【BiSH】Epsode43 アイナ・ジ・エンド「圧倒的になりたいんです」

2016年10月にメジャー・ファースト・アルバム『KiLLER BiSH』をリリース、2017年7月22日には幕張メッセ・幕張イベントホールで開催された全国ツアー・ファイナル〈BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS“〉を7,000人の観客を集め大成功させた“楽器を持たないパンク・バンド”BiSH。11月4日、5日の2日間限定で全国のタワーレコードで無告知のまま299円でゲリラ発売し話題を呼んだメジャー2ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』をOTOTOYではデジタルブックレット付きでハイレゾ配信開始!! そして6周目となるメンバー個別インタヴュー、第4回のアイナ・ジ・エンドを掲載する。

BiSHのメジャー2ndアルバムをハイレゾ音源(歌詞ブックレット付き)

BiSH / THE GUERRiLLA BiSH

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC : まとめ購入 3,000円

【Track List】
1. My landscape
2 .SHARR
3. GiANT KiLLERS
4. SMACK baby SMACK
5. spare of despair
6. プロミスザスター
7. JAM
8. Here’s looking at you, kid.
9. ろっくんろおるのかみさま
10. BODiES
11. ALLS
12. パール
13. FOR HiM


BiSH / My landscape


INTERVIEW : アイナ・ジ・エンド

この連載をやっていると「アイナ(ジ・エンド)って、本当に凄いヴォーカルですよね」って良く言われる。でも僕は、アイナのすごい所は、唯一無二の表現者であることだと思う。BiSHはアイナの声があっても、チッチもアユニのヴォーカルも立ち上がってくる。つまり、BiSHをアイナ色に染めてしまうのではなく、ちゃんとBiSHのアイナ・ジ・エンドとして表現できるのが、彼女の凄さだ。そのことが最も表現された作品が、『THE GUERRiLLA BiSH』。各メンバーのヴォーカルが際立ち、BiSH史上、いやWACK史上、最高のアルバムが完成したのではないだろうか?

今回のアイナ・ジ・エンドの撮影場所は神宮球場。彼女は武道館でやりたいって言ってたけど、やっぱりどでかい神宮球場でも花火と一緒に見たい。そんな願いを込めて。

インタヴュー : 飯田仁一郎
文 : 井上沙織
写真 : 外林健太

BiSHで幕張メッセに立って、自分には歌があるって気づけた

──『THE GUERRiLLA BiSH』、素晴らしいアルバムですね。「SHARR」の叫びは何なんですか!

アイナ・ジ・エンド(以下、アイナ) : ふふふ(笑)。松隈さんもレコーディング中に「こんなん誰もやらんやろ!」って笑ってました。「SHARR」のレコーディングは特殊で、アイナとチッチとモモコでブースに入って、松隈さんのディレクションを交えながらモモコが歌詞をはめていって、のみ込みが早いチッチが歌って、アイナが清書していく感じで進めました。モモコがシャウトの声で「〈しゃらくせえ! 殺されそう!〉だよ」って譜割りを言ってくるので、シャウトの声で「オーケー」とか返して(笑)。それを他の部屋でみんなが見て笑ってて、その後それぞれがレコーディングしました。だからみんなで作った感が強い曲ですね。

──サビを歌ってるのは誰ですか?

アイナ : 基本リンリンとアイナが歌ってます。リンリンは元々上手いからあんまり喉を壊さないんですよね。私はバンドでシャウトをしてる人にやり方を聞いたりして結構習得してきました。

──最近、喉の調子はどう?

アイナ : 今は大丈夫です。薬も使ってないし、喉に効く漢方も飲まなくなりました。食生活を変えて、普段から喋る声を鼻のほうにかけるようにして。ただ私、感情的になると喉を壊すんです。BiSの代打で出たBLITZでも全く声が出なくてボロクソのライヴをしちゃって。それからは感情的になりそうになったら「冷静に、冷静に」って自分に言い聞かせるようにしてます。

──意識から変えていって。

アイナ : でもまだ結局は感情的になっちゃうんですよね。松隈さんにも「120%出しすぎだから80%まで抑えて」って言われて。『WACK & SCRAMBLES WORKS』でBuzz 72+の「屋上の空」を歌ったんですけど、松隈さんがレコーディング中に曲の裏話をしてくれたんですよ。そしたら感じたことない感情が込み上げてきて、涙を流しながら歌ってました。

──感情を抑えようと努力する一方で、ヴォーカリストとして譲れないことはありますか?

