細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲

2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。

もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Time,Time,Time』をどこよりも早く配信、過去作『split』の全曲配信を開始。過去作とまとめてダウンロードするのが吉ですよ〜!

OTOTOYではどこよりも早く新曲を配信!


Helsinki Lambda Club / Time,Time,Time

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 600円(税込)

【収録曲】
1. Time,Time,Time
2. 素敵な負け犬
3. バロンダンス

USBがミニ・トートバッグに入ったアナログ盤の詳細はこちら!
【収録内容】
・7インチアナログ盤
〈収録内容〉
SIDE A : Time,Time,Time
SIDE B : バロンダンス

・USBメモリ
〈収録曲〉
1. Time,Time,Time
2. 素敵な負け犬
3. バロンダンス

・写真
ライヴ他、素敵な写真(ランダムにセレクト)

・映像
ライブ他、素敵な映像/「Time,Time,Time」Music Video

“手作り感”満載のアナログ盤の購入は下記リンクから
FLAKE RECORDS
SECOND ROYAL


Helsinki Lambda Club / Time, Time, Time ミニマルver.



INTERVIEW : 「おまえはそれでいいの?」って問いかけるように

このインタヴューは、ドラマーのアベヨウスケ脱退のニュースが入ってくる前に行われたものである。このインタヴュー時にはアベの脱退が決まっていたかどうかはわからないけれど、本アナログ盤と今回のインタヴューは、間違いなくHelsinki Lambda Clubというバンドの佇まいを完全に体現したものとなっている。この佇まいが、Helsinki Lambda Clubなんだぜ!

インタヴュー : 飯田仁一郎
文・構成 : 宮尾茉実
写真 : 大橋祐希

時折見せるかっこいい瞬間に惹かれるんですよね

橋本薫

──本作は3曲収録に対して、7作品の映像作品がUSBに収録されています。この映像作品たちは楽曲にどのように関係しているの? コンセプトなどメンバー間では、どんな話し合いをしたのでしょう?

橋本薫(Vo&Gt. 以下、橋本) : 話し合いすらしていないですね。「ナナインチディグリクラブ“ディグリ王決定戦"」のディレクションは僕なんですけど、当日までメンバーに内容は伝えていなかったですし、ラフな感じで制作しました。音源とかは作りこまれているものではあるんですけど、逆に映像は作りこまずにラフな感じでバンド像が見せられればいいなと思っていました。だから映像と音源との関係性はないです。

──USBの内容が2.7GB……。こんなに入れる必要あったの!?

橋本 : あはは(笑)。すぐ詰め込みたくなっちゃうんですよ。

──自分たちの内側を見せることをNOとするアーティストもいるわけじゃない。そんな中、徹底的にさらけ出したっていうのはなにか理由がある?

橋本 : ヘルシンキのメンバーはそもそも自分を飾ることとかが苦手なんです。それに、作り上げたバンド像よりも、ありのままやっているなかで、時折見せるかっこいい瞬間に惹かれるんですよね。僕らはふざけられるチャンスがあるならふざけたいし、飾って作り上げることに気持ちが向かない部分もあります。僕自身も、カリスマ性があるバンドも好きなんですけど、それよりもおふざけ要素があるバンドの方をずっと追いかけていたりするので。

──橋本さんやHelsinki Lambda Clubの思う、かっこよさとは?

橋本 : 普通の人となんら変わりがないように思える人が、ライヴでは輝いてみえるというか、ダサいとかっこいいの紙一重みたいなものに惹かれます。

──ダサいとかっこいいの紙一重的存在か。まさに稲葉(Ba)さんだ!

橋本 : そうです! まず、稲葉がメンバーにいる時点で僕らは飾れないですし(笑)。

このUSBを持った人からそれぞれのストーリーをつくってもらえればいいなって

──今回の映像作品で、稲葉さんの存在が、決定的なものとして外に出て行った気がしますね。本作はレコードだけでなく、トートバッグと、レコード・プレイヤーを持っていない人向けにUSBを同封、そこに映像作品もつけて…… 何度も言うけど…… こんな盛りだくさんにする必要があったの!? たった3曲をレコードでリリースする上で、この労力やばいのでは? しかも、手作り感はんぱないし(笑)!

