新メンバーとともに7人のサマロケを作っていきたいーーSummer Rocket、1stアルバムを期間限定フリー配信

永原真夏&工藤歩里が楽曲プロデュースを務める、永遠の夏を歌うアイドル・グループ、Summer Rocketが待望の1stアルバムを完成させた。これまでにリリースされてきた4枚のシングルを再レコーディング、リマスタリングした楽曲に加え、初音源化となる「太陽のアリア」「ロードスター逃飛行」を収録した全10曲。発売日の12月25日に先駆け、OTOTOYでは同アルバムのmp3版を無料配信!! そしてメンバー4人へのインタヴューを実施。12月17日(日)には新宿LOFTにて3rdワンマン・ライヴ〈さよならセカイ〉を開催し、新メンバー3人を迎えることも決まっている激動のサマロケ・メンバーが何を考え活動しているのかに迫った。今のサマロケに注目してほしい!!

サマーロケット、待望の1stアルバムを期間限定フリー配信!!

Summer Rocket / Summer Rocket(期間限定フリーパッケージ)

【配信形態】
mp3

【配信価格】
まとめ 0円(税込)

【Track List】
1. 太陽のアリア
2. Summer Rocket
3. プールサイドのイルカ
4. さくらハレーション
5. サマタイム・キル
6. きりさいて
7. ロードスター逃飛行
8. 夏のトライアングル
9. リズムマジカル
10. 乙女座流星群

INTERVIEW : Summer Rocket

左から、東雲しなの、桐生ちあり、桃宮くるみ、愛わなび

2017年12月17日(日)、新宿LOFTにて3rdワンマン〈さよならセカイ〉を開催するSummer Rocket。永遠の夏を歌うアイドル・グループとして誕生してから約1年半を迎える彼女たちだが、年間100本を超えるライヴやメンバーの脱退など数々の出来事を乗り越え、現在の4人での体制を作り上げた。そんな4人の集大成的な1stアルバムについて、そして12月17日には新メンバー3人を迎えて新たなスタートを切ることについて、4人に話を訊いた。

取材&文 : 西澤裕郎
写真 : 大橋祐希

永原真夏さんに「4姉妹みたいになってきたね」って言ってもらって(笑)

──約半年間ぶりのインタヴューですけど、Summer Rocket(以下、サマロケ)はライヴ本数が多くて本当にバイタリティがありますよね。選べないかもしれないですけど、特に印象に残っている出来事を教えてもらえますか?

東雲しなの(以下、しなの) : 今の4人体制になって初の関西遠征を10月21日~22日にしたんですけど、京都の〈ボロフェスタ2017〉で新曲「乙女座流星群」を初披露したんです。前日の時点で振りが決まっていない箇所があったので、4人で同じ部屋に泊まってギリギリまで練習していたのが1番想い出に残っています。

桐生ちあり(以下、ちあり) : 曲が出来たのがライヴギリギリだったんですよ。ライヴが続いていたこともあってレッスンをする時間もなかったし、1日目の大阪公演が3現場あったので、23時にホテルに帰ってきて4人で振りを考えて練習していて。

しなの : 音源には入っていないんですけど、ライヴでは1人1人台詞を言う箇所があるんです。わなび、しなの、ちありの3人が弱音っぽいことを言うんですけど、大サビ前でくるみが〈でも頑張るって決めたんだ〉っていう台詞を言っていて。これまでサマロケは弱音を言う歌詞とかセリフがなかったんですけど、そのセリフには少なからず私たちの本音も入っていて。だから、踊っているうちに泣きそうになったし、練習も熱い気持ちになりながらしていました。

──その弱音は4人の状態をヒアリングして生まれたセリフなんですか?

しなの : 特にヒアリングしたわけじゃないんですけど、結成からずっと付いてくださっているダンスの先生がセリフを決めてくださって。私たちにぴったりとはまっているし、自分の気持ちをこぼすような感じなので、聴いてくれている人に伝わる箇所になっているんじゃないかなと思います。

──ちなみに、どんなセリフを言っているんですか?

愛わなび(以下、わなび) : 私は〈本当はねすごく不安〉って言っていて。日によってニュアンスを変えてもいいよと言われているので、その日の気持ちで声の大きさやトーンを若干ずらしています。

しなの : 私は〈本当はねどうしたらいいのかわからない〉、リーダーは〈本当はね疲れちゃったな〉って言っています。

──前回のインタヴューのとき、くるみさんは受験勉強のため活動休止していて復帰したばかりでした。3人の輪に入っていくのにちょっと遠慮があったみたいな話をしていましたけど、半年経ってうまく馴染むことができていますか?

