【EMPiRE】Epsode3 YUiNA EMPiREインタヴュー「新しいものを発信していくグループにしたい」

BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。まだ3回しかライヴを行なっていないEMPiREだが、2018年4月11日に1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースが決定!! さらに、2018年5月1日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンの開催も発表された!! 前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiRE、初となる個別インタヴューを5週に渡り掲載していく。第2回は、YUiNA EMPiREの声をお届けする。

2018年4月11日、1stフル・アルバムのリリースが決定!!
THE EMPiRE STRiKES START!!
発売日 : 2018年4月11日

[初回限定豪華盤]
カセット+DVD+写真集(50P)
価格 : 4,800円(税抜)
品番 : AVTD-93861/B
POS : 498806493861/2
[カセット]
・EMPiRE is COMiNG
・TOKYO MOONLiGHT
・アカルイミライ
など 全11曲予定
[DVD]
収録内容後日公開!!
※写真集,BOX仕様は初回限定のみ。
※スマプラミュージックにより音源/映像ともにお手持ちのデバイスにDL可能です。
[カセット盤]
¥1,500 (税抜)
品番 : AVTD-93862
POS : 498806493862/9
[カセット]
・EMPiRE is COMiNG
・TOKYO MOONLiGHT
・アカルイミライ
など 全11曲予定
※スマプラミュージックによりお手持ちのデバイスにDL可能です。

EMPiRE / EMPiRE告知映像

EMPiRE初音源収録のWACK & SCRAMBLESコンピレーションをハイレゾ配信

V.A. / WACK & SCRAMBLES WORKS

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC
【価格】
単曲 540円(税込) / まとめ 2,200円(税込)

【収録曲】
1. スパーク (beat mints boyz a.k.a. 松隈ケンタ×JxSxK)
2. オーケストラ (カミヤサキ, ゴ・ジーラ, ももらんど (BiS) & ヤママチ ミキ, ココ・パーティン・ココ, アヤ・エイトプリンス (GANG PARADE))
3. gives (アイナ・ジ・エンド, セントチヒロ・チッチ, リンリン (BiSH) & キャン・マイカ, ユイ・ガ・ドクソン, テラシマユウカ (GANG PARADE))
4. nerve (BiS, BiSH, GANG PARADE, EMPiRE)
5. Plastic 2 Mercy (キカ・フロント・フロンタール, パン・ルナリーフィ (BiS) & アイナ・ジ・エンド, ハシヤスメ・アツコ, アユニ・D (BiSH))
6. EMPiRE is COMiNG (EMPiRE)
7. WACK is FXXK (SAiNT SEX)
8. フライングヒューマノイド (プー・ルイ, ペリ・ウブ (BiS) & モモコグミカンパニー, リンリン (BiSH) & ユメノユア, ヤママチ ミキ (GANG PARADE))
9. ラバソー 〜lover soul〜 (セントチヒロ・チッチ (BiSH) & アヤ・エイトプリンス (GANG PARADE))
10. 屋上の空 (Buzz72+feat. アイナ・ジ・エンド (BiSH))

INTERVIEW : YUiNA EMPiRE

YUiNA EMPiRE

2017年3月に行われたWACK合宿オーディションで合格した2名、合宿で脱落したものの追加オーディションに再び参加し合格を勝ち取った2人、合宿に参加してはいないもののアイドルになる夢を持ち続けていた1名。そんな5人により1つのグループとして誕生した、EMPiRE。

YUiNA EMPiREは、5泊6日のWACK合宿オーディションに参加したものの、合宿4日目に脱落してしまい涙を吞んだ。それでも諦めることなく、WACKとavexの共同プロジェクト「Project aW」の追加オーディションに応募し、見事合格を勝ち取った。一度はアイドルを嫌いになったという彼女がEMPiREの一員になるまでのストーリー。YUiNA EMPiREへの初インタヴューをお届けする。

取材&文 : 西澤裕郎
写真 : 外林健太

アイドルが大嫌いになっちゃったんです

──YUiNAさんは、どこ出身なんですか?

