いま聴くべきは、こいつらだ! ──2018年最初の、OTOTOYおすすめ10選

昨年2017年も、CHAIやバレーボウイズ、台風クラブをはじめ、数多くのニュー・カマーが登場し、傑作を生み出すことでインディー・シーンを盛り上げていましたね。さて年は変わって2018年。今年はどんな音楽と出会うことができるのでしょうか?! 2018年に入り、2ヶ月が経とうとしているいま、今年にはいって、すでにリリースされたOTOTOY的おすすめ10選を掲載! 2018年のはじまりはこいつらから! それではいってみましょ〜!!

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ『トランシーバ・デート』

2018年、まず注目していただきたいのはこちら! “ハッピーサッドの先にあるハッピー”を歌う5人組ロック・バンド、キイチビール&ザ・ホーリーティッツです! Theピーズやホフディランなど、90年代のロック・バンドの影響を感じさせつつも、彼ら独特のユルくて鋭いサウンドを展開するこのバンド、あなたのハートをグッと掴むこと間違いなし! 1stアルバム『トランシーバ・デート』には、現段階の彼らの代表曲「パウエル」をはじめ、ヴォーカルのキイチビールのかわいらしい実話エピソードを歌った「トランシーバ・デート」などを収録。さらにKD(Cho)がリード・ヴォーカルをとった「プラスチックラブ」や、iPhoneの《GarageBand》でつくられた「ロケット裸族」など、これまでの作品以上にユニークな遊び心も炸裂しています! もっともっと今作を、そしてキイチビール&ザ・ホーリーティッツを知りたい方は、岡村詩野によるロング・インタヴューもチェックです。


【今作に関する特集ページ】
https://ototoy.jp/feature/2018020701

【キイチビール&ザ・ホーリーティッツ Twitter】
https://twitter.com/kiichibeer

本日休演『アイラブユー』

本日休演、およそ2年ぶりのリリースとなる待望の3rdフルアルバムもハイレゾで登場しております! 2015年12月に一度脱退した佐藤拓朗(Gt,Cho)のバンドへの復帰や、制作期間中にソングライティングも担っていたメンバーの埜口敏博(Vo,Key)の急逝など、多くの出来事を経て完成した今作。埜口が残した音源を再構成した楽曲をはじめ、OMSBや入江陽といった気鋭の客演陣も参加し、ロック、サイケ、パンク、ポップ、レゲエ、呪術、ジャズ、カントリー、暗黒舞踏、ラグタイム、アンビエント、テクノ、ダブ、童謡などなど…… さまざまなサウンドを取り入れた彼ららしいユニークなサウンドもばっちり決まっています。若者たちの歌謡集であり、故・埜口敏博へのレクイエムとも言える今作。自分たちを素材として扱うという、形式を超えた“エモさ”を発揮したアルバムとなっています。制作に関して深くまで掘り下げたインタヴューとともにぜひ。


【今作に関する特集ページ】
https://ototoy.jp/feature/2018020802

【本日休演 公式HP】
http://honjitsukyuen.wixsite.com/qyen

Taiko Super Kicks『Fragment』

限りなくおおらかなメロディーと軽やかな実験精神でインディ・ポップ・シーンにゆらめきをもたらした前作『Many Shapes』から約2年、“Taiko Super Kicks”の待望の新アルバム『Fragment』が登場。新鮮さと懐かしさが混在する不思議なサウンドと、細やかで広がりのあるアンサンブル、どこまでもしなやかに拡張されていくTaiko Super Kicksの音楽はさらなる成長を遂げています! 『Fragment』というタイトルの通り、さまざまなものの断片を見て、そして様々なものに対しての新たな発見が描かれていると感じた。ずっと聴いていても飽きない、だけど毎回新たな発見をすることができる、そんな作品となっています!