橋本 : 僕ら自身飽きっぽいっていうのもあって、あまり同じことを繰り返したくないんです。かといって、みんなと同じことをやりたいわけでもないから、そういった部分でいつも手作り感を出してしまうんですよね。あとは、手に取った時にそっちの方がうれしいかなって。曲を作る時にはあんまり他者のことは考えていないんですけど、曲が完成して世に出す段階になると、人が手に取って喜べるものがいいなって思うので、そこは毎回考えているところです。

今作は、この7インチ、USBメモリ、さらにトートバッグの3点セットとなっております!

──アナログっていま、ダウンロード・カードが封入されることもあるけど、そうではなくてUSBを同封したのはなぜ?

橋本 : そもそもレコードではなく、USBでリリースしたいというのが先でした。このUSBには、僕らの曲とか映像を入れているんですけど、買った人が現代のミックス・テープみたいな感じで、さらに他の曲を入れて誰かに貸す、なんてことができればいいなと思って。それが合法違法とかは別として、このUSBを持った人からそれぞれのストーリーをつくってもらえればいいなっていうことが発端になってUSBを作ったんです。

クラムボンが昔、一部のライヴを録音可にして、その音源をファン同士で交換し交流を深める「テープツリー」ということをおこなったことがあるんですが、そういったファン同士のコミュニティの文化に魅力を感じて、それぞれが持っている画像や映像を共有できたらいいかなって。だからUSBによって、ライヴ写真とかのフォルダの中身が微妙に違うんです。

──えっ! 細かすぎでしょ! 言われないと気がつかないっす! そもそも7inchがメインだと思ってました(笑) 。

橋本 : アナログとデジタルを対比して楽しんで欲しいし、プレイヤーを持っていない人もUSBがあれば聴くことができるし、これをきっかけにアナログを聴くようになる人もいるし…。もっと音楽を楽しむきっかけになればいいなって気持ちも強かったので両方入れました。

こんな感じでパッキングも!

──なるほど、今回のいろいろな仕掛けに関してのこだわりは理解したけど…… ぶっちゃけ、この時点で結構予算オーバーじゃないの? なのに、このトートバッグはいったい!!

橋本 : いやー…… その中にレコードを入れたら可愛いかなって(笑)。

──うん、そうですね…… かわいいですね〜、って! 別売りしたらよかったのでは?

橋本 : 単純に予算の話なんですけど、USBをつけるということになった時点で、高値で売るしかなくなってしまって。

──なるほど、もうひとつ価値をつけたかったってことですね。うん、うん、ん……? 何か大きく違う気がするんだけどな……。

橋本 : こういうバカっぽさを楽しめる雰囲気はみんな共有できているのかなと思いますね、バンドやチームとして。

──楽曲たちの中で中心になるのはこのM1「Time,Time,Time」ですか?

橋本 : そうです。M1「Time,Time,Time」とM3「バロンダンス」に関しては時が経って、失ったものについて歌っています。

──時の流れについて橋本さんは思うことがあったんでしょうか?

橋本 : 今年に入って特にそういうことを強く意識するようになりました。というのも、家族に昔だったら素直に言えていたはずのことが言えなくなっていることに気がついて。こんな感じで心が凝り固まって、いろんなことが言えないまま死んでいったりするのかなっていうのを考えていましたね。

でもこれは、家族だけじゃなくてバンドのメンバーとか、恋人とかにも言えることかもしれないなと思ったら、近いがゆえに言えなくなることとかが多いなって部分から、自分に厳しく歌う歌かもしれないなと。いつもならもうちょっと前向きに落として終わる曲が多いと思うんですけど、「おまえはそれでいいの?」って歌い方で終わっているのが、今年に入ってからの曲だなっていうのはあります。

──誰かに伝えたいとかではなくて?

橋本 : まぁでもこれは誰にでも言えることだし、これで気づいて変わろうと思える人がいたらいいなって作り終えた時には思いました。たとえば、時が経つと、関係がなぁなぁになっていったりとか、ありがたみとかも徐々になくなっていったりすると思うんですけど、そういうものを改めて意識できたらいいかなって。

──3曲とも、曲調がまったく違うよね。先ほどもヘルシンキにはいろんな面があるっていうのを見せたいと言ってたけど、違う曲調の3曲を入れたのは、そういったイメージがあった?