YUiNA EMPiRE(以下、YUiNA) : 産まれは仙台なんですけど、小学生になるタイミングで青森に引っ越しました。毎週土日はお父さんとスキーに行くようなアウトドアな生活だったんですけど、親が転勤族で、小学校3年生で埼玉に引っ越したんです。

──小学校生活はどのような日々を過ごしていたんでしょう?

YUiNA : 自分は長女なので、ずっとお姉ちゃんに憧れていて。だから、従姉妹のお姉ちゃんと一緒に遊んでいることが多かったです。あと、5年生くらいになってパソコンを知って、ネットが好きで深夜までやっていました。

──スマホじゃなくてパソコンなんですね(笑)。どういうサイトを見ていたの?

YUiNA : かわいい女の子を調べたりしていました。中学生になってから、たまたま深夜番組で『ハロプロ! TIME』を観て、スマイレージにはまったんですよ。そこからハロプロがめっちゃ好きになって。部活から帰ってきてからすぐにYouTubeで毎日ライヴ映像を観たりしていました。

──中学で部活は何をやっていたんですか?

YUiNA : バドミントンを3年間やっていました。でも全然才能がなくて…。部員が14人で12人しか大会に出られなかったんですけど、その12人に選ばれないくらい下手くそで。練習をサボったりしていた訳でもなく、毎日行っていたんですけどね(笑)。

──学校生活はどうでした?

YUiNA : ちゃんと毎日行っていました。高校生になってからは毎日バイトをする生活で、稼いだお金は全部洋服に使っていました。高校生の時に洋服も好きになって、1人でお買い物に行ったりバイト代を服に使っていました。

──充実した生活を送れていたんですね。アイドルに興味を持ったきっかけは?

YUiNA : 中学2年生の時に愛乙女★DOLLさんにハマって。初めてライヴに行ったらすごく楽しくて、そこから地下アイドルにはまりました。あ、その前に元BiSのりなはむちゃんをネットで見つけてBiSを知ったんです。りなはむちゃんが出ていたPVは全部チェックして、会いに行ったりもしていました。

──自分もステージに立ちたいと思ったのは、いつくらいのことなんでしょう。

YUiNA : 高校生の時、クラスでアイドル好きな人が珍しかったらしく、友だちから誘われてアイドル活動をちょっとしていたんです。でもいいことがあまりなくて辞めてしまい、大好きだったアイドルが大嫌いになっちゃったんです。曲も聴かなくなっちゃうくらいだったんですけど、大学生になったときに、BiSHさんのライヴ映像を偶然YouTubeで見つけて。BiSさんの次のグループだっていうことは知っていたので動画を観たら、すごくかっこいいなと思って、すごくはまっちゃいました。

──なんのライヴ映像を観たか、覚えていますか?

YUiNA : いろいろ観ていたんですけど、4人時代のBiSHさんや、TIFでの「BiSH-星が瞬く夜に-」とか。アイナさんの声帯が治って復帰した〈アイドル甲子園〉のライヴも何回も観ました。そこからまた毎日動画を観るようになって、WACKがマイブームだったタイミングで新メンバーオーディション募集を見つけたのがきっかけです。

──オーディションに応募する時、迷いはなかった?

YUiNA : ギリギリまで応募しようかしないか迷いました。絶対に無理だろうと思っていたし、進路も考えていた時期で、本当に自分が何をやりたいのか? って考えていて。そんな時期でもあったので、これだと思って送りました。

落ちてから更に諦められなくなっちゃって

──見事、一時審査、集団面接に合格し、合宿オーディションに参加するわけですが、合宿初日から毎日脱落者が出ることを伝えられてプレッシャーもあったんじゃない?

YUiNA : その話を聞いた時はあまり実感が沸かなかったんですけど、毎日脱落者が選ばれて脱落していっちゃって。私は毎日脱落しちゃうんじゃないかと心配していて。渡辺(淳之介)さんからも「目立てなかったよねー」って言われたし、ニコ生でも自分からアピールすることができなくて。あの4日間は夢の中で、異世界って感じでした。

──YUiNAさんは自分に対して自信がなかったの?

