結成・加入・卒業・解散・メジャー進出──宗像明将に訊く、OTOTOYトピック2017アイドル編

今月からスタートした「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップの次はアイドル編です。他ジャンルに比べて、活動時期がある程度限られているジャンルだからこそ、日々の喜怒哀楽な情報や発表でアイドル界隈は大いに賑わいました。そんな2017年のアイドル・カルチャーはどんな一年だったのか、音楽評論家の宗像明将とともに振り返ります。今年のアイドル10タイトル選出もありますので読み逃しなく〜。

ライヴ・アイドル・シーンが掻き回された一年

インタヴュー & 構成 : 田尻菜穂子


──2017年のアイドル界隈、ざっくり言うとどんな一年でしたか。

去年は欅坂46の圧勝でしたし、今年も私はNGT48の「世界はどこまで青空なのか?」のMVを何度となく見たのですが、巨大資本の圧勝というムードで終わらなくて良かったなと思いますね。フィロソフィーのダンスの活躍も目立ちましたし。ただ、「資本」というと「ラストアイドル」にライヴ・アイドル・シーンが掻き回された一年でもありましたね。
あと、男性アイドルシーンの活性化も感じました。二丁目の魁カミングアウトの人気もそれと無縁ではないと思います。
一方で、アイドルが人気を上げる以前に、人気を維持すること自体が大変な一年だと思いました。ヲタのマーケットも可処分所得も限られているし、その辺はじりじり感じましたね。シーンの強度として、Twitterにヲタが書きこんで、面白おかしくまとめられて……みたいなサイクルに、そろそろシーンが耐えられなくなってきた印象も受けました。


<期間限定>NGT48『世界はどこまで青空なのか?』MUSIC VIDEO Full / NGT48

──今年台頭してきたアイドルで注目はいらっしゃいましたか?

ヤなことそっとミュートですね。新宿LOFTでライヴをしまくって、そこから赤坂BLITZ(12月22日)への流れは美しいです。あとはTask have Fun。「3WD」を聴いたときは、ドラムの音の軽さに驚いたものですが、ああいうサウンドや振り付けが受けるんだなと。天晴れ!原宿もヲタの話題が先行していましたが、本人たちのステージもいいんです。ピンチケが元気なのは希望ですよ。


ヤなことそっとミュート - Lily【MV】

──天晴れ!原宿は代々木フリーライヴ(8月30日)もしていましたね。

そうですね、そうやって外部に開かれていくかが今後は特に大事だと思います。もうマーケットはパイの奪い合いなので、いかにオープンになって人を集められるかが大事ですね。ソロでは、キャラクターとして空野青空が見つかったのは大きかったですね。富山からですよ。同じく地方だと、三重から東京進出を本格化させた煌めき☆アンフォレントの勢いがすごかったですね。横浜のヌュアンスも局地的に盛りあがっているんですよ。デザインワークの良さを含めて可能性があると感じますね。

解散・脱退・卒業・引退

──今年も大小様々なアイドルフェスがおこなわれましたが、「見つかった」グループはいたんでしょうか。個人的に見つけたグループはいましたか?

みんな夏は「アイドル横丁」で見つけて、それを「TIF(『TOKYO IDOL FESTIVAL』)」で確認する……というローテーションが組まれているんですよ。それが今年はTask have Funでしたね。個人的にはフェスでの大きな出会いはなかったかな。どうしても寺嶋由芙とフィロソフィーのダンスを中心に見ていたので。

──解散・脱退・卒業も多かったですね。

解散といえば清 竜人25でしたね。清 竜人25の最後の「新曲」は、清竜人さんのソロ曲の「ボーイ・アンド・ガール・ラヴ・ソング」でしたからね、鮮やかでした。最高の解散ライヴ(6月17日)でしたね。
Kit Catの活動終了(2018年春活動終了)や、レッツポコポコの解散発表(2018年1月21日解散)も残念でした。


清 竜人25「ラスト♡コンサート@幕張メッセイベントホール」 ダイジェスト

──卒業で印象に残ったのは?

