「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】

魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。

先日公開したインタヴュー前半ではメジャー・デビューを果たした今の心境やデビュー当時の彼らの活動、1stアルバムをリリース以降の彼らの想いに迫る内容に。インタヴューではアフロが、デビュー当時から変わらないMOROHAの「根本」は「頑張ること」だと話してくれた。デビュー当時から現在まで常に悔しさを感じながら活動をしてきた彼らが、どのように頑張り、成長してきたのかを紐解いています。今回のインタヴュー後半では2ndアルバム、3rdアルバムをリリースしてからの彼らの変化や、音楽に対する熱い思いを語ってくれた。ぜひ前半と合わせてお読みください!!

インタヴュー : 飯田仁一郎
文&構成 : 鈴木雄希
編集補助 : 北村奈都樹
写真 : 鳥居洋介

>>インタヴュー前半はこちら<<

多くの出会いがあった2ndアルバム・リリース


MOROHA「三文銭」

──前半でも「ずっと頑張っていた」と話してくれたけど、2ndアルバム(『MOROHA Ⅱ』)からは何を頑張ってきましたか?

アフロ : どんどん自分達に向き合うようになってるっすよね。かっこつけなくなってきた。

──「1stアルバム」から「2ndアルバム」への大きな自分たちの変化はどこだと思っていますか?

アフロ : ライヴをたくさんやったすね。

UK : 自分たちで企画とかをやってなかったんです。バンドとしての成長を遂げる前に、良くも悪くも曽我部さんに見出されてしまったんですよね。バンドとしての力がゼロに等しかった。だから1stアルバムから2ndアルバムまでの3年間でその穴埋めをしてきたんです。それでライヴばっかりやって… って感じでしたね。そのなかで思ったことやムカついたことを曲に落としてって感じで。

──「2ndアルバム」は、流れの中で自然にできた?

アフロ : 自然自然。

UK : こういう曲をつくりたいんだよねって話し合いをした程度で。お互いが共感できるような事柄だったら曲にしますね。

左からアフロ、UK

──「2ndアルバム」をリリースしたときの気持ちは?

アフロ : 100万枚売れると思ってましたね。1stアルバムでその気持ちは折れたけど、もう一度100万枚売れると信じて出さなきゃなと思ってましたね。

──劇的な変化はあった?

アフロ : この3年でいろんな事を知ったんです。自分たちの技量が足りない部分はさておき、自分たちが立ちたい場所に立ちたいと思ったときに、俺たちは「そこの人たちはすごくアンテナを立ててくれて、すぐに誘ってくれる」っていうふうに信頼しすぎてたんですよ。でもやっぱりそんなことはないし、聴いてもらえるところまでいかないと聴いてもらえないんだ、って思い知ったんですよ。とにかくいい音楽だけやってればいいっていう世界じゃないんだって。

だから自分を売り込んだりすることさえも歌詞にする、そしてそれを胸張ってやっていくっていう根性を身につけていったのが2ndアルバム『MOROHA Ⅱ』です。このCDのサンプルは、100枚以上宛名書きして送ってると思う。

──「営業」をはじめたんだ。

アフロ : そうですね。だから、このCDを渡して出会った人が多いんです。

──アフロがいろんな人に営業していたことに関して、UKはどう思ってた?

UK : 大事だと思って僕もやってました。ただその反面、自分たちで動ける範囲ではないところまで広げてやることでもないなとも思っていましたね。だから半々の気持ちでした。

──それはなんで?

UK : 単純にプライドだと思います。おれたちが価値のあると思っているCDを人に無償で渡すということに、すごい抵抗を持っていたんですよ。未だにあるけど、当時はそれを引きずっていた時期なんです。名刺代わりに簡単にCDを渡すことは、安売りなんじゃないかって思っているところもあるけど、やったらやっただけ広がるってことも知ってるし。だからためらいつつも渡している時期ではあったかな。


MOROHA「ハダ色の日々」

──2ndアルバムをつくったあとで、どうプロモーションするかを考えた?

