【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第4回 神﨑風花が山崎愛に訊く

左から、神﨑風花、山崎愛

神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。メジャー1stEP『alight ep』のリリース日、5月16日(水)まであと2週間となった本日5月2日に、EPから2曲を通常・ハイレゾ音質ともに先行配信がスタート。OTOTOYではこの先行配信に加え、sora tob sakanaの世界を知るにはかかせない旧譜4タイトルを5月31日までの期間限定で30%オフでお求めいただけます。

そして、メンバー間インタヴューの4回目は神﨑風花が山崎愛にインタヴューしました。好きな食べ物、とある外国のこと、そしてグループのことまで縦横無尽なふたりの会話をお楽しみください。

M1.M2の2曲を先行配信中!
sora tob sakana / alight ep
【収録曲】
M1. Lightpool (先行配信中)
M2. 鋭角な日常 (先行配信中)
M3. 秘密
M4. Brand New Blue
M5. 蜃気楼の国
M6. Lighthouse

【配信形態】
24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC

【価格】
単曲 540円(税込)

>>通常配信パッケージはこちら


sora tob sakana/Lightpool(MV+コメント)

【旧譜プライス・オフ】4タイトルが5月31日まで30%オフ!

600円420円

レーベル FUJIYAMA PROJECT JAPAN  発売日 2015/10/27

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


800円560円

レーベル FUJIYAMA PROJECT JAPAN  発売日 2016/02/08

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


2700円1890円


1500円1050円

レーベル FUJIYAMA PROJECT JAPAN  発売日 2017/04/11

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


INTERVIEW : 山崎愛(sora tob sakana)

こんにちは! sora tob sakanaの神﨑風花です!

私は愛ちゃんにインタヴューさせていただきました! 笑
普段は他愛もない話ばかりしかしない2人ですが、今回はインタヴューということで、普段は話さないような内容の話もしてるのでぜひ楽しんで読んでもらえると嬉しいです!

聞き手 : 神﨑風花(sora tob sakana)
構成 : 田尻菜穂子
撮影 : ペータ

受験生です。で、血液型はO型ですね

──じゃあまず、ご自分のお名前と生年月日と学年と血液型をお願いします。

山崎 : 低レベルだなぁ(笑)。

──あは(笑)。なんで(笑)。

山崎 : えーと、名前は山崎愛です。名前は愛と書いてまなと呼びます。

ー珍しいですね。

山崎 : そうですね。あと生年月日。2003年6月16日生まれで。

──学年は?

山崎 : 今、中3ですね。

──受験生ですね。

山崎 : そうですね。受験生です。で、血液型はO型ですね。

──うーん! O型がどんな性格かよくわかんないけど(笑)。

山崎 : なんか元気。みたいな?

──へーそうなんだ! …え!? (笑)。

山崎 : そう! え!? ってなるよね(笑)。

ふたり : (笑)。

山崎 : でもそうだよね! (笑)。わかります。

──はい。じゃあまず…

山崎 : ドキドキするねー! (笑)。

──まず、食べ物に目がない愛ちゃんですが、最近好きな食べ物は?

山崎 : レバーです!

──おー! どんなところが?

山崎 : なんかね、どんなところというか、食べ物だと、好きなときはそれしか食べない人なのね?

──あー、割とそうかもね。

山崎 : そう! だから、どんなところというより、1回食べておいしいってなって、もう1回食べて、もう食べ続けなきゃって。

──あーなるほどね!

山崎 : で、好き!

──レバーは美味しいよね。で、どんなところが好きなの?

山崎 : どんなところ!? (笑)。タレが好き(笑)。

──あー。

山崎 : でも当たり外れが大きいので。

──そうね! 割と好き嫌いもわかれるし。

山崎 : 大事だよそういう所!

──今はレバーらしいです。

山崎 : そうです(笑)。

最近は少女漫画よりもグロい系

──えーじゃあ、学校のことをあまり聞かないんですけど、学校ではどんなキャラですか? 前に運動会の写真を見た時に、明らかにモテそうなオーラがありました。

山崎 : (笑)。

──綱引きだっけ? (笑)。

山崎 : 違う、縄跳び! (笑)。1人だけ手を挙げてたやつ! (笑)。

──あれ面白かった(笑)。

山崎 : んー、キャラかー。

──キャラ! どんなキャラですか?

