キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント

ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します!

笑って踊れるウィンター・アルバム!!


H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【価格】
単曲 432円(税込) / まとめ 3,024円(税込)

【収録曲】
1. 祝祭広場のクリスマスマーケット
2. Winter Wonderland
3. あわてん坊のサンタクロース
4. Rudolph The Red Nosed Reindeer(赤鼻のトナカイ)
5. JINGLE BELLS
6. Silent Night
7. Santa Claus Is Coming to Town(サンタが街にやってくる)
8. White Christmas
9. The Christmas Song
10. 光のヒンメリ、輝く街

H ZETTRIOからのクリスマス・プレゼント!!!

アルバム購入者から抽選で3名様に「NOSE PAINT for H ZETTRIO(サイン入り)」をプレゼント!!

H ZETTRIOとおそろいの鼻ペイントを塗ってH ZETT“アナタ”に!?


【応募方法】
こちらからプレゼントの応募を選択し、
「H ZETTRIOプレゼント応募」と記載のうえ、
・『H ZETTRIOのChristmas Songs』を購入した際使用したアカウントの、メールアドレスもしくはTwitterアカウント名
・購入時のキュー番号
・お名前
・ご住所
・連絡先
・ご意見、ご感想
をご記入の上お申し込みください。
※締切 : 2017年11月30日(土)23時59分まで

INTERVIEW : クリスマス・ソングという世界にH ZETTRIOが大胆に切り込む

H ZETTRIO(左から、H ZETT NIRE、H ZETT M、H ZETT KOU)

2017年も残すところあと2ヶ月。秋から冬へと季節が移り変わり、みんな大好き、クリスマス・シーズンがやってくる。日増しに楽し気なムードに包み込まれる街を歩けば、どんな人でも自然とウキウキした気分になってくるはず。そんな気分をさらに盛り上げてくれるのが、H ZETTRIO初のクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』だ。H ZETTRIOならではのアレンジで聴かせるスタンダードなクリスマス・ソングに驚かされ、それぞれのプレイヤーが垣間見せる超絶技巧に手に汗握り、オリジナル曲ではキラキラした冬の街並みが目に浮かんでくるこのアルバムは、サンタクロースを待つ子どものような気分を思い出させてくれる、とても楽しい作品だ。音楽ファンへ贈る最高のクリスマス・プレゼント『H ZETTRIOのChristmas Songs』について、メンバーの3人にメール・インタヴューで答えてもらった。ちょっと早いけど、Merry X'mas!!

インタヴュー : 岡本貴之
写真 : 西岡浩記

弾いててサプライズを感じるくらいの驚きを求めました

H ZETT M

──クリスマス・ソングをコンセプトとした作品を作ろうというアイデアはいつ頃どんなタイミングで生まれたものですか?

H ZETT NIRE(Ba・以下N) : 昨年の「祝祭広場のクリスマスマーケット」が大変好評で、この曲が入ったアルバムを聴きたい、というお声を頂いていました。それならばオリジナルの他に定番曲をカヴァーしたクリスマス・アルバムをつくろう! という思いはありました。

H ZETT M(Pf・以下M) : その時には、「来年はアルバムにしたいね」とメンバー内で話してましたね。

H ZETT KOU(Dr・以下K) : 去年に引き続き阪急うめだ本店でのイメージ・ソングに起用されたこともあり皆様に更に幸せなクリスマスを過ごしてもらおう! という思いからこのアルバムが生まれました。

──カヴァー曲はH ZETT Mさんのソロでやっているイメージがあるのですが、今回H ZETTRIOとしてカヴァー曲を演奏する上でアレンジのポイントはどんなところにありましたか?

M : 音で冒険する、というかクリスマス・ソングという世界に、H ZETTRIOが大胆に切り込んでいこう、と思いました。弾いててサプライズを感じるくらいの驚きみたいなものを求めました。

K : どのクリスマス・ソングも曲の持っているチカラ、メロディが強力なので、思い切った大胆なアレンジが出来たと思います!

──オスカー・ピーターソン等、ジャズ・ミュージシャンのXmasアルバムからのインスピレーションは受けましたか?

N : 私はあまり聴いてなかったです。以前はTake 6 のクリスマス・アルバムを良く聴いてた時期がありました。

M : 聴いたことはあるかもしれませんが、参考にというのは特にしてません。

K : ジミー・スミスとウェス・モンゴメリーの「Baby, iIt's Cold Outside」(外は寒いよ)の入っているアルバムを最近聴いております!