YUiNA : 合宿に行くまでは「合格するぞ!!」っていう気満々だったんですけど、どんどん怖くなっていって。日が経つにつれて自信がなくなっていきました。でも、ダンスをやっている時は楽しかったし、最初はWACKの先輩方が怖いなと思っていたんですけど優しく接してくれて。先輩方は、全部に対して一生懸命だったし、やっぱりすごいなと思いました。こんなに身近にいるのが信じられなかった。

──結果的に、赤レンガ倉庫での〈WACK EXHiBiTiON〉の前に脱落してしまいましたが、どういう心境だったんでしょう。

YUiNA : 脱落者として呼ばれたときはすっごく悔しくて、帰り道、放心状態になっちゃいました。本当に夢みたいな時間だったので、現実の世界に戻ってきた感じ。ぼーっとしちゃいました。赤レンガ倉庫も観に行ったんですけど、やっぱり悔しかった。

──WACKとavexの新プロジェクト「Project aW」が始まること、そこにYU-KiとYUKAが選ばれたことを、客席側から観ていたんですね。どんな心境だった?

YUiNA : 落ちてから更に諦められなくなっちゃって。〈WACK EXHiBiTiON〉のステージで「メンバーの追加募集をします」ってことも言っていたので、まだ終わっていないのかなと思って。でも、書類を送る時になって送っていいのかと思ったし、2回目だからどうせダメだろうなって仲の良い友だちに相談したら「まだわからないよ!」って言ってくれて。友だちも「諦められないし、送ってみなよ」って言ってくれて、送りました。

──面接の連絡が来た時はどんな気持ちでした?

YUiNA : 連絡が来た時はやったー!! と思ったんですけど、面接会場に来たらすごく怖くなって。扉を開けたら渡辺さんがいるんだと思ったら怖くなって。あと、周りの子たちもかわいかったし。

──僕もその場にいましたけど、YUiNAさんを観たとき、あ! と思いましたよ。

YUiNA : 合宿で目立たなかったから、気づいてももらえないかなと思っていて(笑)。

──(笑)。最終面接をして、合格の連絡が来た時はどんな気持ちだった?

YUiNA : 「合格です」って渡辺さんから電話がきたんですけど、すごく驚いたっていうのが正直な反応で、やったー!! って感じではなかったですね。信じられなかった。実はお母さんには合宿に行ったことも内緒にしていたんですよ。前にアイドルをやっていた時、アイドルなんて、って認めてくれていなかったから。それもあって合格して初めてお母さんに言ったら全然信じていなくて。アイドル? しかもエイベックスに話に行くの? って。でもお母さんも話を一緒に聞きにいって、そこで認めてくれました。

──メンバー5人での顔合わせはどうだった?

YUiNA : MAYUちゃんも合格していることを知らなかったので、びっくりしました。YU-KIちゃんも私を見てびっくりしていて。それはびっくりするよなって(笑)。MAYUちゃんは雰囲気が変わっていて全然違うと思った。YU-KiちゃんとYUKAちゃんのオーラも変わっている感じがしました。やっぱりアイドル感がありました。かわいくなってるー!! って。

自分で限界を決めないでやりたい

──そしてEMPiREとして最初に立ったステージが、BiSHのZepp Tokyoのライヴ〈TOKYO BiSH SHiNE3〉(2017年8月23日)のオープニングで、いきなり2700人のお客さんの前に出ていったわけですけど、いきなり大勢の前に、しかも覆面で出ていってどんな気持ちでしたか?

YUiNA : 顔は出ていなかったとはいえ緊張しました。そこで初めてお客さんを感じたというか。

──そのステージで、Twitterのフォロアーが1万人を超えたら顔出しという条件が発表されましたけど、YUiNAさんがTwitterフォロワー爆買い事件に合いました。

YUiNA : 朝起きたらフォロアーがすごく増えていると思って…。最高で6万とかいっていました。それを一個一個外していったんですけど、全然追いつかなくて。

──思いもよらぬフォロアーが増えていくのを観ながら、どんなことを考えていたんですか?