UK : そうですね。

アフロ : CDを送ったり、自分たちでプロモーションをしたりすることに成果を感じたんです。でもこれをローズ(レコーズ)がやってくれるって言われたら、スタッフも少ないので、限度があるのかなって思ったんです。アーティストは俺たちだけじゃないし。そういう部分でMOROHAを広めるために、別のところに行った方がいいのかなって考えになった。

──もうひとつ大きい会社の方がよかったということ?

アフロ : 会社じゃなくても、個人でもいいけど、俺たちに集中してくれる人がよかった。

──なるほど。だから自分たちで〈YAVAY YAYVA RECORDS〉を立ち上げるんだ。

アフロ : これはセカンドの経験を踏まえて、プロモーションとかブッキングとかを全部自分たちでやるぞっていう気迫の表れだったんですよね。

──プロモーションを自分たちでやったことで、このときに掴んだものはありますか?

アフロ : なんだろうな…… でも「2ndアルバム」が自分の想像よりも売れなかったから、より貪欲になったのかもしれないですね。

音楽的にさらなる厚みを増した3rdアルバム

左からアフロ、UK

──アフロの貪欲な気持ちを叶えるには、内部のチーム体制から変えていったってことだよね。音楽的にはどう成長したと思う?

アフロ : 「2ndアルバム」から「3rdアルバム」というと、UKが革命的な奏法を完成させたのでそこは大きかったですね。あと歌詞の内容でいうと… なんだろうな。「1stアルバム」と「2ndアルバム」って21歳から24歳なんですよ。やっぱりこの3年の変化ってすごいですね。方向が思いっきりガクって変わるぐらい。

──声の発声方法から全然違うもんね。

アフロ : その方向性の変化から、より分厚くしたのが「3rdアルバム」って感じですね。

──UKの奏法っていうのは、リズムを入れるって事?

UK : それもそうですけど、もっと根本の部分でギターに対する解釈が段階を踏んでできていて。「1stアルバム」には、MOROHAを真剣にやってない頃にできあがった曲とかもあったりして。言ってみたら、腹くくってMOROHAをやろうと、1から作った曲が「2ndアルバム」に全部込められてるんです。お客さんも徐々に増え始めて反応が見えてきたことで、ギターのフレーズや曲の強度はこういうふうに受け取られるんだな、というのをちょっとずつ実感する時期だったんです。

「バラ色の日々」や「上京タワー」で自分がこういうふうに曲を作ったら人は感動するんだっていうルールが、確実にハマった時期だったんですよ。あとはそこに自分なりに当てはめていく発想勝負というか… それが「3rdアルバム」だったかな。それに加えて、自分の新技が開発されたって感じですね。それで曲の作り方の幅が広がりましたね。もう一つは、自分にとって周りで売れていく音楽の質が上がってきて、曲を聴いて悔しくなってくる事が増えてきてるんです。自分の自信の無さが減ってきたんじゃなくて、3枚のアルバムで段階を踏んで、徐々に世の中の音楽が自分に刺激をあたえてくれるようになったんですよ。


MOROHA「バラ色の日々」

──へえ。それはなんでだろう。

UK : 世の中的にバンドが売れるようにもなったし、世の中に出てくる同年代が増えてきて、それに刺激される事が多いですね。

──同世代の音楽が売れ始めた。

UK : 秋元(康)さんの書いた曲とかザ・ビートルズの曲って言われても、正直そこに刺激はされないんです。でも米津玄師が書いた曲って言われたらやっぱり悔しいしグっとくる。PUNPEEが書いた曲にも悔しい思いがあるので。…… そこに勝ちたいというか。やっぱり売れてる人が正解になる世界だから、自分が同じ事をやっていても先出しされたら、もうその人の手柄なので。そういう悔しい思いをしたから、その人たちに勝とうと思ったのがデカイですね。

──「2ndアルバム」で自分のプレイ・スタイルを発見して、「3rdアルバム」で完成に近づけたって感じなんだね。

UK : そうですね。そういうことと、プレイの掛け算というか。

左からアフロ、UK

──アフロとしてはどうですか? 「2ndアルバム」から「3rdアルバム」のラップとか歌詞に関しては、どんな変化を?

アフロ : 上手くなりましたよね。

──上手くなったよね! なぜだと思う?

