【短期連載】どついたるねん、なぜメジャーは彼らと契約したか?──宮本純乃介(キングレコード)と全裸で語り合う

どついたるねんが、12月20日にキングレコードよりメジャー1stシングル『BOY』をリリース。表題曲「BOY」に加え、ZEN-LA-ROCKとメイリン(ZOMBIE-CHANG)がfeat.で参加した「おならぷーぷーセッション feat. ZEN-LA-ROCK, ZOMBIE-CHANG」、親交のある澤部渡(スカート)がバンド・アレンジを施した「街」、同じく親交の深いミツメの代表曲「煙突」をアレンジした「煙突(モクモク remix)」が収録される。リリース当日には渋谷CLUB QUATTROにて完全無料のライヴ開催も行うなど、怒涛の勢いで突き進むどついたるねんの短期連載を3回に渡り掲載する。最終回は、メジャーレコード会社・キングレコード / EVIL LINE RECORDSのレーベル・ヘッド宮本純乃介を迎えインタヴューを敢行。なぜ、どついたるねんをメジャーで契約したかに居酒屋で迫った。

メジャー1stシングルは12月20日リリース!!

どついたるねん / BOY

【収録曲】
1. BOY
2. おならぷーぷーセッション feat. ZEN-LA-ROCK, ZOMBIE-CHANG
3. 街
4. 煙突(モクモクremix)


どついたるねん / BOY


INTERVIEW : どついたるねん × 宮本純乃介(キングレコード / EVIL LINE RECORDS)

左から、先輩、浜公氣、宮本純乃介(キングレコード)、うーちゃん、ワトソン、山ちゃん、DaBass

どついたるねんの短期連載第3回は、彼らのメジャー・デビュー元であるレコード会社・キングレコード / EVIL LINE RECORDSのレーベル・ヘッド宮本純乃介を迎えインタヴューを行った。連載1回目のメンバー・インタヴューで、メジャーレコード会社のスタッフたちとの距離を縮めるために裸の付き合いをしたほうがいいと提案したこともあり、オフィスに着くやいなや、全裸で写真を撮りましょうと提案してみたところ、インタヴュー前にも関わらず、宮本氏もプロモーション担当の湯本氏も一瞬で全裸に。まさに身も心も裸の対談となった。ちなみに、取材はそのあと居酒屋に場所を移してお酒を飲みながら行いました。

インタヴュー : 西澤裕郎(クソ誘い人)
写真 : 大橋祐希

とにかく動いていないとダメだっていうスピリットが強い

──単刀直入にお訊きしますけど、なぜ宮本さんはどついたるねんとメジャー契約を結ぶことにしたんでしょう?

宮本純乃介(以下、宮本) : いきなり核心からですね(笑)。

──早く聞いておかないと、酔っ払って忘れちゃうと思いまして(笑)。

宮本 : う〜ん、一言で言うのは難しいけど、いまの時代にもフィットするだろうし、直感的にいずれ大きくなるだろうなと思ったからゆえですね。

ワトソン : よっしゃ!!!!!!

宮本 : ただ、初めて青山でライヴを見たときは全然いいと思わなくて。

ワトソン : レコード会社の人が来るって聞いて、めちゃくちゃ気合いを入れていたんですけど、なんせ客も少なかったしホームじゃなかったので本調子じゃなくて…。

うーちゃん : あのときライヴ後に宮本さんが楽屋に来て「なんか元気出ました!」って言って、すぐ帰りましたよね(笑)。

宮本 : まだ引き返せるようにしとこうと思って(笑)。その後に下北沢シェルターで観たミツメとの2マンがめちゃくちゃよくて。それで一気にいいなと思ったんです。

──イメージ的にどつは破天荒な印象がありますけど、実際のところみんな真面目というか大人しかったりするじゃないですか(笑)。実際、どう思われましたか?

先輩 : 山村はクズ(笑)。

うーちゃん : それはイメージ通りだよ。

宮本 : (笑)。たしかに思っていたよりシャイな印象があったけど、意外と体育会系だなっていうのは感じましたね。

──体育会系っていうのは?