山崎 : あまりしゃべらないですね。朝がダメだから、寝てるんですよ。

──うんうん。

山崎 : だから、自分から喋りかけるんじゃなくて、人から喋りかけてもらう感じ。

──なるほどね。

山崎 : 元気! ってほどではないけど、寝てるからそっとしておいてあげようね? って感じ。

──お昼は給食だよね? 給食はたくさん食べる人ですか? おかわりとか行ける人?

山崎 : しないね。でも本当に大好きなものはいくけど、班を作るんだよ!

──あー! あるよね(笑)。

山崎 : それをかきわけていくのが苦手で!

──わかるわかる。それはわかる!

山崎 : なんだろうね、なんかみんなロッカーにも荷物入れて、たまに椅子にもリュックかけてる人いるの。そこを通るとちょっとうっ。ってなるから、いかないね。基本的に移動教室以外は立ちません。(笑)。

──あー、なるほどね。じゃあ次! 風花と愛ちゃんはね、漫画好きなペアだと思ってるんですけど。

山崎 : うん(笑)。大丈夫だよ(笑)。

──少女漫画に出てくるキャラで好きなキャラはどれですか? 1!

山崎 : 1!? (笑)。

──番号で答えて! (笑)。1.めちゃくちゃ優しい紳士キャラ。2.俺様オラオラ系キャラ。3.冷たいドS系キャラ。4.ツンデレキャラ。5.その他。

山崎 : はい! (笑)。5です(笑)。

──えー! なになに? (笑)。

山崎 : 5.低血圧キャラ(笑)。てか完璧に愛と同じ人がいい。脱力系で、寝てる感じの、で、無口!

──いるよね(笑)。そういうキャラ(笑)。

山崎 : いるんだけど、なのに完璧っていう(笑)。わかる? 何でもできる超人みたいな(笑)。

──これは愛ちゃんファンの人は、無口で超人みたいな感じになって下さい(笑)。

山崎 : でも漫画だから好きなんだけどね。絵が素敵だったら好きになっちゃいますよね(笑)。

──あ、それはわかる(笑)。風花は1番かな? めちゃめちゃ優しい紳士キャラ(笑)。

ふたり : (笑)。

──自分が話したいだけになっちゃった(笑)。

山崎 : 別に紳士キャラでもいいんだけど、なんていうの?

──それが裏返ってちょっと気持ち悪くなる時も…?

山崎 : 違う! 紳士キャラでもペアがいて、真反対なんだけど、2人といる時は実は腹黒い! (笑)。そういうのだったら全然あり(笑)。

──なるほど、なるほど。

山崎 : 全然あり。全然ありだよ! (笑)。

──ははっ(笑)。でも脱力系は好きそうなイメージある。

山崎 : 脱力系大好き!

──漫画とかだとグロい系も読むよね?

山崎 : 最近は少女漫画よりもグロい系だね。人間が人間を。って言うのが好きなのね? 怪物とかが出てくるんじゃなくて。

──あー、なるほどね! 人間関係がドロドロしたのが好き?

山崎 : うん、モノによるね。なんかそういうのをやるのが好きみたいなのを見てるとゾクゾクしちゃって大好きってなる(笑)。

──逆だ、風花はそういうのマジで無理だから。

山崎 : そうなんだ。

──ギャグとかも読むよね?

山崎 : ギャグも大好き(笑)。

──ギャグをすごいオススメしてくるんですよね。

山崎 : そうなんですよ! ギャグって本当にわかれるから!

──そうだよね、わかれるよね(笑)。

山崎 : 個人的には読んで欲しいのいっぱいあるんだけど、少女漫画が好きな人はたぶんいけないんだろうなと思います。

──そうね、割とわかれますねこれは。はい。じゃあ、全然違う質問いきます。

山崎 : はい。

曲がいいから歌が好きみたいな感じかな?

──これは誉め言葉なんですけど、正直、愛ちゃんみたいなサバサバしている性格の子がアイドルやっているって考えるとたまに不思議に思うこともあるんですけど、アイドル活動を続けていく上で、モチベーションになっていることとかはありますか?

山崎 : モチベーション?

──なんかこれがあるから楽しいとか、なんでもいいけど!