レーベル Taiko Super Kicks / LESS+ PROJECT.  発売日 2018/02/07

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


【今作に関する特集ページ】
https://ototoy.jp/feature/20180207

【Taiko Super Kicks 公式HP】
http://taikosuperkicks.com/

下津光史『下津光史歌集』

踊ってばかりの国のオリジナル・メンバーであり、全作詞、作曲、ヴォーカル、ギターを担当する下津光史の初のソロ・アルバム『下津光史歌集』。そのタイトルからもわかるとおり、シンプルに下津の歌と、コーラス、アコースティック・ギターの音で奏でられる楽曲。ついつい下津の歌に耳が奪われ、心地よさを感じずにはいられない。この心地よさの所以は、彼の歌声はもちろんだけど、言葉のハマり方だろう。そう、すべての曲で、違和感というものを感じることがなかった。そんな言葉たちが、フォーク、カントリー、ブルースに乗って奏でられる。そんなサウンドのもと、下津のルーツもわかる1枚となっています。

レーベル ツクモガミ  発売日 2017/12/20

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


【今作に関する特集ページ】
https://ototoy.jp/feature/2017122002

【下津光史 Twitter】
https://twitter.com/shimotsu_bot

Gateballers『「The all」=「Poem」』

上記の下津光史とともに結成したバンド、GODのギタリストとしても活動をしている濱野夏椰がギター・ヴォーカルを務めるGateballers。ソングライターである濱野の甘ったるくも気だるさを感じるヴォーカルと、サイケで儚いアンサンブルや、癖のあるメロディーがユニークな彼らが、2年ぶりのフル・アルバムを発売。今作は、リリースに伴ったインタヴューでも語ってくれているように、ロードムービー的な作品となっており、歌詞でも、そのサウンドでも“Gateballers節”が炸裂したアルバムです! 持ち前のポップさと、それに注入される実験要素が満載なので聴くたびに楽曲の新たな楽しみを感じられる。今作で、“Gateballersのサウンド”をより強固なものにしたのではないでしょうか。

レーベル ツクモガミ  発売日 2018/02/07

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


【今作に関する特集ページ】
https://ototoy.jp/feature/2018021402

【Gateballers 公式HP】
https://www.gateballers.com/

ポニーのヒサミツ『THE PEANUT VENDORS』

1stアルバム『休日のレコード』がタワレコメンに選出、〈カクバリズム〉より7インチ・シングル『羊を盗め』をリリースするなど、話題を呼んだ、前田卓朗によるカントリー・ポップ・ソロ・ユニット、「ポニーのヒサミツ」。実に4年ぶりとなる2ndフル・アルバム『THE PEANUT VENDORS』は、自身でも「1970年代のアメリカン・ロックとかカントリーとか、SP盤とか、そういう自分の好きな音楽がより前提となって楽曲もアルバムも作られていると思います」と語るように、より前田のルーツが打ち出されたアルバムに。日本人がカントリー・ミュージックをすることのジレンマに、真っ向から向き合った傑作です。


【今作に関する特集ページ】
https://ototoy.jp/feature/2018011703

【ポニーのヒサミツ 公式HP】
https://rockabyemybaby.wixsite.com/ponynohisamitsu

星の王子さまたち『Beautiful』

京都"爆裂都市"西院から世界へ! 奇妙礼太郎やゲイリー・ビッチェ(モーモールルギャバン)からも賞賛を受けているこの「星の王子さまたち」。2008年から活動をはじめ、今年で結成10周年を迎える彼らが、前作『星の王子さまたちの冒険』より、およそ5年ぶりとなる2ndアルバム『Beautiful』をリリース! 多くのメンバー・チェンジを経て完成されたという今作…… 正直言って、めちゃめちゃエモーショナルなロマンチック・ブルース的なアルバムとなっています!!! しかもこのアルバムは70'sロック、ガレージロック、パンク、フォーク…… などなど彼らの様々なルーツを感じられる楽曲が全10曲収録されています。2月28日(水)まで収録曲「星になる」「愛なんていらない」「シュガー」の3曲をフリー配信しているので、まずはそちらをチェック!

レーベル LUNPEN☆RECORD  発売日 2018/02/21

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


【星の王子さまたち Twitter】
https://twitter.com/princeofstars4

ハンブレッダーズ『純異性交遊』

きっとだれにだって好きな人を思って、むずむずとした感情を感じて、衝動に任せて走り出したくなったことがあるのではないでしょうか? いまは忘れてしまったそんな感情を思い出させてくれるのは、スクールカースト最底辺、「ネバーエンディング思春期」を掲げるロック・バンド、ハンブレッダーズですよ! 思春期だからこそ感じる青臭いく甘酸っぱい、そして「イケてない奴」なりの歌詞を、キャッチーなメロディに乗せる彼らの魅力は、初の全国流通盤となる今作『純異性交遊』でも炸裂しています!!! さらに今作収録の「DAY DREAM BEAT」「ファイナルボーイフレンド」の2曲には、スピッツのディレクターである竹内修が、サウンド・ディレクターとして参加し、バンドの進化を目指したアルバムに。学生時代に思い残すことが、なにか一つでもあるのならば、ハンブレッダーズの歌はきっとあなたの心にも届くはず!


