : そういうことも話しましたし、MAHOちゃんは大人だからよくなだめられました(笑)。

お客さんがいることで自分を見せることに戸惑いがなくなりました

──マイナビBLITZでのデビューワンマン、どんな気持ちで臨んだんでしょう?

MiKiNA : あのときには吹っ切れていましたね。前々日くらいに、「どんなライヴにしたいか」をメンバーと話す機会があったんです。そのとき「ミスしてみんなに迷惑をかけたらイヤだ」っていうことを言えました。そしたらメンバーが「ミスしてもいいから楽しんでやりきれればいい」「ミスなんて誰でもするから」って言ってくれて、そこでやっと重荷がなくなった。そこからは楽しむことしか考えていなかったです。

──「合宿は覚悟をもって臨んだし、死ぬ気でがんばれたから自分は変われたと思っていたんですけど、合宿が終わった瞬間に日常に戻ってしまって、元のなにもできない、やらない自分になってしまいました」とMCで言っていましたね。

MiKiNA : 合宿が厳しすぎたから、その反動で日常がゆるく感じちゃって、帰って来た途端ぐーたらしちゃったんです。自覚も湧かなかったし、意識も低かった。ダンスを覚えてきてって言われていたんですけど、なかなか覚えられなくて。それは緊張感がなかったからだと思うし、本当に日常に戻ってきたっていう感じでした。

──とはいえ、本番に近づくにつれてプレッシャーが増えていったんじゃないですか。

MiKiNA : 近づくにつれ本当にできないのが浮き彫りになって。でも、どこかで言い訳をしちゃっていたんです。雰囲気がよくないとか、自分が壁を作っちゃっているからとか、私の要領が悪いからとか。正直、お披露目前に辞めようと思ったこともあったんです。私は本当にできるかな? って。先が見えなくて、心配でつらかった。

──それでも当日まで頑張り続けることができたのは、なぜなんでしょう?

MiKiNA : 徐々に自分の不安とかを話せるようになったからかな。意識を持つと結果も変わってくるから、自分を甘やかさないようにできるようになったのかもしれないです。

──MiKiNAさん的に、ブリッツの出来はどうでしたか?

MiKiNA : セトリを間違えたり、いいところでフォーメーションを間違えるってことはあったんですけど、2曲目からめちゃくちゃ楽しくなってきて。実は1曲目にコンタクトを片方落としちゃったり(笑)、足も震えていたんですけど、振り切って全力でやりきれました。


EMPiRE / Buttocks beat! beat! (THE EMPiRE STRiKES START!! at マイナビBLITZ赤坂)

──大勢の前でライヴをするのは、どんな体験でしたか?

MiKiNA : 「お客さんをみると緊張しちゃうよ」ってメンバーからは言われていたんですけど、私はお客さんの方を見るのが楽しくて。お客さんがいることで自分を見せることに戸惑いがなくなりました。

──「誰かが自分を待ってくれているっていことが、すごい自分の強みになったからがんばれた」ってMCで言っていましたもんね。

MiKiNA : Twitterを見ていたら、合宿のときから応援してくれている人も結構いてくれたんです。お母さんからも「期待して待ってくれている人がいるんだから」って言われていたし、そういう人たちがめちゃくちゃ力になっていました。その力が「これはやめれないな」っていうのにつながっていたんだと思います。

──ステージで流していた涙は、どんな感情の涙だったんですか。

MiKiNA : 安心の涙だと思います。「アカルイミライ」あたりから涙が出ちゃいました。涙もろいんですよね。

──これから全国ツアーがはじまります。どんな気持ちで挑んでいこうと思っていますか?