橋本 : 僕らは毎回入れてる楽曲はバラバラですし、いろんな面を見せたいっていうのはあります。曲調っていうのは全然違うけど、根底の部分には通ずるところがあるっていうのはおもしろいと思っていたので、あえてといえばあえてです。

──シングル感があって、音作りとかも全部違ってていいなと思いました。ギターの熊谷さんは1sフル・アルバムの段階からサポートとして、制作アイデアを出していたということですが、正式に加入してからアイデアの出し方が変わったりしたの?

橋本 : そうですね。彼自身も自分の中で自分のバンドだっていう意識が出てきたと思います。以前は、僕がイメージを伝えて作ってきてもらっていたんですけど、逆に今は自分から持ってきてくれます。M2「素敵な負け犬」は僕が最初に持ってきたベーシックがあんまりハマらなかったんですけど、サビ以外は熊谷が作り変えてもってきてくれました。だから彼はバンドにかなり貢献してくれています。あんまり他のメンバーが自分からフレーズとかを持ってくることがほぼなかったから、自分から持ってきてくれる人ができたのはバンドにとっても大きいですね。今回はかなり助けられました。

──熊谷さんのやっているもう1つのバンド、Group2はもっとシューゲイザーっぽくて、ヘルシンキと音楽性が違うのかなってイメージがあるけど、彼が2つのバンドを掛け持ちしているからこそ幅が広がったというのはあるのかな?

橋本 : それはあると思います。あと、彼は“好きなものは好き"みたいな外側の部分にとらわれない人間なんです。だからこそ上手くやれているのかもしれません。もともと好きな音楽とかも近いんですけど。彼のつくっているギターの音とかもGroup2で作り慣れている音もあるし、ヘルシンキの曲も前よりノイジーというか、歪み要素とかも増えていると思います。

──以前のインタヴューでファンと狭い範囲の中でやりとりしていきたいみたいなことを言っていたと思うけど、ワンマン・ライヴも経験してバンドが徐々に大きくなっていく中で、そういうことに対する難しさも出てきてない?

橋本 : 続けられる範囲では、そういうことは続けていきたいですね。仮にバンドが売れていったとしても雲の上の存在みたいになるのは、みんながむずがゆいと思うんですよ。そういう距離感の近さみたいなものは完全に切り捨てることはたぶんないと思います。近い距離で接していたことによって、見えてくるもの、知ること、得ることとかもあると思うので。

一緒に文化を楽しむきっかけを作っていきたいって気持ちはあります

──なるほど。

橋本 : 僕たちはロック・バンドなので、男の子でも女の子でも、自分でもできそうって思ってもらえることも大事だと思うし。手の届かない存在になってしまうと、そういうキッカケにはなりにくいこともあるのかもしれないし、僕らの性にも合わないですね。結果として、近い距離で何かを伝えることによって、僕ら以外の音楽とかカルチャーに触れてもらえるきっかけになってもらえればなと。一緒に文化を楽しむきっかけを作っていきたいって気持ちはあります。

──今回の7inchもきっかけとして、アナログを聴く若者たちが増えるかもしれませんしね。今後は何をやろうっていうのはあるの?

橋本 : そろそろ、1stシリーズはきついと思うんですけど、前回もそんなこと言いつつやったんで、またやるかもしれません。

──もうアイデアを募集したほうがいいんじゃない?

