【連載】sora tob sakanaメンバー間インタヴュー 第1回 山崎愛が風間玲マライカに訊く

左から、山崎愛、風間玲マライカ

神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。先日、2月12日に東京・中野サンプラザで開催された主催イベント〈天体の音楽会〉にて、5⽉16⽇(⽔)にワーナーブラザースジャパンからメジャー・ミニ・アルバムのリリース、そして、7月1月(日)にsora tob sakana結成4周年記念ワンマン・ライヴを国際フォーラムホールCにて開催することが発表された。このダブルな嬉しい発表を祝して、OTOTOYでは4回に渡りメンバー間インタヴューをお届けしていく。初回となる第1回目の今回は、最年少の山崎愛が風間玲マライカにインタヴューを敢行。全ての質問を本人に考えてもらったため、全員の内容がかなり異なるであろうところも楽しんでもらいたい。

また、ロング・セラーとなった1stフル・アルバムであり、長らくこの作品のみ通常音源での配信となっていた『sora tob sakana』がOTOTOY独占でハイレゾ配信を開始。ハイレゾ用にマスタリングされたsora tob sakanaの14曲の世界を、素直な受け答えから個性が見えるメンバー・インタヴューととともにどうぞ。

ハイレゾ独占配信!
sora tob sakana / sora tob sakana

【Track List】
1. 海に纏わる言葉
2. 夏の扉
3. 広告の街
4. 夜空を全部
5. 魔法の言葉
6. まぶしい
7. My notes
8. Summer Plan
9. 帰り道のワンダー
10. おやすみ
11. Moon Swimming Weekender
12. 新しい朝
13. ケサランパサラン
14. クラウチングスタート

【配信形態】
24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC

【価格】
単曲 250円(税込) / アルバム 2,700円(税込)

INTERVIEW : 風間玲マライカ(sora tob sakana)

山崎愛です。私がインタビューする日がくるなんて思ってもいませんでした。
なぜなら事故りそうだから!
でも今回、貴重で初めてで、新しいことが出来て嬉しいです。
あまり綺麗な文にはなってないかも知れませんが、結構お話出来たかも? (笑)
2人で話すのは恥ずかしかったです!!

聞き手 : 山崎愛(sora tob sakana)
構成 : 田尻菜穂子
撮影 : ペータ

高校生になって、K-POPを聴くようになりました

──まず最初に、玲はいろんな洋服を着ているけど、ファッションで気をつけてることは何ですか?

風間玲マライカ(以下風間) : 無いよ! 私は着たい服を自由に着るようにしてるんですよ。

──なるほど。そうなんだ。

風間 : だからあんまり拘ったりとかはせずに着たい服を着てて。気をつけてることは、鏡で見たときにそこまでダサくないかなっていう服で上と下選んだりとかしてるね。

──次にいきたいと思います。好きな動物を教えてください。

風間 : 最近友達の家に泊りに行って、その家は犬を飼っていて、触ってめっちゃ可愛いなと思った。だから犬は結構好きかな。

──なるほど。

風間 : 家でハムスターを飼ってるんだけど、ほぼ弟が世話見てて。私はその姿をあまり見てないの。だからあんまり飼ってるって自分では言えないんだけど。何だろうね。可愛いと思うんだけど、好きというか、「好き? 」って言われたら好きかなって感じ。

──本、読んでますか?

風間 : 読んでま...す! って言いたい!

──前、読み始めたって言っていろいろ読んでたから、そこからお勧めを貸そうかな、って思ったらもう読んでないよね(笑)。

風間 : 今は、携帯で読むことが多いかもしれないかな。

──そうだね。

風間 : あとね、本で読むんだけど途中で飽きちゃう。ずっと1日中本を読むみたいなことをしてたら全部読めるんだけど、1回読まなくなったら本を読むこと以外のことをしたくなっちゃって、本を読む時間が少なくなっちゃう。

──なるほど。

風間 : まあ、何もする時間がなかったら読みたいけど、本を読む以上にしたいことがたくさんありすぎちゃって、読む時間が割けない。でも、読んでるときはすごい楽しいよ。

──今度貸したい本あるから、読んでね。

風間 : 読む。「何日まで」って決めてくれたらその日までに絶対読む。

──図書館みたいだね(笑)

風間 : そういうことしないと、ほんとに「じゃあ、いいや」って他のことに時間使っちゃうからさ。

──読んでくださいね。じゃあ、次。ハマってるものを140字で語ってください。

風間 : え、ハマってるもの?