【今作に関する特集ページ】
https://ototoy.jp/feature/20180117

【ハンブレッダーズ 公式HP】
http://humbreaders.com/

Lucie,too『LUCKY』

宇都宮発のガールズ・ポップ・バンド、Lucie,tooの1stミニ・アルバム『LUCKY』も届いております! にこちら、彼女たちにとって初の全国流通盤となるにもかかわらず、リリース前に先行公開された初のミュージックビデオ「Lucky」の再生数が30万回再生を超えるなど、話題を集める中でのリリースに。3人組らしくシンプルな演奏と、Chisa(Vo,Tg)のキュートな歌声、キャッチーでポップな楽曲ももちろんなのですが、彼女たちの最大の魅力は何と言っても歌詞でしょう! 女子大生らしい、イマドキ女子の気持ちを書いた、変に大人びていない等身大の歌詞には、胸キュン間違いなし! 恋をしている女の子にはぜひとも聴いてほしいアルバムになっていますよ〜。もちろん女の子だけじゃなくて男の子にもおすすめ!

レーベル THISTIME RECORDS  発売日 2018/02/07

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


【Lucie,too 公式HP】
http://lucietoojp.tumblr.com/

The Songbards『ages in the Room』

こちらも初の全国流通作品をリリースした、神戸発のロック・バンド、The Songbardsです! 彼らの音楽の注目すべきポイントは、曲によってメイン・ヴォーカルが変わる点だろう。現在は松原有志(Gt.Vo)と上野皓平 (Vo.Gt)の2人が主にメイン・ヴォーカルを務め、さらに岩田栄秀(Dr.Cho)、柴田淳史(Ba.Cho)のふたりもコーラスに参加。4人全員で織りなされるコーラス・ワークが堪能できる。今作収録曲には、疾走感あるロック・チューン「太陽の憂鬱」や、キラキラとしたギター・リフが光るミドル・ナンバー「春の香りに包まれて」など、楽曲ごとにバンドの印象を軽やかに変化させていく。ソングライターがバンド内に複数いることが彼らの楽曲にバラエティをもたらせている所以だろう。現在は松原と上野が主にソングライティングを手がけているが、将来的には岩田、柴田のふたりも曲をつくり、ヴォーカルをとることを目指しているという。さらに楽曲の幅が広がっていくであろう、The Songbardsの今後の動きは要チェックです!

レーベル Nowhere Works  発売日 2018/01/31

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


【今作に関する特集ページ】
https://ototoy.jp/feature/20180131

【The Songbards 公式HP】
http://thesongbards.com/

ピックアップ・アーティストの過去作はこちらから

 
 