ディア☆の千影みみの卒業と引退(4月23日)ですね。幸せになってくれているといいなと願っています。
Dorothy Little Happyの白戸佳奈の卒業(7月23日)も忘れられませんね。一度卒業・引退した後に、callmeとの5人体制で「@JAM EXPO」(8月27日)で復活して改めて卒業したわけです。美しくも悲しい、悲しくも美しい卒業でしたね。
The Idol Formerly Known As LADYBABYから黒宮れいが脱退(11月17日)したのも驚きました。

──ディアステージの変化も大きかったですね。

大きかったですね。ディアステージが、pixivとアークジュエルからアイドルを迎えると発表しました。でんぱ組.incもライヴ活動を再開して、12月1日の「DEARSTAGE SHOWCASE 2017 WINTER」では、思わず立ったまま「でんでんぱっしょん」に見入りましたね。今年の1月20日の日本武道館で止まっていた時計が動きだしたなと感じたし、さらに他グループのアイドルも移籍してきて、新しいシーンが作られる予感がします。
ディアステージからはCYNHNも出てきていて面白いんです。CYNHNのデビュー曲の「FINALegend」は、でんぱ組.inc以降の感覚の楽曲なのですが、アートワークや衣装でまったく違う印象を与えているんです。
そこにWACKやパーフェクトミュージックとで、3強みたいになるかもしれませんね。パーフェクトはエージェント契約が多いですが。


CYNHN (スウィーニー)「FINALegend」 Music Video

──でんぱ組.incは12月30日の大阪城ホールのライヴが楽しみです。

楽しみです、期待値が上がりきっていますね。うっかり泣くだろうなと(笑)。

アイドル・シーンを盛り上げたグループ

──今年はBiSHの人気が爆発しました。

WACKのBiSHの「ミュージックステーション」出演は、インディペンデント系の事務所からの這いあがりとして、2017年に特筆すべきものでしたね。横浜アリーナ(2018年5月22日)の発表には、BiS解散の場なので元研究員としてはいろいろ思うところはありますが(笑)、さすがだと思いますね。BiSは横浜アリーナを半分にして使ったから、BiSHがフルで使ったら元研究員としては微妙なつらさを味わいそうですね(笑)。ちなみWACKでは、渡辺淳之介が開いた渋谷のバー「MULTiPLE MANiACS」がオススメです。あそこは面白いことが起きる場所になると思います。


BiSH / My landscape

──パーフェクトミュージックも所属アーティストがぐっと増えましたね。

エージェント契約を大量にしたのは驚きましたね。まだその成果はよく見えてこないですが、バンドじゃないもん!のメンバーとのイベント(11月25日『PERFECT MUSIC presents PERFECTION!』)がありましたね。MIGMA SHELTERが一番伸び代を感じますね、今年結成していきなりエージェント契約ですから。
今年特徴的なのは、MIGMA SHELTERのように、音楽的にはハイコンテクストなのに、見せ方はローコンテクストなアイドルが伸びたことですね。MIGMA SHELTERなんて、音楽的にはゴアトランスですから。でも、アイドルらしく色別の衣装を着て特典会をすることで、一気に人気が出る。同じことはYunomiが曲を作っているCY8ERにも感じました。音楽的にはハイコンテクスト、見せ方はアイドルとしてローコンテクスト。そういうところが伸びましたね。


MIGMA SHELTER 2nd trailer

──sora tob sakanaはOTOTOYでもセールスを伸ばしました。

sora tob sakanaとamiinAほど楽曲派の期待を受けて、それにしっかり応えたアイドルはいないんじゃないですかね。


sora tob sakana / ribbon(MV)

──フィロソフィーのダンスもしかり。

そうですね。「TIF」でのsora tob sakanaとフィロソフィーのダンスのコラボステージは、暑さで倒れそうになりながら30分見ていました(笑)。
フィロソフィーのダンスは、ファンクであそこまで突き進んでいて快進撃ですね。日本のヒットチャートはファンクに厳しいと言われるけれど、ヲタの勢いで突破している感もあって「発明だな」と思います。フィロソフィーのダンスには「歌えること」の重要性みたいなものも教えられますね。


フィロソフィーのダンス「ダンス・ファウンダー」MV

なさそうである、インディーとメジャーの差

──アイドルから学ぶことの多さも、見ていて楽しくなる要素のひとつですね。市場的にメジャーとインディーズの垣根があまりないように見えるのもアイドルの特性かなと思うのですが。

うーん、そこはけっこう見えない壁があると思うんですよね、宣伝費とか。でも、今すごいのはゆるめるモ!なんですよ。インディーズなのに、アルバム『YOUTOPIA』の収録曲のタイアップを5本も獲得してるんです。しかも、地上波の「プレミアMelodiX!」にもバンド編成で出るんですよ。メジャーのプロモーションを超えていて衝撃的でした。そういう意味で、インディーズでもやり方次第でメジャーに負けないのが今なのかなと思いますね。
インディーズの話題だと、里咲りさのZepp DiverCity(TOKYO)(9月22日)の成功は奇跡的なものを見たなと感じました。あれは東京のライヴ・アイドル・シーンの一大イベントでしたね。里咲りさは、ソロなのにたくさんの人を巻きこんでいて、彼女の才覚だと感じました。
逆に、ここまでに述べたような「何か」が抜きん出ていないと、2017年は伸びるのが難しかった一年だったと思いますね。