MiKiNA : EMPiREにとって初めてのツアーで、初めて見てくれる人もいると思うので、新しいEMPiREを見せたいと思っています。EMPiREって、いい意味でも悪い意味でもWACKらしさがないグループだと思うんですよ。綺麗にまとまっている感じがするので、もっと面白くしていきたいですね。EMPiREはこんな一面もあるのか! っていう部分とともに、WACKらしくてEMPiREらしい、そんな部分を見つけたいです。そういう意味で、MCでも言った異物として私は風穴を開けていきたいです。

LIVE INFORMATION

MPiRE NEXT EDiTION TOUR
2018年7月14日(土)@仙台 enn2nd
2018年7月21日(土)@福岡 DRUM SON
2018年7月29日(日)@名古屋 新栄Daytrive
2018年8月18日(土)、19日(日)@札幌 KLUB COUNTER ACTION
2018年8月26日(日)@大阪 LIVE SQUARE 2nd LINE
2018年9月4日(火)@マイナビBLITZ赤坂

HP抽選先行受付 : 5/18(金)18:00~5/21(月)23:00
URL▶http://w.pia.jp/t/empire/
チケット一般発売日:6/2(土)AM10:00〜
チケット料金 : 4,000円
お問合せ : KM MUSIC 045-201-9999

はじまったばかりのEMPiREのストーリー

Epsode0 渡辺淳之介×篠崎純也×赤窄諒インタヴュー「EMPiREはかっこいいものになると思います」

Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)インタヴュー

Epsode0.2 松隈ケンタ(サウンド・プロデューサー)インタヴュー

Epsode1 EMPiRE初インタヴュー「WACKの先輩方の妹分で終わりたくない」

Epsode2 MiDORiKO EMPiREインタヴュー「帝国なので、EMPiRE独自の空間を作りたい」

Epsode3 YUiNA EMPiREインタヴュー「新しいものを発信していくグループにしたい」

Epsode4 MAYU EMPiREインタヴュー「めっちゃダッシュで成長しなきゃいけない」

Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」

Epsode6 YUKA EMPiRE インタヴュー「“初々しい”という雰囲気を早く抜けたい」

Epsode7 MAHO EMPiRE インタヴュー「グループのことを1番に考えられる存在になりたい」

PROFILE

EMPiRE

>>EMPiRE オフィシャル HP
>>EMPiRE SoundCloud!

>>EMPiRE TWiTTER
EMPiRE OFFiCiAL(@EMPiREIDOL)
YUKA EMPiRE(@YUKA_EMPiRE)
YU-KI EMPiRE(@YU_Ki_EMPiRE)
MAYU EMPiRE(@MAYU_EMPiRE)
MiDORiKO EMPiRE(@MiDORiKO_EMPiRE)
MAHO EMPiRE(@MAHO_EMPiRE)
MiKiNA EMPiRE(@MiKiNA_EMPiRE)

 
 