コラム

【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第11回
・2018年06月14日・【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第11回 毎週木曜日更新中!編集部伊達が超独断と偏見でオススメMAG(Manga,Anime,Game)を紹介する連載コラムです! 今週も更新していきます! 雨が降ったり、ジメジメしたりと外に出るのが億劫な季節がやってきましたが、そんな日でも楽しめるコンテンツを紹介するのが本コラムです。というわけで今回はそんな雨のシーンも印象的な、こんなゲーム作品の紹介です。 From_. (フロム)Serina Nakajima氏が開発し、2017年11月にスマートフォン向けのインディーゲームとしてリリースされたこの作品、iphone /Andoroid 両方でプレイすることが可能です。水に囲まれた「水の国」という世界の中で、プレイヤーは手紙を届ける郵便屋として色々な人の話を聞きながらストーリーを進めていくという内容になっています。 青と黒のドット絵のみで描かれた世界観が本当に綺麗なんですよね。少し不穏というか、怪しげな雰囲気も含んでいるのですが、このビジュアルに全編ピアノ・ソロという音楽が非常に合っています。音楽と、映像、作品のストーリーが綺麗に寄りそいあっている
by 伊達 恭平
【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第 10回
・2018年06月07日・【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第10回 毎週木曜日更新中!編集部伊達が超独断と偏見でオススメMAG(Manga,Anime,Game)を紹介する連載コラムです! 季節の変わり目ですね、みなさん風邪にはお気をつけてください。今回から第10回! ということでついに二桁台に突入しました。まだまだ10回、されど10回なのでこれからも色々な作品を紹介させて頂きます! 今回は先日リリースされた音源の紹介になります! 「あさがおと加瀬さん。」オリジナルサウンドトラック 先日からOTOTOYでハイレゾ配信が始まったこちらの作品。私も普段からアニメやゲームのサントラを聴くのですが、このサントラ非常に良いアルバムだなと思ったのでご紹介させて頂きます! ぜひ、画面下部に表示されているプレイヤーで視聴しながら記事を読んでください! “haruka nakamura”や“小瀬村晶”や“聲の形”のサントラなど、アンビエント、エレクトロニカ、といったジャンルが好きな方にはこのアルバム、おすすめだと思います。 ハイレゾ音源配信中! rionos / 「あさがおと加瀬さん。」オリジナルサウンドトラック 【配信形
by 伊達 恭平
【ハイレゾ配信リリース!】3776メンバー井出ちよの、『季刊井出ちよの』ハイレゾ配信開始
・2018年06月08日・【ハイレゾ配信開始】3776メンバー井出ちよの『季刊井出ちよのVol.1&2』 富士山ご当地アイドル3776(MINANARO)のメンバーである井出ちよのが、7月27日(金)に渋谷O-nestにて開催される『3776を聴かない理由があるとすれば』の再現ライヴを記念して『季刊井出ちよのvol.1』と『季刊井出ちよのVol.2』をハイレゾ配信開始! 今回OTOTOYではVol.1とVol.2の2タイトルをハイレゾ独占配信、さらに購入特典としてブックレットが付属されます! 夏に実施される再現ライヴの前に、ぜひチェックを! (伊達) 井出ちよの、3776 / 季刊井出ちよのVol.1 購入特典 ブックレット付き!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC >>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 162円(M1,2,3,6)108円(M4,M5,M7)(税込) / アルバム 810円(税込)※M6のみ、 44.1kHz24bitの音源を元に96kHzでマスタリングした楽曲となります。【Track List】''1. ちよののおしゃべり1[2017autumn]-- 井出ちよの
by 伊達 恭平
【祝! 結成10周年!】ももいろクローバーZ、初のベスト・アルバム & 過去作が一挙ハイレゾ配信スタート!
・2018年05月30日・【祝! 結成10周年!】ももいろクローバーZ、初のベスト・アルバム & 過去作が一挙ハイレゾ配信スタート! 新たなる幕開けをスタートさせ、5月23日に結成10周年を迎えた“ももいろクローバーZ”が、記念すべき10周年の節目に、“初”となるベスト・アルバム『桃も十、番茶も出花』をリリース! 「行くぜっ!怪盗少女」、「Z伝説 〜終わりなき革命〜」、「サラバ、愛しき悲しみたちよ」などの代表曲や歴代シングル、新曲を含めた全25曲が収録された10年の歴史を感じる濃厚なベスト・アルバムに! OTOTOYでは今作のハイレゾ配信がスタートするとともに、過去作も一挙ハイレゾにて配信スタート! シングルやアルバムにしか収録されていない隠れた名曲たちも、ぜひこの機会に良い音でチェックしてみるのはいかが!? 結成10周年!! 初のベスト・アルバム!!ももいろクローバーZ / 桃も十、番茶も出花'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(配信形態 24bit/96kHz) / AAC>>> ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 540円(税込) / アルバム 4,800円(税込)【収録曲】1. ももいろパンチ2. 未来へススメ!3. 行
