Walking with PAW PicoーーーSummer Rocket、愛わなびがハイレゾ音源を聴きながら神泉をお散歩

Lotoo PAW Picoと愛わなび

大きさ、重さともに世界最小クラスのDAP(デジタル・オーディオ・プレイヤー)、PAW Pico。こんなに小さいのに、PCM192kHz/DSD5.6MHz(PCM変換)までのフォーマットに対応している優れものの音楽プレイヤー!! Bluetoothを用いてスマホ上の専用アプリで選曲することも可能。さらに、移動距離、平均速度、歩数、消費カロリーなどの記録を取って、アプリで管理もできちゃいます。今回、OTOTOYでは「夏」をテーマに、2016年7月から活動をスタートさせた4人組アイドル・グループ、Summer Rocket(サマーロケット)のメンバー、愛わなびがPAW Picoを持って、神泉〜渋谷の街をお散歩、おススメスポットを巡り、それに合うハイレゾ音源10作品を紹介していきます。音楽好きに大人気の喫茶店・FRIENDSや、カクバリズムの事務所があったり、音楽好きが集まる場所神泉をPAW Picoとともにお楽しみください。日々の生活に音楽が彩りを与えてくれること間違いなし!!

>>PAW Picoをより深く理解する!!<<
>>高橋健太郎のOTO-TOY-LAB<<
>>【第14回】Lotoo PAW Picoはこちら<<

PAW Picoとともに、いざ、神泉の街に飛び出せ!!

はじめまして。Summer Rocketの愛わなびです。今日はPAW Picoを持って神泉の街をご案内しま〜す!!

これがPAW Pico!! 26グラムという軽さにもかかわらず、24bit/192khzまでの再生能力を持ち、DSDもDSF、DFFファイルに対応(再生はネイティヴではなく、PCM変換)。PAW Picoの内蔵電池は最大10時間持つので、外に持って出ても安心。

専用アプリケーション、Lotoo PicoをiPhoneにインストールすれば、スマホがコントローラーになって便利!! 画面を見ながら選曲できちゃいます。

11時〜 いよいよお散歩スタートです!!

まずは松濤公園にやってきました!! 渋谷の中にあるオアシス。池もあってのんびりできますよ。

秋空のなか、ハイレゾ音源を聴きながらまったり

公園にはお子さん連れの家族から、カップル、お仕事の休憩にきている人などさまざま。ブランコやアスレチックもあります。

オススメ作品その1、晴れた日に散歩しながら聴きたい作品


バンド史上もっとも長い制作期間を費やした、サニーデイ・サービスの真髄が結晶化された究極のポップ・アルバム。ジャケット・イラストレーションは永井博。曽我部恵一のビタースウィート&シルキーなヴォーカル、メロウネスとメランコリーが宿る美しいメロディ群、めくるめくポップマジック。今作にはこうしたバンドの真骨頂が惜しげもなく注ぎ込まれており、同時に、これまでとは明らかに異なる新たなサニーデイの魅力に満ち溢れています。次なるステージへと向かうサニーデイを予感させた先行シングル「苺畑でつかまえて」をはじめ、きらめくファンタジーで染め上げられた全9曲を収録。全ての曲がシングルカットが可能なほどに、ただただ名曲ばかりが収められた、至福としか言いようのない作品。

続いてやってきたのは、今年15周年を迎えた音楽プロダクション、カクバリズム。YOUR SONG IS GOOD、SAKEROCK、二階堂和美、キセル、イルリメ、cero、VIDEOTAPEMUSIC、スカートなどなど、素晴らしいアーティストたちの音楽を発信し続けています。

オススメ作品その2、銭湯で鳴り響く音が気持ちいい

レーベル カクバリズム  発売日 2013/05/20

01. 02. 夕焼け 03. 庭の木

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


兄弟ユニット キセルの楽曲を、世界に数台しかないDSDレコーダー「Clarity」を使用し、エンジニアに奥田泰次を迎えて銭湯でDSDネイティヴ録音、ネイティヴ・ミックスを行った。「春」「庭の木」のほか、OTOTOYのみの独占音源となるフォーク・シンガー高田渡の楽曲を使用した「夕焼け」が収録。さらに、銭湯での録音風景の写真をまとめた歌詞入りブックレット付き。

11時20分〜 神泉駅から円山町の路地へと歩みを進めていきます

神泉駅近くの路地はなんだか情緒があります

あっっっっっ!!