ゆるめるモ!(You'll Melt More!)『うんめー』(Official Music Video)

里咲りさ『S!NG』

──来年への展望などをいただけたらと。

今年大きかったと感じたのは、バンドじゃないもん!が「もう“オリコン戦争”から逃れたい」と宣言したことなんですよね(https://natalie.mu/music/pp/bandjanaimon05)。社名まで出してますから(笑)。そこまでして活動の指標を変えようとしてるんですよ。
一方で、フィロソフィーのダンスは、あるサブスクリプションサービスのバイラルチャートで2日間連続一位を獲得しました。アイドルとしては初の快挙です。
CDも残るだろうし、ダウンロードもサブスクリプションサービスもあるなかで、ライヴ動員も含めて、どこに活動の目標を置くかが、今後アイドルにとっては重要なのだろうと思います。
ただ、正直「今年もアイドルシーンはよく持ちこたえた」と思うんですよ。だから来年も、音楽的収穫も含めて期待していきたいですね。

──今年のアイドルファンの動向に変化はあったでしょうか?

わりとあると思いますね。一般投票で楽曲、アルバムなどが選ばれる「第6回アイドル楽曲大賞2017」の発表が12月29日深夜に阿佐ヶ谷ロフトAで開催されるので、ぜひ確かめに来ていただきたいです。

アイドル楽曲大賞 結果発表イベント

2017年12月29日(金)@阿佐ヶ谷ロフトA(24:00開場/24:30開演)

詳しくはオフィシャルサイト

2017年アイドル10タイトル

~~宗像明将編~~

フィロソフィーのダンス / ザ・ファウンダー
ゆるめるモ! / YOUTOPIA
清 竜人25 / WIFE
僕とジョルジュ / 僕とジョルジュ2
寺嶋由芙 / 天使のテレパシー
バンドじゃないもん! / 完ペキ主義なセカイにふかんぜんな音楽を♡
レッツポコポコ / ぼくらの物語/くらげくらげ
CYNHN / FINALegend
里咲りさ / サイン
MIGMA SHELTER / Svaha Eraser

~~編集部田尻編~~

清 竜人25 / WIFE
モーニング娘。'17 / 15 Thank you, too
WHY@DOLL / WHY@DOLL
パンダみっく / 好きな曜日はxx
sora tob sakana / cocoon ep
RYUTist / 柳都芸妓
callme / One time -EP-
二丁目の魁カミングアウト / Good As Yesterday ❷
フィロソフィーのダンス / ザ・ファウンダー
つりビット / Blue Ocean Fishing Cruise

PROFILE

宗像明将

1972年生まれ。「MUSIC MAGAZINE」「レコード・コレクターズ」などで、はっぴいえんど以降の日本のロックやポップス、ビーチ・ボーイズの流れをくむ欧米のロックやポップス、ワールド・ミュージックや民俗音楽について 執筆する音楽評論家。近年は時流に押され、趣味の範囲にしておきたかったアイドルに関しての原稿執筆も多い。

ブログ
Twitter

o

 
 