アイナ : 最近はシャウトでごまかして歌をちゃんと伝えられない歌い手になりたくないなと思ってます。喉の手術をする前は、歌の上手さは関係ない、一生懸命歌って自分のやっている音楽を信じることがかっこいいことだと思ってやってたんです。だから気持ちが高ぶりすぎて喉を壊したり、2DAYSあるのに1日目で満身創痍になったりしたんですけど、それって本当に伝わってるのかなって思うようになって。今はちゃんと歌を伝えたいから、いろいろ研究してる最中です。

──伝えたい気持ちが大きくなっているんですね。

アイナ : はい。私、上京したての頃いろんなオーディションを受けてたんですけど、もしトントン拍子に上手くいってたら今みたいに歌えてなかったと思うし、ここまで頑張らなかったと思うんですよね。すごいコンプレックスだらけだし、今だって自信はないんですけど、BiSHで幕張メッセに立って、自分には歌があるって気づけた。だからもっと歌を磨かないと他人にも自分にも負けるなと思うし、せっかくいい歌詞とメロディーで歌ってるんだから、きちんと伝えられる歌が歌える歌い手になりたいなと思って。たまにつまらない大人になってるんじゃないかとか思っちゃうんですけど、それでもいいから1回ちゃんと歌ってみようと思って。

──そう思うようになったのは何故なのでしょう。

アイナ : TBS3の「スパーク」と「オーケストラ」の落ちサビのときに、「スパーク」は何百回も歌ってるのに、歌いまわしを一瞬変えたら心の底から楽しかったんです。今までのライヴは何だったんだろうって思うほど自分を表現できた感覚があって。その日のライヴ後、ママにすぐ電話して「今日初めて歌ったんだ!」って言ったら「え? 何言ってんの?」みたいな反応でしたけど(笑)。

「My landscape」の振りは誰の為にも作らず自分のトラウマだけで作った

──『THE GUERRiLLA BiSH』はアイナにとってどんな作品になりましたか。

アイナ : めちゃくちゃかっこいいと思います。リンリンのシャウトが圧倒的になったり、アユニの声色が変わってたり、あっちゃんの飛び道具感が増してたり、モモコがシンプルに歌が上手くなってたり、チッチの大黒柱感がいい意味で抜けて、泥臭くガムシャラにやってる感じがエモかったり。それが声で伝わってきたから、もがいてる感じもあるし、ライヴ感が増したと思います。特に「My landscape」が誰にも媚びてない感じがしていて、振り付けも自分が面白いと思うことだけをやりました。

──振り付けのテーマは?

アイナ : 自分の人生の引き出しをバンバン開けていって、そこから面白かった出来事やトラウマを引き出してきて体現しました。私、先端恐怖症で、昔授業中にコンパスを目に向けて克服しようとしてたんです。

──危ない!

アイナ : どうしても全身の鳥肌が立って嗚咽が走るぐらい無理だったんですけど、悔しいからずっとコンパスの先を見たりしてたんです。それを〈妄り見せずに〉の部分でリンリンに歌いながら目を見開いてもらって。昔から気持ち悪い振り付けをやってみたかったんですけど、やったら引かれるだろうなと思って今までずっと封じ込めてたんです。でも引き出しから出てきちゃったから。あと出産をイメージして、仰向けになって股をパカーって開いたり閉じたりする振り付けもして。衣装がスカートなので、ソッティーさんが気を使って下に履くズボンを可愛い衣装にしてくれました(笑)。「My landscape」の振りは誰の為にも作らず自分のトラウマだけで作ったので、BiSH史上1番のお気に入りです。

──何で自分のトラウマを入れようと思ったの?

