《12ヶ月連続配信企画、第12弾》──goodtimes、ラストを飾る不器用な彼らなりの愛あるメッセージ

10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らの第12弾シングル最終作「終わりを迎えた後のこと」の配信がスタート。この連載は今回で最終回となるが、あなたのこれからへの願いが込められた楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。

goodtimesがあなたに贈る12ヶ月連続配信最終作

goodtimes / 終わりを迎えた後のこと

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 250円(税込)

【収録曲】
01. 終わりを迎えた後のこと


goodtimes「終わりを迎えた後のこと」Music Video

REVIEW : ラストを飾る、不器用な彼らなりの愛あるメッセージ

ついに今回で最後となるgoodtimesの12ヶ月連続配信。今回のシングルは、「終わりを迎えた後のこと」といった失恋後の切なくも優しいラブソングだった。消えて思い出してもらえなくなるよりも、思い出して泣いてくれれば嬉しい、自分のことで相手の心を揺さぶることができていることに喜びを感じてしまうといった厳禁な一面を見せる主人公の歌だ。

なぜこのテーマが、最後の曲に位置づけられたのか。その答えは、歌詞に耳を傾けることですぐにわかった。この12ヶ月間の配信シングルのこと、この企画の終わりを迎えた後も、どれか1曲だけでもいい、どのフレーズでもいいから、その言葉や曲に心揺さぶられてくれれば嬉しいだなんて、なんてgoodtimesらしいんだ。ストレートな音楽性ながらも素直に表現しきれない照れ臭さも感じられる屈折した愛のある1曲...

いつでも いつまでも 君が幸せであるように
少しでも 君の日々に 関われたことを 嬉しく思っている

この1年、忘れてしまっていたさまざまな気持ちを思い出させてくれたし、見える景色を一層彩ってくれたりと、彼らは私たちをずっとわくわくさせ続けてくれた。そして企画のラストを飾る配信曲は、不器用な彼らなりの愛あるメッセージ。さまざまなシチュエーションを彷彿とさせる曲の数々、優しく寄り添うような歌い方と音色を見せるかと思えば、背中を蹴り飛ばすようにして前に進ませようとする強引さがあったりもする楽曲達。

ぶっきらぼうながらも、人の芯のその温かみに触れることを得意とするgoodtimesの曲の虜になった人は、この配信シリーズでたくさんいたはずだ。配信された全12曲をもう一度聴きながら、彼らのこれからを見届けていこうと思う。いつでもいつまでも...

(Text by 宮尾茉実)

12ヶ月連続配信企画堂々完結!

goodtimes / beyond

goodtimes記念すべき初の配信音源。ダサい言い回しでなんかで少し古臭い。でもでも気づけば口ずさんじゃっている。あんまり書いたことない曲だなと思いつつ、すごく無理のない曲になったというか。(Vo.井上朝陽)

「beyond」のレヴュー記事はこちら


goodtimes / sunny

強引なのいいなーとか、もし思ってしまった方。ダメですよ。こんな色んなとこ雑で、そういう時そういう事言っときゃいいみたいな男はろくなもんじゃないですよ。そうですね、私です。身勝手な男目線のどうでもいいラヴ・ソング。これは踊らねば。って事でMVで踊ってみました。そちらも是非。(Vo.井上朝陽)

「sunny」のレヴュー記事はこちら


goodtimes / 君の待つ場所

らしさなんて無駄なこと考えてないで手動かせよって思うことがよくあります。周りから飛んでくる辛辣な言葉を華麗にかわせずに倒れそうにもなったり、時にはきつい言葉で友人に背中を押されながら、君の待つ場所まで今日もなんとか歩いています。(Vo.井上朝陽)

「君の待つ場所」のレヴュー記事はこちら


goodtimes / 午前2時

今回は私事で皆様に多大なご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。相手の方を傷つけ、大切な人を裏切ってしまったことを深く反省しており、一生をかけてウンタラカンタラとかいうコメントを発表する日がもし来たら後ろでこの曲流しといてください。(Vo.井上朝陽)

「午前2時」のレヴュー記事はこちら


goodtimes / 灰色

よくそんなひどいこと言って人を傷つけられるね? こっちがあんなひどいことをするからって? そんなつもりはないですよ。付き合いのうまそうな彼の様になりたい。何言われても自分を貫いてそうなあの人が羨ましい。もうめんどくさいからいっそ近寄らないでほしい。(Vo.井上朝陽)

「灰色」のレヴュー記事はこちら


goodtimes / 不満

身近な不満は大体自分のせいだったりする。(Vo.井上朝陽)

goodtimesのライヴ・レポートはこちら


goodtimes / 確かに

なんとなく疲れた時に、なんとなく耳を傾けて、なんとなくまぁもうちょっと頑張るかって思えてもらえたらいい。(Vo.井上朝陽)

「確かに」のレヴュー記事はこちら


goodtimes / みにくいいきもの

せめて自分を自分で抱きしめるくらいはいいじゃないか。(Vo.井上朝陽)

goodtimes 初のインタヴュー記事はこちら


goodtimes / アメニモマケル

頑張れ倦怠期。気づけマイペース。見限られるのはもうすぐだ。(Vo.井上朝陽)

「アメニモマケル」のレヴュー記事はこちら


goodtimes / はじまり

結婚してください。(井上朝陽)

「はじまり」のレヴュー記事はこちら


goodtimes / ダークヒーロー

人生の主役は君だと言われても、自分は主役じゃないのかもと思うことがある。でも、まっとうじゃなくても主役になりたい時がある。(井上朝陽)

「ダークヒーロー」のレヴュー記事はこちら

LIVE SCHEDULE

〈goodtimes 企画 "君が来る場所" vol.5〉
2018年02月24日 (土)@大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE
時間 : OPEN 18:30 / START 19:00
料金 : 前売り ¥2,800 (ドリンク代別)

〈goodtimes ワンマンライブ "Parking Go Away"〉
2018年03月04日 (日)@東京・TSUTAYA O-Crest
時間 : OPEN 18:00 / START 18:30
料金 : 前売り ¥3,000 (ドリンク代別)

ライヴ情報の詳細はこちら

PROFILE

goodtimes

2016年結成。メロディ重視のギター・サウンドを前面に出しつつ、音楽バブル時代の影響を感じさせる普遍性、キャッチーさを含んだクセになる、心くすぐるポップ・ミュージックを展開。

アーティスト公式HPはこちら

TOP