子猫がいました。こっちおいで〜と声をかけるも、逃げていっちゃいました。

オススメ作品その3、「あまりに好きすぎて、 誰にも聴かせたくない」と坂本龍一が語った名作

レーベル commmons  発売日 2017/03/29

01. andata 02. disintegration 03. solari 04. ZURE 05. walker 06. stakra 07. ubi 08. fullmoon 09. async 10. tri 11. LIFE, LIFE 12. honj 13. ff 14. garden

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。

11時40分〜渋谷のライヴハウスが集まる円山町周辺へ

渋谷はライヴハウスがたくさんあります!! 後ろにあるのはO-EAST。大小様々なライヴハウスやクラブがひしめき合っています

オススメ作品その4、ライヴに行きたくなる注目新人のデビュー作品


双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、『NEO -ニュー・エキサイト・オンナバンド』、CHAI。ある日突然SpotifyUKチャートにランクインし、2017年SXSW出演し全米ツアーも敢行し、くるり岸田氏、ASIAN KUNG-FU GENERATION後藤氏など数々の著名アーティストも大プッシュ。代表曲である「ぎゃらんぶー」「ボーイズ・セコ・メン」「sayonaracomplex」を含む、世界へCHAIの「NEOかわいい」を提案する最高にキュートな計11曲収録。

12時〜 都会のなかに溶け込んだカルチャーの発信場で一息

続いてやってきたのは、トークライヴハウス、LOFT9。お酒を飲みながら様々な出演者たちのトークが聞けます。昼間はカフェ営業もしていて、セレクトされた本も買えちゃう。

音楽を聴きながら、真剣に本を選びはじめた愛わなび。その本は?!

Summer Rocketが所属する事務所、Rocket baseが発行する雑誌『Rocket』も置いてありました!!

オススメ作品その5、読書しながらゆったり濃厚な文化体験を


再び迎えたブラックミュージック隆盛の立役者、サンダーキャット待望の最新アルバム『Drunk』。ファレル、ケンドリック・ラマー、ウィズ・カリファ、マック・ミラー、カマシ・ワシントン、フライロー他史上最強の客演陣が大集結!!

LOFT9のオープンテラスにて

あまりに小さいのと軽いため、つけているのを忘れるくらい。手に持つと可愛らしく、愛着が湧いてきます。

コーヒーでも飲みながら、ひとり外で音楽鑑賞というのもいい時間

オススメ作品その6、上下左右、立体的なサウンドに耳を傾けて楽しむ

  発売日 2017/06/28

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


『SENSUOUS』以来11年ぶりとなる、待望のオリジナル・アルバム。salyu × salyuのプロデュースやMETAFIVEでの活動、『デザインあ』、『攻殻機動隊』のサウンドトラック制作など、様々なプロジェクトに関わってきた小山田圭吾が作り上げた至高の作品。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。

円山町にはユニークなお店もたくさん。ウォーミングアップbar、しぶや花魁の前にて

踊り出した愛わなび

オススメ作品その7、緊張感のなか奏でられた至極のライヴ音源


昨年11月に「代官山・晴れたら空に豆まいて」で行われた初演が大評判となり、急遽今年2月に再演と相成った三宅純と青葉市子のライブ・セッション。その貴重なライブ音源が配信限定でリリース決定! 11月の初演時はドラムに山本達久を迎え、2月の再演ではそこに渡辺等も加わり、三宅と青葉の楽曲に新たな生命が吹き込まれています。2日間計4回のステージからベスト・テイクをセレクションし、ライブでもPAを担当したエンジニアのzAkが、音源化にあたって丁寧なミックスを施しているのも聴きもの。話題のハイレゾ音源仕様なので、当日の空気感があたかも目の前によみがえるかのよう!