YUiNA : すごく嫌だったし、怖いし、やめてほしいって思いました。後、自分で買ったんじゃないかって言われたりしていたのも嫌だった。誰が1番に顔を出すのがいいとかってないと思うんですけど、私ではないなと自分で思っちゃっていて。オーディションで決まったYU-KiちゃんとYUKAちゃんは合格発表のとき顔が出ていたので、その2人かなって自分の中では思っていたんです。それが偽物のアカウントで私のフォロアーがすごく増えていっちゃって、顔出しになった時はみんなにも申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

──1番最初に公開した時の反響も大きかったよね。

YUiNA : すごかったですね。自分だけ自撮りあげてズルくない? みたいなつぶやきもあって。ツイート内容も、どうすればいいんだろうって悩みました。でも「その状況を活かしてEMPiREを広めよう」ってことをスタッフさんにも言ってもらえて、前向きに考えるようにしました。練習の時のメンバーの写真を載せたり。

──11月23日、六本木Morph-Tokyoでファンクラブ加入者の前で初ライヴ(https://ototoy.jp/news/87300)を行いました。初ライヴはいかがでしたか?

YUiNA : ライヴまでの時間がつめつめで不安はあったんですけど、いっぱい練習してきたから「できるよ、大丈夫だよ」ってみんなで言い合って。お披露目のライヴはすごく楽しく終われました。MAYUちゃんが前日に全員にお手紙を書いてきてくれたんです。

──そうなんですね! 手紙には、どんなことが書いてあったんですか?

YUiNA : 「EMPiREに入ってくれてよかった」とか「明日は楽しもう。楽しんだもんがちだよ」とか。不安だった気持ちが、そこで頑張ろうって気持ちになりました。

──円陣を組んで一致団結している写真も新鮮でした。

YUiNA : EMPiREはアー写も曲もかっこいい感じだから、特典会やTwitterで自分たちらしさも出していけたらいいなと思っていて。ライヴは帝国っていう感じを出したいなと思います。

──MCで「限界を自分で決めないで活動していきたいなと思っています」って言っていまたのが印象的でした。

YUiNA : WACKは全員が一生懸命だから、私も自分で限界を決めないでやりたいという気持ちで言いました。自分で限界を決めないで挑戦していきたいって。

──そしたら、100kmマラソンとかやる? みたいに言われていましたよね(笑)。

YUiNA : (笑)。まだEMPiREはそういうWACKらしいことを経験していないから、WACKらしさも入れつつ、新しいことを発信していきたいです。

1人1人が自立していくことも大事

──そして〈WACKのフェス。〉があり、2018年1月3日には〈アイドル甲子園〉にBiS、BiSH、GANG PARADEとともに出演しました。いずれも大きい会場でやっているけど、周りからの期待値は感じている?

YUiNA : すっごく感じますね。でも実力が全然追いついてないし、先輩たちに比べて、今まで積み重ねてきたものが全然ない。その状態で同じステージにただ立っていたら、認めてもらうのは難しい。だからこそ一生懸命さが伝わるライヴを見せなきゃいけなかったんですけど、〈アイドル甲子園〉では残念なライヴだったねって言われちゃって。みんなですごく反省会をしました。

──どういうことをみんなで話したの?

YUiNA : 1人1人が自立していくことも大事だなってことを話しました。ライヴ前の時間は5人で固まって行動することが多いんですけど、それぞれやる必要があることをみつけて行動していかないといけなし、みんなに流されないで自分でやろうと決めたことはやろうって。先輩方は1人で声出しをしたりストレッチしたりとかしていたけど、私たちは何をやればいいのかまだわかっていなかったから、いろんな面で自立していけたらと思います。

──1月30日からのBiSHとのツアー帯同はかなり重要な日々になるんじゃないですか?

