BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

Photo by Mario Luna

ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。


Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)

【Track List】
01. Yeoman
02. Extrasolar
03. Abscond
04. Human Bog
05. Adam Copies
06. Lev
07. I Form
08. Out
09. Superstructure
10. Wilt
11. Coitus
12. Broadback

【配信形態 / 価格】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC
AAC
単曲 288円(税込) / アルバムまとめ購入 2,830円(税込)

REVIEW : BATHS史上、最もひらけてポップなアルバム

文 : 河村祐介



もはや本作を前にして彼を“ビートメイカー”という枠に収めてしまうのは愚かなことだろう。アンビエント~テクノなジオティック名義で今春にアルバム『Abysma』をリリースしたばかりのウィル・ウィーゼンフェルトが、ある意味で彼の表現の本丸とも言えるプロジェクト、バス(Baths)で新作『Romaplasm』をここに発表した。そのサウンドはもちろんのこと、彼のもうひとつの音楽性の魅力、「歌」においても重要な作品となった。

2010年の1stアルバム『Cerulean』でデビュー、英ガーディアン紙のレヴューはその音楽性をして「J・ディラがもてあそぶペイヴメントとプリンスの作品たち」と評した。リリースは老舗〈アンチコン〉から、当時注目を集めていたLAビート・ミュージック・シーンの新たな才能として世に認知された。〈アンチコン〉といえば、1990年代末、オルタナティヴなアンダーグラウンド・ヒップホップ集団“アンチコン”に出自を持つレーベル。ソールなど、いわゆる初期のコア・メンバーたるヒップホップ系のアーティストが何人か抜けているが、現在にいたるまでアンダーグランド・ヒップホップのダーティなビートにはじまり、エレクトロニカやポストロック、エクスペリメンタル・フォークなどその音楽性を広げ続けている。

Cerulean

Baths

Album ¥2,160


前述のガーディアン紙のレヴューの「ペイヴメント」という部分に集約されるのだが、ヒップホップのエクスペリメンタルなビートとともに、バスのサウンドにはロック~アシッド・フォーク的なサイケデリアをつねに身にまとっている感覚がある。それはある意味で〈アンチコン〉の正当な系譜というか、レーベルが初期の頃から持っていたサイケデリック感覚と言えるだろう。具体的にいえば初期であればクラウデッドの作品に象徴されるような感覚、または、ラップからその後アシッド・フォークまで展開していったホワイ?の作品の感覚あたりにも通じるものだ。

僕は自分自身にとことん正直でいたかった

陰鬱な雰囲気を持ち、死の感覚が支配する2nd『Obsidian』(2013年)。ここではさらに彼のシンガーソングライター的な特性が前面に現れた。そしてリリースされた本作『Romaplasm』は、ひらけたバス流のエレクトロ・ポップとも言える音楽性を開花させている。アルバムを通してジオテック名義でリリースした柔らかなテクノ・アルバム『Abysma』のダンサブルな開放感も見え隠れする。これまでの音楽性を踏め、さらにポップに広がったサウンドは、〈アンチコン〉サウンドのある種の集大成的な感覚もある。

彼は本作に関してこのようなコメントを寄せている。

「僕は自分自身にとことん正直でいたかった。そう言い切れるぐらい、ここには僕の精神が宿っているし、人生から最高の感情をくみ取っている。僕はそんな感情を映し出したレコードを作りたかったんだ。しかも間接的なやり方でね。このレコードを作っている間、僕はできるだけ何ものにも束縛されない状態でいたかったんだ」