桃宮くるみ(以下、くるみ) : インタヴューしてもらった4月頃は復帰してまだ1ヶ月くらいだったんですけど、半年経ってグループのモチベーションも変わってきていて。当時は私自身マイナス志向になることが多かったんですけど、最近は憑き物が取れたみたいに感受性が豊かになったというか、映画や本を読んですぐ泣いちゃうんですよ(笑)。お客さんから「最近、表情豊かだね」って言われるとこも増えました。元々、サマロケは明るくて爽やかなコンセプトのグループなので、ちょっとでもそれに近づけられるようにと思って頑張っています。

しなの : この半年間ライヴ本数も多かったし、しんどいことや楽しいことも一緒に過ごしたことで4人のなかに強い絆みたいなものが出来てきたのかなと思っていて。先日、永原真夏さんに「4姉妹みたいになってきたね」って言ってもらって(笑)。そういう風に見えるようになってきたんだなと思いました。

くるみ : 実際、半年の間に悲しいこともつらいこともたくさんあったんです。その中でいろんな考え方をできるようになったし、視野も広がったのかなと思っていて。少なからず客観的に見れるようになったのかもしれないです。

──リーダーは自分が変わった感じはありますか?

ちあり : 変わった… のかなぁ? でも、4月のときよりは肩の力を抜けるようになったとは思います。それまでは自分のことで精いっぱいだったけど、その気持ちを全部捨てたら楽になったというか… 自分のことを考えるのを辞めました(笑)。

──あははは。余計なことを考えすぎないようになったってこと?

ちあり : そうですね。

新たに7人のサマロケを作っていかないといけない

──4姉妹に見えるようになってきたという話がありましたけど、12月17日の3rdワンマンライヴで新メンバーが3人加入します。そのことに対しては、どういう気持ちなんでしょう?

しなの : 正直、戸惑いはあります。

くるみ : やっと4人でのSummer Rocketの形が出来てきたから、今までやってきたものがまたゼロからになっちゃうんじゃないかっていう心配もあって。ワンマンが怖いという気持ちも少しあります。

ちあり : 私たちはサマロケをやるために活動を始めたけど、新しく入ってくる子たちは自分を魅せたいからサマロケをやるって気持ちが多分あると思うんですよ。まだやる気の差も全然わからないので不安ですね。これからどうなるんだろうって。

しなの : ただ、最初に新メンバーが3人入るって聞いたときに、4人でサマロケを作ろうってとこにすごく苦労したことを思い出して。だからこそ、新たに7人のサマロケを作っていかないといけないと思ったんです。自分たちも最初は”自分がやりたい”という気持ちのほうが強いと思うし、そのバランス感は1年半やってきてようやく掴んだものなので、新メンバーとともに7人のサマロケを作っていきたい。新しいお客さんに観てもらえるチャンスでもあると思うので。

わなび : いまのサマロケって大事な時期に入ってきていて、来年の夏に向けてどんどん準備を進めていかないといけないし、大事にしていかないといけないと思うんです。私たち自身も切磋琢磨できるようなメンバーとの関係が作れていけたらいいなと思っています。どういう変化が起こるか不安でもあり、楽しみでもあります。

──一気に3人増えるとのことで、大きく見え方も変わるでしょうね。

ちあり : ステージングも見栄えが変わると思いますし、歌割りが変わることによって曲の雰囲気も変わると思うし、そこは楽しみですね。

──そう考えると、今回のアルバムは4人の集大成と言っても過言ではないですね。2ndシングルのレコーディング風景を見学させてもらったときは、みんな緊張していましたけど、今回のレコーディングを振り返ってみていかがでしたか?

ちあり : 私は自分の表現のなさに絶望しました…。もっと出来ると思っていたんですけど、アルバムになって聴いてみると「もっとここをこうすれば良かったのに!」と思うところもあったりして…。しかも私、風邪を引いてしまって、めっちゃ鼻声なんですよ…。悔しいですけど、このCDを次は超えてもっともっと成長します!!

──前回のレコーディングでは永原真夏さんと工藤歩里さんが指導しながら歌入れをしていましたけど、今回もディレクションしてもらったんですか?

しなの : 今回は真夏さんと歩里さんはいなかったんですけど、レッスンしてくださってる先生が付いてくださって指導していただきました。完成したものを聴いて、前よりは成長できたかなと思っています。

今までのサマロケと、これからのサマロケが入っている曲になっています

──本作の中での推し曲、もしくは大切な曲を1人ずつ教えてもらえますか?