橋本 : でも人から言われるとやりたくなくなっちゃうかもしれない(笑)。ちょっとめんどくさいバンドですからね、ヘルシンキは。あ、でもThe Flaming Lipsがそれぞれのパートをそれぞれ別のハードに入れて、一緒に流したら曲になるっていうのをやっていたみたいで、それはめっちゃやりてえ! ってなってます(笑)。ギターはCDで、ヴォーカルはカセットで、みたいな。くそめんどくさい感じにしてやろうって。

──それは絶対にやめたほうがいいと思います……。

橋本 : もっと素直にやれってファンもいると思うんですけどね(笑)。

──ひねくれ者の集団……。

橋本 : 素直な心なんですけど、それが結果として世間から見たらひねくれてるって感じはします。僕はわざわざひねくれた道に行こうとしてはいないんですけど。

──考え方がオルタナティヴだよね。ヘルシンキはギター・ロックっていう枠にもはまらないし、独特な橋本さんなりのポップ感があるから、やっぱりこれからが楽しみだし、だから追っちゃうんだよね〜。

『Time,Time,Time』ができるまで(パッキング編)

さぁパッキングしていきますよ〜!

トートバッグにUSBと可愛らしいジャケットの7inchを入れます。

丁寧に丁寧に折りたたみます 手作り感がしっかり伝わりますね〜。

橋本氏もこの真剣な表情!

メンバーがひとつひとつスタンプを押して梱包をした1stフル・アルバムの初回限定仕様を思い出します。

なかなかの出来栄え! ご満悦の表情ですね。

最後はUKプロジェクト前でパシャり! たくさんの人の元へ届きますように!

同タイミングでこちらも全曲配信開始!

ブラーvsオアシスを予感させる、ヘルシンキとtetoのスプリット・アルバム!


Helsinki Lambda Club,teto / split

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC
単曲 200円(税込) / まとめ 1,050円(税込)

【収録曲】
01. King Of The White Chip / Helsinki Lambda Club
02. Boys Will Be Boys / Helsinki Lambda Club
03. 宵山ミラーボール / Helsinki Lambda Club
04. 36.4 / teto
05. ルサンチマン / teto
06. 新しい風 / teto

その他、Helsinki Lambda Clubの過去作品はこちら!!

古→新

過去の特集ページも必見です!!

>>【ライヴ・レポート】300人と「相思相愛」の多幸感に満ちたワンマン
>>【ライヴ・レポート】彼らの伝えたい「いい」音楽たち。ツアー完結
>>Analogfish下岡プロデュースの初フル・アルバム、リリース記念インタヴュー
>>ラヴ歌って悪ふざけしてパンクで飛ばして… バラエティパック配信&インタヴュー!
>>新たなムーブメントの始まり! 1stミニ・アルバム配信、インタヴュー
>>「バンドやりたいなぁ」って思うような存在になれたら、ヘルシンキ初のOTOTOYインタヴュー

RECOMMEND

どれじんてえぜ / 愛はズボーン

一体全体どれじんてえぜ。過去と未来を自由に行きかう音楽性は唯一無二で、真の意味でのオルタナティブを体現した、愛はズボーン待望の1stフル・アルバム

>>特集記事はこちら


PINK / CHAI

双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、『NEO -ニュー・エキサイト・オンナバンド』、CHAI。そんな彼女たちの自身初となるフル・アルバム。

>>特集記事はこちら


VIRGIN

2

¥ 2,488

VIRGIN / 2

鬱屈とした初期衝動的破綻と、背中合わせに在るギリギリ緊張感の狭間を、キラリと光るメロディーがどこまでも疾走していく、若者音楽処女作。

>>特集記事はこちら

LIVE INFORMATION

〈『Time,Time,Time』発売記念ガチンコ2マン フロア・ライヴ〉
2017年12月28日(木)@新代田FEVER
時間 : Open 18:30 / Start 19:00
出演 : Helsinki Lambda Club / 愛はズボーン
THANK YOU SOLD OUT!!

>>more live information

PROFILE

Helsinki Lambda Club

2013年夏、西千葉にあるラーメン武蔵家の近所でバンド結成。THE CUREとTHE DRUMSが恋人同士になったような、そこから紆余曲折を経てThe LibertinesとTHE STONE ROSESが飲み友になってしまったかのような、まるでSex and the City的な、なんでもありなニュー・オルタナティヴ・サウンドを特徴とする。シャンプーをしながら無意識で口ずさむぐらい、曲がポップ。そして、正統派ソングライターの橋本の歌詞はぐっとくるばかりか、歌詞内のさりげない小ネタにも知的センスを感じてしまう。

>>Helsinki Lambda Club official site

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事