インタヴュー

Kotoe Suzuki、自らが歩んできた音楽の軌跡
・2018年06月20日・自らが歩んできた音楽の軌跡──Kotoe Suzuki、待望の1stアルバムを独占ハイレゾ配信スタート ブラジリアン、ラテン・ジャズ、ポップス、クラシックを見事に融合し、独自の音楽を表現するピアニスト「Kotoe Suzuki」。そんな彼女が待望のデビュー・アルバム『Kotoe』をリリースする。今作には、これまでに書き溜めてきた情感豊かなオリジナル曲と斬新にアレンジされたジャズ・スタンダード曲が収録されている。レコーディングには、ベテランから新進気鋭の若手ミュージシャンまで参加し更に強力な楽曲に。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信をスタートするとともにインタヴューを掲載。記念すべき今作をぜひインタヴューとともにお楽しみください。 待望の1stアルバムを独占ハイレゾ配信Kotoe Suzuki / Kotoe'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(配信形態 24bit/ 48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 200円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】1. Teardrops from Heaven2. Bebe3. Samba da Pergunta4. So
by ?
“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定
[PICKUP]・2018年06月22日・いま1番“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──タナカユーキ(SPARK!!SOUND!!SHOW!!) × R-指定 ポップでファンキーでハードコアなサウンドと、ユーモアたっぷりのリリックで、さまざまなジャンルを横断するスサシことSPAK!!SOUND!!SHOW!! 。フルスロットルで活動してきた彼らが、ベスト・アルバム的、1stフル・アルバム『火花音楽匯演』を2018年6月6日にリリースした。今回このリリースを記念して、スサシのフロントマンであるタナカユーキとR-指定(Creepy Nuts)の対談を掲載。親睦が深く、お互いの楽曲にも参加している彼らだからこそわかる、スサシ、そしてCreepy Nutsの魅力とは!? 編集部もびっくりするほどノンストップで話が繰り広げられた対談をお楽しみください! スサシのベスト・アルバム的、初のフル・アルバム!! SPARK!!SOUND!!SHOW!! / 火花音楽匯演'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】アルバム 2,000円(税込) / 単曲 250円(税込)【収録曲】''1. ドカーン2. ポップらしい。
by 岡本 貴之
ゆるめるモ! プロデューサー田家大知が語る、5年目以降の課題とは?
・2018年06月22日・ゆるめるモ! プロデューサー田家大知が語る、5年目以降の課題とは? そして無料で全国に講演へ伺います! 4人組ガールズ・ニューウェーブ・グループ、ゆるめるモ! が、結成から5周年を迎えた。そして、その集大成となる初のベスト・アルバム『音楽よ回れ!! MUSIC GO ROUND ~ゆるベスト!~』と、シングル『HIPPY MONDAYS EP』を2018年5月9日(水)に同時リリース。同2作品を提げ、リリース・ツアー真っ最中のゆるめるモ! のプロデューサー田家大知にインタヴューを敢行した。これまでの5年間を振り返り、ゆるめるモ!のこれからについて語ってもらった。そして、「もっとゆるめるモ! を広げたい!」という熱い想いから生まれた番外編スピンオフ・イベント〈ゆるめるモ! の音楽よもっと回れ!!~たけPのどこでも行くよ!~〉開催も決定! そちらもあわせてチェックを! 初のベスト・アルバムをハイレゾ配信中ゆるめるモ! / 音楽よ回れ!! MUSIC GO ROUND ~ゆるベスト!~'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(配信形態 24bit/ 48kHz) / AAC>>> ハイレゾとは?'【配信価格】単
by 西澤 裕郎
田んぼ、ベルリン、生活、そして天体──オオヤユウスケ(Polaris)×Bose(スチャダラパー)
・2018年06月20日・田んぼ、ベルリン、生活、そして『天体』──【対談】オオヤユウスケ(Polaris) × Bose(スチャダラパー) オオヤユウスケと柏原譲(Fishmans / So many tears)によるロック・バンド、Polarisが、前作『Music』から、実に3年4ヶ月ぶりとなるフル・アルバム『天体』をリリースした。OTOTOYでは今作をリリース日の2018年6月20日から1ヶ月間、独占ハイレゾ配信を実施します! Polarisサウンドを聴くなら絶対ハイレゾがオススメ! ぜひ作り込まれたそのサウンドを細部までお楽しみください。そしてこのリリースにあたり、Polarisのフロントマン、オオヤユウスケの指名によって、スチャダラパーのBoseとの対談が実現! 彼らがなにを考えて、この社会を生きているのか。2人の考え方に迫った対談をお届けします。 3年4ヶ月ぶりのフル・アルバムを期間限定独占ハイレゾ配信! Polaris / 天体'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2,200円(税込)【収録曲】1.
