キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント

ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します!

笑って踊れるウィンター・アルバム!!


H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【価格】
単曲 432円(税込) / まとめ 3,024円(税込)

【収録曲】
1. 祝祭広場のクリスマスマーケット
2. Winter Wonderland
3. あわてん坊のサンタクロース
4. Rudolph The Red Nosed Reindeer(赤鼻のトナカイ)
5. JINGLE BELLS
6. Silent Night
7. Santa Claus Is Coming to Town(サンタが街にやってくる)
8. White Christmas
9. The Christmas Song
10. 光のヒンメリ、輝く街

H ZETTRIOからのクリスマス・プレゼント!!!

アルバム購入者から抽選で3名様に「NOSE PAINT for H ZETTRIO(サイン入り)」をプレゼント!!

H ZETTRIOとおそろいの鼻ペイントを塗ってH ZETT“アナタ”に!?


【応募方法】
こちらからプレゼントの応募を選択し、
「H ZETTRIOプレゼント応募」と記載のうえ、
・『H ZETTRIOのChristmas Songs』を購入した際使用したアカウントの、メールアドレスもしくはTwitterアカウント名
・購入時のキュー番号
・お名前
・ご住所
・連絡先
・ご意見、ご感想
をご記入の上お申し込みください。
※締切 : 2017年11月30日(土)23時59分まで

INTERVIEW : クリスマス・ソングという世界にH ZETTRIOが大胆に切り込む

H ZETTRIO(左から、H ZETT NIRE、H ZETT M、H ZETT KOU)

2017年も残すところあと2ヶ月。秋から冬へと季節が移り変わり、みんな大好き、クリスマス・シーズンがやってくる。日増しに楽し気なムードに包み込まれる街を歩けば、どんな人でも自然とウキウキした気分になってくるはず。そんな気分をさらに盛り上げてくれるのが、H ZETTRIO初のクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』だ。H ZETTRIOならではのアレンジで聴かせるスタンダードなクリスマス・ソングに驚かされ、それぞれのプレイヤーが垣間見せる超絶技巧に手に汗握り、オリジナル曲ではキラキラした冬の街並みが目に浮かんでくるこのアルバムは、サンタクロースを待つ子どものような気分を思い出させてくれる、とても楽しい作品だ。音楽ファンへ贈る最高のクリスマス・プレゼント『H ZETTRIOのChristmas Songs』について、メンバーの3人にメール・インタヴューで答えてもらった。ちょっと早いけど、Merry X'mas!!

インタヴュー : 岡本貴之
写真 : 西岡浩記

弾いててサプライズを感じるくらいの驚きを求めました

H ZETT M

──クリスマス・ソングをコンセプトとした作品を作ろうというアイデアはいつ頃どんなタイミングで生まれたものですか?

H ZETT NIRE(Ba・以下N) : 昨年の「祝祭広場のクリスマスマーケット」が大変好評で、この曲が入ったアルバムを聴きたい、というお声を頂いていました。それならばオリジナルの他に定番曲をカヴァーしたクリスマス・アルバムをつくろう! という思いはありました。

H ZETT M(Pf・以下M) : その時には、「来年はアルバムにしたいね」とメンバー内で話してましたね。

H ZETT KOU(Dr・以下K) : 去年に引き続き阪急うめだ本店でのイメージ・ソングに起用されたこともあり皆様に更に幸せなクリスマスを過ごしてもらおう! という思いからこのアルバムが生まれました。

──カヴァー曲はH ZETT Mさんのソロでやっているイメージがあるのですが、今回H ZETTRIOとしてカヴァー曲を演奏する上でアレンジのポイントはどんなところにありましたか?

M : 音で冒険する、というかクリスマス・ソングという世界に、H ZETTRIOが大胆に切り込んでいこう、と思いました。弾いててサプライズを感じるくらいの驚きみたいなものを求めました。

K : どのクリスマス・ソングも曲の持っているチカラ、メロディが強力なので、思い切った大胆なアレンジが出来たと思います!

──オスカー・ピーターソン等、ジャズ・ミュージシャンのXmasアルバムからのインスピレーションは受けましたか?

N : 私はあまり聴いてなかったです。以前はTake 6 のクリスマス・アルバムを良く聴いてた時期がありました。

M : 聴いたことはあるかもしれませんが、参考にというのは特にしてません。

K : ジミー・スミスとウェス・モンゴメリーの「Baby, iIt's Cold Outside」(外は寒いよ)の入っているアルバムを最近聴いております!