──うん。

風間 : 私は、K-POPのTWICEっていうグループにハマってます。

──以外と短いよ、喋ると。何でいいかとかを教えてください。

風間 : 好きになったきっかけは、去年の夏にTWICEが話題になってからです。それで「可愛い! 」と。それまでは苦手でした。

──苦手だったの?

風間 : K-POPを聴いたこともないのに、中学生まで苦手意識が半端なくて。だけど高校生になって「TWICEめっちゃいいじゃん」って、K-POPを聴くようになりました。TWICEの中ではツウィちゃんが好きなんです。すごい完成されてるじゃないですか、そういう完璧に憧れて。最近、TWICEカフェっていうのが渋谷で開催されているんですけど、そこに行ってすごい楽しかったです!

──うふふ(笑)。

風間 : 最近は…

──140字絶対超えてるから! (笑)。

風間 : 最近はTWICE以外にもIUちゃん、Pristinとか、いろいろ聴いてます。

──結構聴くってこと?

風間 : うん。

昔は○○○が嫌でした

──では次です。秘密はありますか? 暴露してください。ここだけの話。

風間 : 秘密?

──ここだけの話で暴露してください。

風間 : 秘密? 自分の秘密ってこと?

──まだみんなに言ってないこと、ありますか?

風間 : え、言ってないこと?

──あるでしょ、1つや2つぐらい。わかんないけど。

風間 : 結構あるかもしれない。

──どうぞ。

風間 : 実は、下の歯が崩れてきた。

──ちょっと待って(笑)。

風間 : え? そういうことですか?

──いいね(笑)。

風間 : あとは、実は2キロぐらい太ったとか。

──あはは(笑)。 ちょっと(笑)! 面白い。

風間 : あとは、実は、まつげを抜く癖があるとか。

──ちょっと待って、どういうこと?

風間 : なんか、まつげを脱いちゃうの。気になっちゃって。癖? ストレス?

──私が思ってた秘密とちょっと違ったんだけど(笑)。

風間 : 本当に隠すことが無い!

──いいことなのかな。

風間 : あとは何だろうね。実は...。

──あるかな、もっと大きいの。

風間 : 私、ハーフなんですけど、昔はハーフが嫌でした。今は、他よりはちょっと個性があるかな? だから良いかな。

──じゃあ、次ですね。メンバーに物を申してください。

風間 : え、どういうこと?

──なんか言いたいことある? メンバーに。

風間 : メンバーに言いたいこと?

──全員で言うと言えないじゃん、「ズバッ!」って。玲なら言うのかな、わかんないけど。ちょっと言いたいことある?

風間 : ああ、ある。

──あるの? (笑) どうぞ。

風間 : なっちゃん(寺口)は、すぐ最近ふざける。

──あはは(笑)。

風間 : 真面目なところが少なくなってきちゃったから、もうちょっとそこを真面目にした方がいい。

──結構根が真面目じゃん。そんなふざけてるの?

風間 : 別にいいと思うんだけど、もうちょっとしっかりしてほしい。

──年相応みたいな?

風間 : そう。年上だしね、一応。

──まあね、最年長ということ。ある? 別に個人じゃなくてもズバッと言いたいみたいな。あんまない?

風間 : 愛ちゃん。

──あ、どうぞ。

風間 : 最初の方は、愛ちゃんが加入したときはめっちゃ敬語で超可愛かったのに、今ははっきり言うよね。

──よく言われる。

風間 : 素っ気ない。

──でも、前からクールとは言われてたよ。

風間 : 最初の方は隠してたんだと思います。

──うん、そうだね。

風間 : 結構言うこと言うようになったかな、みたいな感じ。

──慣れたからね。

風間 : うん。そんな感じ。

──風花にはありますか?