アフロ : ライヴをしたからっすね。結局「2ndアルバム」から「3rdアルバム」にかけても同じだけやってるもんね。

──作品をひとつずつ聴いていくと、人間的にもすげぇデカくなったなとも思った。

アフロ : 人間的にもデカくなってるっすよ(笑)。

多くの悔しさを経験して、いまMOROHAはどこへ向かう?

──この期間で悔しかったことはある?

アフロ : なんだろうな。別に音楽的なことじゃなくても、すげーいい漫画を読んだときに「俺が伝えたいことってこういう事だよな」と思って悔しくなることもあるし。彼女と別れたとかもそうか。

──レーベルを変えて自分たちで営業をはじめたりして、こっちのほうが届いたって感覚はある? それとも変わってないって感覚?

アフロ : 自分たちの期待が高すぎるから。

UK : 言っても、アルバムを出すときはいつも「これは爆発する」って思ってたけど、実際はそうはならなくて。「3rdアルバム」を出すときには、現実的に見てしまっている自分も少なからずいました。

──やめようと思ったことはあるの?

アフロ : 俺はないですね。

UK : 俺もないですね。

──いま聞いてる限りでは、3rdアルバムの結果に満足してないんだと思うんだけど、これが10枚続いてもやってる?

アフロ : やってると思う。

──それはなぜ?

アフロ : やっぱり音楽が好きだから頑張れる。頑張れることって俺らにとって限られてるから。俺にとっては頑張ることの方が大事。

左からアフロ、UK

──UKは? 「4thアルバム」、「5thアルバム」でも大物になれなかったらどうする?

UK : 自分の才能のなさを認めますね。でも必ず認めてもらうことができると思ってるので。夢とかではなく、目標のひとつ。

──紅白に出たりして目標が叶ったら?

アフロ : 「目標が叶ったらどうするの?」ってフジロックに出るときも言われたっすけど、別に次の目標があるし、ずっと悔しいと思うんですよね。

──それが叶ったときにどうなるかはそのときにならないとわからない、と。規模感を大きくしたいとかは?

アフロ : 規模感の目標は、全体の半分ぐらいしかないです。もちろん「小さい箱で深く深く刺していく」みたいなかっこよさを、大きい規模でやれるようになったら素敵だなと思う。

──晩年まで小さいライヴハウスで弾き語ってました、みたいな生き方もあるじゃないですか。

UK : ハッキリといまの段階でわかるのは、俺はそうはなりたくない。死ぬまでライヴハウス現役みたいなのは、その人たちは素晴らしいですけど、そうなるぐらいだったら、俺はたぶんやめます。どのタイミングでそこに気付くのかわからないですけど、自分を客観的に見てかっこ悪いと思ったらやめますね。自分がどんだけ輝いてるかだと思うので。

アフロ : そのときには、また考え方も変わってるかもしれないですしね。

UK : そうそう、それはわかんないし。音楽自体をやめてる可能性もあって、別の目標ができてるかもしれないし。はっきり言ってわからないですけど、現段階でいえることはそうですね。

──じゃあ、メジャー・デビューを掴んだのは、なんでだと思いますか?


MOROHA「tomorrow」

アフロ : かっこいいからっすよ。それはメジャーじゃなくても、曽我部恵一さんに出会えたときにも思いましたし。あと変な言い方ですけど、少なからず金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった。

UK : 思ってる事しか実現できないので。強く思えば思うほどそれは実現できると思ってるし、「自分たちはしてきた」という自負があるので。

──なるほど。今までのなかでいちばん自分たちに影響を与えた人って誰?

UK : ちょっと恥ずかしいですけど、そういう風に聞かれたらアフロじゃないですかね。俺はこういう努力家ではないし、それに引っ張られたところがあるので。特にCDを出す前と比べたら、絶対人間として変わってた。

アフロ : 俺もUKですね。たぶん1人じゃやっていけなかったと思うから。

左からアフロ、UK

2018年一発目の最新曲をチェック!


レーベル VAP  発売日 2018/01/01

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz)
【配信価格】
257円

MOROHAの過去作をチェック!