宮本 : 理屈というよりフィーリングを大事にしていて、とにかく動いていないとダメだっていうスピリットが強い。そこがアナログでいいなと思うんです。

──「どついたるねんの歴史 -中級編-」にボロフェスタの映像が入っていますけど、解散するかどうかという緊迫な場面が収められているのも印象的ですよね。


どついたるねんの歴史 -中級編-

宮本 : いつのまにか解散することになっていて、ちょっと待ってくれよって(笑)。

ワトソン : あの映像は事実ですけど、あいつ(岩淵弘樹)がまたドラマチックにしようとしているからなだけですよ。

先輩 : 感動乞食だよね。

本気でその都度、気持ちがあるかどうか共有しているバンドって珍しい

──あははは。どついたるねんから見た宮本さんの印象はどうですか?

ワトソン : いま、体育会系って言ってくれましたけど、うちらって実際、完全に体育会系なんですよ。動いてなんぼとかって思想のバンドが周りにいなさすぎて。

宮本 : いなねいね、いま。

ワトソン : 俺たちは頭も悪いし、そういう部分で周りと違うと思っていたから、そう言ってくれたのは普通に嬉しいです。音楽オタクでもないというか、普通に音楽は好きだけど、そういうオタクすぎるバンドがそんなに好きじゃないし、そういうふうにならないようにしてるところもある。俺は楽器もできないからあれだけど。

宮本 : 本気でその都度、それぞれの気持ちの機微を共有しているバンドってすごく珍しいし、そういうところがすごくいいなと思ったんですよね。

──ワトソンくん、先輩、うーちゃん、山ちゃんのフロントマン4人は言ってみれば初期メンバーで体育会系ですけど、後から入って来た浜くんとDaBassくんの2人が最初からこの4人についていくことができたのかなって気はしますけどね。

浜 : 俺も結構体育会系ですよ。

DaBass : 嘘つけ!! いじめられっ子だろお前はー!

(といって、浜の頭を撫でるように叩くフリをするDaBass)

先輩 : ツッコミも弱いし、優しい(笑)。

浜 : 自分がどつに入った年の冬くらいに、うーちゃんと山ちゃんがめちゃくちゃしばかれている時があって。

ワトソン : リキッド終わった後でしょ? うがいがバンド費を3万を失くすわ、いろんな意味での後片付けも何にもできていなくて、俺も別のスタッフから怒られたりしていて。次の練習の日の帰りに山村に「お前辞めろ」ってブチ切れたんですよ。

DaBass : 公園でバンド費がなくなったって言ったら、山ちゃんが「良いライヴだったんだからそんなん全然関係ないっしょ!」とか言ってふざけてたんだよね(笑)。

浜 : それで2人がワトソンに髪を思いっきり掴まれてガッチガチにしばかれているのを観て、めちゃくちゃ青ざめちゃって。その後ワトソンが「いやー、メンテナンス終わったわー」みたいなこと言ってて。

先輩 : 頭オカシイじゃん(笑)。

浜 : でもその後にうーちゃんと山ちゃんが「精神」のデモ的な音源を持ってきてくれて、すげーよかったんですよ。それは、いまでも覚えている。

山ちゃん : 宮本さん自身も結構体育会系的なところありますよね。

宮本 : うち(〈EVIL LINE〉)は、めちゃくちゃ体育会系だね。

ワトソン : バーベキュー・ライヴの後もやばかったですね。上裸になって椅子を放り投げていて(笑)。

──たしかに、今日の写真撮影もすぐに全裸になってくれましたもんね。

ワトソン : 普通、絶対に無理ですもんね。まあ、それを仕掛けた西澤さん(インタヴューアー)もやばいけど(笑)。

宮本 : 会ってすぐに「ちんこ出してくれますよね?」っておかしいでしょ(笑)。

先輩 : まだ自己紹介する前にしたもんね(笑)。

宮本 : そういえば、まだ名刺も交換していない(笑)。

結局は、気が合うか合わないかっていうフィーリングでしょうね

──たしかに(笑)。キングさん全体っていうより、〈EVIL LINE〉がそういう体育会系的な感じなんですか?