コラム

【連載】OTOTOY伊達のオススメアニメ 第3回
・2018年04月19日・【連載】OTOTOY 伊達のオススメ・アニメ! 春爛漫編 第3回 と、いうことで3回目です! これまで計5本のアニメを紹介しました! 自分に合いそうなアニメをみつけることはできましたかでしょうか? すこしでも興味を持って貰えればうれしい限りでございます。さて、前回の記事で「2クール目に突入」や「第2期が放送開始」といった内容を書きましたが、この1クールとは約3ヶ月の放送期間のことです。 一般的にこの期間で全12~13話が放送されるわけですね。しかし、作品によっては全24話(2クール)近くで放送するものもあれば、完結後に第2期の放送が決定するものもあったり、劇場版が制作されることもあります。好きな作品は永遠に続いて欲しいものですが、なかなかそういうワケにもいかず。最終回後の喪失感がつらいこともしばしば。 「じゃあ好きになった作品が終わったらどうすれば……」というあなたに! 今回は今春スタートのこの作品をオススメします! 2018年オススメ春アニメ 春爛漫編 第3回PERSONA5 the Animation きっとあなたの心も盗まれます! 『PERSONA5 the Animation』 ストーリー (
by 伊達 恭平
【連載】OTOTOY伊達のオススメアニメ 第2回
・2018年04月17日・【連載】OTOTOY 伊達のオススメ・アニメ! 春爛漫編 第2回 と、いうことで2回目です! 4月も折り返しですね。みなさん新しい環境には慣れましたでしょうか? そろそろアニメを見る余裕も出てきたんじゃないですか? 「第一話を見逃したんですけど……」なんてかたに朗報! いまは様々な動画配信サイトで見逃し配信なども行なっております。かくいう私も、リアルタイムで視聴できない場合は、各種動画配信サイトなどで楽しんでいます。自宅でも外出先でもそのお手元のスマートフォンがあれば、いつでもどこでもアニメを楽しむことができるのです! こんなにすばらしい時代なので、すでに放送から数話が経ってしまった2018年春放送アニメも、いまから余裕で楽しむことができるというワケです。何をはじめるのにも、遅すぎるということはありません! というわけで今回は2回目。いまから見直しても大丈夫! 2018年春放送中のアニメから、いわゆる続き物(2クール目)のオススメ作品を紹介致します! ではいってみましょう! 今回はこちらのふたつです! 2018年オススメ春アニメ 春爛漫編 第2回1. あまんちゅ! ~あどばんす~'2. ダーリン・イン
by 伊達 恭平
【連載】OTOTOY伊達のオススメアニメ
・2018年04月12日・【連載】OTOTOY 伊達のオススメ・アニメ! 春爛漫編 第1回 と、いうことで初めまして! このたび、このアニメ・コラム連載を担当することになりました、OTOTOY新入社員の伊達であります! こちらのコラム連載ですが、他のOTOTOY編集者の面々が全く気づいておらず、私、伊達がはがゆい思いをしております、アニメの世界の魅力、楽しみ方を伝える為にはじめた次第なんでございます。以降お見知り置きを! そんなこんなでこのコラムでは私が超独断と偏見でオススメのアニメを紹介するというヤツで。もちろんOTOTOYなので、アニソンはもちろんなのですが、アニメそのもののさまざまな情報もお届けできればと思っています。既に趣味としてアニメを楽しんでいる方も、そっち方面も興味あるっちゃあるという方も一緒に楽しんでいただければ、私、伊達もうれしいかぎりでございます。更新は毎週火・木曜日を予定しているんですね、はい。通勤、通学、お昼休み、今日帰って何をしようか悩んでいる様な空き時間、そして仕事中…… は、おっとダメですね。ともかく手持ち無沙汰な空き時間に気軽にサクっと見て頂ければ、貴方もいつの間にかアニメの世界に夢中! となるかは
by dazzo
いま聴くべきは、こいつらだ! ──2018年最初の、OTOTOYおすすめ10選
・2018年02月21日・いま聴くべきは、こいつらだ! ──2018年最初の、OTOTOYおすすめ10選 昨年2017年も、CHAIやバレーボウイズ、台風クラブをはじめ、数多くのニュー・カマーが登場し、傑作を生み出すことでインディー・シーンを盛り上げていましたね。さて年は変わって2018年。今年はどんな音楽と出会うことができるのでしょうか?! 2018年に入り、2ヶ月が経とうとしているいま、今年にはいって、すでにリリースされたOTOTOY的おすすめ10選を掲載! 2018年のはじまりはこいつらから! それではいってみましょ〜!! キイチビール&ザ・ホーリーティッツ『トランシーバ・デート』 2018年、まず注目していただきたいのはこちら! “ハッピーサッドの先にあるハッピー”を歌う5人組ロック・バンド、キイチビール&ザ・ホーリーティッツです! Theピーズやホフディランなど、90年代のロック・バンドの影響を感じさせつつも、彼ら独特のユルくて鋭いサウンドを展開するこのバンド、あなたのハートをグッと掴むこと間違いなし! 1stアルバム『トランシーバ・デート』には、現段階の彼らの代表曲「パウエル」をはじめ、ヴォーカルのキイチビールのかわいら
by 鈴木 雄希
“東京と京都のうたを紡ぐ”イベント〈うたのゆくえ〉特集