風間 : 風花ね。あんまりないかな。

──無いの?

風間 : 物申すことがない。

──完璧?

風間 : 完璧? 物申すことがないの。

──いい子だね、みたいなそんな感じ?

風間 : 物申すことはないかな。前と変わらずみたいな感じ。

──なるほど。じゃあ、活動でいちばん泣いた場面は。いろいろ泣いてきたじゃん、玲?

風間 : え?

──結構泣いてるじゃん、玲。

風間 : いつ?

──大きいライヴの前とか。いちばん泣いたと思うのは何?

風間 : 中野サンプラザでしょ。

──最近だね。

風間 : 中野サンプラザでバンド・セットのライヴが終わった後に、お客さんにメジャー・デビューの報告ができたことが嬉しすぎてだと思うんですけど、裏に行った瞬間に泣いちゃって。めっちゃ大泣きしたよね。

──泣いた原因は。

風間 : 原因は全然わかんないけど、なんか泣いちゃった。多分、ほんとに嬉しかったんだと思います。嬉しい報告をみんなにできてよかったなって思って泣いたんだと思う。

──スクリーンでの発表が終わった後、みんな結構ウルってきてたよね。

風間 : そこも堪えてたんですよ。そこも嬉しい意味で。

──そうなんだ。楽しくてあんま覚えてないんだけど。感動したんだ。よかったね。おめでとう。

風間 : はい。ありがとうございます。

皆さんついてきて欲しいです

──スタッフさんに言いたいこと。ある?

風間 : なんだろう。アバウトすぎる。うーん。

──あんま無いの? これからメジャー・デビューとかするから、こういうところをこういう風にしたいみたいな。言いたいこととかいろいろあるんじゃないのかなって。

風間 : 誕生日とかバレンタインとかでお菓子とかプレゼントくださるの嬉しいです。ありがとうございます。

──ファンの人に言いたいことは?

風間 : ファンの人? いつも応援してくださってありがとうございます!

──なんかすごいありきたりなこと言ってるけど(笑)。

風間 : でも、いつもライヴにきてくださる方とか、特典会とか、Twitterとかでコメントくださる方とか、たくさん私たちのこと応援してくださっているのが凄く嬉しいです。これからもっと大きくなっていきたいんですけど、皆さんついてきて欲しいです。よろしくお願いします。

──では次です。メンバーで家族構成で例えるなら?

風間 : なっちゃんは、末っ子。

──それはそうだよね。

風間 : 犬とか。

──人間じゃ無いじゃん。

風間 : いい意味でね。

──小動物的な?

風間 : 愛ちゃんはね、

──楽しみだな。

風間 : お兄ちゃんみたいな感じ。

──性別違うじゃん。

風間 : お兄ちゃん実際にいないからわかんないけど、クールなイメージがあるから。

──やった! なのかな。

風間 : あと風花ってほんとわかんない。何?

──外来生物的な感じ?

風間 : うん。みんな言った?

──玲が言ってない。

風間 : 玲も? 自分で? 玲は多分お母さんだと思う。

──自分で? まあ、いいんじゃない?

風間 : そう思う。

──愛から見たら、玲の方がペットかなって思った。

風間 : どこが?

──なんだろね。ペットっぽいよね。ウサギの真似とかしてそう。

風間 : ウサギの真似ってよくわかんないけど。

──ウサギっぽいなって思ってたんですけど。

風間 : ありがと。

ステージに立ったときは「いちばん可愛い」とか思うようにしてます

──次にいきます。メジャー・デビューということで、やりたいことがいろいろ待ってると思うんですけど、どうですか?

風間 : 個人的な活動では、テレビとかに出たくて。

──個人でってこと?

風間 : 女優を目指してるので、テレビや映画に出たいです。CMも出てみたい。ハーフだし、ハーフを武器にして何かできたらなと思ってます。sora tob sakanaでの活動は、日本以外でもライヴをしたいので、海外ライヴをしたいです、たくさん。ツアーもできたらいいなって思ってます。

──行きたい国はありますか?

