あなたは何バンド知っている?ーー2018年ブレイクが期待される超早耳アーティスト10選

個人的な体験として、2017年は去年と比べて圧倒的なヒット作がないといった声をしばしば聞く。しかし、当たり前ながら新しいバンドや新しい曲は絶えず生まれ続けている。そういった意味では2017年は、シティ・ポップから別のモードに移行する音楽シーンの基礎となる土台作りの年だったのかもしれない。海外でいえば、RideやSlowdiveの新作リリースによって生まれたシューゲイザー復興だったり、Anderson PaakやThe Internetといったフューチャー・ソウルのトレンドがWONKやyahyelを経て、日本でも開花しはじめていることだったりと、にわかに新しい音楽シーンの芽生えを感じさせることもあった。そこでライヴに足繁く通うOTOTOYインターンが2018年の音楽シーンを賑わしそうな若手アーティストを10選ピック・アップし、いち早く来年を占う!!

群雄割拠となった2017年、2018年はどうなる?

エレクトロニカなのか、ドリーム・ポップ / シューゲイザーなのか、オルタナなのか、フューチャー・ソウルなのか、はたまたギター・ロックなのか。来年の音楽シーンの中心はどこになるのだろう。私はよくライヴに通うが、一時期に比べ、音楽シーンは見えにくくなっている。ceroやSuchmosのブレイクから蔓延したシティ・ポップが落ち着いて群雄割拠となった音楽シーン。下北沢THREEが新しい音楽の震源地となり、下北沢がギター・ロックからインディ・ロックの街に変貌を遂げようとしているのを肌で感じている。そのなかで“いち抜け”するのは誰か。ただただ音楽が好きで、ライヴに通っているだけの若者の私が根拠もなく来年の活躍を期待するアーティストを10選しました。よろしければ御覧ください。

text by 高橋秀実

Melotronmelon


Melotronmelon / garden

2016年結成、福岡在住の4人組エレクトロニカ・バンド・Melotronmelon。ダークで落ち着きのあるバックトラックと浮遊感のある歌声が織りなす、海外のインディ・ポップとR&Bの間を行き来するメロディ・ラインが特徴。1stアルバム『WAAW』ハイレゾ配信はOTOTOYのみ。

>>>Melotronmelonの公式HP
>>>Melotronmelonの公式TWITTER

Low Pop Ltd.


Low Pop Ltd / 面白くない夢 (HASAMI group Tribute)

2016年設立のレーベル、64MINDから1stアルバム『HYPER LACK + REPACKED』を今年デジタル・リリース。バンドの詳細があまり語られていない。同レーベル所属のLiberal & CrippleとRadddjurとともに、陰鬱な歌詞に重なるグランジが魅力。2000年代初頭のBURGER NUDS、ART-SCHOOL、Syrup16gらに共通する、無希望で諦念的な音楽性を現行のオルタナに継承している印象。

>>>所属レーベル64MINDの公式HP
>>>所属レーベル64MINDの公式TWITTER

時速36km

時速36km / 夢を見ている(soundcloud)

東京を拠点に活動する2017年1月結成の3ピース。デモ音源だけでもエモーショナルで初期衝動むき出しなのが伝わってくる。「夢を見ている」のandymoriとソラニンを引き合いに出した、情けなく弱虫ながら絶望感を振り払おうとする前向きな歌詞にグッとくる。tetoや34、SUNNY CAR WASHとともにエモ・シーンを牽引して欲しい。

>>>時速36kmの公式HP
>>>時速36kmの公式TWITTER

日向文


日向文 / ヒューズ

閃光ライオット2011では惜しくもファイナル進出を逃したものの、高校生ながら《天使の歌声》と評された逸材。長年ライブを繰り返し、ソロから男女デュオmacicoを経て確実にファンを獲得していった彼女が、2017年から再びソロとして復活。その船出を自ら祝うミニ・アルバム『cry』はHMVの一部店舗で爆発的なヒットを記録した。そのリリースを記念した全国ツアーは、無所属ながら都内だけでなく地方公演でもSOLD OUTが続出。岡崎京子の毒々しさと魚喃キリコのリアリティをポップに濾過したような音楽性で若い女性を中心に熱狂的な支持を得ている。