[CLOSEUP]・2018年02月09日・“東京と京都のうたを紡ぐ”イベント〈うたのゆくえ〉特集 東京はいつだって文化の発信地だ。新しいもの古いもの、何かが蠢く瞬間を東京はすぐにキャッチする。何かを抱えてこの地にやってきた者、何かを抱えてそこに生まれた者、抱えた何かを葬り去ろうとする者、抱えた何かにまみれてしまっている者。東京はそうした様々な人々の情熱を表現へと還元させてくれるカルチャー・アマルガム・シティと言っていい。 かたや京都は東京よりはるかに長い町としての歴史を抱え、そのあまりに深い伝統と亡霊に時折足元を掬われながらも、常に若く無邪気な息吹が次々とやってきてはその伝統にひるむことなく上書きしていく町。老弱男女が一つになって生活を営み、しかも音楽も他の文化も食生活もが同じ土俵の上にある。それらフラットな土壌の上で定期的に新鮮な風が吹く京都は、文化が蓄積されアップデートされていく町と言えるかもしれない。 そんな文化の東西の文化発信源をそれぞれ拠点とする若き音楽家、バンドが3月3日の渋谷に揃う。さりげなく発表され、さりげなく話題を集めているイベントだが、よくよく考えたらこれは前代未聞級の素晴らしい企画だ。主催者の度量の大きさに感服する。 2010
高橋健太郎、橋爪徹と2017年のハイレゾを振り返り2018年を占う──OTOTOYトピック2018 ハイレゾ編
[POWERPUSH]・2018年01月23日・高橋健太郎、橋爪徹と2017年のハイレゾを振り返り2018年を占う──OTOTOYトピック2018 ハイレゾ編 昨年末より掲載してきた音楽トピックをジャンルごとに振り返る「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップ編、アイドル編、J-POP編、ロック編と続き、今回はハイレゾ編。“ハイレゾ音楽制作ユニット”として活動する音楽ユニット、Beagle Kickのプロデューサーであり、オーディオ・ライター、音響エンジニアとしても活動する橋爪徹を迎え、音楽評論家であり、プレイヤー、サウンド・エンジニアも務めるOTOTOYシニア・プロデューサーの高橋健太郎と、2017年のハイレゾ関係の動向を振り返り、今後のハイレゾを取り巻く環境を占う対談を行なった。 ハイレゾってなに? って方はまずはこちらのページをチェックです! ハイレゾ対談 : 橋爪徹 × 高橋健太郎 高橋健太郎(以下、高橋) : 橋爪さんはオーディオ・ライターと録音と、どんなバランスでやっていらっしゃるんですか。 橋爪徹(以下、橋爪) : 現在は週4で働きながら、空いた時間でオーディオ記事を作ったり、OTOTOYでも配信しているBeagle Kickを和田(
てらいなくポップに振り切る新世代──矢島和義、岡村詩野に訊く、OTOTOYトピック2017ロック編
[CLOSEUP]・2018年01月11日・てらいなくポップに振り切る新世代──矢島和義、岡村詩野に訊く、OTOTOYトピック2017ロック編 昨年末からスタートした「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップ、アイドルに引き続き今回はロック編!! 様々な出来事が起きた2017年、ロック・シーンはどんな一年だったのでしょうか。スカートやミツメなどと縁深いレコード屋・ココナッツディスク吉祥寺店から名物店長・矢島和義、そして音楽評論家の岡村詩野を迎えて振り返ります。対談の最後にはお二人からベスト・ディスク5タイトルを選出していただきました。お読み逃しなく!! もう「インディーだからカッコいい」っていう概念がないインタヴュー&文 : 鈴木雄希 構成 : 阿部文香 ──まず今年ロック・シーンにもいろんなことが起きたと思うのですが、おふたりが感じるキーワードみたいなものってありましたか? 矢島和義(以下、矢島):なんだろう…… 「メジャー」かな。スカートや、どついたるねん、never young beach(以下、ネバヤン)、Yogee New Waves(以下、ヨギー)とかもメジャー・デビューをしたし。あとラブリーサマーちゃんがCMの曲をやったりとか、イ
by 鈴木 雄希
スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』
[CLOSEUP]・2017年12月28日・スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』 岡村詩野が講師を務め、音楽に関わるさまざまな表現を学ぶ場『岡村詩野音楽ライター講座』。先日まで開かれていた2017年の10月期では『Year in Music 2017』を共通テーマとし、2017年にリリースされた作品の中からベスト・ディスクを選出し、原稿を執筆してきました。本ページでは、今回の講座の最終回にゲスト講師として登場していただいた、スカートの澤部渡氏と岡村詩野のトークセッションの模様を掲載。さまざまな音楽が生み出された2017年に聴くべき名作について語ってくれています。またライター講座の講座生によって選定された、2017年のベスト・ディスクについてのレヴューも掲載。昨年の音楽シーンの振り返りにもどうぞ! >>『Year in Music 2017』はこちらから!!