風間 : 行きたいところは、イギリスとかグアムとか。

──グアムってすごいピン・ポイント。

風間 : あと、イビザ?

──ああ。トントンさんが前、お土産をくれたんだよね。

風間 : VJのトントンさんっていう方がそこに結構行かれるんですけど、話したり写真見たりして、すごいいいところだなって思って行きたいなって思いました。あとは世界遺産とか回りたいです、みんなで。

──わかる。もう旅行の話になっちゃうけど。旅行したいです。

風間 : あと韓国は行きたいです。

──いまハマってるもんね。じゃあ、メンバーの好きなところ教えてください。

風間 : 1人ずつ?

──いっぱいあるよね?

風間 : なんでプレッシャーかけるの! 3人でいい?

──3人で1つしかないの?

風間 : 違うよ! sora tob sakanaのみんなは、ライヴの前に本当に今日は頑張ろうねとか気持ちを言い合えて、ライヴでは集中して世界観を出したりするところが好きです。愛ちゃんの好きなところは、髪の毛がまっすぐ。あとは、歯が可愛い。

──褒めてるの? 好きなところ?

風間 : 今から言うのは全部褒めてるところだから。本とかめっちゃ読むよね。

──そうだね。

風間 : それがいいなと。

──性格のことが何1つ言われない。

風間 : 性格は、たまに突っ込んだりするところが他のメンバーにはないところなんで、突っ込む人がいないと成り立たないからそういうところはいいなって思います。たまにブログとかでグッとくることを書いたりしてて、それがいいなって思います。あと最年少なんですよ。1人だけみんなより2年ぐらい年が離れてるんですよ、だけどダンスとか歌とかもついてきてて、すごいなって。自分だったら絶対できないなって思うので。

──嬉しいですね。ありがとうございます。

風間 : なっちゃんは、さっきまでうるさいとか言ってたけど、それもいいのかなと思います。

──うるさいところ(笑)。

風間 : かぶるけど、ブログでめっちゃいいこと書くので、それがすごくいいなと思います。すごい個性を持ってるから、なっちゃんにしかできないこととか持ってるんですよ。見た目も可愛いし。八重歯とか。声も特徴的で響くし。アニメとか好きでいいなと思います。やっぱり、変なところあるんだけど、ちゃんと周りを見てるのかなって思います。

──なるほど。

風間 : 風花は、昔はすぐ泣いたりしてて。なんでこんなすぐ泣くのって思ったことあったけど、最近は全然泣かなくなったし、強くなったなって思います。前は少しの失敗で泣いたりしてたけどね。何事にも全力ですごいなって思いなす。小さいことでも大きなことでも。絶対私はそこまでできてないと思うし、そういうところは同い年として見習いたいなと思います。でも全力でやってるからなんだろうけど、体調崩しちゃう時もあるので、もうちょっと自分ひとりでやるんじゃなくて周りを頼ったらいいじゃないかなって思います。

──いいこと言うじゃないですか。じゃあ、玲が自分の好きなところは?

風間 : 目の色が好きです。

──それだけなの?

風間 : うん。

──もっといっぱいいいところあるよ。

風間 : ありがとう。

──どういたしまして。なんかさ、ネガティブなところ多いじゃん。

風間 : そうだよね。ほんとそうだよね、すごく。

──どうなんですか? そういうところ。

風間 : ネガティブなんですけど、ステージに立ったときは、絶対自分がいちばんとか、結構ポジティブなこと思わないと頑張れない人なんで、「今、自分がいちばん輝いてる」とか「いちばん可愛い」とか思うようにしてます。じゃないとできなくなっちゃう。そういうのでモチベーションあげてます。

──初耳だった。

風間 : でもそれ終わったらまたネガティヴに絶対戻っちゃう。

──そうね。いつもライヴ終わったあと言うもんね。

風間 : ライヴでは。

──いつも思ったことを全部口に出すじゃん。そういうところがいいなって思うんだけど、自分でどう思ってる?