>>>日向文の公式HP
>>>日向文の公式TWITTER

イトカムトビコ


イトカムトビコ / 星流し

2015年結成。 京都、大阪を中心に活動中のひねくれギター・ロック。バンド名は、〈IT COMES TO BECOME〉に由来。 ディスクユニオンの一部店舗で取扱いされた1st.EP『星流し』がリスナーの耳に止まり話題に。下北沢系のギター・ロックでありながら、美しくも儚いヴォーカル七燈が歌うひねりのあるメロディ・ラインが既存のギター・ロックの印象を打ち消し、独自の音楽性をもたらしている。

>>>イトカムトビコの公式HP
>>>イトカムトビコの公式TWITTER

ゆ〜すほすてる


ゆ~すほすてる「7月」「どうでもいいんだ」2016.02.28.サウナの梅湯

ネオアコ / 渋谷系を彷彿とさせるサウンドとメロディは今年活動を再開させた小沢健二の再来か。HOLIDAY! RECORDSやTHISTIME RECORDSが運営するDomesticなど一部のディストロで販売された自主EPは売り切れを繰り返す注目作に。京都出身らしい、素朴でノスタルジック。それでいて底抜けにポップなのは、やはりオザケンの影響を伺わせる。

>>>ゆ〜すほすてるの公式HP
>>>ゆ〜すほすてるの公式TWITTER

The Recreations


THE RECREATIONS / Winter Balloon

ネオアコ / アノラックの影響を感じさせるのはこちらも! 南葉洋平のソロ・プロジェクトThe Recreations。作詞作曲から演奏まで、すべてセルフ・プロデュースで行い、Orage Juice、Aztec Camera、The Pastels、BMX Bandits、BELLE AND SEBASTIANらネオアコ・レジェンドを彷彿とさせるポップスを紡ぎ出す。2018年1月に、すでに一部店舗で自主EPとしてリリースされている『Swing Together EP』が初の全国流通盤としてリリースされる。

>>>The Recreationsの公式TWITTER

Sir. Fennek

Sir. Fennek / Magnets(soundcloud)

2016年4月結成の東京発の3ピース。今年ブレイクを果たしたFazerdazeやHazel Englishといったドリーム・ポップから空間系エフェクターを削ぎ落としたシンプルなインディ・ロック。しかし、リヴァーヴがかかったフィメール・ヴォーカルにはドリーム・ポップ感が漂い、ドリーム・ポップとガレージ・ロック、さらにはポスト・ロックをないまぜにしたサウンド・デザインになっている。ダウナーで、大きな抑揚を避けるアティチュードからは90年代USインディの影響も感じさせる。

>>>Sir. Fennekの公式HP
>>>Sir. Fennekの公式TWITTER

The Cynical Store


The Cynical Store / Feel So Good

ドミコやTempalayに続いてほしいのがこのThe Cynical Store。「音楽だけじゃなくファッションやアートにも特化したグループ」というコンセプトの基、2016年8月に結成。サイケデリック・ロックとフューチャー・ソウルを股にかけたサウンドが特徴でキャッチーにも振り切れ、メロウな一面も惜しまない。北海道を中心に活動中。コンセプトの基づき、物販にはCDはもちろんのことバッグやアクセサリーなどが並び、全てがメンバーのオリジナル・デザインとなっている。

>>>The Cynical Storeの公式HP
>>>The Cynical Storeの公式TWITTER

TANGINGUGUN

TANGINGUGUN / 春はおわれ(soundcloud)

2016年の夏、長野県松本で結成されたドリーミー・フォーク / ウィアード・ポップ・バンド TANGINGUGUN (タンギンググン) 。2017年8月に1stミニ・アルバム『馬鹿な魚』をリリースし、その独特のサウンドスケープがインディ・シーンで話題に。シュガー・ベイブを想起させるシティ・ポップがローファイでエコーに包まれたドリーム・ポップに生まれ変わった奇妙な世界観が特徴。

>>>TANGINGUGUNの公式TWITTER

今回紹介したアーティストが好きな人はこちらもきっと好き

LIVE INFORMATION

Melotronmelon
Tripping Out
2017年12月17日(日)@KIETH FLACK(福岡市中央区舞鶴 1-8-28マジックスクエアビル1/2F
出演 : [LIVE] Melotronmelon / KONCOS / ミツメ / Alfred Beach Sandal / Hearsays [DJ] SHOTA-LOW (ABOUT MUSIC/PLAG) / TSUKIJI (PLAG) / ISHIMURA (ESCAPE)