我々らしさが発揮できるような演奏を心がけました

H ZETT NIRE

──メンバーのみなさんそれぞれのXmasの思い出を教えてください! 楽しいかったこと悲しかったこと、何でも結構です。また、特に好きなクリスマス・ソングがあれば教えてください。

M : 24日と25日の空気感は格別ですね、プレゼントがもらえるのが嬉しかったです。好きなクリスマス・ソングは“青鼻のトナカイ"です(笑)。

N : ここ10年くらいはクリスマス近辺にライヴをやっていることがとても多いです。大変盛り上がるクリスマスです。好きな曲は「The Christmas Song」ですかね。作曲者のメル・トーメも「古き良き時代のジャズシンガー」という印象で、とても好きです。

K : 何年前でしょうか、H ZETTRIO結成のキッカケとも言われているのがクリスマスの夜の初ライヴでございます! 佐野元春さんの「クリスマス・タイム・イン・ブルー」が好きです。

──H ZETT Mさんはピアノを習っていた頃にクリスマス・ソングを弾いたことがあったのでしょうか。

M : 「あわてん坊のサンタクロース」は特に弾いていた気がします。

──そうしたクリスマスに抱いているイメージを今作にどのように落とし込みましたか?

M : キラッとした輝きを音にしたいなと思いました。具体的にはテンション(和音)を盛り込んだり過度な転調を施したりしました。

N : メロディのもつ明るさや強さを活かしつつ、我々らしさが発揮できるような演奏を心がけました。

──「Winter Wonderland」は特にとてもH ZETTRIOらしい、躍動感のある演奏でオリジナル曲のように感じました。また、「Rudolph The Red Nosed Reindeer」はベースがリードするとてもクールなアレンジが際立っています。今回のカヴァー曲で、もともとご自分たちの音楽との親和性が高いと感じた曲はありましたか? またその理由を教えてください。

M : 「White Christmas」は「ああ自分はここ出身だな」と何故か思いました、ソロは一発OKでしたし。

N : 全体的にクリスマスの曲はメロディが明るく前向きなものが多いですよね。H ZETTRIOの曲もそういったものが多いので親和性が高いのかもしれません。…… 毎年クリスマス・アルバム作りますか!(笑)

K : リズム・パターンで言うと「Rudolph The Red Nosed Reindeer」は「MESHI」、「MESHI- episode2-」という曲が近いかなと思いました。またリズム・パターンではなく曲の持つ匂いみたいな事で言うと「Sirlent Night」と「Another Sky」は親和性を感じました。

──「JINGLE BELLS」は原曲を解体して再構築したようなかなり大胆なアレンジだと思いますが、どんなアプローチで完成したのでしょうか。

M : 最初H ZETT KOUさんが、メロディの節々を伸ばしたらどうかというアイデアが出たのでそれをもとに私が触発されイントロのリフ及び展開を考えました。

N : イントロのベースのフレーズは絶妙な隙間と大きな音程跳躍があって、演奏が過去最大級に難しかったです。でも完成音源を客観的に聴いてみると、意外とそうではない(難しく聴こえない)のがとても良いなあと思います。

K : これだけアレンジされてもやっぱりクリスマスの香りはしっかり香ってくるところが曲の持つチカラを感じますね!

キラキラとワクワクが空から降ってきて祝福しているイメージ

H ZETT KOU

──オリジナル曲は2曲ともストリングスが入っていますが、「祝祭広場のクリスマスマーケット」はどんなイメージで作った曲ですか?

M : キラキラとワクワクが空から降ってきて祝福している、というようなイメージです。

──「光のヒンメリ、 輝く街」はワクワクするようなメロディでとても好きです。大阪・阪急うめだ本店で11月22日~12月25日に行われるクリスマス・キャンペーンのテーマ・ソングとのことですが、テーマ・ソングになることを前提で書き下ろした曲なのでしょうか。

M : ずばりそうです、「祝祭広場のクリスマスマーケット」と同じようにキラキラとワクワクが降ってきて、という同じイメージです。

N : 昨年に引き続きハピネスをシェアできるのは大変うれしいことです。

──11月22日(水)に行われる点灯式での演奏について、また翌11月23日(木・祝)に100名の参加者を募って行われるMV撮影はどのようなものになるのか、できる範囲で教えてください。

M : 見た人が笑顔が溢れるものになることは間違い無いでしょう。良いクリスマスという世界感が出るのを目指したいですね。

K : 沢山の方々と一緒にサイコーなMVを! ワクワク!

──イラストではありますが、ジャケットでトナカイになった気分を教えてください!