我々らしさが発揮できるような演奏を心がけました

H ZETT NIRE

──メンバーのみなさんそれぞれのXmasの思い出を教えてください! 楽しいかったこと悲しかったこと、何でも結構です。また、特に好きなクリスマス・ソングがあれば教えてください。

M : 24日と25日の空気感は格別ですね、プレゼントがもらえるのが嬉しかったです。好きなクリスマス・ソングは“青鼻のトナカイ"です(笑)。

N : ここ10年くらいはクリスマス近辺にライヴをやっていることがとても多いです。大変盛り上がるクリスマスです。好きな曲は「The Christmas Song」ですかね。作曲者のメル・トーメも「古き良き時代のジャズシンガー」という印象で、とても好きです。

K : 何年前でしょうか、H ZETTRIO結成のキッカケとも言われているのがクリスマスの夜の初ライヴでございます! 佐野元春さんの「クリスマス・タイム・イン・ブルー」が好きです。

──H ZETT Mさんはピアノを習っていた頃にクリスマス・ソングを弾いたことがあったのでしょうか。

M : 「あわてん坊のサンタクロース」は特に弾いていた気がします。

──そうしたクリスマスに抱いているイメージを今作にどのように落とし込みましたか?

M : キラッとした輝きを音にしたいなと思いました。具体的にはテンション(和音)を盛り込んだり過度な転調を施したりしました。

N : メロディのもつ明るさや強さを活かしつつ、我々らしさが発揮できるような演奏を心がけました。

──「Winter Wonderland」は特にとてもH ZETTRIOらしい、躍動感のある演奏でオリジナル曲のように感じました。また、「Rudolph The Red Nosed Reindeer」はベースがリードするとてもクールなアレンジが際立っています。今回のカヴァー曲で、もともとご自分たちの音楽との親和性が高いと感じた曲はありましたか? またその理由を教えてください。

M : 「White Christmas」は「ああ自分はここ出身だな」と何故か思いました、ソロは一発OKでしたし。

N : 全体的にクリスマスの曲はメロディが明るく前向きなものが多いですよね。H ZETTRIOの曲もそういったものが多いので親和性が高いのかもしれません。…… 毎年クリスマス・アルバム作りますか!(笑)

K : リズム・パターンで言うと「Rudolph The Red Nosed Reindeer」は「MESHI」、「MESHI- episode2-」という曲が近いかなと思いました。またリズム・パターンではなく曲の持つ匂いみたいな事で言うと「Sirlent Night」と「Another Sky」は親和性を感じました。

──「JINGLE BELLS」は原曲を解体して再構築したようなかなり大胆なアレンジだと思いますが、どんなアプローチで完成したのでしょうか。

M : 最初H ZETT KOUさんが、メロディの節々を伸ばしたらどうかというアイデアが出たのでそれをもとに私が触発されイントロのリフ及び展開を考えました。

N : イントロのベースのフレーズは絶妙な隙間と大きな音程跳躍があって、演奏が過去最大級に難しかったです。でも完成音源を客観的に聴いてみると、意外とそうではない(難しく聴こえない)のがとても良いなあと思います。

K : これだけアレンジされてもやっぱりクリスマスの香りはしっかり香ってくるところが曲の持つチカラを感じますね!

キラキラとワクワクが空から降ってきて祝福しているイメージ

H ZETT KOU

──オリジナル曲は2曲ともストリングスが入っていますが、「祝祭広場のクリスマスマーケット」はどんなイメージで作った曲ですか?

M : キラキラとワクワクが空から降ってきて祝福している、というようなイメージです。

──「光のヒンメリ、 輝く街」はワクワクするようなメロディでとても好きです。大阪・阪急うめだ本店で11月22日~12月25日に行われるクリスマス・キャンペーンのテーマ・ソングとのことですが、テーマ・ソングになることを前提で書き下ろした曲なのでしょうか。

M : ずばりそうです、「祝祭広場のクリスマスマーケット」と同じようにキラキラとワクワクが降ってきて、という同じイメージです。

N : 昨年に引き続きハピネスをシェアできるのは大変うれしいことです。

──11月22日(水)に行われる点灯式での演奏について、また翌11月23日(木・祝)に100名の参加者を募って行われるMV撮影はどのようなものになるのか、できる範囲で教えてください。

M : 見た人が笑顔が溢れるものになることは間違い無いでしょう。良いクリスマスという世界感が出るのを目指したいですね。

K : 沢山の方々と一緒にサイコーなMVを! ワクワク!

──イラストではありますが、ジャケットでトナカイになった気分を教えてください!

M : 変身は得意とするところであり、むしろ自分ではない誰かこそが真の自分であると言えるので通常営業といえるでしょう。

N : 不思議と自分の顔に似てるなと思いました。

K : なんて可愛いトナカイなんでしょう! とても大好きなジャケットです!

──年末に行われるツアー〈What's Next 17/18〉はどのようなライヴになりますか?

M : H ZETTRIOのH ZETT Mになってそれは真のH ZETTRIOをお見せできることでしょう。期待していただきたいと思います。目撃していただきたいと。

N : 来年に向けての景気付けということでガツンガツン! といきたいですね。一緒に盛り上がりましょう!

K : 2017年の総決算! そして2018年、ニュー・アルバム完成にむけてのライヴになるでしょう!


H ZETTRIO 過去作もチェック!