湯本(どついたるねんA&R) : 100パーそうです。

宮本 : サイヤ人の集団って言われるもんね。

──実際〈EVIL LINE〉って、どういう経緯で発足したレーベルなんですか?

宮本 : 俺が入社して半年くらい営業をした後、スターチャイルドっていうアニメのレーベルに入ったんですけど、そこでアニメのプロデュースとかをやりながらアーティストを何人か抱えるようになって。ただ、当時のスターチャイルドは本当にアニメに特化したレーベルだったんです。

ワトソン : 『新世紀エヴァンゲリオン』もスターチャイルドですよね?

宮本 : そう。声優アーティストとかアニソン・シンガーとか、とにかく由緒正しいアニメのレーベルで、その中で俺が1番最初に仕事をしたアーティストが特撮だったんですよ。そこから雪だるま式に色んなアーティストと一緒に仕事をするようになって、もはやアニメは関係ないよね? ってなってきて。だったら1つのグループにしてみない? って提案を会社から受けたところで、だったら社内で新しくレーベルをやらせてくれっていう話をして。たまたまその時、会社もそれを受け入れる体制があったので、〈EVIL LINE〉として独立したんです。

先輩 : その頃、湯本さんはなにやっていたんだっけ?

山ちゃん : 京都で、ちんげで文字を書いていた。

先輩 : ちんげアーティスト(笑)。

宮本 : 自分のデスクに陰毛で文字を書くやつがいるっていう噂を聞いて、ヤベーやつだからうちにほしいって言って関西から引き抜いたんです(笑)。

湯本 : すげー盛られまくってる!! ちんげやヒゲを抜いて固まりを作っていただけです!!

──あはははは。

湯本 : 一度も会ったことのなかった宮本さんから、一切希望してない部署に引き抜かれたんです(笑)。10日後に東京ねって言われて、週末に急いで家を決めて上京しました。

先輩 : 湯本さん、今度ジャケット・デザインやってくださいよ(笑)。

山ちゃん : ちんげで「どついたるねん」って書いてほしい!

──あははは。〈EVIL LINE〉のイメージがいい意味で変わったんですけど、そこで働いている方たちが、どうやって人選されているのかが気になります。

宮本 : 結局は、気が合うか合わないかっていうフィーリングでしょうね。もちろん僕のやり方がダメな人も沢山いるだろうし、こいつだったらちょっと分かち合えそうかなみたいな奴を見つけるというか、それぐらいのものですよね。

先輩 : 今日初めて〈EVIL LINE〉のオフィスに行ったけど、おもしろそうな人がいっぱいいましたよね。女の人の机もめっちゃメルヘンでした(笑)。

やっぱり狂っている人っていう部分があるから信用できる

──(笑)。12月20日にはメジャー1stシングル『BOY』がリリースされますけど、曲作りが難航したということをメンバーから聞きました。宮本さんから見ても、楽曲制作に苦戦してる感じは伝わってきましたか?

宮本 : メジャー1stってことでプレッシャーを感じて作っているんだなっていうことは、ワトソンとのやりとりからも滲み出ていました。それがいいふうに働くのか、悪いふうに働くのかは蓋を開けてみないとわからなかったし、自分の関わり方も探りながらだった。ワトソンもそうだったと思う。そこの距離感のとり方が、今回のシングル4曲を経てようやく掴めたなって感じはしました。


どついたるねん / 街

──いい曲を作ろうとして、力が入っちゃっている感じだったんですね。

宮本 : そういう印象はすごくありましたね。ただ、どつの発想や瞬間的に生まれるメンバー同士の化学反応がおもしろいと思うから、俺は口出しをしないようにしていて。クリエイティヴに関しては、そういうスタンスを貫いた方がいいのかなと思っていました。あとは、発想は良くてもスカム過ぎてあまりに聴きづらいものになってしまっても仕方がないから、単純に音質だったりクオリティーを上げる環境を作るという部分でサポートしました。こういうスタジオで録ったり、エンジニアはこういう人にしたいっていう提案をしたり。