サウンドの開放感はこうした自由な意志からも来るのではないだろうか。それはおそらく彼の内面の部分でも「正直でいたかった」といった部分が反映されているようにも感じる。それはまず端的に歌詞にて現れている。「ABSCOND」や「HUMAN BOG」では、ゲイであることの葛藤が歌われている。さらに本作のハイライトとも言えるエレクトロ・ディスコ「OUT」では、それこそ1970年代〜80年代、ザ・ロフトやパラダイス・ガラージ、そして現在のベルリンのベルグハイン〜パノラマ・バーなどへと継承されているゲイ・ダンス・カルチャーへの賛歌とも呼べる詩的世界が広がっている。「Broadback」(いわゆるガチムチ系の男性、「OUT」のMVの背景にはそうしたゲイ・アート的なイラストが飾られている)も、ある意味でストレートなラヴ・ソングだ。自身のセクシャリティーを肯定し、音楽的表現として昇華させている。ここで歌われているものは、そのコメントからして、彼の人生を象徴する尊厳あるものだ。それがストレートに音楽へと表現させたもの。つまりは彼の人生の賛歌といっていいだろう。本作は彼と同じセクシャリティの多くの人々はもちろん、多種多様な人々にとって自分自身と向き合って人生を謳歌するためのサウンドトラックになるだろう。それゆえに、そのサウンドは風通しが良く、美しく、響いていくるのだと思う。

別名義Geoticの『Abysma』もOTOTOY特別パッケージで配信中

こちらは今春にリリースされた、ジオティックとしてのアルバム『Abysma』。リリースはエレクトロニック・ミュージックの名門、昨年グラミーにノミネートされたティコなどを擁する〈Ghostly International〉。これまで彼が本名義でアンビエント的なアプローチで展開してきた穏やかなメロディのシンセに、緩やかなグルーヴがミックスされたカラフルなテクノ・アルバムとなっている。日本先行となる本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ&特別版のライナーノーツ&インタヴューPDF(LAビート・シーンに深い造詣を持つ原雅明の執筆・質問作成による)で配信注。


OTOTOY限定、ハイレゾ&原雅明による特別ライナー&インタヴュー付き

Geotic / Abysma(24bit/44.1kHz)

【Track List】
01. Sunspell
02. Actually Smiling
03. Nav
04. Billionth Remnant
05. Laura Corporeal
06. Vaulted Ceiling, Painted Sky
07. Perish Song
08. Valiance

【配信形態 / 価格】
24bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 288円(税込) / アルバムまとめ購入 2,000円(税込)

アルバムまとめ購入で原雅明によるOTOTOY限定の特別ライナーノーツ&撮り下ろしメールインタヴュー収録のPDFが付属します

REVIEW : 心が躍るアンビエント・ダンス・ミュージック


文 : 寺島和貴


ジオティック、そしてバスことLA在住のビートメイカー、ウィル・ウィーゼンフェルドから春の訪れを報せるような新作『Abysma』が届いた。彼がGeotic名義でこれまで発表してきた作品では、主に深くリヴァーブの効いたギターによって奏でられるビートレスなアンビエント・ミュージックが展開されてきた。しかし、本作では“アンビエント・ダンス・ミュージック”と銘打ち、これまでの深く沈み込んでいくような酩酊感とは異なり、全編を通じて4つ打ちを基調とした開放的な楽曲が並ぶ。

アンビエントという言葉を擁しているように、「Perish Song」では、リバーヴの効いたシンセサイザーやピアノがタイトなビートに覆いかぶさるように重なり、アンビエント特有の浮遊感を醸し出している。また、「Billionth Remnant」で散りばめられているグリッチは、エレクトロニカにも通ずる瑞々しさを演出している。その一方で、「Valiance」では力強いビートとメランコリックなアルペジータの絡み合いがほのかな熱をもたらしてアルバムの最後を飾るという、統一感がありながらもバラエティ豊かな8曲が出揃っているのだ。

とは言え、彼のダンス・ミュージックはパーティーのための音楽ではない。曰く、彼にとっての音楽体験とは、部屋か車で一人で聴くものだという。きっとこの作品も、ひとり澄み渡った春の空のもとで、心を躍らせながら聴くのが最も気持ちいいのだろう。

ところで、本人が監督・編集を手掛けたリードトラック「Actually Smiling」のミュージックビデオだが、海に入るためには髪を長くしなければいけない…のかな?



Geoticをリリースしたレーベル〈Ghostly International〉とは?