アイナ : レコーディングで松隈さんの話を訊かせていただいたときに、松隈さんは新しいことをやろうとしていてかっこいいなと思ったんです。松隈さんが全力で作ってる曲に私が今までと同じことをしちゃいけないと思ったし、置いて行かれたくない気持ちがあるから、今まで封じ込めてた自分の1番嫌な思い出を全部出して、それをかっこよく見せてみたら新しいことができるんじゃないかと思って。今までメンバーのいいところを引き出すことを自分の得意分野の範疇で考えてたけど、自分の嫌な過去やトラウマを思い出してみることで新しい振り付けができたんじゃないかと思います。

──今回「ALLS」の作詞をしてますが、これはどういう曲ですか。

アイナ : 女の人って上っ面だけ仲良くしようとしたりネチネチしてたり、めんどくさいと思うときがあるんです。でも男の人も下心あるなとか誰かに媚びてんなとか思ったりもして、ふと私何様やねんと思ったんですよね。こんなことを考えるっていうことは私、男でも女でもないんかなと思って。でもそんなことない、女として生きてるはずやなと思ったんです。「任そう」「従うわ」とか、アイナ・ジ・エンドだったら絶対思わないんですよ。誰にも任せたくない、従いたくないと思ってステージ上ではやってるんで。でも考えていってみると、女の人の1番苦手なドロッとした部分が私にもあるから嫌だって思うんだろうなって。それに真正面から向き合ってみた、アイナの女の部分って感じですね。

──アルバムの中で好きな曲は?

アイナ : リンリン作詞の「Here's looking at you, kid.」ですかね。私、たぶんリンリンのプライベートとかほぼ知ってるから。

──ほぼ知ってるんや!

アイナ : 熟年夫婦なんで(笑)。「My distinction」から続く歌詞で、「My distinction」のときのリンリンの落ち込み具合は半端なかったんですけど、「Here's looking at you, kid.」は完全にハッピーエンドで〈やっと馴れて良かった 嬉しさに〉って言ってるんです。それがめちゃくちゃ響いて、最初は聴くたびに泣いてました。本当にリンリンのことが好きで大切だから、笑ってくれるだけで嬉しいんですよね。それが表現に繋がるってもはや最高で。リンリン作詞曲って、いつもリンリンが好きすぎて作る振り付けになるんですよ。

──例えば?

アイナ : 「VOMiT SONG」はリンリンが過去に会いに行きたいって言ってたから、間奏で過去に会わせてるんです。遊具をタッチすると遊具が起き上がってリンリンに話しかけてくれるっていう振り付けで。「My distinction」はリンリンに前に進んでほしいから時計も進んでいってる振りで、「Here's looking at you, kid.」はリンリンがサビをずっと歌ってるから、逆に全員がハッピーな振りにしたんです。いつもリンリンのおかげで自分の予想以上の振り付けができて嬉しいんですよね。

──今回みんな歌詞がいいですよね。誰も嘘をついてなくて真っ直ぐで、シンプルだからこそ響くというか。

アイナ : 背伸びしてないですよね。「ろっくんろおるのかみさま」もすごいチッチだし。でもハシヤスメは謎にインタビューとかで「主人公は私ではありません」みたいなことを言うんですよ。絶対ハシヤスメなのに(笑)。モモコも〈1番なんて僕はならないから 君にあげよう〉の歌詞が1番気に入ったフレーズって言ってて、松隈さんも「ここはモモコしか歌わないから」って。それぐらい満場一致でモモコがいいってなってる。

BiSHで行けるところまで行きたいし、行きたいところまで行きたい

──忙しさは大丈夫ですか?

アイナ : 忙しいのは嬉しいですね。

──PV撮影もロスで。

アイナ : びっくりしましたね。夜中にホテルで火災報知器をガンガン鳴らしちゃって。

──どういうこと(笑)?

アイナ : 乾燥が酷かったから加湿しようとシャワーを出してたら火災報知器が鳴っちゃって。めっちゃうるさいから隣の部屋の外人も「どうした?」って心配そうに言ってきてくれてたんですけど、目がギョロっとしてて怖くて(笑)。焦ってスタッフさんに電話しても「鳴りやむまで待ってたらいいよ」とか言われてきてくれなくて。ヤバイと思って一生懸命ドアを塞いで、近所迷惑にならないように枕で火災報知機を抑えて、音が小さくなるまで20分くらいひたすらひとりで待ってました。メンバーはみんな寝てたからよかったんですけど、私は寝れなくて最悪でしたね。

──それがロスの思い出?

アイナ : はい(笑)。

──でも海外でPVを撮るようになったってすごいですよね。大阪からやってきて家もなかった人が。

アイナ : そうですよね(笑)。幕張メッセでは「行けるところまで一緒に行ってください」って言ったんですけど、行けるところって限界を決めてる言い方だと思ったから、最近は「行きたいところまで一緒に行こう」って思えるようにしようと。

──今、行きたいところはどこですか?