──メジャーということで、メンバーたちと宮本さんの間にもっと距離があるのかなと思ったんですけど、そんなことなさそうですね。

ワトソン : なんだかんだいろんな機会に一緒に飲んでくれているんですよ。そういうのを通して春からだんだん距離が近くなってきています。

浜 : 最初、やっぱちょっと怖かったですもんね。

ワトソン : 本当に社会人みたいな感じというか。

山ちゃん : これまで連載で3回インタヴューをしてもらって、難航したって話をしたんですけど、そういうのを経てめちゃめちゃいいものできたなって感じが今しています。

うーちゃん : インタヴューを終わらす感じになってるけど…(笑)。

先輩 : それで締まらねーぞ(笑)!!

先輩 : 俺も普段、作品ができたら聴き返さないんですけど、今回のシングルはすげー聴いていて。春夏秋冬が味わえるっていうか。

宮本 : またそうやって時事ネタにかけてくる(笑)。

──あははは。今作『BOY』を作るにあたって難航していたのも事実で、メンバー2人が脱退するという出来事もありました。それはどのように伝えたんでしょう?

浜 : アントニオ猪木酒場で報告しました(笑)。

ワトソン : 宮本さんは普通に勘付いてくれていて。

宮本 : どつは常々事件が起こっているというか、このときは変にかしこまった感じが見受けられたんで、あーなんかあったんだろうなと思って。ただ、場所がアントニオ猪木酒場だったから、横で「ダアー!」みたいな掛け声がうるさくて(笑)。

ワトソン : 山村がミーティングだって言っているのにこの店を選んで。

うーちゃん : ずっと「ボンバイエ」が流れていたよね(笑)。

DaBass : 逆に、ああいう話するにはよかったと思う。

先輩 : 言う前から宮本さんなら爆笑してくれるだろうなと思っていたし、そこは悩まなかったですね。

──そういう信頼感がちゃんとあるんですね。どつの周りにいた人たちって変わった大人の人強烈な人が多かったじゃないですか? 宮本さんは見た目がしゅっとしているし、ちゃんとした人と思っていたんですけど、やっぱり変な人なんですね(笑)。

宮本 : やめてください(笑)。それはないっすよ。

山ちゃん : 俺より全然宮本さんのが狂っている(笑)。

ワトソン : もちろん、いままで応援してきてくれたパンチ強い人も理解してくれるんですけど、みんな優しすぎて、俺らも甘えちゃうっていうか。優しくちゃんと1歩引いてくれているのが付き合いやすいというか、宮本さんはそういう感じなんです。

うーちゃん : 俺たちが頼りなさすぎて、みんな口を出したくなるんですけど、宮本さんは引いてくれるというか。

山ちゃん : そこにやっぱり狂っている人っていう部分があるから信用できる。

オリコントップチャートにクソを塗りたい

──あははは。リリース・タイミングで渋谷クアトロにて無料ライヴするのも、宮本さんのアイデアなんですか?

宮本 : いや、これは完全メンバーですね。

浜 : 宮本さん、ちょっと引いていましたもんね。

宮本 : お前らまじで無料でやるのかよ!! って(笑)。

先輩 : でも、そうしたいって言ったら「お前らがその気ならやるよ」って言ってくれて。

うーちゃん : うちらがキングに入ってから、無料のものばっかなんですよ(笑)。スタジオ・ライヴのアルバムも無料になってるし、さすがに毎回無料だと厳しいよね。

宮本 : そうだね。今回、また無料が続いちゃったなと思って(笑)。さすがにここまで続くとは思ってなかったね。もちろん、最初に知ってもらうきっかけを作ってあげるのは大事だと思うんだけど、ライヴまで無料にすんのかよって(笑)。俺も趣味でやってると思われるわ(笑)。