YUiNA : 11月にデビューしていきなりツアーってなかなかないし、BiSHさんを観に来ている人たちに観てもらう機会なので、そこでいいパフォーマンスを見せなきゃと思っています。いいものを観せていかないとダメだなって。

──清掃員(※BiSHファンの呼称)をエージェント(※EMPiREファンの呼称)にするくらいのパフォーマンスをしないとですね。

YUiNA : ツアーを1回1回更新していかないとと思っています。前回よりいいところを増やしていって、完成度を高めていきたいです。

──4月には1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースがあり、5月1日にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンを開催します。〈アイドル甲子園〉と同じ会場ですし、グループにとっての目標となる日になりそうですね。

YUiNA : 2018年の目標がワンマンをすることだったんですけど、こんなに早く予定が決まるとは思っていなくて。EMPiREを観に来てくれた人だけで赤坂ブリッツを埋めるっていうは簡単なことじゃないけど、頑張らないとという気持ちで臨みます。

──YUiNAさんは、EMPiREをどんなグループにしていきたいと思っていますか?

YUiNA : EMPiREは、新しいものを発信していくグループにしたいと思っています。それでいてWACKらしさも感じてもらいたい。そのために私も含めて1人1人自立して光って行ったら、グループとしても強くなっていけるかなって。WACKの先輩方は、グループの魅力ももちろん、1人1人に個性がある。私も自分にしかできないことを見つけていきたいです。今は見つけている途中だし、渡辺さんにもまずは目の前のことをとにかく頑張れと言われているので、今は目の前のことを頑張りたいです。

LIVE INFORMATION

THE EMPiRE STRiKES START!!
2018年5月1日(火)@マイナビBLITZ赤坂
時間 : OPEN 17:00 / START 18:00
料金 :
NORMAL TiCKET 4,000円
ROYAL EMPiRE会員、EMPiRE CORE会員の方は無料(ドリンク代別途)にてご入場いただけます。ご入場時に会員確認いたしますので、必ず会員証をご持参ください。

EMPiRE DROiD会員抽選先行受付
2月4日(日)18:00〜2月13日(火)23:00

WACK FAMiLY CLUB会員抽選先行受付
2月4日(日)18:00〜2月13日(火)23:00

HP抽選先行受付
2月14日(水)18:00〜2月26日(月)23:00

ぴあプレリザーブ受付
2月27日(火)18:00〜3月4日(日)23:00

チケット一般発売日
3月10日(土)

はじまったばかりのEMPiREのストーリー

Epsode0 渡辺淳之介×篠崎純也×赤窄諒インタヴュー「EMPiREはかっこいいものになると思います」

Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)インタヴュー

Epsode0.2 松隈ケンタ(サウンド・プロデューサー)インタヴュー

Epsode1 EMPiRE初インタヴュー「WACKの先輩方の妹分で終わりたくない」

Epsode2 MiDORiKO EMPiREインタヴュー「帝国なので、EMPiRE独自の空間を作りたい」

PROFILE

EMPiRE

>>EMPiRE オフィシャル HP
>>EMPiRE SoundCloud!

>>EMPiRE TWiTTER
EMPiRE OFFiCiAL(@EMPiREIDOL)
YUKA EMPiRE(@YUKA_EMPiRE)
YUiNA EMPiRE(@YUiNA_EMPiRE)
YU-KI EMPiRE(@YU_Ki_EMPiRE)
MAYU EMPiRE(@MAYU_EMPiRE)
MiDORiKO EMPiRE(@MiDORiKO_EMPiRE)

o

 
 