古→新

【過去の特集ページをチェック!】
>> そのリリックは五感を振るわす──『MOROHA』リリース : インタヴュー
>> 3年ぶり!セカンド・アルバム、『MOROHA Ⅱ』がリリース! : インタヴュー
>> MOROHA、魂の3rdアルバムが吐く程ヤバイ!!! : インタヴュー
>> MOROHAの伝説となったボロフェスタ・ライヴのハイレゾ音源配信開始!! : レヴュー

LIVE SCHEDULE

モルタルレコード17周年アニバーサリー~ MOROHA自主企画『破竹』第十五回
2018年1月26日(金)@埼玉・熊谷ヘブンズロックVJ-1
時間 : Open 19:00 / Start 19:30
出演 : MOROHA / THE NOVEMBERS

SUPER BEAVER presents SUPER BEAVER 「 都会のラクダ Tour 2018 ~前人未到のラクダチェリーパ イ!~」
2018年2月3日(土)@岐阜・岐阜Club-G
時間 : Open 17:00 / Start 18:00
出演 : SUPER BEAVER / MOROHA

SUPER BEAVER presents SUPER BEAVER 「 都会のラクダ Tour 2018 ~前人未到のラクダチェリーパ イ!~」
2018年2月4日(日)@徳島・徳島club GRIND HOUSE
時間 : Open 17:00 / Start 17:30
出演 : SUPER BEAVER / MOROHA

モーチャーフェス
2018年2月9日(金)@愛知・名古屋クラブクアトロ
時間 : Open 18:00 / Start 19:00
出演 : MOROHA / ビッケブランカ / NakamuraEmi【MC】 小林拓一郎

MOROHA自主企画「怒濤」第十三回
2018年2月14日(水)@東京・新宿LOFT
時間 : Open 18:30 / Start 19:30
出演 : MOROHA / SUPER BEAVER

HI BACK PACK SPECIAL
2018年2月23日(金)@愛媛・Double-u Studio
時間 : Open 18:30 / Start 19:00
出演 : 八十八ヶ所巡礼 / MOROHA / O.A:BONKURA FEVERS

エリザベス宮地 presents エリザベス宮地企画 Vol.2 「大阪サバイバル」
2018年2月25日(日)@大阪・umeda TRAD
時間 : Open 16:00 / Start 17:00
出演 : BiSH / MOROHA

ZEPHYREN presents Zephyren presents A.V.E.S.T project vol.12
2018年3月10日(土)@東京・渋谷ライブハウス、クラブ 全7会場
時間 : Open 11:30 / Start 12:30

KKTくまもと県民テレビ presents HAPPY JACK 2018 ※3月17日,18日
2018年3月17日(土)@熊本・熊本市内、ライブハウス
時間 : Open 13:30 / Start 14:00

Fear, and Loathing in Las Vegas presents 「New Sunrise」 Release Tour 2017-18
2018年3月24日(土)@北海道・札幌PENNYLANE24
時間 : Open 17:15 / Start 18:00
出演 : MOROHA / Fear, and Loathing in Las Vegas

極東最前線〜ハルカゼフクモロハノヤイバ〜
2018年4月20日(金)@東京・渋谷クラブクアトロ
時間 : Open 18:00 / Start 19:00
出演 : eastern youth / MOROHA

MOROHA ZEPP TOKYO 単独ライヴ
2018年12月16日(日)@ZEPP TOKYO
詳細後報

>>> 詳細はこちらから

PROFILE

MOROHA

2008年結成。舞台上に鎮座するアコースティック・ギターのUKと、汗に染まるTシャツを纏いマイクに喰らいつくMCのアフロからなる二人組。
互いの持ち味を最大限生かす為、楽曲、ライブ共にGt × MCという最小最強編成で臨む。
その音は矢の如く鋭く、鈍器のように重く、暮れる夕陽のように柔らかい。
相手を選ばず、選ぶ筈が無く、「対ジャンル」ではなく「対人間」を題目に活動。
ライヴハウス、ホール、フェス、場所を問わず聴き手の人生へと踏み込む。
道徳や正しさとは程遠い、人間の弱さ醜さを含めた真実に迫る音楽をかき鳴らし、賛否両論を巻き起こしている。
雪国信州信濃から冷えた拳骨振り回す。

>>> 公式HPはこちら

o

 
 