くるみ : 私は「ロードスター逃避行」が1番しっくりきていて。マリオカートみたいな明るい曲なので朝の通学の時間などに聴いて気分を上げてほしいなと思います。

──マリオカート(笑)?

くるみ : 間奏の音がテッテレ~って感じのサウンドになっていて、すごく楽しい曲になっています。間奏でみんなが台詞を言っているところもワンマイクで楽しく録音できたので聴いてほしいです。

わなび : 私は「プールサイドのイルカ」です。この曲を初めて聴いてくださった方が「よかったよ」と言ってくださることが多くて。ライヴでは1番最後に披露して、手を振ったりして盛り上がるんですけど、今回のアルバムでは3曲目に入っているので曲順にも注目して聴いてみてほしいです。この曲は2ndシングルにも入っているんですけど、今回アルバム用に再録していて。あと、これはイルカの曲ではなくて…。


「プールサイドのイルカ」MV

しなの : 前回のインタヴューで、ちありちゃんは「イルカと男の子の恋の歌にしか聴こえない」って言ってったんですけど(笑)。

ちあり : あーそうね! 今はちょっと違うけど。

しなの : 今は何なの?

ちあり : 今は海の歌。

わなび : (笑)。これはサマロケのテーマ曲でもあるし、サマロケのコンセプトに近い曲になっているので、そのあたりも注目して聴いてみてほしいです。

ーーしなのさんはどの曲を選びますか?

しなの : 私は「Summer Rocket」です。この曲はサマロケが1番最初にいただいた曲で今回4人で再録したんです。当時とは表現の仕方も思い浮かべるものも伝えたいものも変わってきていて。歌割りも変えたり、緩急をつけたり、いろんな展開を見せながら作っています。なので今の4人が歌った「Summer Rocket」を聴いてほしいです。あと個人的な話になってしまうんですけど、私だけレコーディングが別日になってしまって、1番最初にレッスンをした場所で今回歌録りをしたんです。初めてこの曲を聴いた場所だったので、その時のことや1年半を思い出して。今までのサマロケと、これからのサマロケが入っている曲になっています。


「Summer Rcoket」

ーー最後にリーダーはいかがですか?

ちあり : 私は「サマタイム・キル」を推します。この曲は今年3月のワンマンからやり始めたSEBASTIAN Xのカバー曲で、シングルにも入っているんですけど、ライヴで聴くのとCDで聴くのと全然違くて。ライヴでは勢いがあるんですけど、CDではものすごい緊張感で歌っています。私はCDを聴きながらその曲に浸ることが大好きなんですけど、「サマタイム・キル」は入りやすくて、電車乗ってて聴いていると自分かっこいいなって思えるんです。

一同 : (笑)。

ちあり : ライヴで観てもらったあとCDで聴いてもらうと、また緊張感が全然違うので、どっちも聴いてみてほしいです!

Summer Rocket 3rdワンマン

さよならセカイ
2017年12月17日(日)@新宿LOFT
時間 : OPEN 11:30 / START 12:00
料金 : 前売 2,500円 / 当日 3,000円

RECOMMEND

Summer Rocket / さくらハレーション / プールサイドのイルカ

2016年7月から活動をスタートさせ、通算120回以上のライヴを行なってきたサマロケの新作は、ライヴの定番「さくらハレーション」「プールサイドのイルカ」の2曲。楽曲制作者の永原真夏と工藤歩里がレコーディングにも立ち会い歌唱指導、徹底的にサマロケの世界観を作り上げた渾身作。

>>特集ページはこちら

Summer Rocket / Summer Rocket

「夏」をテーマにしたアイドル・グループのライヴ定番曲を収録した初シングル。ex.SEBASTIAN X、音沙汰の永原真夏と工藤歩里が楽曲をプロデュース。

>>特集ページはこちら

永原 真夏 / オーロラの国(24bit/48kHz)

永原真夏がソロ・アーティストとしてさらなる一歩を踏み出すべく、ソロ第二章の幕開けとなるシングルをリリース! 新たにドラマーにイシヅカタケマル(ハラフロムヘル)を迎えパワーアップした新生SUPER GOOD BANDと共に作り上げた永原真夏ワールド全開のアッパーなメッセージソングを収録。LUCKY TAPES高橋海が作・編曲の名曲バラードも収録。

PROFILE

Summer Rocket

「Endless Summer Magazine Rocket」発アイドル「Summer Rocket」。永原真夏・工藤歩里楽曲プロデュース。夏休み始めました!