山崎 : 日課ができる、ルーティンができるってことが個人的に嬉しいから、それがないとただの学生生活。まあ、それもいいんだけど、ルーティンができるのが嬉しいからかな?

──なるほどね! 個人的に愛ちゃんの性格をよく知ってるから、本当に不思議だな! って照井さん(sora tob sakanaのサウンド・プロデューサー)ともよく話すんだよ。

山崎 : よくね、お母さんに言われる(笑)。

──(笑)。でも続けてくれてすごいなって思う。でもアイドル界には貴重な存在だと思う。

山崎 : ありがとう(笑)。

ふたり : (笑)。

山崎 : ありがとう。

──他のアイドルさんたちって好きでやってるんだなっていうところがすごい見えるけど、愛ちゃんは結構ミステリアスなところがあって、このことについてはどう思っているんだろうって思って。いい意味でね。

山崎 : いいよ(笑)。

──なるほどね。ルーティンね。まあわかるそれは。じゃあ次! 歌とダンスだったらどっちが好きですか?

山崎 : 歌です。

──おー。そうだと思ったけど、理由は?

山崎 : なんか普通に歌とダンスをやる機会が無いけど、曲がカッコイイからさ、ダンスもここいいなって思うところもあるんだけど、曲が本当にいいから、サカナで「人生初めて歌ってます」みたいな感じだから、曲がいいから歌が好きみたいな感じかな? (笑)。

──歌い甲斐があるよね、それは思う。でも本当に愛ちゃん歌うまくなったなって思いますよ。

山崎 : アッツ(笑)。

ふたり : (笑)。

山崎 : ありがとうございます(笑)。

──でも絶対歌だろうなって思ってた! じゃあ次どれにしようかなー。順番バラバラだからねー。(笑)。じゃあこれにしよ! 最近メンバーでたまに話すけど、大きな会場になってライヴ構成とか考えられるようになったら、どんなライヴにしたい? 例えば、気球に乗って歌うとか。

山崎 : 本当にバラバラなところにいきたいよね。っていうのは思う。

──うんうん。

山崎 : すごいステージ遠くなっちゃうのは、自分がファンだったら悲しいから近くにいきたいけど、色んな所にボンボンボンって。

──わかる、わかる。前も話したけど、1人ずつボンボンボンって! (笑)。

山崎 : それな! (笑)。やりたい! (笑)。ステージからドーンって上がってくるやつあるじゃん? あれ乗りたい! (笑)。

──あれやりたい! (笑)。あれの勢いあるヴァージョンもあるじゃん? ボーンって!

山崎 : そう! それやりたい! (笑)。

──それやってる人の映像裏とかも見たんだけど、ヤバくて! めっちゃ屈んでいって、3,2,1で上がるみたいな。すごい大変そうだった。

山崎 : やりたいよー! (笑)。

言葉がポンポン出る人がいいな

──ね! でもやりたいよね! じゃあ次。現実世界で尊敬している人とその理由を教えて下さい。

山崎 : 尊敬してる人?

──居なかったら居ないでいいんだけど。あこがれの人とか、こういう考え方の人いいなみたいな。

山崎 : なるほど。

──別にアイドルじゃなくても誰でもいい。漫画家さんとかでも。誰でも。

山崎 : あのー、本を読んで一時山田悠介さんにハマってたんだけど、ああいう言葉がポンポン出てくる人が。

──あー、なるほどね。

山崎 : あまり纏まってはないけど、荒っぽいっていうか、ああいう言葉がポンポン出る人がいいなと思って。

──逆にそういう人があまりなさそうだから聞いてみたかった。

山崎 : そう? まあ確かにあまりないけどね(笑)。絞り出した(笑)。

ふたり : (笑)。

──はい、じゃあ次! グループとしても個人としても愛ちゃんのこれからの目標とか、野望とかどんな感じかな? と。まずグループから!

山崎 : グループ。うーん、いつまでもベタベタしていけたらいいなって。

──(笑)。4人で?

山崎 : くっつくのは恥ずかしいけど、物理的に! 恥ずかしいけども、まあ近くでいたいよなって感じはする。

──じゃあ、個人!

山崎 : 個人…。

──なんでもいいよ、こういう仕事したとかでもいいし、やってみたい仕事とかは?