13時〜 お腹が減ったらここがオススメ

お腹が減ったので腹ごしらえ。喫茶店、フレンズです

ナポリタンやハンバーグなど病みつきになる料理がたくさん。ミュージシャンもたくさん訪れる神泉の名店!!

オススメ作品その8、よい食事のお供によい音楽を

レーベル SSWB / BAYON PRODUCTION  発売日 2016/04/20

01. Zidane 02. Ghana 03. Native Dancer 04. Dive 05. Time Machine 06. Navy 07. Curtain 08. Pool

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


D.A.N.待望の1st album『D.A.N.』! 2015年夏にリリースしたデビュー作『EP』(3曲+remix1曲収録)がインディーズリスナーからクラブユーザーまでも虜にし瞬く間に話題となり、次世代のシーンの中核を担う存在として大きな期待を背負った彼等。ライブでも披露し人気の「Time Machine」「Native Dancer」など含む全8曲を収録。今作ではサポートメンバーであるUtena Kobayashiが全曲での参加となり、これまで以上に彩りを加え更なる進化を遂げています。ワールドスタンダードであり、2016年のマスターピースとなり得る決定的名盤!

デザートにタピオカを飲みにきました。いま渋谷はタピオカ屋さんがたくさんオープンしています。こちらは、今年8月にオープンしたばかりの「ジ・アレイ ルージャオシャン」渋谷店さん

オススメ作品その9、楽器を持たないパンクバンドのハイレゾ音源でテンションをあげる

レーベル avex trax  発売日 2017/06/28

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


“楽器を持たないパンクバンド”BiSH初のミニ・アルバム! 2017年4月よりテレビ朝日系にて放映のTVアニメ『ヘボット!』新エンディングテーマ「社会のルール」他を収録。

神泉近くには、渋谷区立松濤美術館もあります。

OTOTOYも神泉にあります!! オトトイの学校など講座もしていますので、ぜひ足をお運びください

オススメ作品その10、今年のクリスマスはこの作品で決まり


高い演奏技術と自由かつ奇抜なアンサンブルで大人から子どもまでも魅了する「笑って踊れる」ピアノトリオ、H ZETTRIO初のコンセプト・アルバム。「Santa Claus Is Coming To Town」「赤鼻のトナカイ」「ジングルベル」など誰もが知っているスタンダードナンバーを彼らならではのアレンジで再構築。「祝祭広場のクリスマスマーケット」と「光のヒンメリ、輝く街」のオリジナル曲は、普段とは一味違う、臨場感たっぷりの生バンドとストリングスが映える作品に仕上がっており、このアルバムの聴き所のひとつ。

13時20分〜 お散歩終了

あっという間にお散歩取材が終了してしまいました。ハイレゾって難しいと思っていたけど、こんなに手軽に聴けるなんてびっくり。欲を言うなら、いろんな色があったらよりいいな。とはいえ、いつものイヤホンとこれがあれば聴けるのは便利!!

後日、同じルートをスポーツ・モードで再生しながら歩いてみました。歩数や平均速度を記録してくれ、PAW Picoが内蔵しているGPSによって描き出されたルートマップまで表示されるのがめちゃ便利!!

ぜひ、音楽を聴きながら神泉をお散歩してみてくださいね◎

>>PAW Picoをより深く理解する!!<<
>>高橋健太郎のOTO-TOY-LAB<<
>>【第14回】Lotoo PAW Picoはこちら<<

Lotoo PAW Pico

製品基本仕様
対応フォーマット
DSD64, DSD128, DFF / DSF / ISO / FLAC / APE / WAV / MP3 / WMA / OGG / M4A / AAC / WAVPACKAIF / ALAC / CUE (DSDはPCM変換再生)
CPU
ADI Blackfin 706 DSP
対応サンプルレート
DSD 2.8MHz, DSD 5.6MHz
PCM 32kHz-192kHz
USB
USB2.0
内蔵メモリー
MLC Flash 32GB
連続動作時間
10時間
内蔵モジュール
Bluetooth(BLE), GPS, モーションセンサー
周波数特性
±0.5dB (20~20kHz)
THD+N
0.003% (A-weighting, 500mV)
ダイナミックレンジ
>101dB
出力レベル
-3.5dBu@16ohm
市場想定価格
23,000円(税別)