>>Summer Rocket オフィシャル HP
>>Rocket Base オフィシャル HP

o

 
 

インタヴュー

Ryu Matsuyamaインタヴュー メジャー1stアルバムをハイレゾ配信開始
[POWERPUSH]・2018年05月21日・ピアノ・スリーピース・バンド、Ryu Matsuyama メジャー1stアルバムをリリース Ryu(ピアノ・ヴォーカル)、Tsuru(ベース)、Jackson(ドラム)からなるスリーピース・バンド、Ryu Matsuyama。メジャー1stアルバム『Between Night and Day』をリリース、ハイレゾ配信も開始。アートワークにも注目が集まる本作品が作られるまで、そして、それぞれの音楽性についても訊いた。 Ryu Matsuyama / Between Night and Day'【配信形態】24bit/96kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 2500円(税込)【Track List】''1. Window2. Footsteps3. City4. That Mad Rad Tale5. Istante6. Take a Piece7. Simply, Something8. Return to Dust9. Landscapes INTERVIEW : Ryu Matsuyama 「Ryu Matsuyamaの音楽とはこうだよね」と言わ
メロディーやフレーズが新たな理想にーThe Sea and Cake、新アルバムをハイレゾ配信
・2018年05月18日・メロディーやフレーズが新たな理想に到達した──The Sea and Cake、6年ぶり新アルバムをハイレゾ配信 実に6年ぶりとなる新アルバム『Any Day』を完成させて、ザ・シー・アンド・ケイクが帰ってきた! 今作は、サム・プレコップ、ジョン・マッケンタイア、アーチャー・プルウィットの3ピースとなって初のリリース作であり、近年では最も“歌”にフィーチャーしたポップ・アルバムとも言えるだろう。今作には、2016年のブライアン・ウィルソン〈『ペット・サウンズ』50周年アニバーサリー・ツアー〉にて音楽監督を務めたポール・マーテンズがフルートとクラリネットで、そしてユーフォン(Euphone)名義での活動でも有名なニック・マクリがダブル・ベースで参加し、オリジナリティ溢れる傑作アルバムが完成した。OTOTOYではそんな『Any Day』を、ハイレゾ独占配信中! 細部までこだわり抜かれたそのサウンドを、ぜひハイレゾで体感してみてください。 6年ぶりの新作アルバム! The Sea and Cake / Any Day 【配信形態・価格】ALAC、FLAC、WAV、AAC(24bit/96kHz) : アルバム
【EMPiRE】Epsode8 MiKiNA EMPiRE インタヴュー「異物として風穴を開けていきたい」
[EMPIRE]・2018年05月11日・【EMPiRE】Epsode8 MiKiNA EMPiRE インタヴュー「異物として風穴を開けていきたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。2018年4月11日にリリースされた1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』は、カセットテープにも関わらずオリコンデイリー4位、週間7位を獲得。2018年5月1日(火)には新メンバー2人を加え、満員のマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンが行われた。前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiREの新メンバー初インタヴューを2回に渡り掲載。後半となる今回はMiKiNA EMPiREの言葉をお届けする。 EMPiREのデビュー・アルバムをハイレゾ配信EMPiRE / THE EMPiRE STRiKES START!!【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格
by 西澤 裕郎
多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース
・2018年05月15日・多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース ダンス・ミュージックをコンセプトに、幅広い音楽を変幻自在に織り交ぜる、4人組インストゥルメンタル・バンド、Sawagi。前作『Starts to think?』リリース・ツアーにて、南アフリカ13箇所のツアーを敢行し、バンドの持つ高度なアンサンブルやグルーヴ感をより一層確かなものにしていった。そんな彼らが、2018年5月23日に、1225日ぶりの新作『Kabo Wabo』をリリースする。そして共同プロデュースとして、卓越した音楽センスを持つ、松田“CHABE”岳二を迎えての制作となっている。今作では、ファンク、ジャズ、エレクトロの他にも、ヒップ・ホップやバレアリックなどの多彩なジャンルを融合し、独自のダンス・ミュージックを鳴らしている。そんな今作の魅力をいち早く伝えるべく、OTOTOYでは今作の先行配信開始するとともに、インタヴューを敢行! ぜひアルバムとともにチェックしていただきたい。 待望の新作!!Sawagi / Kabo Wab'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(配信形態 2