アイナ : 私はずっと一貫して武道館です。ワンマンで立ちたいですね。正直、あまり広いステージに憧れがないんですよね。でもBiSHとしてやっていかないといけないし、私は心からBiSHのみんなが好きだから、みんなが広いステージに立ちたいと思ってるんだったら一緒に広いステージに立ちたいし、みんながやりたいことは私もやりたい。今はBiSHで行けるところまで行きたいし、行きたいところまで行きたいから、アリーナやスタジアムも全部やりたい。全部やった後にやっぱりライヴハウスって思いたいですね。

──今はまた次のツアーに向けて頑張っているところですか。

アイナ : そうですね。最近、1人ひとりが自分のパフォーマンスについてよく考えているんじゃないかなって節々に感じます。指示待ちじゃなくなった感じですね。

──アイナはグループのパフォーマンスに対して1番危機意識が強かったと思うんですが、今はどうですか?

アイナ : 今のままじゃダメだと思っていうのは変わらずにあります。でも最近はメンバーじゃなくて自分に対して思ってる。圧倒的になりたいんです。歌い手としていい歌が歌いたいから圧倒的になりたいし、グループとしてBiSHが圧倒的になりたいし、楽曲も圧倒的になりたい。成長したいってことですかね。

──アーティストとしてね。

アイナ : はい。自分がダメだって思うことが多いから成長したい。でもその一方で、褒められたらもっとあっけらかんと「やったー! 褒められた! 私、そういう才能あるんだ! イエーイ!」と思えるようにもなりたいですね。

──でもなれない?

アイナ : なれないんですよね。でも信頼できる人の言葉だけは信じようと決めていて。飯田さんもそうですけど、本当にその方たちの言葉はちゃんと素直に受け止めようと思いますね。

──いいチームですもんね。淳之介さんも佐藤さんもavexチームも簡単に褒めないけど、いいときはいいっていうから。

アイナ : そうなんですよ。才能を持って生まれたかったけど、そういうわけじゃないから、受け止めつつ頑張っていきたいです。

BiSH初のミニ・アルバムをハイレゾ配信中


BiSH / GiANT KiLLERS

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 750円

【Track List】
1. GiANT KiLLERS
2. Marionette
3. Nothing.
4. 社会のルール
5. VOMiT SONG

※アルバムをまとめ購入いただくと、デジタル・ブックレットが特典としてつきます。


BiSH / GiANT KiLLERS(全曲試聴MOVIE)


BiSHのメジャー2ndシングルをハイレゾ配信


BiSH / プロミスザスター

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 750円

【Track List】
1. プロミスザスター
2. Help!!

※アルバムをまとめ購入いただくと、デジタル・ブックレットが特典としてつきます。


BiSH / プロミスザスター(OFFICIAL VIDEO)


BiSH、メジャー・デビュー・アルバムのハイレゾ版を絶賛配信中!!


BiSH / KiLLER BiSH(24bit/48kHz)

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 3,000円

【Track List】
1. DEADMAN(2nd)
2. ファーストキッチンライフ
3. オーケストラ
4. Stairway to me
5. IDOL is SHiT
6. 本当本気
7. KNAVE
8. Am I FRENZY??
9. My distinction
10. summertime
11. Hey gate
12. Throw away
13. 生きててよかったというのなら

※アルバムをまとめ購入いただくと、デジタル・ブックレットが特典としてつきます。


BiSH / 本当本気


BiSHの2ndアルバムをOTOTOY独占ハイレゾ配信中!!


BiSH / FAKE METAL JACKET(24bit/96kHz)

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 257円 / まとめ購入 1,543円

【Track List】
1. スパーク '16 / 2. BiSH-星が瞬く夜に '16 / 3. MONSTERS '16 / 4. Primitive / 5. beautifulさ / 6. OTNK '16 / 7. 身勝手あいにーじゅー / 8. デパーチャーズ / 9. ウォント / 10. サラバかな '16 / 11. ALL YOU NEED IS LOVE / 12. Dear… / 13. BUDOKANかもしくはTAMANEGI