【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第9回
・2018年05月24日・【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第9回 毎週木曜日更新中!編集部伊達が超独断と偏見でオススメMAG(Manga,Anime,Game)を紹介する連載コラムです! 先日、映画『レディ・プレイヤー1』を4DXで観てきました。巷では「Oculus Go」が話題になり、VRや仮想現実の世界が身近に感じられる様になってきた今日このごろ。映画があまりにもおもしろかったので、自分もそろそろこの波に乗ってVRデビューしようかと考えております。技術の進化と共に、ゲームやアニメの世界もこの先どのように変化するのかとても楽しみですね〜。というわけで、今回はそんな技術が発展し、アンドロイドのいる生活が日常となった世界を描いた、こちらの作品をご紹介! イヴの時間 Are You Enjoying the Time of EVE ? 今作は2008年からインターネット上で全6話が公開され、その6話を編集した完全版が2010年に劇場公開されました。なんと絵コンテ、演出、3DCG、撮影、編集、音響監督、原作、脚本、を監督の吉浦康裕氏が全てこなしております。 登場するアンドロイドたちは人間との判断が見た目からでは難しく
by 伊達 恭平
【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第8回
・2018年05月17日・【連載】OTOTOY伊達の「MAGに時間を!!」第8回 毎週木曜日更新中!編集部伊達が超独断と偏見でオススメMAG(Manga,Anime,Game)を紹介する連載コラムです! 普段の生活で色々な作品を観たり聴いたりすると「お、なんだこれは。最高だな。」と思うことが多々あるのですが、じゃあ始めてそう思った作品って何か覚えてますかと聞かれると全く思い出せません。私の場合は、小さい頃に読んでいた漫画や遊んでいたゲームが未だに好きだったりするのですが、もうどの作品が一番好きとかは決められないです。先日、あるバンドが10年ぶりに復活のニュースを出して大きな話題になっていましたね。ベクトルはすこし違うかもしれないですが、やっぱり過去に好きだったものってどんな人もなかなか忘れられないんだなあと思った次第です。という訳で、今回は小さい頃から私が未だに大好きな作品について書かせて頂きます! 魔法陣グルグル この作品3度アニメ化してまして、アニメ最新作は2017年7月から12月まで放送されていました。漫画の連載も一度は完結したものの、正統派続編である「魔法陣グルグル2」が、『ガンガンONLIN』にて連載されています。な
by 伊達 恭平
【お知らせ】〈ワーナーミュージック〉のカタログ全タイトルが順次配信スタート!!
[PICKUP]・2018年06月22日・【お知らせ】〈ワーナーミュージック〉のカタログ全タイトルが順次配信スタート!! OTOTOYは2018年5月1日(火)に、ワーナーミュージックと契約。これより、ワーナーミュージックの持つ、洋楽、邦楽さまざまなタイトルの音源を配信開始いたします。 まずは2018年、洋楽、邦楽ともに新譜のハイレゾ音源を中心に配信がスタート。今後も継続的にワーナーミュージックが持つ膨大な、配信可能な全カタログ音源(ハイレゾ / aac含む)が配信されていく予定です。 またこの配信に合わせて、OTOTOYの会員向けメールマガジンにおいて、「ワーナー音源配信開始記念! おトクに買い物クーポン」と題して、1,500円以上の音源ご購入で300円オフとなるクーポンを配布しますので、この機会にぜひご利用ください。(クーポンの利用方法はこちら、詳細は下記にて) >>ワーナーミュージックのタイトルはこちらにて随時追加中!!
【岡村詩野音楽ライター講座】矢島和義(ココナッツディスク)に訊く2018年注目のバンド
・2018年04月28日・【岡村詩野音楽ライター講座】ココナッツディスク、矢島和義に訊く2018年注目のバンド 岡村詩野が講師を務め、音楽に関わるさまざまな表現を学ぶ場『岡村詩野音楽ライター講座』。2018年の1月期では「新人を発掘し、紹介する方法を学ぶ」をテーマとし、CDのリリースもまだ1枚、さらに言うとCDリリースもまだしていないような新人アーティストを選出し、その魅力を伝える原稿を執筆してきました。本ページでは、今回の講座の最終回にゲスト講師として登場していただいた、ココナッツディスク吉祥寺店の矢島和義さんと岡村詩野の公開インタビューを掲載。今回矢島さんはSaToAというバンドを主軸に、彼女らの楽曲から想起される過去の名盤について語ってくれています。またライター講座の講座生によって選定された、2018年注目アーティストについてのレヴューも、後日掲載予定です。この記事が、まだ見ぬ素敵な音楽に出会うきっかけになるかも!? 今回紹介したSaToAの最新作はこちらから SaToA / スリーショット'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz)【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 1,500円(税