H ZETTRIOの過去の特集ページもチェック!

>>『PIANO CRAZE“EXCITING FLIGHT』に関する特集記事はこちら
>>『Beautiful Flight“EXCITING FLIGHT』に関する特集記事はこちら
>>『LIVE LUXURY~素晴らしきアンサンブルの夕べ~』関する特集記事はこちら
>>ハイレゾ録音潜入レポートはこちら

H ZETT M ソロ作もチェック!


H ZETT Mの過去の特集ページもチェック!

>>『共鳴する音楽』に関する特集記事はこちら
>>『きらきら☆すたんだーど2 〜ぷれみあむ〜』に関する特集記事はこちら

LIVE INFORMATION

〈What’s Next 17/18〉
2017年12月9日(土)@福岡 BEAT STATION
2017年12月19日(火)@愛知 名古屋CLUB QUATTRO
2017年12月20日(水)@大阪 梅田CLUB QUATTRO
2017年12月22日(金)@北海道(札幌) DUCE SAPPORO (追加公演)
2017年12月24日(日)@北海道 中標津町総合文化会館 しるべっとホール
2017年12月26日(火)@東京 Shinjuku BLAZE (追加公演)
2017年12月28日(木)@東京 LIQUID ROOM (SOLD OUT)

新春HALL TOUR 〈HAPPINESS〉
2017年1月20日(土)@千葉 成田市文化芸術センター
2017年1月27日(土)@大阪 すばるホール
2017年1月28日(日)@兵庫 ライフピアいちじま大ホール
2017年1月10日(土)@埼玉 熊谷文化創造館さくらめいと 太陽のホール

>>> MORE LIVE INFO

PROFILE

H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)

2014年、スイスで開催されている世界3大ジャズ・フェスティバル〈モントルー・ジャズ・フェスティバル〉への出演をキッカケに、国内外の大型フェスに多数出演。ピアニストのH ZETT M(pf / 青鼻)は、2015年に解散した“PE’Z”のヒイズミマサユ機、またもや椎名林檎が率いた“東京事変”第一期の鍵盤だった「H是都M」なのではないかという憶測が飛び交うも、本人はぼんやりと否定。ユニーク且つ“無重力奏法”と形容されるテクニカルなピアノと、H ZETT NIRE(bass / 赤鼻)、H ZETT KOU(dr / 銀鼻)が支えるキレのあるリズムセクションを武器に、独自のアンサンブルを響かせる。この3人以外には作り出せない音楽とグルーヴを追求し続けている。

これまでに3枚のアルバムを発表しているほか、2017年4月からは全国34公演ツアーと並行して6ヶ月連続で新曲を配信リリースし、11/8(水)には初のコンセプト・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。

>>H ZETTRIO official site

o

 
 

インタヴュー

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月22日・15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始 今年2017年に結成15周年を迎えた“neco眠る”。そんなアニバーサリー・イヤーに、彼らから新作アルバム『Typical』が届きましたよ〜!! 新メンバー・おじまさいり((Key from CASIOトルコ温泉)加入後初、そして実験性とポップ・センスが高次元で結合した前作『BOY』以来、実に3年ぶりとなるフル・アルバムとなっております!!! 初期作を担当していた森雄大(Gt)、前作で全曲の作曲を担当したBIOMAN(Synth)、栗原ペダル(Gt)、そして新メンバーのおじまさいりがソングライティングを担当、さらにスチャダラパーやロボ宙、安部勇磨(never young beach)なども参加し、各人の個性が爆発した10曲を収録! そんなバラエティに富んだポップで踊れる今作『Typical』を独占ハイレゾ配信を開始するとともに、メンバーの森雄大、おじまさいりへのインタヴューを掲載します! 3年ぶりフル・アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ! neco眠る / Typical'【配信形態】AL
by JJ
「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
大西順子、ジャズ・ピアノストを語る
・2017年11月21日・大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで つい先ごろ、約8年ぶりのピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして初のバラッド集『Very Special』と2枚同時に新作をリリースしたばかりのジャズ・ピアニスト、大西順子。OTOTOYでは新作に関するインタヴューに続いて、こちらのページではその後編、特別企画として、ジャズ評論家、柳樂光隆を聞き手に、大西にレジェンダリーなアーティストから現代にいたるまでのジャズ・ピアノに関して語ってもらった。レジェンダリーなジャズ・アーティストたちに直接師事、またはバンドのいちいんとして共演し、まさに世界レベルで活躍してきたピアニストたる大西の、その審美眼を通して分析される、ジャズ・ピアノはまさに目から鱗ものの情報ばかりです。 大西順子、新作2作に関するインタヴュー前半こちら 8年ぶりとなる待望のレギュラー・トリオ作品大西順子トリオ / Glamorous Life(24bit/96kHz)'【Track List】01. Essential 作曲 : 大西順子02. Golden Boys 作曲 : 大西順子(モントルーL
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
筆者について
同じ筆者による他の記事