※アルバム購入いただいたお客さまには、飯田仁一郎(OTOTOY編集長)によるライナーノーツがついてきます。


BiSH / MONSTERS


BiSHの1stアルバム&シングルをハイレゾ配信中


BiSH / Brand-new idol SHiT

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 257円 / まとめ購入 2,057円

【Track List】
1. スパーク / 2. BiSH-星が瞬く夜に / 3. MONSTERS / 4. Is this call?? / 5. サラバかな / 6. SCHOOL GIRLS,BANG BANG / 7. DA DANCE!! / 8. TOUMIN SHOJO / 9. ぴらぴろ / 10. Lonely girl / 11. HUG ME / 12. カラダ・イデオロギー / 13. Story Brighter

※ハイレゾ版のみ、まとめ購入するとデジタル・ブックレットがついてきます。


BiSH / OTNK

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 257円 / まとめ購入 617円

【Track List】
1. OTNK
2. NO THANK YOU
3. MAIN STREET ELECTRICAL PARADE

※まとめ購入するとデジタル・ブックレットがついてきます。

LIVE INFORMATION

WACKのフェス。
2017年12月8日(金)@ZEPP DIVER CITY
時間 : Open 17:30 / Start 18:30
出演 : BiS / BiSH / GANG PARADE / EMPiRE and more
料金 : 4,800円(税込)
WACK FAMiLY CLUB先行
BiSH FC先行 : 9/19(火)18:00〜9/24(日)23:00
HP先行 : 9/25(月)18:00〜10/1(日)
受付URL : http://w.pia.jp/t/wack/
一般発売日 : 2017年10月7日(土)10:00〜
お問合せ : KM MUSIC 045-201-9999

BiSHのストーリーを振り返る

vol.0 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0 渡辺淳之介 インタヴュー

vol.0.1 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.1 松隈ケンタ(サウンド・プロデューサー) インタヴュー

vol.0.2 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.2 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) インタヴュー

vol.0.3 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.2 真田礼(アートディレクター・デザイナー) インタヴュー

vol.1 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode1 BiSH初インタヴュー(前編)

vol.2 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode2 BiSH初インタヴュー(後編)

vol.3 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode3 ユカコラブデラックス、初インタヴュー「脱退」

vol.4 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode4 ハグ・ミィ、初インタヴュー「アイドルヲタク全体の数をもっと増やしたい」

vol.5 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode5 モモコグミカンパニー、初インタヴュー「ただ可愛いって言われるアイドルと一緒になりたくない」

vol.6 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode6 アイナ・ジ・エンド、初インタヴュー「私の声がないと成立しない音楽に出会いたかった」

vol.7 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode7 セントチヒロ・チッチ、初インタヴュー「見返してやりたい!」って気持ちのほうが大きかった

vol.8 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode8 これが新生クソアイドルのデビュー作だ!!BiSH、待望の1stアルバムをハイレゾ配信(デジタル・ブックレット付き)

vol.9 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode9 南波一海が切り取る中野heavy sick zero初ワンマン・ライヴ!

vol.10 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode10 BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか?

vol.11 BiSH~Rock'n Rol2 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode11 BiSHとともに振り返る200km対抗駅伝

vol.12 BiSH~Rock'n Rol3 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode12 ハシヤスメ・アツコ初インタヴュー「清水寺の舞台から飛び降りる気持ちで合格です」って言われました

vol.13 BiSH~Rock'n Rol4 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode13 リンリン初インタヴュー「今まで全部どうにかなってきたので、どうにかなるからいいやって感じです」

vol.14 BiSH~Rock'n Rol5 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode14 セントチヒロ・チッチ、インタヴュー「BiSHが目指したいのはSMAPだ!」

vol.15 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode15 ハグ・ミィ、インタヴュー「BiSができなかった武道館でワンマンをやりたい」

vol.16 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode16 〈Eden of Sorrow Tour〉福岡公演「闇から救い出してくれたのはBiSHなんです」

vol.17 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode17 アイナ・ジ・エンド、インタヴュー掲載

vol.18 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode18 モモコグミカンパニー「絶対にこのまま地下アイドルで終わりたくない」

vol.19 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode19 ハシヤスメ・アツコ「私、もう本当にここで人生終わりたいくらいなんです」

vol.20 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode20 リンリン「ちょっと炎上しちゃうようなことで世間を騒がせたい」