詳しいスペックはこちらへ
Lotoo PAW Pico 日本語商品ページ

PROFILE

Summer Rocket

「Endless Summer Magazine Rocket」発アイドル「Summer Rocket」。永原真夏・工藤歩里楽曲プロデュース。夏休み始めました!

 
 

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回
[CLOSEUP]・2018年06月19日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回──Jorja Smith 『Lost & Found』 今年もあっという間に折り返しの6月! 梅雨入りの日本列島ですが激しい寒暖差に体調を崩しがちな今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 先月の特集では、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化について紹介しました。今月は新たにUKから現れた、現在21歳のR&Bシンガー、ジョルジャ・スミスをピックアップ。ビック・アーティストたちからも多くの賛辞を浴びる彼女の待望となるデビュー作に迫ります! 8月にはサマソニにて来日も控えてますよ〜! >>先月号、第16回(2018年5月)はこちら 今月ピックアップ! UKから現れた新たなR&Bの新星によるデビュー作!Jorja Smith / Lost & Found'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,543円(税込)【収録曲】''01. Lost & Found02. Teenage Fantasy03. Where Di
by 斎井 直史
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ──【第15回】iFi audio「xDSD」
[TECH]・2018年06月18日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第15回】iFi audio「xDSD」 現代の音楽視聴環境に寄り添うポータブル・デバイス 音楽の世界では近年、ストリーミング・サービスの成長がめざましい。2017年にはストリーミングは全世界で40%の売り上げ増を記録。日本でも売り上げは20%増となっている。Apple MusicやSpotifyなどで曲を検索して、すぐに聴くというライフ・スタイルが日常的になっている読者も少なくないことだろう。OTOTOYは音楽のダウンロード販売のサイトだが、実はサービスの中にストリーミングに近いものを含んでいる。iOSやアンドロイド用のOTOTOYアプリを利用してもらうと、OTOTOYで過去に購入した楽曲やフリーダウンロードの曲をすぐに聴くことができる。スマートフォンの中にファイルを持ち歩かなくても、いつでも思い出したときに聴けるのだ。 ●OTOTOYアプリ App storeからのDLはこちら ●OTOTOYアプリ Google PlayからのDLはこちら さらに、今年始めにスタートした「Collections」のサービスではPC上にOTO
by Reviewed by Kentaro Takahashi
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (後編)
[CLOSEUP]・2018年06月15日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第10回》高橋 Rock Me Baby (後編) INTERVIEW : 高橋 Rock Me Baby((株)フォーライフ ミュージックエンタテイメント / (株)ユイミュージック)【後編】忌野清志郎にとって激動期となった80年代後半から、〈東芝EMI〉の宣伝担当として音楽業界へと足を踏み入れた高橋 Rock Me Babyさん。現在でも語り草となっている、THE TIMERS(ザ・タイマーズ)が地上波テレビ番組生放送で起こした「FM東京事件」では、スタジオでその一部始終を目撃している。インタビュー後編では、事件の前後に起こっていたこと、そして後に清志郎が行ったゲリラ・ライヴについて。また、「清志郎さんの音楽は、あくまでも娯楽だから後々にも残る音楽になってる」という高橋さんに、好きな清志郎楽曲3曲と1枚のアルバムについて、その魅力を存分に語ってもらった。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys もしかしたら「これはチャンスだ」と思ったのかも──
by 岡本 貴之
【短期連載2/3】GANG PARADE「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人体制のいま、Zepp以降の未来
[GANGPARADE]・2018年06月04日・【短期連載2/3】GANG PARADE「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人体制のいま、Zepp以降の未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 >>短期連載1/3「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 9人体制初シングルを配信スタートGANG PARADE / GANG 2【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信