Saturday Sundae
2017年12月23日(土)@Factory Unvelashu(福岡県 福岡市中央区港3-4-25)
出演 : Melotronmelon / New Oil Deals / MADE IN HEPBURN / yoake / オガタシンイチロウ / and more…

時速36km
推進力
2017年12月8日(金)@下北沢 近松
出演 : 時速36km / ポータルタウン​ / Fancy Girl Cinema / and more…

こめたに pre. 音楽家としての吟詩 vol.5
2017年12月11日(月)@立川BABEL
出演 : 時速36km / ​AMANDA(大坂) / 火暗し(京都) / LIVING TODAY / ブルータス、春を待つ

イトカムトビコ
それでも世界が続くなら爆破大作戦2
2017年12月10日(日)@大阪 天王寺 Fireloop
出演 : イトカムトビコ / それでも世界が続くなら / スロウハイツと太陽 / PRIMAL / ララヨウナ

エレキレストラン106
2017年12月21日(木)@京都mojo
出演 : イトカムトビコ / I Don't Like Mondays. / LAMP IN TERREN

ゆ~すほすてる
年末ジャイアントシリーズ
2017年12月8日(金)@京都 西院 ネガポジ
出演 : ゆ~すほすてる / IKIMONO / …andmore?

やっぱりOTOが好き~家庭と仕事と時々、バンド~
2017年12月10日(日)@京都 木屋町 DEWEW
出演 : ゆ~すほすてる / Limit of child(O.A) / 大水辰吾 / フルヤマンズ / THE YANG / +シークレットゲスト

Sir. Fennek
Christmas Bunting
2017年12月11日@Shibuya HOME
出演 : Sir. Fennek / Merry Christmas / Echoscape / The Flying Uncle

Dead Foxx Presents Isick Birthday Show
2017年12月16日@Machida Nutty's
出演 : Sir. Fennek / loqt / salsa / 裸体のシルエット

The Cynical Store
Saffraan
2017年12月09日(土)@札幌 スパイスの穴ムジナ
出演 : 【 LIVE 】 The Cynical Store 【DJ】 Kouhey / SEN-C 【VJ】 Patanica

Let’s Dig It!
2017年12月20日(水)@札幌 SPIRITUAL LOUNGE
出演 : The Cynical Store / Olsen Olsen / Time Stops

今回紹介したアーティスト

➀【Melotronmelon】
②【Low Pop Ltd.】
③【時速36km】
④【日向文】
⑤【イトカムトビコ】
⑥【ゆ〜すほすてる】
⑦【The Recreations】
⑧【Sir. Fennek】
⑨【The Cynical Store】
⑩【TANGINGUGUN】

o

 
 