M : 変身は得意とするところであり、むしろ自分ではない誰かこそが真の自分であると言えるので通常営業といえるでしょう。

N : 不思議と自分の顔に似てるなと思いました。

K : なんて可愛いトナカイなんでしょう! とても大好きなジャケットです!

──年末に行われるツアー〈What's Next 17/18〉はどのようなライヴになりますか?

M : H ZETTRIOのH ZETT Mになってそれは真のH ZETTRIOをお見せできることでしょう。期待していただきたいと思います。目撃していただきたいと。

N : 来年に向けての景気付けということでガツンガツン! といきたいですね。一緒に盛り上がりましょう!

K : 2017年の総決算! そして2018年、ニュー・アルバム完成にむけてのライヴになるでしょう!


H ZETTRIO 過去作もチェック!

H ZETTRIOの過去の特集ページもチェック!

>>『PIANO CRAZE“EXCITING FLIGHT』に関する特集記事はこちら
>>『Beautiful Flight“EXCITING FLIGHT』に関する特集記事はこちら
>>『LIVE LUXURY~素晴らしきアンサンブルの夕べ~』関する特集記事はこちら
>>ハイレゾ録音潜入レポートはこちら

H ZETT M ソロ作もチェック!

5+2=11

H ZETT M

Album ¥1,500


H ZETT Mの過去の特集ページもチェック!

>>『共鳴する音楽』に関する特集記事はこちら
>>『きらきら☆すたんだーど2 〜ぷれみあむ〜』に関する特集記事はこちら

LIVE INFORMATION

〈What’s Next 17/18〉
2017年12月9日(土)@福岡 BEAT STATION
2017年12月19日(火)@愛知 名古屋CLUB QUATTRO
2017年12月20日(水)@大阪 梅田CLUB QUATTRO
2017年12月22日(金)@北海道(札幌) DUCE SAPPORO (追加公演)
2017年12月24日(日)@北海道 中標津町総合文化会館 しるべっとホール
2017年12月26日(火)@東京 Shinjuku BLAZE (追加公演)
2017年12月28日(木)@東京 LIQUID ROOM (SOLD OUT)

新春HALL TOUR 〈HAPPINESS〉
2017年1月20日(土)@千葉 成田市文化芸術センター
2017年1月27日(土)@大阪 すばるホール
2017年1月28日(日)@兵庫 ライフピアいちじま大ホール
2017年1月10日(土)@埼玉 熊谷文化創造館さくらめいと 太陽のホール

>>> MORE LIVE INFO

PROFILE

H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)

2014年、スイスで開催されている世界3大ジャズ・フェスティバル〈モントルー・ジャズ・フェスティバル〉への出演をキッカケに、国内外の大型フェスに多数出演。ピアニストのH ZETT M(pf / 青鼻)は、2015年に解散した“PE’Z”のヒイズミマサユ機、またもや椎名林檎が率いた“東京事変”第一期の鍵盤だった「H是都M」なのではないかという憶測が飛び交うも、本人はぼんやりと否定。ユニーク且つ“無重力奏法”と形容されるテクニカルなピアノと、H ZETT NIRE(bass / 赤鼻)、H ZETT KOU(dr / 銀鼻)が支えるキレのあるリズムセクションを武器に、独自のアンサンブルを響かせる。この3人以外には作り出せない音楽とグルーヴを追求し続けている。

これまでに3枚のアルバムを発表しているほか、2017年4月からは全国34公演ツアーと並行して6ヶ月連続で新曲を配信リリースし、11/8(水)には初のコンセプト・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。

>>H ZETTRIO official site

o

 
 

インタヴュー

渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月29日・アイドル楽曲もおまかせください! 宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始 インディ・シーンを騒がせているバンドを多数生み出し、いま注目を集めている栃木県の宇都宮シーン。その大きな特徴といえば、メロディに比重をおく“メロディ至上主義”だという。そんなシーンの中でもひときわ輝くメロディを響かせるロック・バンド、Someday's Goneが、新作フル・アルバム『Someday You Will Be Loved』を、12月13日(水)にリリースする。The All-American Rejectsをはじめ海外エモ・シーンからHi-STANDARDなどのメロコアなどからも影響を受け、それらをポップスとして昇華し、ジャンルにとらわれない楽曲を生み出している。今回OTOTOYでは、そんな彼らの新アルバムを12月6日(水)より1週間先行にて配信開始、そして1週間の期間限定でリード曲「Giving It Away」のフリー配信も実施! Someday's Goneがどんなバンドなのか、メンバーのニシヤシュン、サトウショウヘイに話を訊いた。 胸が高鳴ること間違いなし10曲を先行配
by 岡本 貴之
筆者について
同じ筆者による他の記事