by 西澤 裕郎
【短期連載3/3】GANG PARADE「初期メンバー3人」に訊く、いまの3人の関係性、9人体制、これからの未来
[GANGPARADE]・2018年06月05日・【短期連載3/3】GANG PARADE「初期メンバー3人」に訊く、いまの3人の関係性、9人体制、これからの未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 >>短期連載1/3「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来>>短期連載2/3「元SiS組」に訊く3人の関係性、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 9人体制初シングルを配信スタートG
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編)
・2018年06月01日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第9回》高橋 Rock Me Baby (前編) INTERVIEW : 高橋 Rock Me Baby((株)フォーライフ ミュージックエンタテイメント / (株)ユイミュージック)【前編】忌野清志郎の長きにわたる活動の中で、この連載でも度々話題に上る作品が『COVERS』(1988年8月15日)だ。RCサクセションによるはじめての洋楽カヴァー・アルバムとなったこの作品は、その内容と発売をめぐり社会的な騒動へと発展した。今回ご登場いただく高橋 Rock Me Babyさんは、当時のRCサクセションの所属レコード会社〈東芝EMI〉の宣伝担当として、まさに騒動の渦中に身を投じた人物だ。『COVERS』騒動、『コブラの悩み』、そしてさらに騒動を巻き起こすTHE TIMERS(ザ・タイマーズ)の出現。あの時あの瞬間、本当は何があったのか? そのとき忌野清志郎はなにを思っていたのか? 前後編にわたりじっくり読んでほしい。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Ba
by 岡本 貴之
【短期連載1/3】GANG PARADE「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来
[GANGPARADE]・2018年05月25日・【短期連載1/3】GANG PARADE「WACKオーデ2018組」に訊く合宿、9人初体制ワンマン、Zepp以降の未来 BiSH、BiS、EMPiREと同じ事務所WACKに所属する9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。BiSにレンタルトレードしていたカミヤサキがグループに戻り、2018年3月12~18日にかけて開催された「WACK合同オーディション2018」に合格した、月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンの2名が加入、グループ史上最大人数の9人で活動中の彼女たちが、現体制初となるシングル『GANG 2』をリリース。これまでのギャンパレにはなかった壮大で芸術性の高い楽曲で更なる飛躍を目指す。7月1日からは全国9箇所をめぐるワンマン・ツアー〈REBUILD TOUR〉を行い、9月20日にZEPP TOKYOでファイナルを迎えるGANG PARADEへのインタヴューを3回に渡りお届けする。 9人体制初シングルを配信スタートGANG PARADE / GANG 2【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 201円(税込) / アルバム 800円(税込)【Track List】1.
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第8回》高橋靖子(フリースタイリスト)
・2018年05月18日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第8回》高橋靖子 INTERVIEW : 高橋靖子(フリー・スタイリスト)忌野清志郎といえば、ステージやテレビ番組、CM出演時のド派手なファッションがすぐに目に浮かぶ。そんな清志郎の衣装スタイリングを手掛けた中のひとりが、今回ご登場いただく高橋靖子さんだ。1960年代からフリーランスで活動をはじめ、日本のスタイリストの草分け的存在として、デヴィッド・ボウイら数々のロック・アーティストのステージ衣装のスタイリングを手掛けてきた“ヤッコさん”こと高橋さんから見た普段の忌野清志郎は、とてもシャイで純粋な人物だったようだ。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 清志郎さんはとてもシャイな方でした──高橋さんはみなさんに「ヤッコさん」と呼ばれていらっしゃるそうですが、私たちもヤッコさんと呼ばせていただいていいですか? 高橋 : もちろんです、そうしてもらった方がうれしい(笑)。 ──ありがとうございます! では最初にご紹介させていただきますが、ヤッコさんは
by 岡本 貴之