インタヴュー

『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー
・2018年02月20日・『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー ドリーム・ポップ、パンク、ブレイクコア、カントリーなど様々なジャンルの楽曲を、現代的なアイドル・ポップとして再構築した、親しみやすいサウンドで人気を集める“Lo-Fiドリームポップアイドル”SAKA-SAMA。2月27日にリリースされる彼女たちの『夢のはてまでも』は、ポニーのヒサミツ提供曲であるカントリー・ソング「ネズミの生活」をはじめ、詩人・小笠原鳥類による詩の朗読「夢のはてまでも」、ライヴの定番曲であるデジタル・ガレージ曲「パーティ・パーティ」など、さまざまな要素を取り込んだ作品に。まさにさまざまなジャンルを自由に横断した今作を、2018年2月20日21時から2月26日までの期間限定フリー配信でお届け。さらにハイレゾ盤は予約も受け付けていますので、ぜひこちらもチェックを。南波一海による、SAKA-SAMAの初期メンバー、寿々木ここねへの単独インタヴューとともにどうぞ。 期間限定フリー配信中! SAKA-SAMA / 夢のはてまでも(期間限定フリーDL)'【配信形態】MP3【収録曲】''
ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談
・2018年02月18日・ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談 〈「FREE&EASY」 〜自由に自然体で〜〉をコンセプトに、鹿沼亜美、田辺奈菜美、傳彩夏の3人からなるガールズ・ユニット、ONEPIXCEL。〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2017〉や〈@JAM EXPO 2017〉を始め数々のイベントに出演し、他を圧倒するパフォーマンスと自然体のゆるいMCで多くの観客を魅了している。そんな彼女たちが『LAGRIMA』のリリースを機にメジャー・デビューを果たす。OTOTOYではこのメジャー・デビュー・シングル『LAGRIMA』の予約を開始。予約すると【Type-A】【Type-B】のそれぞれに1曲ずつ収録される「TONDEKE George(MOP of HEAD)Remix」、「be with you Masayoshi Iimori Remix 」が先行ダウンロード可能。そして、リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi Iimoriの対談を、リリースを記念して掲載。彼女たちの新たなスタートと
by 岡本 貴之
自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演『アイラブユー』リリース
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演2年ぶりフル・アルバム『アイラブユー』リリース 京都を拠点に活動を続ける本日休演が、前作『けむをまけ』からおよそ2年の時を経て、フル・アルバム『アイラブユー』をリリースした。2015年12月に一度脱退した佐藤拓朗(Gt,Cho)のバンドへの復帰や、制作期間中にソングライティングも担っていたメンバーの故・埜口敏博(Vo,Key)の急逝など、多くの出来事を経て完成した今作。埜口が残した音源を再構成した楽曲をはじめ、OMSBや入江陽といった気鋭の客演陣も参加するなど、他に類を見ないユーモア満載の作品が完成した。今回は岩出拓十郎(Vo,Gt)、佐藤拓朗へのメール・インタヴューを掲載。本作の制作がどのように行われたのか、丁寧に語ってもらった。 2年ぶりのアルバムをハイレゾ独占配信! 本日休演 / アイラブユー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 2,484円(税込)【収録曲】1. 寝ぼけてgood-bye2. アイラブユー3. ラブエスケープ(f
Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信
・2018年02月14日・Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信 昨年、初のワンマン・ライヴ〈BUGDAD CAFE〉の開催や大規模チャリティー・フェス〈COMIN' KOBE ’17〉への出演をはじめ、多くのライヴ、イベントへの出演するなど、いまライヴ・シーンでその名を轟かせているロック・バンド、Gateballers。そんな彼らが2年ぶりとなるフル・アルバム『「The all」=「Poem」』をリリースする。ソングライターである濱野夏椰(Gt,Vo)の甘ったるくも気だるさを感じるヴォーカルと、サイケで儚いアンサンブルや、癖のあるメロディーがユニークな彼ら。今作では持ち前のポップさと初期衝動、そして強力なサポート・メンバー、内村イタル(ゆうらん船)を迎え4人編成となり、さらにサウンド面がパワーアップ。OTOTOYではCDリリースの2018年2月21日(水)に先駆けて2月7日(水)より先行ハイレゾ配信を実施中です! 今作リリースに合わせて濱野夏椰、本村拓磨(Ba) の2人へのインタヴューを掲載します。いま大注目バンドの貴重なインタヴューをぜひアルバ