山崎 : 仕事ねぇ…。個人的にあまり無くて、今がすべてだから。

──同じだ。風花と。

山崎 : いただいたお仕事は頑張ります。

──さっきの話に戻っちゃうけど、グループではどのくらいのステージに立ちたい?

山崎 : あの、丸いステージで、ここにステージがあって、なんかさ、ポッポッって。

──(笑)。なに?

山崎 : 1,2,3,4,5,6,7,8みたいな。わかる?

──うん? どういうこと?

山崎 : 丸い会場で、ステージがあって、椅子のブロックが1個と2個と3個と4個と横にガッて!

──わかる、わかる。なんか武道館のアリーナみたいな?

山崎 : でもそんな感じ、めっちゃ広いところでやりたい(笑)。

──ドームとか本当そういう感じじゃない?

山崎 : 最近そういうステージのイラストを見るんだけど(笑)。

──見る! (笑)。たまに写真とかでも見たりする(笑)。風花その周りを走りたいの! (笑)。

山崎 : わかるー(笑)。

──で、いまみんなどこ? (笑)。みたいな(笑)。

山崎 : なんか柵あるじゃん? ああいう所でハイタッチとかしてみたい! (笑)。

まあ、いつでも素なんですけど

──では次です。sora tob sakanaの中で好きな曲は? 理由も!

山崎 : 好きな曲? うーん。今は、「Lighthouse」。

──あー。

山崎 : 前々から言ってたのは、「帰り道のワンダー」は普通にいつどこでもあう。あうって言うか。

──聴きやすいよね。

山崎 : そう、普通に聴けるから。あと、あれが素だから、まあ、いつでも素なんですけど。素だからやりやすい。「Lighthouse」は単純に気持ちがいい。

──(笑)。それは思う。めっちゃいいよね。

山崎 : いい曲だなぁ。って思う。でも、だいたい最新の曲を好きになるから、まあどうなんだろうね。聴いたら聴いたで、あ、好き。ってなる(笑)。

──ね! なるよね! それは思う。毎回全部いいからライヴとか最新曲めっちゃ楽しみ(笑)。

山崎 : それなんだよなぁ。

──あと、世界観とかあるじゃん? 愛ちゃんが前言ってた「Lightpool」のイメージは水みたいに言ってたじゃん? 他の曲も世界観とか思い浮かべたりしてるのかな? って。

山崎 : なんか、第一印象がそれだったんだよね(笑)。

──あーなるほどねー! でもそれがさ、割とあってたわけじゃん?

山崎 : あってたんだよねー! すごいよね!

──だからそういうの考えてたりするのかな? って気になってた。

山崎 : でもとてもアバウトなんだけど…。

──あ、逆になんであの時に水だと思ったの? 曲とか振りとかは全部終わってて、「Lightpool」の題名だけがついてなくて、題名がどんな感じになるか?って予想をつけてた時に、愛ちゃんが「水っぽい」ってずっと言ってて、風花その時、確かに水っぽさもわかるけど、それはないかな? って思ってたら本当に「Lightpool」って名前で、あ、本当に水なんだ! って思って。どうして水だと思ったの?

山崎 : え、なんでだろうね(笑)。聴いた時に水っぽいなぁって(笑)。

──でも風花も船とかそういうイメージはあった。

山崎 : そういう感じ。

──そういう感性は光ってるなって思って。

山崎 : やったぜ! (笑)。

──「鋭角な日常」は何を思い浮かべる?

山崎 : 思い浮かべたのはオレンジかな? (笑)。

──風花は茶色系かな?

山崎 : 聴いた時はオレンジ! って思ったの(笑)。物体より。

──じゃあ、「秘密」は?

山崎 : 「秘密」は雲だと思ってた。

──えー、なんで?

山崎 : えー、ぷわぷわしてそう(笑)。

──風花「秘密」は四つ葉のクローバーみたいな感じ(笑)。

山崎 : なるほど(笑)。可愛い(笑)。可愛い(笑)。

──じゃあ、「Brand New Blue」

山崎 : 「Brand New Blue」はね、なんだろうね…、棒状みたいな(笑)。

──(笑)。すごい感性(笑)。

山崎 : 本当に鉄の棒状だと思ってた。

──へぇー、「Brand New Blue」? それこそ雲とか晴天って感じ(笑)。

山崎 : まじか。「Brand New Blue」は、最近は晴れとかそういう感じなんだけど、最初は鉄とかだと思ってたから、曇りとかがいいかな? とか思ってあわないかなって。

──本当に感性がすごい。そういうの知れて嬉しいと思います。(笑)。

山崎 : そうなの? (笑)。

ふたり : (笑)。

──じゃあ、「蜃気楼の国」はどういう感じ?