インタヴュー

ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談
・2018年02月18日・ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談 〈「FREE&EASY」 〜自由に自然体で〜〉をコンセプトに、鹿沼亜美、田辺奈菜美、傳彩夏の3人からなるガールズ・ユニット、ONEPIXCEL。〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2017〉や〈@JAM EXPO 2017〉を始め数々のイベントに出演し、他を圧倒するパフォーマンスと自然体のゆるいMCで多くの観客を魅了している。そんな彼女たちが『LAGRIMA』のリリースを機にメジャー・デビューを果たす。OTOTOYではこのメジャー・デビュー・シングル『LAGRIMA』の予約を開始。予約すると【Type-A】【Type-B】のそれぞれに1曲ずつ収録される「TONDEKE George(MOP of HEAD)Remix」、「be with you Masayoshi Iimori Remix 」が先行ダウンロード可能。そして、リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi Iimoriの対談を、リリースを記念して掲載。彼女たちの新たなスタートと
by 岡本 貴之
自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演『アイラブユー』リリース
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演2年ぶりフル・アルバム『アイラブユー』リリース 京都を拠点に活動を続ける本日休演が、前作『けむをまけ』からおよそ2年の時を経て、フル・アルバム『アイラブユー』をリリースした。2015年12月に一度脱退した佐藤拓朗(Gt,Cho)のバンドへの復帰や、制作期間中にソングライティングも担っていたメンバーの故・埜口敏博(Vo,Key)の急逝など、多くの出来事を経て完成した今作。埜口が残した音源を再構成した楽曲をはじめ、OMSBや入江陽といった気鋭の客演陣も参加するなど、他に類を見ないユーモア満載の作品が完成した。今回は岩出拓十郎(Vo,Gt)、佐藤拓朗へのメール・インタヴューを掲載。本作の制作がどのように行われたのか、丁寧に語ってもらった。 2年ぶりのアルバムをハイレゾ独占配信! 本日休演 / アイラブユー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 2,484円(税込)【収録曲】1. 寝ぼけてgood-bye2. アイラブユー3. ラブエスケープ(f
Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信
・2018年02月14日・Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信 昨年、初のワンマン・ライヴ〈BUGDAD CAFE〉の開催や大規模チャリティー・フェス〈COMIN' KOBE ’17〉への出演をはじめ、多くのライヴ、イベントへの出演するなど、いまライヴ・シーンでその名を轟かせているロック・バンド、Gateballers。そんな彼らが2年ぶりとなるフル・アルバム『「The all」=「Poem」』をリリースする。ソングライターである濱野夏椰(Gt,Vo)の甘ったるくも気だるさを感じるヴォーカルと、サイケで儚いアンサンブルや、癖のあるメロディーがユニークな彼ら。今作では持ち前のポップさと初期衝動、そして強力なサポート・メンバー、内村イタル(ゆうらん船)を迎え4人編成となり、さらにサウンド面がパワーアップ。OTOTOYではCDリリースの2018年2月21日(水)に先駆けて2月7日(水)より先行ハイレゾ配信を実施中です! 今作リリースに合わせて濱野夏椰、本村拓磨(Ba) の2人へのインタヴューを掲載します。いま大注目バンドの貴重なインタヴューをぜひアルバ
by ?
岸田教団&THE明星ロケッツ、TVアニメ「博多豚骨ラーメンズ」OP曲「ストレイ」を1週間ハイレゾ先行配信 & インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2018年02月14日・今期のアニメ「博多豚骨ラーメンズ」が面白い! そしてそこで流れる岸田教団&THE明星ロケッツの新曲(ハイレゾ!)が、震える程あがる! 2017年春にアルバム『LIVE YOUR LIFE』をリリースし、秋から冬にかけ結成10周年を祝うライヴ・ツアー「10th Anniversary Tour 2017~2018 ~懐古厨に花束を~」(←最高でした!)を終えた岸田教団&THE明星ロケッツから新たなシングルが到着!! 表題曲「ストレイ」は、人口3%が殺し屋の街・博多を舞台に裏稼業の男たちの物語を描いた小説「博多豚骨ラーメンズ」のアニメ版OP曲として起用! 疾走感溢れる楽曲に絡むサックスの音色が印象的な岸田教団の新たな名曲ともいうべき1曲は、流れた瞬間にマジであがります。OTOTOYでは同シングルのハイレゾ版を1週間先行配信するとともに、ichigo(Vocal)と岸田(Bass)の2人にインタヴュー。11年目を迎え、新たなフェイズに突入した彼らの今の心境とは!? やっぱり岸田教団&THE明星ロケッツはハイレゾっす!!!岸田教団&THE明星ロケッツ / ストレイ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24b