コラム

いま聴くべきは、こいつらだ! ──2018年最初の、OTOTOYおすすめ10選
・2018年02月21日・いま聴くべきは、こいつらだ! ──2018年最初の、OTOTOYおすすめ10選 昨年2017年も、CHAIやバレーボウイズ、台風クラブをはじめ、数多くのニュー・カマーが登場し、傑作を生み出すことでインディー・シーンを盛り上げていましたね。さて年は変わって2018年。今年はどんな音楽と出会うことができるのでしょうか?! 2018年に入り、2ヶ月が経とうとしているいま、今年にはいって、すでにリリースされたOTOTOY的おすすめ10選を掲載! 2018年のはじまりはこいつらから! それではいってみましょ〜!! キイチビール&ザ・ホーリーティッツ『トランシーバ・デート』 2018年、まず注目していただきたいのはこちら! “ハッピーサッドの先にあるハッピー”を歌う5人組ロック・バンド、キイチビール&ザ・ホーリーティッツです! Theピーズやホフディランなど、90年代のロック・バンドの影響を感じさせつつも、彼ら独特のユルくて鋭いサウンドを展開するこのバンド、あなたのハートをグッと掴むこと間違いなし! 1stアルバム『トランシーバ・デート』には、現段階の彼らの代表曲「パウエル」をはじめ、ヴォーカルのキイチビールのかわいら
by 鈴木 雄希
“東京と京都のうたを紡ぐ”イベント〈うたのゆくえ〉特集
[CLOSEUP]・2018年02月09日・“東京と京都のうたを紡ぐ”イベント〈うたのゆくえ〉特集 東京はいつだって文化の発信地だ。新しいもの古いもの、何かが蠢く瞬間を東京はすぐにキャッチする。何かを抱えてこの地にやってきた者、何かを抱えてそこに生まれた者、抱えた何かを葬り去ろうとする者、抱えた何かにまみれてしまっている者。東京はそうした様々な人々の情熱を表現へと還元させてくれるカルチャー・アマルガム・シティと言っていい。 かたや京都は東京よりはるかに長い町としての歴史を抱え、そのあまりに深い伝統と亡霊に時折足元を掬われながらも、常に若く無邪気な息吹が次々とやってきてはその伝統にひるむことなく上書きしていく町。老弱男女が一つになって生活を営み、しかも音楽も他の文化も食生活もが同じ土俵の上にある。それらフラットな土壌の上で定期的に新鮮な風が吹く京都は、文化が蓄積されアップデートされていく町と言えるかもしれない。 そんな文化の東西の文化発信源をそれぞれ拠点とする若き音楽家、バンドが3月3日の渋谷に揃う。さりげなく発表され、さりげなく話題を集めているイベントだが、よくよく考えたらこれは前代未聞級の素晴らしい企画だ。主催者の度量の大きさに感服する。 2010
高橋健太郎、橋爪徹と2017年のハイレゾを振り返り2018年を占う──OTOTOYトピック2018 ハイレゾ編
[POWERPUSH]・2018年01月23日・高橋健太郎、橋爪徹と2017年のハイレゾを振り返り2018年を占う──OTOTOYトピック2018 ハイレゾ編 昨年末より掲載してきた音楽トピックをジャンルごとに振り返る「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップ編、アイドル編、J-POP編、ロック編と続き、今回はハイレゾ編。“ハイレゾ音楽制作ユニット”として活動する音楽ユニット、Beagle Kickのプロデューサーであり、オーディオ・ライター、音響エンジニアとしても活動する橋爪徹を迎え、音楽評論家であり、プレイヤー、サウンド・エンジニアも務めるOTOTOYシニア・プロデューサーの高橋健太郎と、2017年のハイレゾ関係の動向を振り返り、今後のハイレゾを取り巻く環境を占う対談を行なった。 ハイレゾってなに? って方はまずはこちらのページをチェックです! ハイレゾ対談 : 橋爪徹 × 高橋健太郎 高橋健太郎(以下、高橋) : 橋爪さんはオーディオ・ライターと録音と、どんなバランスでやっていらっしゃるんですか。 橋爪徹(以下、橋爪) : 現在は週4で働きながら、空いた時間でオーディオ記事を作ったり、OTOTOYでも配信しているBeagle Kickを和田(
てらいなくポップに振り切る新世代──矢島和義、岡村詩野に訊く、OTOTOYトピック2017ロック編
[CLOSEUP]・2018年01月11日・てらいなくポップに振り切る新世代──矢島和義、岡村詩野に訊く、OTOTOYトピック2017ロック編 昨年末からスタートした「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップ、アイドルに引き続き今回はロック編!! 様々な出来事が起きた2017年、ロック・シーンはどんな一年だったのでしょうか。スカートやミツメなどと縁深いレコード屋・ココナッツディスク吉祥寺店から名物店長・矢島和義、そして音楽評論家の岡村詩野を迎えて振り返ります。対談の最後にはお二人からベスト・ディスク5タイトルを選出していただきました。お読み逃しなく!! もう「インディーだからカッコいい」っていう概念がないインタヴュー&文 : 鈴木雄希 構成 : 阿部文香 ──まず今年ロック・シーンにもいろんなことが起きたと思うのですが、おふたりが感じるキーワードみたいなものってありましたか? 矢島和義(以下、矢島):なんだろう…… 「メジャー」かな。スカートや、どついたるねん、never young beach(以下、ネバヤン)、Yogee New Waves(以下、ヨギー)とかもメジャー・デビューをしたし。あとラブリーサマーちゃんがCMの曲をやったりとか、イ