山崎 : ひび割れ… というより書いてあったし! (笑)。あー、確かにって思ったの。

──ちょっと夕焼けっぽさもあるよね。

山崎 : なんか道のひび割れって言うより、線みたいなひび割れ。

──えー! そっちか。すごい感性…。じゃあ、「Lighthouse」。

山崎 : 汽車だと思ってた。煙を吐くほうの。

──意外!

山崎 : 意外? (笑)。

──風花は、大草原みたいな。

山崎 : なるほど(笑)。

──すごいね! 「Lighthouse」?

山崎 : なんか動いてそうじゃない?

──まあ確かに疾走感ある感じはする!

山崎 : それこそ、銀河鉄道とかそっち系だと思ってた。

──ああ、すごいね、感性が。

山崎 : ごめんなさい(笑)。

──いやすごい。

山崎 : だって、照井さんがもしこれ見たらさ。

──こういうの嬉しいと思うよ。

山崎 : そうなのかな? だって、「Brand New Blue」が鉄の棒状に例えられているんだよ? (笑)。

ふたり : (笑)。

──もしかしたらそうかもしれないじゃん? (笑)。

ふたり : (笑)。

──そうだったらやばいけどね(笑)。えー、なるほどね! 愛ちゃんって割とそういうのあまりいい意味で考えてないって言うか。ボイトレの先生も言ってたけど。何も考えないで歌ってあのレベルだから、って思ってたけど、いろいろ考えててすごいなって思った。

山崎 : 違うの、考えるのは第一印象だけなの。

──楽曲のイメージをね。

山崎 : やっていくうちにそれができ上がっちゃうから、勝手に個人の無意識です。

すごい色々と大きくなりたい子供達なんですよ!

──へぇ! なるほどね! あ、聞きたかったこと思い出した! ボイトレやってて、成長したって思うことある? ボイトレの先生が 「愛ちゃんは歌の仕組みをわかっていないのに歌えてるってことは、わかった時に化け物になると思う」って言ってたのね。

山崎 : ええ!

──風花とかもそれにすごい納得したし、そう言った意味でそういうこと考えたりするのかな? って。考えたというか、実感するのかな? って。上手くなったって言われるじゃん?

山崎 : えー、しないなぁ。

──しない? 歌いかたが変わったというか、歌ってて気持ちよくなったとか思うことはある?

山崎 : 気持ちよくはなったけど、それはただの気分だから(笑)。あまり変わってないかな? と思う。いざマイク持つとあまりできないから。

──練習の時しかわからないよね。

山崎 : そう! そうなんだよね! 意識はしたいけれども、練習でやったことができるわけじゃないから。

──まあね。

山崎 : まあ、できるようになりたいけど。

──まあ、でも化け物になるって言ってた。

山崎 : なりたいですね! (笑)。なりたいです!

──(笑)。あとやってみたい髪形とかある? 結構いつも言ってるけど改めてある?

山崎 : ショートにしたい! ボブじゃなくてショート!

──うんうん。言ってるよね。

山崎 : むしろ、なくてもいいんだけど(笑)。本当に、できるだけ短く!

──(笑)。え、なんで? 今はすごい似合ってると思うよ?

山崎 : なんかね、個人的に髪長いのより短いのが好きだから。なんでっていうか、シルエットが好きなの!