by 鈴木 雄希
祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?
・2018年06月19日・祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド大集合座談会──20周年に向けてどんな色をつける?? ポップスをこよなく愛し、ELEKIBASSやワンダフルボーイズが所属する〈WaikikiRecord〉が19周年を迎える!!! 今回は2018年7月16日(月)、TSUTAYA O-NESTにて開催される、19周年記念イベント〈WaikikiRecord 19th ANNIVERSARY PARTY-Guaranteed to Make You Feel Good!-〉の開催にあたり、出演バンドであるELEKIBASS、ワンダフルボーイズ、空中カメラ、PARIS on the city! のそれぞれのフロントマンに集まっていただき、座談会を開催。またこの座談会の掲載にあたり、各バンド1曲ずつのフリー・コンピも期間限定で配信開始! これを機会にぜひ〈WaikikiRecord〉所属バンドの音楽に触れてみよう! イベント開催を記念してのフリー配信も実施中! WaikikiRecord 19th ANNIVERSARY PARTY-Guaranteed to Make You Feel Good!-'【配
by ?
“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)
・2018年06月13日・なぜ音楽で涙腺を刺激することができるのか──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー) 等身大でありながら力強い歌詞、そして繊細でありながら破壊力抜群なサウンドでリスナーを魅了するロック・バンド、paionia。2008年の結成から10年の時を経て、2018年6月13日に初の1stフル・アルバム『白書』を配信開始した。今回OTOTOYではこれまでpaioniaともライヴで多くの共演を果たし、彼らの音楽のファンであると公言するリーガルリリーのたかはしほのかを迎えて対談を掲載する。paioniaの音楽を聴いて、涙を流したというたかはしほのかが語るpaioniaの魅力とは。高橋勇成が語るリーガルリリーの音楽が心を打つ理由とは。そして彼らがなぜ歌を歌うのか、聴いたものの心に響く歌を作り続ける彼らの対談をおたのしみください。 10年目にリリースされる1stフル・アルバムを配信開始 paionia / 白書'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 150円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】''1. バックホーン2. 田舎で
by ?
「ひがみソングの女王」関取花、新アルバムを配信開始
・2018年06月13日・あの日の“きらめき”や“ときめき”をそのままに──「ひがみソングの女王」関取花、新アルバムを配信開始 “ひがみソングの女王”として多くのメディアに出演し、注目を集めるシンガー・ソングライター、関取花が2018年6月13日(水)に新アルバム『ただの思い出にならないように』をリリースする。LUCKY TAPES、おかもとえみ(フレンズ他)栗原正己&川口義之(栗コーダーカルテット)、田中佑司(bonobosほか)、神谷洵平(赤い靴ほか)など、多彩なゲストが参加した今作をOTOTOYでも配信スタートしました。“あの頃のきらめき”や“あの時の感情”をそのままに詰め込まれた今作を掘り下げるべく、関取花へのインタヴューを行なった。 多彩なゲストも参加した新アルバム 関取花 / ただの思い出にならないように'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】1. 蛍2. しんきんガール3. 親知らず4. オールライト5. バイバイ6. 動けない7. 朝8. あの子はいいな9.
1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!
・2018年06月08日・1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?! 竹内サティフォと斉藤伸也による、スーパー J-POPユニット、ONIGAWARA。1stアルバム『エビバディOK?』をリリースし、全国デビューを果たし、ペンライト・シングルやインスタントカメラ・シングル、写真集シングルなどどいった変わり種シングルをリリースしてきた彼ら。そんなONIGAWARAが、2018年6月8日(金)に“1stオニアルバム”『GAWARA!』という、一見ハチャメチャなアルバムをリリース! リリースに合わせて今作『GAWARA!』を、OTOTOYにて1ヶ月間の期間限定独占ハイレゾ配信でお届け。今回先行シングルであり、収録曲の「ナンバーワンちゃん」にちなんで、犬カフェ『肉球のきもち』さんで取材を敢行。ONIGAWARAのふたりとワンちゃんによるキュートな写真も要チェックです! 約1年3ヶ月ぶりとなるニューアルバムを期間限定独占ハイレゾ配信 ONIGAWARA / GAWARA!'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価
by 岡本 貴之