vol.21 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode21 セントチヒロ・チッチ「アイドルってものの概念がどんどん壊れていった」

vol.22 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode22 アイナ・ジ・エンド「自分は絶対見失わないで変わっていきたい」

vol.23 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode23 モモコグミカンパニー「今は通過点だと思っている」

vol.24 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode24 アユニ・D「本物のBiSHになって歌って踊りたい」

vol.25 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode25 リンリン「未来にはあまり興味がない、今が楽しければそれでいい」

vol.26 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode26 渡辺淳之介&松隈ケンタによるアルバム解説、各界からのコメント掲載

vol.27 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode27 ハシヤスメ・アツコ「いい意味で楽観的だと思います」

vol.28 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode28 セントチヒロ・チッチ「これが私の人生です、私のお仕事はこれです」

vol.29 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode29 アユニ・D「一線を超えたい」

vol.30 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode30 アイナ・ジ・エンド「自己発信できる塊でいたい」

vol.31 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode31 モモコグミカンパニー「変わるとしたらここしかないなと思った」

vol.32 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode32 ハシヤスメ・アツコ「BiSHで売れたいっていうのと、自分も売れたい」

vol.33 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode33 リンリン「BiSHで自分の生きた証を残したい」

vol.34 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode34 アユニ・D「後悔なくやりきったと言えるライヴを重ねていきたい」

vol.35 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode35 セントチヒロ・チッチ「自分の格好悪いところを認めた上でがむしゃらにやってやる」

vol.36 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode36 アイナ・ジ・エンド「今の6人で絶対代わりはいないくらいになりたい」

vol.37 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode37 モモコグミカンパニー「6人がやっとひとつになれた」

vol.38 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode38 リンリン「毎回やっぱりBiSHにいてよかったって思うんです」

vol.39 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode39 ハシヤスメアツコ「まだまだ上に行けるんじゃないのか! って」

vol.40 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode40 セントチヒロ・チッチ「未来を見据えるというよりは、今をどれだけ必死にやるか」

vol.41 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode41 アユニ・D「BiSHの存在を知ってもらいたい」

vol.42 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode42 モモコグミカンパニー「「可愛い」じゃなくて「かっこよく」なりたい」

PROFILE

アイナ・ジ・エンド、モモコグミカンパニー、セントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dの6人からなる楽器を持たないパンク・バンド。BiSを作り上げた渡辺淳之介と松隈ケンタが再びタッグを組み、彼女たちのプロデュースを担当する。ツアーは全公演即日完売。1stシングルはオリコン・ウィークリーチャートで10位を獲得するなど異例の快進撃を続けている。

>>BiSH オフィシャル HP

o

 
 