風間 : 別にいいんじゃないかな。それがきっかけでみんなわかってくれればいいなって。です。

──じゃあ、締めの1言をおねがいします。

風間 : あ、もう終わり? あんまり上手く答えられなかったんですけど、ちょっとでもわかってもらえたらいいなって思います。以上、風間玲マライカでした。さようなら。あ、後の3人も楽しんでください。

DISCOGRAPHY

LIVE INFORMATION

結成4周年記念ワンマンライブ
2018年7月1月(日)@国際フォーラム ホールC

PROFILE

sora tob sakana

2014年7月結成。風間玲マライカ、神﨑風花、寺口夏花、山崎愛の4人からなる平均年齢15歳のアイドルユニット。 ASOBISYSTEM×アイドル横丁によって2015年5月に始動したアイドルレーベル「フジヤマプロジェクトジャパン」より1stシングル「夜空を全部」を10月27日にリリース。アイドルファンだけではなく、音楽ファンへも反響を呼ぶ。 音楽プロデュースを照井順政(ハイスイノナサ、siraph etc)が手掛けており、ポストロックとエレクトロニカを基調にした物語性の強い楽曲と表情豊かでまっすぐなパフォーマンスが唯一無二の世界観を作り出している。 2016年7月26日1stAlbum「sora tob sakana」リリース。7月23日渋谷WWWで行われた2ndワンマンライブ「境界線上のサカナ」はSOLD OUTし、大成功!アイドルシーン要注目の存在として勢いにのる!!

各フェスやイベントでその楽曲が高く評価されたsora tob sakanaの期待のminiAlbum「cocoon ep」を2017年4月11日release! 2017年4月30日には恵比寿LIQUIDROOMにて初の全編band setでのsora tob sakana 単独公演「月面の音楽隊」を開催!チケットはSOLD OUTとなった。 2018年2月12日には中野サンプラザにて主催イベント「天体の音楽会」を開催。

official HP

 
 