by 鈴木 雄希
スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』
[CLOSEUP]・2017年12月28日・スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』 岡村詩野が講師を務め、音楽に関わるさまざまな表現を学ぶ場『岡村詩野音楽ライター講座』。先日まで開かれていた2017年の10月期では『Year in Music 2017』を共通テーマとし、2017年にリリースされた作品の中からベスト・ディスクを選出し、原稿を執筆してきました。本ページでは、今回の講座の最終回にゲスト講師として登場していただいた、スカートの澤部渡氏と岡村詩野のトークセッションの模様を掲載。さまざまな音楽が生み出された2017年に聴くべき名作について語ってくれています。またライター講座の講座生によって選定された、2017年のベスト・ディスクについてのレヴューも掲載。昨年の音楽シーンの振り返りにもどうぞ! >>『Year in Music 2017』はこちらから!!
2017年J-POPをタワーレコード年間チャートを元に振り返る──OTOTOYトピック2017 POP編
[CLOSEUP]・2017年12月27日・2017年J-POPをタワーレコード年間チャートを元に振り返る──OTOTOYトピック2017 POP編 2017年も残すところあとわずか。今年の音楽トピックをジャンルごとに振り返る「OTOTOYトピック2017」も年内最後の更新となります。ヒップホップ編、アイドル編と続き、今回はJ-POP編。安室奈美恵の引退宣言、彼女のベストアルバムがチャートを賑わせました。大ヒット曲がなかったなんてネットで言われたりもしていますが、実際はどうなんでしょう? そこで、タワーレコードの年間チャート「ベストセラーズ2017」を元に、タワーレコード広報室室長の谷河立朗さん、レーベル事業部長の行達也さんとともに2017年のポップシーンを振り返りました。 2017年J-POPを、タワーレコード年間チャートを元に振り返る タワーレコード・ベストセラーズ2017 邦楽アルバムTOP201. 安室奈美恵 / Finally2. 嵐 / 「untitled」3. 関ジャニ∞ / ジャム4. ONE OK ROCK / Ambitions 5. Suchmos / THE KIDS6. Hi-STANDARD / The Gift7. H
by 西澤 裕郎
宗像明将に訊く、OTOTOYトピック2017アイドル編
[CLOSEUP]・2017年12月20日・結成・加入・卒業・解散・メジャー進出──宗像明将に訊く、OTOTOYトピック2017アイドル編 今月からスタートした「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップの次はアイドル編です。他ジャンルに比べて、活動時期がある程度限られているジャンルだからこそ、日々の喜怒哀楽な情報や発表でアイドル界隈は大いに賑わいました。そんな2017年のアイドル・カルチャーはどんな一年だったのか、音楽評論家の宗像明将とともに振り返ります。今年のアイドル10タイトル選出もありますので読み逃しなく〜。 ライヴ・アイドル・シーンが掻き回された一年 インタヴュー & 構成 : 田尻菜穂子──2017年のアイドル界隈、ざっくり言うとどんな一年でしたか。 去年は欅坂46の圧勝でしたし、今年も私はNGT48の「世界はどこまで青空なのか?」のMVを何度となく見たのですが、巨大資本の圧勝というムードで終わらなくて良かったなと思いますね。フィロソフィーのダンスの活躍も目立ちましたし。ただ、「資本」というと「ラストアイドル」にライヴ・アイドル・シーンが掻き回された一年でもありましたね。あと、男性アイドルシーンの活性化も感じました。二丁目の魁カミング
【最大50%オフ】ファイナルファンタジー30周年記念!──高音質サントラが期間限定プライス・オフ!
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ファイナルファンタジー・シリーズ30周年記念!──高音質サントラが期間限定、最大50%プライス・オフ! スクウェア・エニックスの大人気ゲーム〈ファイナルファンタジー〉は2017年でシリーズ30周年! それを記念しOTOTOYでは12月20日(水)より3週間、歴代人気シリーズのサウンドトラックの最大50%プライス・オフがスタート! そして今までハイレゾでは未配信だったタイトルもカタログに新規追加! 最新作から懐かしのあのタイトルまで...ぜひこの機会をお見逃しなく! 期間 : 2017年12月20日(水)〜2018年1月9日(火) ご購入の際の注意点プライス・オフ価格は期間内(2018年1月9日(火)まで)に決済した商品まで適応されます。割引期間内にカート挿入しただけでは適応されません。決済のタイミングが上記時間から外れた場合は通常の価格が適応されますのでご注意ください。(12:01以降の決済では割引価格が適応されません)アルバム購入のみプライス・オフが適用されます。 プライス・オフ対象アルバムはこちら! FINAL FANTASY ORCHESTRAL ALBUM 【配信形態】24bit/96kHz(W
筆者について
同じ筆者による他の記事