モータウンとテクノの街、デトロイトから車で30分ほどの郊外にある、ミシガン大学のお膝元、学園都市のアナーバーに位置するレーベル。サム・ヴァレンティによって1999年に設立。テクノ〜ハウスの寄りのダンサブルなサブ・レーベル〈Spectral Sound〉とともに、マシュー・ディアー / オーディオン、ジェームス・T・コットン / ダブリー、ルシーン、ゴールド・パンダ、そして先日のグラミーにもノミネートされたティコ(Tycho)などをリリースし、2000年代以降のエレクトロニック・ミュージックの重要レーベルとなる。また2000年代後半以降は、スクール・オブ・セヴン・ベルズのリリースなど、ロック〜ポストロック的なサウンドのリリースも行なっている。(河)

PROFILE

Baths / Geotic

LA在住、ウィル・ウィーゼンフェルド(Will Wiesenfeld)のプロジェクト。音楽キャリアのスタートは, 両親にピアノ教室に入れてもらった4歳まで遡る。13歳の頃には、すでにMIDIキーボードでレコーディングをするようになっていた。ある時、Björkの音楽に出会い衝撃を受けた彼は直ぐにビオラ, コントラバスそしてギターを習得し、新たな独自性を開花させていった。2010年、彼のビートメイカーとしての、代表的な名義であるBathsでリリースした1stアルバム「Cerulean」は、インディーロック〜ヒップホップリスナーまで巻込んだ。Geoticは、メインのBathsと並行して、これまで自身のbandcampを中心にコンスタントにリリースを続けてきたアンビエントに特化したプロジェクト。本名義のアルバムは、自身のbandcamp以外のリリースは本作が初となる。本人曰く、2つのプロジェクトの違いは「Bathsはアクティブに聴く、Geoticは受け身で聴く」。

o

 
 

レヴュー

祝! 誕生40周年「ルパン三世のテーマ」コンピレーション・アルバムがリリース
[REVIEW]・2017年12月06日・国民的テーマ・ソング「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念コンピがリリース&旧譜プライスオフ開催 ルパン三世の誕生から50周年、そして「ルパン三世のテーマ」が誕生して40周年。「ルパン三世のテーマ」だけを詰め込んだ記念コンピレーション・アルバムがリリースされた。今や日本ならず世界中から愛されている作品に、さまざまな角度から華を添えられた17曲のパレードを、ぜひご堪能いただきたい。 また、誕生40周年を記念して旧譜10タイトルの30%プライスオフ・キャンペーンを実施。まとめ買いなら今がチャンス。クリスマス・プレゼントにも最適な作品たち。2018年1月31日までの期間限定ですので、この機会にお買い逃しなく! 「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念作品~ THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』'【Track List】01. THEME FROM LUPIN III 2015 / You & Explosion Band02. THEME FROM LUPIN III 2015~ITALIAN BLUE ver
【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信
・2017年11月28日・【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信 すでにリリースから数日で、世界中に大きな評価を受けているビョーク『ユートピア』。インパクト大のヴィジュアル、そしてサウンド・コラボレーターのアルカとの2作目となるその音楽性は新たな次元へと突入している。繊細な表現と、まるでそれが流れた空間を包み込んで異界化してしまうような凄まじいエネルギーが同居する、その脅威の歌声はハイレゾでぜひとも隅々まで楽しむべき作品といえるだろう。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともに、気鋭のライター、八木皓平による詳細なレヴューにて、その魅力をお伝えしよう。 24bit/96kHzで配信中björk / Utopia(24bit/96kHz)'【Track List】01. Arisen My Senses02. Blissing Me03. The Gate04. Utopia05. Body Memory06. Features Creatures07. Courtship08. Losss09. Sue Me10. Tabula Rasa11. Claimstaker12. Paradisia13. S
by 八木 皓平
セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎
【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間
むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年11月21日・むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。12月10日の3周年ワンマン・ライヴをもって解散することになった彼女たちの、4枚目にしてラスト・シングル『恋の戦士』がリリース。前作の『キミに夢CHUXX』に引き続き、今作もSEIJプロデュースによるキャッチーなシンセ・ポップ・サウンドに仕上がっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ独占配信するとともに、メンバーからのコメントを掲載。キラキラ可愛い5人のビジュアルと歌声は永遠です!! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / 恋の戦士【A盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. またね 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. またね -Instrumental- 【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 300円(税込) / まとめ価格 1,200円(税込)むすびズム / 恋の戦士【B盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. 確信のフライデー 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. 確信のフライデー -In
現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
筆者について
同じ筆者による他の記事