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回
[CLOSEUP]・2018年06月19日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回──Jorja Smith 『Lost & Found』 今年もあっという間に折り返しの6月! 梅雨入りの日本列島ですが激しい寒暖差に体調を崩しがちな今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 先月の特集では、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化について紹介しました。今月は新たにUKから現れた、現在21歳のR&Bシンガー、ジョルジャ・スミスをピックアップ。ビック・アーティストたちからも多くの賛辞を浴びる彼女の待望となるデビュー作に迫ります! 8月にはサマソニにて来日も控えてますよ〜! >>先月号、第16回(2018年5月)はこちら 今月ピックアップ! UKから現れた新たなR&Bの新星によるデビュー作!Jorja Smith / Lost & Found'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,543円(税込)【収録曲】''01. Lost & Found02. Teenage Fantasy03. Where Di
by 斎井 直史
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ──【第15回】iFi audio「xDSD」
[TECH]・2018年06月18日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第15回】iFi audio「xDSD」 現代の音楽視聴環境に寄り添うポータブル・デバイス 音楽の世界では近年、ストリーミング・サービスの成長がめざましい。2017年にはストリーミングは全世界で40%の売り上げ増を記録。日本でも売り上げは20%増となっている。Apple MusicやSpotifyなどで曲を検索して、すぐに聴くというライフ・スタイルが日常的になっている読者も少なくないことだろう。OTOTOYは音楽のダウンロード販売のサイトだが、実はサービスの中にストリーミングに近いものを含んでいる。iOSやアンドロイド用のOTOTOYアプリを利用してもらうと、OTOTOYで過去に購入した楽曲やフリーダウンロードの曲をすぐに聴くことができる。スマートフォンの中にファイルを持ち歩かなくても、いつでも思い出したときに聴けるのだ。 ●OTOTOYアプリ App storeからのDLはこちら ●OTOTOYアプリ Google PlayからのDLはこちら さらに、今年始めにスタートした「Collections」のサービスではPC上にOTO
by Reviewed by Kentaro Takahashi
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (後編)
[CLOSEUP]・2018年06月15日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編) INTERVIEW : 高橋 Rock Me Baby((株)フォーライフ ミュージックエンタテイメント / (株)ユイミュージック)【後編】忌野清志郎にとって激動期となった80年代後半から、〈東芝EMI〉の宣伝担当として音楽業界へと足を踏み入れた高橋 Rock Me Babyさん。現在でも語り草となっている、THE TIMERS(ザ・タイマーズ)が地上波テレビ番組生放送で起こした「FM東京事件」では、スタジオでその一部始終を目撃している。インタビュー後編では、事件の前後に起こっていたこと、そして後に清志郎が行ったゲリラ・ライヴについて。また、「清志郎さんの音楽は、あくまでも娯楽だから後々にも残る音楽になってる」という高橋さんに、好きな清志郎楽曲3曲と1枚のアルバムについて、その魅力を存分に語ってもらった。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys もしかしたら「これはチャンスだ」と思ったのかも──
by 岡本 貴之
【短期連載2/3】GANG PARADE「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人体制のいま、Zepp以降の未来
[GANGPARADE]・2018年06月04日・【短期連載2/3】GANG PARADE「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人体制のいま、Zepp以降の未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 >>短期連載1/3「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 9人体制初シングルを配信スタートGANG PARADE / GANG 2【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信
by 西澤 裕郎
【短期連載3/3】GANG PARADE「初期メンバー3人」に訊く、いまの3人の関係性、9人体制、これからの未来
[GANGPARADE]・2018年06月05日・【短期連載3/3】GANG PARADE「初期メンバー3人」に訊く、いまの3人の関係性、9人体制、これからの未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 >>短期連載1/3「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来>>短期連載2/3「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 9人体制初シングルを配信スタートG
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)
・2018年06月01日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編) INTERVIEW : 高橋 Rock Me Baby((株)フォーライフ ミュージックエンタテイメント / (株)ユイミュージック)【前編】忌野清志郎の長きにわたる活動の中で、この連載でも度々話題に上る作品が『COVERS』(1988年8月15日)だ。RCサクセションによるはじめての洋楽カヴァー・アルバムとなったこの作品は、その内容と発売をめぐり社会的な騒動へと発展した。今回ご登場いただく高橋 Rock Me Babyさんは、当時のRCサクセションの所属レコード会社〈東芝EMI〉の宣伝担当として、まさに騒動の渦中に身を投じた人物だ。『COVERS』騒動、『コブラの悩み』、そしてさらに騒動を巻き起こすTHE TIMERS(ザ・タイマーズ)の出現。あの時あの瞬間、本当は何があったのか? そのとき忌野清志郎はなにを思っていたのか? 前後編にわたりじっくり読んでほしい。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Ba
by 岡本 貴之
【短期連載1/3】GANG PARADE「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来
[GANGPARADE]・2018年05月25日・【短期連載1/3】GANG PARADE「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 9人体制初シングルを配信スタートGANG PARADE / GANG 2【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 201円(税込) / アルバム 800円(税込)【Track List】1.
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)
・2018年05月18日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第8回》高橋靖子 INTERVIEW : 高橋靖子(フリー・スタイリスト)忌野清志郎といえば、ステージやテレビ番組、CM出演時のド派手なファッションがすぐに目に浮かぶ。そんな清志郎の衣装スタイリングを手掛けた中のひとりが、今回ご登場いただく高橋靖子さんだ。1960年代からフリーランスで活動をはじめ、日本のスタイリストの草分け的存在として、デヴィッド・ボウイら数々のロック・アーティストのステージ衣装のスタイリングを手掛けてきた“ヤッコさん”こと高橋さんから見た普段の忌野清志郎は、とてもシャイで純粋な人物だったようだ。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 清志郎さんはとてもシャイな方でした──高橋さんはみなさんに「ヤッコさん」と呼ばれていらっしゃるそうですが、私たちもヤッコさんと呼ばせていただいていいですか? 高橋 : もちろんです、そうしてもらった方がうれしい(笑)。 ──ありがとうございます! では最初にご紹介させていただきますが、ヤッコさんは
by 岡本 貴之