──風花も思うんだけど、ショートカットの人を見るのはすっごい好きなの。

山崎 : わかるよ。

──だけど、自分がいざやってみると、めっちゃロングにしたくなるの。

山崎 : なるほど(笑)。

──あはは(笑)。でも今はこれがいちばん似合ってるってわかってるから長くする気はないんだけど、愛ちゃんは長いほうがいいと思う。個人的に(笑)。

山崎 : よく言われるよ。本当に! 愛天邪鬼だし、すごい反抗したい人だから、長くしたほうが似合うよ? って言われたら、短くしちゃお。みたいな感じなの。

──なるほどね(笑)。本当に愛ちゃんは、個人的にはボーイッシュって言うよりも女の子らしいイメージのほうがあってるイメージがある。

山崎 : なるほど。

──ボーイッシュでも全然いいんだけどね(笑)。

ふたり : (笑)。

──じゃあこれ、これで最後です。まだあまりsora tob sakanaのことを知らない人にsora tob sakanaの魅力を紹介して下さい。

山崎 : なるほど。まだまだ伸びしろがあると思うんですよ。年齢的にも。あと意外にも夢があったりして、壮大な夢があるので。

──宇宙ライヴとかね。

山崎 : そうそう(笑)。でもそういう想像力とかも大事だと思うから。なんて言うんだろうね。すごい色々と大きくなりたい子供達なんですよ! (笑)。

──うん。それはわかる。

山崎 : 若い人たちにも見て欲しいんですけど、すごい広い世代に知って欲しいので、子供ですけど、まあそれなりに見る価値はあるんじゃないかなって思います(笑)。

──本当にそうですよ。あ、待って、もう1個いい? いってみたい国とか、ライヴやりたいところとかってある?

山崎 : メキシコ!

──あー。

山崎 : (笑)。

──理由は?

山崎 : 親戚がメキシコにいってたり、山崎家は外国との交流が多くて友達も外国人! みたいな感じなの! だから色んな写真見せてもらうから、メキシコにいきたいなって思ってて。

──メキシコが全然イメージわかない。どういう場所なのかとか。

山崎 : まあ、愛もないんだけど。

──あっちのほうだよね? チリとか?

山崎 : そう。そういう冒険的なことをしたいと思ってます!

──色んなところにいきたいよね!

ハイレゾ独占配信中!(プライスオフ対象外)
sora tob sakana / sora tob sakana
【Track List】
1. 海に纏わる言葉
2. 夏の扉
3. 広告の街
4. 夜空を全部
5. 魔法の言葉
6. まぶしい
7. My notes
8. Summer Plan
9. 帰り道のワンダー
10. おやすみ
11. Moon Swimming Weekender
12. 新しい朝
13. ケサランパサラン
14. クラウチングスタート

【配信形態】
24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC

【価格】
単曲 250円(税込) / アルバム 2,700円(税込)

メンバー間インタヴュー

>>第1回 山崎愛が風間玲マライカに訊く
>>第2回 風間玲マライカが寺口夏花に訊く
>>第3回 寺口夏花が神﨑風花に訊く

LIVE INFORMATION

結成4周年記念ワンマンライブ
2018年7月1月(日)@国際フォーラム ホールC

【時間】
第1部 開場 11:00  開演 12:00
第2部 開場 16:00  開演 17:00

【出演者】
sora tob sakana band set

PROFILE

sora tob sakana

2014年7月結成。風間玲マライカ、神﨑風花、寺口夏花、山崎愛の4人からなる平均年齢15歳のアイドルユニット。 ASOBISYSTEM×アイドル横丁によって2015年5月に始動したアイドルレーベル「フジヤマプロジェクトジャパン」より1stシングル「夜空を全部」を10月27日にリリース。アイドルファンだけではなく、音楽ファンへも反響を呼ぶ。 音楽プロデュースを照井順政(ハイスイノナサ、siraph etc)が手掛けており、ポストロックとエレクトロニカを基調にした物語性の強い楽曲と表情豊かでまっすぐなパフォーマンスが唯一無二の世界観を作り出している。 2016年7月26日1stAlbum「sora tob sakana」リリース。7月23日渋谷WWWで行われた2ndワンマンライブ「境界線上のサカナ」はSOLD OUTし、大成功!アイドルシーン要注目の存在として勢いにのる!!

各フェスやイベントでその楽曲が高く評価されたsora tob sakanaの期待のminiAlbum「cocoon ep」を2017年4月11日release! 2017年4月30日には恵比寿LIQUIDROOMにて初の全編band setでのsora tob sakana 単独公演「月面の音楽隊」を開催!チケットはSOLD OUTとなった。 2018年2月12日には中野サンプラザにて主催イベント「天体の音楽会」を開催。

official HP

TOP