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第11回
[REVIEW]・2017年12月12日・斎井直史のヒップホップ連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第11回──2017年度総括編 2017年も本当に残りわずか。先月は豪華客演陣を多数迎えた重厚なラップ・アルバムにして、4年半ぶりの作品となったKOJOEの『here』を特集しました。第11回目を迎えた今月の「パンチライン・オブ・ザ・マンス」は年末らしく、2017年のヒップホップ・シーンを斎井直史による視点で総まとめ! 先日公開のblock.fmの番組「INSIDE OUT」のMC・渡辺志保を聞き手に迎えた「OTOTOYトピック2017ヒップホップ編」と合わせてチェックを! 来年も引き続きよろしくお願いいたします! >>「OTOTOYトピック2017ヒップホップ編」はこちら
by 斎井 直史
GANG PARADE、インタヴュー&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.3掲載!!
[GANGPARADE]・2017年11月17日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.3 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.3はこちら>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・前編はこちら>>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・中編はこちら 2017年新たな
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回
[REVIEW]・2017年11月15日・斎井直史のヒップホップ連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回──KOJOE4年半ぶりの新作に迫る いよいよ本格的に冬! 今年も残り1ヶ月半、年末に向けじわじわと忙しさも増す今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」も今月で10回目! 前回はみんなが待ちに待ったPUNPEEのアルバム『MODERN TIMES』を渾身のレヴューでお届けしました。年間のベストも出揃いつつあるタイミングですが、ここにきて強烈な作品! 今月は新潟生まれ、NYクイーンズ育ちのバイリンガル・ラッパー、KOJOE4年半ぶりとなるアルバム『here』を特集です。豪華な客演陣が揃う今作からはどんなパンチラインが選ばれるんでしょうか!? 4年半ぶりとなるオリジナル・アルバム!KOJOE / here'【収録曲】01. KING SONG Feat. Mayumi02. Smiles Davis Feat. Dusty Husky & Campanella03. PenDrop Feat. ISSUGI04. Prodigy Feat. OMSB
by 斎井 直史
GANG PARADE、インタヴュー&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.2掲載!!
[GANGPARADE]・2017年11月10日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.2 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUID ROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.2はこちら>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・前編はこちら POPからGANG PARADEヘ(2015年12月〜2016年7月) ──カミヤ
by 西澤 裕郎
【新連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings 畳野彩加編
[CLOSEUP]・2017年11月09日・【新連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings 畳野彩加編 「夏」をテーマに、2016年7月から活動をスタートさせた4人組アイドル・グループ、Summer Rocket(サマーロケット)。SEBASTIAN X、音沙汰の永原真夏と工藤歩里が楽曲を手がけ、こつこつとライヴ活動や雑誌のレポート活動などを行い、じわじわと知名度と人気があがってきている彼女たち。その中でも、オリジナルZINEを作るなど、ひときわ創作に強い意欲を持っているメンバー、愛わなびの連載企画がスタート! 愛わなびが敬愛する表現者たちにインタヴューを行い、各アーティストがどのような考えを持って活動しているのかを学び、その回ごとにインスピレーションを元に総括を創作して公開します! と、コンセプトは決まったものの緊張の中始まった連載第1回。ゲストは、Homecomings畳野彩加さん。果たしてわなびは何を学んだのか? ぜひお楽しみください! 愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings畳野彩加編 さぁさぁ〜! 始まりました! ついに始まってしまいました、「愛わなびのく
by 中の人
【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.1
[GANGPARADE]・2017年11月07日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.1 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUID ROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.1 はこちら>【レポート】BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか? ミキ : ユアは往路の対戦相手がいなくて。 ユア : モモコグミ・カン
by 西澤 裕郎
【BiS連載vol.86】祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る
[POURLUI]・2017年10月31日・【BiS連載vol.86】祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る 2016年9月、5人のメンバーで再スタートを切り、2017年5月に新メンバー・ももらんどとパン・ルナリーフィが加入、GANG PARADEのカミヤサキがレンタル移籍し、現在7人体制で活動中の新生アイドル研究会BiS。5月末より行ってきた全国ツアー〈BAD SOCiAL TOUR〉のファイナル公演〈IDOL is DEAD〉を目前にペリ・ウブが感染性腸炎により入院、無事退院したもののリーダーのプー・ルイがダイエットに挑戦する企画〈DiET or DiE〉でまさかの失敗。9月16日より活動休止となり、6人での活動を余儀なくされた。そして10月6日の赤坂BLITZ公演を6人で迎えたBiS。ライヴ途中でプー・ルイが復帰し、2回目のメジャーデビュー、両国国技館でのワンマンを発表し、再び7人で走り始めた。そんなBiSの6人で活動した期間を6人とともに振り返る。 新生BiS、7人体制での2ndシングルを配信中BiS / I can't say NO!!!!!!!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回
[REVIEW]・2017年10月11日・ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回 今年も残り3ヶ月、気がつくとあっという間に年末がすぐそこまで来てますね〜。ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載、「パンチライン・オブ・ザ・マンス」も今月で9回目です! 先月はキレのあるFebbのラップが帰って来た、GRADIS NICE & YOUNG MASによる共作『L.O.C -Talkin About Money- 』、そして先日の日本での初ライヴを披露したNY在住の日系若手ラッパー・MIYACHIを取り上げました。そしてもちろん今月は、全てのヒップホップ・ヘッズたちが待ちに待ち焦がれたPUNPEEのファースト・アルバム『MODERN TIMES』特集! 斎井によるレヴューの熱量もかなり高めに仕上がっております! ぜひ一読を! みんな待ってた! 待望のソロ1st!!PUNPEE / MODERN TIMES'【収録曲】1. 20572. Lovely Man3. Happy Meal4. 宇宙に行く5. Renaissance6. Scenario (Film)7. Interval8. Prid
by 斎井 直史
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事