ワトソン : 還元がないですもんね。

宮本 : 全くない(笑)。ただ、うちとどつでリスクも儲けも半々にしているんで、その覚悟がバンドにあるんだったら、俺らも乗らなきゃだめだろう!! って。ただ、話を聞くとちゃんと明確な理由もあって、納得も出来た。結局はそういうバンドの熱い気持ちがあるから、一緒にやりたいと思ったところが大きいですね。

──それ、めちゃめちゃかっこいいですよね。レーベルのみなさんも、バンドと同じ気概でやってくっていうのは素晴らしい。すごくベタなんですけど、今後の活動の抱負を聞いて連載を終わりにしましょうか。

先輩 : ジェイムス・ブレイクみたいな音楽を通過したディーン・フジオカを募集しています。やっぱりダブステップは通過していきたいですね。

──(笑)。浜くんの抱負をお願いします。

浜 : いま、みんなでアルバムを作る作業をしているんですけど、ちゃんとグルーヴのある作品を作って、それでいろんなところでみんなでライヴしたいっすね。

先輩 : ふつー!

宮本 : そういえば、浜くんが言っていた一言がすごく印象的で。会議室で、「俺らメジャー・デビューするんで彼女とかいたらまずいですか…?」って言われたんですよ(笑)。こいつやべえなって、俺震えたもん(笑)。

──あはははは。DaBassくんの抱負は?

DaBass : 年金をしっかり払いたいですね。

──リアルなやつですね(笑)。

DaBass : がんばります!

──うーちゃんの2018年の抱負をいただけますか?

先輩 : 駅を間違えない。

うーちゃん : 今日も大井町と大手町を間違えて、前の取材に参加できなかったんですよ(笑)。

先輩 : キングの偉い人を30分待たせた挙句、来たら何もしゃべらないっていう。

宮本 : 狂ってるわ(笑)。

──あははは。山ちゃんはどうですか?

山ちゃん : やっぱり世間に対してクソ塗りたくりたいですね。

──… はい。

山ちゃん : オリコン・トップチャートにクソを塗りたいみたいな感じはありますね。

──トップ10に入りたい?

山ちゃん : いや、クソを塗りたくりたい。

──… じゃあ、ワトソンくん最後ビシっと決めてください。

先輩 : 人の顔面を蹴りたい。

ワトソン : それで。

浜 : 怖すぎでしょ、それ(笑)。

山ちゃん : とにかく誰かを殴りたい(笑)。

ワトソン : そんなバンド一生売れないわ!!

山ちゃん : ワトソンが言いたいのは、オリコン・トップチャートを殴りたいってことですね。

──宮本さん、本当にこのバンド、メジャーで大丈夫なんですか(笑)?

一同 : はははははは!

宮本 : 俺もよくわからない(笑)。でも、大丈夫だと思いますけどね。いずれ世間をあっと言わせるようなバンドにはなると確信しています。

山ちゃん : まじ、売れちゃおうぜ。

宮本 : 「売れちゃおうぜ」って軟派な台詞久しぶりに聞いたわ(笑)。

山ちゃん : ちがうちがう!! センスっていう部分に関しては完全に長けてるから、あとは価値観をひっくり返すだけなんで。

先輩 : NEOブサイクとしてね!!

LIVE INFORMATION

どついたるねん シングル発売記念 渋谷クアトロ無料ライブ 〜ガチ☆BOY〜
2017年12月20日(水)@渋谷CLUB QUATTRO
時間 : Open 18:00 / Start 19:00

>>more live information

短期連載の記事をあわせてチェック!!

>>>【短期連載】第1弾、鳥刺し食って、エロ本見て、酒飲みながらできた
──どついたるねん、メジャー・デビュー作を語る

>>>【短期連載】第2弾、いつ解散してもおかしくない緊張感とバンドを続けていく矛盾
──どついたるねん × 梁井一&岩淵弘樹対談

どついたるねん DISCOGRAPHY


どついたるねん / COLOR LIFE

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 216円(税込) まとめ価格 1,944円(税込)