by JJ
【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」
[EMPIRE]・2018年02月13日・【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。まだ数回しかライヴを行なっていないEMPiREだが、2018年4月11日に1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースが決定!! さらに、2018年5月1日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンの開催も発表された!! 前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiRE、初となる個別インタヴューを5週に渡り掲載していく。第4回は、YU-Ki EMPiREの声をお届けする。 2018年4月11日、1stフル・アルバムのリリースが決定!!THE EMPiRE STRiKES START!!発売日 : 2018年4月11日[初回限定豪華盤]カセット+DVD+写真集(50P)価
by 西澤 裕郎
渋谷慶一郎主宰レーベル、ATAKの過去音源配信、第6弾
・2018年02月11日・ATAK過去作配信第6弾、レジェンド、刀根康尚のライフ・ワーク集、そしてサウンドトラック三部作へ 2017年9月11日より、渋谷慶一郎の主宰レーベルATAKの過去作品が毎月11日に配信リリースされる。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説とともに配信をお送りします。第6弾は、2011年のリリースを中心に3作品を配信。まずはフルクサスへの参加など、まさにエクスペリメンタル・ミュージックのレジェンドとして長らく活動を続ける刀根康尚による1996年から2010年まで14年の歳月をかけて制作された『万葉集』をテーマにしたライフワーク的作品をコンパイルした『ATAK016 MUSICA SIMULACRA』。伊勢谷友介監督作品『セイジ 陸の魚』のサウンドトラックとして制作され、渋谷プロデュースのもと、Oval、真鍋大度、ミカ・ヴァイニオ、Ametsub、そして朋友evalaらが参加したコンピレーション形式の作品『ATAK017 Sacrifice Soundtrack for Seiji “Fish on L』。そしてもう1作は太田莉菜をヴォーカルに、
by 八木 皓平
RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自主運営の2年間で得た最高の仲間と新たな冒険の真っ最中ーーラストクエスチョン全員インタヴュー RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン。2015年に結成され、脱出ゲームでおなじみ株式会社SCRAPのアイドルとして活動したのち、2016年3月から自主運営で活動をしている。これまでの間にメンバーも複数入れ替わり、現在は初期メンバー1人、新加入の2人の計3名で活動中。そんなラスクエから、名刺代わりのフリー配信曲「マジックアワー」が到着。「ラブゾーマ」の新テイク配信も味わい深い彼女たちに、2年ぶりのインタヴューをおこなった。 >>現体制の初音源をフリー配信「マジックアワー」>ラストクエスチョン Official HP
by 純三
キイチビール&ザ・ホーリーティッツを構成する音楽とは? 1stアルバムをハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2018年02月07日・キイチビール&ザ・ホーリーティッツを構成する音楽とは? ──穴だらけのポップスに垣間見る意志の強さ 《ハッピーサッドの先のハッピー》を歌い奏でるユルくて鋭い5人組バンド、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ。Theピーズやホフディランなど、90年代のロック・バンドの影響を感じさせつつも、彼ら独特のユルくて鋭いサウンドを展開するこのバンド、あなたのハートをグッと掴むこと間違いなしです! とにかくOTOTOY大プッシュの彼らの魅力を伝えたい、ということで音楽ライター岡村詩野による、バンドのソングライター、キイチビールへのロング・インタヴューを掲載! これを読めばキイチビール&ザ・ホーリーティッツのことがまるわかり!? 待望の1stフル・アルバム『トランシーバ・デート』の配信も、ハイレゾ配信はOTOTOYだけなので合わせてどうぞ〜。 待望の1stフル・アルバム・リリース! ハイレゾはOTOTOYだけ! キイチビール&ザ・ホーリーティッツ / トランシーバ・デート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事