by ?
THE NOVEMBERS 新作EP『TODAY』が描く情景
・2018年05月16日・THE NOVEMBERSが描く情景と感情──EP『TODAY』1ヶ月間ハイレゾ独占配信開始 国内外問わず様々なアーティストと共演し続け、今や日本を代表するバンドとなったTHE NOVEMBERS。そんな彼らが約1年半ぶりとなる新作EP『TODAY』をリリースした。メンバーが以前よりリスペクトを公言しているL’Arc~en~Cielのカバー曲も収録した今作。OTOTOYでは今作の1ヶ月間ハイレゾ独占配信スタートに伴い、小林祐介(Vo/Gt)と高松浩史(Ba)のふたりにインタヴューを敢行。記事の最後では、本人が今作をハイレゾ配信したことについても言及している。インタヴューの内容と共に新曲をチェックしていただき、彼らのつくる世界をしっかり味わって欲しい。 約1年半ぶりの新曲収録! 1ヶ月間ハイレゾ独占配信開始! THE NOVEMBERS / TODAY'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) 【配信価格】単曲 410円(税込) / アルバム 1,200円(税込)【収録曲】''1. みんな急いでいる2. O Alquimista3. Cradle4. TODAY INTERVIEW
by ?
空気公団、結成21年目に訪れた春──新アルバムを先行配信
・2018年05月16日・空気公団、結成21年目に訪れた春──メンバー3人だけでつくりあげた特別な新アルバムを先行配信 昨年結成20周年を迎えた空気公団が、新アルバム『僕の心に街ができて』を完成させた。約2年ぶりの新作となる今作は、山崎、戸川、窪田のメンバー3人で制作、演奏、録音、ミックスまで手掛けたこれまでにない特別なアルバムとなっている。そんな今作をOTOTOYではCDリリースの5月23日に先駆けて1週間の先行ハイレゾ配信でお届け。21年目の新たな春の訪れを感じさせる新アルバムをぜひインタヴューとともにお楽しみください。 CDリリースに先駆けて配信開始! 空気公団 / 僕の心に街ができて'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1.美しい重なり2.青い夏の日3.いま、それこそが4.雨のリズムに乗って5.こうして僕は僕らになった6.思い出の全て7.静かな部屋8.見えないままにしないで9.君は光の中に住んでいる10.うつろいゆく街で INTERVIEW : 空気公団昨年2017年に結成20周年を
sora tob sakana 祝メジャー・デビュー! 「メンバーがメンバーに訊く」ロング・インタヴュー
[POWERPUSH]・2018年05月16日・sora tob sakana メジャー1stミニ・アルバムリリース!「メンバーがメンバーに訊く」ロング・インタヴュー 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。メジャー1stEP『alight ep』がついにリリース。OTOTOYではメンバー1対1インタヴュー連載をお送りしてきましたが、今回はメンバー全員がインタヴューし答えた、座談会風インタヴューをお届けします。 アルバム購入者から抽選で5名様に直筆サイン入りポスターをプレゼント!sora tob sakana / alight ep 【収録曲】 M1. Lightpool M2. 鋭角な日常 M3. 秘密 M4. Brand New Blue M5. 蜃気楼の国 M6. Lighthouse 【配信形態】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム価格 2160円(税込)>>通常配信パッケージはこちら☆直筆サイン入りポスタープレゼント応募要項☆『alight ep』 をアルバム購入頂いた方から5名様※通常音源、 ハイレ
cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!
・2018年05月16日・それは来たるべき音──cero、3年ぶりの新作『POLY LIFE MULTI SOUL』ハイレゾ配信 R&Bやネオ・ソウル、現代ジャズのグルーヴをふんだんに吸収し、ある意味で新たなこの国のポップ・ミュージックの指針を作った前作『Obscure Ride』──同作はある意味で2010年代後半のこの国のインディ・ロックの多様なリズムの実験を牽引する作品のひとつとなった。そして3年ぶりのceroの新作『POLY LIFE MULTI SOUL』は追随するフォロアーがまだ見ぬ、はるか先のポップ・ミュージックの未来を指し示す作品になった。そう、それはまさに掛け値無しの傑作と言えるだろう。昨今のアフリカや南米のフォークロアな感覚も持ったハイブリッドなポップスが持つマルチ・カルチャラルなリズム感、そして髙城の歌と日本詞、そこに連なるコーラス・ワーク、これらが渾然一体となって、cero印の新たなポップ・ミュージックを作り出している。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信を行うとともに、本作を作り出した3人にインタヴューを多なった。さまざまな音楽性が散りばめられた本作は、細かなニュアンスやアレンジメントの響き、リズムの刻みと、
by 河村 祐介
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/