【Track List】
1. Hello never mind / 2. Human / 3. ミッドナイト デジャヴ / 4. freedom / 5. 緊張の糸 / 6. グッバイ マイ ラブ / 7. 夢 / 8. Dear ガチンコ / 9. 飯でも / 10. わたるちゃん2 / 11. アメリカ

※アルバムまとめ購入で、メンバーによる全曲解説音声(WAV)とデジタルブックレットがついてきます。

結成8年目にリリースした初のR&Bアルバム

どついたるねん / ミュージック

【配信形式】
WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3

【配信価格】
単曲 216円(税込) / まとめ購入 1,944円(税込)

【Track List】
1. music / 2. California / 3. BOLT Brother Ⅱ Brother / 4. 生きてれば / 5. Message From Venice beach / 6. 大嫌い feat. 柴田聡子 / 7. バガボンド / 8. JYO / 9. RYO / 10. トム feat. Purple Reggae / 11. 死のダンス / 12. カリフォルニア・デイズ / 13. 鬼軍曹

※アルバムまとめ購入いただくと、ボーナス・トラック「鬼軍曹」とWEB歌詞ブックレットが特典としてついてきます。



自主レーベル〈Train Train Records〉から初作品

どついたるねん / 生きてれば / 精神

【配信形式】
ALAC、FLAC、WAV、mp3

【配信価格】
アルバム購入のみ 300円

【Track List】
1. 生きてれば / 2. 精神

※アルバムまとめ購入のお客様には、Webブックレットがつきます。



アドバイザーに峯田和伸(銀杏BOYZ)を迎えたベスト・アルバム

どついたるねん / どついたるねん BEST HITS

【配信形式】
WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3

【配信価格】
単曲 2257円(税込) / まとめ購入 2,057円(税込)

【Track List】
1. 遠浅の部屋 / 2. カズダンス / 3. MY BEST FRIENDS / 4. ジェロニモFUNK / 5. グリーンマン / 6. ポコロンチャ feat. 峯田和伸 / 7. UNCHAIN / 8. LONG HOT SUMMER / 9. ハイタッチ / 10. Just like まじっすか? / 11. BODY GUARD / 12. わたるちゃん / 13. このまま黙ってると思うなよ / 14. 鳥貴族(カラオケ ver.) / 15. 人生の選択 feat. PUNPEE / 16. 静かなるドン / 17. such a sweet lady


>>>通算9作目のフル・アルバムを配信スタート! どついたるねん&エンジニア、馬場友美へインタヴュー
>>>どついたるねんの第2章始動! ソウルとクソが融合したR&Bアルバム『ミュージック』インタヴュー
>>>生きれてばいいことある!!——リキッドルーム・ワンマン以後初のロング・インタヴュー
>>>3ヶ月連続アルバム第1弾を先行配信!! 東京スカムの星・どついたるねん、ロング・インタビュー!!

3ヶ月連続アルバム・リリース企画作品

PROFILE

どついたるねん

2008年、前身バンドを経てワトソン・先輩・山ちゃん・うーちゃんを中心に結成。2011年、初のフル・アルバム『ダディ』発表。映画の主演・音楽担当、写真家7人による撮り下ろし写真集「MY BESTFRIENDS」の刊行、ファッション・ブランド BEAMS のモデルへの抜擢等、活動が多岐に渡り始める。 2014年11月、峯田和伸(銀杏BOYZ)をスーパー・バイザーに迎えた7thベスト・アルバム『BEST HITS』発表。2015年春には変名【SUSHI BOMBER】でアメリカ西海岸ツアーを敢行し、その後現在の編成となる。同年秋には初のR&Bを取り込んだ8thアルバム『ミュージック』発表。2016年初春から2ヶ月に渡り一筆書きで47都道府県を周る〈どついたるねんジャパンツアー〉を敢行。2017年2月、9thアルバム『COLOR LIFE』を発売。リリースに伴い、レコ発ワンマン・ツアー〈彦龍〉を全国6ヶ所にて開催し、ツアー・ファイナルにバンド史上最大規模となる赤坂BLITZ公演を成功で収める。その場でメジャー・デビューを発表。

>>どついたるねん official site

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事