by ?
岸田教団&THE明星ロケッツ、TVアニメ「博多豚骨ラーメンズ」OP曲「ストレイ」を1週間ハイレゾ先行配信 & インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2018年02月14日・今期のアニメ「博多豚骨ラーメンズ」が面白い! そしてそこで流れる岸田教団&THE明星ロケッツの新曲(ハイレゾ!)が、震える程あがる! 2017年春にアルバム『LIVE YOUR LIFE』をリリースし、秋から冬にかけ結成10周年を祝うライヴ・ツアー「10th Anniversary Tour 2017~2018 ~懐古厨に花束を~」(←最高でした!)を終えた岸田教団&THE明星ロケッツから新たなシングルが到着!! 表題曲「ストレイ」は、人口3%が殺し屋の街・博多を舞台に裏稼業の男たちの物語を描いた小説「博多豚骨ラーメンズ」のアニメ版OP曲として起用! 疾走感溢れる楽曲に絡むサックスの音色が印象的な岸田教団の新たな名曲ともいうべき1曲は、流れた瞬間にマジであがります。OTOTOYでは同シングルのハイレゾ版を1週間先行配信するとともに、ichigo(Vocal)と岸田(Bass)の2人にインタヴュー。11年目を迎え、新たなフェイズに突入した彼らの今の心境とは!? やっぱり岸田教団&THE明星ロケッツはハイレゾっす!!!岸田教団&THE明星ロケッツ / ストレイ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24b
by JJ
【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」
[EMPIRE]・2018年02月13日・【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。まだ数回しかライヴを行なっていないEMPiREだが、2018年4月11日に1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースが決定!! さらに、2018年5月1日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンの開催も発表された!! 前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiRE、初となる個別インタヴューを5週に渡り掲載していく。第4回は、YU-Ki EMPiREの声をお届けする。 2018年4月11日、1stフル・アルバムのリリースが決定!!THE EMPiRE STRiKES START!!発売日 : 2018年4月11日[初回限定豪華盤]カセット+DVD+写真集(50P)価
by 西澤 裕郎
渋谷慶一郎主宰レーベル、ATAKの過去音源配信、第6弾
・2018年02月11日・ATAK過去作配信第6弾、レジェンド、刀根康尚のライフ・ワーク集、そしてサウンドトラック三部作へ 2017年9月11日より、渋谷慶一郎の主宰レーベルATAKの過去作品が毎月11日に配信リリースされる。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説とともに配信をお送りします。第6弾は、2011年のリリースを中心に3作品を配信。まずはフルクサスへの参加など、まさにエクスペリメンタル・ミュージックのレジェンドとして長らく活動を続ける刀根康尚による1996年から2010年まで14年の歳月をかけて制作された『万葉集』をテーマにしたライフワーク的作品をコンパイルした『ATAK016 MUSICA SIMULACRA』。伊勢谷友介監督作品『セイジ 陸の魚』のサウンドトラックとして制作され、渋谷プロデュースのもと、Oval、真鍋大度、ミカ・ヴァイニオ、Ametsub、そして朋友evalaらが参加したコンピレーション形式の作品『ATAK017 Sacrifice Soundtrack for Seiji “Fish on L』。そしてもう1作は太田莉菜をヴォーカルに、
by 八木 皓平
RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自主運営の2年間で得た最高の仲間と新たな冒険の真っ最中ーーラストクエスチョン全員インタヴュー RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン。2015年に結成され、脱出ゲームでおなじみ株式会社SCRAPのアイドルとして活動したのち、2016年3月から自主運営で活動をしている。これまでの間にメンバーも複数入れ替わり、現在は初期メンバー1人、新加入の2人の計3名で活動中。そんなラスクエから、名刺代わりのフリー配信曲「マジックアワー」が到着。「ラブゾーマ」の新テイク配信も味わい深い彼女たちに、2年ぶりのインタヴューをおこなった。 >>現体制の初音源をフリー配信「マジックアワー」>ラストクエスチョン Official HP
by 純三
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事